住宅ローン 融資実行日

最終更新日:2017年6月29日

住宅ローンの「融資実行日」をもっと理解したい人へ

住宅ローンの「融資実行日」をもっと理解したい人へ
もしあなたが住宅ローンをすでに審査中、または今後利用するつもりなのであれば、以下のような考えを一度は持ったことはありませんか?

・住宅ローンの融資実行日って何をするの?
・融資実行日の流れが知っておきたい
・融資実行日って司法書士に依頼しなきゃいけないの?

実際に住宅ローンを利用予定の人であれば、上記のような疑問を持っている人は多いです。なんとか疑問を晴らして、スッキリと融資実行日を迎えたいですよね?

 

そこで今回の記事では住宅ローンを利用する人であれば、絶対に知っておくべき「融資実行日」の必須情報を紹介していきます。

 

この記事を読むことによって、融資実行日の具体的な流れがわかりますよ!

 

記事を最後まで読んだ頃には、住宅ローンの融資実行日について疑問に思ったり、不安になったりすることは、なくなっていることでしょう。

【乗り換えの方】たった3秒で住宅ローンの払い過ぎをしていないのかチェック!

たった3秒で住宅ローンの金利を払いすぎていないかチェックできる!さらには無料で専門のプロに相談ができます。

http://mogecheck.jp/plaza/


【新規借り入れの方】全国約120の銀行からベストな住宅ローンを提案受けられる!

最新の金利データから、あなたに環境にあったベストな住宅ローンの提案を受けられます!

http://mogecheck.jp/plaza/lp_kariire/

 

住宅ローンの融資実行日とは

住宅ローンの融資実行日とは
まずは住宅ローンにおける融資実行日とは何なのか、紹介していきましょう。

 

融資実行日とは、住宅ローン契約を結んだ金融機関が実際に融資をする日のこと。

 

審査によって決められた借入額が住宅ローン利用者の口座に振込みされる日です。

 

融資実行日は「決済日」と混同されることがありますが、厳密にいうと全く異なります。

 

決済日は売買取引(=契約業務)が完了した日を指しますが、融資実行日はお金が振り込まれる日なので、売買取引が完了する日ではありません。

 

しかし不動産業者の中には、混同して使っている営業マンがいるのも事実。

 

営業マンから手渡されるスケジュール表の中に、融資実行日と決済日を混同して表記していることは本当によくあります。

 

融資実行日は不動産取引において最後の工程になるため、最後に書かれているスケジュール内容が融資実行日だと覚えておくといいでしょう。

 

ちなみに融資実行日は、一方的に銀行にて定められることがほとんどです。

 

指定される日は平日の午前中になることが多く、仕事を休まなければ絶対に参加することはできません。

 

基本的に欠席することも認められないため、日にちが確定したらすぐに有休の手続きに入りましょう。

 

もしどうしても指定された融資実行日の都合が悪いのであれば、変更を申し出ることは可能です。

 

ただし、銀行から日にちの提示があってからすぐに変更を申し出るようにしてください。

 

融資実行日はお金を貸し出す日でもありますが、同時に貸出期間の計算が開始される日でもあります。

 

したがって融資実行日に変更しようとすると、かなり手間のかかるのです。

 

事前に返済計画を準備している銀行に負担をかけてしまうので、なるべく早く伝えるようにしてください。

 

住宅ローン融資実行日に必要なもの

住宅ローン融資実行日に必要なもの
ここまでは住宅ローンの融資実行日の基礎情報について紹介しました。

 

住宅ローンにおける融資実行日とは一体どんな日なのか理解していただけたと思います。

 

次にお伝えするのは、住宅ローン融資実行日で必要になるものについて。

 

利用する銀行によって多少の違いがありますが、以下の書類などを事前に準備する必要があります。

住宅ローン融資実行日に必要なもの一覧

  • 印鑑登録証明書→市区町村役場で取得。2通必要。
  • 住民票の写し→市区町村役場で取得。本籍地記載のないものにする
  • 本人確認書類→運転免許証、健康保険証など顔写真のあるものにする
  • 収入印紙→郵便局などで購入。200円分用意する
  • 登記に関する委任状→司法書士または自分で用紙する
  • 銀行通帳→住宅ローンを利用する銀行のものを用意
  • 実印→印鑑登録してある印鑑

