マンション売却 相場

最終更新日:2018年1月25日

「マンションの売却相場」に関する知識を全て解説

「マンションの売却相場」に関する知識を全て解説
「マンションの売却相場」について調べている人は、以下のような不安や疑問を解決するために情報収集しています。

 

あなたも同じような疑問や不安をもっていませんか?

・中古マンション売却相場が決まる仕組みを知っておきたい
・マンション価格相場に適した価格設定をするにはどうすればいい?
・マンションの売却相場がわかる情報サイトを教えて欲しい
・マンションを相場価格よりも高く売却する方法を知りたい

上記のような疑問や不安を持っているのに解決しないまま、マンション売却に挑戦しようとしてはいけません。

 

マンション売却の相場知識が圧倒的に足りていないので、このままではあなたが望む結果にならないのでしょう。

 

せっかくマンション売却に挑戦するのであれば、自分が納得いったうえで満足いく結果になってほしいですよね?

 

そこで今回の記事では「マンションの売却相場」に関する疑問・不安について、元・不動産業者である筆者が回答していきます。

 

この記事を読めば、あなたが知っておくべき「マンションの売却相場」に関する知識は、すべて網羅できるとお約束します。

 

読み終えた時には、

  • 「中古マンション売却相場が決まる仕組み」
  • 「マンション価格相場に適した価格設定のポイント」
  • 「マンションの売却相場がわかる情報サイト11選」
  • 「マンションを相場価格よりも高く売却する方法」

についてしっかりと理解できていることでしょう。ぜひ最後までご覧ください。

 

先に相場がわかるサイト11選を紹介します。

【裏技】売却しなくてもOK!まずは不動産会社に査定相談しよう!

大手・中堅~地域密着の不動産会社から、あなたの売却予定の不動産に強い会社を自動マッチング!
さらには、利用者数1,000万人と一括査定では圧倒的No.1で安心実績。

イエウール

https://ieul.jp/


>利用者1,000万人以上で一括査定No.1の安心実績!<
>最大6社の査定比較で500万円高く売れた事例も!<

 

中古マンション売却相場が決まる仕組み

中古マンション売却相場が決まる仕組み
そもそも中古マンション価格は、どういった具合に決まるのかご存じでしょうか。

 

相場の仕組みを知るには、中古マンションの価格が設定される仕組みについて理解する必要があります。

 

中古マンションの売り値は、売主の希望と不動産会社の提案の折衷案で決定されます。

 

マンションを売りに出す際に、売主は購入したときの値段や住宅ローンの残額などから希望金額を決めます。

 

しかし、そのマンションの客観的な評定や相場を無視して価格をセッティングしては、買い手はつきません。

 

そこで不動産業者に査定をニーズし、物件を見極めてもらいます。査定は2~3社にお願いするのが一般的です。

 

不動産業者を比較し、販売をオーダーする業者を決めましょう。

 

そして売り出し後、どうしても買い手がつかなければプライスダウンをおこなうことになります。

 

このように、中古マンションの額面に、定価は存在していません。

 

売主のニーズと不動産業者のジャッジによって決定されるのです。

 

このようにして決定された金額が集結して完成したのが、マンション売却の相場といえます。

 

マンションの売却相場を決める4つの要素

Webやチラシの物件情報を読むと、築年数・立地・広さといった情報が必ず載っています。

 

これらの項目はマンションを購入したい方の多くが、物件探しの注目点としているためです。

 

だからこそ、不動産業者の査定・評価の重要ポイントとなっています。

 

そんなマンションの売却相場を決める要素は、以下の4つといえるでしょう。

マンションの売却相場を決める4つの要素

  1. 築年数
  2. 立地
  3. 広さ
  4. 管理状態

 

マンションの売却相場を決める要素1.「築年数」

マンションの価格は新築時が一番高く、購入から20年ほどで最も安い価格まで下落します。

 

