土地活用 マンション経営

最終更新日:2017年10月10日

土地活用「マンション経営」について理解を深めたい人へ

土地活用「マンション経営」について理解を深めたい人へ
筆者は以前不動産業者として、10年以上も土地仲介をしていました。

 

日頃の仲介業務を進めていくなかで、「マンション」で土地活用する人ともよく出会っていましたね。

 

土地活用としてマンション経営に挑戦する人は、大抵はプロですが、一部に素人さんもいました。

 

マンション経営について素人さんの大半は、最初から最後まで業者に任せっきりです。

 

素人さんの中には、プロだったら絶対に容認しないような計画でマンションを建てていた人もいましたよ。

 

空室だらけで資金繰りがうまくいかないと悲痛な叫びをあげていました。

 

筆者が見た土地活用の素人さん達は、土地活用「マンション経営」についてこんな悩みや不安、疑問をもっていました。

・土地活用「マンション」のメリットとは?
・マンションで土地活用する際のリスクが知りたい      
・パナホームのマンションってどうなの?

今、土地活用「マンション経営」について情報収集している人は、同じような疑問を持っている事でしょう。

 

そもそも上記のような疑問は、マンションで土地活用する人なら必ず行き当たる疑問です。

 

しっかりとした「回答」を得ないままでは、あなたもマンションでの土地活用で失敗するかもしれません。

 

そこで今回の記事では上記のような「マンション経営」をするなら絶対に解決しておくべき疑問全てに、不動産のプロとして回答していきます。

 

この記事を読めば、あなたが知っておくべき「マンション経営」に関する知識はすべて網羅できます。

 

読み終えた時には、「マンション経営で土地活用するメリット」「マンションで土地活用するリスク」をしっかりと理解できているはずです。

 

さらに1つの事例として「パナホームでマンション経営をお願いすべきなのか」についても取り上げます。

【裏技】土地活用の成功の秘訣は「複数社の計画」を比較する!

イエカレならネットで1回申し込むだけで、あなたの土地に最適なプランを受けられる
複数社の豊富なプランを比較してまずは勉強を!利用者100万人で安心の無料一括資料請求

イエカレ土地活用

https://plus-search.com/


>全国の優良企業が土地計画プランを無料で作成<
>かんたん1分の無料一括資料請求はイエカレ<

 

マンション経営で土地活用するメリット

マンション経営で土地活用するメリット
まず紹介するのは「マンション経営で土地活用するメリット」です。

 

土地の活用分野では、主流な活用方法としてアパートやマンションを経営することにより、資産運用で高い利回りを期待することができます。

 

しかし一般家庭においては投資に失敗すれば、借金が残るリスクも伴います。

 

不動産会社に相談してもよい評判しか聞けないことが多いです。一方的な長所だけでは満足できないですよね。

 

そこでこの章ではマンション経営のリアルな長所を整理しました。

 

リアルな長所とは「短所を内包している」のがポイントです。

 

大切なのは長所ばかりを見ず、その「裏側」を確認しつつ、自分に都合の悪い展開が起こる可能性を否定しないことです。

 

マンション経営のリアルな長所とは

マンション経営の長所は、本当にたくさんあります。魅力的なメリットばかりですが踊らされてはいけません。

 

くれぐれも長所の「表面」だけをみて盲目にならずに、冷静な判断をもってメリットを読み進めてください。

 

ではさっそく紹介していきましょう。

 

不労所得が手に入る

家賃収入は入居者がいる限り、また、滞納がなければ定期的な収入となって継続されます。

 

同じお金を銀行に預けても、微々たる利子しか作れないことに比べて、マンションの賃貸経営は高い投資効果を出すことができます。

 

定期的な収入を確保して、老後の生活を安定させるという動機の人にはぴったりの活用方法です。

 

実際に多くのマンションオーナーの目的が不労所得であることは確実です。

 

年齢を問わず、いつでも病気や事故で働けなくなる可能性は誰にでもあります。

 

不労所得で生活を安定させ、労働以外の意味のある時間に増やしたいものです。

 

ただ、マンション経営のオーナー業は、ネットでよくある評判で言われているようにやさしくはないです。

 

不特定の人が入居するマンションで、何もトラブルが起きないと限りません。

 

