住宅ローン 早見表

最終更新日:2017年9月6日

住宅ローン早見表で比較検討している方へ

住宅ローン早見表で比較検討している方へ
もしあなたが住宅ローンの利用を検討しているのであれば、以下のような考えをもっていませんか?

・住宅ローンの早見表をあまり使いこなせてない気がする…。
・住宅ローンを上手く使いこなすための知識が欲しい
・早見表に書かれている事をそのまま鵜呑みにしていいの?
・そもそも早見表の重要性をそこまで理解できていない…

住宅ローンを利用するなら、上記のような「早見表」に関する疑問や考えを持っている人は多いです。

 

そろそろ疑問を晴らして、スッキリしたいですよね?

 

そこで今回の記事では、住宅ローンを利用する人は絶対に知っておくべき「早見表」の必須情報を紹介していきます。

 

この記事を読めば、住宅ローン早見表を使いこなすための知識が全てわかりますよ!

 

どんなポイントに気を付けて早見表を見るべきかもわかるので、これから早見表を使う人も必見の内容となっています。

 

記事を最後まで読んだ頃には、住宅ローン早見表のどれだけ必要不可欠な要素なのか、その重要性も理解できているはずです。

【裏技】土地活用の成功の秘訣は「複数社の計画」を比較する!

イエカレならネットで1回申し込むだけで、あなたの土地に最適なプランを受けられる
複数社の豊富なプランを比較してまずは勉強を!利用者100万人で安心の無料一括資料請求

イエカレ土地活用

https://plus-search.com/


>全国の優良企業が土地計画プランを無料で作成<
>かんたん1分の無料一括資料請求はイエカレ<

 

知っておくべき「住宅ローン早見表」の重要性

知っておくべき「住宅ローン早見表」の重要性
住宅ローンの返済額は「金利」と「返済期間」によって決定されます。

 

ローン返済は元金以外に「金利=利息」がかかります。

 

金利数値が0.1%でも変わると、返済額に大きな差が出るのです。

 

仮に同じ借入額でも金利のせいで、返済額は雲泥の差になります。

 

また借入期間の長さも返済額に大きな影響をもたらします。

 

返済計画を練る時、金利や借入期間で総返済額がどれくらい変わるのか把握するでしょう。

 

返済額の推移をみるときに便利なのが、「早見表」です。

 

仮に3000万円を返済期間30年と仮定して早見表を作ってみましょう。

金利 追加される利子
0.10% 50万円
0.30% 160万円
0.50% 260万円
1.00% 520万円


見ての通り、金利がちょっと違っただけで総返済額が激変しているのが確認できます。

 

返済期間30年もの長期借入れになると、1.0%金利が違うだけ500万円近くの違いがでました。

 

昨今は0.5%を切る超・低金利のネット銀行が台頭しています。

 

ネット金利を使えばどれほどお得になるのか、早見表を見れば一目瞭然です。

 

住宅ローンはもともとカードローンよりも低いです。

 

銀行間の金利差はほんの少しに見えます。

 

しかし長期間返済になると、ここまで総返済額に差ができるのです。

 

早見表をみれば、金利差が返済額にもたらす影響が一発でわかります。

 

金利の影響を身に染みて理解するには絶好のツールでしょう。

 

住宅ローンを利用する時は早見表を参考にして比較検討するのをおすすめします。

 

住宅ローンの返済額を左右するのは金利だけではありません。

 

先述したように「借入期間」も大きな影響をもたらします。

 

返済負担を軽くしたいなら、低金利のローンを選ぶのが重要です。

 

ただ総返済額を低くしたいなら、借入期間も意識してください。

 

借入期間の重要性も早見表ですぐに確認できます。

 

金利1%・借入額3000万円と仮定して返済期間別の早見表を作ってみましょう。

借入期間 追加される利子
5年 80万円
10年 170万円
15年 250万円
20年 340万円


見ての通り、借入期間が5年変わると総返済額に100万以上の差が出ます。

 

住宅ローンの返済期間を延長すれば比例して総返済額も増えてしまうのが確認できます。

 

総返済額を少しでも減らしたいなら、無理がない程度に返済期間を短くするのが必要です。

 

仮に返済期間を長くしてしまったとしても、「繰り上げ返済」があります。

 

繰り上げ返済をつかって少しずつでも返済期間を減らせば、総返額は激減するでしょう。

 

住宅ローン早見表を利用する際の注意点

前章では、知っておくべき「住宅ローン早見表」の重要性についてお伝えしました。

 

早見表を使えば「金利」「返済期間」の影響力が一目瞭然だと理解できたと思います。

 

次に紹介するのは、住宅ローン早見表を利用する際の注意点です。

 

先述したように住宅ローンを比較するときに「早見表」を使う事は必須です。

 

昨今の早見表は金利や返済期間だけではなく、様々な要素も比較しています。

 

早見表を見て、住宅ローンを絞り込む人も多いでしょう。

 

しかし住宅ローンを全く理解していない状態で早見表を見てもあまり効果がありません。

 

見当違いの見方をして、正しく住宅ローン比較できていない人も少なくないです。

 

せっかく早見表を使うなら、必要な知識を身につけるのがベストです。

 

今章では住宅ローンの早見表を利用する前に最低限知っておきたい知識を解説します。

 

銀行によっては「上乗せ金利」が変動する

住宅ローンは「手数料」が発生しますが、銀行によって計算方法が違います。

 

