不動産投資 初心者

最終更新日:2018年3月21日

「初心者の不動産投資」を成功に導く知識を完全ガイド

「初心者の不動産投資」を成功に導く知識を完全ガイド
不動産投資といえば、知識がない初心者にとっては非常に厄介で、不安を煽る挑戦となるでしょう。

 

だからこそ、不動産投資について、いまだに納得いく回答を得られぬまま、調べている初心者は本当に多いです。

 

具体的には多くの初心者が「不動産投資」に関して、下記に示すような不安や疑問を解決すべく情報収集しています。

 

あなたも以下に示す内容と、同じような疑問や不安をもっていませんか?

・初心者が不動産投資を行ううえで、意識すべき注意点を知りたい
・初心者の不動産投資を成功に近づけるためにはどんなコツが必要?
・不動産投資が成功しやすい物件選びのポイントを、初心者向けに解説してほしい
・初心者が不動産投資に失敗する要因って何になる?

上記のような疑問や不安を持っているのに解決しないまま、初心者が不動産投資に挑戦しようとしてはいけません。

 

初心者が不動産投資を成功させるための知識が足りていないので、このままではあなたが望む結果にならないでしょう。

 

せっかく不動産投資に挑戦するのであれば、自分が納得いったうえで満足いく収益を出したいですよね?

 

そこで今回の記事では「初心者の不動産投資」に関する疑問・不安について、元・不動産業者である筆者が回答していきます。

 

この記事を読めば、あなたが知っておくべき「初心者の不動産投資」に関する知識は、すべて網羅できるとお約束します。

 

読み終えた時には、

  • 「立地が最重要?初心者が不動産投資を行ううえでの3つの注意点」
  • 「不動産業者になるべし?初心者の不動産投資を成功に近づけるためのコツ」
  • 「返済計画が重要?初心者でも不動産投資が成功できる物件選びのポイント」
  • 「ノウハウ盲信は厳禁?初心者が不動産投資に失敗する3つの要因」

上記の知識について、しっかりと理解できていることでしょう。

 

ぜひ最後までご覧ください。

【裏技】不動産投資・土地活用の成功の秘訣は「複数社の計画」を比較する!

HOME4U土地活用ならネットで1回申し込むだけで、あなたに最適な不動産投資のプラン・土地活用プランを一斉に受けられる!
土地を持っていなくても提案を受けることが可能!アパートやマンション・駐車場に強い会社もカンタンに見つかります。


しかもNTTグループ運営の厳重チェック!実際の利用者も約700万人と実績、安心感抜群。
まずは、複数社の豊富なプランを比較して、勉強をしてみましょう!

HOME4U土地活用

https://land.home4u.jp/


>全国の優良企業が不動産投資・土地計画プランを無料で作成<
>NTTグループの安心実績のHOME4U土地活用はコチラ<

 

立地が最重要?初心者が不動産投資を行ううえでの3つの注意点

立地が最重要?初心者が不動産投資を行ううえでの3つの注意点
まず解説するのは「立地が最重要?初心者が不動産投資を行ううえでの3つの注意点」です。

 

この章で絶対に理解していただきたい要点をまとめておくと、以下の通りになります。

「立地が最重要?初心者が不動産投資を行ううえでの3つの注意点」の要点

  1. 不動産投資で成功したいなら「立地」だけは徹底的にこだわる
  2. 将来の修繕費を計算するために築年数の確認も絶対に必要
  3. 法律を守っていない物件も普通に市場に出ているので要注意

ではそれぞれの内容を、次項より詳しく解説していきましょう。

 

不動産投資で成功したいなら「立地」だけは徹底的にこだわる

不動産投資では、入居者やテナントから手に入れられる賃料収入によって利益を上げることを目的としています。

 

したがって、入居してもらえるか否かが極めて重要で、立地は絶対に無視してはいけないポイントとなるでしょう。

 

最寄り駅から近いかどうかは当然重要で、駅に近ければ近いほど会社員など通勤が必要な人の需要に応えられます。

 

一方、ファミリー層は駅から離れていて物音がしない物件を求めていることもあります。

 

また距離だけではなく、近くにバス停が準備されているなど公共交通機関へのアクセスを注意深く確かめておきましょう。

 

周辺にある公的施設や商業施設も大事なチェック項目であり、買い物施設や学校などに注意してください。

 

またオフィスビルを購入するならば、取り引き先として使われる銀行支店が近くにあるかが重要となります。

 

この項で解説した知識については、当サイトの過去記事である「不動産を高く売るには?業界人だから分かるとっておきの裏技」にて詳しく解説しておりますので、気になる方はチェックしてみてください。

