住宅ローン プロパーローン

最終更新日:2017年7月18日

プロパーローンについてもっと理解したい人へ

プロパーローンについてもっと理解したい人へ
もしあなたが住宅ローンの利用を検討しているのであれば、以下のような考えを一度は持ったことはありませんか?

・プロパーローンって審査が通りやすいらしいけど、それ本当?
・プロパーローンを使ううえで、デメリットはあるのだろうか?
・どの銀行のプロパーローンを使えばいい?

実際に住宅ローンに関心のある人であれば、上記のような疑問を持っている人は多いです。そろそろ疑問を晴らして、実際に審査に進みたいですよね?

 

そこで今回の記事では、住宅ローンに関心のある人であれば、絶対に知っておくべき「プロパーローン」の必須情報を紹介していきます。

 

この記事を読むことによって、プロパーローンの基礎知識はもちろんのこと、メリット・デメリットなど様々な知識がわかりますよ!

 

記事を最後まで読めば、元・不動産業者の筆者がオススメするプロパーローンを知ることもできるでしょう。

 

プロパーローンの基礎知識

プロパーローンの基礎知識
まずは「プロパーローン」の基礎知識を紹介しましょう。

 

プロパーローンとは住宅ローンの一種で、銀行もほとんど広告や宣伝をしていないため、一般的な消費者が知る機会があまりない金融商品です。

 

どの銀行でも窓口でひっそりと申込受付しているケースが多いため、プロパーローンの存在を知っているだけで、かなりの住宅ローン通といっても過言ではないでしょう。

 

プロパーローンは一般的な住宅ローンと違って、「保証会社」を利用していない住宅ローンです。

 

通常の住宅ローンであれば、必須条件として保証会社に加入することになっています。

 

保証会社とは、住宅ローン利用者がなんらかの理由でローン返済が困難になった時、利用者本人に代わって、銀行に返済をしてくれる会社です。

 

銀行は何千万円ものお金を貸すので、返済の延滞が起こると多大なる損害を被ります。

 

したがって、保証会社に加入させて、確実に返済を受けることができるようにしてくるのです。

 

保証会社は本人に代わって返済してくれる機関ですが、温情で弁済してくれているわけでは当然ありません。

 

なるべくなら自分たちが弁済しなくていいようにと、保証会社も住宅ローン申込者を審査しています。

 

つまり一般的な住宅ローンでは、銀行と保証会社両方の審査に受けることになるのです。

 

保証会社の審査は基本的には銀行と同じ目線で行うことになりますが、銀行が目を落としてしまいそうな細かいところまでチェックしています。

 

そのせいか、銀行が合格だと思っても、保証会社がNGだと判定することもよくあります。

 

だからこそ、保証会社がつくことで住宅ローンの審査の難易度が、かなり上がってしまうのです。

 

一方、プロパーローンは、先述したように保証会社を使わない住宅ローンです。

 

もうお分かりだと思いますが、保証会社の審査が存在しないため、通常の住宅ローンよりも審査が甘くなります

 

これまで保証会社の審査で落ちてしまっていた人は、プロパーローンを使うことで審査を合格する可能性がグッと高まるでしょう。

 

プロパーローンは世間的に認知度の高いローンではありますが、不動産業者からすると「奥の手」の住宅ローンとしてお馴染み。

 

業者は住宅ローンに苦戦しそうな人に対して、必ずプロパーローンを紹介するようにしています。

 

プロパーローンのメリット

プロパーローンのメリット
ここまでは、プロパーローンの基礎情報について紹介しました。

 

プロパーローンがどんな住宅ローンなのか、理解していただけたと思います。

 

次にお伝えするのは、プロパーローンを利用するメリットについて。

 

最大の利点は、一般的な住宅ローンよりも審査が通りやすくなっていることでしょう。

 

保証会社の審査を必要としないため、一般的な住宅ローンの審査に合格しなかった人も、お金を借りることができる可能性があります。

 

ただしあくまでも「通りやすくなっている」だけで、絶対に合格するわけではないので要注意。収入に合わない借り入れ金額を希望したり、返済能力が不足したりする場合は、審査に合格しないはずです。

 

プロパーローンの審査が通りやすくなっているのはまず間違いないですが、あまり過信しすぎないように気をつけてください。

 

筆者が不動産業者をしていた時も、プロパーローンのおかげで合格できた人もたくさんいましたが、プロパーローンを利用しても合格できなかった人も山ほどいました。

 

プロパーローンのメリットは、審査に通りやすいだけではありません。

 

通常の住宅ローンでは、絶対に支払うことになる「保証料」を削減することが可能になります。

 

