住宅ローン ランキング

最終更新日:2017年6月23日

どの住宅ローンにすべきか迷っている方へ

どの住宅ローンにすべきか迷っている方へ
もしあなたが今後住宅ローンの利用を検討しているのであれば、以下のような考えを一度は持ったことはありませんか?

・プロが選んだおすすめの住宅ローンが知りたい
・どこの銀行の住宅ローンを使えばいいかわからない
・自分に合った住宅ローンは何?

マイホームを購入する際、住宅ローンを使って購入するのが一般的です。

 

しかし初心者にとって、住宅ローンなんて未知の領域。どの銀行の住宅ローンを選択するのがベストなのか、頭を悩ませている人は多いのではないでしょうか。

 

そこで今回の記事では、元・不動産業者の筆者が考えたオリジナルの住宅ローンランキングをご紹介します。

 

数々のお客さんに住宅ローンを提案してきた経験を活かして、最新の住宅ローンを徹底分析。各銀行の金利や独自サービスの内容など様々な要素を比較して、独自のランキングを作成しました。

 

この記事を読むことによって、プロが胸を張っておすすめできる住宅ローンがわかりますよ!

 

記事を最後まで読んだ頃には、あなたが利用すべき住宅ローンが理解できているはずです。

【乗り換えの方】たった3秒で住宅ローンの払い過ぎをしていないのかチェック!

たった3秒で住宅ローンの金利を払いすぎていないかチェックできる!さらには無料で専門のプロに相談ができます。

http://mogecheck.jp/plaza/


【新規借り入れの方】全国約120の銀行からベストな住宅ローンを提案受けられる!

最新の金利データから、あなたに環境にあったベストな住宅ローンの提案を受けられます!

http://mogecheck.jp/plaza/lp_kariire/

 

住宅ローンランキング結果

住宅ローンランキング結果
さっそくランキング結果を紹介しましょう。以下の表をご覧ください。

順位

銀行名

変動金利

3年固定

5年固定

10年固定

全期間固定

保証料

事務手数料

主な独自サービス

1位

イオン銀行

0.57%

0.38%

0.50%

0.69%

なし

0円

借入金額の2.16%

イオンでの買い物が
常時5%OFF

2位

ソニー銀行

0.55%

0.87%

0.96%

1.01%

1.59%

0円

借入金額の

2.16%

固定金利と変動金利が
いつでも変更可

3位

住信SBIネット銀行

0.44%

1.13%

1.18%

1.06%

1.31%

0円

借入金額の2.16%

全疾病保障

4位

じぶん銀行

0.50%

0.52%

0.53%

0.58%

2.17%

0円

借入金額の

2.16%

がん発病で残高の
50%が支払われる

5位

ARUHI

なし

0.71%

0.79%

0.71%

1.09%

0円

借入金額の2.16%

事前審査が最短当日
本審査は最短3営業日

6位

りそな銀行

0.83%

1.20%

1.20%

1.25%

1.60%

金利0.2%上乗せ

32400円

女性限定住宅ローン


表に示しているのは、今回のランキングを作成する際に主に参考にした要素です。

 

世の中には非常に多くの住宅ローンがありますが、ランキングに挙げた銀行はどの要素も業界最高水準となっています。

 

次項より、一覧表だけではお伝えすることができなかった要素をそれぞれの銀行ごとに紹介していきましょう。

 

ランキング1位 イオン銀行

大型ショッピングモールで有名なイオングループの銀行「イオン銀行」が提供している住宅ローンが堂々のランキング1位です。

 

イオン銀行・住宅ローンの最大の利点は、「業界最高水準の低金利」「特典」「105%融資」でしょう。

 

まず金利についてですが、変動金利はもちろんのこと、各種固定金利も大幅に引き下げており、超・低金利を強みとする他のネット銀行にも、負けずおとらずの水準を維持しています。

 

イオン銀行が提供する金利はどれも業界最高レベルの低金利ですが、とくに「3年固定」と「5年固定」は圧倒的な金利を実現しています。

 

また「特典」ですが、内容しては「イオンでの買い物がいつでも5%OFFになる」というもの。

 

イオンで買い物をしている人、イオンが家の近くにある人からすると、とんでもなく魅力的な特典なのではないでしょうか。

 

