住宅ローン クレジットカード

最終更新日:2017年6月12日

クレジットカードが住宅ローン審査に与える影響が気になる方へ

クレジットカードが住宅ローン審査に与える影響が気になる方へ
もしあなたがクレジットカードを保有しており、なおかつ今後住宅ローンの審査を予定しているのであれば、以下のような考えを一度は持ったことはありませんか?

・クレジットカードって住宅ローンの審査に悪影響なの?
・住宅ローンの審査に影響が出ないクレジットカードの使い方は?
・何枚も持っているけど、住宅ローンの審査は大丈夫?

クレジットカードを保有している人で、住宅ローン審査を予定しているのであれば、上記のような疑問を持っている事は本当に多いです。

 

なんとか疑問を晴らして、スッキリした気持ちで住宅ローン審査に挑戦したいですよね?

 

そこで今回の記事では、クレジットカードを持っている人であれば、絶対に知っておくべき必須情報を紹介していきます。

 

この記事を読むことによって、住宅ローン審査に悪影響を与えない正しいクレジットカードの使い方がわかりますよ!

 

記事を最後まで読んだ頃には、住宅ローン審査におけるクレジットカードのことで悩むことはもうなくなっていることでしょう。

【新規の方】あなたの条件に合う住宅ローンをマッチング!最大6社に一気に仮審査依頼できる

最大6社を比較して、金利・諸費用・保障内容・総支払額から最適な住宅ローンを一括審査

住宅本舗

https://www.jutapon.com/


【借り換えの方】あなたの環境に合った最適なローンをプロが教えてくれる

住宅ローンのプロが借り換えでどんなメリットがあるのかを無料相談できる!
【今だけ限定】住宅ローンの見直しで現金5万円がもらえる!

モバチェック・プラザ

https://mogecheck.jp/

 

正しい使い方① 絶対に延滞はしてはダメ

絶対に延滞はしてはダメ
まずはクレジットカードの「延滞」について深ぼっていきましょう。

 

クレジットカードの「延滞」は、住宅ローンの審査に通りたいのであれば絶対にしてはいけません。

 

もし数ヶ月もの延滞をすると、どこの銀行の住宅ローン審査も通らないでしょう。

 

クレジットカードはお金の立て替えをするので、本質的に借金と変わりません。

 

だからこそローン商品の利用履歴がすべて残る「個人信用情報」(いわゆるブラックリスト)機関に記録される対象となっています。

 

銀行は住宅ローンの審査をする際、個人信用情報を必ず参照します。もし延滞が続いているようであれば、「この人に貸すのは危険だ」と判断するでしょう。

 

クレジットカードの支払いが延滞しているようでは、さらに長期の利用となる住宅ローンの支払いなんて絶対にできないと見切られるのです。

 

ではクレジットカードの支払いを1回だけ延滞してしまい、すぐに返済した場合はどうでしょうか。銀行によって変わりますが、大抵の銀行では悪影響にならないはずです。

 

個人信用情報に対する「延滞の記録」の登録は、すぐに行われるわけではありません。延滞をしてから数日後に登録されます

 

クレジットカード会社によっては10日以上、個人信用情報に記録しないことも。

 

仮に延滞していても、個人信用情報に登録される前に返金してしまえば、住宅ローンの審査に悪影響が出ることはないでしょう。

 

しかし延滞が2ヶ月ともなれば、話は別です。確実に個人信用情報に「延滞」が記録されています。

 

クレジットカード会社が使っている個人信用情報機関は「CIC」と呼ばれる機関になることが多いのですが、延滞すると5年間は履歴が残ります。

 

つまり一度でも延滞が記録されれば、5年間は住宅ローン審査に通らないことになるのです。

 

しかし逆をいえば、5年経てば履歴は消されて、住宅ローン審査に悪影響が出ることはありません。

 

正しい使い方② キャッシング枠はなるべくつけない

キャッシング枠はなるべくつけない
ここまでは住宅ローン審査と、クレジットカードの延滞の関係について紹介しました。

 

一度でも延滞をして個人信用情報に記録されてしまえば、5年間は住宅ローンを使えないことを理解していただけたと思います。

 

次にお伝えする「正しい使い方」は、クレジットカードのキャッシング枠について。キャッシング枠で使った枠は、住宅ローン審査の重要な要素である「返済比率」に影響します。

 

返済比率とは、年収に対する年間の返済額のこと。一般的な返済比率は25%に設定されていることが多いです。

 

仮に返済比率25%で年収が400万円なら、400万円の25%の100万円が、1年間の返済額の上限となります。

 

したがって年間返済額が100万円となるような借り入れ金額でなければ、住宅ローンの審査には落ちることになるでしょう。

 

