住宅ローン 苦しい

毎月の住宅ローン返済が苦しい方へ

最終更新日:2019年11月2日
毎月の住宅ローン返済が苦しい方へ
もしあなたが住宅ローン利用中しているのであれば、以下のような考えをもっていませんか?

・このままずっと返済が苦しい状態が続くと、どうなるの?
・そもそもなんでこんなに住宅ローン返済が苦しいのだろうか…
・この苦しい状況から解放されるにはどうすればいい?

住宅ローン返済中なら上記のような悩みを、多くの人が抱えています。もうそろそろ悩みを解決したいですよね?

 

そこで今回の記事では住宅ローン返済が苦しい人に向けて、絶対に知っておくべき必須知識を紹介していきます。

 

この記事を読むことによって、苦しい住宅ローン返済から解放される具体的な対処方法がわかりますよ!

 

記事を最後まで読んだ頃には、もう住宅ローン返済で苦しまなくてすむはずです。

支払いが苦しいなら今の家を高く売るのも考えましょう。その場合は不動産一括査定がオススメです。
詳細は、「62サイトを比較してわかった!不動産一括査定のおすすめランキング【2019年11月】」で詳しく説明しております。

【新規の方】あなたの条件に合う住宅ローンをマッチング!最大6社に一気に仮審査依頼できる

最大6社を比較して、金利・諸費用・保障内容・総支払額から最適な住宅ローンを一括審査

住宅本舗

https://www.jutapon.com/


【借り換えの方】カンタン10秒でWeb診断ができる

どれぐらいローンが減るのか、カンタン10秒でWeb診断ができる!

モゲチェック・プラザ

https://mogecheck.jp/

 

住宅ローンの返済が苦しいと感じる人は10人中3人

住宅ローンの返済が苦しいと感じる人は10人中3人
フラット35の提供金融機関である住宅金融支援機構は、以前広報誌に興味深い調査データを掲載していました。

 

その内容は「住宅ローンの返済を3ヶ月以上遅れている世帯はなんと全体の30%」というもの。

 

つまり住宅ローン利用者の10人中3人は、毎月の返済を苦しいと感じているのです。

 

さらに全体の1%は結果的に自己破産まで追い込まれていると判明しています。

 

そもそも、なぜ100人中1人が住宅ローンによって自己破産まで追い込まれているのでしょうか。

 

住宅ローンによって破産する理由は、十人十色ではありません。

 

基本的には毎月の返済が苦しくて延滞してしまったのが原因です。

 

つまり、住宅ローンを組んだ時の資金計画が適切ではなかったと言えます。

 

住宅ローンは長期の返済が求められます。返済中に生活環境が大きく変わってしまうケースも少なくありません。

 

会社が突然倒産したり、リストラされたり、病気になったり、離婚したり。

 

住宅ローン利用前には、想像もできなかった事態に追い込まれる事も少なくありません。

 

突発的なトラブルで収入が減ってしまったため、住宅ローンの返済が苦しくなってしまう人が多いのです。

 

返済が苦しいのは返済期間が長すぎるため

かつての住宅ローンは、10年から15年で返済するのが普通でした。

 

住宅性能の影響もあるでしょうが、多くの場合は定年退職までに完済すべく10年~15年にしていたのです。

 

しかし返済期間35年が標準である「フラット35」の登場によって、今では長期返済が主流となっています。

 

昨今ではフラット50が登場したため、返済期間50年に設定している人も少なくありません。

 

仮に35年以上の返済期間を設定すると、定年退職後も返済が続きます。

 

定年退職後は年金受給者になるため、現役の時よりも収入が激減するでしょう。

 

年金受給時に現役の時と同じような返済を続けていくと、生活が苦しいと感じて当然なのです。

 

当初は貯金や退職金によって、退職とともに一気に返済する計画を持っていた人もいます。

 

しかし、会社の経営事情の悪化や退職金が少額になってしまい、返済しきれなかった事例も多いです。

 

返済が苦しい状況が続けばどうなる?