イオンの買い物が5%OFFになるのは、住宅ローン利用者だけに付与される「イオンセレクトクラブ」の効果です。

 

実はイオンセレクトクラブの効果はまだまだあり、イオン銀行の定期預金の金利がUPしたり、イオンの電子マネー「WAON」にポイント特典が付いたりと効果はバツグン。

 

全国のイオンラウンジも無料で使えますし、イオンゴールドカードを発行する権利も付与されます。

 

イオン愛好者にとっては、喉から手が出るほどうれしい特典ばかりなのではないでしょうか。

 

さらに住宅ローンの借り入れ金額が、住宅費用の105%まで利用できるのも大きな利点です。仮に3000万円の住宅を購入するのであれば、150万円を余剰資金として使用できます

 

余剰資金は太陽光発電を設置する費用、新居への引っ越し費用、新しい家具の購入費用など何にでも使えます。不動産業者に支払う仲介手数料など各種諸費用に充てるのもいいでしょう。

 

金利が低いうえに魅力的な特典も満載で、諸費用などに使える余剰資金も使えるため、イオン銀行は文句なしのランキング1位です。

 

そんなイオン銀行の弱点をあえて挙げるなら、金利プランが少ないことでしょう。

 

昨今の住宅ローンは銀行1つにつき10種類近くの種類があるのが普通です。しかしイオン銀行は「変動金利」「3年固定金利」「5年固定金利」「10年固定金利」しかありません。

 

特に世間的に人気の金利タイプ「全期間固定金利」に対応していないのは非常に残念です。

イオン銀行の住宅ローンはこちら

http://www.aeonbank.co.jp/housing_loan/

 

ランキング2位 ソニー銀行

家電やゲーム機で世界的企業となっているソニーが設立したインターネット銀行「ソニー銀行」がランキング2位となりました。

 

この記事でのランキングは2位ですが、オリコンランキング住宅ローン部門では4年連続1位を獲得しており、多くの利用者に支持されている住宅ローンです。

 

ソニー銀行には独自のサービスが多数あり、代表的なものは変動金利と固定金利を好きな時に自由に変更できることでしょう。

 

「何がメリットなの?」と思う人もいるでしょうが、長年住宅ローンと関わってきた筆者からすると革命的なサービスでした。

 

このサービスはうまくつかえば、金利の変動が起こるような事件が発生した場合、事前に固定金利へと逃げることができます。

 

つまり変動金利のデメリットと言われ続けてきた「金利変動のリスク」を完全にカバーすることができるのです。

 

変動金利を最大限活用できるのは、ソニー銀行だけといっても過言ではないでしょう。

 

また融資額の10%以上の頭金をいれると、表に示した金利から0.15%低下できるのも大きな利点です。

 

頭金を入れれば、変動金利の数値は0.42%になります。つまり現在最低の金利を提供している住信SBIネット銀行の水準を下回ることができるのです。

 

さらにソニー銀行は、支店をもたないインターネット銀行にもかかわらず、顧客一人一人に対するサポートが手厚いのも特徴です。

 

一人一人に専任の担当者がついてくるため、日ごろの相談はもちろんのこと、審査から契約手続きまで一括してサポートしてくれます。

 

このようにソニー銀行は金利も低いうえに独自のサービスも充実しているため、堂々のランキング2位となりました。

 

あえてソニー銀行の弱点を挙げるとすると、団体信用保険の特約や付加サービスが淋しいことでしょう。

 

他の銀行に比べても団体信用保険の保障内容は、必要最低限しか入れこまれていません。

 

団体信用保険を重視する人にとっては少し頼りない住宅ローンかもしれませんが、金利や特典を重視する人には最適の住宅ローンといえます。

ソニー銀行の住宅ローンはこちら

http://moneykit.net/visitor/hl/

 

ランキング3位 住信SBIネット銀行

住信SBIネット銀行は住友信託銀行とSBIグループが共同して設立したインターネット銀行です。

 

今回のランキングは3位となりましたが、2009年から6年連続で顧客満足度1位を獲得しています。

 

住信SBIネット銀行最大のメリットは、「超・低金利の変動金利」と「全疾病保障」でしょう。

 

まず金利ですが、常に業界1,2位を争う低金利を維持しているのが特徴。特に変動金利に力をいれており、他の銀行を圧倒する超・低金利を常に提供し続けています。

 

