家売却 タイミング

最終更新日:2018年2月23日

「家売却のタイミング」に関する知識を全て解説

「家売却のタイミング」に関する知識を全て解説
「家売却のタイミング」といえば、知識がない人にとっては非常に厄介で、ミスが許されない問題となります。

 

だからこそ「家売却のタイミング」について、いまだに納得いく回答を得られぬまま、調べている人は多いです。

 

具体的には「家売却のタイミング」に関して、以下のような不安や疑問を解決すべく情報収集しています。

 

あなたも同じような疑問や不安をもっていませんか?

・1年間の中で家が最もよく売買されるタイミングはいつなの?
・一般的な家が売却されるまでのタイミングを知っておきたい
・家を売却するタイミングを計るとき、注意すべき点はある?

上記のような疑問や不安を持っているのに解決しないまま、あなたの大事な家を売却しようとしてはいけません。

 

家売却のタイミングに関する知識が圧倒的に足りていないので、このままではあなたが望む結果にならないでしょう。

 

せっかく大切な家を売却するのであれば、自分が納得いったうえで満足いく結果になってほしいですよね?

 

そこで今回の記事は「家売却のタイミング」に関する疑問・不安について、元・不動産業者である筆者が回答していきます。

 

この記事を読めば、あなたが知っておくべき「家売却のタイミング」に関する知識は、すべて網羅できるとお約束します。

 

読み終えた時には、

  • 「1年間の中で家が最もよく売買されるタイミング」
  • 「一般的な家が売却されるまでのタイミングはいつなのか」
  • 「家を売却するタイミングを計るときの5つの注意点」

についてしっかりと理解できていることでしょう。ぜひ最後までご覧ください。

超大手6社に厳選!不動産の最高額をチェック

すまいValue

https://sumai-value.jp/

>超大手6社に厳選していて安心感抜群の一括査定<
>利用者数も10万人以上と実績も間違いない<

※田舎や地方の方はNTTグループ運営「HOME4U」をオススメします。

 

1年間の中で家が最もよく売買されるタイミング

1年間の中で家が最もよく売買されるタイミング
まず紹介するのは「1年間の中で家が最もよく売買されるタイミング」です。

 

「家を売却する際、1年間で効果的な時期は?」 という点からまずチェックしていきましょう。

 

一般的に、不動産の売買が活発になるタイミングは、2月~3月の春先と、9月~11月の秋シーズンです。

 

しかし、それ以外の時期が、全く人気が衰えるかというと、そういう訳ではありません。

 

ここでお伝えしたいことを先に伝えておくと、以下の通りになります。

1年間の中で家が最もよく売買されるタイミング

  1. 1月~3月と9月~10月は業界的には繁忙期
  2. 春先や秋口に無理矢理売る必要はない

 

1月~3月と9月~10月は業界的には繁忙期

売買契約が活性する時期を挙げるとすれば、1月~3月といった新生活を向かえるタイミングが該当します。

 

また9月~10月の転勤・異動などの季節が多くなります。

 

しかし、はっきり言って売る人買う人の数がちょっとだけ増大するだけです。

 

そのため、そのほかの月が不動産の売却タイミングとして望ましくない訳ではありません。

 

1年間の時期はあまり気にせず、「買ってほしい」と思ったときが売るタイミングと言っても良いでしょう。

 

春先や秋口に無理矢理売る必要はない

年間の売却時期については、それ程集中しなくても大丈夫では、というのが筆者の見解です。

 

一般的には、新生活や転勤のシーズンに合致する「春先(1月~3月)」「秋口(9月~11月)」がいいです。

 

何故かというと、家やマンションの買い入れ希望者が多く動く時期だからになっているから。

 

しかし多くの不動産窓口には、毎月継続して購入希望者の来店・問合せが入っているのも事実です。

 

年間の時期はそれほど意識されずに、あなたに合ったタイミングで売却するのに勝るものはないといえるでしょう。

 

売れやすい時期については、「売れやすい時期があるって本当?不動産売却の売り時について解説」にも詳しく解説しておりますので、気になる方はチェックしてみてください。

 

さらに詳しく解説した記事になっているのでここまで解説してきた内容が、より一層理解できることでしょう。

 

ここまでは、「1年間の中で家が最もよく売買されるタイミング」をお伝えしました。

 

1年間の中で家が最もよく売買されるタイミングは春先と秋口だと、理解していただけたと思います。

 

1年で家が最もよく売買される時期は「家売却のタイミング」において必要な知識なので、忘れないようにしてください。

 

ただし「家売却のタイミング」の関する疑問・不安を払拭するために必要な知識は、この限りではありません。

 

実際に「一般的な家が売却されるまでにどれくらいかかるのか」についてはまだわからないでしょう。

 

