住宅ローン 安くなる

最終更新日:2017年12月25日

お得に住宅ローンを借りる方法が気になっている方へ

お得に住宅ローンを借りる方法が気になっている方へ
もしあなたが今後住宅ローンを組む予定であれば、以下のような考えをもっていませんか?

・どうすれば住宅ローンの金利は安くなるの?
・住宅ローンの諸費用が安くなる方法を知りたい
・お得に住宅ローンを組みたいのだけど、どの銀行にすればいい?

住宅ローンの利用を検討しているなら、どうすれば住宅ローンをお得に組めるのか知りたいはず。

 

必要な知識をつけて、だれよりも安く住宅ローンを組みたいですよね?

 

そこで今回の記事では、絶対に知っておくべき「金利や諸費用が安くなる方法」の必須情報を紹介していきます。

 

この記事を読めば、お得に住宅ローンが組める方法や銀行がわかりますよ!

 

記事を最後まで読んだ頃には、どこの銀行の住宅ローンを利用すればいいか理解できているはずです。

【新規の方】あなたの条件に合う住宅ローンをマッチング!最大6社に一気に仮審査依頼できる

最大6社を比較して、金利・諸費用・保障内容・総支払額から最適な住宅ローンを一括審査

住宅本舗

https://www.jutapon.com/


【借り換えの方】あなたの環境に合った最適なローンをプロが教えてくれる

住宅ローンのプロが借り換えでどんなメリットがあるのかを無料相談できる!
【今だけ限定】住宅ローンの見直しで現金5万円がもらえる!

モバチェック・プラザ

https://mogecheck.jp/

 

住宅ローンの「金利」が安くなる方法

住宅ローンの「金利」が安くなる方法
住宅ローンを利用するうえで「金利」が気になっている人は多いはず。

 

長期の返済を求められる住宅ローンは、金利の影響が非常の大きいです。

 

なるべくなら金利を安くなるようにしたいですよね。

 

そこでこの章では、住宅ローンの金利が安くなる方法について紹介していきます。

 

「優遇」を受けると金利が安くなる

銀行が提示する「一定の条件」に該当すれば、金利は安くなります。

 

優遇金利として扱われ、金利が安くなるのです。大手・地方とわず多くの銀行で優遇金利は採用されています。

 

優遇金利として適用されるには、どんな条件に該当する必要があるのでしょうか。

 

銀行によって多少の違いはありますが、以下のような条件が挙げられます。

  • 給与振込口座に設定する
  • 口座振替の指定口座に設定する
  • 銀行提携のクレジットカードを作成する
  • 銀行が提供するカードローンを利用する

もし条件を満たせれば、金利が0.1~0.3%ほど安くなるでしょう。

 

ただ優遇金利が適用条件はあまり告知されていないので、詳しい内容は銀行に確認しなければなりません。

 

場合によっては銀行側から提案してくるケースもありますが、非常に珍しいです。

 

優遇金利の適用条件を知りたければ、銀行に直接確認したほうが確実でしょう。

 

また定期預金によって金利が安くなるケースもありますが、預金額には注意してください。

 

金利が安くなるには、数千万円以上の貯金が必要です。

 

ソニー銀行だと金利が安くなる

金利が安くなる銀行を探しているなら、「ソニー銀行」がオススメです。

 

ソニー銀行は家電やゲーム機で世界的に有名な「SONY」が設立したインターネット銀行です。

 

オリコンの住宅ローンランキングで、4年連続1位を記録した人気の銀行でもあります。

 

ソニー銀行にはさまざまな優遇制度がありますが、代表的なのが金利の優遇です。

 

融資額の10%以上の頭金を用意すれば、通常の金利から0.15%安くなる制度があります。

 

またソニー銀行は変動金利と固定金利を好きなタイミングで変更可能です。

 

これまでの住宅ローンの常識を無視した「驚愕の制度」と言えるでしょう。

 

最初は低金利の変動金利にして、金利変動が起こる事件が発生した場合に固定金利に逃げられます。

 

つまり変動金利最大の弱点であった「金利変動リスク」を完全にクリアした制度なのです。

 

変動金利を最大限に活用したいなら、ソニー銀行を選ぶといいでしょう。

 

さらにソニー銀行はインターネットの銀行なのに、顧客サポートが厚いのも特徴です。

 

なんと利用者一人一人に担当者がついてくれます。

 

借り入れ前の相談はもちろん、審査後の手続きまで一括してサポートしてくれるはず。

 

