マンション売却 スケジュール

最終更新日:2018年2月19日

「マンション売却のスケジュール」を完全ガイド

「マンション売却のスケジュール」を完全ガイド
「マンション売却のスケジュール」について調べている人は、以下のような不安や疑問を解決するために情報収集しています。

 

あなたも同じような疑問や不安をもっていませんか?

・マンションが売却されるまでのスケジュール期間が知りたい
・マンションが売却される具体的なスケジュールはどうなっている?
・マンション売却のスケジュールって、変動することはあるの?

上記のような疑問や不安を持っているのに解決しないまま、マンション売却に挑戦しようとしてはいけません。

 

売却スケジュールに関する知識が圧倒的に足りないので、このままではあなたが望む結果にならないのでしょう。

 

せっかくマンション売却に挑戦するのであれば、スケジュールに通りに満足いく結果で売れてほしいですよね?

 

そこで今回の記事では「マンション売却のスケジュール」に関する疑問・不安について、元・不動産業者である筆者が回答していきます。

 

この記事を読めば、あなたが知るべき「マンション売却のスケジュール」に関する知識は、すべて網羅できるとお約束します。

 

読み終えた時には、

  • 「マンションが売却されるまでのスケジュール期間」
  • 「マンションが売却されるまでの具体的なスケジュール内容」
  • 「マンション売却のスケジュールにおける3つのポイント」

についてしっかりと理解できていることでしょう。ぜひ最後までご覧ください。

【裏技】売却しなくてもOK!まずは不動産会社に査定相談しよう!

大手・中堅~地域密着の不動産会社から、あなたの売却予定の不動産に強い会社を自動マッチング!
さらには、利用者数1,000万人と一括査定では圧倒的No.1で安心実績。

イエウール

https://ieul.jp/


>利用者1,000万人以上で一括査定No.1の安心実績!<
>最大6社の査定比較で500万円高く売れた事例も!<

 

マンションが売却されるまでのスケジュール期間

マンションが売却されるまでのスケジュール期間
まず紹介するのは「マンションが売却されるまでのスケジュール期間」です。

 

不動産を売却するのに要する日にちは、マンションの場合は2~3ヶ月、戸建てだと3~6ヶ月です。

 

全国的にみても、マンションに比べ、戸建て住宅のほうが売れづらい傾向にあるのは事実です。

 

また仮に1ヶ月で運よく買主が出てきても、住宅ローンの決済などがあります。

 

そのため、現金が手元に入るまでには2ヶ月くらいは掛かると思っていてください。

 

どうしても早期の売却を希望するようであれば、業者による買取という選択肢もあります。

 

不動産買取については、当サイトの過去記事である「不動産買取を6つの要素で大解剖!高く売るコツからお勧め業者まで完全ガイド」にて詳しく解説しておりますので、気になる方はチェックしてみてください。

 

マイホームの売却を検討している人の多くが「いつまでに売却したい」という考えがあるはずです。

 

業者による買取を除けば3ヶ月~6ヶ月前後掛かるのが一般的です。

 

平均的な売却のスケジュールを知れば、買ってもらいたい時期から逆算して販促活動をはじめる時期が見えてきます。

 

ここまでは、「マンションが売却されるまでのスケジュール期間」をお伝えしました。

 

マンションが売却されるスケジュール期間は基本的に3ヶ月であると、理解していただけたと思います。

 

ただしマンション売却で「何を行われるか」という具体的なスケジュール内容についてはまだわからないでしょう。

 

そこで次は「マンションが売却されるまでの具体的なスケジュール内容」について紹介していきます。

 

マンションが売却されるまでの具体的なスケジュール内容

マンションが売却されるまでの具体的なスケジュール内容
マンションが売却されるまでの具体的なスケジュールは、以下通りです。

マンションが売却されるまでの具体的なスケジュール

  1. マンション売却の相談をする
  2. 査定の依頼をする
  3. 不動産業者を決める
  4. 販売価格を決める
  5. 内覧会を繰り返す
  6. 申し込み書を書いてもらう
  7. 価格の交渉に応じる
  8. 売買契約を交わす
  9. 引越し・決済・物件引渡しを済ませる

 

よほど順調に買主が現れたとしても、一番早くて3ヶ月ほどを考えておきましょう。

 

