家売却 期間

最終更新日:2017年9月6日

これから家を売却しようと検討している方へ

これから家を売却しようと検討している方へ
もしあなたが家の売却を検討しているのであれば、以下のような考えをもっていませんか?

・家を売却する期間ってどれくらいかかるの?
・なるべく早く家を売却したいのだけど…
・そもそも家を売却する期間を早くするのにメリットはあるのだろうか

家の売却を検討しているなら、上記のような疑問や考えを持っている人は多いです。

 

そろそろ疑問をすっきりと晴らして、次のステージに進みたいですよね?

 

そこで今回の記事では、家を売却する人は絶対に知っておくべき「売却期間」の必須情報を紹介していきます。

 

この記事を読めば、家の売却期間を短くするために必要な知識がわかりますよ!

 

家を売却する一般的な期間もわかるので、家の売却の初心者にも必見の内容となっています。

 

記事を最後まで読んだ頃には、家を早く売却するメリットはもちろんの事、遅く売却する利点も理解できているはずです。

【裏技】売却しなくてもOK!まずは不動産会社に査定相談しよう!

大手・中堅~地域密着の不動産会社から、あなたの売却予定の不動産に強い会社を自動マッチング!
さらには、利用者数1,000万人と一括査定では圧倒的No.1で安心実績。

イエウール

https://ieul.jp/


>利用者1,000万人以上で一括査定No.1の安心実績!<
>最大6社の査定比較で500万円高く売れた事例も!<

 

家の売却の活動期間はスムーズにいって半年

家の売却の活動期間はスムーズにいって半年
家の売却期間はスムーズに行けば半年です。 家の売却は、自分の重要な資産を売る重い決断になります。

 

知識人や信頼性のある友達、家族と相談して、妥協のない決定をするようにしましょう。

 

査定に必要な期間は数日から1週間ぐらいです。 あなたの家がいくらで売れるのか査定額を提供されます。

 

業者が過去にあった「似たような事例の家」をチェックして、査定額を出します。

 

「簡易査定」は当日中に結果が出る事ができますが、正確で正しい査定を受けるなら、業者が家に来る「訪問査定」をしましょう。

 

様々な会社に査定して会社が決まれば、媒介契約をします。

 

媒介契約は家の売却の仲介業務をお願いする意味があり、有効期間は最大3ヵ月。

 

この期間内に売れなければ、契約を延長するか他の業者に変える事となります。

 

家を購入する人を探しだすのに必要な期間は3ヶ月くらいです。

 

媒介契約を結んだ不動産業者が大々的な宣伝活動を実施します。

 

チラシ撒布や新聞チラシの挿入、インターネットの掲載など、とにかく人の目につくようにします。

 

宣伝活動を行ったら、いつかあなたの家に関心のある人が現れます。

 

興味のある人には、直接あなたの家にまで来てもらい実物の見学をします。

 

宣伝活動や見学が家を早く売却するための重要なポイントです。

 

ここがスムーズに行けば、トータルで3ヵ月もかからず売却が可能です。

 

いい家でも宣伝活動と見学に失敗が終わったら、1年以上経っても全然売れないケースも多いです。

 

契約に必要な期間は数日~1週間程度です。 内見後に購入したい人が確定されれば、契約手続を実施します。

 

契約時には家の購入代金の1割の契約金をもらうのが普通です。 契約金によってキャンセルを防ぎます。

 

契約から引き渡しに必要な期間は1ヶ月くらいです。

 

契約した人が、現金や住宅ローンで用意した購入代金を受け、名義変更を行います。

 

無事に名義変更になると、鍵を渡して全て完了です。

 

家の売却期間を左右する事項とは

家の売却期間を左右する事項とは
前章では、家の売却にかかる期間についてお伝えしました。

 

各フェーズでどれくらいの期間がかかるのか、お分かりいただけたのではないでしょうか。

 

次に紹介するのは、家の売却期間を左右する事項について。

 

家の売却の手続きで時間がかかるのが「売却活動」です。

 

好景気時にはどんな家も販売してから1ヶ月半ほどに売却する事ができました。

 

しかし、今はそうはいきません。 多くの家が売却されるようになったので、なかなか買う人が確定できません。

 

いくらうまくいっても3ヵ月ぐらいかかります。

 

3カ月待てば売却できる家もありますが、タイミングが悪ければ、それ以上販売される事もよくあります。

 