仮に登記申請を司法書士に依頼するのであれば、これらの書類を準備したら司法書士へ渡すことになるでしょう。「登記に関する委任状」や「収入印紙」も司法書士側が用意してくれはずです。

 

また、銀行についたら「住宅ローンの個人情報取扱いに関する同意書」と書かれた書類を渡されて記入することになるでしょう。

 

銀行によっては「金利選択に関する特約」「金利変動リスク等に関する同意書」を渡されることも。

 

その他、銀行によってその場で渡される書類は多岐にわたりますが、その場できちんと説明を受けてサインすることになるので安心してください。

 

住宅ローン融資実行日の流れ

住宅ローン融資実行日の流れ
前章では住宅ローン融資実行日に必要なものについてお伝えしました。融資実行日までに何を準備すべきかお分かりいただけたのではないでしょうか。

 

次に紹介するのは、住宅ローン融資実行日の流れについて。

 

融資実行日の流れは、「立ち会い決済」をするかどうかによって決まります。立ち会い決済とは、融資実行日に売主・買主・不動産業者および司法書士が全員集まって行うこと。

 

基本的に立ち会い決済をするかどうかは、不動産業者と売主によって決まることが多く、買主側はそれに従うことになります。

 

9割がた立ち合い決済をすることになるでしょう。そのため、今回は立ち合い決済を行う融資実行日の流れだけをご紹介していくこととします。

 

融資実行日の流れは意外とシンプルで、大きく分けると以下3つのステップを踏めば完了です。

住宅ローン融資実行日の3STEP

  1. 銀行に集合して手続きをする
  2. 銀行が振り込み手続きをする
  3. 登記申請を行う

それぞれのステップで何をするのか、次項より解説していきます。

 

ステップ① 銀行に集合して手続きをする

銀行に指定された日(=融資実行日)に買主・売主・不動産業者・司法書士が集まり、各種手続きを行います。

 

まずは買主(住宅ローン利用者)の本人確認や各種必要書類を提出。最終確認が終わったら、司法書士から銀行側に「振り込みしてOK」と言い渡されます。

 

司法書士の許可が出たことによって、銀行は振り込み作業へ入っていきます。

 

ステップ② 銀行が振り込み手続きをする

銀行側が司法書士から「振り込みOK」の連絡を受けたら、銀行は融資作業開始です。振込先に指定された銀行口座に振込処理を行います。

 

司法書士から銀行側へ連絡をした後、振込みが実際に完了するまで、原則として約1~2時間程度かかるでしょう。その間、当事者はその場で待機することになります。

 

外出することが禁止されているわけではありませんが、全員銀行内にて待つことが多いのではないでしょうか。談笑したり、お菓子をみんなで食べたりして時間を潰します。

 

振り込みが完了すれば銀行側から一報が入り、利用者の口座の確認を行うことに。

 

住宅ローン利用者の口座に借入金が入ったら、次は売主に振り込みです。ここでも銀行からの一報が入るまで30分ほど待たされることでしょう。

 

無事に売主側の口座に入金が確認できたら、振り込み手続きは完了です。

 

ステップ③ 登記申請を行う

売主側の口座に振込みが確認できたら、一旦司法書士が席を離れ、法務局へ抵当権設定登記の申請を行いにいきます。

 

これも司法書士が帰ってくるまで待つことが多く、30分から1時間ほど待たされることでしょう。

 

司法書士が法務局から銀行に帰ってきて、銀行側とのやり取りがすんだら融資実行日に行うべき全ての手続きは完了となります。

 

融資実行日を依頼する司法書士の見つけ方

融資実行日を依頼する司法書士の見つけ方
ここまでは住宅ローンの融資実行日の流れについて紹介しました。

 

