不動産投資 税金対策

最終更新日:2018年3月18日

「不動産投資による税金対策」に関する知識を全て解説

「不動産投資による税金対策」に関する知識を全て解説
不動産投資による税金対策といえば、知識がない人にとっては非常に厄介で、なかなか理解できない要素でしょう。

 

だからこそ、不動産投資による税金対策について、いまだに納得いく回答を得られぬまま、調べている人は本当に多いです。

 

具体的には「不動産投資による税金対策」に関して、下記に示すような不安や疑問を解決すべく情報収集しています。

 

あなたも以下に示す内容と、同じような疑問や不安をもっていませんか?

・素人が不動産投資をするなら、必ず知るべき税金対策の基礎知識は何?
・所得税以外にも、不動産投資で節税対策できる税金ってあるの?
・不動産投資をするうえで、経費計上が出来る項目って何になる?
・素人をえらぶべき「税金対策がしやすい不動産」をプロに教えて欲しい

上記のような疑問や不安を持っているのに解決しないまま、不動産投資に挑戦してはいけません。

 

不動産投資による税金対策に関する知識が圧倒的に足りていないので、このままではあなたが望む結果にならないでしょう。

 

せっかく不動産投資による税金対策に挑戦するのであれば、自分が納得いったうえで満足いく結果になってほしいですよね?

 

そこで今回の記事では「不動産投資による税金対策」に関する疑問・不安について、元・不動産業者である筆者が回答していきます。

 

この記事を読めば、あなたが知っておくべき「不動産投資による税金対策」に関する知識はすべて網羅できるとお約束します。

 

読み終えた時には、

  • 「法人化すべき?不動産投資をするなら必ず知るべき税金対策の基礎知識」
  • 「所得税だけではない?不動産投資で節税対策できる税金と節税方法」
  • 「何が落とせる?不動産投資でさらなる税金対策を実現させる経費活用術」
  • 「素人はこれに投資すべき?税金対策がしやすい不動産3選」

上記の知識について、しっかりと理解できていることでしょう。

 

ぜひ最後までご覧ください。

【裏技】不動産投資・土地活用の成功の秘訣は「複数社の計画」を比較する!

HOME4U土地活用ならネットで1回申し込むだけで、あなたに最適な不動産投資のプラン・土地活用プランを一斉に受けられる!
土地を持っていなくても提案を受けることが可能!アパートやマンション・駐車場に強い会社もカンタンに見つかります。


しかもNTTグループ運営の厳重チェック!実際の利用者も約700万人と実績、安心感抜群。
まずは、複数社の豊富なプランを比較して、勉強をしてみましょう!

HOME4U土地活用

https://land.home4u.jp/


>全国の優良企業が不動産投資・土地計画プランを無料で作成<
>NTTグループの安心実績のHOME4U土地活用はコチラ<

 

法人化すべき?不動産投資をするなら必ず知るべき税金対策の基礎知識

法人化すべき?不動産投資をするなら必ず知るべき税金対策の基礎知識
まず解説するのは「法人化すべき?不動産投資をするなら必ず知るべき税金対策の基礎知識」です。

 

この章で絶対に理解していただきたい要点をまとめておくと、以下の通りになります。

「法人化すべき?不動産投資をするなら必ず知るべき税金対策の基礎知識」の要点

  1. 不動産投資は確定申告をすることによって税金対策になる
  2. 不動産投資の確定申告は「青色」にしないと十分な税金対策にならない
  3. 不動産投資でさらなる税金対策を目指すなら「法人化」すると良い

ではそれぞれの内容を、次項より詳しく解説していきましょう。

 

不動産投資は確定申告をすることによって税金対策になる

不動産投資は本当に節税対策として運用できるでしょうか。答えはイエスです。

 

もちろん何もしなくて、節税できるわけではありません。

 

所得税で言えば不動産投資を実施したうえで、利益が出た後に確定申告をすれば、大きな節税効果を実現できます。

 

建物の減価償却を経費に組み込むことで、帳簿上でマイナスになれば、税金の還付を受けることができるからです。

 

不動産投資の確定申告は「青色」にしないと十分な税金対策にならない

実際に不動産投資を節税に役立てるには、確定申告にトライすることになるでしょう。

 

個人であれば確定申告を白色申告ではなく、絶対に「青色申告」にしてください。

 

青色申告では帳簿をつけるだけで、巨額の控除が発生する「青色申告特別控除」が受けられます。

 

青色申告の控除額は65万円と巨額なので、非常に大きな力になるでしょう。

 