どうすれば、家の売却の期間を短くできるのでしょうか。

 

家を敏捷に売るために簡単な方法は、広告を大量に実施する事です。

 

多くの人の目に触れるほど、買いたい人が出る可能性が高くなります。

 

インターネットを見ると、不動産業者によって売却期間は変わらないと書いてあります。

 

しかし、実際には多くの広告をする不動産業者なら、家の売却期間を短くする可能性があります。

 

インターネットだけでなく新聞広告やフリーペーパーなど多様な媒体に惜しみなく広告する業者を選びましょう。

 

CMで見えるような大型業者の地方支店なら、大規模な広告をする可能性が大きいです

 

家の売却期間を早くする3つのメリット

家の売却期間を早くする3つのメリット
前章では、家の売却期間を左右する事項についてお伝えしました。

 

広告を大量にまくのが早く売却するための基本だと、お分かりいただけたのではないでしょうか。

 

次に紹介するのは、家の売却期間を早くするメリットです。次項より深ぼっていきましょう。

 

メリット①マイホーム特例

居住用不動産には売却差益(譲渡所得)について3,000万円の控除を認められています。

 

マイホーム特例は住んでいる家を売る時はもちろん、売る時も適用されます。

 

ただ、譲渡所得が出るほど高く売れる事自体が今の不動産市場であまりありません。

 

高く売れる見込みがなければ、意識する必要はないでしょう。

 

メリット②相続税に関する特例

相続税は相続開始から10ヵ月以内に申告しなければならず、現金納付が普通です。

 

相続税を支払う現金を準備できないときは、相続した家を売ってでも現金を作るしかないです。

 

しかし10ヵ月間以内なので、さほど長い期間がありません。

 

実は相続開始から3年10ヵ月までに売却すれば、相続税の一部を家の取得費に加算できる特例があります。

 

その結果、譲渡所得がなくなる事もあるので、譲渡所得が出そうなら3年10ヵ月以内に売却してください。

 

メリット③資産価値の減少を最小限にできる

家は建築年数が経つほど価値が下がり、早く売れば売るほど高く売れます。

 

法定耐用年数と不動産鑑定士による鑑定評価を考慮すれば、木造住宅であれば建築20年以内なら、人気があり取引が活発になります。

 

20年経ってしまえば、家の価値がほとんど残らないです。

 

住宅として全体価値が日増しに低くなり、賃貸で運用する場合を除けば、早く売ってしまったほうが手残りは多くなります。

 

家の売却期間を遅くする2つのメリット

家の売却期間を遅くする2つのメリット
前章では、家の売却期間を早くするメリットについてお伝えしました。

 

なぜ早く家を売却すべきなのか、様々な利点をお分かりいただけたのではないでしょうか。

 

次に紹介するのは、家の売却期間を遅くするメリットです。次項より紹介していきます。

 

メリット①譲渡所得と所有期間による税金

家を売った事による譲渡所得(売却利益)は所有期間が5年以下で「短期譲渡所得」、5年以上で「長期譲渡所得」として他の税率で課税されます。

 

長期譲渡所得の方が、圧倒的に節税できるので、税制上お得になりたいなら5年以上たって売却するのがベストです。

 

所有期間が5年近くであれば少し待って、長期譲渡所得にするのが有利です。

 

売却利益が出なければ譲渡所得税もないので待っている腕必要なく少しくらいの売却益でも待って価値を低下させるくらいなら売るべきでしょう。

 

メリット②譲渡損失の損益通算がある

家を売って譲渡損失(売却損)が出た時および、住宅ローンの残債を下回る価格で売却した場合、特定要件を満たすと、給与所得など他の所得と損益通算できる特例があります。

 

給与所得と通算する事により、源泉徴収された所得税が還付され、住民税も減額されます。

 

さらに損失控除は3年間にわたる損失を繰り越す事が可能です。

 

家を早く売却できるタイミングとは

家を早く売却できるタイミングとは
前章では、家の売却期間を遅くするメリットについてお伝えしました。

 

遅く家を売却しても利点が発生するのを、お分かりいただけたのではないでしょうか。

 

次に紹介するのは、家を早く売却できるタイミングです。家を売るタイミングは重要です。

 

資金に余裕があれば、先に引越しをして空き家で売るのもいいですが、2つの家にかかる費用を考えばれ売却と同時の引越しをしたいもの。

 

