不動産売却 名古屋

最終更新日:2017年11月29日

名古屋で不動産売却を検討している人へ

名古屋で不動産売却を検討している人へ
「名古屋の不動産売却」について調べている人は、以下のような不安や疑問を解決するために情報収集しています。

 

あなたも同じような疑問や不安をもっていませんか?

・名古屋の不動産を売却するつもりなのだけど、どんな知識を知っておけばいい?
・今の名古屋の不動産市場はどんな動向になっているのだろうか・・・
・名古屋で不動産を売却した人のリアルな体験談を教えて!
・どこの不動産業者に名古屋の不動産売却を任せるべきなのか教えてほしい

上記のような疑問や不安を持っているのに解決しないまま、名古屋の不動産を売却しようとしてはいけません。

 

期待した金額で売却できない可能性が非常に高くなるので、後悔が残る不動産売却になるのは間違いないでしょう。

 

せっかく名古屋の不動産を売るのであれば、誰よりも高く・早く・スムーズに不動産売却したいですよね?

 

そこで今回の記事では名古屋の不動産売却に関する疑問・不安について、元・不動産業者である筆者が回答していきます。

 

この記事を読めば、あなたが知っておくべき「名古屋の不動産売却」に関する知識はすべて網羅できるとお約束します。

 

読み終えた時には、

  • 「名古屋で不動産売却するなら押さえておくべき必要知識」
  • 「名古屋の不動産売却市場の解説とすでに売却した先輩の体験談」
  • 「名古屋でおすすめの不動産売却業者3選」

についてしっかりと理解できていることでしょう。ぜひ最後までご覧ください。

【裏技】売却しなくてもOK!まずは不動産会社に査定相談しよう!

大手・中堅~地域密着の不動産会社から、あなたの売却予定の不動産に強い会社を自動マッチング!
さらには、利用者数1,000万人と一括査定では圧倒的No.1で安心実績。

イエウール

https://ieul.jp/


>利用者1,000万人以上で一括査定No.1の安心実績!<
>最大6社の査定比較で500万円高く売れた事例も!<

 

名古屋で不動産売却するなら押さえておくべき必要知識

名古屋で不動産売却するなら押さえておくべき必要知識
まず紹介するのは「名古屋で不動産売却するなら押さえておくべき必要知識」です。

 

名古屋の不動産売却をするなら、名古屋という街をある程度知っておく必要があります。

 

知っておくべき名古屋の地域性をしていき紹介しましょう。

 

名古屋は自動車王国

名古屋といえばトヨタ自動車です。トヨタと車で使用する電子部品企業や機械部品企業が名古屋に集まっています。

 

名古屋における雇用の多くが、トヨタ系列と言ってもいいでしょう。

 

トヨタは日本を代表する企業のため、名古屋全体がトヨタを企業の柱としています。

 

しかし、名古屋はトヨタ系列企業だけで構成されているわけではありません。

 

中部電力、カゴメといった超一流企業もあるために雇用が安定しています。

 

教育熱心な名古屋

名古屋は教育に熱心な点も定評があります。教育に熱心な街には私立高校がたくさんありますが名古屋は違います。

 

東京と大阪に比べて、私立より公立学校が名を馳せています。

 

公立が進学校扱いされるのは、高校だけではありません。中学校も公立が人気です。

 

私立学校に行かなくても、十分な教育を受けられると多くの親が判断しているのです。

 

私立高校より公立高校の方に力が入っている名古屋は、どれだけ公立学校の近くに住めるかを住宅選択の基準として重要視しています。

 

つまり「立地がいい=学区がいい」という解釈なのです。

 

実際に名古屋で不動産価格が高騰する大部分は、文教地区となっています。

 

また文教地区以外の地区で人気のあるのは、会社(=勤務地)の近くです。

 

通勤しやすいので、朝ゆっくりできるという理由で人気です。

 

昔は会社から支援を受けて、会社の付近に家を買う人も多くいました。

 

現在は会社の周辺の土地にほとんど空きがないので、代わりに近くの地域に住むことが多いです。

 

名古屋特有の不動産事情

名古屋で不動産売却するには、名古屋ならではの不動産事情も把握しておく必要があります。

 

名古屋の不動産事情を、「種別」ごとに解説して行きましょう。

 

名古屋の一戸建て住宅事情

名古屋は安定した企業が多いためか、人口も増加しています。

 

商業地にも次々と施設が完成し、地域的な将来性も高いと言えるでしょう。

 

一戸建て住宅を買う人は、一度名古屋に来たら、ずっと家に居住するつもりで家を建てます。

 

