土地活用 駐車場

最終更新日:2017年10月13日

駐車場での土地活用についてもっと知りたい人へ

駐車場での土地活用についてもっと知りたい人へ
筆者は元・不動産業者なのですが、土地の売買を担当する際、に駐車場で土地活用する人と多く関わってきました。

 

土地活用「駐車場」に挑戦する人は非常に多かったですが、プロはほとんどいなくて大抵は素人ばかりです。

 

知識がないまま挑戦する人が大半で、そこまで満足いく結果になっていない人も多かったです。

 

ただ、駐車場経営に成功していた素人さんが実際にいたのも事実。

 

筆者が見てきた駐車場経営の成功者達は、最初は以下のような悩みや不安、疑問をもっていました。

・リアルな駐車場経営のメリット・デメリット・リスクを教えてほしい
・そもそも駐車場経営は儲かるの?儲けるためのポイントが知りたい
・土地を持っていない人でも駐車場経営はできるのだろうか・・・

駐車場経営で土地活用して多大な利益を出した人たちは、上記の悩みや疑問をすべて解決したからこそ成功しました。

 

今、土地活用「駐車場経営」について、情報収集している人も同じ疑問を持っている事でしょう。

 

そもそも上記のような疑問は、駐車場で土地活用する人なら必ず行き当たる疑問といえます。

 

しっかりとした「回答」を得ないままでは、あなたが駐車場での土地活用を成功する確率は低いでしょう。

 

そこで今回の記事では上記のような「駐車場経営」で絶対に解決しておくべき疑問すべてに、不動産のプロとして回答していきます。

 

この記事を読めば、あなたが知っておくべき「駐車場経営」に関する知識はすべて網羅できます。

 

読み終えた時には、

  • 「駐車場経営の経験者に聞いたメリット・デメリット・リスク」
  • 「駐車場経営で儲かるためのポイント」
  • 「土地なしの人が駐車場経営をする方法」

についてはっきりと理解できているでしょう。

【裏技】土地活用の成功の秘訣は「複数社の計画」を比較する!

HOME4U土地活用ならネットで1回申し込むだけで、あなたの土地に最適なプランを受けられます。(※土地を持っていなくても提案を受けることが可能!)
しかもNTTグループ運営で利用者も約700万人と実績、安心感抜群。
まずは、複数社の豊富なプランを比較して、勉強をしてみましょう!

HOME4U土地活用

https://land.home4u.jp/


>全国の優良企業が土地計画プランを無料で作成<
>NTTグループの安心実績のHOME4U土地活用はコチラ<

 

駐車場経営の経験者に聞いたメリット・デメリット・リスク

駐車場経営の経験者に聞いたメリット・デメリット・リスク
まず紹介するのは「駐車場経営の経験者に聞いたメリット・デメリット・リスク」です。

 

土地活用を考えるうえで投資資金が少なく、稼動までの時間も早いために、活用方法として人気があるのが駐車場経営です。

 

ローリスクでリターンがあるという点が特徴的ですが、決してそれだけではありません。

 

ローリスクなのは大きいですが投資自体は必要であり、安易な考え駐車場をすると、資産を浪費する危険もあります。

 

駐車場経営を検討したら、一度メリットやデメリット、リスクについて整理するのが得策です。

 

現役の駐車場経営者にリアルなメリット・デメリット・リスクを調査してきたので、共有させていただきます。

 

駐車場経営で得られる4つのメリット

まずは駐車場経営の長所を紹介していきます。

 

先に結論を紹介しておくと、以下のようなポイントが駐車場経営の長所です。

駐車場経営4つのメリット

  1. 土地活用としての敷居が低い
  2. 投資額が小さくてすむ
  3. 撤退が簡単
  4. 老朽化の影響や災害リスクがない

では次項よりそれぞれのメリットの詳細について紹介していきましょう。

 

メリット① 土地活用としての敷居が低い

駐車場経営の長所は、開始しやすいという点でしょう。

 

物件の管理と入居者管理の両方が必要なアパート経営とは違い、駐車場経営で要求されることは簡単な掃除と敷地内での事故・不正利用に対する対策です。

 

日常的に発生するものではなく、事故についても管理責任を問う状況は多くないため、経営的な努力は小さいです。

 

また退去時の原状回復義務などといったアパート経営にみられるトラブルにかかりやすい要因が少なく、ほとんど労力を消費せず経営できます。

 

さらに管理業者に委託することにより、より不労所得に近くなるのも駐車場経営の魅力です。

 

タイムズのような駐車場運営会社に土地を貸して駐車場にする活用方法もあり、選択肢は広がっています。

 

タイムズについては、「導入から解約の方法まで!土地活用で「タイムズ」を選ぶ前に知っておくべき全知識」に詳しく解説しておりますので、気になる方はご確認ください。

 

メリット② 投資額が小さくてすむ

建物がなく絶対的な投資額が小さいのはもちろんですが、機器が不可欠なコインパーキングを除けば、追加投資も多くありません。

 

