不動産投資 マンション

最終更新日:2018年3月17日

「マンションでの不動産投資」を完全ガイド

「マンションでの不動産投資」を完全ガイド
マンションでの不動産投資といえば、知識がない人にとっては非常にハードルが高いですが、魅力的な投資の一つでしょう。

 

だからこそ、マンションでの不動産投資について、いまだに納得いく回答を得られぬまま、調べている人は本当に多いです。

 

具体的には「マンションでの不動産投資」に関して、下記に示すような不安や疑問を解決すべく情報収集しています。

 

あなたも以下に示す内容と、同じような疑問や不安をもっていませんか?

・購入するか決める前に、マンション不動産投資の最新動向を知りたい
・素人でも不動産投資用マンションの適正購入価格をわかる方法を教えて!
・不動産投資用マンションは、中古と新築ならどっちがいい?アパートと何が違う?
・すぐに収益が上がりやすい不動産投資用マンションの特徴とは?

上記のような疑問や不安を持っているのに解決しないまま、「マンションでの不動産投資」に挑戦してはいけません。

 

マンションでの不動産投資を成功させる知識が足りていないので、このままではあなたが望む結果にならないでしょう。

 

せっかくマンションでの不動産投資に挑戦するのであれば、自分が納得いったうえで満足いく結果になってほしいですよね?

 

そこで今回の記事では「マンションでの不動産投資」に関する疑問・不安について、元・不動産業者である筆者が回答していきます。

 

この記事を読めば、あなたが知っておくべき「マンションでの不動産投資」に関する知識はすべて網羅できるとお約束します。

 

読み終えた時には、

  • 「東京オリンピックまでは安泰?マンション不動産投資の最新動向」
  • 「素人でも可能?不動産投資用マンションの適正購入価格を知る方法」
  • 「不動産投資用マンションの利点・欠点を種別と築年数で徹底比較」
  • 「すぐに利益があがる条件とは?収益が上がりやすい不動産投資用マンション」

上記の知識について、しっかりと理解できていることでしょう。

 

ぜひ最後までご覧ください。

【裏技】不動産投資・土地活用の成功の秘訣は「複数社の計画」を比較する!

HOME4U土地活用ならネットで1回申し込むだけで、あなたに最適な不動産投資のプラン・土地活用プランを一斉に受けられる!
土地を持っていなくても提案を受けることが可能!アパートやマンション・駐車場に強い会社もカンタンに見つかります。


しかもNTTグループ運営の厳重チェック!実際の利用者も約700万人と実績、安心感抜群。
まずは、複数社の豊富なプランを比較して、勉強をしてみましょう!

HOME4U土地活用

https://land.home4u.jp/


>全国の優良企業が不動産投資・土地計画プランを無料で作成<
>NTTグループの安心実績のHOME4U土地活用はコチラ<

 

東京オリンピックまでは安泰?マンション不動産投資の最新動向

東京オリンピックまでは安泰?マンション不動産投資の最新動向
まず解説するのは「東京オリンピックまでは安泰?マンション不動産投資の最新動向」です。

 

この章で絶対に理解していただきたい要点をまとめておくと、以下の通りになります。

「東京オリンピックまでは安泰?マンション不動産投資の最新動向」の要点

  1. 東京オリンピック需要でマンションの不動産投資は好機になった
  2. エリアによってマンションによる不動産投資しやすさが変わってくる
  3. 昨今では不動産投資用のマンションが探しやすくなっている

ではそれぞれの内容を、次項より詳しく解説していきましょう。

 

東京オリンピック需要でマンションの不動産投資は好機になった

2010年代から少しずつ上昇したマンションの価格は、オリンピック開催が東京に決定した後、一気にグンと上昇しました。

 

東京オリンピック開催によって、不動産マーケットでは特にマンション価格が上昇し、建設者の人件費も高騰しています。

 

エリアによってマンションによる不動産投資しやすさが変わってくる

オリンピック開催決定後、選手村や競技場が多種多様に建設される海岸エリアがかなり注目を集めました。

 