 

さらに詳しく解説した記事になっているのでここまで解説してきた内容が、より一層理解できることでしょう。

 

将来の修繕費を計算するために築年数の確認も絶対に必要

建物の築年数はしっかり確認して、同時に物件のリフォーム履歴を確認しておくようにしましょう。

 

築年数が古い場合、入居させて賃料を得られるスパンが短いうえ、購入後に大規模な改修費用がかかることがあります。

 

また、1981年に建築基準法が大きく改正され、耐震に対する一定水準が厳しくなりました。

 

そのため1981年以前に建てられている物件は、今日の時点での物件より耐震性において大きく劣っている可能性があります。

 

法律を守っていない物件も普通に市場に出ているので要注意

建築基準法適合の証明として、建築前に発行される「建築確認済証」および、建築完了後に「検査済証」が存在します。

 

違法建築など問題があると、金融機関の融資の対象外になる可能性も高く、売却もしづらいため、優良物件とは言えません。

 

物件が上記の証明の交付を受けているのかいないのかについては、細心の注意を払うようにしましょう。

 

ちなみに建築基準法については、当サイトの過去記事である「失敗しない注文住宅のための全知識!価格の仕組み・会社選び等を完全ガイド」にて詳しく解説しておりますので、気になる方はチェックしてみてください。

 

さらに詳しく解説した記事になっているのでここまで解説してきた内容が、より一層理解できることでしょう。

 

以上、「立地が最重要?初心者が不動産投資を行ううえでの3つの注意点」について解説してきました。

 

この章で解説した知識は、初心者が不動産投資を成功させるために重要な知識なので、忘れないようにしてください。

 

ただし、あなたが持っている疑問や不安を払拭するために知っておくべき知識は、この限りではありません。

 

同じく重要な知識である「不動産業者になるべし?初心者の不動産投資を成功に近づけるためのコツ」について、次章では解説していきます。

 

不動産業者になるべし?初心者の不動産投資を成功に近づけるためのコツ

不動産業者になるべし?初心者の不動産投資を成功に近づけるためのコツ
次に解説するのは「不動産業者になるべし?初心者の不動産投資を成功に近づけるためのコツ」です。

 

この章で絶対に理解していただきたい要点をまとめておくと、以下の通りになります。

「不動産業者になるべし?初心者の不動産投資を成功に近づけるためのコツ」の要点

  1. 不動産業者に匹敵するだけの知識をつけるのは絶対必須
  2. 知識のインプット以上に物件見学などのアウトプットも増やす
  3. 地道な勉強と小さな失敗を繰り返して成長していけば成功できる

ではそれぞれの内容を、次項より詳しく解説していきましょう。

 

不動産業者に匹敵するだけの知識をつけるのは絶対必須

不動産投資を失敗する人の原因は、十中八九「勉強不足」です。

 

医者や弁護士などの高属性の人に限って、セールスパーソンに言われるがままに悪質な物件をつかまされてしまいます。

 

そうならないためには、必要最低限のデータはインプットする必要があります。

 

最速で物件がほしい気持ちを控え目にして、不動産業者と肩を並べて会話ができるようになりましょう。

 

不動産業者に匹敵する知識を身につけるのであれば、当サイトの過去記事である「住宅ローン「連帯債務者」5つの必須知識を大解剖!利点・欠点や注意点まで完全ガイド」を参照してみてください。

 

初心者が押さえておくべき知識を詳しく解説しておりますので、気になる方はチェックしてみてください。

 

知識のインプット以上に物件見学などのアウトプットも増やす

不動産投資の初心者には、もともと数字が非常に得意で計算能力に長けるタイプの人がいます。

 

そういう人は、難しい計算式や専門用語は把握しているけれども、いつまで経っても物件が買えない症候群に陥りがちです。

 

それよりも、物件の欠点を克服して利益を引き起こすことに注視できる不動産投資家のほうが圧倒的に優秀です。

 

実際に現役投資家の多くが実質利回りを厳しめに推しはかったくらいで、それ以外の計算式は一切使っていません。

 

宅建やFPの資格よりも大事なことは、実際に物件をチェックしたりするなどのアウトプットを意識して増やすことです。

 

そして、アウトプットをするからこそ、次にあなたがしておくべきインプットの課題が見つかるのです。

 

難しい計算式は知っているのに、3年経っても運用している物件がひとつもないという状況には、絶対なってはいけません。

 

地道な勉強と小さな失敗を繰り返して成長していけば成功できる

不動産投資に大切なのは「取り返しのつく失敗を難度もして経験値をぐんぐんと稼ぐこと」です。

 