そこで次は「一般的な家が売却されるまでのタイミングはいつなのか」について紹介していきます。

 

一般的な家が売却されるまでのタイミングはいつなのか

一般的な家が売却されるまでのタイミングはいつなのか
この章では「一般的な家が売却されるまでのタイミングはいつなのか」について解説していきましょう。

 

ここでお伝えしたいことを先に伝えておくと、以下の通りになります。

一般的な家が売却されるまでのタイミングはいつなのか

  1. 家の売却期間は基本的に2~3ヶ月程度かかる
  2. 不動産会社の担当の能力で期間が延びる可能性は大いにアリ
  3. 一戸建てとマンションならマンションの方が早く売れる

 

家の売却期間は基本的に2~3ヶ月程度かかる

家やマンションが売れるまでの売却スパンは、大体2~3ヶ月と、結構わずかな期間となっています。

 

ただしこれは、現状の不動産市場に合った価格で売りに出した場合に限るので要注意です。

 

しかし、価格や間取り、「同地域で最新のマンションが近日設立予定」等のいわゆるライバル物件の有無でも状況は変わります。

 

そのため、物件によっては必ずしも3ヵ月の範囲内で売れるとは限らないでしょう。

 

個人的経験則だと、売りに出してから、たった数日で売却できることもありました。

 

また逆に半年かかる、といったケースも頻繁に見られたのも事実です。

 

ただ、「3ヵ月以上たっても売れな」とせっかちになって値下げをしたりする必要はありません。

 

売買の成約はいわば「タイミングと縁」が命です。ふとした時に、買い手が出てくることも沢山あります。

 

そのため、家やマンションの売却はゆとりのあるスケジュールを立てて、焦らずに売買活動していきましょう。

 

もちろん、前述のとおり急にバイヤーが見つかってスピード成約というケースもあります。

 

だからこそ、準備もしっかり完了しておくと良いでしょう。

 

家売却で必要な準備については、「これさえ読めば大丈夫!初心者向け中古マンションの完全売却ガイド」にて詳しく解説しておりますので、気になる方はチェックしてみてください。

 

さらに詳しく解説した記事になっているのでここまで解説してきた内容が、より一層理解できることでしょう。

 

不動産会社の担当の能力で期間が延びる可能性は大いにアリ

「不動産会社の担当に当たりはずれは存在するか?」という点についても見てみましょう。

 

残念ながら、当たり外れはあります。スタッフによって、「売れやすい、売れにくい」という差は見つかるでしょう。

 

不動産会社の仲介担当は、売却予定の一般人から不動産の相談を受けた後、売却価格の査定を行います。

 

更には物件の告知・宣伝をスタートさせていくでしょう。いわゆる「販促活動」です。

 

プロモーション活動自体を、多くの不動産企業は属人的に、つまり担当セールスマン独自の能力やスキルを持って進めているのです。

 

そのため、担当によってすぐにバイヤーが見つかったり見つからなかったりする、ということがザラに起こります。

 

家やマンションを売る時に、どんなセールスマンが仲介に付くかはとても重要です。

 

何回かコミュニケーションを取ってみて、「なんだこりゃ」と思うことや納得できないことがあったら次から次へと聞いてください。

 

適切な回答がなかなか得られないケースでは、思い切ってセールス万の変更も思案してみましょう。

 

一戸建てとマンションならマンションの方が早く売れる

不動産を売る時に多い質問の一例が「中古の一戸建てと中古のマンションはどっちが早く買ってもらえる?」です。

 

どちらが早いかは、物件の様子や立地条件によっても変動します。

 

そのため、一概に「こっちが早いです」とは声を大にして言い難いところではあります。

 

しかしあえて言うとすれば「中古のマンション」がある程度有利と言ったところでしょうか。

 

理由としては、近年の国内消費者の居住に向けた考え方にマンションが適しているからです。

 

具体的には「家はライフスタイルに添って住み替えていくもの」という考えがスタンダードになってきている傾向にあります。

 

一軒家の場合、築年数にもよりますが修繕の問題であったり、土地も一緒についてきたりと不自由があります。

 

つまり物件の売買以外に検討・考慮しなくてはいけないことが、いくつか出てくるのです。

 

その点マンションでは建物自体の修繕・保全は管理会社が付いています。

 

一軒家と比べて、検討項目もやや単純に考えられるでしょう。

 

管理会社が充実しているマンションでは、防犯の観点からも人気が高まるのも理由の一つです。

 

一軒家でもすぐに売れる場合もある

しかし地価がある程度規則正しい地域の一軒家においては、逆に人気が高まるケースだって多くあります。

 

