住宅ローン 相談

最終更新日:2017年7月19日

住宅ローンについて色々と相談したい方へ

住宅ローンについて色々と相談したい方へ
もしあなたが住宅ローンについて相談したいことがあるなら、以下のような考えを一度は持ったことはありませんか?

・住宅ローンの相談を聞いてくれる専門家が知りたい
・この疑問は誰に相談すべきなのだろうか?
・住宅ローンの相談に行くうえで注意すべきことはある?

住宅ローンに関心のある人であれば、上記のような疑問を持っている人は多いです。そろそろ疑問を晴らして、相談に行きたいのではないでしょうか?

 

そこで今回の記事では、住宅ローンに関心のある人であれば、絶対に知っておくべき「住宅ローン相談」の必須情報を紹介していきます。

 

この記事を読むことによって、あなたが抱えている住宅ローンの疑問・質問を相談すべき相手がわかりますよ!

 

記事を最後まで読んだ頃には、住宅ローンの相談をするうえで、注意すべき点も理解できていることでしょう。

あなたの条件に合う住宅ローンをマッチング!最大6社に一気に仮審査依頼できる

最新の金利データから、あなたに条件にあったベストな住宅ローンがマッチング!
最大6社を比較して、金利・諸費用・保障内容・総支払額から最適な住宅ローンが選べる

住宅本舗

https://www.jutapon.com/

 

「住宅ローン相談」はどこですべき?

「住宅ローン相談」はどこですべき?
「住宅ローンの相談」とはいえば、まず思い浮かぶのが銀行でしょう。

 

銀行はよほど小さな支店でない限り、住宅ローンの相談窓口を用意しています

 

銀行によっては「ローンプラザ」と呼ばれる、住宅ローンに強い担当があつまった相談窓口を開設しているところもあります。

 

ローンプラザの相談可能時間は、銀行の窓口のように、平日9時から15時までではありません。

 

営業時間は9時から18時までと、夕方にも対応しており、なんと土日・祝日でも相談可能です。

 

ローンプラザでの相談は、原則として「予約制」で、予約さえしておけば待たずに落ち着いて相談することができます。

 

場合によっては、飛び込みでの対応を許可している銀行もありますが、確実に相談したいなら事前予約をオススメします。

 

また、ローンプラザがない銀行は、平日15時以降や休日に「相談会」を開催している場合もあります。

 

CMでよくみかける大手銀行だと、平日の夜21時まで相談を受けている場合も。

 

休日は家族サービス、平日は残業が多い、という人にとっては大きな力になってくれるはすです。

 

どうしても銀行に行くことができないなら、電話相談もできます。

 

ほとんどの銀行は、住宅ローンの専用電話相談窓口があり、直接電話はもちろんのこと、ホームページで相談内容を入力して送信すると、ローン担当者から電話をかけてくれます。

 

銀行にはリアル店舗がない「ネット銀行」があります。もしネット銀行に相談するのであれば、ローン相談専用電話にかけることになるでしょう。

 

ただ、ネット銀行の中には、リアルな相談専用店舗を構えていることもあります。ソニー銀行は東京駅前に「住宅ローンプラザ」があり、平日夜や週末にも対面相談が可能です。

 

またリアル店舗まではないですが、楽天銀行はスカイプ(インターネット無料電話)での対面相談が可能になっています。

 

住宅ローン相談の専門家といえば「FP」

銀行以外に相談するなら、住宅ローンの専門家であるFP(ファイナンシャルプランナー)をオススメします。

 

難しい試験に合格した者だけが名乗れる「ファイナンシャルプランナー」は、お金に関する専門家です。

 

「どのようにお金を使うべきか」をよく知っているので、普段の家計管理から住宅ローンまで幅広く相談に応じてくれます。

 

ファイナンシャルプランナーは、特にお金の収支管理に詳しいせいか、一般的な消費者目線での相談回答に長けているのが特徴。

 

相談にはお金がかかりますが、費用相当の知識を得ることができるでしょう。

 

ちなみに専門家として事務所を構えている人もいますが、試験に合格すれば誰でも名乗ることができるため、意外と身近にファイナンシャルプランナーがいることも。

 

知り合いに保険のセールスマンがいるなら、高い確率でファイナンシャルプランナーを取得しているはずです。

 

身近にファイナンシャルプランナーを持っている人を、見つけて相談してみるのもいいかもしれません。

 