築20年を過ぎると新築時の半額未満となり、それ以降はあまり移り変わりません。

 

また、1981年に耐震基準がリニューアルしたことから、1981年以降に建築しているマンションは評価が高いです。

 

ちなみに新耐震基準は宮城県沖地震を経験した結果定められ、建物内の人を守ることを意識して規定されています。

 

マンションの売却相場を決める要素2.「立地」

人口が多く、住みやすい地域はそれだけ住宅のニーズも高いので、築古物件でも価値がダウンしにくいです。

 

商店が整備されている・病院や学校等が近いという日々の生活に必要な施設の整備は、資産価値の重要ポイントです。

 

都心の一等地や今後の発展が期待されるエリアでは、プライスアップも期待できます。

 

また、地盤や災害への強度も、マンションの価値に影響を及ぼします。

 

マンションの売却相場を決める要素3.「広さ」

近年、中古マンションを購入してリノベーションを施し、望み通りの住まいをつくりたいというニーズが高まっています。

 

リノベーションで間取りは思いのままに変更できますが、部屋の大きさ自体は変えられません。

 

とくに人気の立地で面積がワイドな物件は希少なので、単に広いだけで価値があります。

 

マンションの売却相場を決める要素4.「管理状態」

マンションが適切に管理下にあることは、建物の延命という観点でも、快適な住生活という視点でも非常に重要です。

 

部屋の中はリフォームやリノベーションでリニューアルできます。

 

しかし共有部分の設備やバージョン変更は、マンションの管理組合が対応するので注意が必要です。

 

大規模修繕が長期的にプランニングされ、その計画に基づいて敢行されてきた実績があるのは貴重なマンションです。

 

さらに今後実施するにあたり申し分無い積立金があるマンションは人気が高く、資産価値も問題ありません。

 

ここまでは、「中古マンション売却相場が決まる仕組み」をお伝えしました。

 

中古マンションの売却相場はどのようにして決まるのか、理解していただけたと思います。

 

ただし相場が決まる仕組みを理解しても、マンション価格相場に適した価格設定の仕方はわからないでしょう。

 

そこで次は「マンション価格相場に適した価格設定のポイント」について紹介していきます。

 

マンション価格相場に適した価格設定のポイント

マンション価格相場に適した価格設定のポイント
前章で紹介した相場価格のバックグラウンドを踏まえ、価格設定のポイントについて解説していきましょう。

 

マンション売却相場に逆らわない価格の決め方

売り出し価格は、売主のニーズと不動産業者のジャッジにもとづいて決定します。

 

マンションをスムーズに販売するためには、周辺相場をよくチェックすることです。

 

そのうえで、マンションの価値に適した価格をつけることが絶対に大切です。

 

中には媒介契約を締結したいために、実際の価値よりはるかに高い査定を出す不動産業者も存在します。

 

したがって査定は2~3社にオーダーし、結果や対応を比較することが重要になります。

 

また、売り出しの時点で後々の値下げや値引き交渉を予期しておくと、あとで問題にならないでしょう。

 

「○ヶ月売れなかったら値下げする」「値引き交渉は○○円まで許可する」とあらかじめ決めておくべきです。

 

マンション売却相場に合った値下げ幅とタイミング

値下げはこまめに少しずつ実施するより、区切りをつけて一気に実施する方が効果的です。

 

大切なのは物件情報を確認している人に「安くなった」とイメージさせることです。

 

物件情報を価格帯で見る人も大勢いることから、2,200万円から1,990万円というような値下げにしましょう。

 

つまりは価格帯のひと区切りをまたぐ値下げをすると、効果が期待できます。

 

売却価格の設定については、当サイトの過去記事である「今日から真似できる!不動産業者が実用するマンション売却3つのコツ」にて詳しく解説しておりますので、気になる方はチェックしてみてください。

 

今回の記事の内容が、より理解ができることでしょう。

 

ここまでは、「マンション価格相場に適した価格設定のポイント」をお伝えしました。

 

