マンション売却 住みながら

最終更新日:2017年9月11日

マンションに住みながら売却する予定の方へ

マンションに住みながら売却する予定の方へ
もしあなたがマンションの売却を検討しているのであれば、以下のような考えをもっていませんか?

・住みながらのマンション売却を成功させるポイントを教えて欲しい…
・住みながらのマンション売却に強い不動産業者はどこ?
・そもそもマンションに住みながら売却する事は可能なの?

将来的にマンションの売却を検討しているなら、上記のような疑問や考えを持っている人は多いです。

 

そろそろ疑問を晴らして、次のステップに進みたいですよね?

 

そこで今回の記事では、マンションを売却する人なら絶対に知っておくべき必須知識を紹介していきます。

 

この記事を読めば、住みながらのマンション売却を成功させるポイントを理解できますよ!

 

記事を最後まで読んだ頃には、住みながらのマンション売却に強い不動産業者も把握できている事でしょう。

 

住みながらマンションを売る事は可能か

住みながらマンションを売る事は可能か
マンションを売却するとなったとき、部屋は空の状態にしなければならないのでしょうか。

 

結論からいいますと、マンションを売却するためにわざわざ空き家にする必要はありません。

 

マンションは住みながら売却する事ができます。

 

インターネットで売却中の中古マンション情報を検索すると、直ちに入居可能ではない物件があります。

 

入居可能でないマンションのほとんどが住みながら売却している物件になります。

 

このように実は住みながら売りに出ているマンションは多いです。

 

住みながらマンションを売却する事の最大の長所は、直前まで同じ環境で生活する事ができ、引越しの手間や費用が1回で済む事です。

 

一時的に家を借りようとなれば、賃貸契約のために敷金・礼金、仲介手数料、火災保険料、契約保証料などが必要です。

 

その他経費なども合わせると、家賃の約6~7ヵ月分の初期費用がかかってしまいます。

 

住宅ローンを受けている時には毎月の返済と家賃の払いが重なり金銭的に負担になりますので、あまり現実ではない方法です。

 

費用を重視するなら、住みながら売却をする事が最高です。

 

ただ住みながらマンション売却には、長所と短所があります。 それぞれ解説して行きましょう。

 

住みながらマンションを売却するメリット・デメリット

最大のメリットは、引渡し日直前まで同じ環境でいられる事でしょう。

 

家具を配置したままなので、買主候補に家具の配置や生活のイメージを伝える事ができるのも魅力です。

 

では短所はどうでしょうか。最大の欠点は内覧に予定を合わせなければならない点です。

 

自分が生活している室内を第三者に見せなければならないのも問題です。

 

買主目線からすると、直ちに入居する事はできず売却に時間がかかるのはデメリットでしょう。

 

短所を見ると、やはり住みながらマンションを売却するのはNGだと考える人はいらっしゃいます。

 

一長一短ではありますが、大きすぎるデメリットがないのは重要なポイントです。

 

売却のために引越ししたくない人は、住みながらのマンション売却にチャレンジしても特に問題ないでしょう。

 

住みながらのマンション売却を成功させるポイント

住みながらのマンション売却を成功させるポイント
前章では、奈良県のおすすめ土地活用「賃貸住宅経営」についてお伝えしました。

 

住みながらマンションを売る事は可能かどうか、お分かりいただけたのではないでしょうか。

 

次に紹介するのは住みながらのマンション売却を成功させるポイントです。

 

闇雲に売却開始しても、成功する事は絶対にありません。

 

次項より紹介するポイントを意識して、マンション売却するようにしてみてください。

 

引渡し時期に合わせて売却計画を組む

住みながら売却する場合、引き渡しの前日まで引越しを完了しなければなりません。

 

引き渡しの時期に合わせた余裕のある売却活動を開始する事を強く推薦します。

 

販売を開始してもすぐ購入者が決まるとは限りません。

 

ただ購入者が決まれば契約・決済・引き渡しなど多様な手続きや必要書類の準備に奔走する事になります。

 

同居する家族のスケジュールなどもきちんと把握しつつ、不動産会社の担当者と連絡を緊密に取って計画的に進めましょう。

 

見込み客は逃さない

内覧希望者が現れれば絶好のチャンスです。 一気に購入意欲を高めて、売却契約まで到達したいもの。

 

