住宅ローン 引越し

最終更新日:2017年7月30日

住宅ローン利用中に引越しが決まった方へ

住宅ローン利用中に引越しが決まった方へ
もしあなたが住宅ローン利用中で引越しするのであれば、以下のような考えをもっていませんか?

・住宅ローン利用中に引越ししてもいいのだろうか?
・引越しする時、住宅ローンにはどんな手続きが必要?
・住宅ローン利用中に引越しするとペナルティがあるって本当?

住宅ローンの利用中で引越しするようになったのであれば、上記のような疑問や不安を持つのは当然です。

 

そろそろ疑問を晴らして、具体的な行動をスタートしたいですよね?

 

そこで今回の記事では、絶対に知っておくべき「住宅ローンと引越し」に関する必須情報を紹介していきます。

 

この記事を読めば、住宅ローン利用中に引越しするとペナルティがあるのかわかりますよ!
記事を最後まで読んだ頃には、心置きなく引越しできるだけの知識を得ているはずです。

 

住宅ローン利用中に引越しをしたら一括返済になるのか

住宅ローン利用中に引越しをしたら一括返済になるのか
住宅ローンの融資条件は複数ありますが、もっとも基本的な条件が「利用者本人の居住」です。

 

不動産投資に住宅ローンを利用されないために、利用者が居住するのを「条件」として課せられます。

 

しかし後々に転勤などで引越しを迫られ、本人以外の誰かが住むケースはよくあります。

 

冒頭で紹介した「利用者本人の居住」を破っていますが、銀行が知るとどのような対応になるのでしょうか。

 

住宅ローンの条件違反だと言われて、「一括返済」を求められてしまうのでしょうか。

 

住宅ローン利用上のルールにのっとれば、明らかな「条件違反」です。

 

条件違反に該当する行為をすれば、銀行は一括返済を求める権利を持ちます。

 

しかし実際には引越しによって本人が住んでいないのが判明しても、銀行は一括返済を求めてはいません。

 

筆者は10年以上不動産業者をしていましたが、引越しが原因で一括返済になったケースは見たことないです。

 

知り合いの業者もそうですし、風のウワサでも聞いた記憶がありません。

 

したがって、引越しによって住宅ローンの一括返済を求める可能性は、限りなくゼロに近いと言えるでしょう。

 

住宅ローン利用中に引越しするなら「届け」を出そう

住宅ローン利用中に引越しするなら「届け」を出そう
ここまでは住宅ローン利用中に引越しをしたら、一括返済になるのか紹介しました。

 

厳密にいうとルール違反ですが、銀行は黙認していると理解していただけたと思います。

 

住宅ローン利用中に引越ししたのであれば、銀行に対する「届け」が重要です。

 

引越ししたなら、住所が変わっているはず。新住所を住宅ローン利用中の銀行に届け出てください。

 

先述したように、引越ししたからといって何か罰則が出るわけではありません。

 

なるべく早く銀行には住所変更の届けをするようにしてください。

 

住所変更の届け出を忘れていると、銀行からのお知らせを受け取れなくなります。

 

銀行には「不在」として返送されるわけですから、印象がよくないでしょう。

 

銀行は住宅ローン利用者と連絡が取れないのをもっとも恐れます。

 

そのまま音信不通が続けば、返済不能のリスクが浮上してくるからです。

 

銀行を不安にさせて、ロクなことはありません。

 

本来なら黙認している引越しによるルール違反を指摘される可能性もあります

 

住所変更を届け出ないのは、住宅ローン利用中に引越しするよりもリスキーであるのをお忘れなく。

 

銀行に余計な詮索をされたくないなら、何よりも優先して住所変更の届けを出すようにしてください。

 

銀行に住所変更を届け出る方法

住宅ローン利用中に引越しする場合、銀行への住所変更が絶対に必要です。

 

住所変更の方法は銀行別に多少の違いがありますが、基本的には利用者本人から銀行へ変更届を提出するだけ。

 

変更届は非常にシンプルで、名前・旧住所・新住所を書けばOKです。

 

引越し時に氏名まで変わる場合は、別途の提出書類が増えるでしょう。

 

変更届の入手先ですが、たいていの銀行はホームページや利用者用の管理システム上で取得できます。

 

PDFファイルでのダウンロード後に印刷して記入し、郵送する流れになるはずです。

 

