マンション売却 売値

最終更新日:2017年3月9日

マンションの売値の付け方が気になっている方へ

マンションの売値の付け方が気になっている方へA
もしあなたがマンション売却を検討中であれば、以下のような考えを一度は持ったことありませんか?

・どうやってマンションの売値は付けられるのだろうか?
・どんなシチュエーションでも一定の方法で売値が付けられるの?

マンション売却における最大の関心事は「売値」です。

 

これから売却しようか検討しているなら、マンションの売値について気になっている人も多いのではないでしょうか。

 

そこで今回の記事では、マンションの「売値」について、絶対に知っておくべき必須情報を紹介していきます。

 

この記事を読むことによって、どうやってマンションの売値を付けられるのかわかりますよ!

 

記事を最後まで読んだ頃には、目的によって変わる売値の付け方についても理解できているはずです。

【裏技】売却しなくてもOK!まずは不動産会社に査定相談しよう!

大手・中堅~地域密着の不動産会社から、あなたの売却予定の不動産に強い会社を自動マッチング!
さらには、利用者数1,000万人と一括査定では圧倒的No.1で安心実績。

イエウール

https://ieul.jp/


>利用者1,000万人以上で一括査定No.1の安心実績!<
>最大6社の査定比較で500万円高く売れた事例も!<

 

どうやってマンションの売値は付けられるのか

どうやってマンションの売値は付けられるのか
自分のマンションを売却したいとなった時、不動産会社によって査定されて「売値」がわかります。

 

不動産会社から売値を提示される際、なぜその金額になったのか説明されないことも多いです。

 

そのためか、自分のマンションの売値の付け方について、気になっている人は少なくありません。

 

どうやってマンションの売値は、付けられているのでしょうか?

 

実は売値の付け方は一つだけではなく、いくつか種類があるのです。

 

主な売値の付け方は以下の通り。

  • 過去に成約したマンションの売値を参考にする
  • 減価償却を使って算出する
  • 購入価格から一定の割合を減算する
  • 不動産鑑定法にのっとって算出する

ではさっそくひとつずつ解説していきましょう。

 

過去に成約したマンションの売値を参考にする

「比較法」などと呼ばれているのが、過去に成約したマンションの売値を参考にする方法です。

 

あなたが売却しようとしているマンションに近い条件のマンションが過去に売れていないか調べて、売値の参考にします。

 

もし似たマンションが過去に2000万円で売れているのであれば、あなたのマンションも2000万円で・・・というわけではありません。

 

あくまでも「参考」なので、売値を付ける人の独断と偏見で加算や減算を行うことになります。

 

そのせいか、担当者の経験値や相場観に依るところが多い「売値の付け方」となっているのです。

 

過去のマンションは4LDKだったけど、売却予定のマンションは3LDKなので250万円安くしよう・・という結構アバウトな減算を行うことも。

 

経験値のない担当者が売値を付けた場合、大ハズレすることも少なくありません。

 

また近隣に成約したマンション事例が少ないと使える方法ではないため、都市部など事例数がある程度存在する地域のみに使える方法と言えます。

 

減価償却を使って算出する

税法上にて「減価償却」という考え方があります。簡単に言うと「時がたつにつれ、価値は年々減っていく」というもの。

 

マンションでも減価償却の考え方を適用することができます。

 

マンションの耐用年数(価値があるとみなされる期間)は47年までと決められているため、築47年のマンションは価値がゼロと換算されるのです。

 

ちなみに木造戸建ての耐用年数は20年なので、マンションにくらべて約2倍の早さで価値がゼロになります。

 

購入価格から一定の割合を減算する

マンションは日を重ねるにつれ経年劣化を起こします。新築のマンションと築20年ではキレイさは全然違いますよね?