購入希望者のモチベーションが下がらないよう、段取りをうまく進行しなければなりません。

 

不動産会社の営業社員と、うちあわせておくとよいでしょう。

 

内覧に確実に応じられる曜日や時間帯などをあらかじめ決めて、必ず予定を空けておきます。

 

どうしても予定を開ける事ができない場合は、一時的に不動産会社に鍵を預けて行く事も検討しましょう。

 

希望者からさまざまな要望が出る場合もありますが、なるべく協力は惜しまず可能な限り希望に応えるようにしてください。

 

できるだけ部屋をキレイにする

内覧の予定が決まったら、部屋をくまなく徹底的に掃除をして「ここで暮らしたい」と思わせる状態でお客さんを迎える事が重要です。

 

モデルルームとは思えるほど、できるだけきれいな状態で室内を見えるようにしてください。

 

引っ越しの準備や不用品処分は早く終わらせて、普段使わない物はトランクルームや実家に任せてください。

 

生活感のよく出る、キッチンや浴室などは、プロの助けできれいにしておくと印象アップします。

 

どうしても生活感が見える部屋と収納がある場合には、不動産会社を通じ、あらかじめお客さんに伝えておきましょう。

 

予想される質問に備える

住みながらのマンション売却は購入希望者と直接対面し、反応をリアルタイムに知る事ができるメリットがあります。

 

ただ質問を受ける事も多いです。予想される質問には事前に答えられるように準備しておくと当惑せず、対応する事ができます。

 

よくある質問は「周辺環境」「マンション管理状況」「採光や通風などの状況」です。

 

加えて不動産会社からマイナスポイントと評価されている箇所があれば、それに対して質問が来た時の答え方も決めておきましょう。

 

小さな子供には注意する

子供がいると内覧のうちに泣いたり、バタバタ走りまわったりと、せっかくの内覧に集中できない事もあります。

 

近くに親族が住んでいる場合は引き受けてもらって、内覧者に対する邪魔がされないようにしましょう。

 

どうしても預かってくれる人がいないなら、夫婦とも家にいるタイミングで内覧してもらうようにしてください。

 

またおもちゃなどの細々したものがたくさん目に入ると、部屋が狭くて見えます。

 

内覧時は一時的にまとめて、出し入れしやすい収納ボックスなどをかくしましょう・

 

遊びたいと思わせるグッズにはカバーをかけておくのがベターです。

 

ペットを飼っているなら「ニオイ」には細心の注意を払う

動物のニオイと毛などは内覧に来た人からすると、マイナスポイントでしかありません。

 

掃除機をかけたうえに、脱臭剤などを置くようにして内覧に来る人に悪い印象を与えないよう配慮しましょう。

 

動物に弱い人やアレルギーがある人もいるので、内見客を迎える時は動物をケイジなどに入れておくようにします。

 

知らない人が訪れると吠えたり騒いだりする場合、内覧中は散歩に連れて行ったり、人に引き受けてもらったり等の対策を考える事も必要です。

 

住みながらのマンション売却における「よくある質問」

住みながらのマンション売却における「よくある質問」
前章では、住みながらのマンション売却を成功させるポイントについてお伝えしました。

 

住みながらマンション売却をスムーズに実行するためのポイントについて、理解いただけたのではないでしょうか。

 

次に紹介するのは、住みながらのマンション売却における「よくある質問」です。

 

住みながらのマンション売却でよく挙がる事の多い質問に対する回答を紹介していきましょう。

 

住みながらの売却だと高く売れないのでは?

中古マンション価格は様々な項目をもとに査定されます。

 

「立地条件」「築年数」「近隣地域での過去の取引事例」を重視するので、「居住中」が理由で価格が低くなるのはありません。

 

室内が現在どのような状態になっているかは価格に直接影響を与えないのでご安心を。

 

仮に「居住中」を理由に査定結果を減額してくる不動産会社は疑ってかかった方がいいです。

 

売却依頼するのはやめて、他の不動産会社にすべきでしょう。

 

しかし設備の故障や大規模な補修が必要な汚れ、破損箇所がある場合にはそれを理由に価格引下げ交渉をする事があります。

 

交渉になりたくないなら、予め手入れをしておくようにしましょう。

 

「居住中」お客さんには嫌がられないの?

