土地活用 方法

最終更新日:2017年11月2日

土地活用の方法についてもっと知りたい人へ

土地活用の方法についてもっと知りたい人へ
「土地活用の方法」について調べている人は、以下のような不安や疑問を解決するために情報収集しています。

 

あなたも同じような疑問や不安をもっていませんか?

・土地活用ってどんな方法があるの?
・初心者でも成功できる人気の土地活用の方法が知りたい
・自分の都合に土地活用の方法を教えてほしい

上記のような疑問や不安を持っているのに解決しないまま、土地活用の方法を決めてはいけません。

 

あなたの土地と相性の悪い活用方法かもしれませんし、そもそも実現不可能の方法を選ぶ可能性だってあります。

 

せっかく土地活用をするのであれば、自分の都合や土地にもっとも適合した方法を選択したいですよね。

 

そこで今回の記事では「土地活用の方法」に関する疑問・不安について、不動産のプロである筆者が回答していきます。

 

この記事を読めば、あなたが知っておくべき「土地活用の方法」に関する知識はすべて網羅できますよ!

 

読み終えた時には、

  • 「土地活用の方法15選とそれぞれの方法に向いている人」
  • 「初心者に人気の土地活用の方法」
  • 「目的別に選ぶ土地活用の方法」

についてしっかりと理解できているでしょう。ぜひ最後までご覧ください。

【裏技】土地活用の成功の秘訣は「複数社の計画」を比較する!

HOME4U土地活用ならネットで1回申し込むだけで、あなたの土地に最適なプランを受けられます。(※土地を持っていなくても提案を受けることが可能!)
しかもNTTグループ運営で利用者も約700万人と実績、安心感抜群。
まずは、複数社の豊富なプランを比較して、勉強をしてみましょう!

HOME4U土地活用

https://land.home4u.jp/


>全国の優良企業が土地計画プランを無料で作成<
>NTTグループの安心実績のHOME4U土地活用はコチラ<

 

土地活用の方法15選とそれぞれの方法に向いている人

土地活用の方法15選とそれぞれの方法に向いている人
まず紹介するのは「土地活用の方法15選とそれぞれの方法に向いている人」です。

 

土地活用をスタートしようと思っても「何から始めたらいいか分からない」という人は多いです。

 

そこでこの章では、土地の活用方法には具体的にどんなものがあるのか、筆者おすすめの15種類を紹介していきます。

不動産のプロがおすすめする土地活用の方法15選

  1. 賃貸アパート(マンション)経営
  2. 賃貸戸建て住宅経営
  3. 賃貸併用型住宅
  4. 老人ホーム経営
  5. オフィス経営
  6. 商業施設経営
  7. 医療用施設経営
  8. コインパーキング経営
  9. トランクルーム経営
  10. 自動販売機設置
  11. 太陽光発電
  12. 借地(定期借地権)
  13. 借地(一時的な貸地)
  14. 自己使用
  15. 売却

まずは今回紹介していく15つの土地活用を、わかりやすく表にまとめてみました。

 

次項より解説する内容をより理解するのに役に立ちますので、目を通してみてください。

土地活用方法 投資額 危険性 節税性 収益性 社会貢献性
賃貸アパート(マンション)経営

×

賃貸戸建て住宅経営

×

賃貸併用型住宅

×

老人ホーム経営

×

×

オフィス経営

×

商業施設経営

×

×

医療用施設経営

×

×

コインパーキング経営

トランクルーム経営

自動販売機設置

×

×

×

太陽光発電

×

×

借地(定期借地権)

借地(一時的な貸地)

×

自己使用

×

×

×

売却

×

 

土地活用の方法① 賃貸アパート(マンション)経営

賃貸アパート(マンション)経営
賃貸マンション経営や賃貸アパート経営は、土地の上に賃貸アパートやマンションを建てて、それを第三者に貸し出す土地の活用方法です。

 

賃貸アパートやマンションの経営に向いている人は、以下の人たちです。

賃貸アパート(マンション)経営に向いている人

  1. 賃貸料の相場と土地の相場が高い地域に土地を持っている人
  2. 相続税対策したい人
  3. 住居環境の良い場所に土地がある人
  4. 安定的に土地活用したい人
  5. 収益性を高く土地の活用しようとしている人
  6. 駅から近い都市の地域に土地がある人

アパート経営による土地の活用方法の場合、土地の上に建物を建築しなければならないので初期投資は大きくなりますが、それだけリターンも多く、高い収益を期待できます。

 

賃貸アパートや賃貸マンションの場合、賃借人がいない空室リスク、賃貸料を滞納されるリスクがありますが、「家賃保証サービス」や「サブリース」などを利用すれば、そのリスクを軽減可能です。

 

ただ、これらのサービスを利用すれば、毎月の手取りの家賃金額は少なくなるので注意してください。

 

また賃貸アパートやマンションを経営したら、相続税の節税に有効です。

 

相続税の課税評価の際、不動産を賃貸していると借地権価格と債務控除・価格の分を減額されるためです。

 

賃貸アパート経営については、「初心者必見!土地活用「アパート経営」を不動産のプロが完全ガイド」に詳しく解説しておりますので、気になる方はご確認ください。

 

土地活用の方法② 賃貸戸建て住宅経営

賃貸戸建て住宅経営
一戸建て住宅の賃貸住宅経営は、土地上に一戸建ての建物を建てて賃貸する方法です。

 

一戸建て住宅賃貸住宅経営に向いている人は、賃貸アパートやマンションに向いている人と基本的に同じです。

 

アパート経営よりリスクを減らしたい人やもっと簡単に土地活用したい人、元々建物が建った土地を所有している人などにもむいています。

 

賃貸戸建て住宅であれば、賃借人の賃貸料は下がりますが、アパートやマンションよりも管理が楽で、初期投資費用も少ないのは利点です。

 

またもともとあった空き家をリフォームして賃貸すると、建物の建築費用がかからないので、簡単に始められます。

 

賃貸戸建ては土地の借地権価格と債務控除・価格の減税もあり、相続税の節税対策もなります。

 

賃貸戸建てについては、「利回りをUPさせる3つの活用テクニックと高利回りになりやすい土地活用方法4選」に詳しく解説しておりますので、気になる方はご確認ください。

 