 

外観だけではなく部屋の中にある設備も経年劣化でドンドン古くなっていきます。

 

新築時よりも古くなっているのですから、当然価値も落ちるはず。

 

そんな考えのもと、生まれたのが購入価格から一定の金額を減額するという売値の付け方です。

 

築5年なら購入価格の90%、築10年なら80%と、5年ごとに10%ずつ減算していくのが一般的となっています。

 

仮に2,000万円で購入して、現在築10年であれば、2000×0.8=1,600万円が売値となるでしょう。

 

ちなみに築年数によって減算されるパーセンテージは、時と場合によって変動するため要注意です。

 

不動産鑑定法にのっとって算出する

「不動産鑑定士」という職業はご存知でしょうか?その名の通り、不動産を鑑定して価値を算出することを仕事とする国家資格保持者のことです。

 

高収入ランキングなどでたびたび見かけることがあるので、知っている人も多いのではないでしょうか?

 

不動産鑑定士に依頼すれば、あなたのマンションの売値=価値を不動産鑑定法という法律にのっとって算出してくれます。

 

期間としては1週間ほど、金額は数十万円とかかりますが、他の売値の付け方とはくらべものにならないほど精密な工程を経て算出を行ってくれます。

 

目的によって「売値の付け方」は変わる

目的によって「売値の付け方」は変わる
ここまでは不動産会社が行っている売値の付け方について紹介してきました。

 

簡単なものから難解なものまで、いくつかの種類があることを理解いただけたことでしょう。

 

しかし読者の中には「どんな時にどの売値の付け方が使われるの?」と感じている人もいるのではないでしょうか?

 

実は売値の付け方が複数あるのは、目的が異なるためです。

 

一口に売値と言っても利用目的は多岐にわたります。それぞれの目的にあった売値の付け方があるのです。

 

そこでここからは、目的別によって異なる「売値の付け方」について解説していきます。

 

マンション売却で使われる売値の付け方は?

マンション売却する際に使われる売値の付け方は「過去に成約したマンションの売値を参考にする方法」です。

 

不動産一括査定サイトなどを利用した際に提示されている売値もこの方法を使われることが多いでしょう。

 

マンション売却における売値は「売れるかもしれない予想金額」です。そのため、マンションそのものの価値を算出したところで役にはたちません

 

価値ではなく「売れる金額」ではないといけないのです。売れる金額を予想するためには、過去の事例と比較するのが一番。

 

最も精度の高い「売れそうな金額」を算出することができるでしょう。

 

最近では「人工知能」を使って売値を出す事例も増えてきました。

 

過去の成約事例を人工知能に取り込んで、売値を算出させるのです。

 

いままでは担当者の力量や経験値によって大ハズレになることもしばしばありましたが、人口知能の登用によってさらに「売れそうな金額」を算出できるようになったのです。

 

人工知能による過去事例からの売値の算出が、今後のスタンダードになるかもしれません。

 

例えば、ふじたろうは人工知能を用いた価格を算出してくれて、とてもオススメです。

ふじたろうはこちら
https://www.fujitaro.com/

 

離婚協議に使われる売値の付け方は?

離婚する際、財産分与が行われます。

 

財産分与とは二人の共有資産を分割することなのですが、マンションも離婚時に財産分与されることになるでしょう。

 

貯金などの財産は簡単に二分割できますが、マンションになると話は別。さすがに二分割はできません。

 

マンションを売却して現金化し、二等分することになります。

 

ただし実際には売却が完了するまで離婚を待てない人が多いため、先にマンションの売値だけ試算して、その半分を相手に現金で先渡しすることもあります。

 

実際に売却された金額を半々にするのではなく、試算された売値を半々してもらうため、先渡ししてもらう方からすると、いかに高い金額の売値になるかが重要です。

 

最も高い金額になる可能性の高い「売値の付け方」は、購入価格から一定の割合を減算する方法になるでしょう。

 

不動産会社に査定をしてもらう際、離婚の件を伝えるとこの売値の付け方を採用してくれることはず。

 

しかし実際に売れる金額とはかなりの差異がでることも多いため、お金を先渡しした人が損することもしばしば。

 

損したくないのであれば、最初につけた売値と実際の売値の差異が最も少ない「過去の売却事例を参考にした売値の付け方」をすることをオススメします。

 

裁判で使われる売値の付け方は?