不動産投資でさらなる税金対策を目指すなら「法人化」すると良い

年間数千万円以上の家賃収入が生まれるようになってくると、法人化したほうが効率的に節税できます。

 

法人の方が税金対策になるのは、個人よりも法人格になる方が、収支のコントロールがしやすいことが原因です。

 

加えて、近年、法人税が引き下げられつつある「トレンド」にあることと関係があります。

 

家族を役員にして報酬を支払うことで、あなたが納税すべき税金を抑えることも可能です。

 

以上、「法人化すべき?不動産投資をするなら必ず知るべき税金対策の基礎知識」について解説してきました。

 

この章で解説した知識は「不動産投資による税金対策」を知る上で重要な知識なので、忘れないようにしてください。

 

ただし、あなたが持っている疑問や不安を払拭するために知っておくべき知識は、この限りではありません。

 

同じく重要な知識である「所得税だけではない?不動産投資で節税対策できる税金と節税方法」について、次章では解説していきます。

 

所得税だけではない?不動産投資で節税対策できる税金と節税方法

所得税だけではない?不動産投資で節税対策できる税金と節税方法
次に解説するのは「所得税だけではない?不動産投資で節税対策できる税金と節税方法」です。

 

この章で絶対に理解していただきたい要点をまとめておくと、以下の通りになります。

「所得税だけではない?不動産投資で節税対策できる税金と節税方法」の要点

  1. 所得税・住民税は不動産投資で税金対策できる代用的な例
  2. 所得税が多くなってきたら法人化での税金対策がベスト
  3. 不動産投資をするだけで相続税は大幅な税金対策が可能になる

ではそれぞれの内容を、次項より詳しく解説していきましょう。

 

所得税・住民税は不動産投資で税金対策できる代用的な例

不動産投資で節税効果が期待できるのは、先ほど紹介した所得税だけではありません。住民税もあります。

 

住民税は所得税の情報を元に課税額がはじき出される税金です。所得税が下がれば住民税も少なくなります。

 

会社の場合は不動産投資を法人税の節税に使用でき、基礎的な理屈は個人の所得税の場合と同じです。

 

建物の減価償却費などを損金とし、現在のリターンを将来に先送りすることで、節税効果を得ることができます。

 

所得税が多くなってきたら法人化での税金対策がベスト

先述しましたが不動産投資の規模が拡大化してきたときには、法人化したほうが節税対策になる場合もあります。

 

課税所得金額が増えれば増えるほど、課税される税金の利率が個人の場合よりも低減されるケースがあるからです。

 

ただ、不動産投資には節税効果が得られる効果を持ちますが、どんなケースでも絶対に税金対策できるわけではないです。

 

税金対策だけのために不動産投資を実行すると、不具合に見舞われる場合があるということは意識しておくべきでしょう。

 

不動産投資をするだけで相続税は大幅な税金対策が可能になる

不動産投資で相続税も節税できますが、相続税の節税はやや仕組みが異なります。

 

遺産を相続する際、資産を現金で保持していれば額面どおりのお金に対する相続税を支払わなければいけません。

 

しかしこれを土地に変えると「相続税路線価」という数値を下敷きとして相続税が課せられます。

 

そのため、現金で持っている場合よりも、所有する不動産の評価額が下がり、相続税が安くなります。

 

資産の実際の価値は変わらないにも関わらず、現金を不動産に変えて相続するだけで節税効果が生まれる仕組みです。

 

つまりは不動産投資をする(=現金を不動産化する)だけで相続税は節税できるようになるのです。

 

以上、「所得税だけではない?不動産投資で節税対策できる税金と節税方法」について解説してきました。

 

この章で解説した知識は「不動産投資による税金対策」を知る上で重要な知識なので、忘れないようにしてください。

 

ただし、あなたが持っている疑問や不安を払拭するために知っておくべき知識は、この限りではありません。

 

同じく重要な知識である「何が落とせる?不動産投資でさらなる税金対策を実現させる経費活用術」について、次章では解説していきます。

 

何が落とせる?不動産投資でさらなる税金対策を実現させる経費活用術

何が落とせる?不動産投資でさらなる税金対策を実現させる経費活用術
次に解説するのは「何が落とせる?不動産投資でさらなる税金対策を実現させる経費活用術」です。

 

この章で絶対に理解していただきたい要点をまとめておくと、以下の通りになります。

「何が落とせる?不動産投資でさらなる税金対策を実現させる経費活用術」の要点

  1. 不動産投資をすると様々な費用が経費計上できる
  2. 不動産投資の税金対策として最も優秀な経費が「減価償却費」
  3. 不動産投資の減価償却を税金対策として使うなら「大きく・短く」する

