不動産投資 ローン

最終更新日:2018年3月15日

「不動産投資ローン」に関する知識を全て解説

「不動産投資ローン」に関する知識を全て解説
「不動産投資ローン」といえば、知識がない人にとっては非常に厄介で、未知の領域ともいえる要素でしょう。

 

だからこそ「不動産投資ローン」について、いまだに納得いく回答を得られぬまま、調べている人は本当に多いです。

 

具体的には「不動産投資ローン」に関して、下記に示すような不安や疑問を解決すべく情報収集しています。

 

あなたも以下に示す内容と、同じような疑問や不安をもっていませんか?

・不動産投資ローンって、どんな銀行が扱っている?おすすめ銀行は?
・不動産投資ローン及び住宅ローンの違いって何?
・審査前に不動産投資ローンの審査メカニズムを知っておきたい
・そもそも不動産投資ローンのメリット・デメリットって、何なのだろうか・・・

上記のような疑問や不安を持っているのに解決しないまま、不動産投資ローンを利用しようとしてはいけません。

 

不動産投資ローンに関する知識が圧倒的に足りていないので、このままではあなたが使いこなすことは難しいでしょう。

 

せっかく不動産投資ローンを利用するのであれば、自分が納得いったうえで満足いく結果になってほしいですよね?

 

そこで今回の記事では「不動産投資ローン」に関する疑問・不安について、元・不動産業者である筆者が回答していきます。

 

この記事を読めば、あなたが知っておくべき「不動産投資ローン」に関する知識はすべて網羅できるとお約束します。

 

読み終えた時には、

  • 「どこの銀行も取り扱わない?不動産投資ローンの基礎知識」
  • 「不動産投資ローン及び住宅ローンの違いとおすすめ銀行」
  • 「担保になる物件が重要?不動産投資ローンの審査メカニズム」
  • 「利用前に必ず押さえるべき不動産投資ローンのメリット・デメリット」

についてしっかりと理解できていることでしょう。

 

ぜひ最後までご覧ください。

【裏技】不動産投資・土地活用の成功の秘訣は「複数社の計画」を比較する!

HOME4U土地活用ならネットで1回申し込むだけで、あなたに最適な不動産投資のプラン・土地活用プランを一斉に受けられる!
土地を持っていなくても提案を受けることが可能!アパートやマンション・駐車場に強い会社もカンタンに見つかります。


しかもNTTグループ運営の厳重チェック!実際の利用者も約700万人と実績、安心感抜群。
まずは、複数社の豊富なプランを比較して、勉強をしてみましょう!

HOME4U土地活用

https://land.home4u.jp/


>全国の優良企業が不動産投資・土地計画プランを無料で作成<
>NTTグループの安心実績のHOME4U土地活用はコチラ<

 

どこの銀行も取り扱わない?不動産投資ローンの基礎知識

どこの銀行も取り扱わない?不動産投資ローンの基礎知識
まず解説するのは「どこの銀行も取り扱わない?不動産投資ローンの基礎知識」です。

 

この章で絶対に理解していただきたい要点をまとめておくと、以下の通りになります。

「どこの銀行も取り扱わない?不動産投資ローンの基礎知識」の要点

  1. 不動産投資ローンは難易度が高い借金なのでひっそり取り扱う
  2. 不動産投資ローンに積極的なのは全国に支店がある大手銀行
  3. 地方銀行・信用金庫でも不動産投資ローンは取り扱いがある

ではそれぞれの内容を、次項より詳しく解説していきましょう。

 

不動産投資ローンは難易度が高い借金なのでひっそり取り扱う

住宅ローンは、国内ほぼすべて金融機関で取り引きされています。

 

不動産投資ローンも、当然扱っていると想定されるでしょう。

 

しかし不動産投資ローンを住宅ローンと等しく扱う金融機関は少なく、取り扱いを行っているというのが実情です。

 

不動産投資は、リターン(利益)を引き起こすと同時にリスクも背負うことになります。

 

金額も大きくなることから、リスクに関するハードルは住宅ローンよりも高く設定されることになるのが通例です。

 