返済比率は住宅ローンの返済額そのものはもちろんのこと、キャッシング枠の支払いも対象となります。

 

クレジットカードのキャッシング枠は少し特殊で、今現在借りている金額ではなく、キャッシング枠の限度額を全開まで借りている計算をされます。

 

 

つまり今まで1回もキャッシングを利用したことがなくても、キャッシング枠が設定されているだけで返済比率に負担がかかるのです。

 

仮にキャッシング枠20万円であれば、年間返済額が20万円分減ってしまうでしょう。

 

返済比率に問題がないなら、キャッシング枠を利用していたとしても住宅ローンの審査は通ります。問題なのは、借り入れ希望金額と返済比率がギリギリの方です。

 

使ってもいないキャッシング枠の存在のせいで、住宅ローン審査が落ちてしまう可能性が高まります。

 

年収に対して借り入れ金額をギリギリまで借りたい人は、いますぐにクレジットカードのキャッシング枠を外しておくべきです。

 

正しい使い方③ 支払いは基本的に「1回払い」

支払いは基本的に「1回払い」
前章では住宅ローン審査とキャッシング枠の関係について紹介しました。

 

クレジットカードのキャッシング枠は、住宅ローンの審査の重要な要素である「返済比率」に大きな影響を与えることを理解していただけたと思います。

 

次にお伝えする「正しい使い方」は、クレジットカードの支払い方法について。

 

クレジットカードには様々な支払い方法がありますが、便利な「リボ払い」や「分割払い」を利用している人は少なくないでしょう。

 

結論から言いますと、住宅ローン審査を無事に突破したいなら、「リボ払い」「分割払い」は利用すべきではありません

 

リボ払いや分割払いは先述した「返済比率」に影響を与える要素です。基本的はカードローンなどと同じ「借金」として扱われます。

 

住宅ローンの借入金額とリボ払いなどの支払い金額の合計が、自分の年収に対する返済比率に収まっていれば問題はありません。

 

しかし収まりきれないのであれば、すぐにリボ払いなどは使わないようにすべきでしょう。

 

クレジットカードの1回払いだと返済比率に含まれないので、1回払いで終わらせておきたいものです。

 

ちなみに過去にリボ払いや分割払いを利用していた「事実」そのものは、住宅ローンの審査に影響があるのでしょうか。

 

結論を言いますと、延滞さえしていなければ影響はまったく無いと断言できます。どちらかというとプラス要素になってくれるでしょう。

 

「借金したものの、延滞せずに完済した」と判断され、逆にあなたの評価をUPしてくれます。

 

正しい使い方④ クレジットカードは複数枚所持しない

クレジットカードは複数枚所持しない
ここまでは住宅ローン審査と支払い方法の関係について紹介しました。返済比率の関係上、なるべくならば1回払いを選択したほうがいいことを理解していただけたと思います。

 

次にお伝えする「正しい使い方」は、クレジットカードの所持枚数について。

 

クレジットカードを多く保有するのは、住宅ローン審査にはあまりいい影響をもたらしません。

 

最近のクレジットカードにはデフォルトで、10万円から50万円程度のキャッシング枠がつくため、将保有すればするほど先述した「返済比率」の首を絞めてしまうのです。

 

ただし、最近のクレジットカードにはキャッシング枠の有無を事前に選べることも多いので、気を付けさえすれば複数枚所持しても問題はありません。

 

それでも、複数枚所持することによって、延滞のリスクなども高まるのも事実。これから住宅ローン審査に望むのであれば、クレジットカードを整理する良い機会かもしれません。

 

明らかに使っていないクレジットカードがあれば解約するか、キャッシング枠だけは取り外すことをオススメします。

 

正しい使い方⑤ 高額商品を買わない

高額商品を買わない
前章では住宅ローン審査におけるクレジットカードの所有枚数の関係について紹介しました。

 

住宅ローンの審査を有利にすすめたいのであれば、必要以上にクレジットカードを所有すべきでないことを理解していただけたと思います。

 

最後にお伝えする「正しい使い方」は、高額商品の取り扱いについて。

 

クレジットカードの利用履歴は、延滞以外にも個人信用情報機関に保管されており、「いつ」「いくら」使ったか詳細に記録されています。

 

住宅ローン審査をした場合、銀行はクレジットカードの利用履歴を見ることになるでしょう。もし高額商品を買っているようでしたら要注意です。

 

リボ払いや分割払いを使わずに、いくら一回払いやボーナス1回などの返済プランを選んでいたとしても、高額商品を買っていること自体がマイナス評価になります

 

なぜ高額商品を買うことがマイナス評価になるかというと、毎月の収入に見合ってない高額商品の購入は住宅ローン延滞の可能性を高めるため。

 

