住宅ローン 1月

最終更新日:2017年7月31日

1月の住宅ローン金利動向が気になっている方へ

1月の住宅ローン金利動向が気になっている方へ
もしあなたが住宅ローンの利用を検討しているのであれば、以下のような考えをもっていませんか?

・1月の住宅ローン金利は、どう動くのだろうか?
・銀行によって1月の金利動向は違ってくるの?
・来年の1月の住宅ローン金利はどうなる?

住宅ローンの利用を検討しているなら、上記のように「1月の金利動向」に対する疑問がある人は多いです。

 

そろそろ疑問を晴らして、スッキリしたいですよね?

 

そこで今回の記事では、絶対に知っておくべき「1月の住宅ローン金利動向」を紹介していきます。

 

この記事を読めば、銀行別の1月の住宅ローン金利動向がわかりますよ!

 

記事を最後まで読んだ頃には、来年1月の住宅ローン金利はどうなるかも理解できているはずです。

【乗り換えの方】たった3秒で住宅ローンの払い過ぎをしていないのかチェック!

たった3秒で住宅ローンの金利を払いすぎていないかチェックできる!さらには無料で専門のプロに相談ができます。

http://mogecheck.jp/plaza/


【新規借り入れの方】全国約120の銀行からベストな住宅ローンを提案受けられる!

最新の金利データから、あなたに環境にあったベストな住宅ローンの提案を受けられます!

http://mogecheck.jp/plaza/lp_kariire/

 

1月の住宅ローン金利はどう動く?

1月の住宅ローン金利はどう動く?
1月はその年で最初の住宅ローン金利が発表される月です。

 

年末の金利変動の影響を受ける可能性が高い月とも言えます。

 

仮に12月に金利が上昇したのであれば1月もさらに上昇する傾向が見られます。

 

逆にあまりにも金利が上昇した場合は、バランスをとるかのように金利の引き下げが行われています。

 

例として、2017年の動向を出してみましょう。

 

2017年1月の住宅ローン金利は、例によって12月の金利変動の影響を大きく受けた月でした。

 

2016年12月の金利は上昇傾向だったため、1月はそのまま金利引き上げになったのです。

 

多くの経済アナリストが12月の結果から、1月は金利引き上げになると予想していました。

 

結果的に予想は大当たり。2017年1月の金利は引き上げになっています。

 

特に長期の固定金利は、例年の1月よりも大幅に引き上げられていました。

 

ただ、銀行はみんな同じ動きをしているわけではありません。

 

他と違う動きをする銀行が出てくるのは、住宅ローン業界ではよくある話。

 

長期の固定金利を引き上げている金融機関が多い中、金利を据え置きにした銀行もありました。

 

他にも借り換え住宅ローンでのみ、金利を引き下げている銀行も出ています。

 

銀行別に見る1月の住宅ローン金利動向

銀行別に見る1月の住宅ローン金利動向
ここまでは、毎年1月の住宅ローン金利の動向について紹介しました。

 

1月の住宅ローン金利は、12月の住宅ローン金利の動きに合わせて変化するとお分かりいただけたと思います。

 

この章では2017年1月を例にして、各銀行の住宅ローン金利の動向を紹介していきましょう。

 

まずは次項よりメガバンクを紹介していきます。

 

メガバンクの1月の住宅ローン金利動向

まずは「メガバンク」の1月の住宅ローン金利動向について、深ぼってみましょう。

 

メガバンクといえば、どの都市でも見かけられる超・大手の商業銀行です。

 

テレビCMで見かける人も、多いのではないでしょうか。

 

メガバンクは具体的に「三菱東京UFJ 銀行」と「みずほ銀行」「三井住友銀行」が挙げられます。

 

2017年1月のメガバンクは、先述した住宅ローン業界全体の動向に則り、金利の引き上げ傾向が見られました。

 

ただし、その中でも一社だけ独自の傾向をみせた銀行があります。

 

なんと三菱東京UFJ 銀行だけは10年固定の金利に限り、12月と据え置きの金利数値を提供したのです。

 