土地活用の方法③ 賃貸併用型住宅

賃貸併用住宅は土地の上に建物を建てて、一部を賃貸して一部に自分が住んで使う方法です。

 

そんな賃貸併用住宅に向いてるのは、以下のような人たちでしょう。

賃貸併用型住宅に向いている人

  1. 自分も生活しつつ収益を得たい人
  2. 需要が高い地域に住む人
  3. 賃貸マンションが建築できるほどの敷地がない人
  4. 一人で住むにはあまりにも大きな敷地がある人

基本的には大きめの戸建てを住居部分と賃貸する部分にしますが、アパートなどを建てて自分がその一部屋に住むパターンもあります。

 

賃貸併用住宅を建てれば、自分が生活しつつ賃貸料収入も得られるのでメリットが大きいです。

 

また第三者に賃貸している部分があるため、節税効果もあります。

 

ただ普通の一戸建て住宅よりも家賃が下がり、人気のない場所だと人から発見されないことがあるので注意してください。

 

賃貸併用型住宅については、「月々の返済を激減できる!住宅ローンで「賃貸併用住宅」を買うための全知識」に詳しく解説しておりますので、気になる方はご確認ください。

 

土地活用の方法④ 老人ホーム経営

老人ホーム経営
土地の活用方法として、老人ホーム経営も可能です。

 

介護事業者と共同で、土地の上に老人向け住宅や老人向けグループホーム、デイサービス施設などを建築・経営する方法となります。

 

そんな老人ホーム経営が向いているのは、以下のような人です。

老人ホーム経営に向いている人

  1. 広い土地をうまく活用したい人
  2. 駅が遠くて不便な土地でも多くの収益を得たい人
  3. 今後の少子高齢化社会をにらんで社会貢献をしたい人

最近、少子高齢化が進んでいるため、老人ホーム経営は今後需要が見込める分野です。

 

老人ホームを経営する時、多くの場合は土地の上に直接サービス施設を建てて、介護事業者に一括借用する方式で行われることが多いです。(リースバック方式)

 

他にも土地ごと介護事業者に貸与して、建物の建設から経営まで介護事業者の会社に任せる方法もあります。(定期借地方式)

 

老人ホームを経営するためには比較的大きな土地が必要で、建物を建設する「定期借地方式」を利用した場合、初期投資費用も1億円以上になることが多いです。

 

ただ行政の補助を受けたり、介護事業者から補助を受けたりできるため、結果的に高めの利回りを期待しやすい点が長所です。

 

老人ホーム経営については、「土地活用で社会貢献したいなら!「老人ホーム」を選ぶ前に知っておくべき全知識」に詳しく解説しておりますので、気になる方はご確認ください。

 

土地活用の方法⑤ オフィス経営

オフィス経営
土地活用「オフィス経営」は、土地に事業用建物を建設し、それを企業などに賃貸することで、家賃を得るタイプの方法です。

 

そんなオフィス経営に向いている人は、次のような人たちです。

オフィス経営に向いている人

  1. 都心近く・駅近くで比較的広い土地がある人
  2. 商業地かつ住居環境が良くない所に土地がある人
  3. 人の往来が多くて道路周辺の土地がある人
  4. 高い収益を出したい人

オフィス経営をする場合、物件を自ら管理する方法かサブリース会社の一括借用を受ける方法のどちらかを選ぶ必要があります。

 

自ら管理すれば、賃貸料を全部自分のものにできますが、空室リスクが発生するので、どうしても管理に時間がかかります。

 

サブリースを利用すれば保証金を払うので家賃の純収入は少なくなりますが、家賃が保証されるため、空室リスクなどもなく、管理費用も必要ありません。

 

事業用物件の場合、初期投資費用は高額なことが多いですが、居住用の賃貸アパートやマンションよりは賃貸料が高額であることが多く、収益性は高いです。

 

投資額は数千万円から数十億円が必要ですが、利率は10%ー20%になります。

 

ただ、都市の駅近などのオフィス需要があるところに土地がないと、経営が成り立ちません。

 

しっかりと活用できる土地が比較的限定される活用方法といえます。

 

また景気変動の影響を受けやすく、景気が悪化すれば賃借人を見つけるのが難しいと言うリスクがあるのも見逃せません。

 

オフィス経営については、「高収益の土地活用「テナント経営」を行うなら絶対に知っておくべき全知識」に詳しく解説しておりますので、気になる方はご確認ください。

 

土地活用の方法⑥ 商業施設経営

商業施設経営
コンビニなどの商業施設を経営するのも、立派な土地活用です。

 

土地の上にコンビニや飲食店チェーン商業系施設を建てて、事業者と共同で所有・経営します。

 

そんな商業施設経営が合う人は、以下のような人です。

商業施設経営に向いている人

  1. 人の往来や車両通行が多い道路周辺の土地がある人
  2. 幹線道路周辺の土地がある人
  3. 高い収益を出したい人
  4. 地域の利便性向上に役に立ちたい人

商業施設を経営する場合、土地が広く人や車両通行の多い道路に沿っていることが非常に重要です。

 

土地の大きさが小さければコンビニエンスストアの経営、大きいならば大規模ショッピングセンターの経営も可能です。

 

具体的な方法としては、老人ホーム経営と同様に、直接建物を立ててそれを事業者に一括で貸す「リースバック方式」が一般的です。

 

また事業者に土地を貸与し、建物の建設から経営までする「事業用定期借地方式」も利用できます。

 

入ってくる賃貸料はリースバック方式が大きいですが、その分初期投資も大きくかかります。

 

事業用定期借地方式なら、借地料だけしか入ってこないので収入は下がりますが、初期投資が不要になり、低リスクの経営が可能です。

 

リースバック方式で自己投資する場合、投資金額は数千万円~数十億円もなりますが収益性は高く、利率は10%~20%以上もなります。

 

人や車両通行が多い道路沿いや賑やかな商業地でしか需要がないため、実現できる土地が限定されますが、数多くの土地活用方法の中でも収益性が高い方法の1つです。

 

商業施設経営については、「土地活用でコンビニ/4つのメリットと7つのデメリットを徹底解説」に詳しく解説しておりますので、気になる方はご確認ください。

 

土地活用の方法⑦ 医療用施設経営

医療用施設経営は医師や医療法人などの医療関連事業者と提携して、クリニックや病院を経営する方法です。

 