名古屋はずっと住むには非常に良い環境です。そのため、一戸建て住宅の件数も増加しています。

 

名古屋のマンション事情

大型開発が次々と計画されている名古屋は、今後タワーマンションのような大規模なマンションが建築されます。

 

そのため新築マンション市場が、今後もずっと成長することは間違いありません。

 

一方、懸念されるのは、中古マンション市場です。

 

新築マンションがあまりにも数が多くなると、中古マンション市場が衰退する可能性が高まります。

 

現時点では、新しいマンションの供給は過剰ではなく、中古マンション市場と共生している状況ですが、いつ均衡が崩れるかわかりません。

 

マンション動向はとくに要チェックしていくべきでしょう。

 

名古屋の土地事情

名古屋の土地の勢いを表す指標の「地価公示価格」は毎年上昇しています。

 

地価公示価格が毎年減少している街が多い中、珍しい事例として全国的に注目されています。

 

どうして名古屋は地価が上昇するのでしょうか。直接的な原因は一戸建て住宅の需要増加です。

 

一戸建て住宅を求める人に比例し、土地を求める人が増えていているので地価が上昇していると考えられます。

 

名古屋で人気の不動産

名古屋の不動産事情を一戸建て住宅・マンション・土地と種類別にみてきました。

 

名古屋の不動産の売却は、種別の動向把握も必要ですが、それ以上に「どんな条件を持った不動産が有利か」という知識も頭に入れておく必要があります。

 

ではいったい、どんな条件を持った不動産が名古屋では人気なのでしょうか。

 

人気の学区に立地

前述したように、名古屋の不動産購入者は学区を先に考えます。特に中学校は競合地域です。

 

高校と違い、地域に住んでいると誰でも入学できるので、競合地域となっています。

 

通学する中学校が人生を左右すると考える親たちは多く、人気の文教地区は多少値段が高くても売れています。

 

人気の学区は、毎年売却金額が上がる傾向があります。

 

一度、文教地区に不動産を手に入れば、売却する際は相当な金額で売却できるでしょう。

 

買った時とあまり変わらない金額、又はそれ以上の金額で売却できる場合もあります。

 

人気の沿線に立地

学区以外にも重要視される条件があります。それは「沿線」です。

 

名古屋で圧倒的人気を誇る沿線は、地下鉄東山線沿線です。

 

会社近くが好まれますが、やっぱり会社の近くの不動産はどこにも空きがありません。

 

なるべく近い地域で通勤する必要があります。

 

「どうせ通勤するなら、交通が便利なところがいい」という考えの下、沿線付近の不動産に人気が集中しています。

 

沿線付近はショッピング施設や病院、銀行と生活に欠かせない所が集中しているので非常に便利な場所です。

 

住み心地がいいのは明白なので、今後も東山線沿線に人気が集中し続けるでしょう。

 

名古屋の不動産売却を有利にするためのポイント

ここまで名古屋の不動産市場で人気マンションの条件をみてきました。

 

売却しようとする不動産は、人気の条件に該当していましたか?

 

もし、該当していれば、何もしなくてもスムーズに売却できますが、該当していなければ、工夫して売却しなければなりません。

 

自分の不動産だけ売れ残るなんて、絶対嫌ですよね。名古屋の不動産を売るためのポイントを紹介します。

 

入学シーズン直前の1~2月から売却開始する

名古屋の購入検討者は、学区を重要視しています。不動産購入の動機も文教地区に行きたいからでしょう。

 

だからこそ、ほとんどの購入検討者が入学シーズン直前の1~2月に家を探し始めます。

 

検討者数が急激にUPする1~2月に売却し始めれば、多くの人が不動産を見るようになります。

 

もし人気マンションの条件を満たしていなくても、このシーズンであれば売却できる可能性が高いですよ。

 

このシーズンを逃したら一気に購入検討者は減るので、1~2月に売却しなければ、1年間は売れないという意識で準備に臨みましょう。

 

引き下げの決断も早くする

名古屋での不動産売却は短期決戦です。1~2月の間にすべて終了と言っても過言ではありません。

 

だからこそ、値下げも早く決断しないといけません。

 

通常の売却活動は、価格の引き下げは売却開始から3ヵ月程度ですが、名古屋の場合は3ヵ月間待ってはダメです。

 

もしかすると売却開始から1ヵ月も経たず、引き下げを不動産業者から提案される場合もあるでしょう。

 

最終的決断はあなた次第ですが、名古屋の不動産市場は1年に1度しか機会がないのは間違いありません。

 

名古屋の不動産市場は「短期決戦」であることを忘れないように、不動産売却に挑みましょう。

 