具体的にはスカイツリー付近にある墨田区や、利便性が高い品川駅付近のエリアが最も熱いです。

 

昨今では不動産投資用のマンションが探しやすくなっている

投資不動産を探される時に、ポータルサイトを活用される方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。

 

最近はネットを中心として投資用マンション情報の一般化が進み、随時物件情報を更新しています。

 

昔はプロしか手に入らなかった情報が素人でも閲覧できるようになり、最新の物件情報を得ることができます。

 

この章で解説した知識については、当サイトの過去記事である「満足いく売却にしたいなら!知っておくべき最新のマンション売却動向」にて詳しく解説しておりますので、気になる方はチェックしてみてください。

 

さらに詳しく解説した記事になっているのでここまで解説してきた内容が、より一層理解できることでしょう。

 

以上、「東京オリンピックまでは安泰?マンション不動産投資の最新動向」について解説してきました。

 

この章で解説した知識は「マンションでの不動産投資」を知る上で重要な知識なので、忘れないようにしてください。

 

ただし、あなたが持っている疑問や不安を払拭するために知っておくべき知識は、この限りではありません。

 

同じく重要な知識である「素人でも可能?不動産投資用マンションの適正購入価格を知る方法」について、次章では解説していきます。

 

素人でも可能?不動産投資用マンションの適正購入価格を知る方法

素人でも可能?不動産投資用マンションの適正購入価格を知る方法
次に解説するのは「素人でも可能?不動産投資用マンションの適正購入価格を知る方法」です。

 

この章で絶対に理解していただきたい要点をまとめておくと、以下の通りになります。

「素人でも可能?不動産投資用マンションの適正購入価格を知る方法」の要点

  1. 不動産投資用のマンションの資産価値は2つの価値を合計した値になる
  2. 不動産投資用のマンションが生み出す収益を出す方法も2つある
  3. 実際の取り引き価格を知っておかないと適正な購入金額を測れない

ではそれぞれの内容を、次項より詳しく解説していきましょう。

 

不動産投資用のマンションの資産価値は2つの価値を合計した値になる

投資不動産の資産価値は、「収益価格」をはじき出すことによって知ることができます。

 

そもそも収益価格とは、2つの価値を合計した価格になります。

 

具体的には対象の不動産が将来生み出す「予測した収益」と、現在価値を総合して算出する「不動産の価値」が対象です。

 

不動産投資用のマンションが生み出す収益を出す方法も2つある

不動産が生み出すだろう「収益金額」をはじき出すには、大きくわけて「直接還元法」と「DCF法」があります。

 

ちなみに、居住用不動産の価値をはじき出すには「積算価格」を利用しますが、計算方法は似て非なるものになっています。

 

紹介したそれぞれの算出方法については、当サイトの過去記事である「基礎知識から計算方法まで徹底解説!住宅ローン「担保評価」の全知識」にて詳しく解説しておりますので、気になる方はチェックしてみてください。

 

さらに詳しく解説した記事になっているのでここまで解説してきた内容が、より一層理解できることでしょう。

 

実際の取り引き価格を知っておかないと適正な購入金額を測れない

購入検討をされている物件の価格は適正なのか否かを見極めるには、収益価格の算出だけではダメです。

 

他にも実際のマンションが取引される価格の相場も、知っておくことが要求されます。

 

実際の取引相場を知る方法については、当サイトの過去記事である「マンション売却相場がわかるサイト11選!相場の仕組みや高く売る方法も解説」にて詳しく解説しておりますので、気になる方はチェックしてみてください。

 

さらに詳しく解説した記事になっているのでここまで解説してきた内容が、より一層理解できることでしょう。

 

以上、「素人でも可能?不動産投資用マンションの適正購入価格を知る方法」について解説してきました。

 

この章で解説した知識は「マンションでの不動産投資」を知る上で重要な知識なので、忘れないようにしてください。

 

ただし、あなたが持っている疑問や不安を払拭するために知っておくべき知識は、この限りではありません。

 