マンション価格相場に適した価格をつけるためにはどうすればいいのか、理解していただけたと思います。

 

ただしマンションの価格設定のポイントを理解するだけではダメです。

 

実際にリアルなマンションの売却相場を、把握しておくことが必要になります。

 

そこで次は「マンションの売却相場がわかる情報サイト11選」について紹介していきます。

 

マンションの売却相場がわかる情報サイト11選

マンションの売却相場がわかる情報サイト11選
マンションの売却相場とは、中古マンションが「その地域でいくらで売買されているか」を指します。

 

いま売りに出されている物件情報に目を通して、販売価格をチェックすれば相場がわかります。

 

また国交省等の調査データから、実際の成約価格をチェックするのもアリです。

 

自分が売りたいマンションと近い条件の物件が、いくらで取引されているかを確認するのも効果的です。

 

そこでこの章では周辺相場を、簡単にチェックすることができる実用的なサイトを解説していきます。

 

今回ピックアップするマンション売却相場が分かるサイトは、以下の通りです。

 

マンション売却相場サイト1.「レインズマーケットインフォメーション」

レインズマーケットインフォメーションであれば、直近1年に売却されたマンションの実際の契約価格を調べられます。

 

地域・沿線・専有面積など様々な要件を細かく指定できるのが持ち味です。

 

そのため、自分が売りたいマンションに近い情報を、的を絞って知ることができます。

 

レインズマーケットインフォメーションが気になる方は、実際のウェブサイトにアクセスして、チェックしてみてください。

 

マンション売却相場サイト2.「土地総合情報システム」

土地総合情報システムとは「国交省のアンケート調査に伴うデータ」を取り扱うサイトです。

 

過去5年間に売却されたマンションの成約価格を掲載しています。

 

四半期ごとのデータを対比させられるので、価格の変化を手間いらずで把握できますよ。

 

土地総合情報システムが気になる方は、実際のウェブサイトにアクセスして、チェックしてみてください。

 

マンション売却相場サイト3.「マンションマーケット」

25万件以上の価格データから導き出した、正確な相場価格をチェックすることができるサイトです。

 

対象エリアは一都三県ですが、マンションひとつひとつの最新の相場価格をチェックすることができます。

 

また、直近の売出事例もチェックできるので、非常に使い勝手の良いサイトとなっています。

 

マンションマーケットが気になる方は、実際のウェブサイトにアクセスして、チェックしてみてください。

 

マンション売却相場サイト4.「ウチノカチ」

国土交通省売買価格情報をベースにしたマンションの価格相場とその動きが一目でわかるサイトです。

 

今回紹介したサイトの中でもビジュアルが美しく、使い勝手が良いのがこのサイトの特長といえます。

 

エリアを選択すると相場を調査・分析したレポートや、平均価格や築年数をチェックすることができて大変便利です。

 

平均的な相場を知りたい方は、絶対にはずせないサイトといえるでしょう。

 

ウチノカチが気になる方は、実際のウェブサイトにアクセスして、チェックしてみてください。

 

マンション売却相場サイト5.「nomu.com(ノムコム)」

「住宅地価調査」「中古マンション価格調査」を出している「野村不動産アーバンネット」直営のサイトです。

 

対象エリアは一都三県になっていますが、使い勝手がよく、中古マンション価格をチェックする人にはお勧めです。

 

物件検索以外に、年に4回敢行されている「価格動向リサーチ」なども閲覧可能です。

 

内容はかなり十分なので、アカデミックな観点から相場をリサーチしている方にもお勧めです。

 

ノムコムが気になる方は、実際のウェブサイトにアクセスして、チェックしてみてください。

 

マンション売却相場サイト6.「at home(アットホーム)」

テレビコマーシャルでもおなじみのat home(アットホーム)です。

 

現在進行形で販売されているマンションを探し出せるため、現在の相場をリサーチしているユーザー向けです。

 