またネット銀行にもかかわらず「保障」にも力をいれており、「全疾病保障」と呼ばれる強力な保障が無料で付いてきます。

 

全疾病保障とは、3大疾病(がん・急性心筋梗塞・脳卒中)と5大疾病(高血圧症・糖尿病・慢性腎不全・肝硬変・慢性膵炎)またはそれ以外の大きなケガや病気で仕事ができなくなった時、住宅ローンが完済される保障のこと。

 

他の銀行にも保障はついていますが死亡だけが対象のため、住信SBIネット銀行の安心感とはくらべものになりません。

 

仮に3大疾病+5大疾病を付けるとなると、金利に+0.2~0.3%しなければならないでしょう。つまり200万円~300万円程度負担して、保障を付けることになるのです。

 

他の住宅ローンと比べると、住信SBIネット銀行の無料の「全疾病保障」がいかに凄いかを理解できるはず。

 

このようにランキング3位になるにふさわしい住信SBIネット銀行ですが、欠点がゼロというわけでもありません。

 

支店を持たないネット銀行ならではの欠点ともいえますが、サポートやアフターフォローあまり良くないのです。

 

住宅ローンに詳しい専任の担当者がつくわけでもなく、淡々と対応してくれるだけなので少し不親切と感じる人も少なくないでしょう。

 

専任担当がいないので、電話するたびに以前までのやり取りを説明する必要があります。

 

ある程度住宅ローンにある人には問題はないですが、全くの素人にとってはすこし敷居が高いと感じるかもしれません。

 

とくに申込前に家計の収支や、ライフプランも相談したいと思っている人との相性は最悪です。

住信SBIネット銀行の住宅ローンはこちら

https://www.netbk.co.jp/wpl/NBGate/i080101CT

 

ランキング4位 じぶん銀行

じぶん銀行は「三菱東京UFJ銀行」と、携帯電話会社auでお馴染み「KDDI」が共同で設立したインターネット銀行です。

 

じぶん銀行の住宅ローン最大の特徴は、「がん」に特化した団体信用保険が無料で利用できることでしょう。

 

日本人の死亡原因の3分の1が「がん」のため、がん保険に加入している人は非常に多いです。

 

しかしそれなりの特約をつけたりすると、毎月の支払いは結構な額になってしまいがち。住宅ローンの返済と並行して支払うとなると、家計にかなりの負担をかけます。

 

じぶん銀行はそこに目を付けたのか、がんと診断されると住宅ローン残高の半分までを支払うという前代未聞のサービスを提供しています。

 

仮にがんが発病すれば、がん保険の支払金以上のお金が手に入るので、がん保険を併用しなくていいのです。

 

がん保険の費用を節約したいと思っている人は、じぶん銀行一択と言っても過言ではないでしょう。

 

またじぶん銀行は、徹底的な「ウェブ完結」と行っている銀行としても有名です。申込から契約まで、すべての工程がウェブ上で完結します。

 

中途半端なウェブ対応の銀行は多数ありますが、本当に最初から最後までウェブで完結するのは今のところ、じぶん銀行だけでしょう。

 

銀行との書類のやりとりも写真を撮って送信と、徹底しています。契約業務もウェブ完結なので、各種印紙代も必要なくなっています。

 

じぶん銀行がすごいのは、ここまで他の銀行にはない保障や仕組みがあるにも関わらず、金利もかなり低いこと。

 

インターネット銀行を含むすべての銀行のなかでも、最高水準レベルの低金利を提供しています。

 

おそらく支店を運営することで発生する人件費をすべて低金利の実現に割いているのでしょう。

 

また確定的な情報ではないので、声を大にしていうことはできませんが、じぶん銀行は他の銀行に比べて審査が通りやすいと筆者は感じています。

 

他の銀行では落ちていた人がじぶん銀行では合格したという筆者の個人的経験則が「審査が通りやすい」といえる理由なのですが、それ以上に客観的な理由もあります。

 

実はじぶん銀行は保証会社を使用していない銀行なのです。言い換えると、他の銀行よりも審査の工程が半分になっているともいえます。

 

審査されるべき工程が半分になれば当然審査が甘くなるため、審査が通りやすくなるというわけです。

 