同じく重要な知識である「不動産投資用マンションの利点・欠点を種別と築年数で徹底比較」について、次章では解説していきます。

 

不動産投資用マンションの利点・欠点を種別と築年数で徹底比較

不動産投資用マンションの利点・欠点を種別と築年数で徹底比較
次に解説するのは「不動産投資用マンションの利点・欠点を種別と築年数で徹底比較」です。

 

この章で絶対に理解していただきたい要点をまとめておくと、以下の通りになります。

「不動産投資用マンションの利点・欠点を種別と築年数で徹底比較」の要点

  1. 不動産投資するなら「種別」と「状態」のによる利点・欠点を理解すべし
  2. 不動産投資用マンションとアパートの違いは主に「投資金額」
  3. 不動産投資用マンションは新築と中古だと初期費用の違いが大きい

ではそれぞれの内容を、次項より詳しく解説していきましょう。

 

不動産投資するなら「種別」と「状態」のによる利点・欠点を理解すべし

不動産投資と言っても、一棟マンションから、一棟アパートなど実は様々なタイプがあります。

 

また新築・中古と「括り」をわけると、選択肢はまだまだ広がってくるのが実情です。

 

だからこそ一棟マンションと各種の要素を比較した場合のメリットとデメリットを頭にたたき込んでおきましょう。

 

不動産投資用マンションとアパートの違いは主に「投資金額」

まず一棟マンションや一棟アパートと比較したケースにおけるそれぞれのメリットをみてみましょう。

 

「投資金額が安いおかげでスタートしやすい」「立地が申し分ない物件を購入することができる」が該当します。

 

さらに「経営管理に手間がかからない」も挙げられるでしょう。

 

一方、デメリットとしては「投資金額が低額なのでリターンも少ない」「資産は建物のみになる」が該当します。

 

また「部屋が一つのため、空室になったケースになると収入がゼロになる」も挙げられるでしょう。

 

ちなみにマンションとアパートの比較については、当サイトの過去記事である「これを見れば一目瞭然!「初期費用」や「収益」など土地活用の各要素を徹底比較」にて詳しく解説しておりますので、気になる方はチェックしてみてください。

 

さらに詳しく解説した記事になっているのでここまで解説してきた内容が、より一層理解できることでしょう。

 

どっちにすべきか結論が出ていない人は、上記の記事を見ることによって明確な「答え」が見えてくるはずです。

 

不動産投資用マンションは新築と中古だと初期費用の違いが大きい

新築物件にするか、中古物件にするかで決めかねている方も少なくありません。

 

新築物件と比較した中古物件のプラスポイントとマイナスポイントについても言及していきましょう。

 

先に結論をいいますと、新築物件と比較して、中古物件には初期コストが安価でおさえられるのが一番のメリットです。

 

また個人売主が相手になるのが大半なので、物件価格に消費税不要のケースが多いです。

 

さらに今までの入居状況や周辺近隣の状況を見極めることができるなどの要素も挙げられるでしょう。

 

一方、新築物件と比較したマイナスポイントとしては、融資をする場合の担保力が低いことが該当します。

 

建築年数が古い場合は、物件の間取りや各種機材などが古く感じられる可能性があります。

 

さらには耐震性などの心配もあるので注意しなければいけません。

 

以上、「不動産投資用マンションの利点・欠点を種別と築年数で徹底比較」について解説してきました。

 

この章で解説した知識は「マンションでの不動産投資」を知る上で重要な知識なので、忘れないようにしてください。

 

ただし、あなたが持っている疑問や不安を払拭するために知っておくべき知識は、この限りではありません。

 

同じく重要な知識である「すぐに利益があがる条件とは?収益が上がりやすい不動産投資用マンション」について、次章では解説していきます。

 

すぐに利益があがる条件とは?収益が上がりやすい不動産投資用マンション

すぐに利益があがる条件とは?収益が上がりやすい不動産投資用マンション
次に解説するのは「すぐに利益があがる条件とは?収益が上がりやすい不動産投資用マンション」です。

 

