造成とは

最終更新日:2018年1月15日

これを読めば「造成とは何なのか」全てわかる

これを読めば「造成とは何なのか」全てわかる
「造成とは何なのか」について調べている人は、以下のような不安や疑問を解決するために情報収集しています。

 

あなたも同じような疑問や不安をもっていませんか?

・造成とは何なの?整地や更地とは一緒の意味なのだろうか・・・
・造成とはどんな内容が行われる工事なのか知りたい
・造成のために用意すべき費用とはどれくらいなのか教えてほしい

上記のような疑問や不安を持っているのに解決しないまま、あなたの大切な土地を造成しようとしてはいけません。

 

造成とは何なのかまだよく理解できていないので、このままではあなたの土地がキチンと造成されることはないでしょう。

 

せっかく造成に挑戦するのであれば、造成とは何なのかキチンと理解して、満足できるクオリティを目指したいですよね?

 

そこで今回の記事では「造成とは何なのか」という疑問・不安について、元・不動産業者である筆者が回答していきます。

 

この記事を読めば、あなたが知っておくべき「造成」に関する知識は、すべて網羅できるとお約束します。

 

読み終えた時には、

  • 「造成とは何なのか更地や整地と比較して解説」
  • 「造成とはどんな工事が行われるのか」
  • 「造成のために用意すべき費用とはどれくらいなのか」

についてしっかりと理解できていることでしょう。ぜひ最後までご覧ください。

【個人でも法人でも】見つけにくい造成業者は「解体一括見積りサービス」でカンタンに見つかる!

解体無料見積ガイドなら、全国の優良造成業者から3社見積もりがもらえる!
利用者も3万人、年間4,800人利用の安心実績

解体無料見積ガイド

http://www.kaitai-guide.net/


>利用者3万人越えの安心実績!全国の優良な造成業者から一気に3社の見積もりを比較!<

 

造成とは何なのか更地や整地と比較して解説

造成とは何なのか更地や整地と比較して解説
まず紹介するのは「造成とは何なのか更地や整地と比較して解説」です。

 

まずは同一視されやすい「造成」と「整地」と「更地」の相違点について紹介していきましょう。

 

結論からいいますと、3つとも普通であれば同じ意味として取扱われることが多いです。

 

「建物が建てられる土地にする」という見方からネットや書籍、あるいは業者からの説明を受けることになるでしょう。

 

しかしはっきり申し上げて、「造成」と「整地」と「更地」の定義は違ってきます。

 

そもそも造成とはどんな工事なのか

造成とは「宅地造成規制法」に基づいた申請が避けられない工事行為です。

 

分譲地を造成して販売したりという、割と規模の大きい建築地をキレイにする工事を言い表します。

 

つまり、真の意味での「造成」はいち個人が行う工事規模などではありません。

 

不動産業者・ハウスメーカー・大型工事を専門とする業者等が造成を実施します。

 

しかしながら、崖地や高低差の猛烈な地域では土留め工事を通して宅造法の適用になる工事も起こることはあります。

 

平均的な地面から高さの一体化もあり、相談者の土地が対象となるかどうかわかりません。

 

しかし一般論として150センチ程度の隣地高低差があるケースで、土留めを作るなら要注意です。

 

宅造法規準となる工事(造成)を行なわなければなりません。

 

造成と比べて「整地」とは

整地とは土地の上にあった住まいを解体した後に土地フラットにする事です。

 

コンクリート・大きな石・木クズ・ガラスなどを手や重機で壊して調節します。

 

そのあと重機で踏んで固める「転圧作業」を行い、「整地」は終了となります。

 

これ以外にトンボを掛けたりホウキでクリーニングをするになる可能性もありますが、これは会社ごとに様々です。

 

造成と比べて「更地」とは

「更地」とは住居や建築物等の定着物がないまっさらな宅地のことを指します。

 

「状態」を意味する言葉なので、土地がキレイにされているかどうかは規定されていません。

 

また、都市圏にある「耕作扱いになっていない農地」や「樹木が一切無い山林」については気を付けて下さい。

 

いくらうわべが土の場合でも宅地とは異なりますから、「更地」とは言いません。

 

そのため、土地売却をあなた自身が行う予定なら、更地ではなく整地した状態で売り出すのをオススメします。

 

単に更地で売り払うよりも高い金額で売れる確率が高いです。

 

造成とは「宅地にすること」と考える

同一視されやすい「造成」と「整地」と「更地」の違いについてピックアップしてきました。

 