勉強もせずに物件を買うのは問題外ですが、後々に挽回できる失敗はドンドン不動産投資家スキルをアップさせてくれます。

 

ポイントは自分がやらかした失敗が、取り返しのつかない失敗ではないことです。

 

そのためにも、不動産投資の初心者は「手堅く勉強する」「小さな失敗を繰り返す」ことが大切です。

 

この章で解説した知識については、当サイトの過去記事である「リスクや解決法・成功のコツまで解説!20代の不動産投資を完全ガイド」にて詳しく解説しておりますので、気になる方はチェックしてみてください。

 

さらに詳しく解説した記事になっているのでここまで解説してきた内容が、より一層理解できることでしょう。

 

以上、「不動産業者になるべし?初心者の不動産投資を成功に近づけるためのコツ」について解説してきました。

 

この章で解説した知識は、初心者が不動産投資を成功させるために重要な知識なので、忘れないようにしてください。

 

ただし、あなたが持っている疑問や不安を払拭するために知っておくべき知識は、この限りではありません。

 

同じく重要な知識である「返済計画が重要?初心者でも不動産投資が成功できる物件選びのポイント」について、次章では解説していきます。

 

返済計画が重要?初心者でも不動産投資が成功できる物件選びのポイント

返済計画が重要?初心者でも不動産投資が成功できる物件選びのポイント
次に解説するのは「返済計画が重要?初心者でも不動産投資が成功できる物件選びのポイント」です。

 

この章で絶対に理解していただきたい要点をまとめておくと、以下の通りになります。

「返済計画が重要?初心者でも不動産投資が成功できる物件選びのポイント」の要点

  1. 立地は「駅に近い」かどうかを重視すれば失敗する確率を下げられる
  2. 家賃設定は周辺エリアとの相対評価で決定するようにする
  3. 必要な費用を全て計算して無理のない返済計画をたてる

ではそれぞれの内容を、次項より詳しく解説していきましょう。

 

立地は「駅に近い」かどうかを重視すれば失敗する確率を下げられる

マンションの場合は特に「駅に近い」という条件が必須要項として求められます。

 

あなたが賃貸物件を探すとして、駅に近い住まいと遠い住まいのうちどちらかを選ぶなら、普通なら駅に近い方を選びますよね。

 

一戸建ては別として、特にマンションは駅の傍に位置するということが、マンションの良さでもありますから立地は最重要です。

 

極端な話、マンションの部屋の中が欠陥や汚れで埋め尽くされても、最悪リフォームをすれば大抵は何とかなります。

 

しかし、購入後に立地選びに失敗したと後で把握しても、取り返しがつかないのです。

 

そのため、購入時は立地に関しては絶対にこだわり抜くことをおすすめします。

 

家賃設定は周辺エリアとの相対評価で決定するようにする

家賃はあなたが好きに決められるのではなく、周辺地域で運営されている同条件の物件と大体同じ価格帯で貸し出すことになります。

 

そのため、いい物件を見つけたと思ったら、賃貸物件を多数掲載しているサイトなどで、その物件の他部屋の家賃を見てください。

 

同条件の物件の家賃を見てみて、家賃相場を身に付けていきましょう。

 

具体的には「アットホーム」「スーモ」「ホームズ」などの不動産ポータルサイトで調べることができますよ。

 

また家賃相場で設定したとして、無理なく毎月のローン支払いができるかというところも重要なポイントです。

 

必要な費用を全て計算して無理のない返済計画をたてる

不動産投資でかかる費用と聞くと、物件にかかるコストのことばかり注目しがちですが、実は他にも多くの費用が掛かります。

 

まず購入時の手数料などの諸費用から、経年劣化を修繕するコスト・リフォーム費用など、購入後に様々な出費が出てきます。

 

しっかりとシミュレーションをして、無理を感じさせない返済計画を立てるようにしましょう。

 

ちなみに修繕・リフォーム費用については、当サイトの過去記事である「マンション売却のリフォーム/費用相場と実施すべきなのかどうかを徹底解説」にて詳しく解説しておりますので、気になる方はチェックしてみてください。

 

さらに詳しく解説した記事になっているのでここまで解説してきた内容が、より一層理解できることでしょう。

 

以上、「返済計画が重要?初心者でも不動産投資が成功できる物件選びのポイント」について解説してきました。

 

この章で解説した知識は、初心者が不動産投資を成功させるために重要な知識なので、忘れないようにしてください。

 

ただし、あなたが持っている疑問や不安を払拭するために知っておくべき知識は、この限りではありません。

 

