不動産投資 利回り 平均

「不動産投資の平均利回り」に関する知識を全て解説

最終更新日:2018年3月27日
「不動産投資の平均利回り」に関する知識を全て解説
不動産投資の平均利回りといえば、知識がない人にとっては非常に厄介で、勘違いや早とちりを招く要素となるでしょう。

 

だからこそ、不動産投資の平均利回りについて、いまだに納得いく回答を得られぬまま、調べている人は本当に多いです。

 

具体的には「不動産投資の平均利回り」に関して、下記に示すような不安や疑問を解決すべく情報収集しています。

 

あなたも以下に示す内容と、同じような疑問や不安をもっていませんか?

・プロに不動産投資の平均利回りはどれくらいなのか教えて欲しい
・平均利回り以上の不動産投資にするためにはどうすればいい?
・素人でも平均利回り以上の不動産を見つけることができるのだろうか・・・
・平均利回り以上の不動産投資物件を見つけたら、鵜呑みにしていいの?

上記のような疑問や不安を持っているのに解決しないまま、不動産投資に挑戦しようとしてはいけません。

 

不動産投資の平均利回りに関する知識が圧倒的に足りていないので、このままではあなたがトクをすることはないでしょう。

 

せっかく不動産投資に挑戦するのであれば、平均利回り以上の潤沢な収益になってほしいですよね?

 

そこで今回の記事では「不動産投資の平均利回り」に関する疑問・不安について、元・不動産業者である筆者が回答していきます。

 

この記事を読めば、あなたが知っておくべき「不動産投資の平均利回り」に関する知識は、すべて網羅できるとお約束します。

 

読み終えた時には、

  • 「数%足らず?不動産投資の平均利回りはどれくらいなのか」
  • 「素人でも高利回りが可能?平均利回り以上の不動産投資にする方法」
  • 「何のサイトを見るべき?平均利回り以上の投資になる不動産の探し方」
  • 「平均利回り以上を提示する不動産投資物件を見つけた時の3つの注意点」

上記の知識について、しっかりと理解できていることでしょう。

 

ぜひ最後までご覧ください。

【裏技】不動産投資・土地活用の成功の秘訣は「複数社の計画」を比較する!

HOME4U土地活用ならネットで1回申し込むだけで、あなたに最適な不動産投資のプラン・土地活用プランを一斉に受けられる!
土地を持っていなくても提案を受けることが可能!アパートやマンション・駐車場に強い会社もカンタンに見つかります。


しかもNTTグループ運営の厳重チェック!実際の利用者も約700万人と実績、安心感抜群。
まずは、複数社の豊富なプランを比較して、勉強をしてみましょう!

HOME4U土地活用

https://land.home4u.jp/


>全国の優良企業が不動産投資・土地計画プランを無料で作成<
>NTTグループの安心実績のHOME4U土地活用はコチラ<

 

数%足らず?不動産投資の平均利回りはどれくらいなのか

数%足らず?不動産投資の平均利回りはどれくらいなのか
まず解説するのは「数%足らず?不動産投資の平均利回りはどれくらいなのか」です。

 

この章で絶対に理解していただきたい要点をまとめておくと、以下の通りになります。

「数%足らず?不動産投資の平均利回りはどれくらいなのか」の要点

  1. 不動産投資の平均利回りは10%以下になると意識すべき
  2. 地方の場合は12~15%ほどの利回りになることもある
  3. 地方の物件は入居者捜しが大変なので利回りは参考にならない

ではそれぞれの内容を、次項より詳しく解説していきましょう。

 

不動産投資の平均利回りは10%以下になると意識すべき

不動産投資の利回りは、地域や物件の種類それぞれで全く違いますが、都会では利回りは10%以下です。

 

東京都・大阪市・横浜市などの大都市では10%をオーバーする利回りの不動産投資物件が売りに出ることはほとんどありません。

 

しかし、都会にはたくさんの人が詰めかけますので、賃貸住宅の重要があり、それほど空室の悩みは発生しません。

 

