造成 建築

最終更新日:2018年1月14日

「建築のための造成」に関する知識を全て解説

「建築のための造成」に関する知識を全て解説
「建築のための造成」について調べている人は、以下のような不安や疑問を解決するために情報収集しています。

 

あなたも同じような疑問や不安をもっていませんか?

・建築のための造成って、どんな費用がかかるの?
・建築用の造成費用を落とすためのコツを教えてほしい
・建築のための造成するつもりだけど、地鎮祭って必要なのだろうか

上記のような疑問や不安を持っているのに解決しないまま、「建築のための造成」に挑戦してはいけません。

 

建築のための造成に関する知識が圧倒的に足りないので、このままではあなたが望む結果にならないのでしょう。

 

せっかく建築のために造成するのであれば、自分が納得いく金額で、高いクオリティになってほしいですよね?

 

そこで今回の記事では「建築のための造成」に関する疑問・不安について、元・不動産業者である筆者が回答していきます。

 

この記事を読めば、あなたが知っておくべき「建築のための造成」に関する知識は、すべて網羅できるとお約束します。

 

読み終えた時には、

  • 「建築のための造成の費用を落とすための3つのコツ」
  • 「建築のための造成には地鎮祭が必要なのか」

についてしっかりと理解できていることでしょう。ぜひ最後までご覧ください。

【個人でも法人でも】見つけにくい造成業者は「解体一括見積りサービス」でカンタンに見つかる!

解体無料見積ガイドなら、全国の優良造成業者から3社見積もりがもらえる!
利用者も3万人、年間4,800人利用の安心実績

解体無料見積ガイド

http://www.kaitai-guide.net/


>利用者3万人越えの安心実績!全国の優良な造成業者から一気に3社の見積もりを比較!<

 

建築のための造成の費用を落とすための3つのコツ

建築のための造成の費用を落とすための3つのコツ
まず紹介するのは「建築のための造成の費用を落とすための3つのコツ」です。

 

建築をするなら土地の造成は欠かせません。避けては通ることが不可能な重要なプロセスです。

 

せっかく建築のための造成をするのであれば、費用を落としたうえでクオリティの高い工事になって欲しいですよね。

 

そこでこの章では、建築のための造成の費用を落とすコツについて元・不動産業者の筆者が解説していきます。

 

今回は建築前に解体を伴う造成工事を想定し、以下のようなコツを解説していきます

建築のための造成の費用を落とすための3つのコツ

  1. 建築のための造成に対応した業者に直接依頼する
  2. 建築のために造成前に自力でできることはする
  3. 建築のために造成するなら複数の見積もりと現地調査が必要

 

ちなみに「そもそも造成って何?」という人は、当サイトの過去記事である「造成と整地の違いを大解剖!4つの工事内容や必要な費用相場まで解説」にて詳しく解説しておりますので、気になる方はチェックしてみてください。

 

今回の記事の内容が、より理解ができることでしょう。

 

建築のための造成に対応した業者に直接依頼する

家屋の解体を行う際には、後から住宅を新築するケースが数多く見られます。

 

その場合、新しい家を建築する住宅メーカーが古い家の造成工事も約束して、工事全体をコントロールすることがあります。

 

もちろん、一つの会社が工事のペースをコントロールするおかげで、より工程がスムーズに向かうことは事実です。

 

また、いろいろなトラブルを遠ざけるために役立ちます。

 

しかし、費用の面から判断すると、住宅メーカーに造成工事をオーダーすることで、より値上がりしてしまう傾向があります。

 

というのも、住宅企業が造成工事を請け負っても、その企業自体が造成工事を行うことはない為です。

 

その工事を下請けに送って工事をしてもらうことになります。

 

そのため、下請けに流す分の管理費が生じることになってしまうのです。

 

どのくらいの管理費が生じるかは各社で異なりますが、1割~3割くらい割高になる場合が多いでしょう。

 

こうしたことから住宅企業に造成工事を依頼するのではなく、あなた自身で造成工事を行っている企業を探すのが大事です。

 

直接契約することで造成総工費を抑えることが可能になります。

 

その際には、優良業者を選ぶことが重要です。

 

費用が安いというのも大切となりますが、信頼できる業者を選択しないと大変です。

 

造成工事の場合は大きな問題に発展してしまうことが見受けられます。

 

廃棄物を不法に処分したり、近隣住民の方とのトラブルを誘引してしまうこともあります。

 

時に訴訟沙汰が発生したり、刑事問題になる可能性もありますので、業者選びは本当に重要です。

 