同じく重要な知識である「ノウハウ盲信は厳禁?初心者が不動産投資に失敗する3つの要因」について、次章では解説していきます。

 

ノウハウ盲信は厳禁?初心者が不動産投資に失敗する3つの要因

ノウハウ盲信は厳禁?初心者が不動産投資に失敗する3つの要因
次に解説するのは「ノウハウ盲信は厳禁?初心者が不動産投資に失敗する3つの要因」です。

 

この章で絶対に理解していただきたい要点をまとめておくと、以下の通りになります。

「ノウハウ盲信は厳禁?初心者が不動産投資に失敗する3つの要因」の要点

  1. 「ノウハウコレクター」になってしまうと高確率で失敗してしまう
  2. 情報商材やセミナーの情報をそのままマネすると失敗する
  3. 初心者の不動産投資は信頼できる第三者の力が必要不可欠

ではそれぞれの内容を、次項より詳しく解説していきましょう。

 

「ノウハウコレクター」になってしまうと高確率で失敗してしまう

お金を出して情報商材を購入したり、頑張って勉強しているのに、行動に移せない人をノウハウコレクターと呼びます。

 

不動産投資を1年間学んだのに、まだ1つも投資用物件を手にしていない人なら立派なノウハウコレクターです。

 

ノウハウコレクターの方は、不動産投資について掘り下げて、投資家の人でも知り得ない業界の裏話にまで精通しています。

 

しかし「まだまだ学びが足りない」「もっと勉強するべきだ」と具体的な実践や行動に全く移そうとしないのです。

 

一見ノウハウコレクターは失敗しない人だと考えがちですが、実は不動産投資をする人の中でも失敗しがちのパターンです。

 

情報商材やセミナーの情報をそのままマネすると失敗する

どのような物件を購入すればいいか分からない環境下で、情報商材を参考にそのまま物件を購入してしまう人はアウトです。

 

確かに情報商材やセミナーで、講師が言ったノウハウをそのまま真似してみる行為は、ある意味「王道」ではあります。

 

しかし最終的に損をするのは自分ですから、スタートから自分自身で判断せずに、人に判断をすべて委ねるのは非常に危険です。

 

書籍や情報商材、セミナーなどで紹介されているテクニックは、その人の状況であったから成功できたノウハウといえます。

 

あなたにベストなノウハウであるとは限らないため、客観的視点で不動産投資について黙々と勉強することです。

 

その後、自分の中で物件購入の基準(自分ルール)を形作って、自分ルールが出来上がるまでは、物件購入は禁止しましょう。

 

自分ルールが出来たところで、不動産投資を本当に上手くしている人に会いにいき、話しを聞いてみることをおすすめします。

 

ちなみに自分ルールの作り方については、当サイトの過去記事である「利益が出る特徴や適正価格を大解剖!マンションでの不動産投資の全知識」にて詳しく解説しております。
マンションに特化した解説記事ですが、どの種別にも精通する内容になっているので、ぜひチェックしてみてください。

 

初心者の不動産投資は信頼できる第三者の力が必要不可欠

不動産投資だけにかかわらず、失敗する人のよくあるパターンとして「何でも自分の力だけで完結させたがる人」が挙げられます。

 

書籍やセミナーなどを受講すれば、それ相応の不動産投資に必要なデータや知識は手軽に把握することができます。

 

ただ1人でやるタイプの人は、手に入れた知識が確かなのか、自分自身に適しているのかわからないままです。

 

キチンと判断できていないまま不動産投資をスタートしてしまったおかげで、変な物件を購入し、損をしてしまいがちです。

 

しかし自分一人で「この物件を購入する」という踏ん切りをつけるのは、簡単そうに見えて実は難しいものです。

 

もし周りに「一緒に不動産投資で成功しよう」といった第三者がいたならば、チャンスといえます。

 

モチベーションが保ちやすくなったり、投資用不動産購入への決断が促進されたり、結果的にリスクヘッジにもなります。

 

確かに一人でしっかり学ぶ努力は無くてはなりませんが、投資で成功するには仲間を作りながら実践することも必要です。

 

以上、「立地が最重要?初心者が不動産投資を行ううえでの3つの注意点」について解説してきました。

 

この章で解説した知識は、初心者が不動産投資を成功させるために重要な知識なので、忘れないようにしてください。

 

不動産投資・土地活用を検討するなら!一括資料請求で多くの可能性を探る

土地活用を検討するなら!一括資料請求で多くの可能性を探る
不動産投資・土地活用と一言で言っても多くの方法があり、あなたの求めている収益性や土地や地域性にあった投資・土地活用方法をしっかり選ぶ必要があります。


ただ、なかなか自分で見つけるのは大変ですよね。。。


そんなときに便利になるのが不動産投資・土地活用の一括資料請求です。


あなたの求めている情報を入力するだけで、全国の優良企業から一括で最適なプランを提案してもらえます。


中でもNTTグループが運営しており、提案してもらえる会社を厳重チェックしている「HOME4Uの土地活用」が一番オススメです。


HOME4U土地活用の一括資料請求はコチラ

HOME4U土地活用の一括資料請求

https://land.home4u.jp/

 

まとめ

以上、「初心者の不動産投資」をテーマとして、様々な知識を解説してきましたが、いかがだったでしょうか?

