住宅ローン 頭金

最終更新日:2017年6月2日

住宅ローンの「頭金」が気になっている方へ

住宅ローンの「頭金」が気になっている方へ
もしあなたが住宅ローンを今後利用するつもりなのであれば、以下のような考えを一度は持ったことはありませんか?

・そもそも住宅ローンはなぜ頭金が必要なの?
・頭金なしで住宅ローンを借りることってできる?
・他のみんなはどれくらい頭金を用意しているの?
・頭金を用意するコツなんてある?

このように住宅ローンの頭金について、気になることがある人は多いのではないでしょうか。

 

そこで今回の記事では、住宅ローンにおける頭金について、絶対に知っておくべき必須情報を紹介していきます。

 

この記事を読むことによって、なぜ頭金が必要なのか、どれくらい頭金を用意すべきなのかわかりますよ!

 

記事を最後まで読んだ頃には、頭金なしで住宅ローンを利用するとどうなるのかも理解できているはずです。

【乗り換えの方】たった3秒で住宅ローンの払い過ぎをしていないのかチェック!

たった3秒で住宅ローンの金利を払いすぎていないかチェックできる!さらには無料で専門のプロに相談ができます。

http://mogecheck.jp/plaza/


【新規借り入れの方】全国約120の銀行からベストな住宅ローンを提案受けられる!

最新の金利データから、あなたに環境にあったベストな住宅ローンの提案を受けられます!

http://mogecheck.jp/plaza/lp_kariire/

 

住宅ローンに「頭金」はなぜ必要なのか

住宅ローンに「頭金」はなぜ必要なのか
まずは住宅ローンにおける「頭金」の基礎知識について紹介しましょう。

 

住宅ローンの頭金とは、マイホームを購入するための住宅ローンを利用する銀行に前もって支払うお金のこと。

 

ネットの記事はもちろんのこと、様々な書籍でも頭金を用意することが推奨されています。

 

しかし、あたかも頭金を用意するのが当然のように書かれており、なぜ頭金が必要とされるのか「理由」については、そこまで言及されていないことも少なくありません。

 

頭金を用意する理由は、住宅ローンの支払いを有利にする「あるメリット」を得るため。

 

一体、頭金を用意することによって、どんなメリットを得られるのでしょうか。次項より詳しく紹介していきます。

 

頭金のメリット① 審査に通りやすくなる

住宅ローンの審査は、年収と借り入れ総額のバランスを見て結果を出します。

 

年収に借り入れ金額が見合ってなければ、容赦なく否決になるでしょう。

 

中には「あともうすこし借入金額が低額だったら合格だったのに…」という微妙な差で否決になることも少なくありません。そんな時に活躍してくれるのが頭金なのです。

 

審査結果を左右する年収を増やすことはできませんが、頭金を用意することによって、借入金額の総額を減らすことができます。

 

また頭金は大金になるため、基本的に長期間の貯金によって用意されることが大半です。

 

そのため、頭金が用意できているという事実そのものが、審査的にはプラス要素となります。

 

コツコツと長期間貯金できている事実は、銀行にとって非常に評価できる情報なのです。

 

審査に通りやすくするために頭金を用意するであれば、たとえ100万円未満のお金でも効果があります。

 

多ければ多いほど効果があるのは間違いありませんが、30万円~50万円でも十分な効果が望めます

 

頭金のメリット② 金利負担が少なくなる

頭金を多く支払えば、借入金額がガクッと減るため住宅ローンの支払期間を短くすることができます。

 

住宅ローンは借りている期間が長くなればなるほど、利息がかかる商品。

 

借入金に頼れば頼るほど、その分支払うべき利息もドンドン増えてしまいます。

 

頭金を支払って少しでも返済期間を短くできれば、多額の利息を節約することができるでしょう。

 

ただし金利負担を減らすために頭金を用意するであれば、100万円以下だとあまり意味をなさないので要注意。

 

少なくとも100万円、もしくはそれ以上の大金が必要になります

 

頭金を用意できない場合どうなる?