もし返済が苦しい状況がずっと続くと、最終的にどうなってしまうのでしょうか?

 

返済が苦しくなると、返済が延滞してしまいがちです。

 

そうなるとブラックリストに登録され、最終的には家の強制退去・売却に遭うでしょう。

 

ブラックリストに登録されれば、金融機関からのローンを受けられなくなります。

 

当然、クレジットカードの発行もできなくなるでしょう。

 

一度ブラックリストに登録されると、最大でも7年間はローン商品を使えなくなります。

 

また、あまりにも延滞が続けば、強制退去・売却されます。

 

強制退去と売却を行うのは裁判所のため、絶対に止められません。

 

一方的に家を追い出され、引越し費用などは一切出ずに放り出されます。

 

筆者は実際に家を追い出された人を見た事がありますが、その姿は悲惨なものでした。

 

次に住む家が見つからず数ヶ月間ホテル滞在を続けたり、行方知らずになったり‥。

 

このように経済状況が苦しい状況が続くと、結果的に最低最悪の悲惨な状態に追い込まれます。

 

なるべくならば、早いうちから手を打つべきでしょう。

 

住宅ローンの返済が苦しい人にお勧めの対策方法3選

住宅ローンの返済が苦しい人にお勧めの対策方法3選
前章まではどれくらいの人が返済に苦しんでいるのか、そして苦しい状況が続けばどうなるのか紹介しました。

 

このまま返済が苦しい状況を放置していてはいけないと、理解いただけたと思います。

 

家の強制売却などを避けるためには、返済が苦しいと感じ始めた時から対策を講じておくべきです。

 

では一体どんな対策を行えばいいのでしょうか?次項より詳しく紹介していきます。

 

毎月の支払額を変更する

今の住宅ローン返済額が苦しいならば、毎月の返済額そのものを変更してみてはどうでしょうか?

 

支払金額は変えられないと思われがちですが、銀行に相談した上で変更できるケースも実際にあります。

 

住宅ローンの返済が苦しい人ほど、銀行とはもう関わりたくないと思っているケースは多いです。

 

しかし苦しい状況を変えたいのであれば、銀行への相談は必ず実行すべきです。

 

住宅ローンの担当者がいる支店に行って、毎月の支払いを下げて欲しいとお願いしてみてください。

 

借入元金自体が減額されるのは、絶対にありません。

 

しかし「返済期間延長」などの措置によって、毎月の支払額を変更するのは可能です。

 

先述したように、返済期間を延長するのは将来的な破綻を招く「要因」でもあります。

 

しかし、すでに今苦しいのであれば、将来を心配しても意味がありません。

 

毎月の支払額を今すぐ減らす方法は、返済期間を延ばすほかないのです。

 

銀行も基本的には強制的な差し押さえをしたいと思っていません。

 

なるべくならば、今後返済を続けて無事完済までして欲しいと思っています。

 

だからこそ、「今かなり返済が苦しい」と素直に話せば前向きに協力してくれるはずです。

 

もし銀行に相談に行くのであれば、受付で住宅ローンの最高責任者を呼ぶようにしてください。

 

返済期間の変更は、上司への稟議が必要になります。

 

すぐに対応して欲しいのであれば、決定権をもつ最高責任者と最初から話をするのがベストです。

 

家計を見直す

銀行に相談に行った場合、おそらく「家計の見直し」も進められるはずです。

 

住宅ローンの返済がなぜ苦しいのか、その原因を「家計の見直し」によって暴くべきだとアドバイスされるはず。

 

家計の見直しの際に、もっとも注意して欲しいのは「固定費」です。

 

毎月一定の金額を支払う固定費を削れば、苦しい住宅ローン返済を少しでも楽にできるでしょう。

 

住宅ローンを利用している人が、圧縮できる固定費の代表例と言えば「生命保険」です。

 