つまり初期投資が予想外になることはあっても、最終的な支出が予想外になりにくいのです。

 

投資が小さいのは、自己資金が不足しても借入金が少ないことを意味します。

 

金利の変動に左右される借入金を減らすことで安定経営に直結するでしょう。

 

収益もブレ幅が小さい駐車場経営は計画も立てやすく、初心者にぴったりの土地活用といえます。

 

メリット③ 撤退が簡単

経営が振るわなかったとき、巨額の借り入れ金を必要とするアパート経営は、建物の処分から先に考えなければならず、土地の流動性が下がります。

 

一方、多くの設備を必要としない駐車場経営なら、撤退が簡単で土地の活用が出来ます。

 

契約者がある場合に契約解除が可能かどうかについては、土地賃貸借契約書の中途解約に関する条項によって違います。

 

通常は1ヵ月から数ヵ月前の事前通知を行えば、契約者が次の駐車場を探すための猶予を与えた後、中途解約を可能になることが多いです。

 

メリット④ 老朽化の影響や災害リスクがない

根本的に「土地」である駐車場は、建物と違って老朽化を心配する必要がありません。

 

老朽化したとしても包装・フェンス・機器類(コインパーキングの場合)などの設備だけです。

 

若干の修理が避けられないとしても、賃貸料が立地で定められている駐車場経営は、設備の老朽化で賃貸料が下がる心配がありません。

 

また災害については、海辺や山間地域のような駐車場に限定されないリスクを除けば、災害時の緊急避難場所として利用されるほど、平坦で建物がない駐車場のリスクは小さいものです。

 

火災の心配も極めて少なく、相対的に災害リスクに強いといえます。

 

駐車場経営の3つのデメリット

次に駐車場経営のデメリットを紹介していきます。

 

先に結論を紹介しておくと、以下のようなポイントが駐車場経営の短所です。

駐車場経営3つのデメリット

  1. 土地の運用効率が悪い
  2. 節税効果がない
  3. 需要が減る可能性がある

 

では次項よりそれぞれのデメリットの詳細について紹介していきましょう。

 

デメリット① 土地の運用効率が悪い

土地の大きさは決まっており、最大限の運営効率を得るためにはアパート経営のように「収益物」を設置するのが基本です。

 

タワー型の大規模駐車場は別として、平面の駐車場と小規模な立体駐車場では面積当たりの収益率が落ちます。

 

アパート経営などにくらべると、同じ土地を同じ期間で運用する前提だと運用効率はガクンと下がります。

 

デメリット② 節税効果がない

アパート経営は住宅用地に固定資産税減免、小規模宅地に相続税評価額の減額があり、節税対策として知られています。

 

土地を持っている限り、固定資産税は避けられず、土地をつぐ相続人に負担をかけないという考えから、経営は二の次でアパート経営を開始する人もいるほどです。

 

一方、駐車場経営は住宅がないため固定資産税が安くならず、相続税評価額については舗装をすることで、小規模宅地の評価の減少を受ける可能性があるといった程度です。

 

とくに、固定資産税減免率は1/6または1/3と大きな差が付けられます。

 

デメリット② 需要が減る可能性がある

全国的に自動車保有台数が増え、乗用車は6千万台を超えています。

 

しかし保有台数が増えても駐車場の需要が増えて行くとは言えず、将来は需要低迷の可能性も十分に考えられます

 

少子高齢化や人口減少で運転者の絶対数が減るため、可能性は高いです。

 

人が減少して土地の需要が減って空き地が増えるほど、駐車場に困る人も減っていきます。

 

また車が生活に必須ではない都市では、カーシェアリングなどの動きもあり、駐車場の需要は減少する方向に進んでいるのも問題です。

 

デメリット③ 事故やトラブル

よくある対策として、「駐車場内の事故には責任を負いません」と文言の表現を看板に設置したり、契約書に記載したりします。

 

しかしこれは駐車場側に過失がないと前提していることから、「管理に過失がある」として責任を免除することはできません。

 

契約者同士または近隣住民とのトラブルについても当事者間の問題で放置せず、仲裁に入るなど、対応をしないと悪いうわさが広がる可能性もあります。

 

ラブルを引き起こす契約者は契約更新しない、必ず期間を定めて契約する、など工夫しなければならないのです。

 

また、破損、車上荒らし、不正利用(無断駐車)、盗難といったリスクは、全面的に管理責任が発生することはなくても、定期的な巡察が必要です。

 

リスク発生を放置したなら、管理体質を疑われて利用者に悪評が広まります。

 

管理会社の委託で収益は落ちますが、リスク回避のための必要経費と考えれば、損害賠償を請求された時の恩恵は金額以上に大きくなるでしょう。

 

駐車場経営3つのリスク

この章の最後として、駐車場経営のリスクを紹介していきます。

 

先に結論を紹介しておくと、以下のようなポイントが駐車場経営のリスクです。

駐車場経営3つのリスク

  1. 災害
  2. 賃貸料滞納
  3. 相続時の資金不足

 

