住宅ローン うつ病

最終更新日:2017年7月9日

うつ病患者は住宅ローン組めるのか気になっている方へ

うつ病患者は住宅ローン組めるのか気になっている方へ
もしあなたが今後住宅ローンの利用を検討しているのであれば、以下のような考えを一度は持ったことはありませんか?

・うつ病患者は住宅ローン組めないって本当?
・なぜうつ病だと住宅ローンが組めないの?
・うつ病でも住宅ローンに通る方法が知りたい

昨今はうつ病患者が非常に増えてきているので、上記のような疑問を持っている人は多いです。そろそろ疑問を晴らして、スッキリと次のステップに進みたいですよね?

 

そこで今回の記事では住宅ローンに関心のある人であれば、絶対に知っておくべき「うつ病」との関係性について紹介していきます。

 

この記事を読むことによって、うつ病患者が住宅ローンを組むための具体的な方法がわかりますよ!

 

うつ病だと住宅ローンに通らないのか

うつ病だと住宅ローンに通らないのか
うつ病は「憂鬱」「気分が悪い」などのネガティブな感情が、ある程度以上「重症な状態」になってしまった状態を指します。

 

うつ病は原因と症状に応じて多様に分類されるのが特徴で、なかなか完治できず治療時間がかかる病気です。

 

たとえ通院して薬物を処方してもらっても、回復しないことだってあります。

 

仮に治癒したとしても再発率が高い疾患のため、繰り返し症状がみられることが多いです。

 

そんな「うつ病」になってしまった人が住宅ローンを利用する際に問題になるのは、「団体信用生命保険」に関することです。

 

団体信用生命保険とは、ローン利用者が亡くなったり、高度な障害が残る傷害や病気になったりした場合に、その時点の融資残高がチャラにしてくれる保険です。

 

団体信用保険には審査があり、死亡や高度障害になる可能性が高い病気などにかかっている人だと審査が否決になってしまいます。

 

うつ病も例外ではなく、通常の団体信用保険ではうつ病患者は否決になってしまうでしょう。

 

団体信用保険の審査に落ちてしまえば、おのずと住宅ローンの審査に落ちてしまうため、「うつ病患者=住宅ローンの審査に通らない」と言われても仕方ない状況になっています。

 

なぜうつ病が団体信用生命保険の審査に拒否されているのかというと、うつ病が自殺を引き起こす病気であると考えられているため。

 

実際に警察庁の調査によると、自殺者のうち約21%は「うつ病」の影響があったと判明しており、団体信用保険の審査基準を後押しするような結果となっています。

 

うつ病でも団体信用保険を通過する方法

うつ病でも団体信用保険を通過する方法
ここまでは「うつ病だと住宅ローンに通らないのか」という問いに対する答えについて紹介しました。

 

団体信用保険の影響で、うつ病だと住宅ローン審査が通らないこともあるのを理解していただけたと思います。

 

次にお伝えするのは、うつ病でも団体信用保険を通過する方法について。

 

前章までは「うつ病患者=団体信用保険(住宅ローン)審査に落ちる」だとお伝えしてきましたが、必ずしも団体信用生命保険の審査に通過できないということはありません。

 

団体信用生命保険は自己申告によってうつ病かどうかを告知するのですが、実は告知すべき期間を定めている団体信用保険があるのです。

 

よくあるのは「過去3ヶ月以内」や「過去3年以内」になっていることが多いでしょう。

 

仮に5年前に医師によって「うつ病だ」と診断され、通院や治療をしたとしましょう。

 

しかし、その後通院や治療等を行っていないのであれば、団体信用生命保険の告知書に記載する義務はありません。

 

告知書の内容は団体信用保険によって異なりますが、自分で文章をつらつらと書くのではなく、質問に対して「はい・いいえ」または「有り無し」で選ぶ「選択回答形式」になっています。

 

「ある」と答えた病気については、詳細な病名や治療内容・治療期間(完治した場合、最終診断費も必要)などを記入することが求められています。

 

もし団体信用保険に指定された期間以内にうつ病が発症していないのであれば、心置きなく「いいえ」と回答していいのです。

 

「いいえ」と回答すれば、問題なく審査に通過することができるでしょう。

 

しかし、仮に指定された期間にうつ病の発症や治療歴があることを故意に記入しなかったり、事実と異なることを記載したりすると、「告知義務違反」になり、大きな問題となるので注意してください。