住宅ローンを組んでいるなら、間違いなく「団体信用保険」に加入させられているはず。

 

団体信用保険は加入者が死亡したときに、住宅ローンの返済をチャラにしてくれる保険です。

 

つまり場合によっては、生命保険がいらないケースも少なくないのです。

 

生命保険の支払いは結構な出費になるため、削れれば家計はかなり楽になるはず。

 

削れた部分を住宅ローンの返済に充てれば、毎月の支払いが苦しいと感じなくて済むかもしれません。

 

ただ、生命保険は非常にデリケートな商品なので、すぐに解約するのはオススメできません。

 

FP(ファイナンシャルプランナー)に保険内容を確認してもらって、解約すべきか相談するのをお勧めします。

 

素人が考えて解約してしまった結果、実は解約しなかった方が良かったケースも少なくありません。

 

FPに団体信用保険の特約状況などを説明し、生命保険を解約すべきかどうか指示を受けてください。

 

また削減できる固定費は、何も生命保険だけではありません。

 

携帯電話の通信費用なども、もしかすると使いすぎているかもしれません。

 

もちろん光熱費や食費も、見直す価値は十分にあります。

 

すでに数ヶ月延滞しているなら「売却」するのもアリ

住宅ローンの支払いが苦しくてすでに数ヶ月延滞しているなら、思い切って「売却」してみてはどうでしょうか。

 

実際に市場に出ている中古物件は、毎月の支払いが苦しいから売却しているケースも非常に多いです。

 

売却を選択すれば苦しい毎月の返済から解放されますし、固定資産税などの税金も納税しなくてすみます。

 

マイホームを保有している限り、毎年の税金からは逃れられません。

 

税額は大きな支出になるので、家計を圧迫しているケースも少なくないでしょう。

 

このまま延滞が続いてしまえば、家は強制的に没収され売却されてしまいます。

 

最悪のケースになる可能性が高いなら、先にマイホームを売却して楽になってみてはどうでしょうか?

 

ただし売却するのであれば、絶対に住宅ローンの残債を完済できる金額で売却するようにしてください。

 

残債が残る金額で売却するのは、基本的に銀行が許しません。

 

不動産査定一括サイトなどを使って、もっとも高く売却してくれる不動産会社を探してください。

 

信頼できる不動産会社に依頼すれば、満足いく売却結果になるでしょう。

不動産一括査定サイト(サービス)を利用すると、あなたの売りたいと思っている不動産情報と個人情報を入れるだけで、適切な不動産会社を自動的にマッチングし、複数の不動産会社へ一度に査定依頼が行えます。
不動産一括査定を利用

 

不動産一括査定のオススメは「すまいValue」「HOME4U」

不動産一括査定のオススメランキング
筆者が考える不動産一括査定のオススメランキングをお伝えします。


不動産一括査定も様々ありますが、やはり家やマンション、土地は高額になりますので、より得意としている会社を見つけたいですよね。


サイトを選ぶ基準としては下記3つ。


不動産一括査定を選ぶときの3つの基準

  • 大手不動産会社に最低でも1社は査定が行えること
  • 中堅や地域密着の不動産会社にも査定が行えること
  • 不動産一括査定の運営会社がしっかりしていること

ポイントは、大手から地域密着の不動産会社まで幅広く依頼をすること。


大手は取引実績が豊富な分、やっぱり売却力があります。


ただし、お客さんをたくさん抱えているため、仕事のやり方がマニュアル通りといった感じ。


逆に中堅や中小・地域密着の不動産会社は社長自らが対応してくれたりします。


ただし不動産一括査定を1つだけ使っても、大手不動産会社が見つからなかったり、逆に大手のみしか依頼できない場合が多々あります。


筆者としては、不動産は高額商品になるので、時間が掛かっても複数の不動産一括査定を使って、大手、中堅、地域密着の不動産会社それぞれに依頼することをオススメしています。