次の家が決まる前に売られた場合、急な引っ越しになるので、場合によっては臨時の住処を借りる費用も発生します。

 

反対によく売れないと計画が狂って、余計な維持費用が負担になり、現在の家と次の家で二重ローンが生まれるかもしれません。

 

売れるタイミングを見計らわないと、自分の都合の悪い売却結果になるかもしれません。

 

もし早めに家を売却したいなら、不動産取引が活発になる春と秋を狙ってください。

 

4月から新年を迎える春先と年内に入居したい人が多い秋は、不動産取引量が増える季節です。

 

いつまでも売れない物件は敬遠されてしまいます。長く売りに出していても、そのまま売れないかもしれません。

 

取引が活発な春と秋には新しい情報として扱われるように、販売のタイミングを不動産会社と協議しましょう。

 

ただ同時に競争も増えるため、単純に春と秋まで待って売れないケースもあるので注意してください。

 

3ヵ月以内の期間に家を売却するのは可能なのか

3ヵ月以内の期間に家を売却するのは可能なのか
前章では、家を早く売却できるタイミングについてお伝えしました。

 

ライバルは増えるものの春と秋がベストタイミングだと、お分かりいただけたのではないでしょうか。

 

最後に紹介するのは、3ヵ月以内の期間に家を売却するための知識です。

 

家の売却は一般的に半年かかると先述しました。ただうまくいけば家の売却にかかる期間は3ヶ月くらいですみます。

 

不可能ではない期間なので、まずは3ヶ月を基準に売却期間を目標設定しましょう。

 

もちろん売却期間は家によります。マンションは戸建て住宅より売却期間が短く、早く売れる傾向があります。

 

そして田舎より首都圏のほうが比較的よく売られやすいと考えられています。

 

すべての家が3か月以内に売却できるわけではありませんが、ちょっとした工夫で売却期間は短縮できます。

 

先述した「広告の大量投入」と「タイミング」以外にも早く売却するためのコツはあるのです。

 

では一体どうすれば3か月という期間で売却する事ができるのでしょうか。次項より詳しく深ぼっていきましょう。

 

短い期間で家を売却したい「価格設定」にこだわる

売れるかどうか不安な人ほど、売却時の販売価格設定は慎重にしてください。

 

売却価格は一度設定すれば、価格を上げる事ができません。

 

安易に価格を引き下げれば良いわけではないですが、最初は高く設定しておくと良いでしょう。

 

しかし「後々に価格引き下げをするだろうな」と見込まれる価格設定にはしないように気をつけてください。

 

物件情報を見ている人は目が肥えています。少し待つと、金額が落ちそうな物件にはすぐに気づきます。

 

毎日情報を見ている人はもう「素人」ではありません。決して甘くみないようにしてください。

 

あなたのターゲットは、相場観はプロの業者レベルにまで成長している人ばかりです。

 

自分よりも相場観が勝っている人を相手にしていると自覚しておきましょう。

 

うまくいかなくてもの焦らない

満を持して売却を開始したのに、さっぱり売れない場合はどうしたらよいでしょうか。

 

なかなか売れない状態に陥ると、焦りを感じてしまう人が多いですがぐっとこらえて見守りましょう。

 

焦って価格引き下げを実施せずに、不動産専門である仲介業者の意見を参考にしてください。

 

素人にはわからない最適なタイミングは必ずあるので、焦って値下げを断行するのは禁物です。

 

販売して1か月から3か月ほどは様子を見ながら、仲介業者の指示を仰ぎましょう。

 

「仲介業者がきちんと仕事をしてないので売れないのでは?」と思う時もあるはず。

 

そんなときはしっかり販売活動を行っているかどうかチェックしてみてください。

 

担当者をみて不信に思ったら、不動産業者自体を変更する事も一つの手です。

 

信頼できる不動産会社が探せるかが重要

信頼できる不動産会社を探すことがもっと大事
家やマンションなどの大きなものを売却する上で一番大事なこと。

 

そう、それは前章でも話した通り「信頼できる不動産会社を見つけること」です。

 

家は人生で一番大きな資産であるため、良い不動産会社に当たるかどうかで数百万、場合によっては数千万円と変わることがザラにあります。

 

ただ、自分で近くの不動産会社を探し回るのも面倒だし、効率的ではありません。

 