アットホームが行ったアンケート調査によると、「居住中」はネガティブな印象を持たれていません。

 

「家具の配置のおかげでライフスタイルを想像しやすかった」「住む人の生の声が聞こえてよかった」と回答されています。

 

どちらかというとポジティブな印象を持たれています。あなたが思うほど心配する必要はありません。

 

無用の心配をするよりは、先述したポイントを押さえて上手く売却できるよう計画推進する事に力を入れましょう。

 

急に内覧希望者が訪れる事はないのか

住みながらマンションを売る際、現住所が公開されます。

 

しかし内覧希望者が突然訪れたり、手紙投函などで直接接触してくることはないです。

 

売却活動を依頼する会社以外の不動産会社や買取業者が直接連絡をしてくる事もありません。

 

もしそんな事があった場合には、媒介契約を結んで売却を依頼している不動産会社の存在を十分に説明してください。

 

依頼先の会社を通じて受けるようにしましょう。

 

直接対応をすると媒介契約違反になったり、トラブルになる恐れがあるので、個人的に対応する事は絶対避けてください。

 

購入者が決まればすぐに引越さなければならないのか

購入者が決まれば、すぐに引越ししなければならないわけではありません。

 

マンションを売る時は、引き渡しが可能な時期を表示して売ったりもできます。

 

引き渡しの時期が決まっていない場合には、「相談」の表示をして、購買者が入居を希望する時期を確認した後、調整して引き渡しの日付を設定しましょう。

 

住みながらの売却は学校に通う子たちへの配慮も必要です。

 

進学や転校の関係などもあると思いますので、事前に引き渡し可能な時期を不動産会社の売却担当者に伝えて、スケジュールの調整をしましょう。

 

住みながらのマンション売却に強い不動産業者

住みながらのマンション売却に強い不動産業者
前章では、住みながらのマンション売却における「よくある質問」をお伝えしました。

 

住みながらのマンション売却の成功率を高めるさまざまな知識を理解いただけたのではないでしょうか。

 

次に紹介するのは、住みながらのマンション売却に強い不動産業者です。

 

住みながらのマンション売却を確実に成功させるためには、不動産業者の選択も重要です。

 

不動産業者には得手不得手があるので、せっかくならマンション売却に強い業者を選びたいもの。

 

しかし、どの不動産業者が住みながらのマンション売却に強いのかわからないですよね。

 

そこでこの章ではマンション売却に強いオススメの不動産業者を紹介していきます。

 

三井のリハウス

三井のリハウス」は日本全国の主要都市で不動産売買仲介をしている大手不動産会社です。

 

三井のリハウスはよくCMでも聞いたことがあるかと思いますが、正式社名は「三井不動産リアルティ」です。

 

親会社は三井不動産で大手上場企業。その子会社ですから、ブランドは高いです。

 

三井のリハウスは親会社三井不動産のブランド力のお蔭で、評価は高いといえます。

 

相談件数はかなり多く、1軒の問い合わせに対してガツガツする感じがありません。

 

三井不動産の子会社としてのブランドがあるので、押し売りがないのも特徴です。

 

三井のリハウスはインターネット広告に強い会社で、圧倒的な「集客力」があります。

 

他社で売れなかったマンションが三井のリハウスに相談して比較的短期間で売却する事例も多いです。

 

住みながらのマンション売却事例も非常に多いので、大きな力になってくれるでしょう。

 

ただ一定期間で仲介物件を捌く必要があるせいか、中小不動産会社よりも価格引き下げの速度が多少早い傾向があるので注意してください。

 

ピタットハウス

ピタットハウスはフランチャイズです。各地域に存在するピタットハウスそのものは、現地の不動産会社です。

 

ただピタットハウスの看板を掲げて営業している以上、一定の品質を備えたサービスを受けられます。

 

ピタットハウスに加入する店は、現地の不動産屋でも評判は良い会社だけです。

 

ピタットハウス自体は小さな会社かもしれませんが、大手不動産会社にはない長所を持ちます。

 

強く地域に密着して長く営業した不動産会社のノウハウを存分に発揮してくれるでしょう。

 

住みながらのマンション売却を多く経験した地域密着型の不動産屋が売却を担当してくれます。

 

住友不動産販売

住友不動産販売は、住みながらのマンション売却に強い会社です。

 