 

告知義務違反が明らかになれば、団体信用保険生命は即座に契約解約となり、保険金ももちろん支給されません。銀行のよっては住宅ローンの残債を一括返済するよう求められることも。

 

団体信用保険に指定された期間の状態については、正しく答えて告知するようにしてください。

 

うつ病でも審査が通る団体信用保険

うつ病でも審査が通る団体信用保険
前章ではうつ病でも団体信用保険を通過する方法についてお伝えしました。

 

場合によっては過去にうつ病になった人でも、団体信用保険を突破する方法があるのをお分かりいただけたのではないでしょうか。

 

次に紹介するのは、うつ病でも審査が通る団体信用保険について。

 

うつ病の治療歴により団体信用生命保険が通りそうになく、住宅ローンを利用することができない場合は、「ワイド団信」を利用してみてはどうでしょうか。

 

「ワイド団信」とは、従来の団体信用生命保険よりも審査基準が緩和された団体信用生命保険のこと。

 

今まで団体信用生命保険に加入することができないせいで、住宅ローンに落ちてしまった人のために開発された保険です。

 

もちろん、年齢・性別・症状・治療歴などによっては審査通過することができない場合もありますが、審査基準が一般的な団体信用保険よりもかなり低くなっているため、うつ病患者が審査に通る可能性はグッと上がっています。

 

しかし一般的な団体信用生命保険を利用する場合に比べて、通常金利から0.2~0.3%程度の金利が追加されるので要注意。

 

毎月の返済額を抑えたい人にとっては少し残念な仕様になっています。

 

さらにワイド団信はどの銀行でも取り扱っているわけではなく、一部の銀行の住宅ローンだけの取り扱いとなっているのも残念なところ。

 

近年できたばかりのネット銀行や地方銀行などでは、ワイド団信を取り扱っていないことが多いです。

 

うつ病にやさしい「ワイド団信」が使える住宅ローン

うつ病にやさしい「ワイド団信」が使える住宅ローン
ここまでは、うつ病でも審査が通る団体信用保険について紹介しました。

 

審査基準が引き下げられた専用の団体信用保険「ワイド団信」を利用すれば、うつ病患者でも審査に通過できることを理解していただけたと思います。

 

ワイド団信はうつ病患者にとって非常に心強い団体信用保険ですが、まだまだ取り扱いをする銀行の数が多いとはいえません。

 

読者の中には、住宅ローンのワイド団信を扱っている銀行がどこなのか気になっている人も多いはず。

 

そこでこの章では「ワイド団信」が使える銀行をご紹介。今回紹介する銀行は「ソニー銀行」「みずほ銀行」「イオン銀行」です。

 

ワイド団信を使った場合の各銀行の金利は、以下の通り。

銀行名 3年固定 5年固定 10年固定 全期間固定
みずほ銀行 1.175%~1.650% 1.175%~1.650% 1.325%~1.800% 1.70%~1.75%
イオン銀行 0.68% 0.80% 0.99% なし
ソニー銀行 1.07% 1.16% 1.21% 1.79%

 

では次項より各銀行の特徴について紹介していきましょう。

 

みずほ銀行

大型商業銀行(メガバンク)である「みずほ銀行」の住宅ローンもワイド団信に対応しています。

 

三大メガバンクの一つである、みずほ銀行の住宅ローンの特徴は「金利が低い」ことでしょう。

 

ワイド団信のための金利追加を考慮したとしても、すべての金利タイプがメガバンクの中ではかなり低い水準となっています。

 

みずほ銀行の住宅ローンは、「固定金利(全期間型)」の年数が自由に設定できるのも大きな特徴です。

 

金利は高めになりますが、短い期間での固定金利(全期間)が使用したい人には唯一無二の存在になってくれることでしょう。

 

また大手銀行ではお馴染みのサービスである「24時間事前審査申込」も魅力的です。インターネットにさえ繋がっていれば、いつでもどこからでも事前審査の申し込みが可能になっています。

 

申し込み後は電話やメール・郵便で手続きが済むため、来店を最小限に抑えることが可能です。日中は忙しくて銀行に行くことができない方にとって、大きな助けになってくれるでしょう。

 

さらに、みずほ銀行の住宅ローンは、融資後のサービスも非常に充実しています。

 

「みずほダイレクト」という専用のインターネットシステムを使用して、で繰り上げ返済を無料ですることができます。

 