つまり普通に借りられるローンとは違いますので、結果として店頭でのアピールが控えられるのです。

 

不動産投資ローンに積極的なのは全国に支店がある大手銀行

各銀行が大々的な広告を避ける中で、不動産投資ローンの取り扱いを積極的に行っている金融機関もあります。

 

やっと最近になって不動産投資ローンの取り扱いをアピールする金融機関が、少しずつではありますが台頭しています。

 

不動産投資ローンに積極的なのは、CMでもよく見る大手銀行です。

 

しかし不動産投資ローンの貸出先として、高額納税者を対象とすることが大半なので、審査のハードルは高いと言えるでしょう。

 

地方銀行・信用金庫でも不動産投資ローンは取り扱いがある

都市銀行だけでなく、地方銀行、信用金庫をよく利用する人でもチャンスがあります。

 

賃貸アパート・マンションの新築や、投資用不動産を購入する一般個人を対象とした融資を積極的に行うところがあるのです。

 

しかし地銀や信金には、不動産投資ローンに強くない担当者ばかりで、スタッフ選びが難しいという側面もあります。

 

そのため、物件を紹介してくれた不動産会社に相談を持ち掛ける事をお勧めします。

 

投資用不動産を扱う不動産会社は、不動産投資ローンに強い地方銀行やスタッフと知り合いの可能性が高いです。

 

そのため、あなたが有利になる可能な地方銀行や信用金庫を紹介してくれる会社は多いでしょう。

 

以上、「どこの銀行も取り扱わない?不動産投資ローンの基礎知識」について解説してきました。

 

この章で解説した知識は「不動産投資ローン」を知る上で重要な知識なので、忘れないようにしてください。

 

ただし、あなたが持っている疑問や不安を払拭するために知っておくべき知識は、この限りではありません。

 

同じく重要な知識である「不動産投資ローン及び住宅ローンの違いとおすすめ銀行」について、次章では解説していきます。

 

不動産投資ローン及び住宅ローンの違いとおすすめ銀行

不動産投資ローン及び住宅ローンの違いとおすすめ銀行
次に解説するのは「不動産投資ローン及び住宅ローンの違いとおすすめ銀行」です。

 

この章で絶対に理解していただきたい要点をまとめておくと、以下の通りになります。

「不動産投資ローン及び住宅ローンの違いとおすすめ銀行」の要点

  1. 住宅ローンと不動産投資ローンの大きな違いは「返済原資」
  2. 不動産投資ローンの審査はどれだけの家賃収入が得られるのか重要
  3. 融資条件の良い不動産投資ローンで代表的なのは「オリックス銀行」

ではそれぞれの内容を、次項より詳しく解説していきましょう。

 

住宅ローンと不動産投資ローンの大きな違いは「返済原資」

住宅ローンと不動産投資ローンの最も大きな違いは、「返済原資」です。

 

住宅ローンは、マイホームを購入する予定の人が、不足分を補う目的で利用します。

 

その際、ローン返済の原資となるのは、住宅ローン利用者の「給料」です。

 

給料が大きく変動することは少ないと見込まれるため、過去にローン事故等が無ければ、住宅ローンを借りられます。

 

不動産投資ローンの審査はどれだけの家賃収入が得られるのか重要

不動産投資ローンは、不動産から受けることが出来る「家賃収入」が返済の原資になります。

 

家賃収入が発生する可能性がある物件であれば、対象となる不動産は高く評価され、融資の条件も有利になるでしょう。

 

しかし空室ができる物件の場合は、家賃収入が不十分になるので、ローン返済は厳しくなる可能性が高いです。

 

結果的に融資を受けるのは、かなり難しくなってしまいます。

 

ちなみに住宅ローンについては、当サイトの過去記事である「これを見ればすべてわかる!住宅ローンの流れを6ステップで完全ガイド」にて詳しく解説しておりますので、気になる方はチェックしてみてください。

 

さらに詳しく解説した記事になっているのでここまで解説してきた内容が、より一層理解できることでしょう。

 