空室リスクのせいで、不労所得にならない場合もあります。このようにオーナー業に心配はつきものです。

 

しかし管理サービスに委託することで、家主が対応しなければならない状況が激減しているのも事実。

 

工夫次第では、不労所得の状態を本当に実現することが可能です。

 

ただ管理サービスへの委託も1つの「経営判断」ですが、管理会社の対応で入居継続率は大幅に変わってくるのも忘れてはいけません。

 

このように不労所得を実現するために、常に重要な判断を迫られることになるのです。

 

節税効果がある

不動産には税金が毎年発生するので、税金対策としてもマンション経営が利用されます。

 

主に対象となるのは土地の「固定資産税」「都市計画税」と「相続税」です。

 

ほかにも損失とビルの減価償却を利用した「所得税」「住民税」の減税もあります。

 

それぞれの税金に対するマンション経営の節税効果をもう少し深掘りしていきましょう。

 

固定資産税・都市計画税

土地の固定資産税と都市計画税は住宅が建てられていると、固定資産税が最大1/6、都市計画税が最大1/3まで負担が減ります。

 

重要なのが1軒に対して軽減される面積が決まっている点です。

 

マンションの場合、かなり敷地が広くない限り全体が軽減対象になります。

 

つまり、一戸建て住宅では最大の軽減を受けられない広い土地であっても、マンションを建てれば、最大の軽減を受けやすくなり節税効果は大きくなるのです。

 

固定資産税については、「固定資産税を滞納している不動産は売却できる?固定資産税の基礎知識を解説」に詳しく解説しておりますので、気になる方はご確認ください。

 

相続税

相続税は相続財産の評価額から、基礎控除などの控除額を差し引いた金額に税率を乗じて計算します。

 

つまり可能な限り「評価額」を減らすことで節税につながるのです。

 

宅地に利用されている土地は、更地に比べれば、評価の減少を受けます。

 

評価の減少は2段階で進行されています。

 

1つめの段階は「アパートやマンションが建っている」という事実そのものです。

 

建物があれば評価がさがり、更地の8割程度まで評価額が減少します。

 

もう1つめの段階は小規模宅地かどうかです。

 

小規模宅地の特例と呼ばれる制度に該当すれば、評価額が5割になります。

 

土地活用における相続税については、「相続税対策で土地活用をするなら絶対に知っておくべき全知識」に詳しく解説しておりますので、気になる方はご確認ください。

 

所得税・住民税

マンション経営による事業所得は、給与所得など他の所得と通算できます。

 

つまり、たとえ赤字になっても税金(所得税・住民税)の面においてメリットがあるのです。

 

初年度は投資が大きいので、一般的に赤字になるはず。所得税・住民税は減額できる確率が高いです。

 

また建物には減価償却という概念があり、毎年価値は落ちるため、こちらも「支出がない経費」として認められます。

 

そのため、実際には家賃収入で利益が出ていても、建物の減価償却費と圧縮できるのです。

 

所得税は経費がおおいほど節税できますから、建物の存在そのものが経費にできるのは大きな利点といえます。

 

所得税・住民税については、「土地活用をする人は絶対に知っておくべき税金対策の全知識」にも詳しく解説しておりますので、気になる方はご確認ください。

 

インフレーション対策

インフレーションは、物価が上昇して、通貨価値が下がる現象を意味しますが、現金や金融商品に比べて不動産を活用することはインフレに強いです。

 

デフレが長く続いた日本は、政策目標としてインフレを掲げており、金融商品より不動産投資に目を向けなければならないという意見も多いです。

 

100円は100円しかなく、100円で買えたものが100円で買えなくなった時、物価について相対的な現金価値は落ちます。

 

しかし不動産は、物価が上がれば上昇傾向に向かうため価値があり、現金よりもインフレに強いのです。

 

レバレッジを効かせた費用対効果

運用規模が大きくなると、同じ利率でも大きな投資効果を得ることができます。

 

例えば、100万円の現金を10%の利回りで運用しても、年間10万円の利益です。

 

ところが1,000万円の価値を持った土地を担保に銀行から1,000万円借りると、レバレッジが効いてとんでもない数字をたたき出します。

 

資産上はプラスマイナス0円にもかかわらず、1,000万円で運用できるので、同じ10%の利回りは年間100万円の利益を得ることができ、10倍になるのです。

 