みずほダイレクトにはATMの引き出し手数料を無料にする特典もついており、みずほ銀行・イオン銀行のATMからだと、いつでも手数料無料で引き出し可能です。

 

仮にコンビニATMを使う場合でも、4回までなら手数料無料になるようになっています。

 

また、出産休暇・育児休職と子供の進学などの影響で家計に変化があったとき、毎月の返済額と返済期間を変更することができるのも、大きなポイントでしょう。

みずほ銀行の住宅ローンはこちら

https://www.mizuhobank.co.jp/loan/housing/index.html

 

イオン銀行

大型ショッピングモールでイオングループの銀行「イオン銀行」が提供する住宅ローンもワイド団信に対応しています。

 

イオン銀行はワイド団信の追加金利を含めたとしても、かなり低い水準の金利を維持しているのが特徴ですが、他にも大きな利点があります。

 

その利点とは「イオンセレクトクラブ」の特典を受けることが可能になること。なんとイオンでの買い物が5年間は、常に5%OFFになります。普段イオンで買い物をしている方は、かなり嬉しい特典と言えるでしょう。

 

また「イオンセレクトクラブ」の利点はこれだけではなく、他にも「イオン銀行の定期預金の金利をUP」「イオンの電子マネーWAONに追加ポイント」「全国のイオンラウンジを無料利用」「イオンゴールドカードの発行権利獲得」などなど盛りだくさん。

 

イオンを使う人なら喉から手が出るほどうれしい特典がたくさん用意しているため、多くのユーザーから人気を集めています。

イオン銀行の住宅ローンはこちら

http://www.aeonbank.co.jp/housing_loan/

 

ソニー銀行

ソニー系列のネット専業銀行「ソニー銀行」はワイド団信を提供しています。

 

住宅ローン部門のオリコンランキングで4年連続1位を獲得するなど、多くの利用者に支持されている住宅ローンです。

 

大きな特徴は「業界最高水準の低金利」でしょう。ワイド団信のために発生する追加金利を考慮しても、かなりの低金利を実現しています。借り入れ金額の10%以上の頭金をいれれば、さらなる優遇金利で利用が可能です。

 

また、ソニー銀行の住宅ローンは、「変動金利型」と「固定金利型」の変更を何回でも自由にすることができる独自のサービスを導入しています。

 

このため、変動金利の最大の弱点である「金利上昇のリスク」を上手く回避する事が可能になっています。

 

急な金利の変動が起こる前に、金利の種類を切り替えることにより、リスクが回避できるのはソニー銀行だけと言えるでしょう。

ソニー銀行の住宅ローンはこちら

http://moneykit.net/visitor/hl/

 

うつ病なら団体信用保険を使わないのもアリ

うつ病なら団体信用保険を使わないのもアリ
ここまではうつ病でも審査が通る団体信用保険について紹介しました。

 

審査基準が引き下げられた専用の団体信用保険を利用すれば、審査に通過できることを理解していただけたと思います。

 

次にお伝えするのは、団体信用保険を使わない住宅ローンについて。実は住宅ローンの中には、団体信用生命保険への加入を必須としていない住宅ローンもあります。

 

主な例としては住宅支援機構が提供している「フラット35」でしょう。フラット35の団体信用生命保険は必加入ではなく、任意となっています

 

これまで紹介した方法がどれもしっくりこないのであれば、フラット35を団体信用保険なしで利用してもいいかもしれません。

 

しかし団体信用生命保険を利用しない場合、死亡や重大なケガに対する対策を別で用意することを忘れないようにしてください。

 

借入額以上の死亡保険金が出る生命保険に加入するなどの「対策方法」を検討する必要があるでしょう。

 

うつ病は再発する場合もあり、症状がひどくなると休職、退職などで所得が得られなくなる可能性もあります。

 

住宅ローン返済中にうつ病が原因で、返済が困難になる可能性もゼロではありません。

 

団体信用保険を利用しないのであれば、「万が一」をしっかりと考え、住宅ローンの利用を行ってください。

【乗り換えの方】たった3秒で住宅ローンの払い過ぎをしていないのかチェック!

たった3秒で住宅ローンの金利を払いすぎていないかチェックできる!さらには無料で専門のプロに相談ができます。

http://mogecheck.jp/plaza/


【新規借り入れの方】全国約120の銀行からベストな住宅ローンを提案受けられる!