医療用施設経営と相性の良いのは、以下のような人です。

医療施設経営に向いている人

  1. 近くに病院が少ない地域に土地がある人
  2. 社会貢献したい人
  3. 200坪以上の土地がある人
  4. 住宅がたくさんあり賃貸需要が少ない場所に土地がある人
  5. 高利回りを得たい人

医療用施設経営で成功するためには、診療所の圏内に一定以上の人が住んでいること、近隣に同じの病院・医院がないことが必要です。

 

老人ホーム経営や商業用施設経営と同様に「リースバック方式」と「事業用定期借地方式」があります。

 

規模が小さなクリニック経営はリースバック方式をとる場合が多く、大規模な病院施設の経営は、事業用定期借地方式を利用する場合が多いです。

 

収益性は比較的高く、8%~15%程度期待でき、何よりも周辺住民のよりよい生活と安心を提供できる意味で社会に対する貢献性が高い土地の活用方法です。

 

土地活用の方法⑧ コインパーキング経営

コインパーキング経営
土地の上に建物を建てない土地の活用方法として、おすすめするのはコインパーキング経営です。

 

コインパーキングは土地を駐車場用に作り直しして駐車区画を分割して、駐車場として賃貸する土地の活用方法です。

 

コインパーキング経営が向いているのは、以下のような人です。

コインパーキング経営に向いている人

  1. 低リスクで土地の活用をしたい人
  2. 一時的に土地活用しようと思っている人
  3. 将来的に他の方法で土地活用したい人
  4. 後々に土地を売却したい人
  5. 狭い土地など建物の建設に向いていない土地を持っている人
  6. すでに建物がある土地で空きスペースが広い場合
  7. 土地を一時的に活用したい人

複数の土地を車が駐車できるように、大きさに合わせて駐車区画分割され、区画ごとに利用者に賃貸します。

 

駐車場には「月極駐車場」と「コインパーキング」があります。

 

月極駐車場は月ごとに駐車料金を計算する方式で、コインパーキングは時間ごとに駐車料金を計算する方式です。

 

月極駐車場の方が収益性は落ちますが、経営は安定しやすいです。

 

コインパーキングの場合、需要がある地域ではないと経営がうまくいかない危険はありますが、うまくいけばかなり高い収益を得られます。

 

また駐車場経営自体は、初期投資費用が安いのも魅力です。

 

数十万円から始められ、賃貸方式で企業に土地ごとに借りてしまえば、初期投資を0とするのが可能です。

 

また駐車場の場合、短期間の活用に向いています。

 

建物の賃貸がないので、借地借家法の適用がなく、比較的自由に契約を解除して土地を持てられるのは大きいです。

 

コインパーキング経営については、「大儲けできる土地活用?コインパーキングを行う前に知っておくべき全知識」に詳しく解説しておりますので、気になる方はご確認ください。

 

土地活用の方法⑨ トランクルーム経営

トランクルーム経営
トランクルーム経営は土地の上に倉庫施設を作ったり、建物内に区分を作り、トランクルームでとして貸し出す土地の活用方法です。

 

コインロッカーを大きくしたとイメージすれば、わかりやすいでしょう。そんなトランクルームの経営と相性のいい人は以下の人でしょう。

トランクルーム経営に向いている人

  1. 居住用には不向きな土地を活用したい人
  2. 短期間に投資費用を回収したい人
  3. 都市部でトランクルームの需要がある場所に土地をもつ人
  4. 賃貸住宅が多くて需要が見込めない地域で土地活用したい人
  5. 駐車場の需要があまりなく他の土地の活用を検討している人
  6. 空き部屋や所有している建物の空間を活用したい人

トランクルーム経営は土地の上にコンテナを設置し、そのコンテナ内に荷物を預かって管理する方式「コンテナ型」が一般的です。

 

土地上に建物の空き部屋や建てて、建物全体をパーティションに区分したあとに荷物を預かる仕組みである「レンタル収納スペース型」でも可能です。

 

初期投資費用は比較的安く、もともとある空き家の中にレンタル収納スペースを作れば、さらに安くトランクルーム経営を開始できます。

 

例えばコンテナ型のトランクルームの場合、初期費用は数百万円程度で始められ、期待収益率は30%以上になることがあります。

 

また居住用がないため借地借家法の適用がなく、解約することが容易で、住居用の居住者のクレームもなく、荷物の保管だけをしていれば良いため管理は楽です。

 

トランクルーム経営については、「土地活用「トランクルーム」に挑戦するなら絶対に知っておくべき全知識」に詳しく解説しておりますので、気になる方はご確認ください。

 

土地活用の方法⑩ 自動販売機設置

空きスペースに「自動販売機」を設置することも立派な土地の活用です。そんな自動販売機設置に向いている人は以下の通りです。

自動販売機設置に向いている人

  1. 狭い土地を活用したい人
  2. 手軽に土地活用したい人
  3. 他の土地活用と相性が悪い土地を持っている人
  4. 何もせずに収益を発生させたい人

自動販売機を自費で購入した後は、飲料が売られるほど儲かるという分かりやすいビジネスモデルが評価され、狭い土地の持ち主がとくに採用しています。

 

15~20坪の土地ではもっとも多く選択されている土地活用だと言っても過言ではないでしょう。

 

しかし高額の収益を出しているオーナーは非常に稀であり、ほとんどの人達は小遣いぐらいの収益しか儲けていないのが現実。

 

飲料の購入費用、電気料金を考慮すれば、赤字になることも少なくありません。

 

会社側に初期費用や購入・管理を任せる方法もありますが、収益はさらに落ちます。

 

自動販売機については、「土地活用で「自動販売機」を選ぶなら!事前に知っておきたい必須知識」に詳しく解説しておりますので、気になる方はご確認ください。

 

土地活用の方法⑪ 太陽光発電

太陽光発電
太陽光発電は土地の上に太陽光発電施設を設置して、自分で電力を使用したり、残った電力を売電したりする土地の活用方法です。

 

そんな太陽光発電に向いている人は、以下の人です。

太陽光発電に向いている人

 

  1. 山林や野原などの活用しにくい土地をもつ人
  2. 人口が少ない地域の土地を活用したい人
  3. 安定した収入を得たい人
  4. リスクが低い土地の活用をしたい人
  5. 土地を他人に譲渡したくない人