気になる物件があれば、まとめて保存しておく機能も搭載しています。

 

売出物件の検索以外にも、地域別の相場から物件を発見することができる機能もあります。

 

エリア・間取り・面積別で相場を出してくれているので、一目で相場をチェックしたい人には大変便利です。

 

アットホームが気になる方は、実際のウェブサイトにアクセスして、チェックしてみてください。

 

マンション売却相場サイト7.「HOME4U(ホームフォーユー)」

NTTの子会社が運営する不動産一括査定サイトです。

 

査定サイトながら、マンションの相場をチェックすることも可能になっています。

 

全国対応しているため、地方都市などで中古マンション売却を具体的に検討されている方に一押しです。

 

タワーマンションなどの検索軸も豊富で、様々な観点によってマンション価格を把握することができますよ。

 

HOME4Uについては、当サイトの過去記事である「評判から特徴までプロが徹底解剖!「HOME4U」知られざる3つの知識」にて詳しく解説しておりますので、気になる方はチェックしてみてください。

 

今回の記事の内容が、より理解ができることでしょう。

 

マンション売却相場サイト8.「ひかリノベ」

ひかリノベとは、中古物件だけにしぼった物件情報検索サイトです。

 

首都圏を中心に8万件をオーバーする物件情報がデータ化されています。

 

ひかリノベは中古マンション売却と、リノベーションを専門とする企業です。

 

そのため販売価格は当然の事、フルリノベーション費用も盛り込んだ概算を見ることができます。

 

ひかリノベが気になる方は、実際のウェブサイトにアクセスして、チェックしてみてください。

 

【業者向け】マンション売却相場サイト9.「東京カンテイ」

東京カンテイは、会員制の不動産に的を絞ったデータバンクサイトです。

 

会員になれば、不動産市況データに加え、全国の分譲マンション売値を把握することができます。

 

また、会員でなくても閲覧出来るサービスも各種そろっているのが持ち味です。

 

特に地域別の中古マンション価格の変動率をチェックできる機能に注目してください。

 

変動率を天気予報の様に見れるようにしているので、素人でもイメージを描きやすいサイトです。

 

都道府県レベルでのマーケット価格などをサクッとチェックするのに向いてます。

 

ただし非会員の場合はチェックできる情報が限られているので、注意しなければいけません。

 

東京カンテイが気になる方は、実際のウェブサイトにアクセスして、チェックしてみてください。

 

【業者向け】マンション売却相場サイト10.「不動産流通推進センター」

不動産流通推進センターは、不動産業の成長をサポートすることを目的とした「公益財団法人」です。

 

レインズの不動産情報を解析した物件動向を毎月掲載しています。

 

上記で紹介してきたWebサイトと併せて、確認しておきたいサイトです。

 

不動産流通推進センターが気になる方は、実際のウェブサイトにアクセスして、チェックしてみてください。

 

【業者向け】マンション売却相場サイト11.「レインズ」

それぞれの地方ごとの詳しい成約情報が確認できるサイトです。

 

月ごとの成約件数や去年との比較など、数々の市況データを見ることができます。

 

データに基づいた分析報告を毎月発表しており、カンタンに市況を知ることができますよ。

 

レインズが気になる方は、実際のウェブサイトにアクセスして、チェックしてみてください。

 

ここまでは、「マンションの売却相場がわかる情報サイト11選」をお伝えしました。

 

マンションの売却相場がわかる情報サイトはどんなものがあるのか、理解していただけたと思います。

 

ただしマンションの売却相場がわかる情報サイトを理解しても、相場より高く売却する方法はわからないでしょう。

 

そこで次は「マンションを相場価格よりも高額で売る方法」について紹介していきます。

 

マンションを相場価格よりも高く売却する方法

マンションを相場価格よりも高く売却する方法
家族構成の変化で今暮らしているマンションを売却し、別のマンションに引っ越したいと思っている人はいるでしょう。

 