事務所を構えているファイナンシャルプランナーへ相談するなら、基本的にFP事務所に直接行って相談することになるでしょう。

 

もし子供が小さくて訪問しにくい場合には、出張訪問相談に応じてくれる場合もありますので、事前に問い合わせてみてください。

 

「住宅ローン相談」ではどんな相談が可能なのか

「住宅ローン相談」ではどんな相談が可能なのか
ここまでは、住宅ローン相談をすべき相手について紹介しました。

 

基本的には、銀行かファイナンシャルプランナーに相談するのがいいことを、理解していただけたと思います。

 

では実際に相談に行くとなった場合、何を相談していいのでしょうか。

 

この章では銀行とファイナンシャルプランナーに相談にいくケースにしぼって、どんな相談に対応してくれるのかまとめてみました。

 

銀行の住宅ローン相談窓口に行く場合

ローンプラザや支店にある銀行の「住宅ローン相談窓口」では、一般的に次のような相談が可能です。

  • 自分の状況だといくらまで借りることができるか
  • 諸費用はどれくらいかかるのか
  • 返済期間は何年にすべきなのか、何年まで可能なのか
  • どのような種類の住宅ローンがあるのか
  • 固定金利と変動金利では、どんな違いがあるのか
  • 夫婦二人で借りる場合、何をすればいいのか
  • 返済が滞った場合、住宅ローンはどうなるのか
  • 実際に借りたときの返済額はいくらになるのか
  • 借りるときに必要な書類は、何を用意すればいいのか
  • 住宅ローンが実際に融資されるまでにかかる時間はどれくらいなのか
  • 返済が難しくなった時、どうすればいいのか

銀行の住宅ローン相談窓口では、基本的に住宅ローンのことなら何でも相談することができます。

 

相談は無料ですので、納得できるまでドンドン質問しましょう。

 

相談をしたからといって、必ずその銀行を利用しなければならないわけではないので、遠慮なく相談してください。

 

ちなみに銀行での相談では、住宅ローンの商品内容説明や知識などが、中心になりやすいです。

 

個人的な悩みには上手く回答できない担当者もいますので、あらかじめ覚悟しておきましょう。

 

ファイナンシャルプランナーに相談する場合

銀行ではうまく回答してもらえなかったことや、銀行には聞きにくい「第三者的な観点からの回答」を欲しい場合には、独立して事務所をかまえているファイナンシャルプランナーに相談してみましょう。

 

もちろん知り合いにファイナンシャルプランナーがいれば、その方を頼るのもOKです。

 

ファイナンシャルプランナーに住宅ローンの相談をする際、一般的に次のような相談が可能です。

  • 手数料を含めた総返済額が最もお得な銀行はどこか
  • 団体信用生命保険の保障内容の比較
  • 今後のライフプランに合った返済計画
  • 家計の見直し
  • 住宅ローン控除などお得な制度の案内

銀行にもファイナンシャルプランナー資格を持つ行員はいますが、どうしても所属している銀行よりの目線になりがち。

 

一方、金融機関に属さない独立したファイナンシャルプランナーであれば、中立的な立場で住宅ローンの相談にのってくれます。

 

銀行に直接行けば、その銀行で取り扱う商品の比較は受けることができますが、他社との比較は避けられます。

 

より幅広い住宅ローンの比較をしたいのであれば、ファイナンシャルプランナーに相談するのがベストです。

 

また、ファイナンシャルプランナーであれば、ライフプランに応じたキャッシュフロー表(毎年の家計収支と将来の資産残高を予測する計算表)を作成してくれます。

 

キャッシュフロー表を駆使すれば、将来を予測した無理のない返済額と、金利タイプの違いによる総返済額などを推定することが可能になるので、将来への不安を一気に軽減することが可能になるでしょう。

 

さらに住居手当・住宅資金贈与・住宅ローン減税などの住宅購入の前後に使用できる制度の紹介や、保険見直し・資産運用など、家計全般の改善アドバイスも受けることができます。

 

「住宅ローン相談」に行く前に準備すべきもの

「住宅ローン相談」に行く前に準備すべきもの
前章では銀行とファイナンシャルプランナーに、相談できることについてお伝えしました。

 

相談する相手が変われば、質問すべき事項も変わることをお分かりいただけたのではないでしょうか。

 

次に紹介するのは、「住宅ローン相談」に行く前に準備すべきものについて。

 

住宅ローン相談に行くのであれば、より具体的な相談やアドバイスを受けることができるよう、あらかじめ準備したいものがあります。

 