今は集めた電力を固定金額で電力会社が購入してくれる制度があり、残りの電力は固定金額で売ることが可能な為、経営が安定しやすいです。

 

収益性は大きくないですが、概ね10年程で初期の投資を回収できるでしょう。

 

太陽光発電の初期費用は設備の規模によって大きく異なりますが、技術の発展によって年々低下してきており、1kWあたりの費用単価は概ね40万円弱となります。

 

土地で大規模な太陽光発電施設を設置するなら、1000万円~1300万円ほどで開始も可能です。

 

どんな場所でも収益の収益率は5%程度にはなるので、場所を問わないのも魅力です。

 

商業地でない・道路がない、という状況はもちろん、人が住んでいない山林でもOKです。

 

光さえ良ければどこでも経営できるのは、最高の強みでしょう。

 

また人に貸す方法ではないため、「賃貸料の未払い」や「土地が返還されない」などの危険性もありません。

 

自分の手元に土地を残したまま、土地活用ができるので他人に譲渡したくない人も安心です。

 

ただ、日光がないと発電効率が落ちるため、日当たりのよいところであることが必須です。

 

また「今後いつまで電力買取制度が続くかわからない」「太陽光発電という活用方法がいつまで続くのかわからない」という、将来の不安定性さもあります。

 

太陽光発電については、「初期費用から毎月の収益まで!「太陽光発電」で土地活用するための全知識」に詳しく解説しておりますので、気になる方はご確認ください。

 

土地活用の方法⑫ 借地(定期借地権)

定期借地権は土地を買う家や店舗用の建物を所有する目的の人に、土地を貸し出す方法です。

 

定期借地による土地の活用に向いている人は、以下のような人です。

借地(定期借地権)に向いている人

  1. 自ら投資したくない人
  2. 低リスク・低収益の土地活用をしたい人
  3. 長い将来にわたって土地利用の予定がない人
  4. 土地が広くて自分で投資するためには負担が大きい人

通常の借地権とは違って、契約が終われば必ず土地を返してもらう点が長所です。

 

建物の建築自体は賃借人が行うため、土地所有者は建築費用を負担する必要がありません。

 

更地であれば、なんの元手もなく土地活用を開始できます。

 

ただ定期借地権を設定する場合、事業用であれば最低10年、居住用であれば最低50年間の契約期間が求められます。

 

中途解約は基本的にできず、相当な期間土地が返ってこない覚悟をしなければなりません。

 

また、立地条件が良ければ、比較的値段を高く設定できるケースもありますが、直接建物を立てて賃貸する場合などと比較すれば、当然賃貸料は低くなり、高い収益は期待することが難しいです。

 

上記で紹介した医療用施設経営、老人ホーム経営、商業用施設経営などのように定期借地権を利用して会社と提携する方法を採用するのもいいでしょう。

 

定期借地権の借地については、「実は3種類も?土地活用で「借地」を選択するなら知っておきたい全知識」に詳しく解説しておりますので、気になる方はご確認ください。

 

土地活用の方法⑬ 借地(一時的な貸地)

土地を一時的に貸し出す方法もあり、建物の所有目的以外の目的で土地を貸すことになります。

 

具体的には「資材置き場」として貸したりするのが典型的です。

 

そんな一時的な貸し地に向いている人は以下のような人です。

借地(一時的な貸地)に向いている人

  1. 一時的に土地活用したい人
  2. 将来自分で利用したい人
  3. 将来土地を売却するつもりの人
  4. 初期費用をかけずに土地活用したい人
  5. 将来別の土地活用をしたい人

一時的な貸地だと定期借地権が適用されないので、契約期間を短くできます。

 

契約期間が終われば確実に土地を返してもらえ、中途解約も比較的簡単に認められます。

 

将来、他の形で土地を活用したいときに最適ですし、初期費用がほとんどないことが長所です。

 

例えば、資材置き場の場合、土地をそのまま引き渡せば、契約終了時に土地を返還されます。

 

ただ、一時的に土地を借りたい人の需要がないと実現できないので、利用できる場合が限定されます。

 

安定的な収益を得ることは、かなり難しいといえるでしょう。

 

土地活用の方法⑭ 自己使用

自己使用とはその名の通り、自ら土地を利用することです。

 

土地の上に家を建てて住むことでもいいですし、事務所用の建物を建設し、自分の事業に利用してもかまいません。

 

店舗経営をして自宅兼商店や自宅兼事務所を建てることだって可能です。

 

自己使用が可能なのは、自分がその土地を使用したい場合に限ります。

 

自ら使用しているので売りたい時にはすぐ販売できますし、将来的に他の土地の活用方法が思いつけばすぐに転用できるのは大きな強みです。

 

自ら住んだり利用したりする分には、特別な管理費用もかかりません。

 

もしすぐに土地活用する方法を決めなくて自分が利用できる環境にあれば、まずは自己使用するのもいいでしょう。

 

土地活用の方法⑮ 売却

売却
「どうしても土地活用できない」「土地活用の費用を工面できない」と考える人もいるでしょう。

 

そんな人にとって土地活用の最終手段となるのは、土地の「売却」です。

 

土地活用はどんなことでも最小限の管理の手間がかかります。

 

多くの場合、賃借人や会社との契約の締結なども必要になり、面倒なことがつきまといます。

 

活用方法の中にはリスクが低いものもがありますが、やはり最低限の危険は伴います。

 

活用するのができないのであれば、土地を売ってしまいましょう。すべての義務と責任から免れられます。

 

売却することで固定資産税の支払いも不要になり、人材と費用もかかりません。

 

売却は自らの力だけでも実行は可能です。費用ゼロで実行できるのも魅力でしょう。

 

ただし自分の力だけで適当に売却すると、相場価格より低い金額でしか売却ができず、損害を受けかねないので注意が必要です。

 

専門知識のある不動産のプロと比較すれば、自分の土地を上手く売り切るのが難しいのは当たり前でしょう。

 

そんなときは土地価格を事前に確認できる、一括査定サイトを利用してみてください。

 

お金と努力を使わずに複数の業者に土地価格査定を受けることができますよ。

 

一括査定サイトを使えば、効率的に売却行為がすすむでしょう。

 

一括査定サイトについては、「不動産一括査定サイトのおすすめは?【2017年の最新ランキング】」に詳しく解説しております。

 