では次項よりそれぞれのリスクの詳細について紹介していきましょう。

 

リスク① 災害

駐車場での災害は、大地震による液状化現象と津波・集中豪雨、洪水による水没、山崩れによる埋沒などが考えられます。

 

いずれの場合であっても、低負担、低収益の駐車場経営では、保険で備えていれば問題ないかもしれませんが、運営できなくなる危険はあります。

 

ただ、駐車場が運営できなくなるほどの大災害ではおよそ周辺も、日常生活できない状況だと予想できます。

 

もし駐車場が無事だとして、いつものように運営できないでしょう。

 

数え切れないほど大災害を経験してきた日本では、災害対策の困難をよく知っています。

 

根本的な対策はないとしても、自分の土地がどれくらいの災害リスクを負っているか知ることは必要です。

 

国土交通省のハザードマップポータルサイトを参照してみてください。

 

基本的には低い土地ほど、リスクが高い地域です。周辺より低いようならば堤防などで高さを加えておくと、もしもの時役立つかもしれません。

 

リスク② 賃貸料滞納

賃貸料滞納は駐車場経営に限らず、アパート経営でも発生するリスクがあります。

 

いくら審査を十分にしても、将来的な滞納リスクまで見抜けないことが共通の悩みです。

 

アパートの家賃滞納と比較すると、駐車料金滞納は起こりやすい傾向もあります。

 

対策としては、駐車場の契約時に保証人を立てさせるか、保証会社と契約することです。

 

また、賃貸保証金資金の回収業務まで対応する管理会社を選ぶのもひとつの方法です。

 

リスク③ 相続時の資金不足

建物がない土地は、相続税評価がどうしても高くなります。

 

その結果、相続した人が相続税の納付に困難な可能性も出てきます。

 

相続税には基礎控除もあるので地価が安い地方なら、それほど問題にならないかもしれません。

 

しかし財産がある場合や、地価が高い土地を持っているときは要注意です。

 

駐車場経営を想定した財産全体の評価を把握して、総合的な判断をすること重要です。

 

ここまででは、「駐車場経営の経験者に聞いたメリット・デメリット」をお伝えしました。

 

駐車場経営の利点や弱み、気をつけるべきポイントを理解していただけたのではないでしょうか。

 

次に紹介するのは、「駐車場経営で儲かるためのポイント」です。

 

駐車場経営で儲かるためのポイント

土地活用で資産を運用する方法はさまざまです。代表的な方法が「駐車場経営」といえます。

 

現在、駐車場経営の市場は拡大しています。理由としては副業に適しており、経営ノウハウがなくても始めることができるからです。

 

また、土地の面積は狭くても広くても運用可能です。獲得投資も可能なため、初期費用を抑制することができます。

 

しかし投資には危険がつきものです。あなたがどのような経営を行うかによって収益が変動します。

 

多くの金額を手に入れるには、儲かるポイントをしり失敗事例からノウハウを得るのが必要です。

 

この章では駐車場経営を成功に導くさまざまな知識を紹介していきます。

 

駐車場経営の種類と成功のポイント

あなたも1度は利用したことがあると思いますが、駐車場は種類がたくさんあります。

 

主に建設面では平面と立体に分けられます。契約面では月極とコインパーキングに分別できます。

 

種類を選定した後は、料金設定や経営方法を決定しましょう。

 

成功のポイントは共通していて、収容台数・地域選定・料金設定が重要です。

 

種類別それぞれの特徴を見ていきましょう。

 

平面駐車場

平地の駐車場は、屋外駐車場の分類になります。管理人が常駐するわけではないので、コストの抑制が可能です。

 

また機械の設置費用がかからず、初期費用が安くなります。

 

平面駐車場の成功ポイントは、土地の面積にあります。

 

なぜなら、収容台数によって収益が固定されるため、他に収益を上げる方法が少ないためです。

 

平面駐車場は月極・コインパーキング経営が可能です。

 

しかし融資を活用して経営を行う場合、地代料金を収入から削除することとなります。

 

そのせいか、年間の利益はあまり望めない場合もあります。

 

立体駐車場

主に2つの立体駐車場があります。「自走式立体駐車場」と「機械式立体駐車場」です。

 

立体駐車場の成功ポイントは、建物の階数を増やすことです。収容台数を倍増させれば収益も倍増できます。

 

初期費用は高いですが、多くの収益を望めます。また、稼働率で利益を増やすためにも地域選定が重要です。

 

自走式は有人経営が必要なため、事業としての投資になります。

 

一方、機械式は管理費用がかかるのですが、多くの収益を望めます。

 

月極駐車場

月契約なので安定した収入を得る事が可能です。一部を月極として、残りをコインパーキング方式にする経営方法もあります。

 

成功ポイントは、周辺環境と土地の面積です

 

