マンション売却 住みながら

最終更新日:2018年1月24日

「住みながらのマンション売却」を完全ガイド

「住みながらのマンション売却」を完全ガイド
「住みながらのマンション売却」を検討中の人は、以下のような不安や疑問を解決するために情報収集しています。

 

あなたも同じような疑問や不安をもっていませんか?

・マンションは住みながらと空き家はどっちが売れるのだろうか・・・・
・住みながらマンション売却するメリット・デメリットを知りたい
・住みながらマンション売却を成功させるには、どんな点に注意すべき?

上記のような疑問や不安を持っているのに解決しないまま、「住みながらのマンション売却」に挑戦しようとしてはいけません。

 

住みながらマンション売却する知識が足りていないので、このままではあなたが望む結果にならないのでしょう。

 

せっかく住みながらのマンション売却に挑戦するのであれば、満足いく金額で売却されてほしいですよね?

 

そこで今回の記事では「住みながらのマンション売却」に関する疑問・不安について、元・不動産業者である筆者が回答していきます。

 

この記事を読めば、あなたが知っておくべき「住みながらのマンション売却」に関する知識は、すべて網羅できるとお約束します。

 

読み終えた時には、

  • 「マンションは住みながらと空き家はどっちが売れるのか」
  • 「住みながらマンション売却するメリット・デメリット」
  • 「住みながらマンション売却を成功させる5つの注意点」
  • 「住みながらマンション売却を成功させるQ&A」

についてしっかりと理解できていることでしょう。ぜひ最後までご覧ください。

【裏技】売却しなくてもOK!まずは不動産会社に査定相談しよう!

大手・中堅~地域密着の不動産会社から、あなたの売却予定の不動産に強い会社を自動マッチング!
さらには、利用者数1,000万人と一括査定では圧倒的No.1で安心実績。

イエウール

https://ieul.jp/


>利用者1,000万人以上で一括査定No.1の安心実績!<
>最大6社の査定比較で500万円高く売れた事例も!<

 

マンションは住みながらと空き家はどっちが売れるのか

マンションは住みながらと空き家はどっちが売れるのか
「空き家と住みながらでは、どっちが売却しやすいですか?」という質問をネットでも書籍でもよく見かけます。

 

結論から言ってしまえば、誰も住んでいない家でも居住中でも売却できます。

 

しかし元不動産業者としては「空き家」の方が、売却がスムーズなうえ、契約率も非常に高かったです。

 

住みながらより空き家のほうがマンションが売りやすい理由

営業マンの戦略によって異なるのかもしれませんが、筆者の場合は空き家状態の方が成約まで行く確率が高かったです。

 

それに空き家の物件と、住みながらの物件では、見学する人の心構えも違っていました。

 

住みながらのマンションを内覧したときのリアクションは、「良い物件だった」や「目安になった」という感想になります。

 

つまり、ただ単に暇つぶしで見に来たという感覚に近いゲストが多かったのです。

 

それが空き家の物件だと、内覧者は本気になり「いつから引っ越しできますか?」となります。

 

また「他に検討している人はいますか?」というように、より詳細な話になりやすい印象が強いです。

 

やはり人が今も普通に暮らしている家をみて、自分が買い取るというイメージに直結しない人が多いのです。

 

一方、誰も暮らしていない空き家状態の家をみると、「他のお客さんに買われる」という意識が強くなる傾向があります。

 

不動産会社も住みながらより空き家のマンションの方がラク

またいつでも見学者の望みに合わせて内覧ができるというアドバンテージもあります。

 

空き家状態であれば、マンションの鍵を不動産業者が預かることも出来ます。

 

そうすることで、急な来客にもその度ごとに居住者の許可を取ることが求められません。

 

お客さんが希望する機会に内覧が可能になるのです。

 

いつでも好きな機会に内覧の案内ができるのは、不動産業者にはかなりプラス材料になります。

 

無理に住みながらマンション売却を辞める必要はない

ここまで散々「住みながら売却は不利だ」といったことを買いてきましたが、はっきりいって微々たる差です。

 

どちらかというと、金額や立地の方が大きな差を生み出します。居住中か空室かなんて比べものにならないほどです。

 

できれば住人のいない部屋にした方が、スピーディーに買い手がみつかるでしょう。

 

しかし先述したように微々たる差ですし、無理に空室にして売却する必要はありません。

 