一見、欠点がなさそうなじぶん銀行ですが、残念ながらフォローサービスが充実していません。ネット銀行なので、この点は仕方のないことかもしれませんがやはり残念です。

 

また不動産業者の利用頻度が少なく、敬遠されることも多いので、利用する際は不動産業者と連携を取るのが非常に大変という欠点もあります。

じぶん銀行の住宅ローンはこちら

http://www.jibunbank.co.jp/products/homeloan/

 

ランキング5位 ARUHI

ARUHI(旧・SBI住宅ローン)は厳密にいうと、銀行ではありません。「フラット35」を専門に取り扱っている金融機関です。

 

フラット35は元々の提供元である住宅金融支援機構から許可をもらった金融機関ではあれば、どこでも取り扱うことが可能です。

 

実際に多くの金融機関が取り扱っていますが、取扱実績数ではARUHIが圧倒的1位。 2010年から6年連続で、実績数ナンバーワンになっています。

 

なぜARUHIが選ばれているのかというと、審査期間が圧倒的に早いから。事前審査は最短当日、本審査は最短3営業日という驚異的な審査スピードを実現しています

 

通常の住宅ローンの場合、事前審査が1週間、本審査が1か月~2ヶ月かかることと比べれば、いかにARUHIが早いのかがわかります。

 

不動産は早いもの勝ちであることが多いため、審査結果が遅い事で二番手になってしまうことも。いち早く審査結果が出て欲しい人にとっては、大きな力になってくれることでしょう。

 

またARUHIはフラット35の取扱金融機関のなかでも、最高レベルの低金利を実現しているのも大きなポイントです。

 

一見、欠点がないように見えるARUHIですが、なぜランキング5位なのでしょうか。

 

確かに欠点らしい欠点はありません。しかしランキング上位の銀行にあるような特典はARUHIにはないのです。

 

「金利が低い」「審査が早い」という強みがあるものの、それ以外は他の銀行の住宅ローンとあまり変わらないため、5位という順位になっています。

ARUHIの住宅ローンはこちら

https://www.aruhi-corp.co.jp/

 

ランキング6位 りそな銀行

りそな銀行は3大メガバンク(三井住友銀行・三菱東京UFJ銀行・みずほ銀行)に並ぶとも劣らない規模の大手銀行です。

 

大手銀行の安定感がありながら、ユーザーのニーズに合わせた珍しいタイプの住宅ローンを提供しています。

 

3大メガバンクがランキングに入らなかったにも関わらず、なぜりそな銀行がランクインしたのかというと、「女性専用住宅ローン」の存在とネット銀行に匹敵する低金利があったからです。

 

りそな銀行は働く女性にうれしい住宅ローンを提供しており、もし怪我や病気で仕事をすることができなくなった場合、住宅ローンの毎月の返済を負担してくれる「ローン返済支援保険」がデフォルトで付いてきます。

 

また女性専用住宅ローンには、「乳がん・子宮頸がん」などの女性特有の病気に対応する団体信用保険が付加されているのも大きなポイントです。

 

リアル店舗を持つ銀行は、どうしても金利や特典などの商品スペックではネット銀行には勝てません。

 

そのため、今回のランキングにも軒並み、ネット銀行ばかりがランクインしています。そんななかでもランクインできたりそな銀行は、非常に稀有な存在と言えるでしょう。

 

ネット銀行までとはいきませんが、リアル店舗をもつ銀行の中でかなり低い金利です。実店舗があることのメリットを活かしつつ、それ相応の金利を実現したい人はりそな銀行を使うといいでしょう。

りそな銀行の住宅ローンはこちら

http://www.resonabank.co.jp/kojin/jutaku/

【乗り換えの方】たった3秒で住宅ローンの払い過ぎをしていないのかチェック!

たった3秒で住宅ローンの金利を払いすぎていないかチェックできる!さらには無料で専門のプロに相談ができます。

http://mogecheck.jp/plaza/


【新規借り入れの方】全国約120の銀行からベストな住宅ローンを提案受けられる!

最新の金利データから、あなたに環境にあったベストな住宅ローンの提案を受けられます!

http://mogecheck.jp/plaza/lp_kariire/

 

まとめ

以上、元・不動産業者が自身の経験を活かした作成したオリジナルの住宅ローンランキングを紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?

