土地活用 第一種低層住居専用地域

最終更新日:2017年8月19日

第一種低層住居専用地域で土地活用を検討している方へ

第一種低層住居専用地域で土地活用を検討している方へ
もしあなたが第一種低層住居専用地域の土地活用を検討しているのであれば、以下のような考えをもっていませんか?

・第一種低層住居専用地域って何の土地活用をすべきなの?
・せっかく第一種低層住居専用地域の土地を持っているから上手く活用したい
・そもそも第一種低層住居専用地域についてよく理解できていない…

第一種低層住居専用地域の土地活用を検討しているなら、上記のような疑問や考えを持っている人は多いです。

 

そろそろ疑問を晴らして、次のステップに進みたいですよね?

 

そこで今回の記事は、第一種低層住居専用地域で土地活用をするなら絶対に知るべき必須情報を紹介します。

 

この記事を読めば、第一種低層住居専用地域では何の土地活用をするのが良いのかわかりますよ!

 

記事を最後まで読んだ頃には、第一種低層住居専用地域の基礎知識もしっかりと理解できているはずです。

【裏技】土地活用の成功の秘訣は「複数社の計画」を比較する!

イエカレならネットで1回申し込むだけで、あなたの土地に最適なプランを受けられる
複数社の豊富なプランを比較してまずは勉強を!利用者100万人で安心の無料一括資料請求

イエカレ土地活用

https://plus-search.com/


>全国の優良企業が土地計画プランを無料で作成<
>かんたん1分の無料一括資料請求はイエカレ<

 

第一種低層住居専用地域の土地活用は難しい

第一種低層住居専用地域の土地活用は難しい
土地活用で避ける事ができないのが用途地域です。

 

用途地域は建物をどのように使用するかを定める制度になります。

 

建ぺい率(敷地面積に対する建築面積の割合)と容積率(延べ床面積の面積比)などによって分類します。

 

管理している法律は都市計画法です。都市計画で枠組みを定めて、12種類に分かれています。

 

低層住居専用地域、第一種低層住居専用地域、第一種中層住居専用地域などが代表的でしょう。

 

12種類の中で最も厳しい制限なのが、第一種低層住居専用地域となっています。

 

第一種低層住居専用地域は建物の高さが10mまで決まっています。3階までが限界でしょう。

 

建物の高さが10mまで決まっているので、高いマンションなどがなく、圧迫感のない地域になります。

 

高層マンションなどがなく、住む人の数が増えすぎない地域に設定される事が多いです

 

人が住みすぎないので、渋滞と混雑が起こりにくい地域になります。

 

高さ制限が10メートルなので、店舗の設置も難しいです。穏やかで住み良い住環境を目指した結果でしょう。

 

自分の所有する土地が第一種低層住居専用地域であれば、土地活用は注意が必要です。

 

大規模な賃貸アパートや、遊戯施設、オフィスビルの建築は、第1種低層住居専用地域では不可能です。

 

建ぺい率が30%~60%になる賃貸での土地活用も、比較的難しくなるでしょう。

 

第一種低層住居専用地域は用途が限られるため、投資家には疎遠される土地です。

 

土地活用のプロである投資家はどうしても大規模の建物を使う土地活用を好みます。

 

大型アパートや高層マンションなど、多数の収益があるのを望みます。

 

第一種低層住居専用地域は高さ制限のため、高層の建物は建築不可です。

 

投資家に人気の高層マンションや大型アパート、大型テナントができません。

 

そのため第一種低層住居専用地域には土地活用のプロがライバルになる事が少ないのです。

 

土地活用はライバルの出現で収益の幅が増減します。

 

なるべくならライバルなんて出てこないのが一番。

 

第一種低層住居専用地域であれば、ライバルの出現に怯える必要はありません。

 

初めて土地活用する人でも十分に収益を出せる可能性が高い地域と言えます。

 

第一種低層住居専用地域でも可能な土地活用は?