「微々たる差」が気になるのであれば、見学者に生活感を見せないことに注力すれば、差も埋まります。

 

生活感があるほうが現実的で良いという不動産業者も存在しています。

 

しかし筆者の経験ではそう思うことは、そこまで多くありませんでした。

 

それよりも、部屋の中が完全に片付いているようなマンションの方が良いです。

 

見学者もより強く購入を決める傾向が強いですし、切迫感にもあり早期契約を取りやすかった感覚があります。

 

ただ生活感を出さないノウハウは部屋の片付けだけとは限りません。

 

見学時に夫や子供などをお出かけしてもらい、奥様だけで応じるのも効果があります。

 

わざとらしく、引越し業者経由でもらったダンボールを部屋に数個放置しておくのもテクニックの一つです。

 

具体的なテクニックについては、次章以降にガッツリと紹介していきます。

 

ここまでは、「マンションは住みながらと空き家はどっちが売れるのか」をお伝えしました。

 

マンションは空き家の方が売れるけども、そこには微々たる差しかないことを、理解していただけたと思います。

 

ただ、住みながらマンション売却することには、特有のメリット及びデメリットがあることも忘れてはいけません。

 

そこで次は「住みながらマンション売却するメリット・デメリット」について紹介していきます。

 

住みながらマンション売却するメリット・デメリット

住みながらマンション売却するメリット・デメリット
住みながらマンションを販売することの最大のメリットは譲渡の直前まで同じ環境で暮らすことが出来る点です。

 

つまりは、引っ越しの手間やコストが1回で済むということといえます。

 

新居にすぐ入居することが可能なら、1回の引っ越しで空室状況を作ることができます。

 

しかし新居の引き渡し日まで時間が掛かる場合、空室状態にするためだけに一時的に家を賃借するとなると大変です。

 

賃貸契約のために敷金・礼金・仲介手数料などが求められます。

 

引っ越し代なども合計すると、家賃のおよそ6~7か月分の初期コストがかかってしまいます。

 

住宅ローンを組んでいるとすれば、毎月の返済と家賃の返済が重なって金銭的にかなりの重圧になります。

 

あまり現実ではないため、無理矢理空室にすることはせずに「住みながら売却」ができるのが最適です。

 

では、居住中のマンション売却においては、どのような良い点と悪い点があるのでしょうか。

 

住みながらマンション売却するメリット

最大の利点は、譲渡日の直前まで同じ環境で暮らすことが可能なことでしょう。

 

また買主にマンションの住みやすさや管理、近隣の状況についてじかに説明できるのもアドバンテージです。

 

さらに買主に家具のレイアウトや、生活のイメージをアピールすることができるのも大きいです。

 

住みながらマンション売却するデメリット

最大の欠点は、内覧にスケジュールを合わせて同席しなければならない点です。

 

また売主は自分が住んでいる最中の室内を、買主に提示しなければならないのも問題でしょう。

 

さらに引き渡し日が制限され、バイヤーは即入居できないため、売却に経験を必要とする場合があるのも欠点です。

 

住みながら売却する利点と欠点については、当サイトの過去記事である「空き家と居住中はどっちがマンション売却に有利なの?実例を交えて解説」にて詳しく解説しておりますので、気になる方はチェックしてみてください。

 

今回の記事の内容が、より理解ができることでしょう。

 

ここまでは、「住みながらマンション売却する良い点・悪い点」についてお伝えしました。

 

住みながらマンション売却する利点と欠点について、理解していただけたと思います。

 

ただし住みながら売却する利点・欠点を理解しても、具体的な成功のための注意点はわからないでしょう。

 

そこで次は「住みながらマンション売却を成功させる5つの注意点」について紹介していきます。

 

住みながらマンション売却を成功させる5つの注意点

住みながらマンション売却を成功させる5つの注意点
闇雲にマンションを売却スタートしても、成功する事は残念ながらありえません。

 

以下に紹介するポイントに注意して、マンション売却するようにしましょう。

住みながらマンション売却を成功させる5つの注意点

  1. 綿密なスケジュールを組む
  2. できるだけ全ての内覧に応じる
  3. 部屋の中は徹底的にキレイにする
  4. 内覧中は子どもを寄せ付けない
  5. 部屋の中のニオイに要注意

 

住みながらマンション売却の注意点1.「綿密なスケジュール」

住みながら売却するケースでは、引き渡し日の前日までに転居完了しなければなりません。

 