都会では築30年ぐらいの収益物件の場合だとしても、平気で利回り10%以下で販売がされていることが珍しくないです。

 

地方の場合は12~15%ほどの利回りになることもある

東京都23区内の収益物件は平均利回り8%から10%にとどまりますが、地方では利回りは12~15%ぐらいが平均になってきます。

 

地方でも北海道などは20%以上の非常に高い利回りの収益物件が売りに出されており、地方では利回りが高い物件が多いです。

 

当然ながら利回りが高い物件にはライバルも多く見られますが、実物の不動産にそれだけの利回りがあることは非常に魅力です。

 

地方の物件は入居者捜しが大変なので利回りは参考にならない

ただ地方では賃貸住宅の需要が地域によって違いが出ますから、高い利回りばかりで収益物件を購入すると大変です。

 

その後の入居付けに苦労をしてしまうので、都市部と地方では平均の利回りが違う事を知っておくことが必要になります。

 

以上、「数%足らず?不動産投資の平均利回りはどれくらいなのか」について解説してきました。

 

この章で解説した知識は「不動産投資の平均利回り」を理解する上で重要な知識なので、忘れないようにしてください。

 

ただし、あなたが持っている疑問や不安を払拭するために知っておくべき知識は、この限りではありません。

 

同じく重要な知識である「素人でも高利回りが可能?平均利回り以上の不動産投資にする方法」について、次章では解説していきます。

 

素人でも高利回りが可能?平均利回り以上の不動産投資にする方法

素人でも高利回りが可能?平均利回り以上の不動産投資にする方法
次に解説するのは「素人でも高利回りが可能?平均利回り以上の不動産投資にする方法」です。

 

この章で絶対に理解していただきたい要点をまとめておくと、以下の通りになります。

「素人でも高利回りが可能?平均利回り以上の不動産投資にする方法」の要点

  1. 10%の利回りでは低い収益になるのでそれ以上の利回りを狙う
  2. 売却を急いでいる物件やボロボロの物件は相場より安く買える
  3. 不動産会社が根付けを間違った「お買い得物件」もたまに存在する

ではそれぞれの内容を、次項より詳しく解説していきましょう。

 

10%の利回りでは低い収益になるのでそれ以上の利回りを狙う

一般に不動産投資において、10%以上の利息を持ち合わせていないと、儲けも無い状態だといっても過言ではありません。

 

したがって利回りの平均で不動産投資をすると、それほど簡単には不動産投資でうまく利益が出ないということが生じます。

 

しかしたまに非常に高い利回りの物件が出るケースがあり、そこを狙っていけば平均以上の利回りを狙うことが可能です。

 

売却を急いでいる物件やボロボロの物件は相場より安く買える

売主が何らかの理由で売却を急いでいる場合だと、相場よりも低い値段になる可能性が高いです。

 

売主がとりあえず現金を手に入れたいと考えているため、仕入れ金額をダウンさせて利回りを上昇させることが出来ます。

 

次に考えられるのが、非常に汚い「ボロ物件」と判断されるような物件が出てくる場合です。

 

ボロ物件の場合、自分自身で費用をかけずに改装することにより、見違えるほど綺麗になる場合があります。

 

不動産会社が根付けを間違った「お買い得物件」もたまに存在する

非常にレアなケースではありますが、業者の担当営業が相場を読み間違って値段をつけているケースです。

 

まれにそのエリアに詳しくない未熟なセールスマンなどが、誤った根付けをしている場合があるのです。

 

こういった物件を手に入れることで、マーケットの平均利回りよりも大きな利回りが期待できる場合もあります。

 

以上、「素人でも高利回りが可能?平均利回り以上の不動産投資にする方法」について解説してきました。

 

この章で解説した知識は「不動産投資の平均利回り」を理解する上で重要な知識なので、忘れないようにしてください。

 

ただし、あなたが持っている疑問や不安を払拭するために知っておくべき知識は、この限りではありません。

 

同じく重要な知識である「何のサイトを見るべき?平均利回り以上の投資になる不動産の探し方」について、次章では解説していきます。

 