このように、土地や建物を担保に借入金を使用すれば、自己資金よりも資産運用(レバレッジ)を可能にすることがマンション経営の長所です。

 

リスク分散になる

マンション経営を含む、賃貸経営では戸数が増えることがリスク分散に直結します。

 

戸数が1軒しか持たない戸建て賃貸では、入居者があれば家賃収入を得られますが、入居者が出れば、1円も収入がありません。

 

家賃収入が100%または0%の状況のどちらかに左右される時期が長いと経営が悪化するでしょう。

 

しかし、10戸のマンションを保有した時、満室が無理でも8割の稼動を維持すれば、平均80%の家賃収入を得るようになります。

 

このようにマンションは0か100かになることがないので、リスク分散効果が得られるのです。

 

マンション経営のメリットについては、「メリットから手順まで解説!マンションで土地活用するなら知っておくべき全知識」に詳しく解説しておりますので、気になる方はご確認ください。

 

マンションで土地活用するリスク

マンションで土地活用するリスク
ここまででは、「マンション経営で土地活用するメリット」をお伝えしました。

 

土地売却の手段として「マンション経営」を選択した際の利点を理解していただけたのではないでしょうか。

 

次に紹介するのは、「マンションで土地活用するリスク」です。

 

マンション経営は投資額が大きいだけに、誰も恐ろしいのがリスク(短所)です。

 

ただ、短所によって生じるリスクは軽減することが可能なので、事前に理解しておけば問題ありません。

 

つまり事前に上手くリスク対策をすることがマンション経営の成功ポイントになるのです。

 

またリスクを軽減するとしても、新たなデメリットが生じる事もあります。

 

どちらにしても事前にリスクを知るのは必要不可欠です。

 

この章ではマンション経営を始める前に知っておくべきリスクについて紹介していきます。

 

家賃滞納

入居者がいると、安定して家賃収入が発生しますが、マンション経営には家賃滞納のリスクが必ず付いて回ります。

 

滞納は入居者次第であり、1つの対策として入居者の審査を厳しくすることしかできず、完全に防ぐことは不可能です。

 

傾向としてはどうしても収入が低い若い世代の独身者は滞納しがちです。

 

一方、既婚者は安定する代わりに、部屋が広くなってしまうので、一般的に投資効果が薄くなります。

 

2倍の広さの部屋でも家賃は2倍に満たないため、どちらをとるのか考え物です。

 

したがって、滞納リスクと市場の大きさ、収益率の判断は重要になります。

 

ちなみに滞納リスクに対する対策ですが、保証人ではなく保証会社との契約を入居条件とする方法もあります。

 

代表的な保証会社は「日本賃貸保証」や「ゼンホレン」などが挙げられるでしょう。

 

空き部屋発生

マンション経営では、どのように入居率を高め、家賃収入を維持するかを、収益のポイントとして考えます。

 

しかし入居率は努力だけではどうしようもない側面を含んでいます。

 

需要より供給が下回る地域は少なく、世帯数の減少を受けて、マンションだけで過剰供給の地域も多いです。

 

そうなると、どうしても新築建物に人が集まりやすいので、マンション経営でも他の新築建物に入居者を奪われます。

 

また地域全体の需要が大幅に落ちる事態が考えられます。

 

例えば、需要になる大学や工場・大手などが移転すれば、マンション経営に大きな打撃になるでしょう。

 

自分の土地とは異なる地域での再開発や路線延長による駅の完成、商業施設の出店による利便性の変化などでも影響を受けます。

 

このような需要の変化は将来を予測できないだけに難しいです。

 

しかし少なくとも人口減少・世帯数の減少は分かっているのですから、ターゲットを絞ったマンション経営をする必要があるでしょう。

 

つまり、地域のニーズを把握し、独身者用なのか既婚者用なのか、若年層向けなのかに中高齢層用なのかを判断する必要があるのです。

 

さらに周辺施設はどの層が利用するのか等、競争対象となるマンションの調査も含めてマーケティングをきちんとする必要があります。

 

金利の変動

近年はまれに見る超・低金利時代が長く続いており、借りる側にとってはありがたい低い金利状態です。

 

しかし10年20年間と、今の金利が維持できるとは到底思えません。

 