たとえば、周辺のマンションの駐車スペースが狭い場合や、車の所有が2台を超える場合など需要がある地域なら人を確保することができます。

 

コインパーキング

12時間1000円や深夜料金や、30分100円など時間で料金を設定する運用方法です。

 

土地の面積がどのような方式であれ、時間帯が軸なので収益の変動がある経営になります。

 

コインパーキングの成功ポイントは、昼と夜の稼働率をチェックすることです。

 

周辺環境に応じた料金設定も重要です。

 

時間帯と家賃をすべて導入することで収益を確保することができます。

 

コインパーキングには利用する時間ではなく、1日500円などの料金を利用するたびに徴収する経営方法もあります。

 

成功ポイントは滞在時間が長い住宅街や駐車場が少ないオフィス街のような需要が望める地域にすることです。

 

料金設定を高くすることで稼働率をカバーすることができます。

 

コインパーキングについては、「大儲けできる土地活用?コインパーキングを行う前に知っておくべき全知識」に詳しく解説しておりますので、気になる方はご確認ください。

 

駐車場経営に必要な初期費用

運用方法で初期費用およびそれによる回収時間が変動します。また土地を所有している方は、初期費用が下がります。

 

経営が開始されれば、初期費用とは別にランニングコストがかかります。

 

利率に影響するものであるので、収支のバランスを考慮しましょう。

 

ここでは駐車場経営にどんな費用が発生するのか紹介していきます。

 

舗装費用

舗装にはいくつかタイプがあります。もっとも簡単なのは「砂利舗装型」でしょう。

 

舗装費用はほとんどかかりませんが、基盤整備する必要があるため残土処分や砂利化に1平方メートルに約2000円かかります。

 

また収容空間を区分するためにはロープを利用することになるでしょう。

 

一般的なのがアスファルト舗装型です。アスファルトの厚さほどの掘削が必要です。

 

舗装工事費用は1平方メートル約4500円が相場です。

 

コンクリート舗装型が舗装タイプでもっとも立地な工事になっています。

 

アスファルト舗装より厚い施工する必要があるので。費用が3タイプの中でもかなりかかります。

 

1平方メートルあたり8000円ほどの費用がかかるでしょう。

 

主要設備費用

コインパーキングに限る費用ですが、ロックシステムと精算機設置、看板費用は必須となります。

 

中古と新しいものがあり、費用は違うので注意してください。

 

また防犯対策でカメラを設置したり、ついでに自販機を設置する方もいらっしゃいます。

 

機械そのものはレンタルする場合もありますが、長期経営の場合は、購入した方が得です。

 

収益率を高めるために、設備費用に力を入れる人が多く、簡単な工事が実施されていることがポイントになります。

 

表面利率と実質利率の計算方法

年間の現金の流れを確保するためにも、表面利率と実質利率の間をとることが必要です。

 

経営の踏ん張り時というのは必ず来るもの。危険を最小化するためにもシミュレーションが重要です。

 

表面利率

表面利率は「賃貸料収入対して初期費用×100(%)」が計算方法になります。

 

稼働率を100%で計算するため、実質収益率とは異なります。

 

投資金額の回収率を算出することもありますので、ひとつの指標にしましょう。

 

実質利率

実質の収益率は「(賃貸料収入×稼働率―ランニングコスト)÷初期費用×100(%))が計算方法になります。

 

運用に必要な経費を差し引いた金額を算出されるため、表面利率より具体的な収益率を算出することが可能です。

 

駐車場経営の経営方法

駐車場経営は管理あり・無人・24時間などと、経営の方法が異なります。

 

また経営を任せるという選択肢もあるために、絶対的な「正解」はありません。

 

何が正しい選択なのか知るためには駐車場経営の経営方法について理解を深める必要があります。

 

自己管理と委託管理

駐車場経営の管理方法は自己管理と委託管理の2種類があります。

 

管理の仕事内容は、通常時は集金、清掃などの対応が中心です

 

緊急時は敷地内のトラブルなど、設備の対応が中心になります。

 

比較の基準は色々ありますが、上記の管理業務を「自分でしたいかしたくないか」で決めるのが一番です。

 

駐車場経営に必要な土地面積と地域選定

収容台数により収益がかわるため、自分の土地にどれくらい駐車できるのか知るのが必要です。

 

乗用車1台に必要な面積は約7坪です。

 

ちなみに約150坪と規模が大きい場合、安全上や都市計画上の問題で自治体に申告が必要です。

 

また、出入り口の設置などに規制が設置されていないか確認が必要です。

 

立体駐車場を建設する場合は、建築物として建築基準法が適用されます。

 

土地の面積と同様に重要なことが「地域」です。

 

「ニーズはあるのか」「開発予定の施設は周辺にあるのか」「駐車禁止区域はないのか」などを調査しましょう。

 

調査結果を考慮し、経営を実施することで収益に差がでます。

 

ニーズの調査に関しては不動産ポータルサイト大手「アットホーム」が発表しているアンケートが非常に参考になるので、気になる人は確認してもいいでしょう。

 