建物の価値は経年劣化に伴って必然的に下がってきますが、土地の価値は年数経過には比例しません。

 

そのため、資産価値としても大きな存在感を出してくれるケースが多いのです。

 

一軒家にもチャンスはあるので、「手放す物件がマンションではなく一戸建てだから」と言って意気消沈することはありません。

 

確かにマンションよりかは少し売却期間がしばらくかかるかもしれませんが、慌てないでください。

 

売却価格を急いで下げたりすることなく、本腰を入れて腰を据えて、買い手を探し出していくと良いでしょう。

 

ここまでは、「一般的な家が売却されるまでのタイミングはいつなのか」をお伝えしました。

 

一般的な家が売却されるまでには2~3ヶ月かかると、理解していただけたと思います。

 

一家が売却されるまでの期間は「家売却のタイミング」において必要な知識なので、忘れないようにしてください。

 

ただし「家売却のタイミング」の関する疑問・不安を払拭するために必要な知識は、この限りではありません。

 

実際に「家を売却するタイミングを計るために注意すべきポイント」については、まだわからないでしょう。

 

そこで次は「家を売却するタイミングを計るときの5つの注意点」について紹介していきます。

 

家を売却するタイミングを計るときの5つの注意点

この章では「家を売却するタイミングを計るときの5つの注意点」について解説していきましょう。

 

ここでお伝えしたいことを先に伝えておくと、以下の通りになります。

家を売却するタイミングを計るときの5つの注意点

  1. 新築をすぐに売却するのは損することが多い
  2. 「固定資産税」を意識したタイミングにする
  3. 築20年に近い家なら売却タイミングを早めた方が良い
  4. 買い替えをするなら「買い替え特例」を意識したタイミングにする
  5. 売却にもっとも適しているのは築10年から築20年のタイミング

 

新築をすぐに売却するのは損することが多い

はじめにお伝えしたいのは、「差し迫った問題がない限り、家を売却するタイミングは焦らずに計る」ということです。

 

一番望ましくないことが、「買いつけたばかりの新築物件をすぐに売る」ということです。

 

「新築をすぐ売るのがNG」とはよく言われることですので、一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。

 

なぜ買ったばかりの新築物件を、間髪をいれず売っては良くないのかには理由があります。

 

実はそもそも新築物件は、マーケットの相場よりもやや高く設定されているのです。

 

そのため、例えば新築物件を手に入れて1か月後に売却しよう、となったとしても注意しなければいけません。

 

確実に販売価格は2~3割ほど、ダウンすることでしょう。

 

「固定資産税」を意識したタイミングにする

新築後3年間は、固定資産税がダウンしています(マンションの場合は5年間)。

 

少なくともこの築5年未満の間は売り払わずにいた方が、住居に関わる費用対効果は良くなるでしょう。

 

ちなみに固定資産税については、「固定資産税を滞納している不動産は売却できる?固定資産税の基礎知識を解説」にて詳しく解説しておりますので、気になる方はチェックしてみてください。

 

さらに詳しく解説した記事になっているのでここまで解説してきた内容が、より一層理解できることでしょう。

 

築20年に近い家なら売却タイミングを早めた方が良い

築20年以上経った物件は、買い手がピックアップできにくくなります。

 

なぜかというと、通常マンションを買い求めた場合、いくつか税金の控除などの特例が付帯するからです。

 

築年数20年(マンションなら築25年)をオーバーした住まいを買う場合、それらが適用されなくなる事例がいくつか出ます。

 

築20年(マンションの場合25年)をオーバーした物件では適応されない特例は、ザッと挙げるだけでも3つあります。

 

具体的には「登録免許税の軽減措置」「不動産所得税の軽減措置」「住宅ローンの特別控除」が該当するでしょう。

 

特に、住宅ローンの特別控除は結果的に数十万~数百万といった金額になることもあります。

 

そのため、不動産を買う側のほうで、住宅ローン控除をあらかじめ期待しているケースも数え切れないほどあるのが現状です。

 

魅力的な特例が適応されなくなるということが原因で、購入希望者が減るということは確実に予想できます。

 

現在、最終的に売却する事を考えているお住まいのケースでは、築20年になる前までに買い取ってもらうのがベストです。

 

だからこそ、最初から中期的な売却計画を前もって立てておくのも良いでしょう。

 

住宅ローン控除については、「土地売却時に使える税金控除5つを完全ガイド!注意点や住宅ローン控除も解説」にて詳しく解説しておりますので、気になる方はチェックしてみてください。

 

さらに詳しく解説した記事になっているのでここまで解説してきた内容が、より一層理解できることでしょう。

 

買い替えをするなら「買い替え特例」を意識したタイミングにする

「買い替え特例」という制度は、見聞きしたことがあるでしょうか。

 