売買仲介の取り扱い件数や売買仲介売上高は三井のハウスに続いて堂々の2位。十分に実力のある会社です。

 

総合不動産会社ではありますが、業界の雄である三井のリハウとは異なる経営戦略を実施しています。

 

三井リハウスは一戸建てと分譲マンション、オフィスビルなどの各種不動産事業に力をいれていますが、住友不動産は中古マンションにかなり力を注いでいます。

 

マンション売買の仲介に関しては業界トップの三井のリハウスと遜色ない実力を持っていると言っても過言ではないでしょう。

 

住みながらのマンションを売却する際、専任媒介契約を求められます。

 

ただ一般媒介が認められていないわけではありません。

 

幅広い不動産会社に仲介を依頼すると考えている方は、自分の意思を初めから明らかに伝えるといいでしょう。

 

また住友不動産販売は全国展開していますが、地方には大きな支店を保有していません。

 

まずは自分が保有するマンションの近くに、住友不動産販売の店舗があるのか一度見ているのをおすすめします。

 

大京穴吹不動産

大京穴吹不動産は「ライオンズマンション」で有名な大京グループの中核企業です。

 

ライオンズマンションシリーズの分譲、そして管理で培った大京グループの持つ強みを生かしつつ、不動産売買にも力を入れています。

 

大京穴吹不動産は何よりマンションの売却にとても強いです。

 

ライオンズマンションシリーズで分譲と管理をしているおかげで、マンションのことなら何でも知っている会社です。

 

もし売却する不動産がマンションで、それがライオンズマンションシリーズであれば、迷わず穴吹不動産を推薦します。

 

たとえ住みながらのマンション売却であっても、しっかりやり遂げてくれるでしょう。

 

また穴吹不動産は、東京都の支店数がズバ抜けて多いのが特徴です。東京都のみで23店舗あります。

 

東京でマンションの売却をするなら大きな力になってくれるはずです。

 

難度もいいますが、大京穴吹不動産はマンション売却に強い会社です。

 

マンション売却に関しては圧倒的ノウハウを持つ会社と断言できます。

 

住みながらのマンション売却をするなら、一度は検討して欲しい会社のひとつです。

 

東急リバブル

東急リバブルは東急不動産ホールディングスの傘下にある不動産仲介会社です。

 

鉄道系の不動産会社の中では、国内で一番力があります。

 

東急リバブルは店舗数が業界3位、売買仲介の取り扱い件数も業界3位、仲介手数料の売上高も業界3位です。

 

三井のリハウスと住友不動産販売に次ぐ規模の会社になります。

 

不動産仲介業者として人気の東急リバブルですが、元々東急電車が開始した企業なので、東京の西から横浜に店舗が集中しています。

 

関西と札幌、仙台、名古屋、福岡にも全国展開していますが、やはり東京が中心となっています。

 

つまり東急不動産は東京西部や横浜の高級マンションに強い不動産会社なのです。

 

東京の西や、横浜であれば住みながらのマンション売却もお手の物と言えます。

 

東急沿線にはたくさんのマンションがあるせいか、東急リバブルは紹介が紹介を呼び、顧客層をかなり押さえています。

 

東急の顧客は富裕層も多いので、高めのマンション売却なら東急リバブルに依頼すると、すぐに売却できる可能性が十分にあります。

 

また鉄道系の不動産会社であるため、東急リバブルの社風は全体的に品位があります。

 

東急沿線のマンションは金額が高く、富裕層が相手になります。小さな不動産会社では対応が難しい事が多いです。

 

しかし東急リバブルはこうした人に日頃から接しており、お客様対応のレベルが高いです。

 

人気も実力も兼ね備えた不動産会社なので、近くに店舗がある方は幸運かもしれません。

 

これらの不動産に一括で相談できる「不動産一括査定」

前章で「住みながらのマンション売却に強い不動産業者」を紹介いたしました。

 

ただ、あなたのマンションによっては不得意な可能性もあります。

 

となると一番良いのは、複数社に相談することですが、正直1社1社に相談していては非常に面倒です。

 

そこでオススメとなるのが「不動産一括査定」です。

 

不動産一括査定サイト(サービス)を利用すると、あなたの売りたいと思っている不動産情報と個人情報を入れるだけで、適切な不動産会社を自動的にマッチングし、複数の不動産会社へ一度に査定依頼が行えます。

 