不動産投資ローンで代表的なのは「オリックス銀行」

では具体的にどこの銀行で、不動産投資ローンを利用すればいいのでしょうか。

 

地銀では「地名」が付いた銀行が、不動産投資ローンを専門に取り扱い、ラインナップを充実させている可能性大です。

 

大手銀行だと、どんな銀行が力をいれているのかというと、代表的なのは「オリックス銀行」でしょう。

 

不動産投資ローンとして融資金額は最高2億円、融資期間は最長35年、融資金利は3年固定で約2%です。

 

そのほかの不動産投資ローンの条件に比べて、かなり優遇された条件で貸し出しをしています。

 

以上、「不動産投資ローン及び住宅ローンの違いとおすすめ銀行」について解説してきました。

 

この章で解説した知識は「不動産投資ローン」を知る上で重要な知識なので、忘れないようにしてください。

 

ただし、あなたが持っている疑問や不安を払拭するために知っておくべき知識は、この限りではありません。

 

同じく重要な知識である「担保になる物件が重要?不動産投資ローンの審査メカニズム」について、次章では解説していきます。

 

担保になる物件が重要?不動産投資ローンの審査メカニズム

担保になる物件が重要?不動産投資ローンの審査メカニズム
次に解説するのは「担保になる物件が重要?不動産投資ローンの審査メカニズム」です。

 

この章で絶対に理解していただきたい要点をまとめておくと、以下の通りになります。

「担保になる物件が重要?不動産投資ローンの審査メカニズム」の要点

  1. 不動産投資ローンは「個人信用力」と「物件の収益力と担保力」が重要
  2. 不動産投資ローンは家賃収入以外にもチェックされる点が多くある
  3. 昔の不正行為によって不動産投資ローンの審査は厳しくなった

ではそれぞれの内容を、次項より詳しく解説していきましょう。

 

不動産投資ローンは「個人信用力」と「物件の収益力と担保力」が重要

先述したように、住宅ローンと不動産投資ローンと比較したら返済原資が異なります。

 

住宅ローンは「給料」が原資なので、審査基準は「個人の信用力」がおもな対象になります。

 

一方、不動産投資ローンを借りるための審査は、何がターゲットになるかというと、住宅ローンと同じく「信用力」です。

 

しかし、それと同等以上に大切とされるのが「不動産の収益力と担保力」となっています。

 

融資を受けたい方が、どんなに年収が高い水準まで達して社会的信用のある方だとしても、収益力と担保力が無ければダメなのです。

 

結果的に金融機関が融資する可能性は非常に低くなるといっても過言ではないでしょう。

 

不動産投資ローンは家賃収入以外にもチェックされる点が多くある

家賃収入が期待できる物件なら、ローンを支払わなくなるリスクが少ないです。

 

仮に返済不能になったとしても、対象となる不動産を担保として資金回収が可能と考えるのです。

 

そのため不動産投資ローンの審査では、家賃収入は当たり前として、各部屋の家賃、契約開始日も調査します。

 

さらに敷金の額、契約条件なども調査し、これから先の収支計画に問題が無いかを判断する仕組みです。

 

昔の不正行為によって不動産投資ローンの審査は厳しくなった

過去に投資用不動産の売主が、一時的に入居率を高いレベルに見せようと家賃を下げて空室を埋めるというケースがありました。

 

そのような物件に融資が為され、最終的に計画が上手く行かなくなった経験が、銀行を変えたのです。

 

結果的に不動産投資ローンに対する審査基準のハードルが高くなってしまった理由の一端となりました。

 

以上、「担保になる物件が重要?不動産投資ローンの審査メカニズム」について解説してきました。

 

この章で解説した知識は「不動産投資ローン」を知る上で重要な知識なので、忘れないようにしてください。

 

ただし、あなたが持っている疑問や不安を払拭するために知っておくべき知識は、この限りではありません。

 

同じく重要な知識である「利用前に必ず押さえるべき不動産投資ローンのメリット・デメリット」について、次章では解説していきます。

 