このようにソニー銀行は金利が安くなるうえに、様々なメリットを兼ね添えた非常に魅力的な銀行なのです。

ソニー銀行の住宅ローンはこちら

http://moneykit.net/visitor/hl/

 

銀行との交渉に成功すると金利は安くなる

銀行との交渉が上手くいけば、銀行が提示している金利よりも安くなるケースがあります。

 

もちろん交渉が初体験の人は多いはず。確実に成功したいなら、不動産業者にお願いしましょう。

 

申込者が1人で交渉しても、安くなる事はまずありません。

 

では、「いつ」「どのように」交渉をすれば、金利は安くなるのでしょうか。

 

銀行や状況によってケースバイケースですが、次のようなパターンが多いです。

  1. 本審査への申込み前に不動産業者が直接交渉
  2. 事前審査の前に電話で不動産会社が交渉

不動産業者が金利を安くするために行う交渉には、決まり文句があります。

 

「実は○○銀行も検討しているそうです。金利がもうちょっと安くならないと銀行を変えられるかもしれません」

 

銀行は営業ノルマがありますから、大事なお客さんを逃すわけにはいきません。

 

一方的に突っぱねはせず、必ず交渉の土台に上がってきます。

 

うまくいけば銀行から「金利を○%に安くするのでウチでお願いします」と言われるはず。

 

いずれにせよ、交渉するのは不動産業者です。基本的には、完全お任せの傍観者になります。

 

前もって不動産業者に金利をどれくらい安くなって欲しいのかだけ伝えておきましょう。

 

ちなみに複数の銀行に審査申し込みしておけば、交渉が通りやすいのでしょうか。

 

結論から言いますと、銀行によりけりです。

 

銀行は他の銀行で申し込みを受けたか把握しています。

 

先ほどの決まり文句の信憑性を高める事は、できるでしょう。

 

しかし同時に複数の銀行に申し込みするのは、そもそも審査に通りにくくなるのであまりしない方がいいです。

 

また交渉をする際、あまりにも無茶苦茶な低金利を吹っかけても効果がないので要注意。

 

不動産業者に希望の金利を伝えるまえに、事前に各銀行の比較はしておくべきです。

 

0.1~0.3%の間で安くなるよう交渉しなければ、さすがに相手にしてもらえないでしょう。

 

ちなみに審査がギリギリに通りそうな人は、交渉によって金利が安くなる事はありません。

 

「他の銀行にする」と言っても「はい、どうぞ」としか言われないでしょう。

 

住宅ローンの「保証料」が安くなる方法

住宅ローンの「保証料」が安くなる方法
ここまでは、住宅ローンの「金利」が安くなる方法について紹介しました。

 

金利が安くなる方法はもちろんのこと、どこの銀行をつかえばいいのかも理解いただけたと思います。

 

次に紹介するのは、住宅ローンの「保証料」が安くなる方法について。

 

保証料とは利用者が銀行に支払う費用で、銀行経由で保証会社に支払われます。

 

保証会社に保証料を支払えば、万が一住宅ローンを返済できなくなった場合に一時的に立替をしてもらえます。

 

つまり本来銀行側が負うべき「ローン契約者が滞納してしまうリスク」を保証会社に任せているのです。

 

銀行が自身のリスクを回避するために必要な費用なのに、利用者に支払ってもらっています。

 

なんだか変な話ではありますが、住宅ローン利用の条件のため特に文句もいわずみんな支払っています。

 

保証料は金利に0.2%程度追加されるケースと、一括で現金を払うケースがあります。

 

しかしあくまでも保証会社に支払う費用なので、銀行の「利益」ではありません。

 

つまり、そこまでして支払ってもらうべき費用ではないのです。

 

利用者が一定の条件さえ満たせば「返済能力が高い」と判断され、保証料は劇的に安くなるでしょう。

 

「保証料」が安くなる条件

保証料は銀行の利益ではないため、安くしてもかまわない費用です。

 

そのため、銀行によっては一定の条件を満たせば、保証料は安くなるようになっています。

 

安くなるどころか、無料になる銀行も少なくありません。

 

銀行によって提示される条件はそれぞれですが、大抵の場合、以下のような条件が課せられるはず。

  1. 年収が一定以上(600万円以上の銀行が多い)
  2. 大手会社に勤務している(上場企業が該当しているケースが多い)
  3. 頭金が一定以上入金できる(借り入れ金額の1割以上が一般的)

年収が高い人は、それだけ返済能力が高いと銀行は判断しています。

 

銀行や借入する金額によって異なりますが、600万円以上あれば保証料無料となるケースが多いです。

 

また勤務先が安定していると、保証料が安くなります。

 