ここまでは、なぜ住宅ローンの頭金を用意すべきなのかお伝えしました。

 

頭金を用意することによって得られるメリットを理解していただけたと思います。

 

次にお伝えするのは、頭金を用意できなかった場合について。

 

ここまで読んできた人ならすでにお分かりだと思いますが、頭金はあくまでもメリットを得るための手段なので、「必須」ではありません。

 

昔は頭金を用意しなければ、住宅ローンを利用できない金融機関もありました。

 

とくにCMなどで見かけることも少なくない「フラット35」などは昔「融資上限額は住宅代金の9割まで」という縛りがあったほど。

 

つまり住宅代金の1割もの頭金は、絶対に用意する必要があったのです。

 

しかし今では縛りもなくなり、頭金なしでも住宅ローンだけでマイホームを購入することができます。

 

住宅ローンを利用するうえで、絶対に必要ではない頭金ですが、用意しないことで何かしらのデメリットはないのでしょうか。

 

実は頭金を用意しないことによって、発生するデメリットもあるのです。

 

それは、金利が低くなる特典を得られないこと。

 

先ほど紹介した「フラット35」の場合、頭金が利用金額の1割以上になれば、通常の金利に比べて住宅ローン金利が約0.4%低くなる特典を用意しています。

 

また新生銀行の場合は頭金を300万円以上用意すれば、住宅ローン金利を0.1%低くできるキャンペーンが好評です。

 

金利は、支払い期間が何十年もの長期になる住宅ローンでは、かなりの負担になります。

 

0.4%や0.1%の金利優遇は、毎月の支払にすれば大した優遇だと感じないかもしれません。

 

しかし何十年も支払いを続けていくと、絶大な節約になっていたことに気づくでしょう。

 

世間一般の「頭金の相場」はいくら?

世間一般の「頭金の相場」はいくら?
前章では頭金が用意できないと、どうなるのか紹介しました。

 

頭金は絶対に必要ではないですが、金利を低くする特別優遇を受けることができないのを理解していただけたと思います。

 

次に紹介するのは、世間一般の「頭金の相場」について。

 

やはり自分以外の第三者がどれくらい頭金を用意しているのか気になりますよね。

 

世間一般の「頭金の相場」を知って参考にしたい人も多いでしょう。

 

頭金の相場にはいくつかの目安がありますので、次項より紹介していきたいと思います。

 

頭金の相場① 購入金額の2割

住宅ローン初心者向けの本で、よく紹介されている頭金の相場は「マイホームの購入金額の2割」です。

 

仮に2000万円のマイホームを購入するのであれば、およそ400万円の頭金を用意するのがベストと言われています。

 

専門の本にも、なぜ2割がいいのか詳しく解説されていることはあまりないため、2割の理由は正直言って不明。

 

そのため、あくまでも筆者の主観になりますが、先述した金利優遇や月々の負担額の軽減、審査結果への影響などを総合的に考慮すると、購入金額の2割の頭金が最もメリットを受けやすいのではないでしょうか。

 

頭金の相場② 500万円以上

不動産ポータルサイト「SUUMO」でお馴染みの株式会社リクルートが、「住宅を購入する時にいくらの頭金を用意したのか」調査して発表しました。

 

気になる調査結果は…なんと平均1400万円!!意外と高いとビックリしている人も多いのではないでしょうか。

 

平均は1400万円でしたが、最も多かった回答が「500万円以上」で調査対象者全員の4分の1ほどの数字を占めました。

 

また「フラット35」を貸し出ししている機関である住宅金融支援機構が行った調査だと平均は450万円~520万円と調査結果が出てきます。

 

リクルートの調査結果の平均である1400万円とはかけ離れていますが、最も多かった回答とは被るという面白い結果になっています。

 

両者に共通している「500万円」というボーダーは、頭金の相場として参考にしてもいいかもしれません。

 

頭金を用意する「ちょっと変わった」方法

頭金を用意する「ちょっと変わった」方法
ここまでは世間一般の「頭金の相場」について紹介しました。

 

「住宅代金の2割」または「500万円以上」が頭金の相場であるのをおわかりいただけたと思います。

 

次に紹介するのは、頭金を用意する方法について。

 

頭金は必須ではないですが、今まで紹介してきたメリットや相場を知って、「もっと頭金を用意したい」と思っている読者もいるはず。

 

では一体どうすれば、頭金を用意することができるのでしょうか。

 

頭金の用意の仕方は世間的に「節約してコツコツ貯めるべし」とよく言われていますよね。

 

しかし貯めている間も家賃はかかるため、貯める時間がかかればかかるほど、マイホームを購入する利点が薄まってしまいます。なんとかしてサクッと頭金を用意したいもの。

 