利用前に必ず押さえるべき不動産投資ローンのメリット・デメリット

利用前に必ず押さえるべき不動産投資ローンのメリット・デメリット
次に解説するのは「利用前に必ず押さえるべき不動産投資ローンのメリット・デメリット」です。

 

この章で絶対に理解していただきたい要点をまとめておくと、以下の通りになります。

「利用前に必ず押さえるべき不動産投資ローンのメリット・デメリット」の要点

  1. 不動産投資ローンは自己資金を多数用意しなくても一棟買える
  2. 不動産投資ローンは最大20倍の「レバレッジ効果」を発揮できる
  3. 常に「空室」と「金利上昇」のリスクと隣合せなのが不動産投資ローンの欠点

ではそれぞれの内容を、次項より詳しく解説していきましょう。

 

不動産投資ローンは自己資金を多数用意しなくても一棟買える

ローンを組んでまで不動産投資を行うのでしょうか。実は不動産投資ローンに大きなメリットがあるからです。

 

自己資金だけで不動産投資をする場合、手持ち資金が投資額(=購入金額)の上限になります。

 

遺産相続で現金を手にされた方でも、億レベルのお金を手にするケースはめったにありません。

 

不動産投資に回せる自己資金はせいぜい1千万円クラスが上限となり、1棟ものの物件を購入するのは難しくなります。

 

一方、投資計画にあらかじめローンを組むビジョンを描いていれば、購入物件の範囲が広がります。

 

結果的にさらに規模の大きな物件を手に入れることが可能になるでしょう。

 

不動産投資ローンは最大20倍の「レバレッジ効果」を発揮できる

「レバレッジ効果」が生かせる点も、不動産投資ローンを利用するメリットと言えます。

 

住宅ローンで借入れできる金額は年収の7倍くらいが限度ですが、不動産投資ローンの場合は金融機関ごとに審査基準が異なります。

 

最も低くて年収の5倍程度ですが、最も高い金融機関になると20倍にもなります。

 

つまり少ない原資で最大の収益が得られるポイントが、不動産投資ローンの最大のメリットなのです。

 

常に「空室」と「金利上昇」のリスクと隣合せなのが不動産投資ローンの欠点

ローン返済の原資は、入居者からの家賃収入です。

 

購入物件が満室状態になれば、ローン支払いや各種経費を差引いたとしても「リターン」がもたらされます。

 

しかし空室物件の場合、想定していた家賃収入が手にできず、ローン返済もままならない状態になってしまうでしょう。

 

そうなると、投資計画は行き詰ることになり、無念にも物件を売却してローンを清算することになる可能性大です。

 

また金利上昇リスクは、不動産投資ローンの力を借りる上では、絶対に意識しておかなければなりません。

 

まだまだ金利上昇を引き起こす事件は起こっていませんが、いずれ来るであろう金利上昇は意識しましょう。

 

結果的に現在の収益が、維持できなくなる確率が高くなる要素なので、警戒して損はありません。

 

以上、「どこの銀行も取り扱わない?不動産投資ローンの基礎知識」について解説してきました。

 

この章で解説した知識は「不動産投資ローン」を知る上で重要な知識なので、忘れないようにしてください。

【裏技】不動産投資・土地活用の成功の秘訣は「複数社の計画」を比較する!

HOME4U土地活用ならネットで1回申し込むだけで、あなたに最適な不動産投資のプラン・土地活用プランを一斉に受けられる!
土地を持っていなくても提案を受けることが可能!アパートやマンション・駐車場に強い会社もカンタンに見つかります。


しかもNTTグループ運営の厳重チェック!実際の利用者も約700万人と実績、安心感抜群。
まずは、複数社の豊富なプランを比較して、勉強をしてみましょう!

HOME4U土地活用

https://land.home4u.jp/


>全国の優良企業が不動産投資・土地計画プランを無料で作成<
>NTTグループの安心実績のHOME4U土地活用はコチラ<

 

まとめ

以上、「不動産投資ローン」をテーマとして、様々な知識を解説してきましたが、いかがだったでしょうか?