法人が関わる裁判の際、不動産の金額が持ち上げられることはよくあります。

 

そうなると裁判用に売値をつけることになるのですが、裁判所に提出する書類は法的効力が求められます。

 

その際、一般的な売値の付け方では不十分とみなされるのです。

 

裁判所に認められる「売値の付け方」は不動産鑑定法にのっとって算出されたもののみ。

 

国家資格である不動産鑑定士が法律で決められた手順にそって算出するため、最も法的効力のある「売値の付け方」とされています。

 

ちなみに先述した離婚協議がもつれにもつれ、裁判まで発展した場合も、不動産鑑定士による売値が必要になるでしょう。

 

他の方法で算出した売値を提出したとしても「客観性がない」「証拠として不十分」と突っぱねられ、「鑑定士による売値を出しなさい」と指示を受けることになります。

 

このように裁判で売値を提出する場合は、すべからく不動産鑑定士による売値を使うことになるのです。

 

住宅ローンの担保計算に使われる売値の付け方は?

もし住宅ローンを支払えなくなった場合、銀行は「差し押さえ」をします。

 

差し押さえをした後は、競売というオークションを行ってマンションを売り払い、資金を回収するのです。

 

競売の販売開始価格は「担保計算」によって求められた金額が採用されます。

 

担保計算は「減価償却による算出」が使われることになるでしょう。

 

減価償却による売値の付け方は、他の方法に比べて金額が低くなりがちな方法です。

 

そのせいか、競売では実際の不動産市場よりもかなり安く購入できる傾向が見られます。

 

最終的には信頼できる不動産会社を探せるのか

最終的には信頼できる不動産会社を探せるのか
家やマンションなどの大きなものを売却する上で一番大事なこと。

 

そう、それは「信頼できる不動産会社を見つけること」です。

 

家は人生で一番大きな資産であるため、良い不動産会社に当たるかどうかで数百万、場合によっては数千万円と変わることがザラにあります。

 

ただ、自分で近くの不動産会社を探し回るのも面倒だし、効率的ではありません。

 

そこで筆者がおすすめしているのが、「不動産一括査定サイト」を利用することです。

 

不動産一括査定サイトを利用すると、あなたの売りたいと思っている不動産情報と個人情報を入れるだけで、適切な不動産会社を自動的にマッチングし、複数の不動産会社へ一度に査定依頼が行えます。

 

不動産一括査定のオススメは「すまいValue」「イエウール」

不動産一括査定サイトランキング
筆者が考える不動産一括査定サイトのランキングを掲載します。


不動産一括査定も様々ありますが、やはり家やマンション、土地は高額になりますので、より得意としている会社を見つけたいですよね。


ですので、ランキングの判断として

  • 実績十分の大手不動産会社に依頼が行えるのか
  • 地方にも強い不動産会社に依頼が行えるのか

を基準にしています。


すまいValue

かんたん無料!大手6社の最高額をチェック


  • 超大手6社だけの査定相談になるので、安心感抜群で間違いない
  • ※三井のリハウス/三菱地所ハウスネット/住友不動産販売/東急リバブル/野村の仲介/小田急不動産
    ※他の一括査定では申し込めない6社

  • 全国対応、無料で一括査定依頼
  • ※一部の田舎では対応していない可能性がありますので、その際は「イエウール」がオススメ。

  • 対応可能な大手6社の不動産会社を自動で抽出し、複数社の見積りを比較

 https://sumai-value.jp/


すまいValueの公式サイトへ


【1都3県の方は朗報】売り手専門のソニー不動産

ソニー不動産

売り手専門のエージェントに相談


  • 売主に特化したエージェント制を導入
  • ※ソニー不動産はイエウールを含む一括査定経由では申し込みができません。1都3県の方は合わせて相談しましょう!

