住宅ローン アルバイト

最終更新日:2018年5月23日

住宅ローンを通過したいアルバイトの方へ

住宅ローンを通過したいアルバイトの方へ
もしあなたがアルバイトで住宅ローンを利用したいのであれば、以下のような考えを持っていませんか?

・アルバイトが住宅ローンを組むのは、やっぱり無理だろうか…
・なんとかしてアルバイトでも住宅ローンを通したい
・アルバイトに甘い住宅ローンはないの?

アルバイトで住宅ローンに関心のある人であれば、上記のような疑問や考えを持っている人は多いです。

 

そろそろ疑問を晴らして、実際に審査にチャレンジしたいですよね?

 

そこで今回の記事では、アルバイトが知っておくべき「住宅ローン審査突破のための必須情報」を紹介します。

 

この記事を読めば、アルバイトで住宅ローンを突破する具体的な方法がわかりますよ!

 

記事を最後まで読んだ頃には、アルバイトに甘い宅ローンについても理解できているはずです。

 

アルバイトと住宅ローン審査の関係性

アルバイトと住宅ローン審査の関係性
まずお伝えするのは、アルバイトと住宅ローン審査の関係性について。

 

アルバイトにとって住宅ローン審査は「難敵」で、なかなか突破できるものではありません。

 

ネットで知らべてみても、アルバイトが住宅ローンに通った事例を見つけるのは大変なはずです。

 

なぜ住宅ローンは、ここまでアルバイトに優しくないのでしょうか。

 

その理由は、銀行側の立場になって考えるとカンタンに見えてきます。

 

何千万円もの大金を融資する住宅ローンは、返済してもらわなければ大きな損害をもたらします。

 

銀行にとって貸したお金が返ってこないのは、絶対に避けなければなりません。

 

そのため、審査でさまざまな条件を設け、返済能力の高い人だけに貸しているのです。

 

アルバイトは「返済能力」が高いと言えるでしょうか。

 

残念ながら一般的なサラリーマンよりも返済能力が低いのは、誰でもわかりますよね。

 

給料が安いうえに昇給もなく、事実上いつでも辞められるアルバイトには大金を貸すわけにはいかないのです。

 

一方、毎年一定の年収が確実で基本的にはクビにならない公務員は、銀行的には最適の融資相手です。

 

常識外れの融資金額で申し込みしなかれば、アッサリと住宅ローン審査に通過するでしょう。

 

アルバイトは、公務員の何分の1以下の返済能力しかないと判断されています。

 

ビジネス的な観点ではアルバイトはリスクだらけなので、貸せる存在ではないと判断されても仕方ありません。

 

3年以上同じアルバイト先に勤めているかが重要

住宅ローンには「申込要件」が定められており、その中には「勤続年数」が指定されています。

 

勤続年数とはその名の通り、同じ職場で何年勤務したかを表す期間です。

 

もし勤続年数が短いなら「離職しがちな人=返済能力が低い」となり、住宅ローンに申し込みすらできません。

 

アルバイトが住宅ローンに申し込む際も、会社員と同様にどれくらい同じバイト先に勤めているか聞かれます。

 

会社員の場合、1年以上勤務していれば住宅ローンに申し込みできるでしょう。

 

もし3年以上勤めていれば、審査結果にかなりのプラスをもたらします。

 

一方、アルバイトは3年以上同じバイト先に勤めていないと申込すらできません。

 

仮に3年以上勤めていても「当然」と判断され、プラス評価にならないでしょう。

 

銀行的にプラス評価をされたいなら、十年以上は同じバイト先に勤めておく必要があります。

 

10年以上はもちろんのこと、3年以上でも同じバイト先にいるのは結構難しいですよね。

 

しかしアルバイトで住宅ローンを通したいなら、最低でも3年以上勤めているかが重要です。

 

アルバイトが住宅ローンを通す2つのテクニック

アルバイトが住宅ローンを通す2つのテクニック
前章では、アルバイトと住宅ローン審査の関係性についてお伝えしました。

 

アルバイトにとって住宅ローンは「難敵」であると、お分かりいただけたのではないでしょうか。

 

次に紹介するのは、アルバイトが住宅ローンを通すためのテクニックについて。

 

アルバイトが住宅ローン審査に突破したいのなら、次項より紹介する2つのポイントを意識してみてください。

 

すでに使っているローンを返済する

昨今では、アルバイトでも借りられるローン商品が増えてきました。

 

アルバイトをしながらカードローンを使っている人は多いですし、自動車ローンを組んでいる人もいるでしょう。

 

カードローンなどのすでに使っているローンは、住宅ローンの審査時に確認されて悪影響を及ぼします。

 

ただでさえアルバイトは住宅ローンに不利なのに、他のローンがあればさらにマイナス評価になるでしょう。

 

あともう少しで合格できたのに、他のローンがあるせいで落ちるかもしれません。

 

せっかくのチャンスを現在使っている他のローンのせいで、不意にはしたくないですよね?