賢い人はやっている!不動産一括査定のオススメな使い方

3つのチェックで分かる!不動産査定サービス診断


▼人口が多い都市の方(東京、神奈川、埼玉、千葉、大阪、兵庫)
3サイトを併用する
①超大手不動産会社が探せる「すまいValue
②大手・中堅や地域密着が探せる「HOME4U
③両手仲介なしの売り手専門「SRE不動産(※旧ソニー不動産)


▼人口が多い都市の方(東京、神奈川、埼玉、千葉、大阪、兵庫以外)
2サイトを併用する
①超大手不動産会社が探せる「すまいValue
②大手・中堅や地域密着が探せる「HOME4U


▼田舎や地方の方
2サイトを併用する
①大手・中堅・地域密着の不動産会社が探せる「HOME4U
②大手・中堅・地域密着の不動産会社が探せる「イエウール
③地域密着の不動産会社を多く探せる「ホームズ
※田舎だと1~2社しか見つからない可能性が高いです。HOME4Uとイエウール、ホームズを利用することで3~4社を比較することが可能になります。


▼投資物件を売却の方
2サイトを併用する
①超大手不動産会社が探せる「すまいValue
②投資物件に強い「ホームズ」「リガイド


それでは、各一括査定サイトの特徴をカンタンに紹介していきます。


すまいValue
対応エリア 全国
※田舎だと営業外エリア
運営開始 2015年
利用者数 11万件成約
提携会社数 大手6社
同時依頼数 最大6社
机上査定 対応
備考欄・要望 可能

すまいValueは、三井のリハウス、住友不動産販売、東急リバブルといった超大手不動産会社が参加している唯一の一括査定です。


これら3社で日本の仲介取引の1/3を占めるほど大きい会社。


対応地域の人は間違いなく依頼しておくべき一括査定サイトです。


https://sumai-value.jp/


すまいValueの公式サイトへ

※机上査定を選択することでメールで査定額をもらえます。


 


1都3県・大阪・兵庫の方は朗報
すまいValueが依頼できる超大手は売主、買主両方を相手する両手仲介の可能性が高くなります。


売主専門で大手の「SRE不動産(旧ソニー不動産)」を合わせて申し込んでおくことで、すまいValueの弱点を補えます。


ソニー不動産

https://sony-fudosan.com/


SRE不動産の公式サイトへ

※備考欄にメール連絡希望と書くことで電話連絡を避けられます。

HOME4U
対応エリア 全国
運営開始 2001年
利用者数 累計35万件
提携会社数 1,300社以上
同時依頼数 最大6社
机上査定 対応
備考欄・要望 可能

HOME4Uは、審査に厳しいNTTグループが運営している一括査定サイトです。


HOME4Uが日本初の不動産一括査定サイトで2001年から運営。


長い歴史とNTTの審査基準から不動産会社を厳選しているのが特徴です。


また、PCやスマホ入力が面倒な方は電話代行もあり大変便利です。
※TEL:0120-444-529 受付時間:平日10時30分~18時


https://www.home4u.jp/


HOME4Uの公式サイトへ

※机上査定を選択することでメールで査定額をもらえます。

イエウール
対応エリア 全国
運営開始 2013年
利用者数 1,000万人
提携会社数 1,900社以上
同時依頼数 最大6社
机上査定 対応
備考欄・要望 可能