昨今のメガバンクはインターネット銀行の台頭により、利用者の増加があまりうまく進んでいません。

 

一般的な住宅ローン動向と一緒にしていたら、利用者の獲得はのぞめません。

 

金利が上がっている状況がチャンスとばかりに、三菱東京UFJ 銀行は金利を引き上げず据え置きにしたのです。

 

このようにメガバンクでも、住宅ローン業界全体の動向に逆らうような金利を提示します

 

決して珍しいケースではありません。

 

過去にも三井住友銀行がどの銀行も金利を引き上げる中、据え置きの金利数値を提示したケースもあります。

 

ただメガバンクの金利数値は、ネット銀行に比べてもともとの金利が高いです。

 

そのせいか、1月に押し出した据え置きの金利によって利用者を拡大したとニュースにはなっていませんでした。

 

メガバンクが提供している住宅ローンは、金利数値が固定されておらず●%~▲%と非常にアバウト。

 

数値が固定されていないのも、利用者を増加させない理由の一つなのでしょう。

 

インターネット銀行のように、数値が明らかになっている方が安心といえば安心ですよね。

 

メガバンクは金利数値の完全固定を、長らく行っていません。

 

来年の1月になっても、おそらく今のような●%~▲%のようなアバウトな数値を提供し続けると考えられます。

 

ネット銀行の1月の住宅ローン金利動向

ネット銀行といえば、支店や通帳を持っていない代わりに圧倒的な低金利を提供している銀行として有名です。

 

2017年の1月にネット銀行の中で、最も業界を騒がしたのは「住信SBI ネット銀行」でした。

 

借り換え住宅ローン限定にはなりますが、過去の常識をくつがえす圧倒的な低金利を提示したのです。

 

各銀行が金利を上昇させている流れだったのに、住信SBI ネット銀行はなんと0.05%も金利を下げました。

 

たかが0.05%と思う読者の方も、いらっしゃるでしょう。

 

しかし長期の返済期間を要する住宅ローンにおいて、金利差0.05%は非常に大きな負担額となります。

 

もともと低金利の住信SBI ネット銀行が1月に打ち出した変動金利の引き下げは、瞬く間にニュースに。

 

結果的に多く住宅ローン利用希望者に広がり、SBI ネット銀行のシェア拡大に大きな影響を与えたと思われます。

 

一方でSBI ネット銀行は、変動金利の引き下げのリスクもしっかりと取っていました。

 

実は15年固定から35年固定金利に限り、0.06%から0.07%の金利引き上げを発表したのです。

 

やはり金利引き上げ傾向だった1月で、一方的に金利を引き下げるのは危険だと判断したのでしょう。

 

利用者が少ない15年固定から35年固定に限り、金利を引き上げたのは仕方のない判断だといえます。

 

フラット35の1月の住宅ローン金利動向

一般的な住宅ローンより審査が緩い・甘いと有名な「フラット35」の1月の金利動向はどうだったのでしょう。

 

フラット35には、15年から20年の固定金利と21年から35年の固定金利があります。

 

15年から20年の固定金利の方は0.1%の金利引き下げ、21年から35年の固定金利は+0.02%になりました。

 

フラット35は住宅ローンとしての仕組みが多少違います。

 

したがって、一般的な銀行の住宅ローン金利動向にあまり影響されません。

 

そのせいか、1月の金利は0.1%も引き下げられ、業界としては驚愕の結果になっているのです。

 

固定金利は、基本的に金利が高くなる傾向が強いです。

 

しかしフラット35の固定金利は、業界の常識を逸脱している低金利と言っても過言ではないでしょう。

 

各銀行の固定金利が軒並み金利を引き上げた1月で、0.1%も下げるフラット35はやはり別格です。

 

フラット35についての詳細は「借り換えやフラット35も徹底解説!住宅ローンの「必要書類」完全ガイド」で詳しく説明しています。

 