この章で絶対に理解していただきたい要点をまとめておくと、以下の通りになります。

「すぐに利益があがる条件とは?収益が上がりやすい不動産投資用マンション」の要点

  1. 大多数に「借りたい」と思わせるマンションこそが不動産投資向き
  2. マンションの状態が良く利便性が良いと入居者で苦戦することはない
  3. マンション用不動産投資ローンの審査をする銀行の判断も参考にする

ではそれぞれの内容を、次項より詳しく解説していきましょう。

 

大多数に「借りたい」と思わせるマンションこそが不動産投資向き

収益が上がりやすい物件とは、賃貸としてのニーズが多く、借りたいと思われるような物件です。

 

具体的には「物件の利便性がいい」「管理や各種手入れがきちんとされている」「最新の設備・仕様がある」です。

 

住居にしても、事務所にしても利便性が非常に必要不可欠になります。

 

交通の面では、最寄り駅から徒歩圏内、よく使うことになる路線がターミナル駅に出やすいなどをチェックしましょう。

 

周辺環境の面では、コンビニが近い、リーズナブルなレストランが多い、ドラッグストアがあるなど、利便性をチェックしてください。

 

もしファミリー向けの物件であれば、公園や病院などよく「利用することになる公共施設」が近くにあることも重要です。

 

マンションの状態が良く利便性が良いと入居者で苦戦することはない

不動産の資産価値を保つには、物件のメンテナンス体制が非常に大切です。

 

従って、物件がきちんと管理・メンテナンスが実施されているかどうかもきちんと確認するようにしましょう。

 

確認する際には、管理人は常駐なのかなどの管理パターン・共有部分の状態・修繕計画がきちんとあるのかどうかを確認します。

 

次いで定期点検を行っているのかどうかなどのポイントをチェックするようにしましょう。

 

また住居系の物件を賃貸として選ぶ際に、間取り・広さは当然のこと、設備による住み心地を重視する方が増えています。

 

収益価格を計算するのも必要ですが、マンションの立地は地価が高いエリアにある、きちんと管理されているなどを意識しましょう。

 

マンション用不動産投資ローンの審査をする銀行の判断も参考にする

金融機関は物件の資産価値で融資金額をはじき出すので、融資額も資産価値を判断する一つの指標と言えるでしょう。

 

投資である以上、物件の収益性が大事なポイントとして処理されます。

 

具体的には、収益物件としていくら収益が上がるか(利回り)が重要な判断基準とされるでしょう。

 

当然のように銀行は利回りを様々なシチュエーションを考慮して計算してきますので、参考にするだけの精度があります。

 

この章で解説した知識については、当サイトの過去記事である「普通にやってもマンション転売は儲からない!成功するための全知識」にて詳しく解説しておりますので、気になる方はチェックしてみてください。

 

さらに詳しく解説した記事になっているのでここまで解説してきた内容が、より一層理解できることでしょう。

 

以上、「東京オリンピックまでは安泰?マンション不動産投資の最新動向」について解説してきました。

 

この章で解説した知識は「マンションでの不動産投資」を知る上で重要な知識なので、忘れないようにしてください。

 

不動産投資・土地活用を検討するなら!一括資料請求で多くの可能性を探る

土地活用を検討するなら!一括資料請求で多くの可能性を探る
不動産投資・土地活用と一言で言っても多くの方法があり、あなたの求めている収益性や土地や地域性にあった投資・土地活用方法をしっかり選ぶ必要があります。


ただ、なかなか自分で見つけるのは大変ですよね。。。


そんなときに便利になるのが不動産投資・土地活用の一括資料請求です。


あなたの求めている情報を入力するだけで、全国の優良企業から一括で最適なプランを提案してもらえます。


中でもNTTグループが運営しており、提案してもらえる会社を厳重チェックしている「HOME4Uの土地活用」が一番オススメです。


HOME4U土地活用の一括資料請求はコチラ

HOME4U土地活用の一括資料請求

https://land.home4u.jp/

 

まとめ

以上、「マンションでの不動産投資」をテーマとして、様々な知識を解説してきましたが、いかがだったでしょうか?