準備すべきものは相談する相手はもちろんのこと、住宅購入の進行状況に応じて変わってくるので要注意。

 

次項より詳しく紹介していきますので、それぞれの違いに注目しながら、読み進めてみてください。

 

まだ購入する不動産が決まっていない場合

まだ購入したいと思う不動産が決まっていない状態で、銀行に住宅ローンの相談に行くのであれば、以下に示すものは最低限用意してから、相談にいくようにしましょう。

  • 源泉徴収票または住民税決定通知書(会社員の場合)
  • 過去3年分の確定申告書と決算書(自営業の場合)
  • 健康保険証
  • 住宅ローン以外のローンの残債証明

具体的な購入対象が決まっていないなら、融資額の可能額を聞いたり、金融商品として説明を受けたりすることに終始するため、上に示した書類が必要になります。

 

すでに購入する不動産が決まっている場合

すでに購入する不動産が決まっている状態で、銀行に住宅ローンの相談に行くのであれば、先述した4つの準備物に加えて、以下のものを用意してください。

  • 物件の概要がわかるチラシやパンフレット
  • 図面
  • 書重要事項説明書(調印前のたたき台でも可)
  • 売買契約書(調印前のたたき台でも可)

購入する不動産が決定しているなら、より具体的な内容を相談することになります。

 

一歩突っ込んだアドバイスをもらうためにも、上に示した書類は用意してから相談しにいくようにしましょう。

 

ファイナンシャルプランナーに相談する場合

今まで紹介した準備物は、基本的に銀行に相談にいく場合に必要になるものです。

 

もしファイナンシャルプランナーに相談するなら、少し毛色の違う相談内容になるため、銀行とはまた違ったものを用意してください。具体的に用意すべきものは以下の通りです。

  • 家計簿など毎月の支出がわかるもの
  • 預金通帳
  • 生活費を引き落としている通帳
  • 毎月の支出の明細書(光熱費など)
  • 年金定期便(年金加入歴がわかる資料)
  • 生命保険証券

返済可能額の基準がわかるキャッシュフロー表の作成には、上記のような資料が必要です。可能な限り準備すれば、より具体的なアドバイスと計算が可能になるのでしょう。

 

銀行またはFPに「住宅ローン相談」をする手順

銀行またはFPに「住宅ローン相談」をする手順
ここまでは「住宅ローン相談」に行く前に準備すべきものについて紹介しました。

 

より充実した相談にするためには、何を事前に準備すべきか理解していただけたと思います。

 

次にお伝えするのは、銀行またはFP(ファイナンシャルプランナー)に「住宅ローン相談」をする手順について。

 

もし銀行かファイナンシャルプランナーに相談に行くなら、次のステップで実施するとよいでしょう。

  1. 相談するFPまたは銀行を決定する
  2. 相談先に電話をかけ、日時を決める
  3. 相談日までに準備すべきものを全て用意する

銀行・ファイナンシャルプランナーに相談する際、もっとは避けるべきなのが、アポなしで行くことです。

 

相談する約束をつけていない状態で訪問しても、時間を割いてくれる場合が多いのですが、相手は何も準備していません。

 

つまり相談回答の質が、落ちることになるのです。

 

具体的で効果的なアドバイスを受けるためには、自分の準備はもちろんのこと、相談相手の準備時間も必要不可欠であることを、忘れないようにしてください。

 

銀行・FP「住宅ローン相談」に行く際の注意点

銀行・FP「住宅ローン相談」に行く際の注意点
前章では、銀行またはFPに「住宅ローン相談」をする手順について、お伝えしました。

 

住宅ローン相談にいく際は、事前の予約が重要だとお分かりいただけたのではないでしょうか。

 

次に紹介するのは、銀行・FP「住宅ローン相談」に行く際の注意点について。

 

相談を受ける人からすれば、具体的な相談内容でないことがもっとも厄介です。

 

相談に行くのであれば、何について聞きたいと思っているのか、明確にしておくようにしてください。

 

相談をしようと思っていることを忘れてしまうことも多いので、できればメモに残しておくことをお勧めします。

 

また、ファイナンシャルプランナーに相談する際は、料金の確認も怠らないようにしてください。

 

知人のファイナンシャルプランナーに相談しない限り、一般的に相談は有料になります。

 

場合によっては「相談時間30分以内は無料」の場合もありますが、料金が発生する前提で準備をしておく方がベターです。

 