将来の1月の住宅ローン金利動向

将来の1月の住宅ローン金利動向
前章では、銀行別に見る1月の住宅ローン金利動向について紹介しました。

 

各銀行によって1月の金利がどのように変動したのか、理解いただけたと思います。

 

次に紹介するのは、将来の1月の住宅ローン金利動向について。

 

先程も紹介したように、1月の住宅ローン金利は12月の住宅ローン金利に影響される可能性が高いです。

 

また、3月は住宅業界の繁忙期です。住宅ローンを使う人も非常に増えてきます。

 

繁忙期に多くの利用者を獲得するために、3月は金利の引き下げを行う銀行も多くなります。

 

そのため1月の住宅ローン金利は、据置または引き上げを行う銀行が多いです。

 

将来の1月の住宅ローン金利も、例年の1月と変わらない動きをするでしょう。

 

しかし、2017年1月の住信SBI ネット銀行のように、他とは違う動きをする銀行が出てくるのも考えられます。

 

恐らく2017年1月の住信SBI ネット銀行は、繁忙期前に多くのお客さんを獲得したかったのでしょう。

 

今後の1月の金利動向も、住信SBI ネット銀行のような突出した動きを見せる銀行が現れるかもしれません。

住信SBIネット銀行の住宅ローンはこちら

https://www.netbk.co.jp/wpl/NBGate/i080101CT

 

社会情勢から考える1月の住宅ローン金利動向

皆さんは「マイナス金利政策」をご存知でしょうか?

 

マイナス金利政策とは、もっと多くの人に住宅ローンを貸し出しさせるための国の政策です。

 

現在でも、引き続きマイナス金利政策は継続されています。

 

マイナス金利政策を行っているのは日銀なのですが、目標として「消費物価指数2%」を掲げています。

 

2%に行くまでは、マイナス金利政策をやめないでしょう。

 

現在、目標の2%は達成されていないため、今後も住宅ローン金利は低下に向かうはずです。

 

基本的に変動金利は、金利上昇リスクがあると言われがちです。

 

しかしマイナス金利政策が終わっていない現状を考慮すれば、今後もどんどん金利が下がると考えられます。

 

来年の1月は今年の1月よりも、もっと金利が下がっているかもしれません。

 

ただ、住宅ローン金利の動きは、株価と同じように上がったり下がったりする厄介な数字です。

 

これからもっと金利が下がると思っていたのにもかかわらず、夏に金利が上昇するケースもよくあります。

 

秋以降、これ以上金利が上がるのが怖いと判断し、急いで住宅ローンを組む人も少なくありません。

 

しかし、マイナス金利政策下では、多少の金利上昇はありますが結果的には低下に向かいます。

 

もしお得に低金利で住宅ローンを使いたいと思っているのであれば、多少の金利増加は無視すべきです。

 

今はマイナス金利政策中だと頭にたたきこみ、基本的には低下傾向であると考えてください。

 

おそらく来年の1月の住宅ローン金利は、今年の1月よりも引き下げ傾向にあるはずです。

【乗り換えの方】たった3秒で住宅ローンの払い過ぎをしていないのかチェック!

たった3秒で住宅ローンの金利を払いすぎていないかチェックできる!さらには無料で専門のプロに相談ができます。

http://mogecheck.jp/plaza/


【新規借り入れの方】全国約120の銀行からベストな住宅ローンを提案受けられる!

最新の金利データから、あなたに環境にあったベストな住宅ローンの提案を受けられます!

http://mogecheck.jp/plaza/lp_kariire/

 

まとめ

以上、絶対に知っておくべき「1月の住宅ローン金利動向」を紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?