 

改めて、ここまで解説してきた知識の要点を、以下にまとめてみました。

 

今回の記事でどんな知識を得ることができたのかという「総決算」になるので、ぜひチェックをお願いします。

 

今回の記事のまとめ

【どこの銀行も取り扱わない?不動産投資ローンの基礎知識】
・不動産投資ローンは難易度が高い借金なのでひっそり取り扱う
・不動産投資ローンに積極的なのは全国に支店がある大手銀行
・地方銀行・信用金庫でも不動産投資ローンは取り扱いがある

 

【不動産投資ローン及び住宅ローンの違いとおすすめ銀行】
・住宅ローンと不動産投資ローンの大きな違いは「返済原資」
・不動産投資ローンの審査はどれだけの家賃収入が得られるのか重要
・融資条件の良い不動産投資ローンで代表的なのは「オリックス銀行」

 

【担保になる物件が重要?不動産投資ローンの審査メカニズム】
・不動産投資ローンは「個人信用力」と「物件の収益力と担保力」が重要
・不動産投資ローンは家賃収入以外にもチェックされる点が多くある
・昔の不正行為によって不動産投資ローンの審査は厳しくなった

 

【利用前に必ず押さえるべき不動産投資ローンのメリット・デメリット】
・不動産投資ローンは自己資金を多数用意しなくても一棟買える
・不動産投資ローンは最大20倍の「レバレッジ効果」を発揮できる
・常に「空室」と「金利上昇」のリスクと隣合せなのが不動産投資ローンの欠点

 

上記に記した知識は、「不動産投資ローン」を理解するうえで、絶対に必要な知識のため必ず吸収しておくべきです。

 

逆に解説してきた知識さえ押さえておけば、今回のテーマであなたが疑問や不安を抱く必要はもうないでしょう。

 

あなたにとって必要な知識は、すべて網羅できているので安心して大丈夫ですよ。

 

今回テーマにした「不動産投資ローン」に関する知識を使って、今後に活かしてもらえれば幸いです。

関連ページ

理想の利回りで売却したいなら!マンション売却の利回り相場と売却のコツを
普通にやってもマンション転売は儲からない!成功するための全知識
素人にぴったりの不動産投資?中古マンションの賃貸運用を完全ガイド
成功・失敗例から注意点まで解説!土地の不動産投資を成功させる全知識
利益が出る特徴や適正価格を大解剖!マンションでの不動産投資の全知識
儲けや節税のカラクリがわかる!素人が知るべき不動産投資4つの仕組み
節税対象から有利な種別まで解説!不動産投資の税金対策を完全ガイド
リスクや解決法・成功のコツまで解説!20代の不動産投資を完全ガイド
不動産投資でサブリースを使うのは損?問題点から使いこなすコツを解説
リスクや注意点・成功するコツを網羅!副業での不動産投資を徹底解説
値下げ術や高収益不動産の選び方を解説!投資を成功に導く4つの方法
利点・欠点から情報の入手法まで!タワーマンション不動産投資の全知識
不動産投資は女性向き?女性オーナーが賃貸経営を成功させる4つの知識
注意点から物件選びまで解説!不動産投資の初心者を成功させる4つの知識
オススメ講義から注意点まで解説!不動産投資セミナーを使いこなす全知識
現金購入する方が不利になるって本当?ローンなしの不動産投資を大解剖
本業と副業で変わる?不動産投資のデメリットとリスクヘッジ方法を解説
迷惑電話が多い評判は本当?不動産投資会社「プロパティエージェント」を大解剖
特徴から検索のコツまで解説!不動産投資サイト「楽待」を使いこなす全知識
海外不動産も視野にいれるべき?不動産投資を成功させる4つのポイント
不動産投資の平均利回りは10%以下って本当?高利回り物件を掴む全知識
基礎知識から素人が陥りやすい罠まで解説!不動産投資の4つの入門知識
物件探し・業者選び・融資手続きまで解説!不動産投資の流れを完全ガイド
一戸建て賃貸投資を完全ガイド!注意点から格安物件の運用方法まで解説
4つの不動産投資ランキング!情報源・サイト・手法別の利回り等を順位付け