マンション経営では建築資金が大きく、ローンの借入期間も長くなるため、長期的視野が必要です。

 

もしかすると、金利の変動による返済額の増加や、建物の劣化による減収が同時に訪れるかもしれません。

 

金利は将来の資金計画を大きく左右するので動向に注目して、金利上昇リスクも考えて慎重に選ぶようにしましょう。

 

災害リスク

山林が多く、海に囲まれた日本は、とにかく自然災害によるリスクが高い国です。

 

それだけでなく地震も多く、毎年台風の進路になる国ですから、大規模な災害が起こることを想定して備える必要があります。

 

最近では気象異変とも思えるほどの雨で、川の氾濫が起きて被害が起きています。平野でも災害危険は軽視できません。

 

また、都市でも排水能力を超えたとんでもない浸水がおきています。

 

これらの災害は保険で対処するしかありませんが、保険料が経営を圧迫してしまいます。

 

マンションの流動性が低い

流動性とは、売買や他の資産に対する売却が容易かを意味します。流動性が高いのは現金です。

 

いつでも売買可能な有価証券などの金融商品も流動性は高いです。一方、不動産は流動性が低い資産になります。

 

すぐに現金化できないので、マンション経営から撤退するのは一苦労してしまいます。

 

老朽化と再建築

土地に老朽化はないですが、建物は必ず年数の経過とともに老朽化します。

 

老朽化した建物は、資産価値を失うと同時に管理負担が増大します。

 

市場価値も徐々になくなって、いつかは再建築を検討するタイミングが訪れるのです。

 

再建築となるとお金もかかりますし、法的な規制に縛られることも多いです。

 

マンション経営のキモは「リスク管理」

成功した時は着実に高い利回りを実現しやすいマンション経営ですが、リスクがあり競争も激しいことで、成功者の数以上にたくさんの失敗者が存在します。

 

長所と短所は表裏一体で、どちらか一方だけではないことは不動産だけでなく、どの世界でも同じです。

 

また、マンション経営は取り返しの効かない投資金額が必要になります。

 

だからこそ自分の土地がある地域のニーズと未来の金利、土地価格などの動向、採算ライン(損益分岐点)を可能な限り詳細に調査しないといけません。

 

そのうえで最悪の事態(災害やニーズの急変)を想定したシミュレーションが必要です。

 

よく使われる言葉である「予定通りにならなかった」「想定外の事態が起きた:などは、ただ単に計画の甘さやリスクに対する対策の不足です。

 

失敗しないための絶対的な方法はないですが、リスクの発生をもとに資金計画を詳しく検討しないとマンション経営は成功できません。

 

マンション経営のリスク管理については、「土地活用で「家賃収入」を得たいなら絶対に知っておくべき全知識」に詳しく解説しておりますので、気になる方はご確認ください。

 

パナホームでマンション経営をお願いすべきなのか

パナホームでマンション経営をお願いすべきなのか
ここまででは、「マンションで土地活用するリスク」をお伝えしました。

 

土地売却としてマンション経営をするなら何に気をつけるべきなのか、理解していただけたのではないでしょうか。

 

最後に取り上げるテーマは、「パナホームでマンション経営をお願いすべきなのか」です。

 

マンションでの土地活用を検討している人の中には、「パナホーム」の土地活用が気になっている人が多いです。

 

気になる気持ちと同じくらい「パナホームのマンションはどうなんだろう・・・」「任せても大丈夫?」等の疑問を感じている人もいます。

 

結論からいいましょう。パナホームは低層階で中高層まで様々なマンションに対応可能で、特に初めてマンション経営を検討する方には頼りになる優良企業だと言えます。

 

この章ではそんな「パナホーム」のマンション経営についてわかりやすく紹介していきます。

 

パナホームの土地活用の総評

パナホーム1963年に設立され、年間約6千世帯以上の住宅を建築する超・大企業です。

 

対応地域は一部の島部を除く全国対応で、土地活用会社では珍しく、沖縄も対応エリアになっています。

 

業界最大規模の対応地域なのは間違いありません。

 

パナホームは一般向けの戸建ても当然対応していますが、マンション建築にも長けています。

 

パナホームは鉄骨造りで最大9階までのマンションが建築可能となっており、業界最高水準です。

 

提案力も非常に強く、幅広いジャンルで平均以上の提案を受けることができるでしょう。

 