銀行やFP以外で「住宅ローン相談」できる人たち

銀行やFP以外で「住宅ローン相談」できる人たち
ここまでは、銀行・FP「住宅ローン相談」に行く際の注意点について紹介しました。

 

銀行・FPに住宅ローン相談に行くなら、相談すべき事項をハッキリしておくことが重要だと、理解していただけたと思います。

 

次に紹介するのは、銀行やFP以外で「住宅ローン相談」できる人たちについて。

 

前章までずっと住宅ローンの相談相手として、銀行とファイナンシャルプランナーを紹介してきましたが、実は他にも相談相手として、オススメできる人たちがいます。

 

次項より紹介していきましょう。

 

不動産業者

不動産業者は銀行以外で、もっとも住宅ローンに従事している業者といっても過言ではありません。

 

元・不動産業者の筆者もそうでしたが、日々の業務を円滑に進めるためには、否が応でも住宅ローンに関する知識を身につける必要があります。

 

たとえ新人営業マンだったとしても、ある程度の知識を持ち合わせているため、住宅ローンの相談相手にはピッタリです。

 

不動産営業マンはとくに「審査」に関する知識に強いため、審査が心配な人は相談してみるといいでしょう。

 

すでに住宅ローンを組んだことのある知人・友人

業者や専門家以外にも頼りになるのが、すでに住宅ローンを利用したことがある知人・友人です。

 

実際に経験している人の生の声ほど、頼りになるものはありません。「●●銀行は良かった」などのリアルな情報が得られるはず。

 

もし相談するなら、同じ勤務先に勤める人が特におすすめです。

 

同じような境遇であるため、住宅ローンの悩みも似たようなものである可能性が高く、あなたが抱えている悩みをすでに解決した経験をもっているかもしれません。

 

もちろんあくまでも「素人」なので、個人的な感情が含まれていることも考慮しつつ、信頼できる人を選択するようにしてください。

 

悩みによって相談すべき相手は変わる

悩みによって相談すべき相手は変わる
前章では銀行やFP以外で、「住宅ローン相談」できる人たちについてお伝えしました。

 

身近な人にも住宅ローンの相談相手として、ふさわしい人がいることをお分かりいただけたのではないでしょうか。

 

もし誰に相談すればいいか、まだ決めていないのであれば、悩みに内容によって相談すべき相手を変えてみてもいいかもしれません。

 

次項より住宅ローンの相談でよくある内容を取り上げ、その相談内容にもっとも適した相手を紹介したいと思います。

 

「住宅ローンを組むことが心配」を相談すべき相手

間違っても「銀行」と「販売担当の不動産業者」には、相談しないようにしてください。

 

不動産会社の営業担当者は、不動産を販売する仕事であり、銀行は住宅ローンを貸すのが仕事です。

 

いままでの苦労を水の泡にしないためにも、あなたの「住宅ローンに対する不安感」を全力で解消してくるはず。

 

中立的なアドバイスが欲しいなら、ファイナンシャルプランナーに相談するのをオススメします。

 

「お得な住宅ローンはどこ?」を相談すべき相手

お得な住宅ローンについて知りたいなら、まずは不動産会社の営業担当者に、相談をするのが一番いいでしょう。

 

ある程度不動産業者から知識を得たら、ファイナンシャルプランナーに相談して、最終的な判断をするのがベストです。

 

不動産業者は住宅ローンに精通しているため、最新の金利状況なども全て把握しています。ただ、見落としが多いのも事実。

 

不動産業者から得た情報を下地に、ファイナンシャルプランナーに最終チェックを依頼して、最終的な支払い金額が本当にお得な住宅ローンを見極めてください

 

「一度審査に落ちたけど、どうすればいい?」を相談すべき相手

まずは、審査におちた金融機関に相談すべきです。

 

「なんとかして審査に合格したいのだけど、どうすれば審査に通りますか?」と単刀直入に聞いてみてください。

 

直接的な表現は避けるでしょうが、ヒントは必ず教えてくれます。

 

また銀行が何も教えてくれないなら、不動産業者に相談するのもいいかもしれません。

 

不動産業者は住宅ローン審査に精通しているので、審査に落ちた理由を特定できる可能性が高いです。

あなたの条件に合う住宅ローンをマッチング!最大6社に一気に仮審査依頼できる

最新の金利データから、あなたに条件にあったベストな住宅ローンがマッチング!
最大6社を比較して、金利・諸費用・保障内容・総支払額から最適な住宅ローンが選べる

住宅本舗

https://www.jutapon.com/

 

まとめ

以上、住宅ローンに関心のある人であれば、絶対に知っておくべき「住宅ローン相談」の必須情報を紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?