ではそれぞれの内容を、次項より詳しく解説していきましょう。

 

不動産投資をすると様々な費用が経費計上できる

不動産賃貸業を営んでいる場合、確定申告を実行するうえで固定資産税・都市計画税などの租税公課が経費の対象です。

 

さらに損害保険料・修繕費・借入金利息はもちろんのこと、管理費・建物の減価償却費などを必要経費として計上できます。

 

また、交通費や水道光熱費なども経費に出来ますよ。

 

ただし、「物件を見に行くための交通費」「事務所の光熱費」など、不動産賃貸業に関わる経費であることが条件です。

 

不動産投資の税金対策として最も優秀な経費が「減価償却費」

必要経費の中でも、節税に最も大きく影響するのが減価償却費です。

 

不動産投資では、建物や附属設備の購入コストを減価償却費として計上できます。

 

不動産投資は相当な建築費用をかけますので、かなりの経費計上が見込めますよ。

 

不動産投資の減価償却を税金対策として使うなら「大きく・短く」する

減価償却費は耐用年数に応じて割り当てられた期間で費用を分割し、定額法もしくは定率法によって毎年計上します。

 

減価償却費は、購入コストを大きく、運営スパンを短くするほど節税に活かすことができます。

 

不動産投資をするうえでは、減価償却費は絶対に外せない経費と言っても過言ではないでしょう。

 

以上、「何が落とせる?不動産投資でさらなる税金対策を実現させる経費活用術」について解説してきました。

 

この章で解説した知識は「不動産投資による税金対策」を知る上で重要な知識なので、忘れないようにしてください。

 

ただし、あなたが持っている疑問や不安を払拭するために知っておくべき知識は、この限りではありません。

 

同じく重要な知識である「素人はこれに投資すべき?税金対策がしやすい不動産3選」について、次章では解説していきます。

 

素人はこれに投資すべき?税金対策がしやすい不動産3選

素人はこれに投資すべき?税金対策がしやすい不動産3選
次に解説するのは「素人はこれに投資すべき?税金対策がしやすい不動産3選」です。

 

この章で絶対に理解していただきたい要点をまとめておくと、以下の通りになります。

「素人はこれに投資すべき?税金対策がしやすい不動産3選」の要点

  1. 築22年以上の中古アパートは税金対策の不動産投資で最適
  2. 低リスクと税金対策を両立させるならワンルームの不動産投資が最適
  3. 入居率や安定性と税金対策を求めるなら中古戸建がおすすめ

ではそれぞれの内容を、次項より詳しく解説していきましょう。

 

築22年以上の中古アパートは税金対策の不動産投資で最適

税金対策で効果をあげる物件は、木造の築年数22年を超えた中古アパートです。

 

耐用年数を超えているので、築年数22年のアパートは4年で償却できます。

 

減価償却は短期間で行うほうが節税効果はアップするので、家賃収入を得ながら節税することができます。

 

低リスクと税金対策を両立させるならワンルームの不動産投資が最適

サラリーマンの場合は、比較的リスクが低いワンルームタイプの物件に投資するのも有効です。

 

給与所得と不動産所得を合算して毎年一回確定申告することで、大きな節税効果を得られますよ。

 

ちなみにワンルームマンションについては、当サイトの過去記事である「高く売る方法を伝授!ワンルームマンション売却を成功させる4つの知識」にて詳しく解説しておりますので、気になる方はチェックしてみてください。

 

さらに詳しく解説した記事になっているのでここまで解説してきた内容が、より一層理解できることでしょう。

 

入居率や安定性と税金対策を求めるなら中古戸建がおすすめ

安く手に入るというと観点では中古戸建もいいかもしれません。

 

安く手に入るだけでなく、入居者も付きやすく、家賃も高く設定できます。

 

さらに管理戸数が少ないので日々のマネジメントが面倒でなく、税金対策の恩恵も当然ながら受けられますよ。

 

以上、「法人化すべき?不動産投資をするなら必ず知るべき税金対策の基礎知識」について解説してきました。

 

この章で解説した知識は「不動産投資による税金対策」を知る上で重要な知識なので、忘れないようにしてください。

 

不動産投資・土地活用を検討するなら!一括資料請求で多くの可能性を探る

土地活用を検討するなら!一括資料請求で多くの可能性を探る
不動産投資・土地活用と一言で言っても多くの方法があり、あなたの求めている収益性や土地や地域性にあった投資・土地活用方法をしっかり選ぶ必要があります。


ただ、なかなか自分で見つけるのは大変ですよね。。。


そんなときに便利になるのが不動産投資・土地活用の一括資料請求です。


あなたの求めている情報を入力するだけで、全国の優良企業から一括で最適なプランを提案してもらえます。


中でもNTTグループが運営しており、提案してもらえる会社を厳重チェックしている「HOME4Uの土地活用」が一番オススメです。


HOME4U土地活用の一括資料請求はコチラ

HOME4U土地活用の一括資料請求

https://land.home4u.jp/

 

まとめ

以上、「不動産投資による税金対策」をテーマとして、様々な知識を解説してきましたが、いかがだったでしょうか?