住宅ローンにおける融資実行日は、どんな流れで進められるのか理解していただけたと思います。

 

次にお伝えするのは、融資実行日を安心して任せられる司法書士の見つけ方について。

 

ここまで紹介してきたように融資実行日は、司法書士に依頼するのが一般的です。

 

司法書士もピンからキリまでいますので、せっかく依頼するのであれば腕のいい人に頼みたいですよね。

 

次項より安心して融資実行日を任せられる司法書士を見つけるポイントについて紹介していきます。

 

司法書士の専門分野をチェックする

安心して任せられる司法書士を見つけたいのであれば、まずは「専門分野」を意識しましょう。

 

意外と知られていませんが、司法書士にも専門分野が存在します。

 

仮にあなたが病気になった時、どうやって医者を探しますか?おそらく自分の症状に特化した医者に頼るのではないでしょうか。

 

風邪をひいたようなら内科、鼻水が止まらないようなら耳鼻咽喉科といったように。

 

司法書士も医師と同じように専門分野が分かれています。債務整理に強い司法書士もいれば、融資実行日に必要な知識である土地・建物に関する権利の登記に強い司法書士もいます。

 

他にも司法書士は商業登記(会社の登記)や成年後見の関係、裁判の書類の作成などなど…さまざまな業務があり、全てを極めている人なんていません

 

融資実行日に必要な業務に弱い司法書士に相談や依頼をしても、時間とお金を浪費するだけ。

 

司法書士に依頼する際は、不動産登記に強い人を探すようにしましょう。

 

全国対応の司法書士にはしない

司法書士の中には、全国対応を謳っている場合があります。

 

確かに依頼者本人に会わなくても遂行できる業務があるので、本人に会えなくてもいいのです。

 

しかし融資実行日に必要な実務を行う司法書士は、全国対応であってはなりません。

 

利用する銀行に来ることができる人、つまり近所の司法書士でないといけないのです。

 

なぜ近所の司法書士しなければならないのかというと、融資実行日に銀行に来てもらわないといけないから

 

融資実行日には各種登記業務を行う必要がありますが、司法書士は当事者(売主と買主)には絶対に会わなければならないと定められています。

 

当事者に会わないと業務そのものができないという理由もありますが、それ以上に不動産の不正な売買を防止するため法律によって規定されているのが、大きな原因と言えるでしょう。

 

全国対応の司法書士の中には出張費さえ支払えば融資実行日に来てくれる場合もあります。しかし出張費は依頼者負担のため、余計な出費がかかるのは避けられません。

 

下手に全国対応の司法書士を呼び寄せるのではなく、近場で有能な人を見つける方がいいでしょう。

 

紹介された司法書士は使わない

不動産仲介業者を通して住宅ローンを利用すると、司法書士を紹介されることがあります。

 

先にマイホームを購入した知り合いがいるなら、友人経由で紹介されることもあるでしょう。

 

しかし紹介された司法書士は、なるべく使わないのがベターです。

 

まず友人から紹介された司法書士ですが、ただ知っているだけで紹介されていることが多く、有能だからという理由で紹介されていません。

 

もしかすると、司法書士会経由で知った人材をそのまま紹介している可能性も。

 

司法書士会が紹介してくれる司法書士は誠実ではありますが、あなたに適した司法書士かどうかと言えば、胸を張ってイエスとはいえません。

 

場合によっては不動産関係の仕事を初めてやるという人が紹介されることもあります。

 

友人の紹介以上に厄介なのが、不動産仲介業者が紹介してくれた司法書士です。

 

不動産仲介業者経由でマイホームを買うなら確実に紹介されるでしょうが、何としてでも避けることをオススメします。

 

なぜ不動産業者経由の司法書士を避けるべきかというと、「マージン」が上乗せされているから。

 

不動産業者が紹介してくれる司法書士は何度も融資実行日を経験しているため、能力的には疑う余地はありません。

 

しかし不動産業者に支払う紹介料(=マージン)が料金に上乗せされているので、司法書士に支払う費用が相場よりもはるかに高くなってしまうのです。

 