不動産一括査定のオススメは「HOME4U」「すまいValue」

不動産一括査定サイトランキング
筆者が考える不動産一括査定サイトのランキングを掲載します。


不動産一括査定も様々ありますが、やはり家やマンション、土地は高額な商品になりますので、信頼できる会社ががいいですよね。


ですので、ランキングとしては、信頼できる不動産会社に依頼が行えるのか(悪徳な不動産会社をチェックして排除しているのか)を基準にしています。


HOME4U

かんたん無料!不動産の最高額をチェック


  • NTTグループ運営だから個人情報もしっかり管理
  • 2001年から運営で安心の実績!一括査定No.1の歴史
  • 入力が約5分のカンタン入力、しかも無料
  • 対応可能な不動産会社を自動で抽出し、複数社の見積りを比較
  • 全国どこでも対応可能

 https://www.home4u.jp/


HOME4Uの公式サイトへ


【1都3県の方は朗報】売り手専門のソニー不動産

ソニー不動産

売り手専門のエージェントに相談


  • 売主に特化したエージェント制を導入
  • 今なら不動産売却の秘訣DVDが無料でもらえる
  • 安心の超大手ソニーグループ
  • 対応地域:東京、埼玉、神奈川、千葉のみ

 https://sony-fudosan.com/


ソニー不動産の公式サイトへ


すまいValue

かんたん無料!大手6社の最高額をチェック


  • 大手だけの査定相談になるので、とにかく安心感抜群
  • ※三井のリハウス/三菱地所ハウスネット/住友不動産販売/東急リバブル/野村の仲介/小田急不動産

  • 全国対応、無料で一括査定依頼
  • ※一部の田舎では対応していない可能性がありますので、その際はHOME4Uをご利用ください。

  • 対応可能な大手6社の不動産会社を自動で抽出し、複数社の見積りを比較

 https://sumai-value.jp/


すまいValueの公式サイトへ


リガイド

かんたん無料!不動産の最高額をチェック


  • 運営12年目!HOME4Uに次ぐ老舗の一括査定
  • 一度に最大10社を比較できるのはリガイドだけ
  • 入力が約5分!FacebookやYahooからの情報を引き継げる
  • 対応可能な不動産会社を自動で抽出し、複数社の見積りを比較
  • 全国どこでも対応可能

 http://www.re-guide.jp/


リガイドの公式サイトへ


HOMES売却査定

かんたん無料!不動産の最高額をチェック


  • 賃貸で有名なHOMESが運営で安心実績
  • 加盟している不動産会社No.1の1,500社以上
  • 他の一括査定では探せない地域密着の不動産会社が探せる
  • 対応可能な不動産会社を自動で抽出、自分で好きな不動産会社に査定相談依頼
  • 全国どこでも対応可能

 https://www.homes.co.jp/


HOMES売却査定の公式サイトへ


イエイ

かんたん無料!不動産の最高額をチェック


  • 不動産一括査定サイトでは運営歴が長く安心
  • 評判が悪い不動産会社を徹底的に排除
  • 第3社によるアドバイス、代行お断りサービスあり
  • 加盟会社は1,000社以上と一括査定では多く、たくさんの会社を比較できる
  • 対応可能な不動産会社を自動で抽出し、複数社の見積りを比較
  • 入力が約5分のカンタン入力で無料
  • 全国どこでも対応可能

 http://sell.yeay.jp/


イエイの公式サイトへ


イエウール

かんたん無料!不動産の最高額をチェック


  • 加盟している不動産会社は、一番多い1,500社以上
  • 不動産一括査定サイトの中で利用実績No.1
  • 入力が約5分のカンタン入力、しかも無料
  • 対応可能な不動産会社を自動で抽出し、複数社の見積りを比較
  • 全国どこでも対応可能

 https://ieul.jp/


イエウールの公式サイトへ


マンションナビ

賃貸?売却?不動産の最高額をチェック


  • 売却査定だけではなく、賃料査定も同時にできる!
  • 年間360万人利用の安心実績!
  • 加盟店舗は2,500以上!たくさんの会社を比較できる
  • 対応可能な不動産会社を自動で抽出し、複数社の見積りを比較
  • 入力が約5分のカンタン入力で無料
  • 全国どこでも対応可能

 https://t23m-navi.jp/


マンションナビの公式サイトへ


スマイスター

かんたん無料!不動産の最高額をチェック


  • 売却査定だけでなく、賃貸査定も行える唯一の一括査定
  • 入力が約5分のカンタン入力で無料
  • 全国で1,200社以上が対応
  • 対応可能な不動産会社を自動で抽出し、複数社の見積りを比較
  • 全国どこでも対応可能

 https://www.sumaistar.com/


スマイスターの公式サイトへ

 

まとめ

以上、マンションを売却する人なら絶対に知っておくべき必須知識を紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?