 

改めて、ここまで解説してきた知識の要点を、以下にまとめてみました。

 

今回の記事でどんな知識を得ることができたのかという「総決算」になるので、ぜひチェックをお願いします。

 

今回の記事のまとめ

【法人化すべき?不動産投資をするなら必ず知るべき税金対策の基礎知識】
・不動産投資は確定申告をすることによって税金対策になる
・不動産投資の確定申告は「青色」にしないと十分な税金対策にならない
・不動産投資でさらなる税金対策を目指すなら「法人化」すると良い

 

【所得税だけではない?不動産投資で節税対策できる税金と節税方法】
・所得税・住民税は不動産投資で税金対策できる代用的な例
・所得税が多くなってきたら法人化での税金対策がベスト
・不動産投資をするだけで相続税は大幅な税金対策が可能になる

 

【何が落とせる?不動産投資でさらなる税金対策を実現させる経費活用術】
・不動産投資をすると様々な費用が経費計上できる
・不動産投資の税金対策として最も優秀な経費が「減価償却費」
・不動産投資の減価償却を税金対策として使うなら「大きく・短く」する

 

【素人はこれに投資すべき?税金対策がしやすい不動産3選】
・築22年以上の中古アパートは税金対策の不動産投資で最適
・低リスクと税金対策を両立させるならワンルームの不動産投資が最適
・入居率や安定性と税金対策を求めるなら中古戸建がおすすめ

 

上記に記した知識は、「不動産投資による税金対策」を理解するうえで、絶対に必要な知識のため必ず吸収しておくべきです。

 

逆に解説してきた知識さえ押さえておけば、今回のテーマであなたが疑問や不安を抱く必要はもうないでしょう。

 

あなたにとって必要な知識は、すべて網羅できているので安心して大丈夫ですよ。

 

今回テーマにした「不動産投資による税金対策」に関する知識を使って、今後に活かしてもらえれば幸いです。

関連ページ

理想の利回りで売却したいなら!マンション売却の利回り相場と売却のコツを
普通にやってもマンション転売は儲からない!成功するための全知識
審査の仕組みからおすすめ銀行まで解説!不動産投資ローンの全知識
素人にぴったりの不動産投資?中古マンションの賃貸運用を完全ガイド
成功・失敗例から注意点まで解説!土地の不動産投資を成功させる全知識
利益が出る特徴や適正価格を大解剖!マンションでの不動産投資の全知識
儲けや節税のカラクリがわかる!素人が知るべき不動産投資4つの仕組み
リスクや解決法・成功のコツまで解説!20代の不動産投資を完全ガイド
不動産投資でサブリースを使うのは損?問題点から使いこなすコツを解説
リスクや注意点・成功するコツを網羅!副業での不動産投資を徹底解説
値下げ術や高収益不動産の選び方を解説!投資を成功に導く4つの方法
利点・欠点から情報の入手法まで!タワーマンション不動産投資の全知識
不動産投資は女性向き?女性オーナーが賃貸経営を成功させる4つの知識
注意点から物件選びまで解説!不動産投資の初心者を成功させる4つの知識
オススメ講義から注意点まで解説!不動産投資セミナーを使いこなす全知識
現金購入する方が不利になるって本当?ローンなしの不動産投資を大解剖
本業と副業で変わる?不動産投資のデメリットとリスクヘッジ方法を解説
迷惑電話が多い評判は本当?不動産投資会社「プロパティエージェント」を大解剖
特徴から検索のコツまで解説!不動産投資サイト「楽待」を使いこなす全知識
海外不動産も視野にいれるべき?不動産投資を成功させる4つのポイント
不動産投資の平均利回りは10%以下って本当?高利回り物件を掴む全知識
基礎知識から素人が陥りやすい罠まで解説!不動産投資の4つの入門知識
物件探し・業者選び・融資手続きまで解説!不動産投資の流れを完全ガイド
一戸建て賃貸投資を完全ガイド!注意点から格安物件の運用方法まで解説
4つの不動産投資ランキング!情報源・サイト・手法別の利回り等を順位付け