気になる価格帯ですが、:坪50万円ぐらいから坪70万円ぐらいまでと、業界でも平均的な金額です。

 

アフターサービスも充実しており、保証は標準で20年間の保証(防水保証は15年)がついてきます。

 

パナホームでの土地活用の特徴・長所・短所

パナホームで土地活用をお願いするか検討するなら、明確にしないといけないポイントがあります。

 

それは「特徴」「長所」「短所」です。

 

この章ではパナホームでマンションを依頼した場合、どんな特徴・長所・短所があるのか紹介していきます。

 

高い製品力と幅広い対応力

パナホームでは高層まで建築可能な製品力を活かして、様々な用途を併用した計画による土地の可能性を提案してくれます。

 

特に都市地域など、多様な活用の可能性が考えられるケースには大きな力を発揮してくれるでしょう。

 

パナホームには女性用のマンションなど、さまざまなコンセプトのマンションが建築可能です。

 

看護士がついた高齢者用マンションもパナホームならではの商品です。

 

パナソニックとの共同による医療・介護事業などを取り入れた高齢者用マンションも積極的に展開しています。

 

ただのマンションではなく、幅広い可能性の中でマンション経営を検討した人には最適の会社です。

 

最長20年の長期保証システム

マンションを新築する建築会社には「住宅の品質確保の促進などに関する法律」によって、建物の主要部分(構造耐力上主要部分と雨水の侵入を防止する部分)については10年間の瑕疵担保責任が義務化されています。

 

つまり、ちゃんと法律を守る会社であれば、どこでマンションを作っても10年間保証はついて来るのです。

 

しかしパナホームは法律で定められた期間を越えて、当初20年間の長期保証(※雨水の侵入を防止する部分については15年ごとに無料点検)を実現しています。

 

さらに最長60年の修理サポートがついてくるので、安心して建物の点検を任せられます。

 

長期のパナホームによる純正保証がついているので、中長期的な土地活用時にも安心できるのはうれしいポイントです。

 

もし将来的に売却する必要性が出たとしても、建物の価値の向上につながる可能性がある嬉しいシステムです。

 

一括借り上げ制度が使える

パナホームで建築したマンションでは、グループ企業の不動産会社による一括借り上げシステムが利用できます。

 

つまり、空き家リスクを分散した土地活用をすることができるのです。

 

エリアによる条件及び対応するかどうかは違いますが、大体募集家賃90%~85%程度の保証料率です。

 

空室リスクにとらわれない安定的な収入を確保することができます。

 

担当者や部署の提案の水準に差がある

パナホームで土地活用する最大のデメリットは「担当者能力のムラ」です。

 

大手住宅メーカーの中では「あるある」ですが、担当ごとによるレベルの格差が大きいのです。

 

百戦錬磨のできる営業マンもたくさんいますが、右も左も分からない新人もパナホームにいます。

 

個々の能力がちがうので、当たり前ですがどの営業マンがつくかによって、様々なクオリティに差がでます。

 

またそれなりの大企業ではどこでもある話ではありますが、営業や設計・現場監督ドゥンガン数多くのスタッフがいるため、担当が専門外の人がつくこともあります。

 

紹介でない限り担当者は選び難い面もありますが、相談する部署は自ら選択できます。

 

パナホームの土地活用(マンション部門)を専門に扱う部署に相談するようにしましょう。

 

マンション経営を成功させるには、なるべくなら手練れの営業マンについてほしいですが、自分で指名できないのが痛いところです。

 

ただ「この営業マンを変えてください」と伝えるのは全然OKです。

 

明らかに実力のない人が担当になったら、申し出てみましょう。

 

保証期間が普通

パナホームでは、前述の通り、保証期間が20年と法律法で定めた10年と比較すると、長い保証期間になっています。

 

ただ他の大手住宅会社では40年以上の会社も多いのも事実。

 

つまりパナホームの保証期間は、長いようにみえて実は「普通」なのです。

 

どちらかというと、大手住宅建設業者の中では比較的保証が短い部類に入るかもしれません。

 

デザインに個性がない

パナホームは確実なクオリティを実現するため、工法に個体差を出さない「工業化建築」を採用しています。

 

品質が安定して保証が充実することが工業化建築の長所なのですが、弱点もあります。

 