最新の金利データから、あなたに環境にあったベストな住宅ローンの提案を受けられます!

http://mogecheck.jp/plaza/lp_kariire/

 

まとめ

以上、うつ病患者が住宅ローンに通過するために必要な知識を紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?

 

なぜうつ病患者が住宅ローンに落ちてしまうのかというメカニズムはもちろんのこと、具体的な審査通過方法についても理解いただけたと思います。

 

もし今後住宅ローン審査にチャレンジするのであれば、今回紹介した知識をぜひ参考にしてみてください。

関連ページ

初心者なら絶対に知っておくべき「住宅ローンの仕組み」を徹底解説
借り換えやフラット35も徹底解説!住宅ローンの「必要書類」完全ガイド
初心者必見!「住宅ローン相談」に行くまえに知っておくべき全知識
おトクに住宅ローンを借りたい人必見!金利や諸費用が安くなる方法を徹底解説
いくら用意すべきか丸わかり!住宅ローンを組む時にかかる費用を徹底解説
一日の流れから司法書士の見つけ方まで!住宅ローン「融資実行日」の全知識
お得に住宅ローンを組みたい人必見!プロがオススメするネット銀行4選
プロが教える!債務整理後に住宅ローンを組む4つのテクニック
注意点やおすすめ銀行を紹介!30年返済の住宅ローンを使いこなす全知識
不動産のプロが教える!40年以上の住宅ローンを使いこなす4つの必須知識
転勤者は必見!引越し時における住宅ローンの取り扱い方を完全解説
完済が70歳以上になる住宅ローンを使いこなす4つの必須知識
退職後も安心!80歳まで組める住宅ローンを使いこなすための全知識
住宅ローンの返済期間を最長にするなら絶対に知っておくべき4つの必須知識
住宅ローンを延長したい人は必見!延長の方法や簡単に延長できる銀行を解説
基礎知識から注意点まで徹底解説!住宅ローン「連帯債務者」の全知識
離婚協議中の人は必見!財産分与時の住宅ローンの扱い方をシンプルに解説
必要な金額から用意する方法まで徹底解説!住宅ローン「頭金」の全知識
不動産のプロが教える!住宅ローン選びで抑える5つのポイント
FP(ファイナンシャルプランナー)に住宅ローン相談するための全知識
この銀行なら間違いない!元・不動産業者が選ぶおすすめ住宅ローン6選
これさえ選べば間違いなし!プロが選ぶおすすめ住宅ローンランキング
どうすれば限度額をUPできる?!住宅ローン「限度額」の全知識
お得な銀行が知りたい人は必見!「優遇制度」がスゴイ住宅ローン6選
あなたはいくらまで借りられる?住宅ローンの借り入れ金額を徹底解説
初心者必見!住宅ローンの適正な借り入れ金額を判断する3つの方法
住宅ローンを借り換える人は必見!借り換えと年末調整の関係を徹底解説
低い金利にしたい人必見!同じ銀行で住宅ローン借り換えできるか徹底検証
これを読めば全てがわかる!最新の住宅ローン「金利」の全知識
基礎知識から注意点まで!住宅ローン「固定金利」の全知識
将来の金利はどうなる?!1月の住宅ローン金利動向を徹底解説
今後の金利はどうなる?不動産のプロが住宅ローン金利の予想方法を解説
間違った使い方をしてるかも?!住宅ローン早見表を活かすための全知識
永住権なしでも大丈夫!?外国人が住宅ローンを組むための全知識
最終的には強制退去?!住宅ローン滞納者が知っておくべき全知識
老後破たんをしたくないなら!退職後の住宅ローン返済を延滞させない3つの対策
完済のコツや延滞の対処法を徹底解説!住宅ローン「返済」の全知識
毎月の住宅ローンの返済が辛い人必見!プロが選んだ対処方法5選
諦めるのはまだ早い!無職から住宅ローンを組むための方法を徹底解説
住宅ローンが残っている不動産を売却するために知っておくべき全知識
住宅ローン返済中に家を売却したい人必見!残債がある家の売り方を徹底解説
元・不動産業者が教える!住宅ローンを払えない人が知るべき5つの対策方法
マイホームを諦めたくない人必見!自己破産後に住宅ローンを組む2ステップ
住宅ローンの返済が残っている家をうまく売るための4つの必須知識