そこで筆者がおすすめしているのが、「不動産一括査定サイト」を利用することです。

不動産一括査定サイトを利用すると、あなたの売りたいと思っている不動産情報と個人情報を入れるだけで、適切な不動産会社を自動的にマッチングし、複数の不動産会社へ一度に査定依頼が行えます。

 

不動産一括査定のオススメは「すまいValue」「イエウール」

不動産一括査定サイトランキング
筆者が考える不動産一括査定サイトのランキングを掲載します。


不動産一括査定も様々ありますが、やはり家やマンション、土地は高額になりますので、より得意としている会社を見つけたいですよね。


ですので、ランキングの判断として

  • 実績十分の大手不動産会社に依頼が行えるのか
  • 地方にも強い不動産会社に依頼が行えるのか

を基準にしています。


イエウール

かんたん無料!不動産の最高額をチェック


  • 提携不動産会数は不動産一括査定でNo.1の1,500社以上、大手・中堅~地域密着の不動産会社を探せる!
  • 不動産一括査定No.1の1,000万人以上が利用している安心実績
  • 入力が約5分のカンタン入力、しかも無料
  • 対応可能な不動産会社を自動で抽出し、複数社の見積りを比較
  • 全国どこでも対応可能

 https://ieul.jp/


イエウールの公式サイトへ


【1都3県の方は朗報】売り手専門のソニー不動産

ソニー不動産

売り手専門のエージェントに相談


  • 売主に特化したエージェント制を導入
  • ※ソニー不動産はイエウールを含む一括査定経由では申し込みができません。1都3県の方は合わせて相談しましょう!

  • 今なら不動産売却の秘訣DVDが無料でもらえる
  • 安心の超大手ソニーグループ
  • 対応地域:東京、埼玉、神奈川、千葉のみ

 https://sony-fudosan.com/


ソニー不動産の公式サイトへ


すまいValue

かんたん無料!大手6社の最高額をチェック


  • 超大手6社だけの査定相談になるので、とにかく安心感抜群
  • ※三井のリハウス/三菱地所ハウスネット/住友不動産販売/東急リバブル/野村の仲介/小田急不動産
    ※イエウールでは申し込めない6社。超大手は都市部に強いため、イエウールと合わせて相談しましょう!

  • 全国対応、無料で一括査定依頼
  • ※一部の田舎では対応していない可能性がありますので、その際は「イエウール」がオススメ。

  • 対応可能な大手6社の不動産会社を自動で抽出し、複数社の見積りを比較

 https://sumai-value.jp/


すまいValueの公式サイトへ


HOME4U

かんたん無料!不動産の最高額をチェック


  • NTTグループ運営だから個人情報もしっかり管理
  • 2001年から運営の安心実績!一括査定No.1の歴史
  • 入力が約5分のカンタン入力、しかも無料
  • 対応可能な不動産会社を自動で抽出し、複数社の見積りを比較
  • 全国どこでも対応可能

 https://www.home4u.jp/


HOME4Uの公式サイトへ


リガイド

かんたん無料!不動産の最高額をチェック


  • 運営12年目!HOME4Uに次ぐ老舗の一括査定
  • 投資用マンションに強い不動産会社を探せられる
  • 入力が約5分!FacebookやYahooからの情報を引き継げる
  • 対応可能な不動産会社を自動で抽出し、複数社の見積りを比較
  • 全国どこでも対応可能

 http://www.re-guide.jp/


リガイドの公式サイトへ


HOMES売却査定

かんたん無料!不動産の最高額をチェック


  • 賃貸で有名なHOMESが運営で安心実績
  • 他の一括査定では探せない地域密着の不動産会社が探せる
  • 対応可能な不動産会社を自動で抽出、自分で好きな不動産会社に査定相談依頼
  • 全国どこでも対応可能

 https://www.homes.co.jp/


HOMES売却査定の公式サイトへ


イエイ

かんたん無料!不動産の最高額をチェック


  • 不動産一括査定サイトでは運営歴が長く安心
  • 第3社によるアドバイス、代行お断りサービスあり
  • 対応可能な不動産会社を自動で抽出し、複数社の見積りを比較
  • 入力が約5分のカンタン入力で無料
  • 全国どこでも対応可能

 http://sell.yeay.jp/


イエイの公式サイトへ


マンションナビ

賃貸?売却?不動産の最高額をチェック


  • 売却査定だけではなく、賃料査定も同時にできる!
  • 年間360万人利用の安心実績!
  • 加盟店舗は2,500以上!たくさんの会社を比較できる
  • 対応可能な不動産会社を自動で抽出し、複数社の見積りを比較
  • 入力が約5分のカンタン入力で無料
  • 全国どこでも対応可能

 https://t23m-navi.jp/


マンションナビの公式サイトへ

 

まとめ

以上、家を売却する人は絶対に知っておくべき「売却期間」の必須情報を紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?