もし保証人がいる場合も、変更届の提出が必要です。書類は同じものになるでしょう。

 

また銀行によっては、住民票の提出を求められるので注意してください。

 

同時に氏名変更する場合は、戸籍謄本も必要になります。

 

戸籍謄本は取得までに時間がかかる可能性が高いので、要注意です。

 

さらに引越し先が海外になる場合は、会社が発行した証明書や国内連絡先の設定を求められます。

 

国内連絡先は友人ではなく親族だけが対象になるので、あらかじめ誰にするか決めておいた方がいいでしょう。

 

住宅ローン利用中に引越しすると「控除」が使えなくなる

住宅ローン利用中に引越しすると「控除」が使えなくなる
前章では住宅ローン利用中に引越しするなら、住所変更の「届け」を出すべきとお伝えしました。

 

銀行に住所変更を届け出る重要性について、お分かりいただけたのではないでしょうか。

 

次に紹介するのは、引越しによって発生する弊害について。

 

住宅ローンを使ってマイホームを買った人に限り、「住宅ローン控除」を利用できます。

 

住宅ローン控除は、住宅ローン残高の1%相当額を所得税から控除できる強力な控除制度です。

 

最大で10年間控除を受け続けられるため、いまだに多くの方が住宅ローン控除の適用を受けています。

 

しかし残念ながら、引越しをする場合は原則として住宅ローン控除の対象外になります。

 

本人が住んでいないため、住宅ローン控除の適用条件から除外されてしまうのです。

 

ただし、例外もあります。実は単身赴任での引越しに限り、引き続き住宅ローン控除の適用が受けられます。

 

本人に代わって家族が自宅に居住してくれれば、控除の条件に当てはまるのです。

 

もちろん家族全員での引越しなら、住宅ローン控除は受けられません。

 

しかし、控除期間が残っているうちに家に帰ってくれば、残存期間に限り適用を受けられます。

 

例を出してみましょう。マイホームを住宅ローンで買って5年後に、家族全員で引越ししたとします。

 

当然、新天地に引越しした後は住宅ローン控除が対象外です。

 

しかし、引越しして3年後に戻ってきました。その場合、残り2年間は再度適用を受けられます。

 

なお、一度住宅ローン控除を受けた数年後に再適用する場合は、確定申告が必要になるので要注意。

 

他にも細かい要件や追加提出書類が定められるケースがあるので、事前に税務署に確認するのをオススメします。

 

引越しした後のマイホームをどうすべきか

引越しした後のマイホームをどうすべきか
ここまでは引越しによって発生する弊害について紹介しました。

 

住宅ローン利用中に引越しすると、「住宅ローン控除」が対象外になると理解していただけたと思います。

 

次に紹介するのは、引越しした後のマイホームの処理方法について。

 

「引越しした後の家をどうするか」は、引越しが決まった時点で直面する最大の問題だと思います。

 

賃貸であれば契約解除すれば問題ないですが、住宅ローンで買ったマイホームならそうはいきません。

 

仮に家族全員で引越しするとなれば、家は誰も使用しなくなります。

 

しかし誰もすんでいない間も、固定資産税や火災保険などの税金や保険料は発生するでしょう。

 

もし空いたマイホームをムダにしたくないなら、「賃貸」に出す選択肢が考えられます。

 

場合によっては、マイホームを手放す「売却」を選択するケースもあり得るでしょう。

 

しかし引越し後に帰ってくるかどうか微妙であれば、どうすればいいか悩む人が多いはず。

 

家は不思議なもので、誰も住んでいないと徐々に痛んでいきます。

 

使用しない方が家は傷まないと勘違いされがちですが、真実はむしろ逆。

 

換気がされずに空気がよどめば内観クロスは劣化しますし、水回りの配管にも問題が発生するでしょう。

 

部屋にはカビが生え、ホコリがたまり、虫まで湧いてきます。

 

そのまま空き家にしてしまうのは、劣化面だけではなく防犯面でも心配が出てきます。

 

このように、家は空き家にすると様々な問題を発生します。

 

なるべくならば、引越し前に今後のマイホームについて検討し、「処理方法」を決めておくべきでしょう。

 

しかしマイホームの処理方法は、なかなか難しい問題です。自分だけでは判断できない人もいるはず。

 