説明したように厳密な意味は異なりますが、3つとも普通であれば同じ意味として扱われることが多いです。

 

冒頭でお伝えしましたが、「住宅が建てられる土地(宅地)にする」という視点から使われる傾向にあるでしょう。

 

ネットの記事どころか、専門誌もしくは業者からの説明でも同義と位置付けて扱われる可能性が高いので要注意です。

 

実際は「造成」と「整地」と「更地」の定義は違いますが、「宅地にする」という観点から取り組むようにしてください。

 

そのため、これ以降の内容も厳密な造成の定義ではなく、「宅地にする」という意味で様々な知識を解説していきます。

 

ここまでは、「造成とは何なのか更地や整地と比較して解説」をお伝えしました。

 

造成とは更地・整地と比べてどこがどうちがうのか、理解していただけたのではないでしょうか。

 

次に紹介するのは、「造成とはどんな工事が行われるのか」です。

 

造成とはどんな工事が行われるのか

造成とはどんな工事が行われるのか
造成をするスポットは宅地ばかりか、山林であったり木ばかりの場所であったりもします。

 

さらに、フラットな土地以外に傾斜している土壌も存在します。

 

それらを造成する際、よく知られている方法としては以下のような造成手法があります。

4つの種類の造成

  1. 粗仕上げ(粗造成)
  2. 砂利造成
  3. 防草仕上げ
  4. コンクリート・アスファルト舗装

 

造成の「粗仕上げ(粗造成)」とは

最もシンプルな造成の手段が「粗仕上げ」です。

 

住居の解体後に片付いていないコンクリートガラ、石を取り去ります。

 

それらの他にも木クズやガラス片などを人力または重機で取り除きし、重機で均したり転圧を行なったりします。

 

簡略な造成とはいえ、各社毎にどのあたりまで仕上げてくれるか差が出てきます。

 

カンタン処理するだけの企業もいれば、一つ一つ細かい石まで片付けして均してくれる企業もいるでしょう。

 

解体をオーダーする際にどの程度までして貰えるのかコンタクトを取っておく必要があります。

 

造成の「砂利造成」とは

粗仕上げより行き届いた造成方法です。

 

より微細なガラや石などを取り除きし、土地の高さを修正して、砂利や砕石を敷いた後に重機などで転圧を実施します。

 

砂利は体積が大きいタイプであれば、人が歩いた時に足音が聞こえますので防犯対策に変わりますよ。

 

大きさの異なる石であれば、確定されやすいので駐車場といった類いの活用にマッチしています。

 

また、西日本でたびたび採れる花崗岩などが風化して出来上がった土(真砂土)もよく活用されます。

 

砕石として私有車道・学校の校庭などによく採択されます。

 

これ以外にも、取り入れられる砂利には「玉砂利」や「化粧砂利」等の種類が取り入れられることになるでしょう。

 

造成の「防草仕上げ」とは

造成後に草が伸びるのを抑制したい場合は、前もってキッチリと雑草を除去したうえで防草シートを活用します。

 

出来あがりはいかに事前処理を余す所なく行ったかで、大きな変化を起こしてきます。

 

生命力がある雑草の根っこなどが余ったとなれば大変です。

 

あとあと見栄えが良くなくなってしまうので、事前処理はとことんやり抜く必要があります。

 

造成の「コンクリート・アスファルト舗装」とは

造成後にパーキングにするケースなどは砂利舗装だけに限らず、コンクリートやアスファルトで舗装する場合もあります。

 

土地の高さを整えてから「水勾配」と言われるものを測って、砕石舗装を施し、コンクリートもしくはアスファルトで舗装します。

 

コンクリートはアスファルトと照らし合わせると、経費が高い・工期が長時間に渡るなどの欠点があります。

 

しかし寿命が長く補修回数も少なくて済むという利点があります。

 

一方、アスファルトは金額がリーズナブルで、工期もスピーディーに完結されるのが特徴です。

 

しかし耐久性の問題で、補修回数が数多く、コンクリートの10倍以上のメンテナンス回数になるのは見逃せません。

 

また夏の期間は路面温度が高い温度になったり、路面が変形しやすいなどのマイナスポイントも見受けられます。

 

どちらの方法を採用するかは、平地を造成するのか山林を処理するのか、などの「用途」に影響されます。

 

さらに雑草が生い茂っていたり基盤の改良が要されたりしないか、などいろいろな条件も選択肢に影響を与えるので要チェックです。

 