家やマンションの不動産を買い替える状態になっとき、利益が出た場合は税金(譲渡所得税)が要されてしまいます。

 

しかし、その税金を免除または控除可能なのが、この「買い替え特例」です。

 

ですが、「買い替え特例」が適用されることを願うならいくつか条件が必要になります。

 

求められる要件のひとつに「保有期間10年以上」からという条件があります。

 

つまり「10年以上住んでからの売却でない限りは、特例は使えません」ということです。

 

家やマンション購入から価格がダウンしての売却の場合は、そもそも譲渡所得税は生まれません。

 

だからこそ、不動産を売却するどんな人でも当事者になるというわけではないでしょう。

 

ただ、不動産価格は景気や時の政策にも左右されて変動するので覚えておいて、マイナスはないです。

 

売却にもっとも適しているのは築10年から築20年のタイミング

ここまでの内容を踏まえると、家を買い取ってもらうベストなタイミングは、築10年~20年未満と言えます。

 

売却時期の目安として、築10年から築20年を意識しておくと良いでしょう。

 

あとは、売却する不動産の経年劣化も把握しておくと完璧です。

 

法律上で財産の評価をする場合、建物の寿命は木造が22年、マンションは47年に設定されています。

 

つまり、耐用年数から築年数を引いた数が減少してくると、建物の価値は相対的に下落してくる、ということです。

 

一戸建ての物件を売却予定の方は、一定レベル以上築年姿ってしまっている場合もあるでしょう。

 

そうであれば「建物ではなく、土地を売る」といった感じで意識をシフトすることをおすすめします。

 

ちなみに築年数による価値の推移については、「築年数ごとに変わるマンション売却相場について徹底解説」にて詳しく解説しておりますので、気になる方はチェックしてみてください。

 

さらに詳しく解説した記事になっているのでここまで解説してきた内容が、より一層理解できることでしょう。

 

ここまでは、「家を売却するタイミングを計るときの5つの注意点」をお伝えしました。

 

家を売却するタイミングを計るときの5つの注意点について、理解していただけたと思います。

 

タイミングを計る時の注意点は「家売却のタイミング」において必要な知識なので、忘れないようにしてください。

超大手6社に厳選!不動産の最高額をチェック

すまいValue

https://sumai-value.jp/

>超大手6社に厳選していて安心感抜群の一括査定<
>利用者数も10万人以上と実績も間違いない<

※田舎や地方の方はNTTグループ運営「HOME4U」をオススメします。

 

まとめ

以上、「家売却のタイミング」をテーマとして、様々な知識を解説してきましたが、いかがだったでしょうか?

 

紹介してきた知識は、「家売却のタイミング」において必要な知識なので、かならず吸収しておくようにしてください。

 

逆をいえば上記の知識さえ押さえれば、「家売却のタイミング」に関する知識は、全て網羅できているといえるでしょう。

 

今後、大事な家の売却に挑戦する機会があるなら、今回紹介した知識をぜひ参考にしてみてください。

関連ページ

どうやって値がつく?マンション売却における「売値」の付け方を徹底解説
先人の失敗から学ぼう!マンション売却で後悔した事とは?
高く売る方法を伝授!ワンルームマンション売却を成功させる4つの知識
値引きしたくない人は必見!「マンション売却の交渉」についてプロが解説
マンション1棟まるごとを売却するなら!絶対に知っておくべき必須知識
マンション売却における入金のタイミングと注意点を徹底解説
マンション売却/どれくらいの手取りになるのかシミュレーションしてみた
ローンが残ってる家を売却したい人は必見!プロが教える重要知識3選
残債があってもマンションは売却できる!確実に売るための3つの知識
別居中にマンション売却するなら!絶対に知っておくべき基礎知識を解説
事故物件でも売れるので心配無用!スムーズに売却するための3つのコツ
1LDKのマンションをうまく売却するためのポイントと注意点を徹底解説
家を売却するならハウスクリーニングした方がいいの?プロが徹底解説
管理会社にマンション売却を依頼するメリット・デメリットを解説
家を売却する際の家具は残しておく?それとも処分?プロが徹底解説
古い家は更地化で売却しやすくなる!あなたの家は解体すべきか徹底解説
マンション売却の成功は「内覧」にアリ!見学者を満足させる11のポイント
誰でもできる!マンションの売却を早める物件写真撮影マニュアル
どこまで話すべき?マンション売却における告知義務について徹底解説
ペットを飼っていたマンションは売却にどう影響するの?対処法とコツを解説
駐車場がないマンションを売却する際に知っておくべき必須知識
1年以内で売却しても大丈夫?!築1年のマンションを売却するための全知識