 

家の売却期間を短くするために必要な知識を理解いただけたと思います。

 

家を売却する一般的な期間もわかるので、不動産売却の初心者の役にも立てたのではないでしょうか。

 

家を早く売却するメリットはもちろんの事、遅く売却する利点も把握できたことでしょう。

 

もし今後家を売却するのであれば、今回紹介した知識をぜひ参考にしてみてください。

関連ページ

マンション売却のプロが徹底解説!注意点・費用・時期まで完全ガイド
仲介・買取・個人売買の手順が全てわかる!家の売却の流れをプロが解説
マンション売却で損をしたくない人が読むべき3つの必須知識
マンション売却の流れは大きく3ステップ!引渡しまでの完全ガイド
プロが教える!マンション売却にかかる期間と早く売れる3つのコツ
マンションを売却する際の必要書類とチェックリスト一覧
これを見ればマンション売却の全てがわかる!様々なおすすめ情報まとめ
マンションのプロが教える!高く売却するための3つの秘訣
どの会社にすべき?家の売却を成功させる不動産屋選びを徹底解説
注意点から失敗例まで解説!住み替えでマンション売却するための全知識
どうやって値がつく?マンション売却における「売値」の付け方を徹底解説
先人の失敗から学ぼう!マンション売却で後悔した事とは?
マンション売却相場がわかるサイト11選!相場の仕組みや高く売る方法も解説
交渉タイミングが重要?!マンション売却手数料を値引きするための全知識
築年数ごとに変わるマンション売却相場について徹底解説
マンション売却に必要な「机上査定」を使いこなすコツと注意点
マンション売却で必要不可欠な「訪問査定」の準備しておくべきポイントと注意点
高く売る方法を伝授!ワンルームマンション売却を成功させる4つの知識
どうせ払うならお得に!不動産売却の税金をふるさと納税にする方法
満足いく売却にしたいなら!知っておくべき最新のマンション売却動向
値引きしたくない人は必見!「マンション売却の交渉」についてプロが解説
最低限の値引きに抑える!マンション売却の交渉テクニックと5つの心得
今日から真似できる!不動産業者が実用するマンション売却3つのコツ
マンション1棟まるごとを売却するなら!絶対に知っておくべき必須知識
税金から手数料までリアルな額を解説!マンション売却費用を完全ガイド
住みながらでもマンションは売却できる!高く売るための5つの注意点
マンションを貸すべき・売るべきか?賃貸のメリット・費用・注意点
高く売る方法からトラブル防止術まで解説!マンション売却8つの注意点
春先の繁忙期以外でもOK!家の売却に最適のタイミングを完全ガイド
相談から引渡しまで解説!マンション売却のスケジュールを完全ガイド
マンション売却における入金のタイミングと注意点を徹底解説
マンション売却が売れやすい4つの時期と早く売っておくべき7つの特徴
家売却をする人は必見!売買の手順から相場の把握方法まで全て解説
家売却の必要書類は21つ!取得方法から紛失時の対処法までプロが解説
家売却の方法を9ステップで完全ガイド!査定から引き渡しまで完全解説
初心者必見!家を売却する際の注意点16つを元・不動産業者が完全ガイド
家売却でよくある4つのトラブル事例とは?具体的な対処法を徹底解説
家を売却する際のおすすめ広告方法とは?最近のやり方を徹底解説
マンション売却/どれくらいの手取りになるのかシミュレーションしてみた
マンションの売却と賃貸は同時進行すべき?メリット・デメリットを解説
マンションは売却すべき?それとも賃貸?どちらがいいのか徹底比較
ローンが残ってる家を売却したい人は必見!プロが教える重要知識3選
ローンの残りがある家を売却するなら絶対に知っておくべき必須知識
残債があってもマンションは売却できる!確実に売るための3つの知識
オーバーローン状態のマンション売却のデメリットとその解決方法
住宅ローン返済地獄から解放されるためのマンション売却ガイド
自力でも司法書士でも可能!マンション売却の抵当権抹消を徹底解説
二重苦を防げる!二重ローンにならないマンション売却方法を徹底解説