 

住みながらのマンション売却を成功させるポイントを理解いただけたと思います。

 

居住中のマンション売却に強い不動産業者もお伝えしたので、不動産業者に疎い人の役にも立てたのではないでしょうか。

 

もし今後マンションの売却をするなら、今回紹介した知識をぜひ参考にしてみてください。

関連ページ

マンション売却のプロが徹底解説!注意点・費用・時期まで完全ガイド
仲介・買取・個人売買の手順が全てわかる!家の売却の流れをプロが解説
マンション売却で損をしたくない人が読むべき3つの必須知識
マンション売却の流れは大きく3ステップ!引渡しまでの完全ガイド
プロが教える!マンション売却にかかる期間と早く売れる3つのコツ
マンションを売却する際の必要書類とチェックリスト一覧
これを見ればマンション売却の全てがわかる!様々なおすすめ情報まとめ
マンションのプロが教える!高く売却するための3つの秘訣
どの会社にすべき?家の売却を成功させる不動産屋選びを徹底解説
住み替えでマンション売却する人が絶対に知るべき全知識
どうやって値がつく?マンション売却における「売値」の付け方を徹底解説
先人の失敗から学ぼう!マンション売却で後悔した事とは?
マンション売却の相場を知る方法は?自分で簡単に調べられる方法を紹介
交渉タイミングが重要?!マンション売却手数料を値引きするための全知識
築年数ごとに変わるマンション売却相場について徹底解説
マンション売却に必要な「机上査定」を使いこなすコツと注意点
マンション売却で必要不可欠な「訪問査定」の準備しておくべきポイントと注意点
ワンルームマンションを売却/スムーズにしかも高く売却する方法
どうせ払うならお得に!不動産売却の税金をふるさと納税にする方法
満足いく売却にしたいなら!知っておくべき最新のマンション売却動向
値引きしたくない人は必見!「マンション売却の交渉」についてプロが解説
今日から真似できる!不動産業者が実用するマンション売却3つのコツ
マンション1棟まるごとを売却するなら!絶対に知っておくべき必須知識
どれくらい必要?マンションの売却費用の項目と相場について解説
マンションを貸すべき・売るべきか?賃貸のメリット・費用・注意点
絶対に押さえておくべきマンション売却を成功させる5つの注意点
家の売却でベストなタイミング・時期・築年数は?不動産のプロが徹底解説
マンションが売却されるまでのスケジュールを初心者向けに徹底解説
マンション売却における入金のタイミングと注意点を徹底解説
マンション売却が売れやすい4つの時期と早く売っておくべき7つの特徴
家売却をする人は必見!売買の手順から相場の把握方法まで全て解説
めざせ3か月以内!家の売却期間を早くしたい人が知るべき必須知識
家売却の必要書類は21つ!取得方法から紛失時の対処法までプロが解説
家を売却する方法はたくさんある?!売却成功のための全知識
初心者必見!家を売却する際の注意点16つを元・不動産業者が完全ガイド
家売却でよくある4つのトラブル事例とは?具体的な対処法を徹底解説
家を売却する際のおすすめ広告方法とは?最近のやり方を徹底解説
マンション売却/どれくらいの手取りになるのかシミュレーションしてみた
マンションの売却と賃貸は同時進行すべき?メリット・デメリットを解説
マンションは売却すべき?それとも賃貸?どちらがいいのか徹底比較
ローンが残ってる家を売却したい人は必見!プロが教える重要知識3選
ローンの残りがある家を売却するなら絶対に知っておくべき必須知識
ローン残債があるマンションをスムーズに売却するための完全ガイド
オーバーローン状態のマンション売却のデメリットとその解決方法
住宅ローン返済地獄から解放されるためのマンション売却ガイド
自力で抹消できる?!マンション売却に必要な「抵当権抹消」の手続きを徹底解説
二重苦を防げる!二重ローンにならないマンション売却方法を徹底解説
あなたはどっち?マンション売却までに繰り上げ返済しておくべきかどうか解説
空き家と居住中はどっちがマンション売却に有利なの?実例を交えて解説