ここまででは、「駐車場経営で儲かるためのポイント」をお伝えしました。

 

駐車場経営を「儲かる土地活用」にする方法について、理解していただけたのではないでしょうか。

 

次に紹介するのは、「土地なしの人が駐車場経営をする方法」です。

 

土地なしの人が駐車場経営をする方法

土地なしの人が駐車場経営をする方法
「駐車場経営は地主でなくても可能なのか」こんな悩みをもつ人は多いです。

 

結論から言えば、土地を持たなくても駐車場経営は可能です。土地を借りて経営すれば実現できます。

 

さらに意外にことに、経営者が負担する費用はあまりありません。

 

どうすれば土地なしで駐車場経営が実現できるのか、詳しく紹介していきましょう。

 

サブリース方式をつかえばコインパーキングは可能

土地なしで駐車場経営するなら、コインパーキングでの運用が基本となります。

 

一般的にはコインパーキングの経営は、専門の会社と土地をサブリース契約を締結した後に行う場合がほとんどです。

 

ちなみにサブリースとは稼働率に関係なく、一定の賃貸料が支給される家賃保証型一括契約のこと。

 

サブリース契約はマンションやアパート経営者の間ではおなじみの方法で、一括借利上げ契約と同じシステムです。

 

いうまでもなく経営者が自ら設備を購入または賃貸するコインパーキング経営を開始も可能ですが、これは現在では珍しい事例です。

 

日常的な運用や集金、また誘致費用などを考慮すれば、土地を持っていたとしても、オーナーが専門会社とサブリース契約を締結し、実際の運用は委託している場合がほとんどです。

 

土地を所有していない方でもこのような専門業者に相談すれば、現在は土地ごとにコインパーキングを賃貸するシステムが利用できます。

 

毎月の土地代や管理費はコインパーキングの売上と相殺する仕組みで、差分が経営者の利益です。

 

初期投資や毎月の土地管理費の負担が小さいうえ、経営者の管理工数がほとんどかからないので、土地を所有しないコインパーキング経営者が急増しています。

 

コインパーキング業者を選択する

サブリース契約を締結するために、まずは適切なコインパーキング業者を選びましょう。

 

それが土地なしでコインパーキング経営に乗り出す、最初のステップになります。

 

一般の方は伝手がありませんが、コインパーキングの事業者は著名な大手不動産企業のグループ会社などのほか地域に根ざした中小企業も多く存在しています。

 

各会社で契約条件や賃貸料も違うので、コインパーキングの業者選定ははじめての方にもっとも重要なポイントと言えます。

 

つまり複数のメーカーから見積を取り、さまざまな契約条件や賃貸料を見極めることはコインパーキング経営を開始するために重要なのです。

 

駐車場業者に関する一括資料請求は、利用者No.1の「イエカレ」で利用できるので、気になる人は確認してもいいでしょう。

 

コインパーキング会社が提示する賃貸料の事情

コインパーキング業者は、見積依頼の連絡を受けた後、対象の土地を調査して賃貸料の見積もりを実施します。

 

それぞれの会社が有するデータベースを土台に土地の大きさと形状、ロケーション、周囲の環境などの条件に応じて、賃貸料を算出して行きます。

 

この賃貸料は先に述べた通り、駐車場の実際の稼働率とは関係なく、固定金額で駐車場経営者に支払われるものです。

 

経営者が土地を持っていない場合は、その賃貸料で地価を差し引いた金額が経営者の分け前です。

 

また見積もりに必要な測量も対象土地の地図があれば、結果をより迅速に受けることができます。

 

コインパーキング業者次第ですが、1週間~10日程度で賃貸料の見積もりを出してもらえます。

 

逆に言えばこれより時間が必要な会社は、これから何かあった際、迅速な対応できない可能性が高いです。

 

ビジネスパートナーとして信用がおけないので、採用しない方がいいでしょう。

 

コインパーキング事業者とのサブリース契約締結

コインパーキング業者から提案された賃貸料や契約条件に納得すれば、いよいよサブリース契約締結です。

 

いうまでもなく、提案内容に納得ができなければ、契約前の段階で交渉してください。

 

とくに契約期間や、賃貸料の支払に関する条項は十分に吟味しましょう。

 

また土地を持たずに経営する場合には、土地の賃貸に関する条項にも要注意です。

 

もし、契約期間中から更新のタイミングで、業者側から賃金削減交渉と土地賃貸中止の話があった場合でも、あらかじめ契約関連条項を把握していたら、しっかり対処します。

 

土地の整備と設備の設置

コインパーキングとして活用する際、土地整備としてアスファルト舗装をするかどうかも、契約の内容として注意しなければならないところです。

 

土地のアスファルト舗装については契約で、経営者側が費用負担する場合とコインパーキング業者側が費用負担する場合があります。

 

サブリース契約を結んだコインパーキング事業者に、アスファルト舗装の見積もりを依頼することも可能です。

 