上場企業や公務員が該当するケースが多いです。地方銀行だと地元の有力企業が該当する場合も。

 

頭金は借り入れ金額の1割以上入れると、保証料が安くなる銀行が多いです。

 

ちなみに保証料が安くなる条件を、銀行は大々的に発表しません。ひっそりと処理されるケースが大半です。

 

そのため、保証料を安くなるか確実に把握したいなら、銀行に事前確認しておくべきでしょう。

 

銀行の担当者に「何か条件を満たしたら保証料が安くなる?」と聞いてみてください。

 

確認作業が面倒なら「フラット35」など、最初から保証料無料とわかっている商品を使うのもアリです。

 

「保証料」が安くなるオススメ銀行

「保証料」が安くなるオススメ銀行
ここまでは、住宅ローンの「保証料」が安くなる方法について紹介しました。

 

条件さえみたせば保証料が安くなると、理解していただけたと思います。

 

次に紹介するのは、「保証料」が安くなるオススメ銀行について。

 

先述したように保証料が安くなるかは、銀行への事前確認でしかわかりません。

 

しかし確認するのが面倒だという人も多いはず。

 

そこでこの章では保証料が安くなるどころか、無料になる銀行をご紹介。

 

お得に住宅ローンを組みたい人は、次項より紹介する銀行を使ってみてはどうでしょうか。

 

イオン銀行

大型ショッピングモールで有名な「イオン」グループが運営する銀行です。

 

非常に魅力的な利点があるにも関わらず、保証料無料で利用可能となっています。

 

イオン銀行最大の特典が、イオンでの買い物がいつでも5%OFFになる事です。

 

イオンで買い物をしている人には、魅力的すぎる特典ではないでしょうか。

 

実はイオン銀行の特典は、まだまだあります。

 

イオン銀行の定期預金金利が増加しますし、イオンの電子マネー「WAON」に追加ポイントも付きます。

 

全国のイオンにある「イオンラウンジ」も無料で使える高待遇。

 

イオンが発行するクレジットカード「イオンゴールドカード」を発行する権利も付いてきます。

 

よくイオンを使う人なら、喉から手が出るほど欲しい特典ばかりではないでしょうか。

 

イオン銀行はイオンでの特典以外にも、魅力的な利点があります。

 

なんと住宅ローンの融資利用額を、住宅購入費用の105%まで借り入れ可能なのです。

 

仮に3000万円の住宅を購入するなら、150万円まで別途資金として融資できます。

 

付加された5%の融資資金は、基本的に用途が自由。

 

新居へ引っ越し費用に使えますし、家具や家電の購入費用にも充てられます。

 

もちろん不動産業者に支払う仲介手数料などに使うのも可能です。

イオン銀行の住宅ローンはこちら

http://www.aeonbank.co.jp/housing_loan/

 

住信SBIネット銀行

住信SBIネット銀行は、住友信託銀行とSBIグループが設立したインターネット銀行です。

 

2009年から6年連続で顧客満足度1位を獲得している銀行として有名です。

 

住信SBIネット銀行は業界的に低金利で有名ですが、保証料無料で利用可能となっています。

 

保証料以外の優遇制度も非常に充実しており、無料で「全疾病保障」がついています。

 

全疾病保障とはある特定の病気になった時、住宅ローンの残債をチャラにしてくれる保障です。

 

特定の病気とは「がん」「急性心筋梗塞」「脳卒中」「高血圧」「糖尿病」「慢性腎不全」「肝硬変」「慢性膵炎」。

 

三大疾病・五大疾病と呼称される病気には、全てに対応しています。

 

他の銀行でも保障はありますが、基本的には死亡のみが対象です。

 

数多くの病気にかかったら残債がチャラになる住信SBIネット銀行の保障とは、比べものになりません。

 

全疾病保障に対応している銀行もありますが、金利に 0.2~0.3%を加えるのが条件です。

 

35年返済だと0.2%金利があがれば、300万円程度の負担になります。

 

それだけの負担をしないと、全疾病保障がつけられません。

 

つまり住信SBIネット銀行を使えば、300万円ものお金が安くなるのです。

 

いかに住信SBIネット銀行が提供する無料の全疾病保障がおトクなのか、お分かりいただけたでしょうか。

住信SBIネット銀行の住宅ローンはこちら

https://www.netbk.co.jp/wpl/NBGate/i080101CT

 

【新規の方】あなたの条件に合う住宅ローンをマッチング!最大6社に一気に仮審査依頼できる

最大6社を比較して、金利・諸費用・保障内容・総支払額から最適な住宅ローンを一括審査

住宅本舗

https://www.jutapon.com/


【借り換えの方】あなたの環境に合った最適なローンをプロが教えてくれる

住宅ローンのプロが借り換えでどんなメリットがあるのかを無料相談できる!
【今だけ限定】住宅ローンの見直しで現金5万円がもらえる!