造成の業者選びについては、当サイトの過去記事である「安全な宅地に造成するための全知識!注意点や工事費用の相場も解説」にて詳しく解説しておりますので、気になる方はチェックしてみてください。

 

建築のために造成前に自力でできることはする

他にも造成工事費用を安くする方法がいくつかあります。

 

まず造成工事をする前の要らない物の処分を、できるだけ自分で実践するということです。

 

家の中にはたくさんのものが存在していますから時間がかかりますが、これをすべて業者に委託するとかなりの出費となります。

 

少なくとも、生活用品や小規模の家具や家電製品の処分程度は自分たちで行って、無駄なコストを抑えるようにしましょう。

 

また、リサイクル業者にオーダーして、家具や使える家庭用電器製品などの買取を依頼して、造成総工費の足しにすることもできます。

 

さらに、建物解体が完了したら行う「滅失登記」などの工程を自分で行うこともできます。

 

司法書士などの専門家に委託すれば、確実ですし楽に申請を済ますことができます。

 

しかし、数万円の金額がかかりますし、時間をかければ自分自身でも行うことができます。

 

少しでも費用を浮かせたいのであれば、できることは自分で取り組んでするようにしましょう。

 

建築のために造成するなら複数の見積もりと現地調査が必要

造成工事費用の値段を下げるうえで基本となるのは、見積もりの時点でできるだけ安くあげるやり方を探ることです。

 

そのためには一つの造成業者だけでなく、必ず複数の総勢業者に見積もりを出してもらうようにオーダーしましょう。

 

造成工事にかかるコストは、ある程度の相場が存在します。

 

しかし業者によってレンジが大きいので、必ず2つ以上の見積もりを比較してみることが不可欠です。

 

その上で、よりリーズナブルに見積もってくれた業者の結果を他の業者に提示して、値段の駆け引きすることもできます。

 

一社だけの見積もりでは平均値が見えてきませんし、割引交渉をしようにもその材料となる手段がありません。

 

また見積もりをオーダーする時には、現地まで実際に訪問して貰って調査をした上で価格を示してもらうことも肝心です。

 

電話などで土地の大きさや家屋のサイズ、建築年数、建築資材などの聞き取りだけで価格をはじき出す業者が多いです。

 

もちろん、ある程度の目安を手っ取り早く出すという意味では非常に良いです。

 

しかし正確かつ、より安い見積もり価格を得ることはできません。

 

業者側もマイナスが出ないように、ある程度本来の予想額に加算をしているからです。

 

しかし実際に現地に訪問してもらい、一緒に解体する住居を見た上で見積もりを出せば、よりリアルな額に近づきます。

 

少々面倒で時間がかかる方法とも言えますが、できるだけその土地での調査をしてください。

 

その上で複数の解体業者に見積金額を出してもらうようにしましょう。

 

造成工事の見積もりについては、当サイトの過去記事である「造成するならまずは見積もり!相場価格から上手な活用方法まで解説」にて詳しく解説しておりますので、気になる方はチェックしてみてください。

 

ここまでは、「建築のための造成の費用を落とすための3つのコツ」をお伝えしました。

 

建築のための造成費用をどうすれば節約できるのか、理解していただけたのではないでしょうか。

 

次に紹介するのは、「建築のための造成には地鎮祭が必要なのか」です。

 

建築のための造成には地鎮祭が必要なのか

建築のための造成には地鎮祭が必要なのか
建築のために造成を行う際、切っても切れない関係なのが「地鎮祭」です。地鎮祭について悩む人も多いです。

 

地鎮祭を取り行うには神職を招いて「お祓い」の儀式を実行します。もちろん費用が生じます。

 

果たしてこの「地鎮祭」についてですが、本当にやることが大切であるのでしょうか。

 

この章では「地鎮祭とは何か」「地鎮祭のコスト」「地鎮祭を行う必要性」について記述しました。

 

建築のための造成で行う地鎮祭とは

地鎮祭とは、神職さんを招いてこれから始まる建築工事が何事もなく行われるために行うイベントです。

 

土地に暮らす人が将来も何事もなく暮らせるようにと、今日までその土地に建てられてきた家にお礼をします。

 

つまり、悪いことが発生しないように、祈祷する建築儀礼のことを指すのです。

 

その土地にいる神様に対して「土地に家を建てる許可をいただく」といった意味もあります。

 

地鎮祭の歴史はおよそ1300年もの昔の「持統天皇」の時代まで遡ります。

 