それでは、各スケジュールに関しての簡単な説明をしていきます。

 

マンション売却の相談をする

どの不動産業者に売却をオーダーするかで、結果が大きく変わってくるのが不動産売買です。

 

そのため、売却を依頼する不動産業者は、細心の注意を払って選ばなければなりません。

 

「近所で利便性が良い不動産業者で良いから」という安易な考えではダメです。

 

インターネットなどを利用して各業者の人気を調べたり、失敗談などにも目を通すようにしておきましょう。

 

査定の依頼をする

気になる不動産業者が見つかったら、いちはやく「査定の依頼」をお願いしてみましょう。

 

最初に行う査定は簡易査定なので、オーダーする業者数は5社でも10社でも問題ありません。

 

複数の業者に査定依頼するのが面倒だとしたら、ネットの一括査定サイトがお勧めです。

 

一括査定サイトなら一度の依頼だけで、時を同じくして複数の業者に依頼することができ大変便利ですよ。

 

一括査定サイトについては、当サイトの過去記事である「不動産一括査定サイトのおすすめは?【2018年の最新ランキング】」にて詳しく解説しておりますので、気になる方はチェックしてみてください。

 

簡易査定を依頼した業者の中から、3社ほどに焦点を合わせることができたら、より詳しい査定に挑戦です。

 

具体的には「訪問査定」をオーダーするようにしましょう。

 

訪問査定の場合、専門スタッフが調査のため訪問してきます。

 

そのため、あまり多くの業者にオーダーし過ぎないようにするのがポイントです。

 

不動産業者を決める

訪問査定を依頼した業者の中から、厳選して1社に絞ることになります。

 

もしどうしても1社に絞ることが不可能な場合は、一般媒介契約という選択肢もあります。

 

しかし一般媒介はデメリット部分もたくさんあるため、筆者的にはあまりおすすめしません。

 

売却依頼をお願いする不動産業者が確定したら、媒介契約を締結することになります。

 

媒介契約については、当サイトの過去記事である「複数の不動産業者に売却依頼/主なメリットと注意点を徹底解説」にて詳しく解説しておりますので、気になる方はチェックしてみてください。

 

さらに詳しく解説した記事になっているのでここまで解説してきた内容が、より一層理解できることでしょう。

 

販売価格を決める

不動産業者と媒介契約を締結すると、専門スタッフがすぐに売出しの準備に入ります。

 

早い業者であれば、媒介契約をしたその日のうちに売出しを開始する場合もあります。

 

しかし、媒介契約時に売出し価格がはっきりしていなければ、当然売出しを開始することはできません。

 

少しでも早い段階で売出しを開始したい場合は、媒介契約を締結する当日までが勝負です。

 

担当する不動産業者と相談しながら、なるべく早く売出し価格を決めておくようにしましょう。

 

内覧会を繰り返す

物件の売出しが開始されると、3~4日程度後に内覧の希望が入ることも珍しくありません。

 

筆者が過去に取り扱った物件の中にも、売出をスタートした翌日に内覧をしたケースが何度もあります。

 

内覧の対応で契約が決まると言っても言い過ぎでないほど、内覧時の対応は非常に重要です。

 

内覧については、当サイトの過去記事である「マンション売却の成功は「内覧」にアリ!見学者を満足させる11のポイント」にて詳しく解説しておりますので、気になる方はチェックしてみてください。

 

さらに詳しく解説した記事になっているのでここまで解説してきた内容が、より一層理解できることでしょう。

 

申し込み書を書いてもらう

内覧者が物件を気に入れば、申し込み書(買付証明書)を発行してくれます。

 

買付証明書には、買主側がオーダーする購入価格・引渡し時期・手付金の額などが書かれています。

 

重要な情報が多数記載されていますので、申し込み書を受け取ってからが本当の交渉開始だと思ってください。

 

価格の交渉に応じる

買主側から受け取った買付証明書には、詳細な購入希望額が書かれています。

 

記入された金額を参考に、自分が満足する成約価格を決めていくことになります。

 

不動産売買の場合、売主側が最初に公表している売出し価格で契約に至ることはほぼありません。

 

必ずと言っていいほど、プライスダウンの交渉は入ります。

 