モバチェック・プラザ

https://mogecheck.jp/

 

まとめ

以上、絶対に知るべき「金利や諸費用が安くなる方法」を紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?

 

住宅ローンの様々な費用が安くなる方法や、どこの銀行が安いのかも理解いただけたと思います。

 

どこの銀行の住宅ローンを利用すればいいか、理解できているのではないでしょうか。

 

もし今後住宅ローンを利用するのであれば、今回紹介した知識をぜひ参考にしてみてください。

関連ページ

初心者なら絶対に知っておくべき「住宅ローンの仕組み」を徹底解説
住宅ローンの必要書類全81つの入手から再発行方法【チェックリスト付】
初心者必見!「住宅ローン相談」に行くまえに知っておくべき全知識
いくら用意すべきか丸わかり!住宅ローンを組む時にかかる費用を徹底解説
一日の流れから司法書士の見つけ方まで!住宅ローン「融資実行日」の全知識
お得に住宅ローンを組みたい人必見!プロがオススメするネット銀行4選
プロが教える!債務整理後に住宅ローンを組む4つのテクニック
30年の住宅ローンを組むとリスク減!安心して返済するための全知識
不動産のプロが教える!40年以上の住宅ローンを使いこなす4つの必須知識
転勤者は必見!引越し時における住宅ローンの取り扱い方を完全解説
完済が70歳以上になる住宅ローンを使いこなす4つの必須知識
退職後も安心!80歳まで組める住宅ローンを使いこなすための全知識
住宅ローンの返済期間を最長にするなら絶対に知っておくべき4つの必須知識
住宅ローンを延長したい人は必見!延長の方法や簡単に延長できる銀行を解説
住宅ローン「連帯債務者」5つの必須知識を大解剖!利点・欠点や注意点まで完全ガイド
離婚協議中の人は必見!財産分与時の住宅ローンの扱い方をシンプルに解説
住宅ローンの頭金を5つの要素で大解剖!メリットから用意する方法まで解説
不動産のプロが教える!住宅ローン選びで抑える5つのポイント
FP(ファイナンシャルプランナー)に住宅ローン相談するための全知識
この銀行なら間違いない!元・不動産業者が選ぶおすすめ住宅ローン6選
これさえ選べば間違いなし!プロが選ぶおすすめ住宅ローンランキング
どうすれば限度額をUPできる?!住宅ローン「限度額」の全知識
お得な銀行が知りたい人は必見!「優遇制度」がスゴイ住宅ローン6選
あなたはいくらまで借りられる?住宅ローンの借り入れ金額を徹底解説
初心者必見!住宅ローンの適正な借り入れ金額を判断する3つの方法
住宅ローンを借り換える人は必見!借り換えと年末調整の関係を徹底解説
低い金利にしたい人必見!同じ銀行で住宅ローン借り換えできるか徹底検証
これを読めば全てがわかる!最新の住宅ローン「金利」の全知識
基礎知識から注意点まで!住宅ローン「固定金利」の全知識
将来の金利はどうなる?!1月の住宅ローン金利動向を徹底解説
今後の金利はどうなる?不動産のプロが住宅ローン金利の予想方法を解説
間違った使い方をしてるかも?!住宅ローン早見表を活かすための全知識
永住権なしでも大丈夫!?外国人が住宅ローンを組むための全知識
住宅ローン滞納を続けるとどうなる?今日からできる対策も解説
老後破たんをしたくないなら!退職後の住宅ローン返済を延滞させない3つの対策
完済のコツや延滞の対処法を徹底解説!住宅ローン「返済」の全知識
毎月の住宅ローンの返済が辛い人必見!プロが選んだ対処方法5選
諦めるのはまだ早い!無職から住宅ローンを組むための方法を徹底解説
住宅ローンが残っている不動産を売却するために知っておくべき全知識
住宅ローン返済中に家を売却したい人必見!残債がある家の売り方を徹底解説
最悪の事態を避けるなら今すぐ動こう!払えない住宅ローン対策4選
マイホームを諦めたくない人必見!自己破産後に住宅ローンを組む2ステップ
住宅ローンの返済が残っている家をうまく売るための4つの必須知識
基礎知識から解決法までシンプルに解説!住宅ローン「オーバーローン」の全知識