ここまでは、「土地活用の方法15選とそれぞれの方法に向いている人」をお伝えしました。

 

土地活用の主要な方法の特徴やどんな人が選択すべきなのか、理解していただけたのではないでしょうか。

 

次に紹介するのは、「初心者に人気の土地活用の方法」です。

 

初心者に人気の土地活用の方法

初心者に人気の土地活用の方法
前章ではいくつかの土地活用方法を紹介しましたが、「自分には選びきれない!」という人もいるでしょう。

 

初心者であるほど、どの土地活用にすべきか迷ってしまいがちです。

 

そこでこの章では土地活用の初心者に向けて、世間的に人気のある土地の活用方法を紹介します。

 

先に結論を言っておきますと、現在初心者から多数の支持をうけている土地活用は以下の通りです。

初心者に人気の土地活用4選

  1. コインパーキング経営
  2. 太陽光発電
  3. アパート経営
  4. 土地売却

次項より上記の土地活用がなぜ人気なのか、クローズアップしていきます。

 

初心者に人気の土地活用方法① コインパーキング経営

コインパーキング経営
駐車場には「月極駐車場」と「コインパーキング」の2種類があり、どちらかを選択する必要があります。

 

間違いなく収益が手に入る「月極駐車場」が昔から評判が良い方法ですが、最近では「コインパーキング」の方が注目されています。

 

月極駐車場の弱点である「収益の上限」が、コインパーキングにはないのが、評判が良い要因です。

 

コインパーキングでは、より多くの人たちが使うほど、多くのお金を産みます。

 

実際に「駐車場経営だけで食っていける収益」を手に入れている人は、皆コインパーキングを選択しているのが実情です。

 

しかしコインパーキングは月極駐車場に比べて、リスクが高い方法であるのも事実。

 

専用機器を購入することになり、また機器を導入する必要があります。

 

初期費用が多く、工事期間の長さは月極駐車場とは比較になりません。 失敗すると、大きな損害になるでしょう。

 

コインパーキングを確実に成功するためには、保有する土地周辺の駐車需要をきちんと調査してシミュレートしてください。

 

儲けは大分少なくなりますが、自分で機器を買わない「リースバック」などを利用するのも、リスクを低くするという点ではいいでしょう。

 

初心者に人気の土地活用方法② 太陽光発電

太陽光発電
太陽光発電は使わない土地に太陽光パネルを設置して、利益を創出する土地の活用です。

 

昔に比べて太陽電池パネルの技術が飛躍的に進化して、発電性能と管理性が非常に進化しているのが特徴。

 

性能はUPしたのにパネルの販売金額は下がっているので、今が旬の活用方法となっています。

 

太陽光発電の長所は「どんな土地でも可能」「オーナーは何もしなくていい」ことです。

 

土地の活用には広大な土地や立地の良さが要求されがちですが、どんな土地でも可能な太陽光発電は非常に貴重です。

 

また昨今の太陽光パネルはメンテナンスフリーなので、設置だけすれば何もしなくていいのも大きな利点だとすることができます。

 

文字通り「不労所得」を実現することになるでしょう。

 

しかし太陽光発電のデメリットは「収益が安定しない」のを忘れてはいけません。

 

太陽光発電は日照りによって収益が左右されるため、雲と雨が続くと収益が激減するのです。

 

もし日差しを遮るようなビルやマンションが入ると、撤去を強いられることもあるので注意してください。

 

初心者に人気の土地活用方法③ 賃貸アパート経営

賃貸アパート経営
空き地を更地にしてアパートを建築し、賃貸人を集めて家賃収入を得る土地活用です。

 

日本で最も広く知られており、一定の評判がある土地の活用と言っても過言ではないでしょう。

 

アパートを建設する費用は、あなたが依頼する会社や住む地域ごとに異なりますが、かなりの高額になります。

 

いくら安くても3,000万円~4,000万円以上かかるでしょう。工法や建設する階数によっては1億円以上の場合も。

 

高額の建築費を自己資金でまかなうのは容易ではないので、アパート経営専用「投資融資」を利用して資金を調達するでしょう。

 

実はこの「投資融資」の存在が、アパート経営に対する初心者人気を盤石にしている理由の一つです。

 

自己資金がなければかなわぬ土地の活用は多いです。

 

アパート経営は投資融資があるため、自分のお金がそこまでない人も実現する可能性を内在しています。

 

またアパート建築には相応のリスクを受けることになりますが、それに見合った利益を求めやすいことも人気の理由です。

 

間取りと家賃の設定に大きなミスさえしなければ、利益の高い収益を継続することができます。

 

保有する土地が駅の近くにあるとアパート経営を失敗する可能性は、非常に低いと言っても過言ではありません。

 

またアパート経営は日々の運営を安定化させる様々な助けがあるのも初心者に人気の要因です。

 

空室のリスクを限りなくゼロに近づける「サブリース」と入居者のクレームや家賃の回収まで会社が代行する「業務委託制度」など魅惑的な制度があります。

 

家主を成功まで率いる制度が豊富にあるので、アパート経営はこれからも一定の評判を獲得し続けるでしょう。

 

初心者に人気の土地活用方法④ 土地売却

土地売却
土地売却を選定する一番大きな長所が「固定資産税を納めずに良いこと」と言っても過言ではないでしょう。

 

土地を保有していると、毎年固定資産税を請求されます。 高額納税に頭を悩ませている人は多いです。

 

土地を売ってしまうと、固定資産税は今後一切払う必要はありません。

 

「固定資産税がもったいないから、何か土地活用する」と考える人が、ほぼノーリスクで実行できるのが土地売却です。

 

土地の活用はいつも危険と隣あわせです。時には自分ではどうしようもない危険に遭遇したりします。

 

代表的な事例が「自然災害」です。数千万円もかけて建築したアパートがある日突然起きた自然災害ですべて失うこともあります。

 

土地の活用はどのような方法もリスクを取ることで収益を創出するため、基本的にリスクがゼロの方法がありません。

 

その点、土地売却は方法そのものに対してのリスクはゼロです。売却すれば危険にさらされることはないでしょう。

 

初心者に人気の土地の活用方法については、「土地活用の方法を選べない初心者は必見!おすすめの土地活用まとめ」に詳しく解説しておりますので、気になる方はご確認ください。