実は外観デザインの自由度が低いという短所があるのです。

 

今のマンション業界にはオリジナルデザインで差別化されたデザイナーズマンションなどが台頭しています。

 

オリジナリティにこだわっていたい人には、物足りなさを感じさせる可能性は十分にあります。

 

突出した独自のサポートサービスがない

パナホーム以外にもたくさんのマンションの建築会社がありますが、パナホームには見られない独自のサービスがあります。

 

マンション建築業者として実績を上げてきている「クラスト」は、管理費ゼロで全てのマンション管理業務を代行してくれます。

 

あえて一括借上げを行わずに、家賃収入を全て収益にできるようにもしています。

 

テレビCMでもおなじみの「大東建託」は新聞・CM・インターネットを駆使して入居者募集を加速してくれるサービスを実施中です。

 

いい部屋ネット」という媒体力のあるメディアを保有しているので、円滑に募集活動を行えます。

 

どこの地域にでも大東建託の支店があるので圧倒的にお客さんがつきやすいのです。

 

パナホームは製品としての力はありますが、他社にあるような独自のサポートサービスがありません。

 

いい物件を作っても管理が面倒だったり、入居者がつかないと意味がないです。

 

もう少し他社に負けないようなサポートサービスに力をいれてほしいと考える人は少なくないはず。

 

パナホームでマンションを建てるべき人とは

前述のとおり、パナホームでマンションを建築する最大の長所は「全国対応可能で、工業化住宅が9階まで対応可能な製品力と幅広い種類に対する対応力」です。

 

初めてマンション経営をする人、自分の土地活用を総合的に任せてもいい人には最適の会社です。

 

またほかの会社には見られないパナソニックの技術を取り入れたオリジナルのマンションを使いたい人も必見です。

 

反対に「短期的な運用を考えている人」「オリジナルデザインにこだわったマンションを建てたい人」にはパナホームは向いていません。

 

前述のとおり、パナホームは大手住宅建設業者の中では比較的低コストの価格帯の商品を提供している会社です。

 

しかしもともと鉄骨の工業化建築なので、地場会社の建てたマンションなどと比較すれば価格は高くなりがちです。

 

そのために最大限安く作り、10~15年のような短期間で土地の活用を検討したい人にはあまり適していないメーカーといえます。

 

また工業化建築は規格や部材・工法があらかじめ決定されるために、一般的なマンション建築と比較してデザイン面での自由度は低いです。

 

外観などで独創性を出したい人は、パナホームでは満足できないでしょう。

 

ちなみに使用する部品は決定されていますが、色やある程度のデザインの差別化は可能です。)

 

土地活用を検討するなら!一括資料請求で多くの可能性を探る

土地活用を検討するなら!一括資料請求で多くの可能性を探る
土地活用を一言で言っても多くの方法があり、その土地と地域性にあった土地活用をしっかり選ぶ必要があります。


ただ、なかなか自分で見つけるのは大変ですよね。。。


そんなときに便利になるのが土地活用の一括資料請求です。


あなたの土地情報を入力するだけで、大手企業から一括で最適なプランを提案してもらえます。


中でも「顧客満足度No.1」「安心度・使いやすさランキングNo.1」「参画企業数No.1」の三拍子が揃った「イエカレの土地活用」が一番オススメです。


イエカレ土地活用の一括資料請求はこちら

イエカレーの一括資料請求

https://plus-search.com/

 

まとめ

以上、「マンション経営で土地活用」をテーマとして、主に3つ知識を解説してきましたが、いかがだったでしょうか?

 

この3つの知識さえ押さえておけば、土地活用「マンション経営」に関する知識はすべて網羅できています。

 