何のサイトを見るべき?平均利回り以上の投資になる不動産の探し方

何のサイトを見るべき?平均利回り以上の投資になる不動産の探し方
次に解説するのは「何のサイトを見るべき?平均利回り以上の投資になる不動産の探し方」です。

 

この章で絶対に理解していただきたい要点をまとめておくと、以下の通りになります。

「何のサイトを見るべき?平均利回り以上の投資になる不動産の探し方」の要点

  1. 毎日の不動産ポータルサイトのチェックは基本中の基本
  2. 投資用物件専門のポータルサイト「楽待」のチェックも必須
  3. 地元の不動産業者のサイトや店舗をチェックするのもアリ

ではそれぞれの内容を、次項より詳しく解説していきましょう。

 

毎日の不動産ポータルサイトのチェックは基本中の基本

まずは賃貸物件から中古物件の分譲まで、広範囲に及ぶ物件を扱う不動産総合ポータルサイトをチェックしてみましょう。

 

不動産サイトは自分が住む家を探す際に活用することが多いですが、まれに「値付けを間違えた?」と思わせる情報が掲載されています。

 

具体的には「アットホーム」「スーモ」「ホームズ」などの不動産ポータルサイトで調べることができますよ。

 

投資用物件専門のポータルサイト「楽待」のチェックも必須

投資物件を専門に扱う収益物件専門ウェブサイトの利用も必須で、お買い得な激安物件の期待できるラインナップとなっています。

 

有名なのは「楽待」であり、収益物件に限定して扱っているため、希望条件に近い物件を効率的に見つけることができます。

 

地域・価格・間取り・敷地および床面積は言うまでもなく、利回りを検索条件に含めることも可能です。

 

また近隣の路線価を参照できたりと、投資を検討してみる際に役に立つ豊富な機能が実装されているのも特長のひとつです。

 

ちなみに楽待については、当サイトの過去記事である「特徴から検索のコツまで解説!不動産投資サイト「楽待」を使いこなす全知識」にて詳しく解説しておりますので、気になる方はチェックしてみてください。

 

地元の不動産業者のサイトや店舗をチェックするのもアリ

余裕があるようであれば、地域住民と共に生きる地元不動産業者のサイトをチェックしてみるのもおすすめです。

 

地域密着の業者でしか持ち得ない、不動産マーケットになかなか出てこない不動産が表れることもある穴場的スポットです。

 

また現地に内見に出掛けた際に、店舗に足を運んでみると、ネット掲載していない情報を紹介してくれるかもしれません。

 

以上、「何のサイトを見るべき?平均利回り以上の投資になる不動産の探し方」について解説してきました。

 

この章で解説した知識は「不動産投資の平均利回り」を理解する上で重要な知識なので、忘れないようにしてください。

 

ただし、あなたが持っている疑問や不安を払拭するために知っておくべき知識は、この限りではありません。

 

同じく重要な知識である「平均利回り以上を提示する不動産投資物件を見つけた時の3つの注意点」について、次章では解説していきます。

 

平均利回り以上を提示する不動産投資物件を見つけた時の3つの注意点

次に解説するのは「平均利回り以上を提示する不動産投資物件を見つけた時の3つの注意点」です。

 

この章で絶対に理解していただきたい要点をまとめておくと、以下の通りになります。

「平均利回り以上を提示する不動産投資物件を見つけた時の3つの注意点」の要点

  1. 実質利回りを考慮しないと収益的に安定的な物件ではない
  2. 地方の高利回り物件の時ほど実質利回りを考慮する
  3. 実際の家賃相場を頭に入れて物件情報をチェックしていく

ではそれぞれの内容を、次項より詳しく解説していきましょう。

 

実質利回りを考慮しないと収益的に安定的な物件ではない

表面利回りが高くてもランニングコストの負担が多いのであれば、実質利回りは低くなってしまうでしょう。

 

物件を維持していくランニングコストは、投資対象となる不動産種別によって違いますし、築年数、物件によってもコストが違います。

 