もしくは勤務先の都合で、家を売却して引っ越しをしなければいけない人も多いです。

 

このような事情はどんな方にとっても、多かれ少なかれあることでしょう。

 

しかし新築で買いいれたマンションでも、当然ながら築年数に関わらず中古扱いになります。

 

新築で購入した人は、そのタイミングで資産の目減りを心積もりしなくてはいけません。

 

それでも可能ならば相場よりも1万円でも高く売って、新居の購入資金にしたいところでしょう。

 

そこでこの章では、中古マンションを高額で売却するためのコツを伝授していきましょう。

 

ちなみに相場より高く売る方法については、当サイトの過去記事である「住みながらでもマンションは売却できる!高く売るための5つの注意点」にて詳しく解説しておりますので、気になる方はチェックしてみてください。今回の記事の内容が、より理解ができることでしょう。

 

相場よりも高く売却したいならマンション写真と内覧にこだわる

個人や家族で暮らしていた不動産を売却するのですから、それを手にしたいと思う人も当然あなたに似た暮らしになります。

 

そうなると購入者も高額なショッピングだけに、慎重に検討したいという気持ちはピンとくるでしょう。

 

不動産を買うときに決め手となる原因の一つに「そこに住んだ時のリアルな生活が想像できる」という点があります。

 

何も置いていな部屋であればあるほど、内覧時に部屋の様子がよく把握できて良いと考える人もいるでしょう。

 

しかし実際は間逆であり、小奇麗に保たれながらも家具、家電や室内装飾が置いている方がいいです。

 

生活感がある部屋のほうが見学者にとっては、自分の生活がイメージしやすいでしょう。

 

また実際に住んだらスペースがなかったということも回避できるので、物が置いてあるほうが有利になります。

 

もちろん乱雑においてあるだけならばマイナスになるので、しっかりとしたクリーニングを入れてください。

 

また水回りは交換しておくのも効果的です。コストがかかっても「リフォーム済み」扱いになり、売却価格アップできます。

 

内覧はマンション売却の成否を決定づける

さらに重要なのが、内覧時にしっかりと対応することです。

 

特に家族で家を購入しようとする人は、そこに長く住んで子供の世話をすることを考えます。

 

買い物などの利便性、また周辺の情報などを知りたがります。

 

ご近所、町内会などは不動産業者もなかなか知り得ないデータになるでしょう。

 

だからこそ、売り主がキッチリと説明をすれば、相手のイメージも良くなり、購入意欲も上昇します。

 

数多くの査定をしてもらうと相場よりも高くマンション売却できる

前章でも解説しましたが、不動産の価格は地価や築年数をもとに計算をします。

 

特に元になるものは国土交通省が開示する公示価格や、都道府県が公開をする基準地価です。

 

このようなベースがあるので、何処の不動産会社で売ろうとしても値段に大差はない、という人も存在するかもしれません。

 

しかしそれは大きなミスです。会社によって、あなたのマンション売却の結果は大きく変わります。

 

まず不動産会社によりマンションが強い、一戸建てが強いなど取り扱う得意物件がバラバラです。

 

不動産は高額なだけに、クライアントとの出会いが一期一会になることも多いです。

 

少ないクライアントとの出会いを逃さずに、確実に売却できるマンション専門業者に依頼したいものです。

 

ウデの良い業者に出会いたいのであれば、まずは色んな会社に査定額を聞いてみましょう。

 

ではどうやって専門的な知識もない一般の人が、多くの会社に査定を聞き出すことができるのでしょうか。

 

最も簡単かつ効率的な方法は「一括査定サービス」を活用することです。

不動産一括査定サイト(サービス)を利用すると、あなたの売りたいと思っている不動産情報と個人情報を入れるだけで、適切な不動産会社を自動的にマッチングし、複数の不動産会社へ一度に査定依頼が行えます。

 