今後マンション経営に挑戦するのであれば、今回紹介した知識をぜひ参考にしてみてください。

関連ページ

これを読めば全てがわかる!土地活用の主な流れを方法別に徹底解説
どんな方法がある?土地活用4つの方法とそれぞれのメリット・デメリット
活用方法を迷っている人必見!土地活用6種類の特徴を徹底解説
あなたの土地活用を成功に導く8つの活用事例を徹底解説
迷った時の参考に!元・不動産業者が選ぶおすすめ土地活用ランキング
活用方法に迷ったらコレを選ぶべし!プロからの評判が良い土地活用4選
土地活用の方法を選べない初心者は必見!おすすめの土地活用まとめ
あなたの土地に最適なのはどんな土地活用?目的別の活用プランを徹底解説
これから土地活用する初心者必見!土地活用を成功させる全知識
評価額で活用方法が変わる?!あなたの土地を上手く活用するための全知識
これを見れば一目瞭然!「初期費用」や「収益」など土地活用の各要素を徹底比較
詐欺に合いたくないなら!土地活用をする際の自己防衛5つのテクニック
低予算でもOK!片手間でできる「副業」にぴったりの土地活用4選
利回りをUPさせる3つの活用テクニックと高利回りになりやすい土地活用方法4選
土地活用で節税!使える節税テクニック3選と最も節税効果がある活用方法
おすすめの相談相手から注意点まで!土地活用の相談に行く前に知るべき全知識
これを見れば一目瞭然!使わなくなった土地の活用方法一覧
どの土地活用方法が儲かる?利益が大きい土地活用4選と儲かるためのコツ
鵜呑みは危険!?土地活用のパンフレットを上手に活用するための全知識
ここに注目すべし!土地活用のチラシを見る前に知っておくべき全知識
ノーリスクの土地活用?「リースバック」を使いこなすための全知識
駅前だからこその活用法とは?!駅前の土地にピッタリの活用方法6選
人が少なくても大丈夫!田舎でも成功する土地活用4選と失敗しないための注意点
ちゃんと信用できるか見極めよう!土地活用の営業マンを上手に付き合う方法
20坪しかなくても大丈夫?!20坪程度の土地でも稼げる土地活用とは
アパート経営はできる?!30坪の土地でも可能なオススメ活用方法5選
小さい土地でも色々できる?!50坪以下の土地を有効活用する方法7選
60坪の土地を最も活かせる土地活用とは?プロが薦める活用方法3選
どんな土地活用を選ぶべき?!100坪の土地と相性バツグンの活用方法4選
迷ったらコレを選ぶべし!150坪の土地と相性抜群の土地活用4選
広大な土地を有効活用するには?200坪の土地で行うべき土地活用3選
プロが教える!300坪の土地を有効利用できる土地活用3選
狭い土地でも儲かる方法とは?!狭小土地におすすめの土地活用4選
価値が上がるからこそできる!区画整理された土地にピッタリの土地活用6選
ちゃんと活用できる!市街化調整区域で行うべき土地活用4選
山は利用価値がないって本当?!山だからこそできる5つの土地活用
元・不動産業者が語る!成功した土地活用の例と失敗してしまった例
これこそまさに「不労所得」!何もしなくてもお金が入る土地活用5選
初心者オーナー必見!土地活用するなら知っておくべき基礎知識
多額のローンは背負いたくない!借金無しで土地活用できる3つの方法
実は3種類も?土地活用で「借地」を選択するなら知っておきたい全知識
高収益の土地活用「テナント経営」を行うなら絶対に知っておくべき全知識
初めてなら大手に依頼すべき?!大手企業に土地活用を任せるメリット・デメリット
短い期間だけ活用したいなら!短期向きの土地活用4つの方法
報酬から利用手順まで徹底解説!土地活用で「行政書士」を利用するための全知識
土地活用の方法に迷ったら!「売却」を選ぶべき5つのメリット
土地活用で「等価交換」をするなら!知っておくべきメリット・デメリットを解説
土地活用で「家賃収入」を得たいなら絶対に知っておくべき全知識
おすすめ会社から注意点まで!土地活用「賃貸住宅」を成功させる全知識
初心者必見!土地活用「アパート経営」を不動産のプロが完全ガイド
メリットから手順まで解説!マンションで土地活用するなら知っておくべき全知識
今後の土地活用はどうなる?元不動産業者が教える最新動向と今後の予想
「スターツ」に土地活用を依頼する前に!メリットから注意点まで徹底解説
土地活用の賃貸経営に向いている土地とメリット・デメリットの全知識