 

銀行別の1月の住宅ローン金利動向について、理解いただけたと思います。

 

もし今後住宅ローンを利用するなら、今回紹介した知識をぜひ参考にしてみてください。

関連ページ

初心者なら絶対に知っておくべき「住宅ローンの仕組み」を徹底解説
借り換えやフラット35も徹底解説!住宅ローンの「必要書類」完全ガイド
初心者必見!「住宅ローン相談」に行くまえに知っておくべき全知識
おトクに住宅ローンを借りたい人必見!金利や諸費用が安くなる方法を徹底解説
いくら用意すべきか丸わかり!住宅ローンを組む時にかかる費用を徹底解説
一日の流れから司法書士の見つけ方まで!住宅ローン「融資実行日」の全知識
お得に住宅ローンを組みたい人必見!プロがオススメするネット銀行4選
プロが教える!債務整理後に住宅ローンを組む4つのテクニック
注意点やおすすめ銀行を紹介!30年返済の住宅ローンを使いこなす全知識
不動産のプロが教える!40年以上の住宅ローンを使いこなす4つの必須知識
転勤者は必見!引越し時における住宅ローンの取り扱い方を完全解説
完済が70歳以上になる住宅ローンを使いこなす4つの必須知識
退職後も安心!80歳まで組める住宅ローンを使いこなすための全知識
住宅ローンの返済期間を最長にするなら絶対に知っておくべき4つの必須知識
住宅ローンを延長したい人は必見!延長の方法や簡単に延長できる銀行を解説
基礎知識から注意点まで徹底解説!住宅ローン「連帯債務者」の全知識
離婚協議中の人は必見!財産分与時の住宅ローンの扱い方をシンプルに解説
必要な金額から用意する方法まで徹底解説!住宅ローン「頭金」の全知識
不動産のプロが教える!住宅ローン選びで抑える5つのポイント
FP(ファイナンシャルプランナー)に住宅ローン相談するための全知識
この銀行なら間違いない!元・不動産業者が選ぶおすすめ住宅ローン6選
これさえ選べば間違いなし!プロが選ぶおすすめ住宅ローンランキング
どうすれば限度額をUPできる?!住宅ローン「限度額」の全知識
お得な銀行が知りたい人は必見!「優遇制度」がスゴイ住宅ローン6選
あなたはいくらまで借りられる?住宅ローンの借り入れ金額を徹底解説
初心者必見!住宅ローンの適正な借り入れ金額を判断する3つの方法
住宅ローンを借り換える人は必見!借り換えと年末調整の関係を徹底解説
低い金利にしたい人必見!同じ銀行で住宅ローン借り換えできるか徹底検証
これを読めば全てがわかる!最新の住宅ローン「金利」の全知識
基礎知識から注意点まで!住宅ローン「固定金利」の全知識
今後の金利はどうなる?不動産のプロが住宅ローン金利の予想方法を解説
間違った使い方をしてるかも?!住宅ローン早見表を活かすための全知識
永住権なしでも大丈夫!?外国人が住宅ローンを組むための全知識
最終的には強制退去?!住宅ローン滞納者が知っておくべき全知識
老後破たんをしたくないなら!退職後の住宅ローン返済を延滞させない3つの対策
完済のコツや延滞の対処法を徹底解説!住宅ローン「返済」の全知識
毎月の住宅ローンの返済が辛い人必見!プロが選んだ対処方法5選
諦めるのはまだ早い!無職から住宅ローンを組むための方法を徹底解説
住宅ローンが残っている不動産を売却するために知っておくべき全知識
住宅ローン返済中に家を売却したい人必見!残債がある家の売り方を徹底解説
元・不動産業者が教える!住宅ローンを払えない人が知るべき5つの対策方法
マイホームを諦めたくない人必見!自己破産後に住宅ローンを組む2ステップ
住宅ローンの返済が残っている家をうまく売るための4つの必須知識
基礎知識から解決法までシンプルに解説!住宅ローン「オーバーローン」の全知識
住宅ローンを払いきれない人は必見!「任意売却」の全知識
最悪の事態になる前に!住宅ローン返済が苦しい人におすすめの対策方法3選
住宅ローン事前審査に挑戦するなら絶対に知っておくべき全知識