第一種低層住居専用地域でも可能な土地活用は?
前章では第一種低層住居専用地域の基礎的な情報についてお伝えしました。

 

土地活用をするうえで第一種低層住居専用地域はかなりハードルか高い地域だとお分かりいただけたと思います。

 

次に紹介するのは、第一種低層住居専用地域でも可能な土地活用について。

 

高さ制限によって第一種低層住居専用地域は、実現可能な土地活用が限られています。

 

限られているとはいえ、せっかく土地活用するなら収益の出る方法にしたいですよね。

 

そこでこの章では第一種低層住居専用地域でも成功しやすい土地活用を紹介していきます。

 

第一種低層住居専用地域の土地活用①太陽光発電

自分の土地に太陽光パネルを設置して、発電して作った電気を第三者に売電するのが「太陽光発電」です。

 

昔から徐々に利用者を拡大していましたが、昨今のオール電化ブームによって再び注目されました。

 

土地活用ではなく、住宅の屋根に設置する用途が増加しています。

 

住宅地域での使用が増加するにつれて、土地活用の現場でも利用者が増加しています。

 

太陽光発電が一時ブームになったのは、昔に比べて太陽光パネルの製作技術が進化したからです。

 

性能と耐久性が格段に進化しにもかかわらず購入金額は落ち、全くの素人でも非常に導入しやすくなっています。

 

第一種低層住居専用地域の土地活用で太陽光発電を選ぶ利点は、土地の広さが関係ない事でしょう。

 

立地の良さが無関係(=利便性が高くない場所でも可能)なのも魅力です。

 

メンテナンスが必要なく、自治体は、「補助金」を出しているのも見逃せません。

 

最近では電気の買い取り対象が充実しているのも利点です。

 

電力自由化により従来の電力会社以外にも売電するができるので、仕入れ先に支障がでません。

 

また太陽電池パネルは、中古で売却できるので撤退が容易なのもプラスポイントです。

 

その中でも特筆すべきはどんな土地でも可能な点でしょう。

 

土地活用方法にはかなりの広さや一定の用途地域を求める方法が多いです。

 

狭小地でも第一種低層住居専用地域でも可能な太陽光発電は非常に稀有な方法です。

 

太陽電池パネルは一度設置すれば、保守が必要ないのもポイントです。

 

精密機器の専門知識が必要であると思われがちですが、初心者でも十分に処理できるようになっています。

 

一方、太陽光発電に多額の初期費用を用意しなければならないのは大きな欠点です。

 

また太陽光発電は少しでも日差しが変わってしまうと収益が急減する可能性もあります。

 

ただビルやマンションが建築不可な第一種低層住居専用地域なら、そこまで心配しなくてもいいでしょう。

 

初期投資回収までが非常に長いのも問題です。早くても10年はかかるはずです。

 

太陽光発電はローリターンの土地活用です。爆発的な利益を得る方法ではありません。

 

例えば15坪(40個の太陽電池パネル)で売電価格は30円だと、年間収益は約30万円になります。

 

月別収支だと25,000円程度です。毎月の電気料金に少しお釣りが来る金額です。

 

もし30坪であれば60万円、120坪なら240万円に比例しても構いません。

 

あくまでも一般的なシミュレーションの結果ですが、参考値としては十分なデータでしょう。

 

ただ雨や雪が降る日が続いたり、パネルの種類が変わったりすると金額は変更するので注意してください。

 

太陽光発電の土地活用については「初期費用から毎月の収益まで!「太陽光発電」で土地活用するための全知識」にさらに詳しく解説しています。

 

第一種低層住居専用地域の土地活用②駐車場経営

土地活用は様々な方法がありますが、中でも代表的な例と言えるのが「駐車場」です。

 

使用していない土地にコンクリートが敷いて、自動車の位置を決定するラインを引くと駐車場が完成します。

 