  • 今なら不動産売却の秘訣DVDが無料でもらえる
  • 安心の超大手ソニーグループ
  • 対応地域:東京、埼玉、神奈川、千葉のみ

 https://sony-fudosan.com/


ソニー不動産の公式サイトへ


イエウール

かんたん無料!不動産の最高額をチェック


  • 提携不動産会数は不動産一括査定でNo.1の1,600社以上、大手・中堅~地域密着の不動産会社を探せる!
  • 不動産一括査定No.1の1,000万人以上が利用している安心実績
  • 入力が約5分のカンタン入力、しかも無料
  • 対応可能な不動産会社を自動で抽出し、複数社の見積りを比較
  • 全国どこでも対応可能

 https://ieul.jp/


イエウールの公式サイトへ


HOME4U

かんたん無料!不動産の最高額をチェック


  • NTTグループ運営だから個人情報もしっかり管理
  • 2001年から運営の安心実績!一括査定No.1の歴史
  • 入力が約5分のカンタン入力、しかも無料
  • 対応可能な不動産会社を自動で抽出し、複数社の見積りを比較
  • 全国どこでも対応可能

 https://www.home4u.jp/


HOME4Uの公式サイトへ


リガイド

かんたん無料!不動産の最高額をチェック


  • 運営12年目!HOME4Uに次ぐ老舗の一括査定
  • 投資用マンションに強い不動産会社を探せられる
  • 入力が約5分!FacebookやYahooからの情報を引き継げる
  • 対応可能な不動産会社を自動で抽出し、複数社の見積りを比較
  • 全国どこでも対応可能

 http://www.re-guide.jp/


リガイドの公式サイトへ


HOMES売却査定

かんたん無料!不動産の最高額をチェック


  • 賃貸で有名なHOMESが運営で安心実績
  • 他の一括査定では探せない地域密着の不動産会社が探せる
  • 対応可能な不動産会社を自動で抽出、自分で好きな不動産会社に査定相談依頼
  • 全国どこでも対応可能

 https://www.homes.co.jp/


HOMES売却査定の公式サイトへ

 

まとめ

以上、マンションの売値の付け方について必要な知識を紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?

 

売値の付け方は様々な種類があり、目的やシチュエーションによって使われる方法が変わることを理解いただけたと思います。

 