あなたはどっち?マンション売却までに繰り上げ返済しておくべきかどうか解説
空き家と居住中はどっちがマンション売却に有利なの?実例を交えて解説
居住中のマンション売却/スムーズに売却するためにやるべき3つの事
別居中にマンション売却するなら!絶対に知っておくべき基礎知識を解説
マンション売却で売れない/よくある4つの理由と解決方法を徹底解説
事故物件でも売れるので心配無用!スムーズに売却するための3つのコツ
これを見れば全てわかる!分譲マンション売却を3ステップで徹底解説
1LDKのマンションをうまく売却するためのポイントと注意点を徹底解説
売却しやすいのは2LDKのマンション?それとも3LDK?
賃貸にはせずにすぐに売却しよう!築30年のマンション売却を完全ガイド
マンション売却の体験談/具体的な流れや注意点をイメージしよう
家を売却するならハウスクリーニングした方がいいの?プロが徹底解説
マンションの売却/クリーニングをした方が売れやすい?そもそも必要?
マンション売却のリフォーム/費用相場と実施すべきなのかどうかを徹底解説
管理会社にマンション売却を依頼するメリット・デメリットを解説
マンション売却したら積立金は返金される!?滞納積立金の影響も解説
家を売却する際の家具は残しておく?それとも処分?プロが徹底解説
家を売却するなら司法書士は自分で用意?紹介?プロが徹底解説
マンション売却にかかる「登記費用」はいくらが妥当?どうすれば安くなる?
売却した後に返金されるって本当?マンション売却における「保証料」の全知識
マンション売却したら管理費はどうなる!?滞納管理費の扱いも徹底解説
売却中の家が売れない7つの原因!現状を打破する4つの方法も完全解説
売却以外の方法もある?!家のローンが払えない状況を打開する8つの対策方法
古い家の売却はどうする?スムーズに売却するためのポイント
ケース別対処法を解説!離婚でローンがある家を売却する人が知るべき全知識
古い家は更地化で売却しやすくなる!あなたの家は解体すべきか徹底解説
家を引っ越さないといけなくなったら「売却」と「賃貸」どっちがいい?
「掃除」が成否を左右する?!マンション売却時に掃除しておくべき箇所
マンション売却の成功は「内覧」にアリ!見学者を満足させる11のポイント
マンション売却成功にかかせない!内覧件数をUPさせる簡単テクニック5選
他の部屋より高く売れる?マンションの角部屋を売却するコツについて解説
マンションの売却時におけるエアコンの取り扱いについて徹底解説
誰でもできる!マンションの売却を早める物件写真撮影マニュアル
どこまで話すべき?マンション売却における告知義務について徹底解説
残金は返ってくる?マンション売却における火災保険の取扱いガイド
ペットを飼っていたマンションは売却にどう影響するの?対処法とコツを解説
駐車場がないマンションを売却する際に知っておくべき必須知識
フローリングに傷の入ったマンションを売却する際の必須知識
補修すると高く売れるって本当?床を補修するメリットや費用などを徹底解説
これを読めば解決!水漏れしやすいマンションを売却する際の必須知識
マンション売却に必須?壁紙張り替えの4つのメリットと費用を徹底解説
マンションを売却するなら!絶対に知っておきたい売却後の各種保険取扱いガイド
報酬は妥当?!マンション売却取引で司法書士は何をしてくれるのか徹底解説
マンション売却で青色申告はできる?初心者人向け税金ガイド
オーナーチェンジ扱いのマンションをうまく売却するための必須知識とは
マンション売却査定を匿名で行う方法とそのメリット・デメリットを徹底解説
マンション売却の目安は3ヶ月!早く売るための3つのコツを解説
1年以内で売却しても大丈夫?!築1年のマンションを売却するための全知識
築浅だからすぐ売れる?!マンションを5年以内で売却するメリットと注意点
流れから業者決めまで!マンション売却後に一戸建て購入する全知識
成年後見の仕組みから注意点まで解説!認知症の親の家売却完全ガイド
家の売却は経費で落とせる?!お得に不動産売買するための全知識
中古マンション売却5つの必須知識!流れ・期間・費用・注意点・失敗事例を完全ガイド