駐車場 造成

最終更新日:2018年1月12日

「駐車場への造成」に関する知識を全て解説

「駐車場への造成」に関する知識を全て解説
「駐車場への造成」について調べている人は、以下のような不安や疑問を解決するために情報収集しています。

 

あなたも同じような疑問や不安をもっていませんか?

・住宅の空きスペースを駐車場にしたいのだけど、造成する時にかかる費用はどれくらい?
・駐車場には色々なタイプがあるけど、タイプ別にどれくらいの別途費用がかかるのだろうか・・・
・駐車場のフェンスにこだわりたいのだけど、追加される造成費用はいくらになる?
・なるべくなら駐車場にする造成費用を抑えたいのだけど、どうすればいい?

上記のような疑問や不安を持っているのに解決しないまま、「駐車場への造成」に挑戦しようとしてはいけません。

 

駐車場造成に関する知識が圧倒的に足りていないので、このままではあなたが望む結果にならないのでしょう。

 

せっかく駐車場への造成に挑戦するのであれば、自分が納得いく金額で、高いクオリティになってほしいですよね?

 

そこで今回の記事では「駐車場への造成」に関する疑問・不安について、元・不動産業者である筆者が回答していきます。

 

この記事を読めば、あなたが知っておくべき「駐車場への造成」に関する知識は、すべて網羅できるとお約束します。

 

読み終えた時には、

  • 「住宅の空きスペースを駐車場に造成する時にかかる費用」
  • 「造成可能な駐車場タイプと別途費用」
  • 「駐車場フェンスの種類によって追加される造成費用」
  • 「駐車場にする造成費用を抑える3つのコツ」

についてしっかりと理解できていることでしょう。ぜひ最後までご覧ください。

【裏技】土地活用の成功の秘訣は「複数社の計画」を比較する!

HOME4U土地活用ならネットで1回申し込むだけで、あなたの土地に最適なプランを受けられます。(※土地を持っていなくても提案を受けることが可能!)
しかもNTTグループ運営で利用者も約700万人と実績、安心感抜群。
まずは、複数社の豊富なプランを比較して、勉強をしてみましょう!

HOME4U土地活用

https://land.home4u.jp/


>全国の優良企業が土地計画プランを無料で作成<
>NTTグループの安心実績のHOME4U土地活用はコチラ<

 

住宅の空きスペースを駐車場に造成する時にかかる費用

住宅の空きスペースを駐車場に造成する時にかかる費用
まず紹介するのは「住宅の空きスペースを駐車場に造成する時にかかる費用」です。

 

この章では住宅の空きスペースを駐車場にする際の一番初めの工事となる、造成方法の特徴と費用について解説します。

 

土のまま駐車場として用いてしまうと、道路を泥だらけにしてしまうなど近隣住民の方にも厄介をかけてしまいます。

 

そこで住宅の空きスペースから駐車場に造成する際は、それ相応の方法で土を造成しなければならないのです。

 

その際、主にチョイスされる造成方法が「砂利」「アスファルト」「コンクリート」の3種類です。それぞれ説明していきましょう。

 

また今回は駐車場1台分を一般的なサイズである12.5平方メートルで計算しているので注意してください。

 

ちなみに今回ピックアップしているのは、個人の家の駐車場造成です。

 

しかし中にはビジネスとして空き地を駐車場造成したい人もいるでしょう。

 

残念ながらそんな人にとっては、今回の記事内容はあまり役に立てません。

 

ビジネス目的で駐車場造成を考えている方は、当サイトの過去記事をチェックしてみてください。

 

土地活用としての「駐車場」については、当サイトの過去記事である「基礎から儲けるコツまで解説!プロ監修・土地活用「駐車場」3つの必須知識」にて詳しく解説しております。

 

あなたが求めているビジネス向きの駐車場知識が、把握できることでしょう。

 

ではさっそく次項より、住宅の空きスペースから駐車場に造成する際に発生する費用について解説していきます。

 

住宅の空きスペースを砂利で造成する場合

住宅の空きスペースを砂利で造成すると、費用は約4万円発生します。

 

住宅の空きスペースを砂利で造成するのは、造成方法としては最もリーズナブルになります。

 

リーズナブルなうえに、施工した当日から駐車が実現可能です。

 

しかし、車のタイヤが通る場所に溝ができやすく、雨の日に砂利が流出してしまう恐れがあります。

 

また、砂利が劣化してくると砂ぼこりが余計に出るというマイナスポイントがあります。

 

住宅の空きスペースをアスファルトで造成する場合

住宅の空きスペースをアスファルトで造成すると、費用は約15万円発生します。

 