判断に迷ったら両方のパターンから見積もりを出して比較検討するといいですよ。

 

またコインパーキング設備の設置に関しては、業者がその土地に合った設備を設置して費用負担します。

 

そのため依頼側は看板を出すのか、集金機械の設置スペースなどはどこなのか等、最低限の知識だけ知っておけばOKです。

 

事業者とより有利な交渉を行うには

この章に最後にコインパーキング業者と有利に交渉をするための要領を教えましょう。

 

事業者が見積提案を出して出る前に「他の業者といくつかと交渉されていますか?」と模索を入れてくるケースがあります。

 

先に説明した通り、コインパーキング業者は大企業系列も備えた多様な企業が存在しているため、いうまでもなく、立地のいい土地は競争になります

 

もちろん、土地を借りた場合であっても例外ではありません。

 

最適な方法を選択できるように、複数のコインパーキング業者から見積を取ることが重要です。

 

複数業者からの提案を得ておけば、賃貸料以外の契約条件面についても経営者側の選択肢が拡がります。

 

土地活用の業者選びについては、「土地活用するならどの会社にすべき?「実績」や「サポート」などを徹底比較」に詳しく解説しておりますので、気になる方はご確認ください。

 

土地活用で駐車場経営に挑戦した人の体験談

土地活用で駐車場経営に挑戦した人の体験談
前章では、「土地なしの人が駐車場経営をする方法」をお伝えしました。

 

土地なしでも駐車場経営は可能だと、理解していただけたのではないでしょうか。

 

ここまで土地活用「駐車場経営」について主に3つの知識を解説してきました。

 

さらに駐車場経営について理解を深めてもらうために、ここからはすでに駐車場経営に挑戦した先輩の体験談を紹介します。

 

昔から「賢者は歴史に学び、愚者は経験に学ぶ」といいます。ぜひ参考にしてみてください。

 

40代男性 月極駐車場経営に挑戦した体験談

親からもらった土地をずっと持て余してたのですが、固定資産税を払うだけではもったいないので、駐車場経営をする事にしました。

 

駐車場経営では固定資産税の減額ができないと前々から知っていましたが、固定資産税減額のためにアパート経営など費用のかかることをする気にもなれず・・・。

 

とりあえず固定資産税分のお金でも手に入ればいいやと、駐車場経営にチャレンジしてみたのです。

 

駐車場経営をするうえで、とにかくお金をかけないことにこだわりました。

 

アスファルト舗装などは一般的な駐車場では当たり前ますが、本当にお金をかけたくなかったので、砂利を敷くことを選択したのです。

 

自分の立場で考えると、アスファルトだろうが何だろうが、必要な場所に駐車場があれば絶対に借ります。

 

下手にかっこつけるのではなく、砂利でも全然いけると判断したのです。

 

砂利の駐車場なので、区別するラインなどもなく、私の駐車場はロープで区切りをすることにしました。

 

とにかく初期費用を減らした状態で挑戦した結果、利用者が続々と増え、結果的に固定資産税以上の収益を出す事が出来ました。

 

初期費用を極限まで抑えた上で、相場の駐車料金よりも1割ほど安くしたのが成功のポイントでしょう。

 

何より自慢したいのは、これらの成功を自分ひとりの力だけで成し遂げたということです。

 

あまりお金のかからない駐車場経営だからこそ、自分ひとりの力だけで実行できたのではないかと思っています。

 

30代男性 コインパーキング経営に挑戦した体験談

私は副収入が欲しかったので、ノーリスクできるとうたわれている。コインパーキングにチャレンジました。

 

もちろん土地の場を持っていません。

 

まずは不動産業者で借地を探して、その借地をコインパーキング業者に提供することにしたのです。

 

コインパーキング業者はどこを使うか最初から決めていたので、とにかく土地・・・つまりは立地にこだわることにしました。

 

駐車場は絶対に立地が命です。立地さえうまくいけば、価格設定に問題がなければ必ず成功する土地活用だと思っています。

 

実際に納得いく土地が借地として出てくるまで、2年間待ちました。

 

結果的にはプラス利益を出す活用になったので満足していますがもし、土地の選定を間違っていたらプラスどころか赤字になっていたのではないかと思っています。

 

正直言ってうまみのない活用方法でありますが、たしかに土地の選定さえ間違わなければノーリスクで実現できます。

 

土地なしでコインパーキング事業をしたいと思う人とは、借地探しだけには力を入れてください。

 

アットホームやスーモで土地の情報をたくさん出ている業者に直接アプローチして、「いい借地はないですか」と聞くのも非常に効果的です。ぜひ試してみてください。

 

土地活用を検討するなら!一括資料請求で多くの可能性を探る

土地活用を検討するなら!一括資料請求で多くの可能性を探る
土地活用を一言で言っても多くの方法があり、その土地と地域性にあった土地活用をしっかり選ぶ必要があります。


ただ、なかなか自分で見つけるのは大変ですよね。。。


そんなときに便利になるのが土地活用の一括資料請求です。


あなたの土地情報を入力するだけで、大手企業から一括で最適なプランを提案してもらえます。


中でもNTTグループが運営しており、提案してもらえる会社を厳重チェックしている「HOME4Uの土地活用」が一番オススメです。


HOME4U土地活用の一括資料請求はコチラ

HOME4U土地活用の一括資料請求

https://land.home4u.jp/

 

まとめ

以上、土地活用「駐車場経営」をテーマとして主に3つの知識を解説してきましたが、いかがだったでしょうか?