藤原京という新しい都を建立する際に、鎮め祭る儀式が実施されてたことが「日本書紀」に載っていたのが源流です。

 

日本書紀にある内容が記述されている中での「最初の地鎮祭」と現時点では言われています。

 

古代のおいてこのイベントは神道の儀式だけではなく、東大寺金堂などの仏教寺院でも儀式が実施されていたと考えられています。

 

しかし、この地鎮祭は中世になると、あまり普及しませんでした。

 

地鎮祭が再度普及しだしたのは、江戸時代の終盤で、住宅の建築技術が大幅に進歩した時期です。

 

技術の進歩とともに庶民レベルでも、「家相」の考え方をクローズアップするようになりました。

 

くわえて家の関心が強くなったので、地鎮祭が普及したのだというのが一般的な説です。

 

地鎮祭は造成工事が終わり新築建築に着手する前に神職の方を招待して、土地の神様にお供え物と祝詞をあげます。

 

つまりは、お祓いをして土地を清めて、工事が平穏無事に進むように祈るのです。

 

そのうえで施主が始めの鍬や鋤を取り入れることが、全体のプロセスになります。

 

地鎮祭をすることによって自分自身の心の中に安心感がもたらされ、建築後も安心して暮す余裕ができるのです。

 

日本人特有の「気の持ちよう」だといってもいいのですが、一般の住まい建築でも地鎮祭を行う方が少なくありません。

 

地鎮祭は神主さんを招いて建築儀式を行うのですが、造成工事をする前にも「魂抜き」というプロセスを行います。

 

神棚や井戸、仏壇には神様が宿ると昔から伝えたれています。

 

これらを壊したり動かしたりするのには魂を先だって抜いておく必要があると考え、「魂抜き」を行うのです。

 

家屋を破壊する造成工事で、地鎮祭をするつもりなら「魂抜き」についても忘れずに頼むようにしましょう。

 

建築のための造成で行う地鎮祭にかかる費用

では、地鎮祭の費用はいくらほどかかるのでしょうか?

 

神主さんに儀式が完了したらのし袋に入れてお金を手渡します。

 

地域によっても異なりますが、おおむね3万円から5万円くらいとなります。

 

地鎮祭に監督さんや職人さんが顔を出すこともありますが、そうした場合にはご祝儀は出さず上棟式で差し出しましょう。

 

しかし、上棟式を行わない住まいもあるため、上棟式を行うスケジュールならばご祝儀を出す方が賢明です。

 

職人さんに出すお祝い金の相場は、棟梁と現場監督に5,000円から1万円、その他には3,000円から5,000円ほどでOKです。

 

ご祝儀以外にも神職の行き帰りの足代や諸々の費用を入れると、合計10万円程度はあたりを付けておいた方がよいでしょう。

 

建築のための造成で地鎮祭を行う必要があるのか

このような地鎮祭の儀式を本当に行う必要がはたしてあるのでしょうか。その答えは「自分の気持ち次第」です。

 

「1000年以上も前から行なわれている儀式だからやった方がいい」という考えの人もいるでしょう。

 

また「10万円もの費用を納めるのが馬鹿らしいからやらない」という人もいます。

 

どちらの意見も間違いではありませんから、地鎮祭は「自分の気持ち次第」なのです。

 

しかし何にもせずに工事を行なって、後になって気に掛かるくらいなら 地鎮祭はやっておくべきです。

 

地鎮祭をしないで新築の建築工事を行い、不運にもアクシデントにあった場合の後悔は無くなりません。

 

また、自分では地鎮祭しなくてもいいと考えていても、第三者がやった方がいいと言うことはたくさんあります。

 

あまりに多いのであれば、その方々の意見を尊重した方がのちのちの後悔も少なくて良いでしょう。

【個人でも法人でも】見つけにくい造成業者は「解体一括見積りサービス」でカンタンに見つかる!

解体無料見積ガイドなら、全国の優良造成業者から3社見積もりがもらえる!
利用者も3万人、年間4,800人利用の安心実績

解体無料見積ガイド

http://www.kaitai-guide.net/


>利用者3万人越えの安心実績!全国の優良な造成業者から一気に3社の見積もりを比較!<

 

まとめ

以上、「建築のための造成」をテーマとして、様々な知識を解説してきましたが、いかがだったでしょうか?

 

紹介した知識さえ押さえておけば、「建築のための造成」に関する知識は、すべて網羅できているのでご安心を。

 

今後、建築のための造成をする機会があるなら、今回紹介した知識をぜひ参考にしてみてください。