アスファルトはシャープに施工でき、施工したそのタイミングから駐車することもできます。

 

しかし、ビジュアル性に乏しい点や、古くなると表層がはがれやすい点に注意です。

 

また、外装専門の業者ではアスファルトを取り扱うことができない場合もあるので、よくチェックするようにしましょう。

 

住宅の空きスペースをコンクリートで造成する場合

住宅の空きスペースをコンクリートで造成すると、費用は約20万円発生します。

 

コンクリートは美しく施工でき、デザインの選択肢も膨大なため、一般住宅の駐車場でよく取り入れられています。

 

表面がフラットで、きたなくなっても水で洗い落としさえすればいいので清掃が簡単です。

 

ただし、造成方法としては最もハイプライスなうえに、施工後の数日間は駐車が許されない点に注意しましょう。

 

ここまでは、「住宅の空きスペースを駐車場に造成する時にかかる費用」をお伝えしました。

 

住宅の空きスペースを駐車上に造成すると、どれほどの費用がかかるのか、理解していただけたのではないでしょうか。

 

次に紹介するのは、「造成可能な駐車場タイプと別途費用」です。

 

造成可能な駐車場タイプと別途費用

造成可能な駐車場タイプと別途費用
駐車場は造成しただけでなく、色々なモノをつけてオリジナリティーのあるものにすることが可能です。

 

実際に造成する前に、どんなタイプの駐車場にあるのか知って、自分はどのタイプに造成したいかを決めましょう。

 

この章では、タイプ別にわかれた駐車場の特徴と、造成以外にかかる費用をピックアップしていきます。

 

前章でピックアップした住宅の空きスペースの造成が終わったことを前提としてご覧ください。

 

オープンスタイルの駐車場に造成

オープンスタイルの駐車上に造成するのであれば、先述した造成費用に加えて約0円で実現することが可能です。

 

0円といっても、実際は前章で紹介した造成費だけが請求されて、他の費用がかからなくて済むといった具合です。

 

オープンスタイルは屋根のないタイプの駐車空間で、ほぼ造成費用のみで施工することが可能です。

 

敷地すべてが明るく、広々と感じ取れます。

 

防犯面を不安視している方は、戸口にカーゲートを設置することで処理することが出来ます。

 

また建ぺい率の制約がないため、スピーディに工事をすることが可能です。

 

カーポートのある駐車場に造成

カーポートのある駐車場に造成するのであれば、先述した造成費用に加えて約20万円で実現することが可能です。

 

カーポートは壁もありませんし、屋根だけ備えつけられた駐車スペースです。

 

雨やホコリなどから車をプロテクトするのに一定の効果を見せてくれます。

 

このタイプはメーカー商品に富んでいるので、建物自体の素材やモデルに合わせてセッティングすることができます。

 

ガレージタイプの駐車場に造成

ガレージタイプの駐車場に造成するのであれば、先述した造成費用に加えて約100万円で実現することが可能です。

 

ガレージタイプは、屋外に車庫を仕立てるタイプの駐車空間です。

 

雨・風・ほこりなどに車をさらすことがなく、望ましい状態で車を維持したい方にもってこいです。

 

また、シャッターが存在することで人の侵入を抑止することが出来るので、防犯面でもバッチリです。

 

ここまでは、「造成可能な駐車場タイプと別途費用」をお伝えしました。

 

造成可能な駐車場タイプによってどれくらいの別途費用がかかるのか、理解していただけたと思います。

 

次に紹介するのは、「駐車場フェンスの種類によって追加される造成費用」です。

 

駐車場フェンスの種類によって追加される造成費用

駐車場フェンスの種類によって追加される造成費用
駐車場は基本的な造成費用だけでなく、カーポートなどの追加品で金額が変化します。

 

実は駐車場の造成費用を左右するのは、それだけでなく「駐車場フェンス」によっても変化するので注意が必要です。

 

この章では、駐車場の戸口に設置するフェンスの特徴と料金について解説していきます。

 

とくに防犯面にスポットライトを当てながらみていきましょう。

 

チェーンポールが付いた駐車場に造成

チェーンポールの駐車場に造成するのであれば、基本的な造成費用に加えて約8万円の出費が必要になります。

 

チェーンポールは、数本ポールを立てて、チェーンをかけて設置します。

 

開放感をキープしながら、安価に防犯を務めることが可能です。

 

オープンゲートが付いた駐車場に造成

オープンゲートの駐車場に造成するのであれば、基本的な造成費用に加えて約13万円の出費が必要になります。

 

オープンゲートは、ゲートを上部にアップさせて開けるタイプのフェンスです。

 

開放時にゲートを仕舞うスペースが必要ないので実用的です。

 