保証料は銀行ごとにまちまちであるが、一般的には50~100万円ほど請求されることでしょう。

 

もし3,000万円の融資であれば、どこの銀行も60万円の保証料は確実に発生するはずです。

 

保証料は住宅ローンの「諸費用」の中でも、大きな割合を占めているコストの一つですので、これが0円になるのはかなりのメリットと言えます。

 

プロパーローンのデメリット

プロパーローンのデメリット
前章ではプロパーローンのメリットについてお伝えしました。

 

プロパーローンを利用すると、どんな魅力的なメリットを得ることができるのか、お分かりいただけたのではないでしょうか。

 

次に紹介するのは、プロパーローンを利用するデメリットについて。

 

プロパーローンは保証会社の加入が不要ということで、住宅ローンの審査の敷居は低くなりますが、その代わりに借り入れ金利が高めになるのが大きなデメリットです。

 

プロパーローンは利用者の年収や担保価値、預金状況などを加味されて、金利が増減されるので、一概にいくらとはいえませんが、一般的には通常の住宅ローンにプラス1%くらいの上乗せが相場です。

 

もし利用者の年収などの様々な状況が、銀行的に「問題あり」と判断された場合は、2%ほど上乗せされることもあります。

 

前述した保証料がかからないという点は、初期費用が軽減される大きなメリットですが、金利の高さを考えると、最終的な費用はで圧倒的にプロパーローンの方が高額になってしまうはずです。

 

出費すべき費用が多くなるのは痛いですが、本来あるべき保証会社の審査を一切なくしてお金を貸してくれるというわけですから、仕方のないことと割り切るしかないでしょう。

 

またプロパーローンの場合は、保証会社の代わりに連帯保証人が必要になるのもデメリットでしょう。

 

もしローン利用者が返済できなくなってしまった場合、連帯保証人が返済を引き継ぐことになります。

 

連帯保証人に対して迷惑をかけるわけにはいかない、という強いストレスをかかえながら、返済していくことになるのを忘れないでください。

 

実用性のあるプロパーローンとは

実用性のあるプロパーローンとは
ここまでは、プロパーローンのデメリットについて紹介しました。

 

プロパーローンを利用したことによって、どんなデメリットが発生するのか理解していただけたと思います。

 

次にお伝えするのは、「実用性のあるプロパーローン」について。

 

前章でも紹介したように、プロパーローンの金利負担は、通常の住宅ローンよりもかなり多くなってしまうので、正直なところ実用性が高いとはいえません。

 

審査に通りやすくなっているとはいえ、もう少し好条件でないと借りる気にならない人も多いはず。

 

そんな人に元・不動産業者の筆者が、胸を張ってオススメする「実用性のあるプロパーローン」を、この章では紹介しようと思います。

 

結論からいいましょう。実用性のあるプロパーローンとは「フラット35」です。

 

住宅ローンに関心のある人なら、一度は聞いたことがあるのではないでしょうか。

 

住宅支援機構と民間銀行が協力して貸出している「フラット35」は、保証会社の加入が必須ではないため、れっきとしたプロパーローンとなっています。

 

保証会社がつかないため、当然保証料も必要ありません。

 

フラット35がプロパーローンとして、とくに素晴らしいのが金利の低さです。銀行が提供しているプロパーローンよりも圧倒的な低金利を実現しています。

 

金利を重視するのであれば、一般的な銀行が提供しているプロパーローンを利用するのは、本当にもったいないです。

 

「審査が通りやすい」「保証料がかからない」というプロパーローンのメリットを活かしたまま、通常の住宅ローンと同じ水準の低金利を実現しているのは「フラット35」だけです。

 

ただし、先述した「連帯保証人を用意しなければならない」というデメリットは、フラット35でも同じく発生するので注意してください。

 

プロパーローンを使うならこの銀行がオススメ

フラット35は住宅支援機構が提供している住宅ローンですが、申込は民間銀行から行う必要があります。

 

申込む窓口によって貸し出し条件が変わるため、お得な銀行を窓口として選ぶようにしましょう。

 

筆者がオススメする申込窓口は「ARUHI」「楽天銀行」「住信SBIネット銀行」です。

 

これら3つの銀行は、フラット35の窓口として最高の低金利で利用ができます。

 

「ARUHI」「楽天銀行」「住信SBIネット銀行」はそれぞれ意識しあっているのか、金利はいつも横並び。現在は3社すべて1.03%〜1.47%となっています。

 

金利が同じなので「ARUHI」「楽天銀行」「住信SBIネット銀行」ならどこの銀行で良いと言いたいところですが、実は少しだけ違いがあるので要注意。

 