実際に引越しして空き家にした人は、どんな結論を出しているのでしょうか。

 

あくまでも筆者の個人的経験則ですが、大抵の人が「売却」「賃貸」のどちらかを選んでいました。

 

将来的に帰ってくるかどうかわからない人でも「売却」「賃貸」を選んでいます。

 

10人いれば5人が売却、4人が賃貸といった印象です。

 

残りの1人は、保守管理の専門業者にマイホームの管理を依頼していました。

 

管理業者に依頼すればお金こそかかりますが、劣化面・防犯面ともに問題を解決できます。

 

もし空き家の近くに頼れる知り合いや家族がいるなら、管理・保守をお願いしても良いかもしれません。

 

「賃貸」「売却」「保守」の選び方

「賃貸」「売却」「保守」の選び方
前章では引越しした後のマイホームの処理方法をお伝えしました。

 

基本的には「賃貸」「売却」のどちらかを選択し、「保守」するのは少数派だと理解いただけたと思います。

 

この章では「賃貸」「売却」「保守」の選び方について、もっと深ぼってみましょう。

 

次項より「賃貸」「売却」「保守」それぞれのメリット・デメリットを紹介していきます。

 

3つの方法のうち、自分の家には何の方法を選択すべきか迷っている人はぜひ参考にしてみてください。

 

「賃貸」を選ぶメリット・デメリット

現在の住宅ローンは「超・低金利」時代です。毎月の支払額も昔に比べてかなり低くなっています。

 

そのため、もし「賃貸」を選べば住宅ローンの支払額よりも、家賃収入の方が上回るケースが大半です。

 

つまり、住宅ローンの支払いを差し引いても「黒字」になるのが、賃貸のメリットなのです。

 

また将来的に自分が戻ってもう一度住むのが可能なのも、大きなメリットでしょう。

 

一方、デメリットとしては、様々な費用が発生してしまうのが挙げられます。

 

不動産会社へ管理を依頼するなら、毎月「管理料」が家賃の10%程度発生します。

 

また不動産会社が借主を見つけた場合、「広告料」として家賃の1ヶ月分を支払うでしょう。

 

さらに水回りの故障や雨漏りなど、不具合が発生すれば基本的に自費で修理・交換しなければなりません。

 

住宅ローンの支払いより家賃の方が高いのに、様々な固定費を差し引くと結局赤字のケースは本当に多いです。

 

賃貸に出すなら、収支の計算は事前にキチンとやっておくべきでしょう。

 

「売却」を選ぶメリット・デメリット

「売却」を選択すればマイホームを手放すため、様々な手間や出費から解放されます。

 

先述した「賃貸」のように、実行するうえで必要な費用もそこまでありません。

 

必要なのは、売却が完了した時に発生する「仲介手数料」だけです。

 

このように後々に引きずることなくサクッと処理できるのが、「売却」のメリットと言えるでしょう。

 

一方、デメリットは、住宅ローンの残債より売却額が上回らないといけない点です。

 

銀行が課したルール上、完済しなければ家は売却できません。

 

売却するなら、予め不動産一括査定サイトを駆使して、自分の家がいくらで売れるのか確認しておきましょう。

【裏技】不動産の“本当の相場”をたった1分でチェック

安心のNTTグループが運営!大手の不動産会社も唯一参加しているオススメの一括査定です。

HOME4U

https://www.home4u.jp/


>利用者500万人、2001年から運営の安心実績!<
>最大6社の査定比較で500万円高く売れた事例も!<

 

「保守」を選ぶメリット・デメリット

今まで紹介してきた「売却」「賃貸」には、数々のデメリットがありました。

 

「保守」は「売却」「賃貸」に比べてリスクをとる方法ではないので、大きなデメリットがありません。

 

デメリットがないのが「保守」のメリットと言えるでしょう。

 

ただし、保守するだけなので業者への保守費用はもちろんのこと、他の固定費がかかるのをお忘れなく。

 

固定資産税が毎年かかりますし、マンションの場合は管理費や修繕積立金も発生します。

 

このように「保守」は費用がかかるわりに、プラスの要素が得られません。

 

引越し後すぐに帰ってくる可能性が高くない限り、保守を選ぶ人は少ないのが現実です。

 

まとめ

以上、住宅ローンの利用中で引越しする人に向けて、必要な知識を紹介してきましたがいかがだったでしょうか?