年収に対して返済比率の大きくなるような買い物をしている事は、銀行にとってはマイナスポイントでしかありません。

 

1回の購入はまだ許されるでしょうが、10万円を超える買い物を数度続けているようであれば、「この人は潜在的な延滞リスクがある」と判断されます。

 

住宅ローン審査に通りたいのであれば、将来のあなたに不安を感じさせるような行動はなるべく控えておくのがベストです。

 

どうしても高額商品を買うのであれば現金で対応し、持ち合わせの現金がないようであれば、購入そのものをやめるべきです。

 

住宅ローン審査に通るための「条件」だと思って、我慢するようにしてください。

【新規の方】あなたの条件に合う住宅ローンをマッチング!最大6社に一気に仮審査依頼できる

最大6社を比較して、金利・諸費用・保障内容・総支払額から最適な住宅ローンを一括審査

住宅本舗

https://www.jutapon.com/


【借り換えの方】あなたの環境に合った最適なローンをプロが教えてくれる

住宅ローンのプロが借り換えでどんなメリットがあるのかを無料相談できる!
【今だけ限定】住宅ローンの見直しで現金5万円がもらえる!

モバチェック・プラザ

https://mogecheck.jp/

 

まとめ

以上、住宅ローン審査を突破するための「正しいクレジットカードの使い方」を紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?

 

紹介した使い方を意識していれば、クレジットカードを持っていたとしても住宅ローン審査に苦戦することはないでしょう。

 