購入者側は「ダメで元々」という気持ちで、プライスダウンを持ちかけてくることもあるでしょう。

 

また本当に「この金額以上なら購入は見送る」という本心からの値引き交渉もあるので、その見極めが重要です。

 

値引き交渉については、当サイトの過去記事である「最低限の値引きに抑える!マンション売却の交渉テクニックと5つの心得」にて詳しく解説しておりますので、気になる方はチェックしてみてください。

 

さらに詳しく解説した記事になっているのでここまで解説してきた内容が、より一層理解できることでしょう

 

売買契約を交わす

価格面、条件面などで合意に至ることが可能なら、いよいよ売買契約となります。

 

売買契約に必要な契約書などは、仲介を担当した不動産業者が代理作成してくれますので問題ありません。

 

引越し・決済・物件引渡しを済ませる

売買契約が終わっても、すぐにマンションを明け渡すことは稀です。

 

一般的には残金の決算と同時にマンションを引き渡すことになります。

 

そのため、残金決済までに転居を済ませておけば問題ありません。

 

買主側の住宅ローン状況によるのですが、普通であれば売買契約から1ヶ月ほどで残金決算が行われます。

 

残金の受け取りが無事終了したのをチェックして、最終的な物件の引渡しを行うことになります。

 

ここまでは、「マンションが売却されるまでの具体的なスケジュール内容」をお伝えしました。

 

マンション売却はどんなスケジュールに沿って行われるのか、理解していただけたと思います。

 

ただしマンション売却のスケジュールをスムーズに進めていくために必要な知識は、この限りではありません。

 

そこで次は「マンション売却のスケジュールにおける3つのポイント」について紹介していきます。

 

マンション売却のスケジュールにおける3つのポイント

マンション売却のスケジュールにおける3つのポイント
マンションも戸建ても同じ不動産なのだから、スケジュールに大きな違いは無いだろうと思う人も多いでしょう。

 

たしかに同じ不動産ですが、戸建てとマンションの売却では微妙に違う点がいくつかあります。

 

その違いなどを良く認知しておくことで、よりスムーズな売却活動が出来るはずです。

 

ここでお伝えしたいことを先に伝えておくと、以下の通りになります。

マンション売却のスケジュールにおける3つのポイント

  1. マンションと戸建は築年数と不動産価値が違う
  2. マンションは手間がかからず売れるので業者が喜ぶ
  3. マンション売却に特化した業者を選ぶ

 

マンションと戸建は築年数と不動産価値が違う

新築から20年経過している自宅を、売却する場合は要注意です。

 

マンションと戸建てでは、不動産としての値打ちがまったく異なります。

 

一般的なマンションの構造は、RC造になっているため耐久年数は47年です。

 

一方、一般的な戸建ては木造になっているため、耐久年数は22年で計算されます。

 

両者を比べるとわかりますが、築20年の戸建てとマンションでは家屋に対する価値の違いは明らかです。

 

20年前に3,000万円で購入したマンションであるのなら、20年後に売却しても、それ相応の価値が付くでしょう。

 

しかし20年前に3,000万円で建てた一戸建て住宅だと、ほぼ土地値だけになり建物には値はつきません。

 

そのため、マンション査定は、どの不動産業者にオーダーしても同じような金額になりがちです。

 

ただ微妙な差が成否をわけるため、戸建てのケースでは、複数の業者に査定依頼するのが賢明でしょう。

 

マンションは手間がかからず売れるので業者が喜ぶ

不動産業者が戸建ての売却より、マンション売却に尽力しているのは、土地の問題というのが大きいです。

 

マンションの土地というのは、オーナー全員の共同所有です。

 

一方、戸建ての土地は、自分自身での所有になります。

 

そのため、隣地との境界で揉めることはしばしば見られることなのです。

 

境界の問題で揉めてしまうと泥沼化しますし、解決するにはそれなりの時間と費用が掛かります。

 

さらに無事境界が決定的になったとしても、隣地住民とのわだかまりが残ることもあります。

 

不動産業者というのは、売却金額の3%と見なされる「仲介手数料」だけが利益です。

 

そのため同じ3,000万円の物件であれば、明らかに仕事量が少なくて済むマンション売却を優先する業者が多いのも事実です。

 