売却依頼をする不動産業者は重要

名古屋の不動産市場は短期決戦のため、ミスができません。

 

販売金額は適正か、広告計画に問題はないかなど注意すべき点はいくらでもあります。

 

能力のない不動産業者に依頼すれば、不動産は売れません。

 

シーズン中に確実に販売したいなら、ミスを絶対にしない信頼できる不動産業者を選びましょう。

 

ここまでは、「名古屋で不動産売却するなら押さえておくべき必要知識」をお伝えしました。

 

不動産売却という観点で名古屋をみるとどんな知識を得るべきなのか、理解していただけたのではないでしょうか。

 

次に紹介するのは、「名古屋の不動産売却市場の解説とすでに売却した先輩の体験談」です。

 

名古屋の不動産売却市場の解説とすでに売却した先輩の体験談

名古屋の不動産売却市場の解説とすでに売却した先輩の体験談
名古屋の不動産価格は土地が2,500万円前後、戸建てが3,500万円前後、マンションが1,500万円前後になっています。

 

やはりトヨタ自動車を中心とする中京工業地帯の影響で、価値が高まっているのでしょう。

 

特に一戸建て住宅の平均相場3,500万円は日本でもトップクラスの高さを誇っており、状態が悪いという場合でなければ、高額の利益を期待できます。

 

名古屋の坪単価

名古屋の坪単価も非常に高く、なんと100万円近くになります。

 

さすがに東京、大阪に次ぐ日本三大都市と呼ばれるだけある坪単価となっています。

 

名古屋の不動産取引の特徴・傾向

名古屋は全国からの移住者が多いので、必ずインターネット広告を利用しましょう。

 

全国から不特定多数の購入希望者に向けて販売できます。

 

しかし少し郊外になってくると県外からの移住の割合は減少します。

 

名古屋の外れにある地域にある不動産は、県内の居住者、周辺地域の購入希望者をターゲットにしましょう。

 

現地の会社に販売を依頼したり、地域に根ざしたフリーペーパーに広告を掲載したりするのをおすすめします。

 

名古屋の不動産を売却した人の体験談

当サイトでは名古屋で不動産売却した人から、体験談を募集しました。

 

非常に参考になる体験談が寄せられたので、今後名古屋で不動産売却する人なら、ぜひ参考にしてみてください。

 

名古屋で不動産売却した40代男性の体験談

私は名古屋でサラリーマンをしながら、投資用マンションを複数所有するいわゆる「サラリーマン大家」です。

 

名古屋の価値が高まりつつあるのを察知したため、マンションを売り払って新しい物件を購入決定しました。

 

マンションを売る前に、以前から交流のある不動産業者に相談しました。

 

査定結果はほぼ予想通りだったので、お願いすることに。

 

ちなみに一応、他の会社も見ておこうとインターネット一括査定サイトも使用しています。

 

普段あまりインターネットを利用しないせいか、少し不安でしたが、使い勝手は良かったですね。

 

しかし自分の想像にあった査定額を出す会社がいなかったので、結局つかわなかったです。

 

以前から交流のある営業社員なので、愛想がいいですし、やはり信頼できましたね。

 

実際に売れる価格はややと低いと聞いていましたが、営業社員が頑張ったおかげで、出した価格から価格引き下げをほとんどせず、売却に成功しました。

 

売却した資金をもとに新たな投資用マンションも購入できたので、非常に満足できた結果でした。

 

名古屋で不動産売却した40代男性の体験談

母親が他界してマンションを相続しましたが、すでに新居を購入していたので、相続したマンションは売却することに決定しました。

 

もともと自分が住んでいたマンションだったので、思い出が込められた家でしたが、そのまましておくわけにはいきません。

 

このままだと無駄に固定資産税だけ払うことになるので、意を決して売却することにしました。

 

最初は現地の不動産会社に知人がいるので、お願いしようとしていました。

 

しかし故郷に帰る時間もあまりないので、結局インターネットの一括査定サイトを使用することに。

 

築30年以上のマンションなので売るのは難しいと知っていましたが、なるべく短期間に販売できそうな会社を選んで依頼しました。

 

その際に、今自分が近くに住んでいないこと、仕事の関係上すぐに連絡出来ない事も伝えました。

 

そのおかげか、売却活動についてメールで定期的に実施してくれたのは、ありがたかったですね。

 

売却活動中は、不明点、不安な場所は直接問い合わせしていました。

 

担当者の方は不動産知識が全然ない私にもわかるように、一から丁寧に教えてくれました。

 

期待していた以上の誠実さと実直さには好感を持ちましたね。

 