住宅ローンを払いきれない人は必見!「任意売却」の全知識
最悪の事態になる前に!住宅ローン返済が苦しい人におすすめの対策方法3選
審査基準から甘い銀行まで解説!住宅ローン「事前審査」完全ガイド
転職後の住宅ローン突破は厳しい!それでも合格するための3つの知識
住宅ローン審査突破のための「クレジットカード」5つの正しい使い方
普通の住宅ローンとは何が違う?「担保なし住宅ローン」を徹底解説
ブラックリストに載った後でも住宅ローンを組む方法を徹底解説
借り換え住宅ローンの全知識!独自の審査基準から通る方法まで解説
連帯債務を設定した住宅ローンを借り換えするための6つの必須知識
月7万円の返済で大丈夫?!月収20万円台の人が知るべき住宅ローン全知識
住宅ローンで2,000万円借りたい人必見!月々の返済額から審査のコツまで解説
住宅ローン審査で3,000万円の融資額を獲得する7つのテクニック
どれくらいの年収が必要?住宅ローンで4,000万円借りるための全知識
いくらの年収が必要?住宅ローンで4,500万円借りるコツを徹底解説
年収600万円の住宅ローン限度額は約4,000万円!融資を受ける注意点も解説
年収の6倍までが上限値!住宅ローンと年収の関係性を5つの視点で解説
元・不動産業者がこっそり教える!審査が甘い住宅ローン3つの特徴
審査が通りやすい住宅ローンって本当?「プロパーローン」の全知識
本当は教えたくない!アルバイトが住宅ローン審査を通過できる方法
住宅ローンが落ちたらどうする?原因別の対策方法を徹底解説
心配しなくても大丈夫!うつ病患者が住宅ローンを組むための3つの方法
基礎知識から計算方法まで徹底解説!住宅ローン「担保評価」の全知識
融資金額を増やしたいなら!住宅ローンを増額させる6つの方法
再発行方法も!住宅ローン控除に必要な「残高証明書」を完全ガイド
本当は教えたくなかった任意整理後でも住宅ローンを組む3つの方法
住宅ローンを遅延し続けるとどうなる?最悪の事態から回避する方法を解説
住宅ローンを利用するなら必要不可欠?!弁護士を雇うべきケースを徹底解説
住宅ローン相続を回避する4つの方法を大公開!誰でもできる方法も解説
3大疾病保障付き住宅ローンを大解剖!基礎知識から生命保険との関係性まで解説
解約すべきって本当?!住宅ローンと生命保険の関係性を徹底解説
お得にガン保障を付けたい人必見!ガン対応団信が無料で付く住宅ローン2選
連帯保証人の支払い義務も解説!離婚時の住宅ローン処理のための全知識
別居中の住宅ローン利用者は必見! 将来を見据えた対策方法をケース別に解説
セカンドハウスや住み替えに使える!2件目の住宅ローンを組む2つの方法
住宅ローンで別荘が買える?!「セカンドハウスローン」の全知識
土地だけで住宅ローンを組むなら!絶対に知っておくべき全知識
住宅ローンで賃貸併用住宅は建築可能!初心者が失敗しないための全知識
どちらも併用できる?住宅ローン控除とふるさと納税の関係性を徹底解説
計算式や審査への影響まで解説!住宅ローン「返済比率」を完全ガイド
誰でも使えるって本当?!「農協」の住宅ローンを徹底解説
フラット35でお馴染み!モーゲージ方式の住宅ローンを徹底解説
住宅ローン控除を利用する人は必見!住宅ローンと「年末調整」の関係性を解説
初心者必見!中古住宅で住宅ローン減税を受ける方法を徹底解説
個人事業主が住宅ローン審査を通過するための5つの必須知識
投資用物件を住宅ローンで買いたい人が絶対に知っておくべき必須知識
審査に通りやすいって本当?!ノンバンクの住宅ローンを徹底解説
外国人に優しい銀行はどこ?外国人のための住宅ローン攻略ガイド
ARUHIは信用できる住宅ローン専門会社!8つの特徴や詳細を完全ガイド
金利からメリット・デメリットまで徹底解説!「楽天銀行」住宅ローンの全知識
特徴や金利が全てわかる!「三菱東京UFJ銀行」住宅ローンの全知識
特徴から金利まで完全解説!「りそな銀行」住宅ローンの徹底ガイド
これから審査をする人は必見!初心者向け住宅ローンQ&A
審査に影響する?住宅ローンとマイカーローンの関係性を徹底解説