引き渡しの時期に伴って余裕をもって、売却活動をスタートすることを強くおすすめします。

 

売り出しを開始してもすぐにバイヤーが見つかるとは断定できません。

 

特に買い替えで住宅ローンを活用する場合には、売却が終了できないと新居の契約が解約になります。

 

買主が見つかったら、契約から譲渡など、必要書類の準備と転居でいよいよ慌ただしくなります。

 

同居している家族の予定などもしっかり把握し、不動産業者と連絡を密にとって、プラン通りに進めましょう。

 

住みながらマンション売却の注意点2.「全ての内覧に応じる」

全ての内覧に応じる
内覧希望者があらわれたら、絶好の機会です。

 

ここで一気に購入意欲を上昇させて、売却成約まで話を進めてみたいところでしょう。

 

内覧希望者のモチベーションが減らないよう、内覧に対する応対はスムーズに進めなくてはなりません。

 

不動産会社の営業マンと、先だって相談をしておくと良いでしょう。

 

具体的には内覧に確実に対応できる曜日や時間帯などを先だって決めて、必ずスケジュールを空けておくことです。

 

またどうしても在宅ができないケースでは、一時的に不動産会社にカギを預けて対応してもらうことも検討しましょう。

 

内覧希望者からさまざまなニーズが出てくる場合もありますが、スピーディーに売るために協力してあげてください。

 

可能な限り、内覧の希望には答えてあげるようにしましょう。

 

住みながらマンション売却の注意点3.「徹底的にキレイにする」

内覧の予定が決まったら、部屋の中は徹底的にクリーニングをしてください。

 

「ここに住みたい」と決心してもらえる状態で、内覧者を迎えることが必要不可欠です。

 

モデルルームのようにするのは無理でも、なるべくすっきりした状況で室内を見せるように心がけましょう。

 

まず転居準備や不用品の処理は、早めに済ませておくのも忘れないようにしてください。

 

つぎに要らないものは、賃貸式の倉庫や実家に預けておきます。

 

また生活感の生じやすいキッチンや浴室などは専門的な手を借りてきれいにしておくと印象が上がります。

 

どうしても中を見せたくない場所がある場合には、不動産業者を通じてあらかじめ伝えておくようにしてください。

 

住みながらの売却は購入志望者と直接対面し、反応を生で知ることができるというアドバンテージがあります。

 

ただ、それ故に質問されることもありますので、返答できるように準備しておくと慌てずに応対できますよ。

 

特に聞かれるのは「まわりの環境」「マンション管理の様子」「住みやすさ」です。

 

買主が気兼ねなく内覧できるように気配りしながら、あなただけが知るマンションの魅力を主張しましょう。

 

なお部屋の掃除については、当サイトの過去記事である「家を売却するならハウスクリーニングした方がいいの?プロが徹底解説」にて詳しく解説しておりますので、気になる方はチェックしてみてください。

 

今回の記事の内容が、より理解ができることでしょう。

 

住みながらマンション売却の注意点4.「子どもは寄せ付けない」

小さい子どもがいると内覧中に泣き出したり、ミルクやおむつ替えが必要になり、集中できません。

 

近所に親族が居を構えている場合は、預かってもらう等の対策法を実施しましょう。

 

子守をしながらでも見学者への対応が出来るように、夫婦揃って在宅している機会がベストです。

 

また、遊び道具などのこまごました物が多く目に入ると、全体が狭く見えてしまいます。

 

一時的にサッとまとめておけるようなトランクボックスなどを準備してください。

 

また大きめのオモチャなどにはカバーをかけて、目に付かないようにしておくとよいでしょう。

 

住みながらマンション売却の注意点5.「ニオイに要注意」

動物のニオイや毛などは、あなたは慣れてしまっていても、内覧者からするととても抵抗を示すものです。

 

こまめに消臭するようにして、内覧に来る人に良くない印象を与えないよう配慮しましょう。

 

動物が苦手な人やアレルギーを持つ人もいるので、内覧者がくるときだけは、ペットはケージに入れるようにします。

 

知らない人がやって来ると吠えたり、騒いだりしてしまうケースでは、散歩に連れていくべきです。

 

散歩に連れていける人がいないのであれば、第三者に預ける他ないでしょう。

 

ここまでは、「住みながらマンション売却を成功させる5つの注意点」をお伝えしました。

 

住みながらマンション売却を成功させるには、どんなことに注意点すればいいのか、理解できたと思います。

 