 

紹介した銀行を利用すれば、後悔のない選択になるはずです。

 

まだどの銀行の住宅ローンにすべきか決まっていないら、今回紹介した知識をぜひ参考にしてみてください。

関連ページ

初心者なら絶対に知っておくべき「住宅ローンの仕組み」を徹底解説
借り換えやフラット35も徹底解説!住宅ローンの「必要書類」完全ガイド
初心者必見!「住宅ローン相談」に行くまえに知っておくべき全知識
おトクに住宅ローンを借りたい人必見!金利や諸費用が安くなる方法を徹底解説
いくら用意すべきか丸わかり!住宅ローンを組む時にかかる費用を徹底解説
一日の流れから司法書士の見つけ方まで!住宅ローン「融資実行日」の全知識
お得に住宅ローンを組みたい人必見!プロがオススメするネット銀行4選
プロが教える!債務整理後に住宅ローンを組む4つのテクニック
注意点やおすすめ銀行を紹介!30年返済の住宅ローンを使いこなす全知識
不動産のプロが教える!40年以上の住宅ローンを使いこなす4つの必須知識
転勤者は必見!引越し時における住宅ローンの取り扱い方を完全解説
完済が70歳以上になる住宅ローンを使いこなす4つの必須知識
退職後も安心!80歳まで組める住宅ローンを使いこなすための全知識
住宅ローンの返済期間を最長にするなら絶対に知っておくべき4つの必須知識
住宅ローンを延長したい人は必見!延長の方法や簡単に延長できる銀行を解説
基礎知識から注意点まで徹底解説!住宅ローン「連帯債務者」の全知識
離婚協議中の人は必見!財産分与時の住宅ローンの扱い方をシンプルに解説
必要な金額から用意する方法まで徹底解説!住宅ローン「頭金」の全知識
不動産のプロが教える!住宅ローン選びで抑える5つのポイント
FP(ファイナンシャルプランナー)に住宅ローン相談するための全知識
この銀行なら間違いない!元・不動産業者が選ぶおすすめ住宅ローン6選
どうすれば限度額をUPできる?!住宅ローン「限度額」の全知識
お得な銀行が知りたい人は必見!「優遇制度」がスゴイ住宅ローン6選
あなたはいくらまで借りられる?住宅ローンの借り入れ金額を徹底解説
初心者必見!住宅ローンの適正な借り入れ金額を判断する3つの方法
住宅ローンを借り換える人は必見!借り換えと年末調整の関係を徹底解説
低い金利にしたい人必見!同じ銀行で住宅ローン借り換えできるか徹底検証
これを読めば全てがわかる!最新の住宅ローン「金利」の全知識
基礎知識から注意点まで!住宅ローン「固定金利」の全知識
将来の金利はどうなる?!1月の住宅ローン金利動向を徹底解説
今後の金利はどうなる?不動産のプロが住宅ローン金利の予想方法を解説
間違った使い方をしてるかも?!住宅ローン早見表を活かすための全知識
永住権なしでも大丈夫!?外国人が住宅ローンを組むための全知識
最終的には強制退去?!住宅ローン滞納者が知っておくべき全知識
老後破たんをしたくないなら!退職後の住宅ローン返済を延滞させない3つの対策
完済のコツや延滞の対処法を徹底解説!住宅ローン「返済」の全知識
毎月の住宅ローンの返済が辛い人必見!プロが選んだ対処方法5選
諦めるのはまだ早い!無職から住宅ローンを組むための方法を徹底解説
住宅ローンが残っている不動産を売却するために知っておくべき全知識
住宅ローン返済中に家を売却したい人必見!残債がある家の売り方を徹底解説
元・不動産業者が教える!住宅ローンを払えない人が知るべき5つの対策方法
マイホームを諦めたくない人必見!自己破産後に住宅ローンを組む2ステップ
住宅ローンの返済が残っている家をうまく売るための4つの必須知識
基礎知識から解決法までシンプルに解説!住宅ローン「オーバーローン」の全知識
住宅ローンを払いきれない人は必見!「任意売却」の全知識
最悪の事態になる前に!住宅ローン返済が苦しい人におすすめの対策方法3選
住宅ローン事前審査に挑戦するなら絶対に知っておくべき全知識