 

住宅ローン利用中に引越しするとペナルティがあるのか等のさまざまな知識を、理解いただけたと思います。

 

心置きなく引越しできるだけの知識を、得ているのではないでしょうか。

 

実際に引越しをする際は、今回紹介した知識をぜひ参考にしてみてください。

関連ページ

初心者なら絶対に知っておくべき「住宅ローンの仕組み」を徹底解説
借り換えやフラット35も徹底解説!住宅ローンの「必要書類」完全ガイド
初心者必見!「住宅ローン相談」に行くまえに知っておくべき全知識
おトクに住宅ローンを借りたい人必見!金利や諸費用が安くなる方法を徹底解説
いくら用意すべきか丸わかり!住宅ローンを組む時にかかる費用を徹底解説
一日の流れから司法書士の見つけ方まで!住宅ローン「融資実行日」の全知識
お得に住宅ローンを組みたい人必見!プロがオススメするネット銀行4選
プロが教える!債務整理後に住宅ローンを組む4つのテクニック
注意点やおすすめ銀行を紹介!30年返済の住宅ローンを使いこなす全知識
不動産のプロが教える!40年以上の住宅ローンを使いこなす4つの必須知識
完済が70歳以上になる住宅ローンを使いこなす4つの必須知識
退職後も安心!80歳まで組める住宅ローンを使いこなすための全知識
住宅ローンの返済期間を最長にするなら絶対に知っておくべき4つの必須知識
住宅ローンを延長したい人は必見!延長の方法や簡単に延長できる銀行を解説
基礎知識から注意点まで徹底解説!住宅ローン「連帯債務者」の全知識
離婚協議中の人は必見!財産分与時の住宅ローンの扱い方をシンプルに解説
必要な金額から用意する方法まで徹底解説!住宅ローン「頭金」の全知識
不動産のプロが教える!住宅ローン選びで抑える5つのポイント
FP(ファイナンシャルプランナー)に住宅ローン相談するための全知識
この銀行なら間違いない!元・不動産業者が選ぶおすすめ住宅ローン6選
これさえ選べば間違いなし!プロが選ぶおすすめ住宅ローンランキング
どうすれば限度額をUPできる?!住宅ローン「限度額」の全知識
お得な銀行が知りたい人は必見!「優遇制度」がスゴイ住宅ローン6選
あなたはいくらまで借りられる?住宅ローンの借り入れ金額を徹底解説
初心者必見!住宅ローンの適正な借り入れ金額を判断する3つの方法
住宅ローンを借り換える人は必見!借り換えと年末調整の関係を徹底解説
低い金利にしたい人必見!同じ銀行で住宅ローン借り換えできるか徹底検証
これを読めば全てがわかる!最新の住宅ローン「金利」の全知識
基礎知識から注意点まで!住宅ローン「固定金利」の全知識
将来の金利はどうなる?!1月の住宅ローン金利動向を徹底解説
今後の金利はどうなる?不動産のプロが住宅ローン金利の予想方法を解説
間違った使い方をしてるかも?!住宅ローン早見表を活かすための全知識
永住権なしでも大丈夫!?外国人が住宅ローンを組むための全知識
最終的には強制退去?!住宅ローン滞納者が知っておくべき全知識
老後破たんをしたくないなら!退職後の住宅ローン返済を延滞させない3つの対策
完済のコツや延滞の対処法を徹底解説!住宅ローン「返済」の全知識
毎月の住宅ローンの返済が辛い人必見!プロが選んだ対処方法5選
諦めるのはまだ早い!無職から住宅ローンを組むための方法を徹底解説
住宅ローンが残っている不動産を売却するために知っておくべき全知識
住宅ローン返済中に家を売却したい人必見!残債がある家の売り方を徹底解説
元・不動産業者が教える!住宅ローンを払えない人が知るべき5つの対策方法
マイホームを諦めたくない人必見!自己破産後に住宅ローンを組む2ステップ
住宅ローンの返済が残っている家をうまく売るための4つの必須知識
基礎知識から解決法までシンプルに解説!住宅ローン「オーバーローン」の全知識
住宅ローンを払いきれない人は必見!「任意売却」の全知識
最悪の事態になる前に!住宅ローン返済が苦しい人におすすめの対策方法3選