ただ注意点を理解しても、住みながら売却することに対する疑問が、まだまだ晴れていない人もはいるでしょう。

 

そこで次は「住みながらのマンション売却」に関するQ&Aについて紹介していきます。

 

住みながらマンション売却を成功させるQ&A

住みながらマンション売却を成功させるQ&A
次にピックアップするのは、住みながらのマンション売却に関しての「よくある質問」です。

 

住みながらのマンション売却で、よくクローズアップされる質問に対する回答を取りあげていきましょう。

 

今回ピックアップするよくある質問は以下の通りになっています。

住みながらマンション売却を成功させるQ&A

  1. 「空き家より安くなる?」
  2. 「空き家より売れにくい?」
  3. 「突然内覧者は来ない?」
  4. 「引っ越しのタイミングは?」
  5. 「リースバックって何?」

 

住みながらマンション売却の質問1.「空き家より安くなる?」

中古マンションの価格は、様々な項目をもとに格付けされます。

 

しかし「居住中だから」という理由で、価格が安価になってしまうということはありません。

 

査定額は主に「立地条件」「築年数」「近隣界隈での取引事例」「マーケットの状況」が影響します。

 

そのため、室内が現状どういった状態になっているかは金額に直接影響しません。

 

ただし、設備の故障や度を超えた汚れや、破損箇所があるケースでは例外です。

 

それを理由に価格の駆け引きをされることがありますので、事前にケアをしておくようにしましょう。

 

また買い替えで新居の譲渡時期が迫っている場合など、スピーディーに売ることを優先すべきケースは要注意です。

 

買主からの価格の駆け引きがあると、そう簡単には断れない事態になります。

 

スケジュールをギチギチにすることなく、売却活動をスタートしましょう。

 

住みながらマンション売却の質問2.「空き家より売れにくい?」

前章で紹介した通り、元・不動産業者の目線でお答えすると、はっきりいって売れにくいです。

 

しかしこれはあくまでも業者目線の話なので、あなたが思っているほど、心配する必要はありません。

 

実際にあなたのマンションを買うことになるバイヤーの皆さんは、致命的な欠点としてとらえていないのが実情です。

 

不要な心配をするよりも、ここまでピックアップしてきた知識を活用して、売却活動を進めることに注力しましょう。

 

住みながらマンション売却の質問3.「突然内覧者は来ない?」

住みながらマンションを売却するケースでは、現住所となっているマンションが「商品」です。

 

そのため内覧希望者が突然訪問して来たり、投函などで直接コンタクトを取ってくることがあります。

 

売却活動を依頼している企業以外の不動産会社や、買取業者が直接連絡を取ってくることもあるでしょう。

 

万が一、突然の来訪者があった場合には、「すでに業者と媒介契約を結んでいる」と説明してください。

 

直接対応をしてしまうと不当行為になったり、トラブルになったりする可能性があります。

 

個人的に対応することは、何があっても避けてください。

 

住みながらマンション売却の質問4.「引っ越しのタイミングは?」

買主が決まったら、すぐに転居しないといけないということはありません。

 

マンションを売却する際には、譲渡が可能な時期を表示して売りこみます。

 

引き渡し時期が決まっていないケースでは「相談」というラベルをつけて広告するでしょう。

 

そのため、買い手が入居を希望するタイミングを確認したうえで、譲渡日を設定することが可能です。

 

前もって引き渡し可能なタイミングを不動産会社の売却担当者に指示してスケジュールの調整をしましょう。

 

住みながらマンション売却の質問5.「リースバックって何?」

リースバックとは、売却後にバイヤーと賃貸借契約を結んで、元のマンションに住み続けるという方法です。

 

一般的にはリースバックを専門に受けつけている業者が、現金で買い入れをしています。

 

まとまった資金を獲得しながら、これまでのマンションに住み続けられるという利点がある方法といえます。

 

マンションを購入したにもかかわらず、持ち家ならではの固定資産税などの支払いがキツイ人はいるでしょう。

 

あるいは、住宅ローンを長きにわたり払い続けることが先々の気掛かりになっている人も少なくないです。

 

そのような人たちは、リースバックでの取引を検討することもよいでしょう。

 

リースバックについては、当サイトの過去記事である「ノーリスクの土地活用?「リースバック」を使いこなすための全知識」にて詳しく解説しておりますので、気になる方はチェックしてみてください。

 

今回の記事の内容が、より理解ができることでしょう。

 

【裏技】売却しなくてもOK!まずは不動産会社に査定相談しよう!