土地活用は初期投資が数千万円から億単位の費用が必要なのが通例ですが、駐車場は少額の投資でできます。

 

もちろん第一種低層住居専用地域の土地でも実現可能です。

 

工事が小規模なので、駐車場が完成して運営開始までの期間が短いも特徴です。

 

もし駐車場に失敗しても再度空き地に戻せば、「空き土地」として売却できるのも大きな魅力といえます。

 

「初期投資が少ない」「失敗しても売却するができる」の利点で駐車場運営を選択する人は多いです。

 

今後も選定され続ける手段なのは、まず間違いないでしょう。

 

実は駐車場は大きく分けると二つの方式に分類できます。

 

「月極駐車場方式」と 「コインパーキング方式」のいずれかを選択する必要があります。

 

まずは月極駐車場を深ぼっていきましょう。

 

「月極駐車場」は駐車場内スペース1つ毎にそれぞれ契約者を定め、毎月の利用料を受け取る方法です。

 

駐車場の駐車可能台数が10台なら10台分の利用料を受ける事ができます。

 

もし1ヶ月の利用料が1万円であれば、毎月10万円の収入になるでしょう。

 

毎月の利用料が高いほど、手に入るお金も比例して増加する特徴を持っています。

 

月極駐車場は一旦利用者が決まったら、解約にはなかなかなりません。

 

長期的に安定した収益を得る事ができるのが最大の特徴です。

 

利用者との契約業務やや複雑で、法的な知識も必要です。

 

しかし専門家に依頼するレベルではなく、インターネット上で学習した知識程度で運営できます。

 

一方「コインパーキング」は月極駐車場とは異なり、契約者を定めずに使用するたびに利益が入る仕組みです。

 

「30分100円」「60分400円」など時間ごとに利用料金を定めます。

 

使用する人が多ければ多いほど、収益が上がるでしょう。

 

ただ利用者が決まっていないので、安心感は正直ありません。

 

誰も使用しなければ、1円も収入がない日もあります。

 

月極駐車場よりも初期投資と運用開始までの期間がかなりかかるのもポイントです。

 

コインパーキングは違法駐車を防止する専用の装置が必要不可欠です。

 

機器を導入するには工事が地中に至ります。かなりの規模になるので完成までに時間がかかるのです。

 

月極駐車場より危険性が高い方法はありますが、利用者が多ければ多いほど利用料が手に入るのは魅力です。

 

駐車場だけで生活できる人の多くは、コインパーキング方式を採用しています。

 

駐車場経営の土地活用は「土地を「駐車場」として活用するなら!絶対に知っておきたい全知識」にさらに詳しく解説しています。

 

第一種低層住居専用地域の土地活用③老人ホーム経営

かなり昔から「高齢化社会」が問題視されてきました。

 

人口は減少中にもかかわらず、高齢者人口は以前と増え続けています。

 

結果、「老人ホーム」の市場規模は年々拡大化。

 

地域によって老人ホームの数が不足し、圧倒的な需要過多の市場となっています。

 

老人ホームは、今の社会に欠かせない非常に重要な施設です。

 

老人ホームを運営するだけで優れた「社会貢献」にもなります。

 

需要が多く、社会貢献になるので土地活用の手段として非常に注目を集めています。

 

第一種低層住居専用地域は高さ10m以内の建物しか建築不可です。

 

ただ老人ホームは10m以下で建築できるので、第一種低層住居専用地域と相性のいい土地活用といえます。

 

そんな老人ホームですが、実はいくつかの種類があるのを知っていますか?