不動産業者はマージン獲得のためにかなり強い推しで司法書士を紹介してきますが、ムダなコストを支払いたくないなら、なんとか断るようにするようにしてください。

 

「依頼しようと思っている司法書士がいる」と先にクギを刺していれば、ゴリ押しの紹介を未然に防ぐことができるでしょう。

 

インターネットで効率良く見つけ出す

融資実行日を安心して任せられる司法書士は紹介に頼らず、インターネットにて自ら見つけ出すのが一番です。

 

インターネット検索で司法書士を探すと、費用(報酬)が安い司法書士が比較的カンタンに見つかるうえに、費用の比較もできます。

 

またホームページから、知識量や経験値を判断することができるのも利点です。

 

融資実行日に関する業務の専門家かどうかはすぐに判断できるでしょう。

 

司法書士をインターネットにて検索するなら、効率を高めるためのちょっとしたコツがあります。

 

検索ワードを「不動産登記」+「司法書士」+「地名(駅名など)」にしてみてください

 

この検索キーワードにすることによって、融資実行日に関する業務に強く、当日銀行まで来ることができる司法書士だけを効率よく絞りこむことができます。

 

検索結果から気になる司法書士を見つけたら、とりあえず連絡してみましょう。応対の印象がよければ面談を取り付けてみてください。

 

大抵の司法書士は初回面談が無料です。臆せず面談に行ってみましょう。

 

面談で絞り込む

面談時は「あるポイント」を意識すると、あなたに最適の司法書士かどうか判断できます。

 

面談時にチェックすべきポイントは「金額」と「スケジュール」だけでOK。

 

まず金額ですが、やはり報酬が妥当かどうかは非常に重要ですよね。妥当かどうかを判断するには「相場」を知ることが必要不可欠。

 

融資実行日に関する業務を司法書士に依頼した場合、どれくらいの金額になるのか相場を事前に知っておきましょう。

 

不動産の数・私道などの持分の有無・地域ごとの差など様々な要素によって変動することはありますが、司法書士への報酬は、10~15万円が相場です。もしこの金額より安い場合は「相場より安い」と判断していいでしょう。

 

金額の確認ができたら、次はスケジュールの確認です。

 

安心して任せられる司法書士ほど、最初の面談で「これからのスケジュール」についてしっかり説明してくれます。いかにして融資実行日を迎えるのかを詳細に教えてくれるでしょう。

 

●日までに集めるべき書類は何か、次に会う日はいつか等々…明確なスケジュールを提示してくれる司法書士なら安心して大丈夫です。

 

もし10~15万円、またはそれ以下の料金でキチンとスケジュールの提示をしてくれる司法書士と出会ったら、依頼して後悔することはありません。

 

料金は相場内だけど、スケジュール提示が全くない司法書士ももちろんいます。

 

「次にすべきことはまた連絡します」といった感じで突き放されるのですが、安心して融資実行日を終わらせたいなら回避したほうがいいでしょう。

【乗り換えの方】たった3秒で住宅ローンの払い過ぎをしていないのかチェック!

たった3秒で住宅ローンの金利を払いすぎていないかチェックできる!さらには無料で専門のプロに相談ができます。

http://mogecheck.jp/plaza/


【新規借り入れの方】全国約120の銀行からベストな住宅ローンを提案受けられる!

最新の金利データから、あなたに環境にあったベストな住宅ローンの提案を受けられます!

http://mogecheck.jp/plaza/lp_kariire/

 

まとめ

以上、住宅ローンの融資実行日について、必要な知識を紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?