大手・中堅~地域密着の不動産会社から、あなたの売却予定の不動産に強い会社を自動マッチング!
さらには、利用者数1,000万人と一括査定では圧倒的No.1で安心実績。

イエウール

https://ieul.jp/


>利用者1,000万人以上で一括査定No.1の安心実績!<
>最大6社の査定比較で500万円高く売れた事例も!<

 

まとめ

以上、「住みながらのマンション売却」をテーマとして、様々な知識を解説しましたが、いかがだったでしょうか?

 

紹介した知識さえ押さえておけば、「住みながらのマンション売却」に関する知識は、すべて網羅できているのでご安心を。

 

今後、住みながらのマンション売却する機会があるなら、今回紹介した知識をぜひ参考にしてみてください。

関連ページ

マンション売却のプロが徹底解説!注意点・費用・時期まで完全ガイド
仲介・買取・個人売買の手順が全てわかる!家の売却の流れをプロが解説
マンション売却で損をしたくない人が読むべき3つの必須知識
マンション売却の流れは大きく3ステップ!引渡しまでの完全ガイド
プロが教える!マンション売却にかかる期間と早く売れる3つのコツ
マンションを売却する際の必要書類とチェックリスト一覧
これを見ればマンション売却の全てがわかる!様々なおすすめ情報まとめ
マンションのプロが教える!高く売却するための3つの秘訣
どの会社にすべき?家の売却を成功させる不動産屋選びを徹底解説
注意点から失敗例まで解説!住み替えでマンション売却するための全知識
どうやって値がつく?マンション売却における「売値」の付け方を徹底解説
先人の失敗から学ぼう!マンション売却で後悔した事とは?
マンション売却相場がわかるサイト11選!相場の仕組みや高く売る方法も解説
交渉タイミングが重要?!マンション売却手数料を値引きするための全知識
築年数ごとに変わるマンション売却相場について徹底解説
マンション売却に必要な「机上査定」を使いこなすコツと注意点
マンション売却で必要不可欠な「訪問査定」の準備しておくべきポイントと注意点
高く売る方法を伝授!ワンルームマンション売却を成功させる4つの知識
どうせ払うならお得に!不動産売却の税金をふるさと納税にする方法
満足いく売却にしたいなら!知っておくべき最新のマンション売却動向
値引きしたくない人は必見!「マンション売却の交渉」についてプロが解説
最低限の値引きに抑える!マンション売却の交渉テクニックと5つの心得
今日から真似できる!不動産業者が実用するマンション売却3つのコツ
マンション1棟まるごとを売却するなら!絶対に知っておくべき必須知識
税金から手数料までリアルな額を解説!マンション売却費用を完全ガイド
マンションを貸すべき・売るべきか?賃貸のメリット・費用・注意点
高く売る方法からトラブル防止術まで解説!マンション売却8つの注意点
春先の繁忙期以外でもOK!家の売却に最適のタイミングを完全ガイド
相談から引渡しまで解説!マンション売却のスケジュールを完全ガイド
マンション売却における入金のタイミングと注意点を徹底解説
マンション売却が売れやすい4つの時期と早く売っておくべき7つの特徴
家売却をする人は必見!売買の手順から相場の把握方法まで全て解説
めざせ3か月以内!家の売却期間を早くしたい人が知るべき必須知識
家売却の必要書類は21つ!取得方法から紛失時の対処法までプロが解説
家売却の方法を9ステップで完全ガイド!査定から引き渡しまで完全解説
初心者必見!家を売却する際の注意点16つを元・不動産業者が完全ガイド
家売却でよくある4つのトラブル事例とは?具体的な対処法を徹底解説
家を売却する際のおすすめ広告方法とは?最近のやり方を徹底解説
マンション売却/どれくらいの手取りになるのかシミュレーションしてみた
マンションの売却と賃貸は同時進行すべき?メリット・デメリットを解説
マンションは売却すべき?それとも賃貸?どちらがいいのか徹底比較
ローンが残ってる家を売却したい人は必見!プロが教える重要知識3選
ローンの残りがある家を売却するなら絶対に知っておくべき必須知識
残債があってもマンションは売却できる!確実に売るための3つの知識
オーバーローン状態のマンション売却のデメリットとその解決方法
住宅ローン返済地獄から解放されるためのマンション売却ガイド