 

あなたが抱えている住宅ローンの疑問・質問を相談すべき相手はもちろんのこと、住宅ローンの相談をするうえで、注意すべき点も理解いただけたと思います。

 

もし今後住宅ローンの相談をするなら、今回紹介した知識をぜひ参考にしてみてください。

関連ページ

初心者なら絶対に知っておくべき「住宅ローンの仕組み」を徹底解説
住宅ローンの必要書類全81つの入手から再発行方法【チェックリスト付】
おトクに住宅ローンを借りたい人必見!金利や諸費用が安くなる方法を徹底解説
いくら用意すべきか丸わかり!住宅ローンを組む時にかかる費用を徹底解説
一日の流れから司法書士の見つけ方まで!住宅ローン「融資実行日」の全知識
お得に住宅ローンを組みたい人必見!プロがオススメするネット銀行4選
プロが教える!債務整理後に住宅ローンを組む4つのテクニック
注意点やおすすめ銀行を紹介!30年返済の住宅ローンを使いこなす全知識
不動産のプロが教える!40年以上の住宅ローンを使いこなす4つの必須知識
転勤者は必見!引越し時における住宅ローンの取り扱い方を完全解説
完済が70歳以上になる住宅ローンを使いこなす4つの必須知識
退職後も安心!80歳まで組める住宅ローンを使いこなすための全知識
住宅ローンの返済期間を最長にするなら絶対に知っておくべき4つの必須知識
住宅ローンを延長したい人は必見!延長の方法や簡単に延長できる銀行を解説
住宅ローン「連帯債務者」5つの必須知識を大解剖!利点・欠点や注意点まで完全ガイド
離婚協議中の人は必見!財産分与時の住宅ローンの扱い方をシンプルに解説
住宅ローンの頭金を5つの要素で大解剖!メリットから用意する方法まで解説
不動産のプロが教える!住宅ローン選びで抑える5つのポイント
FP(ファイナンシャルプランナー)に住宅ローン相談するための全知識
この銀行なら間違いない!元・不動産業者が選ぶおすすめ住宅ローン6選
これさえ選べば間違いなし!プロが選ぶおすすめ住宅ローンランキング
どうすれば限度額をUPできる?!住宅ローン「限度額」の全知識
お得な銀行が知りたい人は必見!「優遇制度」がスゴイ住宅ローン6選
あなたはいくらまで借りられる?住宅ローンの借り入れ金額を徹底解説
初心者必見!住宅ローンの適正な借り入れ金額を判断する3つの方法
住宅ローンを借り換える人は必見!借り換えと年末調整の関係を徹底解説
低い金利にしたい人必見!同じ銀行で住宅ローン借り換えできるか徹底検証
これを読めば全てがわかる!最新の住宅ローン「金利」の全知識
基礎知識から注意点まで!住宅ローン「固定金利」の全知識
将来の金利はどうなる?!1月の住宅ローン金利動向を徹底解説
今後の金利はどうなる?不動産のプロが住宅ローン金利の予想方法を解説
間違った使い方をしてるかも?!住宅ローン早見表を活かすための全知識
永住権なしでも大丈夫!?外国人が住宅ローンを組むための全知識
最終的には強制退去?!住宅ローン滞納者が知っておくべき全知識
老後破たんをしたくないなら!退職後の住宅ローン返済を延滞させない3つの対策
完済のコツや延滞の対処法を徹底解説!住宅ローン「返済」の全知識
毎月の住宅ローンの返済が辛い人必見!プロが選んだ対処方法5選
諦めるのはまだ早い!無職から住宅ローンを組むための方法を徹底解説
住宅ローンが残っている不動産を売却するために知っておくべき全知識
住宅ローン返済中に家を売却したい人必見!残債がある家の売り方を徹底解説
元・不動産業者が教える!住宅ローンを払えない人が知るべき5つの対策方法
マイホームを諦めたくない人必見!自己破産後に住宅ローンを組む2ステップ
住宅ローンの返済が残っている家をうまく売るための4つの必須知識
基礎知識から解決法までシンプルに解説!住宅ローン「オーバーローン」の全知識
住宅ローンを払いきれない人は必見!「任意売却」の全知識
最悪の事態になる前に!住宅ローン返済が苦しい人におすすめの対策方法3選