マンションの売却をする際は、今回紹介した知識をぜひ活用してみてください。

関連ページ

マンション売却で損をしたくない人が読むべき3つの必須知識
マンション売却の流れは大きく3ステップ!引渡しまでの完全ガイド
これを見ればマンション売却の全てがわかる!様々なおすすめ情報まとめ
どの会社にすべき?家の売却を成功させる不動産屋選びを徹底解説
注意点から失敗例まで解説!住み替えでマンション売却するための全知識
先人の失敗から学ぼう!マンション売却で後悔した事とは?
マンション売却相場がわかるサイト11選!相場の仕組みや高く売る方法も解説
交渉タイミングが重要?!マンション売却手数料を値引きするための全知識
築年数ごとに変わるマンション売却相場について徹底解説
マンション売却に必要な「机上査定」を使いこなすコツと注意点
マンション売却で必要不可欠な「訪問査定」の準備しておくべきポイントと注意点
高く売る方法を伝授!ワンルームマンション売却を成功させる4つの知識
どうせ払うならお得に!不動産売却の税金をふるさと納税にする方法
満足いく売却にしたいなら!知っておくべき最新のマンション売却動向
値引きしたくない人は必見!「マンション売却の交渉」についてプロが解説
最低限の値引きに抑える!マンション売却の交渉テクニックと5つの心得
マンション1棟まるごとを売却するなら!絶対に知っておくべき必須知識
税金から手数料までリアルな額を解説!マンション売却費用を完全ガイド
住みながらでもマンションは売却できる!高く売るための5つの注意点
高く売る方法からトラブル防止術まで解説!マンション売却8つの注意点
春先の繁忙期以外でもOK!家の売却に最適のタイミングを完全ガイド
相談から引渡しまで解説!マンション売却のスケジュールを完全ガイド
マンション売却における入金のタイミングと注意点を徹底解説
マンション売却が売れやすい4つの時期と早く売っておくべき7つの特徴
家売却の必要書類は21つ!取得方法から紛失時の対処法までプロが解説
家売却の方法を9ステップで完全ガイド!査定から引き渡しまで完全解説
初心者必見!家を売却する際の注意点16つを元・不動産業者が完全ガイド
家売却でよくある4つのトラブル事例とは?具体的な対処法を徹底解説
マンション売却/どれくらいの手取りになるのかシミュレーションしてみた
マンションは売却すべき?それとも賃貸?どちらがいいのか徹底比較
ローンが残ってる家を売却したい人は必見!プロが教える重要知識3選
ローンの残りがある家を売却するなら絶対に知っておくべき必須知識
残債があってもマンションは売却できる!確実に売るための3つの知識
オーバーローン状態のマンション売却のデメリットとその解決方法
住宅ローン返済地獄から解放されるためのマンション売却ガイド
自力でも司法書士でも可能!マンション売却の抵当権抹消を徹底解説
二重苦を防げる!二重ローンにならないマンション売却方法を徹底解説
あなたはどっち?マンション売却までに繰り上げ返済しておくべきかどうか解説
空き家と居住中はどっちがマンション売却に有利なの?実例を交えて解説
別居中にマンション売却するなら!絶対に知っておくべき基礎知識を解説
マンション売却で売れない/よくある4つの理由と解決方法を徹底解説
事故物件でも売れるので心配無用!スムーズに売却するための3つのコツ
これを見れば全てわかる!分譲マンション売却を3ステップで徹底解説
1LDKのマンションをうまく売却するためのポイントと注意点を徹底解説
売却しやすいのは2LDKのマンション?それとも3LDK?
賃貸にはせずにすぐに売却しよう!築30年のマンション売却を完全ガイド
マンション売却の体験談/具体的な流れや注意点をイメージしよう
家を売却するならハウスクリーニングした方がいいの?プロが徹底解説
マンション売却のリフォーム/費用相場と実施すべきなのかどうかを徹底解説
管理会社にマンション売却を依頼するメリット・デメリットを解説
マンション売却したら積立金は返金される!?滞納積立金の影響も解説
家を売却する際の家具は残しておく?それとも処分?プロが徹底解説
家を売却するなら司法書士は自分で用意?紹介?プロが徹底解説
マンション売却にかかる「登記費用」はいくらが妥当?どうすれば安くなる?
売却した後に返金されるって本当?マンション売却における「保証料」の全知識
マンション売却したら管理費はどうなる!?滞納管理費の扱いも徹底解説
売却中の家が売れない7つの原因!現状を打破する4つの方法も完全解説
売却以外の方法もある?!家のローンが払えない状況を打開する8つの対策方法
古い家の売却はどうする?スムーズに売却するためのポイント
古い家は更地化で売却しやすくなる!あなたの家は解体すべきか徹底解説
家を引っ越さないといけなくなったら「売却」と「賃貸」どっちがいい?
「掃除」が成否を左右する?!マンション売却時に掃除しておくべき箇所
マンション売却の成功は「内覧」にアリ!見学者を満足させる11のポイント
マンション売却成功にかかせない!内覧件数をUPさせる簡単テクニック5選
他の部屋より高く売れる?マンションの角部屋を売却するコツについて解説
マンションの売却時におけるエアコンの取り扱いについて徹底解説
誰でもできる!マンションの売却を早める物件写真撮影マニュアル
どこまで話すべき?マンション売却における告知義務について徹底解説
残金は返ってくる?マンション売却における火災保険の取扱いガイド
ペットを飼っていたマンションは売却にどう影響するの?対処法とコツを解説
駐車場がないマンションを売却する際に知っておくべき必須知識
フローリングに傷の入ったマンションを売却する際の必須知識
マンション売却に必須?壁紙張り替えの4つのメリットと費用を徹底解説
マンションを売却するなら!絶対に知っておきたい売却後の各種保険取扱いガイド
マンション売却で青色申告はできる?初心者人向け税金ガイド
オーナーチェンジ扱いのマンションをうまく売却するための必須知識とは
マンション売却査定を匿名で行う方法とそのメリット・デメリットを徹底解説
マンション売却の目安は3ヶ月!早く売るための3つのコツを解説
1年以内で売却しても大丈夫?!築1年のマンションを売却するための全知識
築浅だからすぐ売れる?!マンションを5年以内で売却するメリットと注意点
流れから業者決めまで!マンション売却後に一戸建て購入する全知識
成年後見の仕組みから注意点まで解説!認知症の親の家売却完全ガイド
家の売却は経費で落とせる?!お得に不動産売買するための全知識
中古マンション売却5つの必須知識!流れ・期間・費用・注意点・失敗事例を完全ガイド