自力でも司法書士でも可能!マンション売却の抵当権抹消を徹底解説
二重苦を防げる!二重ローンにならないマンション売却方法を徹底解説
あなたはどっち?マンション売却までに繰り上げ返済しておくべきかどうか解説
空き家と居住中はどっちがマンション売却に有利なの?実例を交えて解説
居住中のマンション売却/スムーズに売却するためにやるべき3つの事
別居中にマンション売却するなら!絶対に知っておくべき基礎知識を解説
マンション売却で売れない/よくある4つの理由と解決方法を徹底解説
事故物件でも売れるので心配無用!スムーズに売却するための3つのコツ
これを見れば全てわかる!分譲マンション売却を3ステップで徹底解説
1LDKのマンションをうまく売却するためのポイントと注意点を徹底解説
売却しやすいのは2LDKのマンション?それとも3LDK?
賃貸にはせずにすぐに売却しよう!築30年のマンション売却を完全ガイド
マンション売却の体験談/具体的な流れや注意点をイメージしよう
家を売却するならハウスクリーニングした方がいいの?プロが徹底解説
マンションの売却/クリーニングをした方が売れやすい?そもそも必要?
マンション売却のリフォーム/費用相場と実施すべきなのかどうかを徹底解説
管理会社にマンション売却を依頼するメリット・デメリットを解説
マンション売却したら積立金は返金される!?滞納積立金の影響も解説
家を売却する際の家具は残しておく?それとも処分?プロが徹底解説
家を売却するなら司法書士は自分で用意?紹介?プロが徹底解説
マンション売却にかかる「登記費用」はいくらが妥当?どうすれば安くなる?
売却した後に返金されるって本当?マンション売却における「保証料」の全知識
マンション売却したら管理費はどうなる!?滞納管理費の扱いも徹底解説
売却中の家が売れない7つの原因!現状を打破する4つの方法も完全解説
売却以外の方法もある?!家のローンが払えない状況を打開する8つの対策方法
古い家の売却はどうする?スムーズに売却するためのポイント
ケース別対処法を解説!離婚でローンがある家を売却する人が知るべき全知識
古い家は更地化で売却しやすくなる!あなたの家は解体すべきか徹底解説
家を引っ越さないといけなくなったら「売却」と「賃貸」どっちがいい?
「掃除」が成否を左右する?!マンション売却時に掃除しておくべき箇所
マンション売却の成功は「内覧」にアリ!見学者を満足させる11のポイント
マンション売却成功にかかせない!内覧件数をUPさせる簡単テクニック5選
他の部屋より高く売れる?マンションの角部屋を売却するコツについて解説
マンションの売却時におけるエアコンの取り扱いについて徹底解説
誰でもできる!マンションの売却を早める物件写真撮影マニュアル
どこまで話すべき?マンション売却における告知義務について徹底解説
残金は返ってくる?マンション売却における火災保険の取扱いガイド
ペットを飼っていたマンションは売却にどう影響するの?対処法とコツを解説
駐車場がないマンションを売却する際に知っておくべき必須知識
フローリングに傷の入ったマンションを売却する際の必須知識
補修すると高く売れるって本当?床を補修するメリットや費用などを徹底解説
これを読めば解決!水漏れしやすいマンションを売却する際の必須知識
マンション売却に必須?壁紙張り替えの4つのメリットと費用を徹底解説
マンションを売却するなら!絶対に知っておきたい売却後の各種保険取扱いガイド
報酬は妥当?!マンション売却取引で司法書士は何をしてくれるのか徹底解説
マンション売却で青色申告はできる?初心者人向け税金ガイド
オーナーチェンジ扱いのマンションをうまく売却するための必須知識とは
マンション売却査定を匿名で行う方法とそのメリット・デメリットを徹底解説
マンション売却の目安は3ヶ月!早く売るための3つのコツを解説
1年以内で売却しても大丈夫?!築1年のマンションを売却するための全知識
築浅だからすぐ売れる?!マンションを5年以内で売却するメリットと注意点
流れから業者決めまで!マンション売却後に一戸建て購入する全知識
成年後見の仕組みから注意点まで解説!認知症の親の家売却完全ガイド
家の売却は経費で落とせる?!お得に不動産売買するための全知識
中古マンション売却5つの必須知識!流れ・期間・費用・注意点・失敗事例を完全ガイド