 

もし老人ホームで土地活用するなら、自分の都合や目的に合った種類を選択する必要があります。

 

代表的なのは「介護有料老人ホーム」です。多くの人員を介護する大規模な老人ホームになります。

 

どの介護を利用するかに応じて、サービス内容と料金が変わるのが特徴といえます。

 

高さは10m以内になりますが、広さは200~300坪以上必要なので注意してください。

 

公募により利用者募集するので、利用者数が安定しやすい利点もあります。

 

「グループホーム」の対象者は認知症高齢者です。利用者の上限は10人程度になるのが通例です。

 

目的が認知症緩和なので、家庭的な雰囲気を感じる施設が必要です。

 

広さも大きさも小規模なので第一種低層住居専用地域でも実行可能だといえます。

 

広さや規模よりも共同生活しやすい構造と設備を提供する方が優先されます。

 

利用者数の関係上、大規模な設備が必要ないので、100~150坪程度の土地でも実現が可能です。

 

グループホームも公募により利用者を募集します。経営は安定するでしょう。

 

「住宅型有料老人ホーム」は日常生活に介護が必要な人を対象とする老人ホームです。

 

よりリラックスした雰囲気を味わいもらうために、20部屋前後した比較的小規模の施設です。

 

土地の広さは100坪~200坪あれば十分でしょう。

 

「デイサービス」は当日の利用が前提となる特別養護老人ホームです。

 

宿泊施設がなく、食事・入浴・リハビリ施設を確保するだけなので、土地の広さが必要になりません。

 

既存の一戸建て住宅を改造して運営しているデイサービスも多いです。

 

このように老人ホームには、いろんなタイプがあります。

 

どのタイプを選んでも第一種低層住居専用地域で実現な土地活用になっています。

 

土地活用で老人ホームは「土地活用で社会貢献したいなら!「老人ホーム」を選ぶ前に知っておくべき全知識」にさらに詳しく解説しています。

 

土地活用を検討するなら!一括資料請求で多くの可能性を探る

土地活用を検討するなら!一括資料請求で多くの可能性を探る
土地活用を一言で言っても多くの方法があり、その土地と地域性にあった土地活用をしっかり選ぶ必要があります。


ただ、なかなか自分で見つけるのは大変ですよね。。。


そんなときに便利になるのが土地活用の一括資料請求です。


あなたの土地情報を入力するだけで、大手企業から一括で最適なプランを提案してもらえます。


中でも「顧客満足度No.1」「安心度・使いやすさランキングNo.1」「参画企業数No.1」の三拍子が揃った「イエカレの土地活用」が一番オススメです。


イエカレ土地活用の一括資料請求はこちら

イエカレーの一括資料請求

https://plus-search.com/

 

まとめ

以上、第一種低層住居専用地域の土地活用を検討しているなら、知っておくべき必須情報を紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?

 

第一種低層住居専用地域では何の土地活用をするのがベストなのか、理解いただけたと思います。

 