住宅地に空き地を持っている人必見!住宅地区にオススメの土地活用5選
土地活用「貸倉庫」が気になっているなら絶対に知っておくべき全知識
「貸コンテナ」で土地活用したい人必見!メリット・デメリット等を徹底解説
土地活用「トランクルーム」に挑戦するなら絶対に知っておくべき全知識
初期費用から毎月の収益まで!「太陽光発電」で土地活用するための全知識
事前に絶対知っておきたい「太陽光発電」で土地活用する5つデメリット
土地を「駐車場」として活用するなら!絶対に知っておきたい全知識
基礎から儲けるコツまで解説!プロ監修・土地活用「駐車場」3つの必須知識
大儲けできる土地活用?コインパーキングを行う前に知っておくべき全知識
駐車場で土地活用するなら!絶対に知っておきたい「税金」の全知識
導入から解約の方法まで!土地活用で「タイムズ」を選ぶ前に知っておくべき全知識
土地活用でコンビニ/4つのメリットと7つのデメリットを徹底解説
「フランチャイズ」で土地活用するなら!メリットから加盟の手順まで徹底解説
ガソリンスタンドで土地活用するなら絶対知っておくべき必須知識
広大な土地だからこそできる活用がある!「農地」でおすすめの土地活用4選
素人でもできる?!「農園」で土地活用するために知るべき全知識
土地活用で「コインランドリー」で選ぶなら!メリットから注意点まで徹底解説
方法から注意点まで全てわかる!土地活用 「保育園」についての全知識
土地活用で社会貢献したいなら!「老人ホーム」を選ぶ前に知っておくべき全知識
社会貢献もできる?土地活用で「福祉施設」を選ぶなら絶対に知っておくべき全知識
土地活用で「自動販売機」を選ぶなら!事前に知っておきたい必須知識
ホテルで土地活用する人必見!絶対に成功させるための全知識
最適な活用方法は何?田んぼの土地活用を成功させる全知識
許可や申請が必要?!「墓地」で土地活用するなら知っておくべき全知識
プロ注目の土地活用「デイサービス」を行うなら絶対に知っておくべき全知識
相続税対策で土地活用をするなら絶対に知っておくべき全知識
土地を相続した人は必見!ベストな土地活用2選と知っておくべき基礎知識
土地活用で「法人化」するメリット・デメリットと注意点を徹底解説
審査の基準から必要書類まで徹底解説!ローンで土地活用する際の全知識
資産運用が目的の人は必見!プロが認めるオススメの土地活用3選
土地活用するならどの会社にすべき?「実績」や「サポート」などを徹底比較
デキる人を見分けられる!土地活用コンサルティングで失敗しないための全知識
土地活用をする人は絶対に知っておくべき税金対策の全知識
土地活用ならスマイスター?特徴からメリット・デメリットまで徹底解説
初心者必見!第一種低層住居専用地域の土地活用を成功させるための全知識
初心者必見!大阪市で成功しやすい土地活用を完全解説
姫路でベストの土地活用は?姫路で成功しやすい土地活用4選
名古屋で土地活用するなら絶対に知っておくべき全知識
横浜の土地にぴったりの活用方法とは?横浜での土地活用に必要な知識を解説
どの活用方法が最適?広島で土地活用を成功させるための全知識
何の活用方法にすべき?仙台市で土地活用を成功させるための全知識
初心者必見!奈良県で成功しやすい土地活用とおすすめ会社を徹底解説
震災後だからこそ知っておきたい!熊本で土地活用する前に知るべき全知識
観光地にピッタリの土地活用とは?沖縄の土地を活用するための全知識
読めば土地活用の業界通になれる?!活用方法別の業界事情まとめ
業界最大手「住友林業」で土地活用するなら絶対に知るべき必須知識
越川社長でお馴染み?!株式会社土地活用について徹底解説
気になる評判は?大東建託で土地活用するなら絶対に知っておきたい全知識
CMでお馴染み「セキスイハイム」で土地活用する前に知っておくべき全知識
基礎情報から注意点まで解説!大和ハウスで土地活用するための全知識
「土地活用ラボ」でお馴染み!大和ハウス工業の土地活用を徹底検証
強み・弱みから注意点まで解説!土地活用会社「レオパレス」の全知識
埼玉周辺の土地活用ならお任せ!土地活用会社「ポラス」の全知識
ネットではあまり紹介されていないおすすめの土地活用の建設業者を紹介
土地活用のイベントに行く前に知っておくべき3つの企業知識
土地活用の資料請求の重要性と効率的に請求できるたった1つの方法