ちなみに宅地に特化した造成方法については、当サイトの過去記事である「安全な宅地に造成するための全知識!注意点や工事費用の相場も解説」にて詳しく解説しておりますので、気になる方はチェックしてみてください。

 

ここまでは、「造成とはどんな工事が行われるのか」をお伝えしました。

 

造成で実施されることになる主な工事内容について、理解していただけたと思います。

 

次に紹介するのは、「造成のために用意すべき費用とはどれくらいなのか」です。

 

造成のために用意すべき費用とはどれくらいなのか

造成のために用意すべき費用とはどれくらいなのか
造成費用には物差しとなるものがなく、各社ごとに料金設定に差が出るものです。

 

そこでこの章では、初めて造成工事を行う人にむけて、工事の「目安」となる費用を解説していきます。

 

まず、特別な撤去作業などを採用しない場合であれば1平方メートル400円~600円程です。

 

庭木の伐採や抜根若しくは、雑草が荒れたケースで処理を行うのであれば2,000円ほどです。

 

さらに地盤の再チェックなどが強要される場合は5,000円程度がバロメーターとなるでしょう。

 

場合によっては、解体総工費の3%~5%として取り入れるケースもあります。

 

だからこそ造成業者を採用する際は、見積もりをちゃんと見て吟味しておくことが求められます。

 

造成の見積もりについては、当サイトの過去記事である「造成するならまずは見積もり!相場価格から上手な活用方法まで解説」にて詳しく解説しておりますので、気になる方はチェックしてみてください。

 

造成とは山林・傾斜地が対象だと金額が変わる

平地に工事を施すのではなく、山林等になると木々の伐採や抜根、土壌の改良などが求められます。

 

そうなると、1平方メートル20,000円から30,000円程度が目安にしてください。

 

また、傾斜のゆるい丘陵地に関しても作業が困難で、手広い要素に気をつけなければダメです。

 

そのため1平方メートル10,000円~20,000円程度の費用を用意しておかないといけないでしょう。

 

もし傾斜角度が15度をオーバーすると、1平方メートルあたり40,000円ほどになることもあります。

 

それらの他にも、真砂土を敷くときには3,500円から4,000円程度(1立方メートル)必要です。

 

砕石を敷くケースだと石の大きさやタイプなどにも影響されますが、1立方メートル2,500円から5,000円程度です。

 

ついでに申しますと、路地よりも低い位置にある土壌に対しては、多少要件が異なるので要注意です。

 

宅地として使える度合いまで一体化するために土砂などを運び込んで地上げすることが求められます。

 

そういった状況のコストとしては3,500円から5,000円(1立方メートル)ほどかかると覚悟しておくようにしてください。

 

また土盛りした土砂の崩壊・流出などを抑止するために作成する擁壁工事が伴うこともあります。

 

「土止費」などと言われたりもしますが、そんな場合には1平方メートル30,000円から40,000円が生じます。

 

造成とは業者との話し合いが重要

このように、造成の系統や土地の条件、希望するクオリティなどによって費用はがらりと変わってきます。

 

「完成したらイメージしてたものと信じられないくらい違う」といったことがないように意識してください。

 

造成をオーダーする状況では最終的なイメージを明らかにして業者に伝えておくこととが、大事になるので注意してください。

 

造成の費用については、当サイトの過去記事である「土地造成の費用相場を完全公開!限界まで金額を安くする方法も徹底解説」でも詳しく解説しておりますので、気になる方はチェックしてみてください。

 

地域ごとによって変化する相場を解説してあるので、今回解説した内容がよりわかりやすくなることでしょう。

【個人でも法人でも】見つけにくい造成業者は「解体一括見積りサービス」でカンタンに見つかる!

解体無料見積ガイドなら、全国の優良造成業者から3社見積もりがもらえる!
利用者も3万人、年間4,800人利用の安心実績

解体無料見積ガイド

http://www.kaitai-guide.net/


>利用者3万人越えの安心実績!全国の優良な造成業者から一気に3社の見積もりを比較!<

 

まとめ

以上、「造成とは何なのか」をテーマとして、様々な知識を解説してきましたが、いかがだったでしょうか?

 

紹介した知識さえ押さえておけば、「造成とは何なのか」と思い悩むことはもうないのでご安心を。

 

今後、あなたの土地に対して造成を実施する機会があるなら、今回紹介した知識をぜひ参考にしてみてください。