住宅ローン事前審査に挑戦するなら絶対に知っておくべき全知識
審査に不利って本当?!転職後に住宅ローン審査を突破する2つの方法
住宅ローン審査突破のための「クレジットカード」5つの正しい使い方
普通の住宅ローンとは何が違う?「担保なし住宅ローン」を徹底解説
ブラックリストに載った後でも住宅ローンを組む方法を徹底解説
新規申込とは何が違う?住宅ローンの「借り換え審査」を突破するための全知識
連帯債務を設定した住宅ローンを借り換えするための6つの必須知識
月7万円の返済で大丈夫?!月収20万円台の人が知るべき住宅ローン全知識
住宅ローンで2,000万円借りたい人必見!月々の返済額から審査のコツまで解説
住宅ローン審査で3,000万円の融資額を獲得する7つのテクニック
どれくらいの年収が必要?住宅ローンで4,000万円借りるための全知識
いくらの年収が必要?住宅ローンで4,500万円借りるコツを徹底解説
最大額はいくら?年収600万円の人が住宅ローンを使いこなすための全知識
年収が審査に与える影響とは!?住宅ローンにおける「年収」の全知識
元・不動産業者がこっそり教える!審査が甘い住宅ローン3つの特徴
審査が通りやすい住宅ローンって本当?「プロパーローン」の全知識
本当は教えたくない!アルバイトが住宅ローン審査を通過できる方法
住宅ローンが落ちたらどうする?原因別の対策方法を徹底解説
心配しなくても大丈夫!うつ病患者が住宅ローンを組むための3つの方法
基礎知識から計算方法まで徹底解説!住宅ローン「担保評価」の全知識
融資金額を増やしたいなら!住宅ローンを増額させる6つの方法
基礎知識から活用方法まで徹底解説!住宅ローン「残高証明書」の全知識
本当は教えたくなかった任意整理後でも住宅ローンを組む3つの方法
住宅ローンを遅延し続けるとどうなる?最悪の事態から回避する方法を解説
住宅ローンを利用するなら必要不可欠?!弁護士を雇うべきケースを徹底解説
負の遺産を相続したくない人必見!住宅ローンを相続しないための3つの方法
基礎知識から注意点まで!3大疾病保障付き住宅ローンを徹底解説
解約すべきって本当?!住宅ローンと生命保険の関係性を徹底解説
お得にガン保障を付けたい人必見!ガン対応団信が無料で付く住宅ローン2選
ケース別に解説!離婚後の住宅ローンをうまく処理するための全知識
別居中の住宅ローン利用者は必見! 将来を見据えた対策方法をケース別に解説
セカンドハウスや住み替えに使える!2件目の住宅ローンを組む2つの方法
住宅ローンで別荘が買える?!「セカンドハウスローン」の全知識
土地だけで住宅ローンを組むなら!絶対に知っておくべき全知識
月々の返済を激減できる!住宅ローンで「賃貸併用住宅」を買うための全知識
どちらも併用できる?住宅ローン控除とふるさと納税の関係性を徹底解説
基礎知識からまで目安まで徹底解説!住宅ローン「返済比率」の全知識
誰でも使えるって本当?!「農協」の住宅ローンを徹底解説
フラット35でお馴染み!モーゲージ方式の住宅ローンを徹底解説
住宅ローン控除を利用する人は必見!住宅ローンと「年末調整」の関係性を解説
初心者必見!中古住宅で住宅ローン減税を受ける方法を徹底解説
個人事業主が住宅ローン審査を通過するための5つの必須知識
投資用物件を住宅ローンで買いたい人が絶対に知っておくべき必須知識
審査に通りやすいって本当?!ノンバンクの住宅ローンを徹底解説
外国人に優しい銀行はどこ?外国人のための住宅ローン攻略ガイド
メリット・デメリットや金利を解説!「ARUHI」住宅ローン完全ガイド
金利からメリット・デメリットまで徹底解説!「楽天銀行」住宅ローンの全知識
特徴や金利が全てわかる!「三菱東京UFJ銀行」住宅ローンの全知識
特徴から金利まで完全解説!「りそな銀行」住宅ローンの徹底ガイド
これから審査をする人は必見!初心者向け住宅ローンQ&A
審査に影響する?住宅ローンとマイカーローンの関係性を徹底解説