購入前にランニングコストをしっかりリサーチをして実質利回りも計算し、特に修繕積立金は注意すべき点となります。

 

地方の高利回り物件の時ほど実質利回りを考慮する

地方の物件は売却時満室稼働で高い利回りが出る可能性も高いですが、空室リスクや売却時に売れないリスクが高いです。

 

表面利回りが高くても、空室リスクなどもしっかりと考慮した「実質利回り」が高利回りでないと優良な物件といえません。

 

実際の家賃相場を頭に入れて物件情報をチェックしていく

相場より高い家賃が設定されていることをポイントとする利回りなら、実際はその利回りを獲得できない可能性が高いです。

 

だからこそ、実際の家賃相場を頭に入れて物件に関するデータをチェックしていくことが重要になってきます。

 

家賃の相場は、先述した「アットホーム」「スーモ」「ホームズ」などの不動産ポータルサイトで調べることができるので、しっかりと頭にいれておきましょう。

 

以上、「数%足らず?不動産投資の平均利回りはどれくらいなのか」について解説してきました。

 

この章で解説した知識は「不動産投資の平均利回り」を知る上で重要な知識なので、忘れないようにしてください。

 

不動産投資・土地活用を検討するなら!一括資料請求で多くの可能性を探る

土地活用を検討するなら!一括資料請求で多くの可能性を探る
不動産投資・土地活用と一言で言っても多くの方法があり、あなたの求めている収益性や土地や地域性にあった投資・土地活用方法をしっかり選ぶ必要があります。


ただ、なかなか自分で見つけるのは大変ですよね。。。


そんなときに便利になるのが不動産投資・土地活用の一括資料請求です。


あなたの求めている情報を入力するだけで、全国の優良企業から一括で最適なプランを提案してもらえます。


中でもNTTグループが運営しており、提案してもらえる会社を厳重チェックしている「HOME4Uの土地活用」が一番オススメです。


HOME4U土地活用の一括資料請求はコチラ

HOME4U土地活用の一括資料請求

https://land.home4u.jp/

 

まとめ

以上、「不動産投資の平均利回り」をテーマとして、様々な知識を解説してきましたが、いかがだったでしょうか?

 

改めて、ここまで解説してきた知識の要点を、以下にまとめてみました。

 

今回の記事でどんな知識を得ることができたのかという「総決算」になるので、ぜひチェックをお願いします。

 

今回の記事のまとめ

【数%足らず?不動産投資の平均利回りはどれくらいなのか】
・不動産投資の平均利回りは10%以下になると意識すべき
・地方の場合は12~15%ほどの利回りになることもある
・地方の物件は入居者捜しが大変なので利回りは参考にならない

 

【素人でも高利回りが可能?平均利回り以上の不動産投資にする方法】
・10%の利回りでは低い収益になるのでそれ以上の利回りを狙う
・売却を急いでいる物件やボロボロの物件は相場より安く買える
・不動産会社が根付けを間違った「お買い得物件」もたまに存在する

 

【何のサイトを見るべき?平均利回り以上の投資になる不動産の探し方】
・毎日の不動産ポータルサイトのチェックは基本中の基本
・投資用物件専門のポータルサイト「楽待」のチェックも必須
・地元の不動産業者のサイトや店舗をチェックするのもアリ

 

【平均利回り以上を提示する不動産投資物件を見つけた時の3つの注意点】
・実質利回りを考慮しないと収益的に安定的な物件ではない
・地方の高利回り物件の時ほど実質利回りを考慮する
・実際の家賃相場を頭に入れて物件情報をチェックしていく

 

上記に記した知識は、「不動産投資の平均利回り」を理解するうえで、絶対に必要な知識のため必ず吸収しておくべきです。

 

逆に解説してきた知識さえ押さえておけば、今回のテーマであなたが疑問や不安を抱く必要はもうないでしょう。

 

あなたにとって必要な知識は、すべて網羅できているので安心して大丈夫ですよ。

 

今回テーマにした「不動産投資の平均利回り」に関する知識を使って、今後に活かしてもらえれば幸いです。