 

ここまでは「初心者に人気の土地活用の方法」をお伝えしました。

 

初めて土地活用に挑戦する人はどんな方法を選んでいるのか、理解していただけたのではないでしょうか。

 

次に紹介するのは、「目的別に選ぶ土地活用の方法」です。

 

目的別に選ぶ土地活用の方法

目的別に選ぶ土地活用の方法ラ
ここまで様々な土地の活用方法を紹介しましたが、自分にはどんな土地の活用方法が合っているかを判断するのは難しいと感じた人もいるでしょう。

 

そこでこの章では「目的別」に土地の活用方法を紹介します。あなたの目的に合った活用方法は何なのかわかりますよ。

 

今回紹介する「目的」は、以下のとおりになります。

土地活用7つの目的

  1. 収益性を重視したい
  2. リスクが低い土地の活用をしたい
  3. 財産としての「価値」を維持したい
  4. 短期間の活用をしたい
  5. 相続税を節税したい
  6. 都市の土地を活用したい
  7. 田舎の土地を活用したい

 

「収益性を重視したい」人におすすめの土地活用

収益性を重視する人には、建物を建築するタイプの土地の活用方法をおすすめします。

 

建物建築系の土地活用といえば、商業系施設経営、介護施設経営、賃貸マンションの経営でしょう。

 

どれも収益性が高く、収益率は20%近くをたたき出します。

 

同じ建物建築系の土地活用であるトランクルーム経営も収益率30%程度になり、うまくいけばかなり高い収益を得られます。

 

ただし建物建築系の土地活用については、地域を選ぶためどこの土地でも経営できるわけではありません。

 

人口が多く、賑やかな地域でないと「需要」がありません。

 

医療や介護、商業施設、住居用マンションなど建物建築系の土地活用は成功しないでしょう。

 

また初期投資費用が高額になることが多くて、リスクも高くなります。

 

このように建物建築系の土地活用は、ハイリスク・ハイリターンの土地の活用方法だと言えます。

 

ただ、事業用定期借地権の設定をするなどの工夫をすれば、リスクを減らして確実に収益を得ることも可能です。

 

「リスクが低い土地の活用をしたい」人におすすめの土地活用

リスクが低い土地活用したい人には、定期借地権の設定できる土地活用をお勧めします。

 

コンビニ経営やトランクルーム経営、アパート経営などの活用方法も定期借地権を採用可能です。

 

借地権を設定する場合、賃借人が建物を建築するので、賃貸人は何の負担もないです。つまり初期費用ゼロで運用できます。

 

また空き家を所有している場合、最小限のリフォームをして単独住宅の賃貸すれば、初期投資ないのでリスクは下がります。

 

空き家をトランクルームにするのが、わかりやすい例でしょう。

 

駐車場経営や自動販売機設置も、初期費用を抑制してリスクを抑えて土地活用できる方法の1つです

 

また資材置き場など、土地をそのまま貸す方法もリスクが低いですよ。

 

「財産としての“価値”を維持したい」人におすすめの土地活用

土地を活用しても、財産としての「価値」を維持したいと思う人が多いです。

 

もし土地を人に貸してしまえば、それだけ自分にとっての土地の価値は小さくなります。

 

いったん土地を貸せば、なかなか自分の手元に戻って来ない方法が多いです。

 

もちろん貸している最中も、自分の好きな様に使えません。

 

所有者から見た「財産としての価値」をなるべく維持したい場合は、当然自己使用が効果的です。

 

どうしても収益を出す活用方法をしたいのであれば、太陽光発電がお勧めです。

 

太陽光発電では人に土地を貸さず、自分の所有者としての権利を100%守りながら土地活用ができます。

 

太陽光発電以外の方法では、一時的な借地・駐車場経営・トランクルーム経営をお勧めします。

 

これらの活用方法では、相手と土地賃貸借契約を締結しますが、建物を建設しなくてすみます。

 

つまり借地借家法の適用がなく契約期間を短くできるので、契約が終了すればスムーズに土地を返してもらえるのです。

 

さらに契約書の中に「特約」を入れると途中解約も認められ、自分の手元に土地を返還しやすいです。

 

「短期間の活用をしたい」人におすすめの土地活用

短期間だけ土地を活用したいと思う人は多いです。

 

相続後にすぐ売りたい場合、転売目的で土地を購入した場合、今は忙しい場合などなど・・・ちょっとした期間だけ土地を放置してしまうケースはよくあります。

 

また将来は大規模な土地の活用計画を建てたいけど、今は時間がなくて短期間だけ活用したい場合もあるでしょう。

 

こうした短期だけ活用したい場合は、駐車場経営と一時的な借地がおすすめです。

 

これら2つの土地活用方法では、初期費用も小さくて途中でやめても損失が発生することがありません。

 

また借地借家法が適用されず、短い期間に土地を返してもらえるのも大きいです。

 

別の活用方法で一層高い収益を得られそうであれば、すぐにやめることができるのも利点でしょう。

 

また自己利用もおすすめです。気持ちが変わればいつでも他の土地活用ができるので、自己使用は最もコントロールしやすい活用方法といえます。

 

「相続税を節税したい」人におすすめの土地活用

相続税の節税のために土地活用したいケースもあるでしょう。

 

相続税対策にお勧めの方法は、賃貸マンションや集合住宅などの賃貸住宅経営です。

 

土地の上に建物を立てて賃貸すれば、借地権価格の影響で土地価格評価は下がります。

 

土地の評価額を減額できれば、相続税もかなりの節税が見込めますよ。

 

また被相続人自身が居住していたり、賃貸事業を経営していた土地の場合、小規模宅地の特例という制度があり、さらに大きく相続税評価額を下げることが可能です。

 

小規模宅地の特例が適用されれば、50%~80%も相続税を軽減できます。

 

戸建て住宅の賃貸経営でもかまわないですし、賃貸併用住宅でもOKですが、オフィスや商業施設は相続税対策にならないので注意してください・

 

相続税対策を望むなら、“人が住む”賃貸経営を選択すると良いでしょう。

 

「都市の土地を活用したい」人におすすめの土地活用

都市の土地を活用したい場合にお勧めの方法は、商業用施設の経営や賃貸マンション経営、オフィス経営、コインパーキング経営、トランクルーム経営です。

 