もし第一種低層住居専用地域で土地活用をするなら、今回紹介した知識をぜひ参考にしてみてください。

関連ページ

これを読めば全てがわかる!土地活用の主な流れを方法別に徹底解説
5分でわかる!土地の活用方法15種類の完全ガイド
活用方法を迷っている人必見!土地活用6種類の特徴を徹底解説
あなたの土地活用を成功に導く8つの活用事例を徹底解説
迷った時の参考に!元・不動産業者が選ぶおすすめ土地活用ランキング
活用方法に迷ったらコレを選ぶべし!プロからの評判が良い土地活用4選
土地活用の方法を選べない初心者は必見!おすすめの土地活用まとめ
あなたの土地に最適なのはどんな土地活用?目的別の活用プランを徹底解説
これから土地活用する初心者必見!土地活用を成功させる全知識
評価額で活用方法が変わる?!あなたの土地を上手く活用するための全知識
これを見れば一目瞭然!「初期費用」や「収益」など土地活用の各要素を徹底比較
詐欺に合いたくないなら!土地活用をする際の自己防衛5つのテクニック
低予算でもOK!片手間でできる「副業」にぴったりの土地活用4選
利回りをUPさせる3つの活用テクニックと高利回りになりやすい土地活用方法4選
土地活用で節税!使える節税テクニック3選と最も節税効果がある活用方法
おすすめの相談相手から注意点まで!土地活用の相談に行く前に知るべき全知識
これを見れば一目瞭然!使わなくなった土地の活用方法一覧
どの土地活用方法が儲かる?利益が大きい土地活用4選と儲かるためのコツ
鵜呑みは危険!?土地活用のパンフレットを上手に活用するための全知識
ここに注目すべし!土地活用のチラシを見る前に知っておくべき全知識
ノーリスクの土地活用?「リースバック」を使いこなすための全知識
駅前だからこその活用法とは?!駅前の土地にピッタリの活用方法6選
人が少なくても大丈夫!田舎でも成功する土地活用4選と失敗しないための注意点
ちゃんと信用できるか見極めよう!土地活用の営業マンを上手に付き合う方法
20坪しかなくても大丈夫?!20坪程度の土地でも稼げる土地活用とは
アパート経営はできる?!30坪の土地でも可能なオススメ活用方法5選
小さい土地でも色々できる?!50坪以下の土地を有効活用する方法7選
60坪の土地を最も活かせる土地活用とは?プロが薦める活用方法3選
どんな土地活用を選ぶべき?!100坪の土地と相性バツグンの活用方法4選
迷ったらコレを選ぶべし!150坪の土地と相性抜群の土地活用4選
広大な土地を有効活用するには?200坪の土地で行うべき土地活用3選
プロが教える!300坪の土地を有効利用できる土地活用3選
狭い土地でも儲かる方法とは?!狭小土地におすすめの土地活用4選
価値が上がるからこそできる!区画整理された土地にピッタリの土地活用6選
ちゃんと活用できる!市街化調整区域で行うべき土地活用4選
山は利用価値がないって本当?!山だからこそできる5つの土地活用
元・不動産業者が語る!成功した土地活用の例と失敗してしまった例
これこそまさに「不労所得」!何もしなくてもお金が入る土地活用5選
初心者オーナー必見!土地活用するなら知っておくべき基礎知識
多額のローンは背負いたくない!借金無しで土地活用できる3つの方法
実は3種類も?土地活用で「借地」を選択するなら知っておきたい全知識
高収益の土地活用「テナント経営」を行うなら絶対に知っておくべき全知識
初めてなら大手に依頼すべき?!大手企業に土地活用を任せるメリット・デメリット
短い期間だけ活用したいなら!短期向きの土地活用4つの方法
報酬から利用手順まで徹底解説!土地活用で「行政書士」を利用するための全知識
土地活用の方法に迷ったら!「売却」を選ぶべき5つのメリット
土地活用で「等価交換」をするなら!知っておくべきメリット・デメリットを解説
土地活用で「家賃収入」を得たいなら絶対に知っておくべき全知識
おすすめ会社から注意点まで!土地活用「賃貸住宅」を成功させる全知識
初心者必見!土地活用「アパート経営」を不動産のプロが完全ガイド
メリットから手順まで解説!マンションで土地活用するなら知っておくべき全知識
プロが解説!土地活用「マンション経営」のすべてがわかる3つの知識
今後の土地活用はどうなる?元不動産業者が教える最新動向と今後の予想
「スターツ」に土地活用を依頼する前に!メリットから注意点まで徹底解説