楽天銀行はショッピングサイト「楽天」の買い物割引があり、ARUHIは最速で即日での審査回答を実現し、住信SBIネット銀行は「全疾病保障」が付いてきます。

 

「楽天を使うかどうか」「審査が早い方がいいか」「充実した保障が欲しいか」、これらを天秤にかければ、自分が使うべき銀行が見えてくるはずです。

 

ARUHIの住宅ローンはこちら

https://www.aruhi-corp.co.jp/

 

楽天銀行の住宅ローンはこちら

https://www.rakuten-bank.co.jp/home-loan/

 

住信SBIネット銀行の住宅ローンはこちら

https://www.netbk.co.jp/wpl/NBGate/i080101CT

 

まとめ

以上、住宅ローンの一種である「プロパーローン」について、必要な知識を紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?

 

プロパーローンの基礎知識はもちろんのこと、メリット・デメリットなど様々な知識について、理解いただけたと思います。

 

もし今後住宅ローンを利用するなら、今回紹介した知識をぜひ参考にしてみてください。

関連ページ

初心者なら絶対に知っておくべき「住宅ローンの仕組み」を徹底解説
借り換えやフラット35も徹底解説!住宅ローンの「必要書類」完全ガイド
初心者必見!「住宅ローン相談」に行くまえに知っておくべき全知識
おトクに住宅ローンを借りたい人必見!金利や諸費用が安くなる方法を徹底解説
いくら用意すべきか丸わかり!住宅ローンを組む時にかかる費用を徹底解説
一日の流れから司法書士の見つけ方まで!住宅ローン「融資実行日」の全知識
お得に住宅ローンを組みたい人必見!プロがオススメするネット銀行4選
プロが教える!債務整理後に住宅ローンを組む4つのテクニック
注意点やおすすめ銀行を紹介!30年返済の住宅ローンを使いこなす全知識
不動産のプロが教える!40年以上の住宅ローンを使いこなす4つの必須知識
転勤者は必見!引越し時における住宅ローンの取り扱い方を完全解説
完済が70歳以上になる住宅ローンを使いこなす4つの必須知識
退職後も安心!80歳まで組める住宅ローンを使いこなすための全知識
住宅ローンの返済期間を最長にするなら絶対に知っておくべき4つの必須知識
住宅ローンを延長したい人は必見!延長の方法や簡単に延長できる銀行を解説
基礎知識から注意点まで徹底解説!住宅ローン「連帯債務者」の全知識
離婚協議中の人は必見!財産分与時の住宅ローンの扱い方をシンプルに解説
必要な金額から用意する方法まで徹底解説!住宅ローン「頭金」の全知識
不動産のプロが教える!住宅ローン選びで抑える5つのポイント
FP(ファイナンシャルプランナー)に住宅ローン相談するための全知識
この銀行なら間違いない!元・不動産業者が選ぶおすすめ住宅ローン6選
これさえ選べば間違いなし!プロが選ぶおすすめ住宅ローンランキング
どうすれば限度額をUPできる?!住宅ローン「限度額」の全知識
お得な銀行が知りたい人は必見!「優遇制度」がスゴイ住宅ローン6選
あなたはいくらまで借りられる?住宅ローンの借り入れ金額を徹底解説
初心者必見!住宅ローンの適正な借り入れ金額を判断する3つの方法
住宅ローンを借り換える人は必見!借り換えと年末調整の関係を徹底解説
低い金利にしたい人必見!同じ銀行で住宅ローン借り換えできるか徹底検証
これを読めば全てがわかる!最新の住宅ローン「金利」の全知識
基礎知識から注意点まで!住宅ローン「固定金利」の全知識
将来の金利はどうなる?!1月の住宅ローン金利動向を徹底解説
今後の金利はどうなる?不動産のプロが住宅ローン金利の予想方法を解説
間違った使い方をしてるかも?!住宅ローン早見表を活かすための全知識
永住権なしでも大丈夫!?外国人が住宅ローンを組むための全知識
最終的には強制退去?!住宅ローン滞納者が知っておくべき全知識
老後破たんをしたくないなら!退職後の住宅ローン返済を延滞させない3つの対策
完済のコツや延滞の対処法を徹底解説!住宅ローン「返済」の全知識
毎月の住宅ローンの返済が辛い人必見!プロが選んだ対処方法5選
諦めるのはまだ早い!無職から住宅ローンを組むための方法を徹底解説
住宅ローンが残っている不動産を売却するために知っておくべき全知識