これらの土地活用方法は人口がある程度多く、にぎやかな場所であるかに成功の鍵がかかっています。

 

人が多く需要があればあるほど収益を得られる長所があります。

 

大規模な商業用施設や賃貸マンションを経営すると、毎月の収入が数百万円以上になることが普通です。

 

また駐車場経営は田舎でも可能ですが、都市の方が圧倒的に賃貸料は高額です。

 

コインパーキングは月極駐車場より収益性が高くなりますが、田舎より都市で需要が高い都市なら最大限の恩恵を享受できます。

 

都市部でコインパーキングを運営すれば、巨額の収益を得る可能性があるでしょう。

 

トランクルームの需要も田舎よりも、荷物を置くところが少ない都市部の方が需要が多いです。

 

「田舎の土地を活用したい」人におすすめの土地活用

田舎の土地を活用したい場合にお勧めの方法は、太陽光発電です。

 

太陽光発電であれば、人が少ない田舎でも日差しさえあれば活用できます。

 

逆に周りに高い建物などがなくて太陽光を遮るもののない田舎の方が、効率的に発電できるでしょう。

 

また近くに工事を行っている場所があるなら、資材置き場(一時的な借地)にする手もあります。

 

目的が特にない人はどうすればいいのか

以上のように土地の活用方法には多様なものがあり、自分の目的によって選択すべき方法が決まってきます。

 

目的に合った活用方法にすれば、土地を効果的に利用して収益を上げられるでしょう。

 

しかし読者の中には「いろいろ方法がありすぎて何にすればいいかわからない・・・」という人もいるはず。

 

もしかすると「明らかな目的がないので、方法が決められない・・」と思っている人も少なくないかもしれません。

 

そんな「どうしても自分に合った土地活用がわからない・決められない」人におすすめなのが、土地活用の一括資料請求サイトです。

 

「イエカレ」を代表とする土地活用サイトを利用すれば、プロがあなたの土地に最適の活用方法を提案してくれます。

 

自分では活用方法を決定できない人は、ぜひ土地活用サイト「イエカレ」を利用してみてください。

 

土地活用を検討するなら!一括資料請求で多くの可能性を探る

土地活用を検討するなら!一括資料請求で多くの可能性を探る
土地活用を一言で言っても多くの方法があり、その土地と地域性にあった土地活用をしっかり選ぶ必要があります。


ただ、なかなか自分で見つけるのは大変ですよね。。。


そんなときに便利になるのが土地活用の一括資料請求です。


あなたの土地情報を入力するだけで、大手企業から一括で最適なプランを提案してもらえます。


中でもNTTグループが運営しており、提案してもらえる会社を厳重チェックしている「HOME4Uの土地活用」が一番オススメです。


HOME4U土地活用の一括資料請求はコチラ

HOME4U土地活用の一括資料請求

https://land.home4u.jp/

 

まとめ

以上、「土地活用の方法」をテーマとして主に様々な知識を解説してきましたが、いかがだったでしょうか?

 

今回は土地の活用方法15つを中心に説明し、目的別に向いている土地の活用方法も紹介しました。

 

土地の活用は多様ですが、見方によって必ず自分に合った活用方法が見つかります。

 

土地は所有しているだけでは固定資産税や管理コストがかかるだけなので、何らかの活用をしないと損です。

 

土地を所有している人や今後、相続などで取得する予定がある人は、必ず自分に合う土地の有効活用方法を検討することをお勧めします。

 

今回の記事を参考にして、上手に土地の活用を成功させましょう。

 