そこで、この章では一般的にあまり紹介されていないような「ちょっと変わった」頭金を用意する方法をご紹介。

 

人によっては抵抗を示す方法かもしれませんが、短期間でサクッと用意できる方法であるのは間違いありません。

 

どんな方法があるのか、さっそく次項より紹介していきます。

 

頭金を用意する方法① 車を売却する

もっとも効果的かつスピード感がある方法が「車の売却」です。

 

一般的な普通車であれば、100万円~400万円で売却できることも多く、短期間で多くの頭金を用意することが可能になります。

 

また車は保有するだけで駐車場賃料やガソリン代・自動車保険料などが毎月の支払として発生します。

 

売却して車を手放してしまえば、頭金を増やすのはもちろんのこと、毎月のランニングコストも軽減できるので、その分だけ住宅ローンの返済にお金を充てることが可能です。

 

車が必要ない都市部に住んでいる人や、駐車場がないマンションなどを購入する予定のある人には効果的な方法だと言えるでしょう。

 

仮に車が定期的に必要な生活だったとしても、レンタカーやカーシェアリングなどを駆使すれば、なんとかなるはず。

 

車を高く売る方法については、当サイトで紹介している不動産一括査定の車版があります。

 

少しデメリットもありますが、ほぼ間違いなく高く売れるので、もし売却を検討されている方は是非とも利用を進めたいサービスです。

 

詳細については「2017年のオススメ車一括査定は?高額買取のための全情報|クルサテ」をご確認ください。

 

頭金を用意する方法② 生命保険を解約する

最近の生命保険は「掛け捨て型」と言われる、毎月の保険料負担が少ない方法が主流となりつつありますが、終身保険などで代表される「貯蓄型」を選んでいる人もまだまだ多いです。

 

もし貯蓄型の生命保険を利用しているのであれば、解約後に「解約返戻金」が支払われます。

 

どうしても頭金を用意したいのであれば、生命保険を解約して解約金を充てるという手もアリでしょう。

 

生命保険がないと心配と考える人も多いでしょうが、住宅ローンにもそれ相応の「保険」がついていることもお忘れなく。

 

銀行の住宅ローンには「団体信用保険」という保険が無料でついてきます。

 

なんと団体信用保険が適用されれば契約者が死亡後の住宅ローン返済を免除することが可能です。

 

無料の団体信用保険ではなく、有料のものにすればさらに充実した特約を付けることもできます

 

頭金を用意する方法③ 親からもらう

もし親がまとまったお金をもっているのであれば、頭金調達先として頼るのもいいでしょう。

 

基本的に自分以外の他人から大金をもらうと、税金が課税されます。お金をもらう相手が親であっても例外ではありません。

 

しかし住宅資金に充てるお金であれば話は別。「住宅資金贈与特例」という制度が適用されて、大抵の贈与が非課税となります。

 

省エネ住宅を建てる場合は1,500万円まで、それ以外の住宅ならば1,000万円までの贈与が非課税となります。

 

1000万円もあれば頭金としては十分なので、税金を納税することもないでしょう。

 

「税金がかからない」という情報をフックに、おねだりするのもいいかもしれません。

 

その際、今まで紹介してきた「頭金を用意することによって得られるメリット」なども一緒に伝えることをオススメします。

 

頭金を用意する方法④ 親から借金する

意外と多い頭金調達方法が、親から借金する方法です。お金をもらうことはできないけど、貸してくれる親は多いのでしょう。

 

親から借金する最大のメリットは、金利がかからないこと。

 

銀行や消費者金融を使って頭金を用意することもできますが、大きな金利がかかるため、これでは本末転倒。

 

なんとか金利なしでお金を手に入れる方法として、親を融資先にえらんでいる人は少なくありません

 

頭金として借金するのですから、数十万はもちろんのこと、数百万円もの借金になることでしょう。

 

将来的にキチンと返済するのであれば、いくら親と子の関係だったとしても一筆書くことだけは忘れないように。

 

実際に筆者も親からお金を借りて頭金にしてきた人をたくさん見てきましたが、すべからく借用書は用意していました。

【乗り換えの方】たった3秒で住宅ローンの払い過ぎをしていないのかチェック!

たった3秒で住宅ローンの金利を払いすぎていないかチェックできる!さらには無料で専門のプロに相談ができます。

http://mogecheck.jp/plaza/


【新規借り入れの方】全国約120の銀行からベストな住宅ローンを提案受けられる!