イエウールは、提携会社が1,900社以上と一括査定サイトNo.1となっています。


また、入力がLINE風になっており、入力がとてもやりやすいのが特徴。


HOME4Uを使っても不動産会社が出てこなかった時に利用するといいでしょう。


https://lp01.ieul.jp/


イエウールの公式サイトへ

※机上査定を選択することでメールで査定額をもらえます。

ホームズ
対応エリア 全国
運営開始 2004年
利用者数 476万人
提携会社数 1,751社
同時依頼数 最大10社
机上査定 対応
備考欄・要望 対応

ホームズは、賃貸で有名で知名度抜群のサービス。


不動産会社も多数参加しており、地域密着の不動産会社や投資物件に強い不動産会を探せるのが大きな強み。


また、東証一部上場しており、個人情報の管理もしっかりしております。


https://www.homes.co.jp/


ホームズの公式サイトへ

※希望する連絡方法で「メール」が選択できます。

リガイド
対応エリア 全国
運営開始 2016年
利用者数 不明
提携会社数 700社以上
同時依頼数 最大10社
机上査定 対応
備考欄・要望 対応

リガイドは、もともと一括査定サイトではなく不動産会社でした。


そんな背景もあり、投資物件に強い不動産会社が多数参加しているのが特徴です。


また、歴史は長く2006年から運営しているものの、提携会社は700社とかなり厳選しています。


https://www.re-guide.jp/


リガイドの公式サイトへ

※机上査定を選択することでメールで査定額をもらえます。


不動産一括査定の詳細については「不動産一括査定サイトのおすすめは?【2019年最新ランキング】」で詳しく解説しています。

 

もし残債が多すぎて売却金額が残債を絶対に下回るようであれば、「任意売却」を使ってください。

 

任意売却は銀行に許可をもらえれば、実行可能な売却方法です。

 

一般的な不動産売却ととくに変わりませんが、残債が残っていても売却を許される利点があります。

 

どうしても完済できる金額で売却できないのであれば、事前に銀行に相談してください。

 

きっと任意売却を認めてもらえるはずです。

 

まとめ

以上、住宅ローン返済が苦しい人に向けて、絶対に知っておくべき必須知識を紹介してきました。

 

苦しい住宅ローン返済から解放される具体的な対処方法を理解いただけたと思います。

 