 

融資実行日の基礎知識はもちろんのこと、一日の流れや融資実行日を安心して任せられる司法書士の見つけ方についても理解いただけたと思います。

 

今後、融資実行日を経験する予定の人は、今回紹介した知識をぜひ参考にしてみてください。

関連ページ

初心者なら絶対に知っておくべき「住宅ローンの仕組み」を徹底解説
借り換えやフラット35も徹底解説!住宅ローンの「必要書類」完全ガイド
初心者必見!「住宅ローン相談」に行くまえに知っておくべき全知識
おトクに住宅ローンを借りたい人必見!金利や諸費用が安くなる方法を徹底解説
いくら用意すべきか丸わかり!住宅ローンを組む時にかかる費用を徹底解説
お得に住宅ローンを組みたい人必見!プロがオススメするネット銀行4選
プロが教える!債務整理後に住宅ローンを組む4つのテクニック
注意点やおすすめ銀行を紹介!30年返済の住宅ローンを使いこなす全知識
不動産のプロが教える!40年以上の住宅ローンを使いこなす4つの必須知識
転勤者は必見!引越し時における住宅ローンの取り扱い方を完全解説
完済が70歳以上になる住宅ローンを使いこなす4つの必須知識
退職後も安心!80歳まで組める住宅ローンを使いこなすための全知識
住宅ローンの返済期間を最長にするなら絶対に知っておくべき4つの必須知識
住宅ローンを延長したい人は必見!延長の方法や簡単に延長できる銀行を解説
基礎知識から注意点まで徹底解説!住宅ローン「連帯債務者」の全知識
離婚協議中の人は必見!財産分与時の住宅ローンの扱い方をシンプルに解説
必要な金額から用意する方法まで徹底解説!住宅ローン「頭金」の全知識
不動産のプロが教える!住宅ローン選びで抑える5つのポイント
FP(ファイナンシャルプランナー)に住宅ローン相談するための全知識
この銀行なら間違いない!元・不動産業者が選ぶおすすめ住宅ローン6選
これさえ選べば間違いなし!プロが選ぶおすすめ住宅ローンランキング
どうすれば限度額をUPできる?!住宅ローン「限度額」の全知識
お得な銀行が知りたい人は必見!「優遇制度」がスゴイ住宅ローン6選
あなたはいくらまで借りられる?住宅ローンの借り入れ金額を徹底解説
初心者必見!住宅ローンの適正な借り入れ金額を判断する3つの方法
住宅ローンを借り換える人は必見!借り換えと年末調整の関係を徹底解説
低い金利にしたい人必見!同じ銀行で住宅ローン借り換えできるか徹底検証
これを読めば全てがわかる!最新の住宅ローン「金利」の全知識
基礎知識から注意点まで!住宅ローン「固定金利」の全知識
将来の金利はどうなる?!1月の住宅ローン金利動向を徹底解説
今後の金利はどうなる?不動産のプロが住宅ローン金利の予想方法を解説
間違った使い方をしてるかも?!住宅ローン早見表を活かすための全知識
永住権なしでも大丈夫!?外国人が住宅ローンを組むための全知識
最終的には強制退去?!住宅ローン滞納者が知っておくべき全知識
老後破たんをしたくないなら!退職後の住宅ローン返済を延滞させない3つの対策
完済のコツや延滞の対処法を徹底解説!住宅ローン「返済」の全知識
毎月の住宅ローンの返済が辛い人必見!プロが選んだ対処方法5選
諦めるのはまだ早い!無職から住宅ローンを組むための方法を徹底解説
住宅ローンが残っている不動産を売却するために知っておくべき全知識
住宅ローン返済中に家を売却したい人必見!残債がある家の売り方を徹底解説
元・不動産業者が教える!住宅ローンを払えない人が知るべき5つの対策方法
マイホームを諦めたくない人必見!自己破産後に住宅ローンを組む2ステップ
住宅ローンの返済が残っている家をうまく売るための4つの必須知識
基礎知識から解決法までシンプルに解説!住宅ローン「オーバーローン」の全知識
住宅ローンを払いきれない人は必見!「任意売却」の全知識
最悪の事態になる前に!住宅ローン返済が苦しい人におすすめの対策方法3選