購入希望者も4カ月程度で見つかり、思ったより早く家を売れました。

 

最初は本当に売れるのか最初は不安でしたが、それなりの短期間で売却ができて満足しています。

 

名古屋で不動産売却した40代女性の体験談

2世帯の一戸建て住宅で同居しようと、10年前に購入したマンションを売って、新居の費用に充当することになりました。

 

夫の休みが少なく帰宅も遅いので、売却は主婦をしている私が進めることになりました。

 

不動産に関する知識が不足しているうえに、周辺に業界関係者の知人もいなかったので、最初は不安でしたね。

 

必死に色々な知識をインターネットで調べました。結果的に1年以上調べ物をして、結果的に一括査定を利用しました。

 

その日のうちに2社、次の日まで3社から連絡があり、査定額は相場価格より高いものがほとんどで安心しましたね。

 

会社もすべて誠実かつ丁寧な対応をしてくれました。

 

その中から最も頼りになるようなベテラン営業社員がいるところに決め、仲介契約を結ぶことに。

 

新居にかける金は多いほうがいいので、売り渡し価格からなるべく値下げをしないようにしました。

 

販売価格が相場程度だったので、順調に売却できましたね。知識がない私も安心して販売活動できました。

 

ここまでは、名古屋の不動産売却市場の解説とすでに売却した先輩の体験談をお伝えしました。

 

名古屋の不動産売却市場とすでに売却を終えた方々の生の声について、理解していただけたと思います。

 

次に紹介するのは、「名古屋でおすすめの不動産売却業者3選」です。

 

名古屋でおすすめの不動産売却業者3選

名古屋でおすすめの不動産売却業者3選
ここまで名古屋の不動産売却に必要な知識を紹介しましたが、読者の中には自ら不動産業者を選択できないと考える人も多いはずです。

 

そこでこの章では、名古屋の不動産売却でオススメの業者を紹介します。

 

名古屋の不動産売却業者1.不動産SHOPナカジツ

名古屋に強く、県内13店舗もある愛知最大級の物件情報館です。

 

お客様が考えた以上に顧客に近づいていく不動産屋を目標に努力している企業です。

 

ナカジツでは売主が「失敗・後悔」しないため、一般的な売却方法だけでなく、独自の販売・売却方法を実施しています。

 

ナカジツオリジナルの販売システムによって売主だけでなく、買主にもメリットをもたらします。

 

さらに税務士の確定申告の相談会、相続の相談、移住支援などワントップサービスでフルサポートしてくれますよ。

 

不動産SHOPナカジツについてもっと知りたい方は、不動産SHOPナカジツ公式ホームページを参照してみてください。

 

名古屋の不動産売却業者2.センチュリー21興和不動産株式会社

最大級の不動産ネットワーク「センチュリー21グループ」なので、媒介契約3ヵ月以内の契約率は驚異の95%。

 

10人の営業社員で24時間365日、スピードを持って対応します。

 

「早く売りたい人」「高く売りたい人」はセンチュリー21興和不動産を頼るといいでしょう。

 

センチュリー21興和不動産株式会社についてもっと知りたい方は、センチュリー21興和不動産公式ホームページを参照してみてください。

 

名古屋の不動産売却業者3.ハウスボカン

名古屋内6拠点をかまえ、不動産売却をサポートしてくれるのが「ハウスボカン」です。

 

とくに名古屋南部に強い不動産売却会社となっています。

 

地域の情報収集の専門家なので、毎月400組以上の「買いたいお客様」がたくさん集まっています。

 

名古屋の不動産売却を成功したい人なら、ハウスボカンを利用するといいでしょう。

 

ハウスボカンについてもっと知りたい方は、ハウスボカン公式ホームページを参照してみてください。

 

【裏技】売却しなくてもOK!まずは不動産会社に査定相談しよう!

大手・中堅~地域密着の不動産会社から、あなたの売却予定の不動産に強い会社を自動マッチング!
さらには、利用者数1,000万人と一括査定では圧倒的No.1で安心実績。

イエウール

https://ieul.jp/


>利用者1,000万人以上で一括査定No.1の安心実績!<
>最大6社の査定比較で500万円高く売れた事例も!<

 

まとめ

以上、「名古屋の不動産売却」をテーマとして主に3つの知識を解説してきましたが、いかがだったでしょうか?

 

紹介した知識さえ押さえておけば、「名古屋の不動産売却」に関する知識は、すべて網羅できているのでご安心を。

 

今後、名古屋の不動産を売却する機会があるなら、今回紹介した知識をぜひ参考にしてみてください。