最新の金利データから、あなたに環境にあったベストな住宅ローンの提案を受けられます!

http://mogecheck.jp/plaza/lp_kariire/

 

まとめ

以上、住宅ローンの頭金について必要な知識を紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?

 

なぜ頭金が必要なのか、どれくらい頭金を用意すべきなのか、頭金なしで住宅ローンを利用するとどうなるのか等の知識を理解いただけたと思います。

 

もし将来的に住宅ローンを利用するのであれば、今回紹介した知識をぜひ参考にしてみてください。

関連ページ

初心者なら絶対に知っておくべき「住宅ローンの仕組み」を徹底解説
借り換えやフラット35も徹底解説!住宅ローンの「必要書類」完全ガイド
初心者必見!「住宅ローン相談」に行くまえに知っておくべき全知識
おトクに住宅ローンを借りたい人必見!金利や諸費用が安くなる方法を徹底解説
いくら用意すべきか丸わかり!住宅ローンを組む時にかかる費用を徹底解説
一日の流れから司法書士の見つけ方まで!住宅ローン「融資実行日」の全知識
お得に住宅ローンを組みたい人必見!プロがオススメするネット銀行4選
プロが教える!債務整理後に住宅ローンを組む4つのテクニック
注意点やおすすめ銀行を紹介!30年返済の住宅ローンを使いこなす全知識
不動産のプロが教える!40年以上の住宅ローンを使いこなす4つの必須知識
転勤者は必見!引越し時における住宅ローンの取り扱い方を完全解説
完済が70歳以上になる住宅ローンを使いこなす4つの必須知識
退職後も安心!80歳まで組める住宅ローンを使いこなすための全知識
住宅ローンの返済期間を最長にするなら絶対に知っておくべき4つの必須知識
住宅ローンを延長したい人は必見!延長の方法や簡単に延長できる銀行を解説
基礎知識から注意点まで徹底解説!住宅ローン「連帯債務者」の全知識
離婚協議中の人は必見!財産分与時の住宅ローンの扱い方をシンプルに解説
不動産のプロが教える!住宅ローン選びで抑える5つのポイント
FP(ファイナンシャルプランナー)に住宅ローン相談するための全知識
この銀行なら間違いない!元・不動産業者が選ぶおすすめ住宅ローン6選
これさえ選べば間違いなし!プロが選ぶおすすめ住宅ローンランキング
どうすれば限度額をUPできる?!住宅ローン「限度額」の全知識
お得な銀行が知りたい人は必見!「優遇制度」がスゴイ住宅ローン6選
あなたはいくらまで借りられる?住宅ローンの借り入れ金額を徹底解説
初心者必見!住宅ローンの適正な借り入れ金額を判断する3つの方法
住宅ローンを借り換える人は必見!借り換えと年末調整の関係を徹底解説
低い金利にしたい人必見!同じ銀行で住宅ローン借り換えできるか徹底検証
これを読めば全てがわかる!最新の住宅ローン「金利」の全知識
基礎知識から注意点まで!住宅ローン「固定金利」の全知識
将来の金利はどうなる?!1月の住宅ローン金利動向を徹底解説
今後の金利はどうなる?不動産のプロが住宅ローン金利の予想方法を解説
間違った使い方をしてるかも?!住宅ローン早見表を活かすための全知識
永住権なしでも大丈夫!?外国人が住宅ローンを組むための全知識
最終的には強制退去?!住宅ローン滞納者が知っておくべき全知識
老後破たんをしたくないなら!退職後の住宅ローン返済を延滞させない3つの対策
完済のコツや延滞の対処法を徹底解説!住宅ローン「返済」の全知識
毎月の住宅ローンの返済が辛い人必見!プロが選んだ対処方法5選
諦めるのはまだ早い!無職から住宅ローンを組むための方法を徹底解説
住宅ローンが残っている不動産を売却するために知っておくべき全知識
住宅ローン返済中に家を売却したい人必見!残債がある家の売り方を徹底解説
元・不動産業者が教える!住宅ローンを払えない人が知るべき5つの対策方法
マイホームを諦めたくない人必見!自己破産後に住宅ローンを組む2ステップ
住宅ローンの返済が残っている家をうまく売るための4つの必須知識
基礎知識から解決法までシンプルに解説!住宅ローン「オーバーローン」の全知識