 

アルバイトで住宅ローンに挑戦するのであれば、他のローンは絶対に使わないようにしましょう。

 

もしすでに借りているローンがあれば、完済してから住宅ローンに挑戦するのをお勧めします。

 

ネットではたまに「完済までしなくても良い」と書かれていますが、それはアルバイトには当てはまりません。

 

アルバイトが住宅ローンに通りたいのであれば、他のローンは使わない。または、完済するのが必須です。

 

アルバイトに甘い住宅ローンに申し込む

住宅ローン審査の基準は、銀行によって異なります。

 

もしA銀行の審査が通らなくても、B銀行だと合格なんて事例は日常茶飯事です。

 

特にアルバイトの場合は、銀行によって審査結果に大きな差が出るはず。

 

アルバイトでも住宅ローン合格の可能性を秘めた銀行はありますので、1つの銀行で諦めてはダメです。

 

一度審査に否決になっても、あきらめずに他の銀行にチャレンジしてみてください。

 

銀行はどこも同じように見えるかもしれませんが、実際には審査基準に大きな差があります。

 

アルバイトに異常に厳しい銀行もありますし、アルバイトでもキチンと審査してくれる銀行も存在します。

 

アルバイトが審査相手になると、銀行の審査基準が色濃くでるでしょう。

 

アルバイトに優しい銀行を見つけ出すまで、複数の銀行に挑戦する覚悟で審査に望んでみてください。

 

アルバイトが挑戦すべき住宅ローンは「フラット35」

アルバイトが挑戦すべき住宅ローンは「フラット35」
ここまでは、アルバイトが住宅ローンを通すためのコツについて紹介しました。

 

アルバイトに甘い銀行を自力で探し出すのが大切だと、理解していただけたと思います。

 

しかし「自力で探すなんて嫌!」「そんなのする暇がない!」と思っている人もいるはず。

 

どうせ審査に挑戦するなら、最初から通る可能性の高い住宅ローンが良いと考えている人もいるでしょう。

 

そんな人のために、アルバイトにもっと甘い住宅ローンをこの章では紹介しましょう。

 

アルバイトでも審査に通る可能性を秘めた住宅ローン…それは「フラット35」です。

 

フラット35は一般的な銀行が提供している住宅ローンよりも、圧倒的に審査が甘いです。

 

筆者も不動産業者時代の時、アルバイトの人には必ずフラット35をオススメしていました。

 

なぜフラット35の審査は、他の住宅ローンよりも甘いのでしょうか。残念ながら、詳しくはわかりません。

 

ただ、フラット35が一般的な住宅ローンと全く違う仕組みなのは事実。

 

仕組みの違いが「審査の甘さ」に、少なからず影響しているのでしょう。

 

フラット35は申込条件もアルバイトに優しい

アルバイトが一般的な住宅ローンを利用するならば、最低でも3年以上の所得証明が必要になります。

 

つまり3年以上アルバイトを続けて、収入を得続けている必要があるのです。

 

しかも住宅ローンを通通したいなら、最低でも年収200万円以上は必要になるでしょう。

 

年収200万円以上のアルバイトを3年以上続けるとなると、非常に大変です。

 

しかしフラット35なら、年収200万円以上のアルバイトを1年間でも続けていれば審査を受けられます

 

フラット35の公式ホームページを見れば、申し込みの目安は3年以上と書かれています。

 

しかし現実はもっと甘く、あくまでも「目安」でしかありません。

 

筆者は1年以上アルバイトをしている人が、フラット35に審査を受け付けてもらった姿を実際に見ています。

 

さすがに1年間だけ200万円を達成している人が、絶対に受かるわけではありません。

 

しかし通常のローンでは受け付けてもらえない人でも、フラット35は受付可能なのは評価すべきです。

 

フラット35は申込条件もアルバイトに優しい

前章までは、アルバイトが住宅ローンを組むのであれば、フラット35に申し込むべきだと紹介しました。

 

なぜフラット35にアルバイトは申し込むべきなのか、理解していただけたと思います。

 

最後にお伝えするのは、フラット35を申し込む窓口について。

 

フラット 35は金融機関を窓口にして、申し込まなければなりません。

 

窓口にできる金融機関は数多く、会社によって金利や特典が変わります。

 