もし今後実際に住宅ローン審査に挑戦するなら、今回紹介した知識をぜひ参考にしてみてください。

関連ページ

初心者なら絶対に知っておくべき「住宅ローンの仕組み」を徹底解説
住宅ローンの必要書類全81つの入手から再発行方法【チェックリスト付】
初心者必見!「住宅ローン相談」に行くまえに知っておくべき全知識
おトクに住宅ローンを借りたい人必見!金利や諸費用が安くなる方法を徹底解説
いくら用意すべきか丸わかり!住宅ローンを組む時にかかる費用を徹底解説
一日の流れから司法書士の見つけ方まで!住宅ローン「融資実行日」の全知識
お得に住宅ローンを組みたい人必見!プロがオススメするネット銀行4選
プロが教える!債務整理後に住宅ローンを組む4つのテクニック
30年の住宅ローンを組むとリスク減!安心して返済するための全知識
不動産のプロが教える!40年以上の住宅ローンを使いこなす4つの必須知識
転勤者は必見!引越し時における住宅ローンの取り扱い方を完全解説
完済が70歳以上になる住宅ローンを使いこなす4つの必須知識
退職後も安心!80歳まで組める住宅ローンを使いこなすための全知識
住宅ローンの返済期間を最長にするなら絶対に知っておくべき4つの必須知識
住宅ローンを延長したい人は必見!延長の方法や簡単に延長できる銀行を解説
住宅ローン「連帯債務者」5つの必須知識を大解剖!利点・欠点や注意点まで完全ガイド
離婚協議中の人は必見!財産分与時の住宅ローンの扱い方をシンプルに解説
住宅ローンの頭金を5つの要素で大解剖!メリットから用意する方法まで解説
不動産のプロが教える!住宅ローン選びで抑える5つのポイント
FP(ファイナンシャルプランナー)に住宅ローン相談するための全知識
この銀行なら間違いない!元・不動産業者が選ぶおすすめ住宅ローン6選
これさえ選べば間違いなし!プロが選ぶおすすめ住宅ローンランキング
どうすれば限度額をUPできる?!住宅ローン「限度額」の全知識
あなたはいくらまで借りられる?住宅ローンの借り入れ金額を徹底解説
住宅ローンを借り換える人は必見!借り換えと年末調整の関係を徹底解説
低い金利にしたい人必見!同じ銀行で住宅ローン借り換えできるか徹底検証
基礎知識から注意点まで!住宅ローン「固定金利」の全知識
将来の金利はどうなる?!1月の住宅ローン金利動向を徹底解説
今後の金利はどうなる?不動産のプロが住宅ローン金利の予想方法を解説
永住権なしでも大丈夫!?外国人が住宅ローンを組むための全知識
住宅ローン滞納を続けるとどうなる?今日からできる対策も解説
完済のコツや延滞の対処法を徹底解説!住宅ローン「返済」の全知識
毎月の住宅ローンの返済が辛い人必見!プロが選んだ対処方法5選
諦めるのはまだ早い!無職から住宅ローンを組むための方法を徹底解説
住宅ローンが残っている不動産を売却するために知っておくべき全知識
住宅ローン返済中に家を売却したい人必見!残債がある家の売り方を徹底解説
最悪の事態を避けるなら今すぐ動こう!払えない住宅ローン対策4選
マイホームを諦めたくない人必見!自己破産後に住宅ローンを組む2ステップ
住宅ローンの返済が残っている家をうまく売るための4つの必須知識
基礎知識から解決法までシンプルに解説!住宅ローン「オーバーローン」の全知識
最悪の事態になる前に!住宅ローン返済が苦しい人におすすめの対策方法3選
審査基準から甘い銀行まで解説!住宅ローン「事前審査」完全ガイド
転職後の住宅ローン突破は厳しい!それでも合格するための3つの知識
普通の住宅ローンとは何が違う?「担保なし住宅ローン」を徹底解説
ブラックリストに載った後でも住宅ローンを組む方法を徹底解説
借り換え住宅ローンの全知識!独自の審査基準から通る方法まで解説
連帯債務を設定した住宅ローンを借り換えするための6つの必須知識
月7万円の返済で大丈夫?!月収20万円台の人が知るべき住宅ローン全知識
住宅ローンで2,000万円借りたい人必見!月々の返済額から審査のコツまで解説
住宅ローン審査で3,000万円の融資額を獲得する7つのテクニック
どれくらいの年収が必要?住宅ローンで4,000万円借りるための全知識
いくらの年収が必要?住宅ローンで4,500万円借りるコツを徹底解説
年収600万円の住宅ローン限度額は約4,000万円!融資を受ける注意点も解説
年収の6倍までが上限値!住宅ローンと年収の関係性を5つの視点で解説
元・不動産業者がこっそり教える!審査が甘い住宅ローン3つの特徴
審査が通りやすい住宅ローンって本当?「プロパーローン」の全知識
本当は教えたくない!アルバイトが住宅ローン審査を通過できる方法
住宅ローンが落ちたらどうする?原因別の対策方法を徹底解説
心配しなくても大丈夫!うつ病患者が住宅ローンを組むための3つの方法
基礎知識から計算方法まで徹底解説!住宅ローン「担保評価」の全知識
融資金額を増やしたいなら!住宅ローンを増額させる6つの方法
再発行方法も!住宅ローン控除に必要な「残高証明書」を完全ガイド
本当は教えたくなかった任意整理後でも住宅ローンを組む3つの方法
住宅ローンを遅延し続けるとどうなる?最悪の事態から回避する方法を解説
住宅ローンを利用するなら必要不可欠?!弁護士を雇うべきケースを徹底解説
住宅ローン相続を回避する4つの方法を大公開!誰でもできる方法も解説
3大疾病保障付き住宅ローンを大解剖!基礎知識から生命保険との関係性まで解説
解約すべきって本当?!住宅ローンと生命保険の関係性を徹底解説
お得にガン保障を付けたい人必見!ガン対応団信が無料で付く住宅ローン2選
連帯保証人の支払い義務も解説!離婚時の住宅ローン処理のための全知識
別居中の住宅ローン利用者は必見! 将来を見据えた対策方法をケース別に解説
セカンドハウスや住み替えに使える!2件目の住宅ローンを組む2つの方法
住宅ローンで別荘が買える?!「セカンドハウスローン」の全知識
土地だけで住宅ローンを組むなら!絶対に知っておくべき全知識
住宅ローンで賃貸併用住宅は建築可能!初心者が失敗しないための全知識
どちらも併用できる?住宅ローン控除とふるさと納税の関係性を徹底解説
計算式や審査への影響まで解説!住宅ローン「返済比率」を完全ガイド
誰でも使えるって本当?!「農協」の住宅ローンを徹底解説
フラット35でお馴染み!モーゲージ方式の住宅ローンを徹底解説
住宅ローン控除を利用する人は必見!住宅ローンと「年末調整」の関係性を解説
初心者必見!中古住宅で住宅ローン減税を受ける方法を徹底解説
個人事業主が住宅ローン審査を通過するための5つの必須知識
投資用物件を住宅ローンで買いたい人が絶対に知っておくべき必須知識
審査に通りやすいって本当?!ノンバンクの住宅ローンを徹底解説
外国人に優しい銀行はどこ?外国人のための住宅ローン攻略ガイド
ARUHIは信用できる住宅ローン専門会社!8つの特徴や詳細を完全ガイド
金利からメリット・デメリットまで徹底解説!「楽天銀行」住宅ローンの全知識
特徴や金利が全てわかる!「三菱東京UFJ銀行」住宅ローンの全知識
特徴から金利まで完全解説!「りそな銀行」住宅ローンの徹底ガイド
これから審査をする人は必見!初心者向け住宅ローンQ&A
審査に影響する?住宅ローンとマイカーローンの関係性を徹底解説