住宅ローンを払いきれない人は必見!「任意売却」の全知識
最悪の事態になる前に!住宅ローン返済が苦しい人におすすめの対策方法3選
住宅ローン事前審査に挑戦するなら絶対に知っておくべき全知識
審査に不利って本当?!転職後に住宅ローン審査を突破する2つの方法
住宅ローン審査突破のための「クレジットカード」5つの正しい使い方
普通の住宅ローンとは何が違う?「担保なし住宅ローン」を徹底解説
ブラックリストに載った後でも住宅ローンを組む方法を徹底解説
新規申込とは何が違う?住宅ローンの「借り換え審査」を突破するための全知識
連帯債務を設定した住宅ローンを借り換えするための6つの必須知識
月7万円の返済で大丈夫?!月収20万円台の人が知るべき住宅ローン全知識
住宅ローンで2,000万円借りたい人必見!月々の返済額から審査のコツまで解説
住宅ローン審査で3,000万円の融資額を獲得する7つのテクニック
どれくらいの年収が必要?住宅ローンで4,000万円借りるための全知識
いくらの年収が必要?住宅ローンで4,500万円借りるコツを徹底解説
最大額はいくら?年収600万円の人が住宅ローンを使いこなすための全知識
年収が審査に与える影響とは!?住宅ローンにおける「年収」の全知識
元・不動産業者がこっそり教える!審査が甘い住宅ローン3つの特徴
審査が通りやすい住宅ローンって本当?「プロパーローン」の全知識
本当は教えたくない!アルバイトが住宅ローン審査を通過できる方法
住宅ローンが落ちたらどうする?原因別の対策方法を徹底解説
心配しなくても大丈夫!うつ病患者が住宅ローンを組むための3つの方法
基礎知識から計算方法まで徹底解説!住宅ローン「担保評価」の全知識
融資金額を増やしたいなら!住宅ローンを増額させる6つの方法
基礎知識から活用方法まで徹底解説!住宅ローン「残高証明書」の全知識
本当は教えたくなかった任意整理後でも住宅ローンを組む3つの方法
住宅ローンを遅延し続けるとどうなる?最悪の事態から回避する方法を解説
住宅ローンを利用するなら必要不可欠?!弁護士を雇うべきケースを徹底解説
負の遺産を相続したくない人必見!住宅ローンを相続しないための3つの方法
基礎知識から注意点まで!3大疾病保障付き住宅ローンを徹底解説
解約すべきって本当?!住宅ローンと生命保険の関係性を徹底解説
お得にガン保障を付けたい人必見!ガン対応団信が無料で付く住宅ローン2選
ケース別に解説!離婚後の住宅ローンをうまく処理するための全知識
別居中の住宅ローン利用者は必見! 将来を見据えた対策方法をケース別に解説
セカンドハウスや住み替えに使える!2件目の住宅ローンを組む2つの方法
住宅ローンで別荘が買える?!「セカンドハウスローン」の全知識
土地だけで住宅ローンを組むなら!絶対に知っておくべき全知識
月々の返済を激減できる!住宅ローンで「賃貸併用住宅」を買うための全知識
どちらも併用できる?住宅ローン控除とふるさと納税の関係性を徹底解説
基礎知識からまで目安まで徹底解説!住宅ローン「返済比率」の全知識
誰でも使えるって本当?!「農協」の住宅ローンを徹底解説
フラット35でお馴染み!モーゲージ方式の住宅ローンを徹底解説
住宅ローン控除を利用する人は必見!住宅ローンと「年末調整」の関係性を解説
初心者必見!中古住宅で住宅ローン減税を受ける方法を徹底解説
個人事業主が住宅ローン審査を通過するための5つの必須知識
投資用物件を住宅ローンで買いたい人が絶対に知っておくべき必須知識
審査に通りやすいって本当?!ノンバンクの住宅ローンを徹底解説
外国人に優しい銀行はどこ?外国人のための住宅ローン攻略ガイド
メリット・デメリットや金利を解説!「ARUHI」住宅ローン完全ガイド
金利からメリット・デメリットまで徹底解説!「楽天銀行」住宅ローンの全知識
特徴や金利が全てわかる!「三菱東京UFJ銀行」住宅ローンの全知識
特徴から金利まで完全解説!「りそな銀行」住宅ローンの徹底ガイド
これから審査をする人は必見!初心者向け住宅ローンQ&A
審査に影響する?住宅ローンとマイカーローンの関係性を徹底解説