基礎知識から解決法までシンプルに解説!住宅ローン「オーバーローン」の全知識
住宅ローンを払いきれない人は必見!「任意売却」の全知識
最悪の事態になる前に!住宅ローン返済が苦しい人におすすめの対策方法3選
住宅ローン事前審査に挑戦するなら絶対に知っておくべき全知識
審査に不利って本当?!転職後に住宅ローン審査を突破する2つの方法
住宅ローン審査突破のための「クレジットカード」5つの正しい使い方
普通の住宅ローンとは何が違う?「担保なし住宅ローン」を徹底解説
ブラックリストに載った後でも住宅ローンを組む方法を徹底解説
新規申込とは何が違う?住宅ローンの「借り換え審査」を突破するための全知識
連帯債務を設定した住宅ローンを借り換えするための6つの必須知識
月7万円の返済で大丈夫?!月収20万円台の人が知るべき住宅ローン全知識
住宅ローンで2,000万円借りたい人必見!月々の返済額から審査のコツまで解説
住宅ローン審査で3,000万円の融資額を獲得する7つのテクニック
どれくらいの年収が必要?住宅ローンで4,000万円借りるための全知識
いくらの年収が必要?住宅ローンで4,500万円借りるコツを徹底解説
最大額はいくら?年収600万円の人が住宅ローンを使いこなすための全知識
年収が審査に与える影響とは!?住宅ローンにおける「年収」の全知識
元・不動産業者がこっそり教える!審査が甘い住宅ローン3つの特徴
審査が通りやすい住宅ローンって本当?「プロパーローン」の全知識
本当は教えたくない!アルバイトが住宅ローン審査を通過できる方法
住宅ローンが落ちたらどうする?原因別の対策方法を徹底解説
基礎知識から計算方法まで徹底解説!住宅ローン「担保評価」の全知識
融資金額を増やしたいなら!住宅ローンを増額させる6つの方法
基礎知識から活用方法まで徹底解説!住宅ローン「残高証明書」の全知識
本当は教えたくなかった任意整理後でも住宅ローンを組む3つの方法
住宅ローンを遅延し続けるとどうなる?最悪の事態から回避する方法を解説
住宅ローンを利用するなら必要不可欠?!弁護士を雇うべきケースを徹底解説
負の遺産を相続したくない人必見!住宅ローンを相続しないための3つの方法
基礎知識から注意点まで!3大疾病保障付き住宅ローンを徹底解説
解約すべきって本当?!住宅ローンと生命保険の関係性を徹底解説
お得にガン保障を付けたい人必見!ガン対応団信が無料で付く住宅ローン2選
ケース別に解説!離婚後の住宅ローンをうまく処理するための全知識
別居中の住宅ローン利用者は必見! 将来を見据えた対策方法をケース別に解説
セカンドハウスや住み替えに使える!2件目の住宅ローンを組む2つの方法
住宅ローンで別荘が買える?!「セカンドハウスローン」の全知識
土地だけで住宅ローンを組むなら!絶対に知っておくべき全知識
月々の返済を激減できる!住宅ローンで「賃貸併用住宅」を買うための全知識
どちらも併用できる?住宅ローン控除とふるさと納税の関係性を徹底解説
基礎知識からまで目安まで徹底解説!住宅ローン「返済比率」の全知識
誰でも使えるって本当?!「農協」の住宅ローンを徹底解説
フラット35でお馴染み!モーゲージ方式の住宅ローンを徹底解説
住宅ローン控除を利用する人は必見!住宅ローンと「年末調整」の関係性を解説
初心者必見!中古住宅で住宅ローン減税を受ける方法を徹底解説
個人事業主が住宅ローン審査を通過するための5つの必須知識
投資用物件を住宅ローンで買いたい人が絶対に知っておくべき必須知識
審査に通りやすいって本当?!ノンバンクの住宅ローンを徹底解説
外国人に優しい銀行はどこ?外国人のための住宅ローン攻略ガイド
メリット・デメリットや金利を解説!「ARUHI」住宅ローン完全ガイド
金利からメリット・デメリットまで徹底解説!「楽天銀行」住宅ローンの全知識
特徴や金利が全てわかる!「三菱東京UFJ銀行」住宅ローンの全知識
特徴から金利まで完全解説!「りそな銀行」住宅ローンの徹底ガイド
これから審査をする人は必見!初心者向け住宅ローンQ&A
審査に影響する?住宅ローンとマイカーローンの関係性を徹底解説