もし毎月の苦しい返済を改善したいなら、今回紹介した知識をぜひ参考にしてみてください。

関連ページ

初心者なら絶対に知っておくべき「住宅ローンの仕組み」を徹底解説
住宅ローンの必要書類全81つの入手から再発行方法【チェックリスト付】
初心者必見!「住宅ローン相談」に行くまえに知っておくべき全知識
おトクに住宅ローンを借りたい人必見!金利や諸費用が安くなる方法を徹底解説
一日の流れから司法書士の見つけ方まで!住宅ローン「融資実行日」の全知識
お得に住宅ローンを組みたい人必見!プロがオススメするネット銀行4選
30年の住宅ローンを組むとリスク減!安心して返済するための全知識
不動産のプロが教える!40年以上の住宅ローンを使いこなす4つの必須知識
転勤者は必見!引越し時における住宅ローンの取り扱い方を完全解説
完済が70歳以上になる住宅ローンを使いこなす4つの必須知識
退職後も安心!80歳まで組める住宅ローンを使いこなすための全知識
住宅ローンの返済期間を最長にするなら絶対に知っておくべき4つの必須知識
住宅ローンを延長したい人は必見!延長の方法や簡単に延長できる銀行を解説
住宅ローン「連帯債務者」5つの必須知識を大解剖!利点・欠点や注意点まで完全ガイド
住宅ローンの頭金を5つの要素で大解剖!メリットから用意する方法まで解説
FP(ファイナンシャルプランナー)に住宅ローン相談するための全知識
この銀行なら間違いない!元・不動産業者が選ぶおすすめ住宅ローン6選
これさえ選べば間違いなし!プロが選ぶおすすめ住宅ローンランキング
どうすれば限度額をUPできる?!住宅ローン「限度額」の全知識
あなたはいくらまで借りられる?住宅ローンの借り入れ金額を徹底解説
住宅ローンを借り換える人は必見!借り換えと年末調整の関係を徹底解説
低い金利にしたい人必見!同じ銀行で住宅ローン借り換えできるか徹底検証
基礎知識から注意点まで!住宅ローン「固定金利」の全知識
永住権なしでも大丈夫!?外国人が住宅ローンを組むための全知識
毎月の住宅ローンの返済が辛い人必見!プロが選んだ対処方法5選
諦めるのはまだ早い!無職から住宅ローンを組むための方法を徹底解説
住宅ローン返済中に家を売却したい人必見!残債がある家の売り方を徹底解説
マイホームを諦めたくない人必見!自己破産後に住宅ローンを組む2ステップ
基礎知識から解決法までシンプルに解説!住宅ローン「オーバーローン」の全知識
審査基準から甘い銀行まで解説!住宅ローン「事前審査」完全ガイド
転職後の住宅ローン突破は厳しい!それでも合格するための3つの知識
住宅ローン審査突破のための「クレジットカード」5つの正しい使い方
普通の住宅ローンとは何が違う?「担保なし住宅ローン」を徹底解説
ブラックリストに載った後でも住宅ローンを組む方法を徹底解説
連帯債務を設定した住宅ローンを借り換えするための6つの必須知識
月7万円の返済で大丈夫?!月収20万円台の人が知るべき住宅ローン全知識
住宅ローンで2,000万円借りたい人必見!月々の返済額から審査のコツまで解説
住宅ローン審査で3,000万円の融資額を獲得する7つのテクニック
どれくらいの年収が必要?住宅ローンで4,000万円借りるための全知識
いくらの年収が必要?住宅ローンで4,500万円借りるコツを徹底解説
年収600万円の住宅ローン限度額は約4,000万円!融資を受ける注意点も解説
年収の6倍までが上限値!住宅ローンと年収の関係性を5つの視点で解説
元・不動産業者がこっそり教える!審査が甘い住宅ローン3つの特徴
審査が通りやすい住宅ローンって本当?「プロパーローン」の全知識
本当は教えたくない!アルバイトが住宅ローン審査を通過できる方法
住宅ローンが落ちたらどうする?原因別の対策方法を徹底解説
心配しなくても大丈夫!うつ病患者が住宅ローンを組むための3つの方法
基礎知識から計算方法まで徹底解説!住宅ローン「担保評価」の全知識
融資金額を増やしたいなら!住宅ローンを増額させる6つの方法
再発行方法も!住宅ローン控除に必要な「残高証明書」を完全ガイド
本当は教えたくなかった任意整理後でも住宅ローンを組む3つの方法
住宅ローンを遅延し続けるとどうなる?最悪の事態から回避する方法を解説
住宅ローン相続を回避する4つの方法を大公開!誰でもできる方法も解説
3大疾病保障付き住宅ローンを大解剖!基礎知識から生命保険との関係性まで解説
解約すべきって本当?!住宅ローンと生命保険の関係性を徹底解説
別居中の住宅ローン利用者は必見! 将来を見据えた対策方法をケース別に解説
セカンドハウスや住み替えに使える!2件目の住宅ローンを組む2つの方法
住宅ローンで別荘が買える?!「セカンドハウスローン」の全知識
土地だけで住宅ローンを組むなら!絶対に知っておくべき全知識
計算式や審査への影響まで解説!住宅ローン「返済比率」を完全ガイド
誰でも使えるって本当?!「農協」の住宅ローンを徹底解説
フラット35でお馴染み!モーゲージ方式の住宅ローンを徹底解説
個人事業主が住宅ローン審査を通過するための5つの必須知識
投資用物件を住宅ローンで買いたい人が絶対に知っておくべき必須知識
審査に通りやすいって本当?!ノンバンクの住宅ローンを徹底解説
外国人に優しい銀行はどこ?外国人のための住宅ローン攻略ガイド
ARUHIは信用できる住宅ローン専門会社!8つの特徴や詳細を完全ガイド
金利からメリット・デメリットまで徹底解説!「楽天銀行」住宅ローンの全知識
特徴や金利が全てわかる!「三菱UFJ銀行」住宅ローンの全知識
特徴から金利まで完全解説!「りそな銀行」住宅ローンの徹底ガイド
審査に影響する?住宅ローンとマイカーローンの関係性を徹底解説