不動産一括査定のオススメは「すまいValue」「イエウール」

不動産一括査定サイトランキング
筆者が考える不動産一括査定サイトのランキングを掲載します。


不動産一括査定も様々ありますが、やはり家やマンション、土地は高額になりますので、より得意としている会社を見つけたいですよね。


ですので、ランキングの判断として

  • 実績十分の大手不動産会社に依頼が行えるのか
  • 地方にも強い不動産会社に依頼が行えるのか

を基準にしています。


すまいValue

かんたん無料!大手6社の最高額をチェック


  • 超大手6社だけの査定相談になるので、安心感抜群で間違いない
  • ※三井のリハウス/三菱地所ハウスネット/住友不動産販売/東急リバブル/野村の仲介/小田急不動産
    ※他の一括査定では申し込めない6社

  • 全国対応、無料で一括査定依頼
  • ※一部の田舎では対応していない可能性がありますので、その際は「イエウール」がオススメ。

  • 対応可能な大手6社の不動産会社を自動で抽出し、複数社の見積りを比較

 https://sumai-value.jp/


すまいValueの公式サイトへ


【1都3県の方は朗報】売り手専門のソニー不動産

ソニー不動産

売り手専門のエージェントに相談


  • 売主に特化したエージェント制を導入
  • ※ソニー不動産はイエウールを含む一括査定経由では申し込みができません。1都3県の方は合わせて相談しましょう!

  • 今なら不動産売却の秘訣DVDが無料でもらえる
  • 安心の超大手ソニーグループ
  • 対応地域:東京、埼玉、神奈川、千葉のみ

 https://sony-fudosan.com/


ソニー不動産の公式サイトへ


イエウール

かんたん無料!不動産の最高額をチェック


  • 提携不動産会数は不動産一括査定でNo.1の1,500社以上、大手・中堅~地域密着の不動産会社を探せる!
  • 不動産一括査定No.1の1,000万人以上が利用している安心実績
  • 入力が約5分のカンタン入力、しかも無料
  • 対応可能な不動産会社を自動で抽出し、複数社の見積りを比較
  • 全国どこでも対応可能

 https://ieul.jp/


イエウールの公式サイトへ


HOME4U

かんたん無料!不動産の最高額をチェック


  • NTTグループ運営だから個人情報もしっかり管理
  • 2001年から運営の安心実績!一括査定No.1の歴史
  • 入力が約5分のカンタン入力、しかも無料
  • 対応可能な不動産会社を自動で抽出し、複数社の見積りを比較
  • 全国どこでも対応可能

 https://www.home4u.jp/


HOME4Uの公式サイトへ


リガイド

かんたん無料!不動産の最高額をチェック


  • 運営12年目!HOME4Uに次ぐ老舗の一括査定
  • 投資用マンションに強い不動産会社を探せられる
  • 入力が約5分!FacebookやYahooからの情報を引き継げる
  • 対応可能な不動産会社を自動で抽出し、複数社の見積りを比較
  • 全国どこでも対応可能

 http://www.re-guide.jp/


リガイドの公式サイトへ


HOMES売却査定

かんたん無料!不動産の最高額をチェック


  • 賃貸で有名なHOMESが運営で安心実績
  • 他の一括査定では探せない地域密着の不動産会社が探せる
  • 対応可能な不動産会社を自動で抽出、自分で好きな不動産会社に査定相談依頼
  • 全国どこでも対応可能

 https://www.homes.co.jp/


HOMES売却査定の公式サイトへ

 

まとめ

以上、「マンションの売却相場」をテーマとして、様々な知識を解説してきましたが、いかがだったでしょうか?