損をしたくないのであれば、申し込み窓口にする金融機関はしっかりと考える必要があるでしょう。

 

しかし初めてフラット35使う人は、いったいどこの銀行にすべきかわからないはず。

 

そこで、この章では筆者が胸を張ってお勧めできる窓口銀行を紹介します。

 

結論から言いましょう。アルバイトがフラット35を申し込むのであれば「ARUHI」がベストです。

 

ARUHIはフラット35の申し込み窓口としては、最も古い金融機関でお馴染み。

 

フラット35しか扱っていない金融機関なので、フラット35に対するサービスや待遇は他を寄せ付けません。

 

特に審査スピードが圧倒的に速いのが特徴で、事前審査は早くて当日。本審査も10日以内に完了できます。

ARUHIの住宅ローンはこちら

https://www.aruhi-corp.co.jp/

 

フラット35のオススメランキングTOP3

もちろんARUHI以外にもフラット35を実施している金融機関はあります。

 

ARUHI以外も気になるのであれば、まずは審査をしてみましょう!

 

2018年10月現在のフラット35のオススメランキングTOP3

 

まとめ

以上、アルバイトが知っておくべき「住宅ローン審査突破のための必須情報」を紹介してきました。

 

アルバイトで住宅ローンを突破する具体的な方法や、アルバイトに甘い宅ローンも理解いただけたと思います。

 