またチェーンポールなどと対比させると、高い防犯性を実現することが出来ます。

 

シャッターが付いた駐車場に造成

シャッター付きの駐車場に造成するのであれば、基本的な造成費用に加えて手動方式なら約50万円出費が必要になります。

 

もし全自動式のシャッターをつけるのであれば、約70万円の出費を覚悟しておきましょう。

 

駐車場と外方を完全にブロックすることが出来るシャッターは、フェンスとしては防犯性が抜群です。

 

シャッター部分は、一面パーテーション仕立てをすることができる「スラットタイプ」があります。

 

また外からでも戸内をチェックすることができ、通風・採光も充実した「グリルタイプ」もあります。

 

ご近所の方々との結びつきや、駐車場の用途に応じてチョイスするとよいでしょう。

 

また、シャッターの開け閉めが手動のものと自動のものがあり、コストがバラバラですので予算に応じて選びましょう。

 

ここまでは、「駐車場フェンスの種類によって追加される造成費用」をお伝えしました。

 

駐車場フェンスの種類によってどのように造成費用の総額が変わるのか、理解していただけたと思います。

 

次に紹介するのは、「駐車場にする造成費用を抑える3つのコツ」です。

 

駐車場にする造成費用を抑える3つのコツ

駐車場にする造成費用を抑える3つのコツ
住宅の空きスペースを駐車場に造成する際のコストがものすごく高額で、お悩みの方もいらっしゃるでしょう。

 

そこでこの章では、なるべく造成費用を抑止するコツを3つご紹介しますので、ぜひ考慮してみてください。

 

今回ピックアップする造成費用を抑えるコツは、以下の通りになっています・

駐車場にする造成費用を抑える3つのコツ

  1. 駐車場内でタイヤが乗る部分のみをコンクリートに造成する
  2. 駐車場内で人目に触れない部分はお金をかけて造成しない
  3. 駐車場の造成をするなら複数業者から見積もりをとる

 

駐車場内でタイヤが乗る部分のみをコンクリートに造成する

デザイン性を想定するとコンクリート舗装に惹かれますが、全面コンクリートにすると結構なコストがかかってしまいます。

 

一方でリーズナブルな砂利のみで舗装すると、タイヤが乗るポイントからどんどん砂利が漏洩してしまいます。

 

そこで、タイヤが乗るスポットをコンクリートにして、それ以外を砂利で舗装することをお勧めします。

 

双方のメリットを活かし、コストを抑えつつも泥や砂利の漏洩を防ぐことが出来ます。

 

さらにサバサバした印象を与えがちなコンクリートにも色合いが追加されますよ。

 

駐車場内で人目に触れない部分はお金をかけて造成しない

人の目に触れない場所にコストをかけないのは当たり前といえば当たり前です。

 

しかし業者の方に合わせて造成をしているとないがしろにされる場合がありますので、いつも気にかけておきましょう。

 

具体的に言えば駐車場のブロックを合わせる際には、道路から見える場所のみ化粧ブロックを用います。

 

隣家と対する場所にはあっさりしたブロックを使用することでコストを抑えることが可能です。

 

駐車場の造成をするなら複数業者から見積もりをとる

住宅の空きスペースを駐車場にする場合に限られない、造成をする際には絶対に外せない要素です。

 

いくつかの会社から見積もりをとることで平均価格を自分で知ることができ、よりリーズナブルに理想の造成を実現しやすくなります。

 

また、高い値段の費用をオーダーしてくる悪徳業者を見つけ出すこともできます。

 

なるべくリーズナブルに造成するためにも、必ず相見積もりをとるようにしましょう。

 

相見積もりについては、当サイトの過去記事である「造成するならまずは見積もり!相場価格から上手な活用方法まで解説」にて詳しく解説しておりますので、気になる方はチェックしてみてください。

 

今回の記事の内容が、より理解ができることでしょう。

【裏技】売却しなくてもOK!まずは安全な不動産会社に査定相談しよう!

安心のNTTグループが不動産会社を厳しく審査!大手から中小まで幅広く、しかも安全な不動産会社を一気に探せて相談できます。

HOME4U

https://www.home4u.jp/


>利用者500万人、2001年から運営の安心実績!<
>最大6社の査定比較で500万円高く売れた事例も!<

 

まとめ

以上、「駐車場への造成」をテーマとして、様々な知識を解説してきましたが、いかがだったでしょうか?

 

紹介した知識さえ押さえておけば、「駐車場への造成」に関する知識は、すべて網羅できているのでご安心を。

 

今後、駐車場への造成に挑戦する機会があるなら、今回紹介した知識をぜひ参考にしてみてください。