土地活用の賃貸経営に向いている土地とメリット・デメリットの全知識
住宅地に空き地を持っている人必見!住宅地区にオススメの土地活用5選
土地活用「貸倉庫」が気になっているなら絶対に知っておくべき全知識
「貸コンテナ」で土地活用したい人必見!メリット・デメリット等を徹底解説
利回り30%が可能な土地活用!トランクルーム経営を完全解剖
初期費用から毎月の収益まで!「太陽光発電」で土地活用するための全知識
事前に絶対知っておきたい「太陽光発電」で土地活用する5つデメリット
土地を「駐車場」として活用するなら!絶対に知っておきたい全知識
基礎から儲けるコツまで解説!プロ監修・土地活用「駐車場」3つの必須知識
大儲けできる土地活用?コインパーキングを行う前に知っておくべき全知識
駐車場で土地活用するなら!絶対に知っておきたい「税金」の全知識
導入から解約の方法まで!土地活用で「タイムズ」を選ぶ前に知っておくべき全知識
土地活用でコンビニ/4つのメリットと7つのデメリットを徹底解説
「フランチャイズ」で土地活用するなら!メリットから加盟の手順まで徹底解説
ガソリンスタンドで土地活用するなら絶対知っておくべき必須知識
広大な土地だからこそできる活用がある!「農地」でおすすめの土地活用4選
素人でもできる?!「農園」で土地活用するために知るべき全知識
土地活用で「コインランドリー」で選ぶなら!メリットから注意点まで徹底解説
方法から注意点まで全てわかる!土地活用 「保育園」についての全知識
土地活用で社会貢献したいなら!「老人ホーム」を選ぶ前に知っておくべき全知識
社会貢献もできる?土地活用で「福祉施設」を選ぶなら絶対に知っておくべき全知識
土地活用で「自動販売機」を選ぶなら!事前に知っておきたい必須知識
ホテルで土地活用する人必見!絶対に成功させるための全知識
最適な活用方法は何?田んぼの土地活用を成功させる全知識
許可や申請が必要?!「墓地」で土地活用するなら知っておくべき全知識
プロ注目の土地活用「デイサービス」を行うなら絶対に知っておくべき全知識
相続税対策で土地活用をするなら絶対に知っておくべき全知識
土地を相続した人は必見!ベストな土地活用2選と知っておくべき基礎知識
土地活用で「法人化」するメリット・デメリットと注意点を徹底解説
審査の基準から必要書類まで徹底解説!ローンで土地活用する際の全知識
資産運用が目的の人は必見!プロが認めるオススメの土地活用3選
土地活用するならどの会社にすべき?「実績」や「サポート」などを徹底比較
デキる人を見分けられる!土地活用コンサルティングで失敗しないための全知識
土地活用をする人は絶対に知っておくべき税金対策の全知識
土地活用ならスマイスター?特徴からメリット・デメリットまで徹底解説
初心者必見!大阪市で成功しやすい土地活用を完全解説
姫路でベストの土地活用は?姫路で成功しやすい土地活用4選
名古屋で土地活用するなら絶対に知っておくべき全知識
横浜の土地にぴったりの活用方法とは?横浜での土地活用に必要な知識を解説
どの活用方法が最適?広島で土地活用を成功させるための全知識
何の活用方法にすべき?仙台市で土地活用を成功させるための全知識
初心者必見!奈良県で成功しやすい土地活用とおすすめ会社を徹底解説
震災後だからこそ知っておきたい!熊本で土地活用する前に知るべき全知識
観光地にピッタリの土地活用とは?沖縄の土地を活用するための全知識
読めば土地活用の業界通になれる?!活用方法別の業界事情まとめ
業界最大手「住友林業」で土地活用するなら絶対に知るべき必須知識
越川社長でお馴染み?!株式会社土地活用について徹底解説
気になる評判は?大東建託で土地活用するなら絶対に知っておきたい全知識
CMでお馴染み「セキスイハイム」で土地活用する前に知っておくべき全知識
基礎情報から注意点まで解説!大和ハウスで土地活用するための全知識
「土地活用ラボ」でお馴染み!大和ハウス工業の土地活用を徹底検証
強み・弱みから注意点まで解説!土地活用会社「レオパレス」の全知識
埼玉周辺の土地活用ならお任せ!土地活用会社「ポラス」の全知識
ネットではあまり紹介されていないおすすめの土地活用の建設業者を紹介
土地活用のイベントに行く前に知っておくべき3つの企業知識
土地活用の資料請求の重要性と効率的に請求できるたった1つの方法