もし今後住宅ローンに挑戦するなら、今回紹介した知識をぜひ参考にしてみてください。

関連ページ

初心者なら絶対に知っておくべき「住宅ローンの仕組み」を徹底解説
住宅ローンの必要書類全81つの入手から再発行方法【チェックリスト付】
初心者必見!「住宅ローン相談」に行くまえに知っておくべき全知識
おトクに住宅ローンを借りたい人必見!金利や諸費用が安くなる方法を徹底解説
いくら用意すべきか丸わかり!住宅ローンを組む時にかかる費用を徹底解説
一日の流れから司法書士の見つけ方まで!住宅ローン「融資実行日」の全知識
お得に住宅ローンを組みたい人必見!プロがオススメするネット銀行4選
プロが教える!債務整理後に住宅ローンを組む4つのテクニック
30年の住宅ローンを組むとリスク減!安心して返済するための全知識
不動産のプロが教える!40年以上の住宅ローンを使いこなす4つの必須知識
転勤者は必見!引越し時における住宅ローンの取り扱い方を完全解説
完済が70歳以上になる住宅ローンを使いこなす4つの必須知識
退職後も安心!80歳まで組める住宅ローンを使いこなすための全知識
住宅ローンの返済期間を最長にするなら絶対に知っておくべき4つの必須知識
住宅ローンを延長したい人は必見!延長の方法や簡単に延長できる銀行を解説
住宅ローン「連帯債務者」5つの必須知識を大解剖!利点・欠点や注意点まで完全ガイド
離婚協議中の人は必見!財産分与時の住宅ローンの扱い方をシンプルに解説
住宅ローンの頭金を5つの要素で大解剖!メリットから用意する方法まで解説
不動産のプロが教える!住宅ローン選びで抑える5つのポイント
FP(ファイナンシャルプランナー)に住宅ローン相談するための全知識
この銀行なら間違いない!元・不動産業者が選ぶおすすめ住宅ローン6選
これさえ選べば間違いなし!プロが選ぶおすすめ住宅ローンランキング
どうすれば限度額をUPできる?!住宅ローン「限度額」の全知識
あなたはいくらまで借りられる?住宅ローンの借り入れ金額を徹底解説
住宅ローンを借り換える人は必見!借り換えと年末調整の関係を徹底解説
低い金利にしたい人必見!同じ銀行で住宅ローン借り換えできるか徹底検証
基礎知識から注意点まで!住宅ローン「固定金利」の全知識
将来の金利はどうなる?!1月の住宅ローン金利動向を徹底解説
今後の金利はどうなる?不動産のプロが住宅ローン金利の予想方法を解説
永住権なしでも大丈夫!?外国人が住宅ローンを組むための全知識
住宅ローン滞納を続けるとどうなる?今日からできる対策も解説
完済のコツや延滞の対処法を徹底解説!住宅ローン「返済」の全知識
毎月の住宅ローンの返済が辛い人必見!プロが選んだ対処方法5選
諦めるのはまだ早い!無職から住宅ローンを組むための方法を徹底解説
住宅ローンが残っている不動産を売却するために知っておくべき全知識
住宅ローン返済中に家を売却したい人必見!残債がある家の売り方を徹底解説
最悪の事態を避けるなら今すぐ動こう!払えない住宅ローン対策4選
マイホームを諦めたくない人必見!自己破産後に住宅ローンを組む2ステップ
住宅ローンの返済が残っている家をうまく売るための4つの必須知識
基礎知識から解決法までシンプルに解説!住宅ローン「オーバーローン」の全知識
最悪の事態になる前に!住宅ローン返済が苦しい人におすすめの対策方法3選
審査基準から甘い銀行まで解説!住宅ローン「事前審査」完全ガイド
転職後の住宅ローン突破は厳しい!それでも合格するための3つの知識
住宅ローン審査突破のための「クレジットカード」5つの正しい使い方
普通の住宅ローンとは何が違う?「担保なし住宅ローン」を徹底解説
ブラックリストに載った後でも住宅ローンを組む方法を徹底解説
借り換え住宅ローンの全知識!独自の審査基準から通る方法まで解説
連帯債務を設定した住宅ローンを借り換えするための6つの必須知識
月7万円の返済で大丈夫?!月収20万円台の人が知るべき住宅ローン全知識
住宅ローンで2,000万円借りたい人必見!月々の返済額から審査のコツまで解説
住宅ローン審査で3,000万円の融資額を獲得する7つのテクニック
どれくらいの年収が必要?住宅ローンで4,000万円借りるための全知識
いくらの年収が必要?住宅ローンで4,500万円借りるコツを徹底解説
年収600万円の住宅ローン限度額は約4,000万円!融資を受ける注意点も解説
年収の6倍までが上限値!住宅ローンと年収の関係性を5つの視点で解説
元・不動産業者がこっそり教える!審査が甘い住宅ローン3つの特徴
審査が通りやすい住宅ローンって本当?「プロパーローン」の全知識
住宅ローンが落ちたらどうする?原因別の対策方法を徹底解説
心配しなくても大丈夫!うつ病患者が住宅ローンを組むための3つの方法
基礎知識から計算方法まで徹底解説!住宅ローン「担保評価」の全知識
融資金額を増やしたいなら!住宅ローンを増額させる6つの方法
再発行方法も!住宅ローン控除に必要な「残高証明書」を完全ガイド
本当は教えたくなかった任意整理後でも住宅ローンを組む3つの方法
住宅ローンを遅延し続けるとどうなる?最悪の事態から回避する方法を解説
住宅ローンを利用するなら必要不可欠?!弁護士を雇うべきケースを徹底解説
住宅ローン相続を回避する4つの方法を大公開!誰でもできる方法も解説
3大疾病保障付き住宅ローンを大解剖!基礎知識から生命保険との関係性まで解説
解約すべきって本当?!住宅ローンと生命保険の関係性を徹底解説
お得にガン保障を付けたい人必見!ガン対応団信が無料で付く住宅ローン2選
連帯保証人の支払い義務も解説!離婚時の住宅ローン処理のための全知識
別居中の住宅ローン利用者は必見! 将来を見据えた対策方法をケース別に解説
セカンドハウスや住み替えに使える!2件目の住宅ローンを組む2つの方法
住宅ローンで別荘が買える?!「セカンドハウスローン」の全知識
土地だけで住宅ローンを組むなら!絶対に知っておくべき全知識
住宅ローンで賃貸併用住宅は建築可能!初心者が失敗しないための全知識
どちらも併用できる?住宅ローン控除とふるさと納税の関係性を徹底解説
計算式や審査への影響まで解説!住宅ローン「返済比率」を完全ガイド
誰でも使えるって本当?!「農協」の住宅ローンを徹底解説
フラット35でお馴染み!モーゲージ方式の住宅ローンを徹底解説
住宅ローン控除を利用する人は必見!住宅ローンと「年末調整」の関係性を解説
初心者必見!中古住宅で住宅ローン減税を受ける方法を徹底解説
個人事業主が住宅ローン審査を通過するための5つの必須知識
投資用物件を住宅ローンで買いたい人が絶対に知っておくべき必須知識
審査に通りやすいって本当?!ノンバンクの住宅ローンを徹底解説
外国人に優しい銀行はどこ?外国人のための住宅ローン攻略ガイド
ARUHIは信用できる住宅ローン専門会社!8つの特徴や詳細を完全ガイド
金利からメリット・デメリットまで徹底解説!「楽天銀行」住宅ローンの全知識
特徴や金利が全てわかる!「三菱東京UFJ銀行」住宅ローンの全知識
特徴から金利まで完全解説!「りそな銀行」住宅ローンの徹底ガイド
これから審査をする人は必見!初心者向け住宅ローンQ&A
審査に影響する?住宅ローンとマイカーローンの関係性を徹底解説