 

紹介した3つの知識さえ押さえておけば、土地活用「駐車場経営」に関する知識はすべて網羅できています。

 

さらに実際に駐車場経営に挑戦した人の体験談も紹介したので、十分すぎるほどの知識を得ているはず。

 

今後、駐車場経営に挑戦する機会があるなら、今回紹介した知識をぜひ参考にしてみてください。

関連ページ

これを読めば全てがわかる!土地活用の主な流れを方法別に徹底解説
5分でわかる!土地の活用方法15種類の完全ガイド
活用方法を迷っている人必見!土地活用6種類の特徴を徹底解説
あなたの土地活用を成功に導く8つの活用事例を徹底解説
迷った時の参考に!元・不動産業者が選ぶおすすめ土地活用ランキング
活用方法に迷ったらコレを選ぶべし!プロからの評判が良い土地活用4選
土地活用の方法を選べない初心者は必見!おすすめの土地活用まとめ
あなたの土地に最適なのはどんな土地活用?目的別の活用プランを徹底解説
これから土地活用する初心者必見!土地活用を成功させる全知識
評価額で活用方法が変わる?!あなたの土地を上手く活用するための全知識
これを見れば一目瞭然!「初期費用」や「収益」など土地活用の各要素を徹底比較
詐欺に合いたくないなら!土地活用をする際の自己防衛5つのテクニック
低予算でもOK!片手間でできる「副業」にぴったりの土地活用4選
利回りをUPさせる3つの活用テクニックと高利回りになりやすい土地活用方法4選
土地活用で節税!使える節税テクニック3選と最も節税効果がある活用方法
おすすめの相談相手から注意点まで!土地活用の相談に行く前に知るべき全知識
人気の土地活用17種類をわかりやすく一覧化!あなたに最適の方法はコレ
どの土地活用方法が儲かる?利益が大きい土地活用4選と儲かるためのコツ
鵜呑みは危険!?土地活用のパンフレットを上手に活用するための全知識
ここに注目すべし!土地活用のチラシを見る前に知っておくべき全知識
ノーリスクの土地活用?「リースバック」を使いこなすための全知識
駅前だからこその活用法とは?!駅前の土地にピッタリの活用方法6選
人が少なくても大丈夫!田舎でも成功する土地活用4選と失敗しないための注意点
ちゃんと信用できるか見極めよう!土地活用の営業マンを上手に付き合う方法
20坪しかなくても大丈夫?!20坪程度の土地でも稼げる土地活用とは
アパート経営はできる?!30坪の土地でも可能なオススメ活用方法5選
小さい土地でも色々できる?!50坪以下の土地を有効活用する方法7選
60坪の土地を最も活かせる土地活用とは?プロが薦める活用方法3選
どんな土地活用を選ぶべき?!100坪の土地と相性バツグンの活用方法4選
迷ったらコレを選ぶべし!150坪の土地と相性抜群の土地活用4選
広大な土地を有効活用するには?200坪の土地で行うべき土地活用3選
プロが教える!300坪の土地を有効利用できる土地活用3選
狭い土地でも儲かる方法とは?!狭小土地におすすめの土地活用4選
価値が上がるからこそできる!区画整理された土地にピッタリの土地活用6選
ちゃんと活用できる!市街化調整区域で行うべき土地活用4選
山は利用価値がないって本当?!山だからこそできる5つの土地活用
元・不動産業者が語る!成功した土地活用の例と失敗してしまった例
これこそまさに「不労所得」!何もしなくてもお金が入る土地活用5選
初心者オーナー必見!土地活用するなら知っておくべき基礎知識
多額のローンは背負いたくない!借金無しで土地活用できる3つの方法
実は3種類も?土地活用で「借地」を選択するなら知っておきたい全知識
高収益の土地活用「テナント経営」を行うなら絶対に知っておくべき全知識
初めてなら大手に依頼すべき?!大手企業に土地活用を任せるメリット・デメリット
短い期間だけ活用したいなら!短期向きの土地活用4つの方法
報酬から利用手順まで徹底解説!土地活用で「行政書士」を利用するための全知識
土地活用の方法に迷ったら!「売却」を選ぶべき5つのメリット
土地活用で「等価交換」をするなら!知っておくべきメリット・デメリットを解説
土地活用で「家賃収入」を得たいなら絶対に知っておくべき全知識
おすすめ会社から注意点まで!土地活用「賃貸住宅」を成功させる全知識
初心者必見!土地活用「アパート経営」を不動産のプロが完全ガイド
メリットから手順まで解説!マンションで土地活用するなら知っておくべき全知識
プロが解説!土地活用「マンション経営」のすべてがわかる3つの知識