 

改めて、ここまで解説してきた知識の要点を、以下にまとめてみました。

 

今回の記事でどんな知識を得ることができたのかという「総決算」になるので、ぜひチェックをお願いします。

 

今回の記事のまとめ

【東京オリンピックまでは安泰?マンション不動産投資の最新動向】
・東京オリンピック需要でマンションの不動産投資は好機になった
・エリアによってマンションによる不動産投資しやすさが変わってくる
・昨今では不動産投資用のマンションが探しやすくなっている

 

【素人でも可能?不動産投資用マンションの適正購入価格を知る方法】
・不動産投資用のマンションの資産価値は2つの価値を合計した値になる
・不動産投資用のマンションが生み出す収益を出す方法も2つある
・実際の取り引き価格を知っておかないと適正な購入金額を測れない

 

【不動産投資用マンションの利点・欠点を種別と築年数で徹底比較】
・不動産投資するなら「種別」と「状態」のによる利点・欠点を理解すべし
・不動産投資用マンションとアパートの違いは主に「投資金額」
・不動産投資用マンションは新築と中古だと初期費用の違いが大きい

 

【すぐに利益があがる条件とは?収益が上がりやすい不動産投資用マンション】
・大多数に「借りたい」と思わせるマンションこそが不動産投資向き
・マンションの状態が良く利便性が良いと入居者で苦戦することはない
・マンション用不動産投資ローンの審査をする銀行の判断も参考にする

 

上記に記した知識は「マンションでの不動産投資」を理解するうえで、絶対に必要な知識のため必ず吸収しておくべきです。

 

逆に解説してきた知識さえ押さえておけば、今回のテーマであなたが疑問や不安を抱く必要はもうないでしょう。

 

あなたにとって必要な知識は、すべて網羅できているので安心して大丈夫ですよ。

 

今回テーマにした「マンションでの不動産投資」に関する知識を使って、今後に活かしてもらえれば幸いです。

関連ページ

普通にやってもマンション転売は儲からない!成功するための全知識
審査の仕組みからおすすめ銀行まで解説!不動産投資ローンの全知識
素人にぴったりの不動産投資?中古マンションの賃貸運用を完全ガイド
成功・失敗例から注意点まで解説!土地の不動産投資を成功させる全知識
儲けや節税のカラクリがわかる!素人が知るべき不動産投資4つの仕組み
節税対象から有利な種別まで解説!不動産投資の税金対策を完全ガイド
リスクや解決法・成功のコツまで解説!20代の不動産投資を完全ガイド
不動産投資でサブリースを使うのは損?問題点から使いこなすコツを解説
リスクや注意点・成功するコツを網羅!副業での不動産投資を徹底解説
値下げ術や高収益不動産の選び方を解説!投資を成功に導く4つの方法
利点・欠点から情報の入手法まで!タワーマンション不動産投資の全知識
不動産投資は女性向き?女性オーナーが賃貸経営を成功させる4つの知識
注意点から物件選びまで解説!不動産投資の初心者を成功させる4つの知識
オススメ講義から注意点まで解説!不動産投資セミナーを使いこなす全知識
現金購入する方が不利になるって本当?ローンなしの不動産投資を大解剖
本業と副業で変わる?不動産投資のデメリットとリスクヘッジ方法を解説
迷惑電話が多い評判は本当?不動産投資会社「プロパティエージェント」を大解剖
特徴から検索のコツまで解説!不動産投資サイト「楽待」を使いこなす全知識
海外不動産も視野にいれるべき?不動産投資を成功させる4つのポイント
不動産投資の平均利回りは10%以下って本当?高利回り物件を掴む全知識
基礎知識から素人が陥りやすい罠まで解説!不動産投資の4つの入門知識
物件探し・業者選び・融資手続きまで解説!不動産投資の流れを完全ガイド
一戸建て賃貸投資を完全ガイド!注意点から格安物件の運用方法まで解説
4つの不動産投資ランキング!情報源・サイト・手法別の利回り等を順位付け