居住中のマンション売却/スムーズに売却するためにやるべき3つの事
別居中にマンション売却するなら!絶対に知っておくべき基礎知識を解説
マンション売却で売れない/よくある4つの理由と解決方法を徹底解説
事故物件でも売れるので心配無用!スムーズに売却するための3つのコツ
これを見れば全てわかる!分譲マンション売却を3ステップで徹底解説
1LDKのマンションをうまく売却するためのポイントと注意点を徹底解説
売却しやすいのは2LDKのマンション?それとも3LDK?
築30年のマンション売却/スムーズに高価買取してもらう方法
マンション売却の体験談/具体的な流れや注意点をイメージしよう
家を売却するならハウスクリーニングした方がいいの?プロが徹底解説
マンションの売却/クリーニングをした方が売れやすい?そもそも必要?
マンション売却のリフォーム/費用相場と実施すべきなのかどうかを徹底解説
管理会社にマンション売却を依頼するメリット・デメリットを解説
マンションを売却する時、今までの積立金はどうなるかをシンプルに解説
家を売却する際の家具は残しておく?それとも処分?プロが徹底解説
家を売却するなら司法書士は自分で用意?紹介?プロが徹底解説
マンション売却にかかる「登記費用」はいくらが妥当?どうすれば安くなる?
売却した後に返金されるって本当?マンション売却における「保証料」の全知識
売却した後に返金される?!マンション売却における「管理費」の全知識
売却中の家が売れない7つの原因!現状を打破する4つの方法も完全解説
売却以外の方法もある?!家のローンが払えない状況を打開する8つの対策方法
古い家の売却はどうする?スムーズに売却するためのポイント
離婚時にローンがある家を上手く売却するたった1つの方法
家を売却するなら更地にした方がいいって聞くけど本当?
家を引っ越さないといけなくなったら「売却」と「賃貸」どっちがいい?
家売却の理由/購入希望者の受けが良い4つ・受けが悪い5つの事例集
「掃除」が成否を左右する?!マンション売却時に掃除しておくべき箇所
マンション売却の成功は「内覧」にアリ!見学者を満足させる11のポイント
マンション売却成功にかかせない!内覧件数をUPさせる簡単テクニック5選
他の部屋より高く売れる?マンションの角部屋を売却するコツについて解説
マンションの売却時におけるエアコンの取り扱いについて徹底解説
誰でもできる!マンションの売却を早める物件写真撮影マニュアル
どこまで話すべき?マンション売却における告知義務について徹底解説
残金は返ってくる?マンション売却における火災保険の取扱いガイド
ペットを飼っていたマンションは売却にどう影響するの?対処法とコツを解説
駐車場がないマンションを売却する際に知っておくべき必須知識
フローリングに傷の入ったマンションを売却する際の必須知識
補修すると高く売れるって本当?床を補修するメリットや費用などを徹底解説
これを読めば解決!水漏れしやすいマンションを売却する際の必須知識
マンション売却に必須?壁紙張り替えの4つのメリットと費用を徹底解説
マンションを売却するなら!絶対に知っておきたい売却後の各種保険取扱いガイド
報酬は妥当?!マンション売却取引で司法書士は何をしてくれるのか徹底解説
マンション売却で青色申告はできる?初心者人向け税金ガイド
オーナーチェンジ扱いのマンションをうまく売却するための必須知識とは
マンション売却査定を匿名で行う方法とそのメリット・デメリットを徹底解説
早期売却を実現!3か月以内にマンション売却するためのテクニックを徹底解説
1年以内で売却しても大丈夫?!築1年のマンションを売却するための全知識
築浅だからすぐ売れる?!マンションを5年以内で売却するメリットと注意点
初めてでも大丈夫!マンション売却と一戸建て購入を両立させる3つの方法
認知症の親の家を売却する人は必見!売買を成功させるための全知識
家の売却は経費で落とせる?!お得に不動産売買するための全知識
中古マンション売却5つの必須知識!流れ・期間・費用・注意点・失敗事例を完全ガイド