マンション売却に特化した業者を選ぶ

売却スケジュールに限って言えば、戸建てもマンションもそこまで大きな違いはありません。

 

しかし明らかにマンションの売却の経験がもうすこし必要な不動産業者もいます。

 

マンション売却に成功したいのであれば、オーダーする不動産業者選びを慎重にする必要があります。

 

不動産会社の中には得意不得意があるので、ぼんやりと業者を決めてはいけません。

 

だからこそ、売却活動に入る前に、必ずさまざまな不動産業者から査定をもらうべきです。

 

そのうえで、適正な価格を付けてくれる信用できる業者に売却を依頼しましょう。

 

先述した一括査定サイトを利用すれば、マンションが得意の業者も簡単に見つけることができるのでおすすめです。

 

ここまでは、「マンション売却のスケジュールにおける3つのポイント」をお伝えしました。

 

マンション売却のスケジュールを進めていくうえでの注目ポイントについて、理解していただけたと思います。

 

「マンション売却のスケジュール」において必要な知識なので、かならず吸収しておくようにしてください。

【裏技】売却しなくてもOK!まずは不動産会社に査定相談しよう!

大手・中堅~地域密着の不動産会社から、あなたの売却予定の不動産に強い会社を自動マッチング!
さらには、利用者数1,000万人と一括査定では圧倒的No.1で安心実績。

イエウール

https://ieul.jp/


>利用者1,000万人以上で一括査定No.1の安心実績!<
>最大6社の査定比較で500万円高く売れた事例も!<

 

まとめ

以上、「マンション売却のスケジュール」をテーマとして、様々な知識を解説してきましたが、いかがでしたか?

 

紹介した知識さえ押えれば、「マンション売却のスケジュール」に関する知識は、全て網羅できているのでご安心を。

 