住宅ローン事前審査に挑戦するなら絶対に知っておくべき全知識
審査に不利って本当?!転職後に住宅ローン審査を突破する2つの方法
住宅ローン審査突破のための「クレジットカード」5つの正しい使い方
普通の住宅ローンとは何が違う?「担保なし住宅ローン」を徹底解説
ブラックリストに載った後でも住宅ローンを組む方法を徹底解説
新規申込とは何が違う?住宅ローンの「借り換え審査」を突破するための全知識
連帯債務を設定した住宅ローンを借り換えするための6つの必須知識
月7万円の返済で大丈夫?!月収20万円台の人が知るべき住宅ローン全知識
住宅ローンで2,000万円借りたい人必見!月々の返済額から審査のコツまで解説
住宅ローン審査で3,000万円の融資額を獲得する7つのテクニック
どれくらいの年収が必要?住宅ローンで4,000万円借りるための全知識
いくらの年収が必要?住宅ローンで4,500万円借りるコツを徹底解説
最大額はいくら?年収600万円の人が住宅ローンを使いこなすための全知識
年収が審査に与える影響とは!?住宅ローンにおける「年収」の全知識
元・不動産業者がこっそり教える!審査が甘い住宅ローン3つの特徴
審査が通りやすい住宅ローンって本当?「プロパーローン」の全知識
本当は教えたくない!アルバイトが住宅ローン審査を通過できる方法
住宅ローンが落ちたらどうする?原因別の対策方法を徹底解説
心配しなくても大丈夫!うつ病患者が住宅ローンを組むための3つの方法
基礎知識から計算方法まで徹底解説!住宅ローン「担保評価」の全知識
融資金額を増やしたいなら!住宅ローンを増額させる6つの方法
基礎知識から活用方法まで徹底解説!住宅ローン「残高証明書」の全知識
本当は教えたくなかった任意整理後でも住宅ローンを組む3つの方法
住宅ローンを遅延し続けるとどうなる?最悪の事態から回避する方法を解説
住宅ローンを利用するなら必要不可欠?!弁護士を雇うべきケースを徹底解説
住宅ローン相続を回避する4つの方法を大公開!誰でもできる方法も解説
3大疾病保障付き住宅ローンを大解剖!基礎知識から生命保険との関係性まで解説
解約すべきって本当?!住宅ローンと生命保険の関係性を徹底解説
お得にガン保障を付けたい人必見!ガン対応団信が無料で付く住宅ローン2選
ケース別に解説!離婚後の住宅ローンをうまく処理するための全知識
別居中の住宅ローン利用者は必見! 将来を見据えた対策方法をケース別に解説
セカンドハウスや住み替えに使える!2件目の住宅ローンを組む2つの方法
住宅ローンで別荘が買える?!「セカンドハウスローン」の全知識
土地だけで住宅ローンを組むなら!絶対に知っておくべき全知識
月々の返済を激減できる!住宅ローンで「賃貸併用住宅」を買うための全知識
どちらも併用できる?住宅ローン控除とふるさと納税の関係性を徹底解説
基礎知識からまで目安まで徹底解説!住宅ローン「返済比率」の全知識
誰でも使えるって本当?!「農協」の住宅ローンを徹底解説
フラット35でお馴染み!モーゲージ方式の住宅ローンを徹底解説
住宅ローン控除を利用する人は必見!住宅ローンと「年末調整」の関係性を解説
初心者必見!中古住宅で住宅ローン減税を受ける方法を徹底解説
個人事業主が住宅ローン審査を通過するための5つの必須知識
投資用物件を住宅ローンで買いたい人が絶対に知っておくべき必須知識
審査に通りやすいって本当?!ノンバンクの住宅ローンを徹底解説
外国人に優しい銀行はどこ?外国人のための住宅ローン攻略ガイド
メリット・デメリットや金利を解説!「ARUHI」住宅ローン完全ガイド
金利からメリット・デメリットまで徹底解説!「楽天銀行」住宅ローンの全知識
特徴や金利が全てわかる!「三菱東京UFJ銀行」住宅ローンの全知識
特徴から金利まで完全解説!「りそな銀行」住宅ローンの徹底ガイド
これから審査をする人は必見!初心者向け住宅ローンQ&A
審査に影響する?住宅ローンとマイカーローンの関係性を徹底解説