今後の土地活用はどうなる?元不動産業者が教える最新動向と今後の予想
「スターツ」に土地活用を依頼する前に!メリットから注意点まで徹底解説
土地活用の賃貸経営に向いている土地とメリット・デメリットの全知識
住宅地に空き地を持っている人必見!住宅地区にオススメの土地活用5選
土地活用「貸倉庫」が気になっているなら絶対に知っておくべき全知識
「貸コンテナ」で土地活用したい人必見!メリット・デメリット等を徹底解説
利回り30%が可能な土地活用!トランクルーム経営を完全解剖
初期費用から毎月の収益まで!「太陽光発電」で土地活用するための全知識
事前に絶対知っておきたい「太陽光発電」で土地活用する5つデメリット
土地を「駐車場」として活用するなら!絶対に知っておきたい全知識
大儲けできる土地活用?コインパーキングを行う前に知っておくべき全知識
駐車場で土地活用するなら!絶対に知っておきたい「税金」の全知識
導入から解約の方法まで!土地活用で「タイムズ」を選ぶ前に知っておくべき全知識
土地活用でコンビニ/4つのメリットと7つのデメリットを徹底解説
「フランチャイズ」で土地活用するなら!メリットから加盟の手順まで徹底解説
ガソリンスタンドで土地活用するなら絶対知っておくべき必須知識
広大な土地だからこそできる活用がある!「農地」でおすすめの土地活用4選
素人でもできる?!「農園」で土地活用するために知るべき全知識
土地活用で「コインランドリー」で選ぶなら!メリットから注意点まで徹底解説
方法から注意点まで全てわかる!土地活用 「保育園」についての全知識
土地活用で社会貢献したいなら!「老人ホーム」を選ぶ前に知っておくべき全知識
社会貢献もできる?土地活用で「福祉施設」を選ぶなら絶対に知っておくべき全知識
土地活用で「自動販売機」を選ぶなら!事前に知っておきたい必須知識
ホテルで土地活用する人必見!絶対に成功させるための全知識
最適な活用方法は何?田んぼの土地活用を成功させる全知識
許可や申請が必要?!「墓地」で土地活用するなら知っておくべき全知識
プロ注目の土地活用「デイサービス」を行うなら絶対に知っておくべき全知識
相続税対策で土地活用をするなら絶対に知っておくべき全知識
土地を相続した人は必見!ベストな土地活用2選と知っておくべき基礎知識
土地活用で「法人化」するメリット・デメリットと注意点を徹底解説
審査の基準から必要書類まで徹底解説!ローンで土地活用する際の全知識
資産運用が目的の人は必見!プロが認めるオススメの土地活用3選
土地活用するならどの会社にすべき?「実績」や「サポート」などを徹底比較
デキる人を見分けられる!土地活用コンサルティングで失敗しないための全知識
土地活用をする人は絶対に知っておくべき税金対策の全知識
土地活用ならスマイスター?特徴からメリット・デメリットまで徹底解説
初心者必見!第一種低層住居専用地域の土地活用を成功させるための全知識
初心者必見!大阪市で成功しやすい土地活用を完全解説
姫路でベストの土地活用は?姫路で成功しやすい土地活用4選
名古屋で土地活用するなら絶対に知っておくべき全知識
横浜の土地にぴったりの活用方法とは?横浜での土地活用に必要な知識を解説
どの活用方法が最適?広島で土地活用を成功させるための全知識
何の活用方法にすべき?仙台市で土地活用を成功させるための全知識
初心者必見!奈良県で成功しやすい土地活用とおすすめ会社を徹底解説
震災後だからこそ知っておきたい!熊本で土地活用する前に知るべき全知識
観光地にピッタリの土地活用とは?沖縄の土地を活用するための全知識
読めば土地活用の業界通になれる?!活用方法別の業界事情まとめ
業界最大手「住友林業」で土地活用するなら絶対に知るべき必須知識
越川社長でお馴染み?!株式会社土地活用について徹底解説
気になる評判は?大東建託で土地活用するなら絶対に知っておきたい全知識
CMでお馴染み「セキスイハイム」で土地活用する前に知っておくべき全知識
基礎情報から注意点まで解説!大和ハウスで土地活用するための全知識
「土地活用ラボ」でお馴染み!大和ハウス工業の土地活用を徹底検証
強み・弱みから注意点まで解説!土地活用会社「レオパレス」の全知識
埼玉周辺の土地活用ならお任せ!土地活用会社「ポラス」の全知識
ネットではあまり紹介されていないおすすめの土地活用の建設業者を紹介
土地活用のイベントに行く前に知っておくべき3つの企業知識
土地活用の資料請求の重要性と効率的に請求できるたった1つの方法