 

紹介した知識さえ押さえておけば、「マンションの売却相場」に関する知識は、すべて網羅できているのでご安心を。

 

今後、マンションを売却する機会があるなら、今回紹介した知識をぜひ参考にしてみてください。

関連ページ

マンション売却のプロが徹底解説!注意点・費用・時期まで完全ガイド
仲介・買取・個人売買の手順が全てわかる!家の売却の流れをプロが解説
マンション売却で損をしたくない人が読むべき3つの必須知識
マンション売却の流れは大きく3ステップ!引渡しまでの完全ガイド
プロが教える!マンション売却にかかる期間と早く売れる3つのコツ
マンションを売却する際の必要書類とチェックリスト一覧
これを見ればマンション売却の全てがわかる!様々なおすすめ情報まとめ
マンションのプロが教える!高く売却するための3つの秘訣
どの会社にすべき?家の売却を成功させる不動産屋選びを徹底解説
注意点から失敗例まで解説!住み替えでマンション売却するための全知識
どうやって値がつく?マンション売却における「売値」の付け方を徹底解説
先人の失敗から学ぼう!マンション売却で後悔した事とは?
交渉タイミングが重要?!マンション売却手数料を値引きするための全知識
築年数ごとに変わるマンション売却相場について徹底解説
マンション売却に必要な「机上査定」を使いこなすコツと注意点
マンション売却で必要不可欠な「訪問査定」の準備しておくべきポイントと注意点
高く売る方法を伝授!ワンルームマンション売却を成功させる4つの知識
どうせ払うならお得に!不動産売却の税金をふるさと納税にする方法
満足いく売却にしたいなら!知っておくべき最新のマンション売却動向
値引きしたくない人は必見!「マンション売却の交渉」についてプロが解説
最低限の値引きに抑える!マンション売却の交渉テクニックと5つの心得
今日から真似できる!不動産業者が実用するマンション売却3つのコツ
マンション1棟まるごとを売却するなら!絶対に知っておくべき必須知識
税金から手数料までリアルな額を解説!マンション売却費用を完全ガイド
住みながらでもマンションは売却できる!高く売るための5つの注意点
マンションを貸すべき・売るべきか?賃貸のメリット・費用・注意点
高く売る方法からトラブル防止術まで解説!マンション売却8つの注意点
春先の繁忙期以外でもOK!家の売却に最適のタイミングを完全ガイド
相談から引渡しまで解説!マンション売却のスケジュールを完全ガイド
マンション売却における入金のタイミングと注意点を徹底解説
マンション売却が売れやすい4つの時期と早く売っておくべき7つの特徴
家売却をする人は必見!売買の手順から相場の把握方法まで全て解説
めざせ3か月以内!家の売却期間を早くしたい人が知るべき必須知識
家売却の必要書類は21つ!取得方法から紛失時の対処法までプロが解説
家売却の方法を9ステップで完全ガイド!査定から引き渡しまで完全解説
初心者必見!家を売却する際の注意点16つを元・不動産業者が完全ガイド
家売却でよくある4つのトラブル事例とは?具体的な対処法を徹底解説
家を売却する際のおすすめ広告方法とは?最近のやり方を徹底解説
マンション売却/どれくらいの手取りになるのかシミュレーションしてみた
マンションの売却と賃貸は同時進行すべき?メリット・デメリットを解説
マンションは売却すべき?それとも賃貸?どちらがいいのか徹底比較
ローンが残ってる家を売却したい人は必見!プロが教える重要知識3選
ローンの残りがある家を売却するなら絶対に知っておくべき必須知識
残債があってもマンションは売却できる!確実に売るための3つの知識
オーバーローン状態のマンション売却のデメリットとその解決方法
住宅ローン返済地獄から解放されるためのマンション売却ガイド
自力でも司法書士でも可能!マンション売却の抵当権抹消を徹底解説
二重苦を防げる!二重ローンにならないマンション売却方法を徹底解説
あなたはどっち?マンション売却までに繰り上げ返済しておくべきかどうか解説
空き家と居住中はどっちがマンション売却に有利なの?実例を交えて解説