住宅ローン返済中に家を売却したい人必見!残債がある家の売り方を徹底解説
元・不動産業者が教える!住宅ローンを払えない人が知るべき5つの対策方法
マイホームを諦めたくない人必見!自己破産後に住宅ローンを組む2ステップ
住宅ローンの返済が残っている家をうまく売るための4つの必須知識
基礎知識から解決法までシンプルに解説!住宅ローン「オーバーローン」の全知識
住宅ローンを払いきれない人は必見!「任意売却」の全知識
最悪の事態になる前に!住宅ローン返済が苦しい人におすすめの対策方法3選
住宅ローン事前審査に挑戦するなら絶対に知っておくべき全知識
審査に不利って本当?!転職後に住宅ローン審査を突破する2つの方法
住宅ローン審査突破のための「クレジットカード」5つの正しい使い方
普通の住宅ローンとは何が違う?「担保なし住宅ローン」を徹底解説
ブラックリストに載った後でも住宅ローンを組む方法を徹底解説
新規申込とは何が違う?住宅ローンの「借り換え審査」を突破するための全知識
連帯債務を設定した住宅ローンを借り換えするための6つの必須知識
月7万円の返済で大丈夫?!月収20万円台の人が知るべき住宅ローン全知識
住宅ローンで2,000万円借りたい人必見!月々の返済額から審査のコツまで解説
住宅ローン審査で3,000万円の融資額を獲得する7つのテクニック
どれくらいの年収が必要?住宅ローンで4,000万円借りるための全知識
いくらの年収が必要?住宅ローンで4,500万円借りるコツを徹底解説
最大額はいくら?年収600万円の人が住宅ローンを使いこなすための全知識
年収が審査に与える影響とは!?住宅ローンにおける「年収」の全知識
元・不動産業者がこっそり教える!審査が甘い住宅ローン3つの特徴
本当は教えたくない!アルバイトが住宅ローン審査を通過できる方法
住宅ローンが落ちたらどうする?原因別の対策方法を徹底解説
心配しなくても大丈夫!うつ病患者が住宅ローンを組むための3つの方法
基礎知識から計算方法まで徹底解説!住宅ローン「担保評価」の全知識
融資金額を増やしたいなら!住宅ローンを増額させる6つの方法
基礎知識から活用方法まで徹底解説!住宅ローン「残高証明書」の全知識
本当は教えたくなかった任意整理後でも住宅ローンを組む3つの方法
住宅ローンを遅延し続けるとどうなる?最悪の事態から回避する方法を解説
住宅ローンを利用するなら必要不可欠?!弁護士を雇うべきケースを徹底解説
負の遺産を相続したくない人必見!住宅ローンを相続しないための3つの方法
基礎知識から注意点まで!3大疾病保障付き住宅ローンを徹底解説
解約すべきって本当?!住宅ローンと生命保険の関係性を徹底解説
お得にガン保障を付けたい人必見!ガン対応団信が無料で付く住宅ローン2選
ケース別に解説!離婚後の住宅ローンをうまく処理するための全知識
別居中の住宅ローン利用者は必見! 将来を見据えた対策方法をケース別に解説
セカンドハウスや住み替えに使える!2件目の住宅ローンを組む2つの方法
住宅ローンで別荘が買える?!「セカンドハウスローン」の全知識
土地だけで住宅ローンを組むなら!絶対に知っておくべき全知識
月々の返済を激減できる!住宅ローンで「賃貸併用住宅」を買うための全知識
どちらも併用できる?住宅ローン控除とふるさと納税の関係性を徹底解説
基礎知識からまで目安まで徹底解説!住宅ローン「返済比率」の全知識
誰でも使えるって本当?!「農協」の住宅ローンを徹底解説
フラット35でお馴染み!モーゲージ方式の住宅ローンを徹底解説
住宅ローン控除を利用する人は必見!住宅ローンと「年末調整」の関係性を解説
初心者必見!中古住宅で住宅ローン減税を受ける方法を徹底解説
個人事業主が住宅ローン審査を通過するための5つの必須知識
投資用物件を住宅ローンで買いたい人が絶対に知っておくべき必須知識
審査に通りやすいって本当?!ノンバンクの住宅ローンを徹底解説
外国人に優しい銀行はどこ?外国人のための住宅ローン攻略ガイド
メリット・デメリットや金利を解説!「ARUHI」住宅ローン完全ガイド
金利からメリット・デメリットまで徹底解説!「楽天銀行」住宅ローンの全知識
特徴や金利が全てわかる!「三菱東京UFJ銀行」住宅ローンの全知識
特徴から金利まで完全解説!「りそな銀行」住宅ローンの徹底ガイド
これから審査をする人は必見!初心者向け住宅ローンQ&A
審査に影響する?住宅ローンとマイカーローンの関係性を徹底解説