 

改めて、ここまで解説してきた知識の要点を、以下にまとめてみました。

 

今回の記事でどんな知識を得ることができたのかという「総決算」になるので、ぜひチェックをお願いします。

 

今回の記事のまとめ

【立地が最重要?初心者が不動産投資を行ううえでの3つの注意点】
・不動産投資で成功したいなら「立地」だけは徹底的にこだわる
・将来の修繕費を計算するために築年数の確認も絶対に必要
・法律を守っていない物件も普通に市場に出ているので要注意

 

【不動産業者になるべし?初心者の不動産投資を成功に近づけるためのコツ】
・不動産業者に匹敵するだけの知識をつけるのは絶対必須
・知識のインプット以上に物件見学などのアウトプットも増やす
・地道な勉強と小さな失敗を繰り返して成長していけば成功できる

 

【返済計画が重要?初心者でも不動産投資が成功できる物件選びのポイント】
・立地は「駅に近い」かどうかを重視すれば失敗する確率を下げられる
・家賃設定は周辺エリアとの相対評価で決定するようにする
・必要な費用を全て計算して無理のない返済計画をたてる

 

【ノウハウ盲信は厳禁?初心者が不動産投資に失敗する3つの要因】
・「ノウハウコレクター」になってしまうと高確率で失敗してしまう
・情報商材やセミナーの情報をそのままマネすると失敗する
・初心者の不動産投資は信頼できる第三者の力が必要不可欠

 

上記に記した知識は、初心者が不動産投資を成功させるためには、絶対に必要な知識のため必ず吸収しておくべきです。

 

逆に解説してきた知識さえ押さえておけば、今回のテーマであなたが疑問や不安を抱く必要はもうないでしょう。

 

あなたにとって必要な知識は、すべて網羅できているので安心して大丈夫ですよ。

 

今回テーマにした「初心者の不動産投資」に関する知識を使って、今後に活かしてもらえれば幸いです。

関連ページ

普通にやってもマンション転売は儲からない!成功するための全知識
審査の仕組みからおすすめ銀行まで解説!不動産投資ローンの全知識
素人にぴったりの不動産投資?中古マンションの賃貸運用を完全ガイド
成功・失敗例から注意点まで解説!土地の不動産投資を成功させる全知識
利益が出る特徴や適正価格を大解剖!マンションでの不動産投資の全知識
儲けや節税のカラクリがわかる!素人が知るべき不動産投資4つの仕組み
節税対象から有利な種別まで解説!不動産投資の税金対策を完全ガイド
リスクや解決法・成功のコツまで解説!20代の不動産投資を完全ガイド
不動産投資でサブリースを使うのは損?問題点から使いこなすコツを解説
リスクや注意点・成功するコツを網羅!副業での不動産投資を徹底解説
値下げ術や高収益不動産の選び方を解説!投資を成功に導く4つの方法
利点・欠点から情報の入手法まで!タワーマンション不動産投資の全知識
不動産投資は女性向き?女性オーナーが賃貸経営を成功させる4つの知識
オススメ講義から注意点まで解説!不動産投資セミナーを使いこなす全知識
現金購入する方が不利になるって本当?ローンなしの不動産投資を大解剖
本業と副業で変わる?不動産投資のデメリットとリスクヘッジ方法を解説
迷惑電話が多い評判は本当?不動産投資会社「プロパティエージェント」を大解剖
特徴から検索のコツまで解説!不動産投資サイト「楽待」を使いこなす全知識
海外不動産も視野にいれるべき?不動産投資を成功させる4つのポイント
不動産投資の平均利回りは10%以下って本当?高利回り物件を掴む全知識
基礎知識から素人が陥りやすい罠まで解説!不動産投資の4つの入門知識
物件探し・業者選び・融資手続きまで解説!不動産投資の流れを完全ガイド
一戸建て賃貸投資を完全ガイド!注意点から格安物件の運用方法まで解説
4つの不動産投資ランキング!情報源・サイト・手法別の利回り等を順位付け