審査に不利って本当?!転職後に住宅ローン審査を突破する2つの方法
住宅ローン審査突破のための「クレジットカード」5つの正しい使い方
普通の住宅ローンとは何が違う?「担保なし住宅ローン」を徹底解説
ブラックリストに載った後でも住宅ローンを組む方法を徹底解説
新規申込とは何が違う?住宅ローンの「借り換え審査」を突破するための全知識
連帯債務を設定した住宅ローンを借り換えするための6つの必須知識
月7万円の返済で大丈夫?!月収20万円台の人が知るべき住宅ローン全知識
住宅ローンで2,000万円借りたい人必見!月々の返済額から審査のコツまで解説
住宅ローン審査で3,000万円の融資額を獲得する7つのテクニック
どれくらいの年収が必要?住宅ローンで4,000万円借りるための全知識
いくらの年収が必要?住宅ローンで4,500万円借りるコツを徹底解説
最大額はいくら?年収600万円の人が住宅ローンを使いこなすための全知識
年収が審査に与える影響とは!?住宅ローンにおける「年収」の全知識
元・不動産業者がこっそり教える!審査が甘い住宅ローン3つの特徴
審査が通りやすい住宅ローンって本当?「プロパーローン」の全知識
本当は教えたくない!アルバイトが住宅ローン審査を通過できる方法
住宅ローンが落ちたらどうする?原因別の対策方法を徹底解説
心配しなくても大丈夫!うつ病患者が住宅ローンを組むための3つの方法
基礎知識から計算方法まで徹底解説!住宅ローン「担保評価」の全知識
融資金額を増やしたいなら!住宅ローンを増額させる6つの方法
基礎知識から活用方法まで徹底解説!住宅ローン「残高証明書」の全知識
本当は教えたくなかった任意整理後でも住宅ローンを組む3つの方法
住宅ローンを遅延し続けるとどうなる?最悪の事態から回避する方法を解説
住宅ローンを利用するなら必要不可欠?!弁護士を雇うべきケースを徹底解説
負の遺産を相続したくない人必見!住宅ローンを相続しないための3つの方法
3大疾病保障付き住宅ローンを大解剖!基礎知識から生命保険との関係性まで解説
解約すべきって本当?!住宅ローンと生命保険の関係性を徹底解説
お得にガン保障を付けたい人必見!ガン対応団信が無料で付く住宅ローン2選
ケース別に解説!離婚後の住宅ローンをうまく処理するための全知識
別居中の住宅ローン利用者は必見! 将来を見据えた対策方法をケース別に解説
セカンドハウスや住み替えに使える!2件目の住宅ローンを組む2つの方法
住宅ローンで別荘が買える?!「セカンドハウスローン」の全知識
土地だけで住宅ローンを組むなら!絶対に知っておくべき全知識
月々の返済を激減できる!住宅ローンで「賃貸併用住宅」を買うための全知識
どちらも併用できる?住宅ローン控除とふるさと納税の関係性を徹底解説
基礎知識からまで目安まで徹底解説!住宅ローン「返済比率」の全知識
誰でも使えるって本当?!「農協」の住宅ローンを徹底解説
フラット35でお馴染み!モーゲージ方式の住宅ローンを徹底解説
住宅ローン控除を利用する人は必見!住宅ローンと「年末調整」の関係性を解説
初心者必見!中古住宅で住宅ローン減税を受ける方法を徹底解説
個人事業主が住宅ローン審査を通過するための5つの必須知識
投資用物件を住宅ローンで買いたい人が絶対に知っておくべき必須知識
審査に通りやすいって本当?!ノンバンクの住宅ローンを徹底解説
外国人に優しい銀行はどこ?外国人のための住宅ローン攻略ガイド
メリット・デメリットや金利を解説!「ARUHI」住宅ローン完全ガイド
金利からメリット・デメリットまで徹底解説!「楽天銀行」住宅ローンの全知識
特徴や金利が全てわかる!「三菱東京UFJ銀行」住宅ローンの全知識
特徴から金利まで完全解説!「りそな銀行」住宅ローンの徹底ガイド
これから審査をする人は必見!初心者向け住宅ローンQ&A
審査に影響する?住宅ローンとマイカーローンの関係性を徹底解説