まだ土地活用の方法を決定していないのであれば、今回紹介した知識をぜひ活用してみてください。

関連ページ

これを読めば全てがわかる!土地活用の主な流れを方法別に徹底解説
活用方法を迷っている人必見!土地活用6種類の特徴を徹底解説
あなたの土地活用を成功に導く8つの活用事例を徹底解説
迷った時の参考に!元・不動産業者が選ぶおすすめ土地活用ランキング
活用方法に迷ったらコレを選ぶべし!プロからの評判が良い土地活用4選
土地活用の方法を選べない初心者は必見!おすすめの土地活用まとめ
あなたの土地に最適なのはどんな土地活用?目的別の活用プランを徹底解説
これから土地活用する初心者必見!土地活用を成功させる全知識
評価額で活用方法が変わる?!あなたの土地を上手く活用するための全知識
これを見れば一目瞭然!「初期費用」や「収益」など土地活用の各要素を徹底比較
詐欺に合いたくないなら!土地活用をする際の自己防衛5つのテクニック
低予算でもOK!片手間でできる「副業」にぴったりの土地活用4選
利回りをUPさせる3つの活用テクニックと高利回りになりやすい土地活用方法4選
土地活用で節税!使える節税テクニック3選と最も節税効果がある活用方法
おすすめの相談相手から注意点まで!土地活用の相談に行く前に知るべき全知識
人気の土地活用17種類をわかりやすく一覧化!あなたに最適の方法はコレ
どの土地活用方法が儲かる?利益が大きい土地活用4選と儲かるためのコツ
鵜呑みは危険!?土地活用のパンフレットを上手に活用するための全知識
ここに注目すべし!土地活用のチラシを見る前に知っておくべき全知識
ノーリスクの土地活用?「リースバック」を使いこなすための全知識
駅前だからこその活用法とは?!駅前の土地にピッタリの活用方法6選
人が少なくても大丈夫!田舎でも成功する土地活用4選と失敗しないための注意点
ちゃんと信用できるか見極めよう!土地活用の営業マンを上手に付き合う方法
20坪しかなくても大丈夫?!20坪程度の土地でも稼げる土地活用とは
アパート経営はできる?!30坪の土地でも可能なオススメ活用方法5選
小さい土地でも色々できる?!50坪以下の土地を有効活用する方法7選
60坪の土地を最も活かせる土地活用とは?プロが薦める活用方法3選
どんな土地活用を選ぶべき?!100坪の土地と相性バツグンの活用方法4選
迷ったらコレを選ぶべし!150坪の土地と相性抜群の土地活用4選
広大な土地を有効活用するには?200坪の土地で行うべき土地活用3選
プロが教える!300坪の土地を有効利用できる土地活用3選
狭い土地でも儲かる方法とは?!狭小土地におすすめの土地活用4選
価値が上がるからこそできる!区画整理された土地にピッタリの土地活用6選
ちゃんと活用できる!市街化調整区域で行うべき土地活用4選
山は利用価値がないって本当?!山だからこそできる5つの土地活用
元・不動産業者が語る!成功した土地活用の例と失敗してしまった例
これこそまさに「不労所得」!何もしなくてもお金が入る土地活用5選
初心者オーナー必見!土地活用するなら知っておくべき基礎知識
多額のローンは背負いたくない!借金無しで土地活用できる3つの方法
実は3種類も?土地活用で「借地」を選択するなら知っておきたい全知識
高収益の土地活用「テナント経営」を行うなら絶対に知っておくべき全知識
初めてなら大手に依頼すべき?!大手企業に土地活用を任せるメリット・デメリット
短い期間だけ活用したいなら!短期向きの土地活用4つの方法
報酬から利用手順まで徹底解説!土地活用で「行政書士」を利用するための全知識
土地活用の方法に迷ったら!「売却」を選ぶべき5つのメリット
土地活用で「等価交換」をするなら!知っておくべきメリット・デメリットを解説
土地活用で「家賃収入」を得たいなら絶対に知っておくべき全知識
おすすめ会社から注意点まで!土地活用「賃貸住宅」を成功させる全知識
初心者必見!土地活用「アパート経営」を不動産のプロが完全ガイド
メリットから手順まで解説!マンションで土地活用するなら知っておくべき全知識
プロが解説!土地活用「マンション経営」のすべてがわかる3つの知識
今後の土地活用はどうなる?元不動産業者が教える最新動向と今後の予想
「スターツ」に土地活用を依頼する前に!メリットから注意点まで徹底解説
土地活用の賃貸経営に向いている土地とメリット・デメリットの全知識
住宅地に空き地を持っている人必見!住宅地区にオススメの土地活用5選
土地活用「貸倉庫」が気になっているなら絶対に知っておくべき全知識
「貸コンテナ」で土地活用したい人必見!メリット・デメリット等を徹底解説
利回り30%が可能な土地活用!トランクルーム経営を完全解剖
初期費用から毎月の収益まで!「太陽光発電」で土地活用するための全知識
事前に絶対知っておきたい「太陽光発電」で土地活用する5つデメリット
土地を「駐車場」として活用するなら!絶対に知っておきたい全知識
基礎から儲けるコツまで解説!プロ監修・土地活用「駐車場」3つの必須知識
大儲けできる土地活用?コインパーキングを行う前に知っておくべき全知識
駐車場で土地活用するなら!絶対に知っておきたい「税金」の全知識
導入から解約の方法まで!土地活用で「タイムズ」を選ぶ前に知っておくべき全知識
土地活用でコンビニ/4つのメリットと7つのデメリットを徹底解説
「フランチャイズ」で土地活用するなら!メリットから加盟の手順まで徹底解説
ガソリンスタンドで土地活用するなら絶対知っておくべき必須知識
広大な土地だからこそできる活用がある!「農地」でおすすめの土地活用4選
素人でもできる?!「農園」で土地活用するために知るべき全知識
土地活用で「コインランドリー」で選ぶなら!メリットから注意点まで徹底解説
方法から注意点まで全てわかる!土地活用 「保育園」についての全知識
土地活用で社会貢献したいなら!「老人ホーム」を選ぶ前に知っておくべき全知識
社会貢献もできる?土地活用で「福祉施設」を選ぶなら絶対に知っておくべき全知識
土地活用で「自動販売機」を選ぶなら!事前に知っておきたい必須知識
ホテルで土地活用する人必見!絶対に成功させるための全知識
最適な活用方法は何?田んぼの土地活用を成功させる全知識
許可や申請が必要?!「墓地」で土地活用するなら知っておくべき全知識
プロ注目の土地活用「デイサービス」を行うなら絶対に知っておくべき全知識
相続税対策で土地活用をするなら絶対に知っておくべき全知識
土地を相続した人は必見!ベストな土地活用2選と知っておくべき基礎知識
土地活用で「法人化」するメリット・デメリットと注意点を徹底解説
審査の基準から必要書類まで徹底解説!ローンで土地活用する際の全知識
資産運用が目的の人は必見!プロが認めるオススメの土地活用3選
土地活用するならどの会社にすべき?「実績」や「サポート」などを徹底比較
デキる人を見分けられる!土地活用コンサルティングで失敗しないための全知識
土地活用をする人は絶対に知っておくべき税金対策の全知識
土地活用ならスマイスター?特徴からメリット・デメリットまで徹底解説
初心者必見!第一種低層住居専用地域の土地活用を成功させるための全知識
初心者必見!大阪市で成功しやすい土地活用を完全解説
姫路でベストの土地活用は?姫路で成功しやすい土地活用4選
名古屋で土地活用するなら絶対に知っておくべき全知識
横浜の土地にぴったりの活用方法とは?横浜での土地活用に必要な知識を解説
どの活用方法が最適?広島で土地活用を成功させるための全知識
何の活用方法にすべき?仙台市で土地活用を成功させるための全知識
初心者必見!奈良県で成功しやすい土地活用とおすすめ会社を徹底解説
震災後だからこそ知っておきたい!熊本で土地活用する前に知るべき全知識
観光地にピッタリの土地活用とは?沖縄の土地を活用するための全知識
読めば土地活用の業界通になれる?!活用方法別の業界事情まとめ
業界最大手「住友林業」で土地活用するなら絶対に知るべき必須知識
越川社長でお馴染み?!株式会社土地活用について徹底解説
気になる評判は?大東建託で土地活用するなら絶対に知っておきたい全知識
CMでお馴染み「セキスイハイム」で土地活用する前に知っておくべき全知識
基礎情報から注意点まで解説!大和ハウスで土地活用するための全知識
「土地活用ラボ」でお馴染み!大和ハウス工業の土地活用を徹底検証
強み・弱みから注意点まで解説!土地活用会社「レオパレス」の全知識
埼玉周辺の土地活用ならお任せ!土地活用会社「ポラス」の全知識
ネットではあまり紹介されていないおすすめの土地活用の建設業者を紹介
土地活用のイベントに行く前に知っておくべき3つの企業知識
土地活用の資料請求の重要性と効率的に請求できるたった1つの方法