審査に不利って本当?!転職後に住宅ローン審査を突破する2つの方法
住宅ローン審査突破のための「クレジットカード」5つの正しい使い方
普通の住宅ローンとは何が違う?「担保なし住宅ローン」を徹底解説
ブラックリストに載った後でも住宅ローンを組む方法を徹底解説
新規申込とは何が違う?住宅ローンの「借り換え審査」を突破するための全知識
連帯債務を設定した住宅ローンを借り換えするための6つの必須知識
月7万円の返済で大丈夫?!月収20万円台の人が知るべき住宅ローン全知識
住宅ローンで2,000万円借りたい人必見!月々の返済額から審査のコツまで解説
住宅ローン審査で3,000万円の融資額を獲得する7つのテクニック
どれくらいの年収が必要?住宅ローンで4,000万円借りるための全知識
いくらの年収が必要?住宅ローンで4,500万円借りるコツを徹底解説
最大額はいくら?年収600万円の人が住宅ローンを使いこなすための全知識
年収が審査に与える影響とは!?住宅ローンにおける「年収」の全知識
元・不動産業者がこっそり教える!審査が甘い住宅ローン3つの特徴
審査が通りやすい住宅ローンって本当?「プロパーローン」の全知識
本当は教えたくない!アルバイトが住宅ローン審査を通過できる方法
住宅ローンが落ちたらどうする?原因別の対策方法を徹底解説
心配しなくても大丈夫!うつ病患者が住宅ローンを組むための3つの方法
基礎知識から計算方法まで徹底解説!住宅ローン「担保評価」の全知識
融資金額を増やしたいなら!住宅ローンを増額させる6つの方法
基礎知識から活用方法まで徹底解説!住宅ローン「残高証明書」の全知識
本当は教えたくなかった任意整理後でも住宅ローンを組む3つの方法
住宅ローンを遅延し続けるとどうなる?最悪の事態から回避する方法を解説
住宅ローンを利用するなら必要不可欠?!弁護士を雇うべきケースを徹底解説
負の遺産を相続したくない人必見!住宅ローンを相続しないための3つの方法
基礎知識から注意点まで!3大疾病保障付き住宅ローンを徹底解説
解約すべきって本当?!住宅ローンと生命保険の関係性を徹底解説
お得にガン保障を付けたい人必見!ガン対応団信が無料で付く住宅ローン2選
ケース別に解説!離婚後の住宅ローンをうまく処理するための全知識
別居中の住宅ローン利用者は必見! 将来を見据えた対策方法をケース別に解説
セカンドハウスや住み替えに使える!2件目の住宅ローンを組む2つの方法
住宅ローンで別荘が買える?!「セカンドハウスローン」の全知識
土地だけで住宅ローンを組むなら!絶対に知っておくべき全知識
月々の返済を激減できる!住宅ローンで「賃貸併用住宅」を買うための全知識
どちらも併用できる?住宅ローン控除とふるさと納税の関係性を徹底解説
基礎知識からまで目安まで徹底解説!住宅ローン「返済比率」の全知識
誰でも使えるって本当?!「農協」の住宅ローンを徹底解説
フラット35でお馴染み!モーゲージ方式の住宅ローンを徹底解説
住宅ローン控除を利用する人は必見!住宅ローンと「年末調整」の関係性を解説
初心者必見!中古住宅で住宅ローン減税を受ける方法を徹底解説
個人事業主が住宅ローン審査を通過するための5つの必須知識
投資用物件を住宅ローンで買いたい人が絶対に知っておくべき必須知識
審査に通りやすいって本当?!ノンバンクの住宅ローンを徹底解説
外国人に優しい銀行はどこ?外国人のための住宅ローン攻略ガイド
メリット・デメリットや金利を解説!「ARUHI」住宅ローン完全ガイド
金利からメリット・デメリットまで徹底解説!「楽天銀行」住宅ローンの全知識
特徴や金利が全てわかる!「三菱東京UFJ銀行」住宅ローンの全知識
特徴から金利まで完全解説!「りそな銀行」住宅ローンの徹底ガイド
これから審査をする人は必見!初心者向け住宅ローンQ&A
審査に影響する?住宅ローンとマイカーローンの関係性を徹底解説