今後、マンション売却に挑戦する機会があるなら、今回紹介した知識をぜひ参考にしてみてください。

関連ページ

マンション売却で損をしたくない人が読むべき3つの必須知識
マンション売却の流れは大きく3ステップ!引渡しまでの完全ガイド
これを見ればマンション売却の全てがわかる!様々なおすすめ情報まとめ
どの会社にすべき?家の売却を成功させる不動産屋選びを徹底解説
注意点から失敗例まで解説!住み替えでマンション売却するための全知識
どうやって値がつく?マンション売却における「売値」の付け方を徹底解説
先人の失敗から学ぼう!マンション売却で後悔した事とは?
マンション売却相場がわかるサイト11選!相場の仕組みや高く売る方法も解説
交渉タイミングが重要?!マンション売却手数料を値引きするための全知識
築年数ごとに変わるマンション売却相場について徹底解説
マンション売却に必要な「机上査定」を使いこなすコツと注意点
マンション売却で必要不可欠な「訪問査定」の準備しておくべきポイントと注意点
高く売る方法を伝授!ワンルームマンション売却を成功させる4つの知識
どうせ払うならお得に!不動産売却の税金をふるさと納税にする方法
満足いく売却にしたいなら!知っておくべき最新のマンション売却動向
値引きしたくない人は必見!「マンション売却の交渉」についてプロが解説
最低限の値引きに抑える!マンション売却の交渉テクニックと5つの心得
マンション1棟まるごとを売却するなら!絶対に知っておくべき必須知識
税金から手数料までリアルな額を解説!マンション売却費用を完全ガイド
住みながらでもマンションは売却できる!高く売るための5つの注意点
高く売る方法からトラブル防止術まで解説!マンション売却8つの注意点
春先の繁忙期以外でもOK!家の売却に最適のタイミングを完全ガイド
マンション売却における入金のタイミングと注意点を徹底解説
マンション売却が売れやすい4つの時期と早く売っておくべき7つの特徴
家売却の必要書類は21つ!取得方法から紛失時の対処法までプロが解説
家売却の方法を9ステップで完全ガイド!査定から引き渡しまで完全解説
初心者必見!家を売却する際の注意点16つを元・不動産業者が完全ガイド
家売却でよくある4つのトラブル事例とは?具体的な対処法を徹底解説
マンション売却/どれくらいの手取りになるのかシミュレーションしてみた
マンションは売却すべき?それとも賃貸?どちらがいいのか徹底比較
ローンが残ってる家を売却したい人は必見!プロが教える重要知識3選
ローンの残りがある家を売却するなら絶対に知っておくべき必須知識
残債があってもマンションは売却できる!確実に売るための3つの知識
オーバーローン状態のマンション売却のデメリットとその解決方法
住宅ローン返済地獄から解放されるためのマンション売却ガイド
自力でも司法書士でも可能!マンション売却の抵当権抹消を徹底解説
二重苦を防げる!二重ローンにならないマンション売却方法を徹底解説
あなたはどっち?マンション売却までに繰り上げ返済しておくべきかどうか解説
空き家と居住中はどっちがマンション売却に有利なの?実例を交えて解説
別居中にマンション売却するなら!絶対に知っておくべき基礎知識を解説
マンション売却で売れない/よくある4つの理由と解決方法を徹底解説
事故物件でも売れるので心配無用!スムーズに売却するための3つのコツ
これを見れば全てわかる!分譲マンション売却を3ステップで徹底解説
1LDKのマンションをうまく売却するためのポイントと注意点を徹底解説
売却しやすいのは2LDKのマンション?それとも3LDK?
賃貸にはせずにすぐに売却しよう!築30年のマンション売却を完全ガイド
マンション売却の体験談/具体的な流れや注意点をイメージしよう
家を売却するならハウスクリーニングした方がいいの?プロが徹底解説
マンション売却のリフォーム/費用相場と実施すべきなのかどうかを徹底解説
管理会社にマンション売却を依頼するメリット・デメリットを解説
マンション売却したら積立金は返金される!?滞納積立金の影響も解説
家を売却する際の家具は残しておく?それとも処分?プロが徹底解説
家を売却するなら司法書士は自分で用意?紹介?プロが徹底解説
マンション売却にかかる「登記費用」はいくらが妥当?どうすれば安くなる?
売却した後に返金されるって本当?マンション売却における「保証料」の全知識
マンション売却したら管理費はどうなる!?滞納管理費の扱いも徹底解説
売却中の家が売れない7つの原因!現状を打破する4つの方法も完全解説
売却以外の方法もある?!家のローンが払えない状況を打開する8つの対策方法
古い家の売却はどうする?スムーズに売却するためのポイント
古い家は更地化で売却しやすくなる!あなたの家は解体すべきか徹底解説
家を引っ越さないといけなくなったら「売却」と「賃貸」どっちがいい?
「掃除」が成否を左右する?!マンション売却時に掃除しておくべき箇所
マンション売却の成功は「内覧」にアリ!見学者を満足させる11のポイント
マンション売却成功にかかせない!内覧件数をUPさせる簡単テクニック5選
他の部屋より高く売れる?マンションの角部屋を売却するコツについて解説
マンションの売却時におけるエアコンの取り扱いについて徹底解説
誰でもできる!マンションの売却を早める物件写真撮影マニュアル
どこまで話すべき?マンション売却における告知義務について徹底解説
残金は返ってくる?マンション売却における火災保険の取扱いガイド
ペットを飼っていたマンションは売却にどう影響するの?対処法とコツを解説
駐車場がないマンションを売却する際に知っておくべき必須知識
フローリングに傷の入ったマンションを売却する際の必須知識
マンション売却に必須?壁紙張り替えの4つのメリットと費用を徹底解説
マンションを売却するなら!絶対に知っておきたい売却後の各種保険取扱いガイド
マンション売却で青色申告はできる?初心者人向け税金ガイド
オーナーチェンジ扱いのマンションをうまく売却するための必須知識とは
マンション売却査定を匿名で行う方法とそのメリット・デメリットを徹底解説
マンション売却の目安は3ヶ月!早く売るための3つのコツを解説
1年以内で売却しても大丈夫?!築1年のマンションを売却するための全知識
築浅だからすぐ売れる?!マンションを5年以内で売却するメリットと注意点
流れから業者決めまで!マンション売却後に一戸建て購入する全知識
成年後見の仕組みから注意点まで解説!認知症の親の家売却完全ガイド
家の売却は経費で落とせる?!お得に不動産売買するための全知識
中古マンション売却5つの必須知識!流れ・期間・費用・注意点・失敗事例を完全ガイド