居住中のマンション売却/スムーズに売却するためにやるべき3つの事
別居中にマンション売却するなら!絶対に知っておくべき基礎知識を解説
マンション売却で売れない/よくある4つの理由と解決方法を徹底解説
事故物件でも売れるので心配無用!スムーズに売却するための3つのコツ
これを見れば全てわかる!分譲マンション売却を3ステップで徹底解説
1LDKのマンションをうまく売却するためのポイントと注意点を徹底解説
売却しやすいのは2LDKのマンション?それとも3LDK?
賃貸にはせずにすぐに売却しよう!築30年のマンション売却を完全ガイド
マンション売却の体験談/具体的な流れや注意点をイメージしよう
家を売却するならハウスクリーニングした方がいいの?プロが徹底解説
マンションの売却/クリーニングをした方が売れやすい?そもそも必要?
マンション売却のリフォーム/費用相場と実施すべきなのかどうかを徹底解説
管理会社にマンション売却を依頼するメリット・デメリットを解説
マンション売却したら積立金は返金される!?滞納積立金の影響も解説
家を売却する際の家具は残しておく?それとも処分?プロが徹底解説
家を売却するなら司法書士は自分で用意?紹介?プロが徹底解説
マンション売却にかかる「登記費用」はいくらが妥当?どうすれば安くなる?
売却した後に返金されるって本当?マンション売却における「保証料」の全知識
マンション売却したら管理費はどうなる!?滞納管理費の扱いも徹底解説
売却中の家が売れない7つの原因!現状を打破する4つの方法も完全解説
売却以外の方法もある?!家のローンが払えない状況を打開する8つの対策方法
古い家の売却はどうする?スムーズに売却するためのポイント
ケース別対処法を解説!離婚でローンがある家を売却する人が知るべき全知識
古い家は更地化で売却しやすくなる!あなたの家は解体すべきか徹底解説
家を引っ越さないといけなくなったら「売却」と「賃貸」どっちがいい?
「掃除」が成否を左右する?!マンション売却時に掃除しておくべき箇所
マンション売却の成功は「内覧」にアリ!見学者を満足させる11のポイント
マンション売却成功にかかせない!内覧件数をUPさせる簡単テクニック5選
他の部屋より高く売れる?マンションの角部屋を売却するコツについて解説
マンションの売却時におけるエアコンの取り扱いについて徹底解説
誰でもできる!マンションの売却を早める物件写真撮影マニュアル
どこまで話すべき?マンション売却における告知義務について徹底解説
残金は返ってくる?マンション売却における火災保険の取扱いガイド
ペットを飼っていたマンションは売却にどう影響するの?対処法とコツを解説
駐車場がないマンションを売却する際に知っておくべき必須知識
フローリングに傷の入ったマンションを売却する際の必須知識
補修すると高く売れるって本当?床を補修するメリットや費用などを徹底解説
これを読めば解決!水漏れしやすいマンションを売却する際の必須知識
マンション売却に必須?壁紙張り替えの4つのメリットと費用を徹底解説
マンションを売却するなら!絶対に知っておきたい売却後の各種保険取扱いガイド
報酬は妥当?!マンション売却取引で司法書士は何をしてくれるのか徹底解説
マンション売却で青色申告はできる?初心者人向け税金ガイド
オーナーチェンジ扱いのマンションをうまく売却するための必須知識とは
マンション売却査定を匿名で行う方法とそのメリット・デメリットを徹底解説
マンション売却の目安は3ヶ月!早く売るための3つのコツを解説
1年以内で売却しても大丈夫?!築1年のマンションを売却するための全知識
築浅だからすぐ売れる?!マンションを5年以内で売却するメリットと注意点
流れから業者決めまで!マンション売却後に一戸建て購入する全知識
成年後見の仕組みから注意点まで解説!認知症の親の家売却完全ガイド
家の売却は経費で落とせる?!お得に不動産売買するための全知識
中古マンション売却5つの必須知識!流れ・期間・費用・注意点・失敗事例を完全ガイド