住宅ローン事前審査に挑戦するなら絶対に知っておくべき全知識
審査に不利って本当?!転職後に住宅ローン審査を突破する2つの方法
住宅ローン審査突破のための「クレジットカード」5つの正しい使い方
普通の住宅ローンとは何が違う?「担保なし住宅ローン」を徹底解説
ブラックリストに載った後でも住宅ローンを組む方法を徹底解説
新規申込とは何が違う?住宅ローンの「借り換え審査」を突破するための全知識
連帯債務を設定した住宅ローンを借り換えするための6つの必須知識
月7万円の返済で大丈夫?!月収20万円台の人が知るべき住宅ローン全知識
住宅ローンで2,000万円借りたい人必見!月々の返済額から審査のコツまで解説
住宅ローン審査で3,000万円の融資額を獲得する7つのテクニック
どれくらいの年収が必要?住宅ローンで4,000万円借りるための全知識
いくらの年収が必要?住宅ローンで4,500万円借りるコツを徹底解説
最大額はいくら?年収600万円の人が住宅ローンを使いこなすための全知識
年収が審査に与える影響とは!?住宅ローンにおける「年収」の全知識
元・不動産業者がこっそり教える!審査が甘い住宅ローン3つの特徴
審査が通りやすい住宅ローンって本当?「プロパーローン」の全知識
本当は教えたくない!アルバイトが住宅ローン審査を通過できる方法
住宅ローンが落ちたらどうする?原因別の対策方法を徹底解説
心配しなくても大丈夫!うつ病患者が住宅ローンを組むための3つの方法
基礎知識から計算方法まで徹底解説!住宅ローン「担保評価」の全知識
融資金額を増やしたいなら!住宅ローンを増額させる6つの方法
基礎知識から活用方法まで徹底解説!住宅ローン「残高証明書」の全知識
本当は教えたくなかった任意整理後でも住宅ローンを組む3つの方法
住宅ローンを遅延し続けるとどうなる?最悪の事態から回避する方法を解説
住宅ローンを利用するなら必要不可欠?!弁護士を雇うべきケースを徹底解説
負の遺産を相続したくない人必見!住宅ローンを相続しないための3つの方法
3大疾病保障付き住宅ローンを大解剖!基礎知識から生命保険との関係性まで解説
解約すべきって本当?!住宅ローンと生命保険の関係性を徹底解説
お得にガン保障を付けたい人必見!ガン対応団信が無料で付く住宅ローン2選
ケース別に解説!離婚後の住宅ローンをうまく処理するための全知識
別居中の住宅ローン利用者は必見! 将来を見据えた対策方法をケース別に解説
セカンドハウスや住み替えに使える!2件目の住宅ローンを組む2つの方法
住宅ローンで別荘が買える?!「セカンドハウスローン」の全知識
土地だけで住宅ローンを組むなら!絶対に知っておくべき全知識
月々の返済を激減できる!住宅ローンで「賃貸併用住宅」を買うための全知識
どちらも併用できる?住宅ローン控除とふるさと納税の関係性を徹底解説
基礎知識からまで目安まで徹底解説!住宅ローン「返済比率」の全知識
誰でも使えるって本当?!「農協」の住宅ローンを徹底解説
フラット35でお馴染み!モーゲージ方式の住宅ローンを徹底解説
住宅ローン控除を利用する人は必見!住宅ローンと「年末調整」の関係性を解説
初心者必見!中古住宅で住宅ローン減税を受ける方法を徹底解説
個人事業主が住宅ローン審査を通過するための5つの必須知識
投資用物件を住宅ローンで買いたい人が絶対に知っておくべき必須知識
審査に通りやすいって本当?!ノンバンクの住宅ローンを徹底解説
外国人に優しい銀行はどこ?外国人のための住宅ローン攻略ガイド
メリット・デメリットや金利を解説!「ARUHI」住宅ローン完全ガイド
金利からメリット・デメリットまで徹底解説!「楽天銀行」住宅ローンの全知識
特徴や金利が全てわかる!「三菱東京UFJ銀行」住宅ローンの全知識
特徴から金利まで完全解説!「りそな銀行」住宅ローンの徹底ガイド
これから審査をする人は必見!初心者向け住宅ローンQ&A
審査に影響する?住宅ローンとマイカーローンの関係性を徹底解説