昨今の住宅ローンでは手数料の計算方法を「金利+0.2%上乗せ」が主流です。

 

「たったの0.2%」と思う人もいるでしょうが、見逃せないポイントです。

 

早見表を見る際、保証料が金利上乗せになっている銀行は要注意です。

 

金利上乗せのせいで、早見表の数値は大きく異なってきます。

 

仮に3,000万円を借入して金利+0.2%の保証料を払うとしましょう。

 

すると、実際の金利は早見表に乗っている金額よりも150万円~200万円は高くなります。

 

多くの早見表は上乗せ金利は考慮していません。

 

利用する予定の銀行は上乗せ金利を採用している場合は注意してください。

 

審査結果によって金利が変動する銀行がある

金利は審査結果によっても変動するケースがあります。

 

顕著な例は「メガバンク」でしょう。

 

メガバンクとは「三菱東京UFJ銀行」「みずほ銀行」「三井住友銀行」を指します。

 

どのメガバンクも金利「1.025%~1.500%」と、かなりアバウトになっています。

 

審査結果がよければ1.025%に近づき、悪ければ1.5%に近づきます。

 

ネットで公開されている早見表は、下限金利だけで表示している場合も多いです。

 

変動幅があるのを知らずに実際の審査にチャレンジすれば大変です。

 

もし審査結果が悪ければ、予想していた金利よりも0.5%近くUPしてしまいます。

 

メガバンクの早見表をみるなら、金利幅が反映されているかチェックが必要です。

 

もし下限金利だけ表示されているなら、上限金利が掲載されたサイトもみましょう。

 

両方の金利で早見表をみて、上限金利になったケースも想定しておくのがベストです。

 

自己資金によって金利が変動する銀行がある

自己資金の金額で金利が変わる銀行もあります。

 

代表的な例は「住信SBIネット銀行」でしょう。

 

同じ変動金利でも自己資金20%未満と20%以上では0.1%ほどの差があります。

 

自己資金の金額で金利を変動させる銀行は、昨今多くなってきています。

 

ただ住宅ローンの早見表に反映されていない事が多いので注意が必要です。

 

金利は時期によって変動する

住宅ローンの金利は変動します。

 

全期間固定金利を選ばない限り、金利上昇のリスクにさらされ続けます。

 

変動金利や当初固定金利を選ぶ際、早見表をみるでしょう。

 

しかし早見表に入力されているのは「今の金利」であるのを忘れてはいけません。

 

金利上昇リスクを考慮された早見表ではないのです。

 

住宅ローンの金利は景気が良い時は増加し、悪いと低下します。

 

今は不景気なので超・低金利が台頭しています。

 

もしこれから景気が良くなったら、金利はグングンと上昇するでしょう。

 

今は「超」がつくほどの低金利時代です。

 

一度増加すればとんでもない数値になるかもしれません。

 

もしかすると、バブル期の変動金利6.0%まで増加する可能性もゼロではないです。

 

将来を考慮した早見表を見るなら、金利変動を考慮した数値にすべきです。

 

「金利変動なし」「10年後1.0%上昇」「20年後2.0%上昇」は見ておきましょう。

 

住宅ローンの早見表は自分で作れる

昨今では早見表を自分でつくれるシミュレーションソフトが無料で使えます。

 

自分で早見表が作れるサイト→http://www.loankeisan.com/

 

ビックリするぐらい簡単に作成されるので、将来のためと思ってシミュレーションしておきましょう。

 

今回紹介した注意点を元に早見表を作って比較検討すれば、おのずと自分にピッタリの銀行が見えてくるはずです。

 

土地活用を検討するなら!一括資料請求で多くの可能性を探る

土地活用を検討するなら!一括資料請求で多くの可能性を探る
土地活用を一言で言っても多くの方法があり、その土地と地域性にあった土地活用をしっかり選ぶ必要があります。


ただ、なかなか自分で見つけるのは大変ですよね。。。


そんなときに便利になるのが土地活用の一括資料請求です。


あなたの土地情報を入力するだけで、大手企業から一括で最適なプランを提案してもらえます。


中でも「顧客満足度No.1」「安心度・使いやすさランキングNo.1」「参画企業数No.1」の三拍子が揃った「イエカレの土地活用」が一番オススメです。


イエカレ土地活用の一括資料請求はこちら

イエカレーの一括資料請求

https://plus-search.com/

 

まとめ

以上、住宅ローンを利用する人は絶対に知っておくべき「早見表」の必須情報を紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?

 

住宅ローン早見表を使いこなすための知識を理解いただけたと思います。

 

どんなポイントに気を付けて早見表を見るべきかもお伝えしたので、まだ早見表を見た事がない人の役にも立てたのではないでしょうか。

 

もし住宅ローンの比較検討をするために早見表を活用なら、今回紹介した知識をぜひ参考にしてみてください。

関連ページ

初心者なら絶対に知っておくべき「住宅ローンの仕組み」を徹底解説
借り換えやフラット35も徹底解説!住宅ローンの「必要書類」完全ガイド
初心者必見!「住宅ローン相談」に行くまえに知っておくべき全知識
おトクに住宅ローンを借りたい人必見!金利や諸費用が安くなる方法を徹底解説
いくら用意すべきか丸わかり!住宅ローンを組む時にかかる費用を徹底解説
一日の流れから司法書士の見つけ方まで!住宅ローン「融資実行日」の全知識
お得に住宅ローンを組みたい人必見!プロがオススメするネット銀行4選
プロが教える!債務整理後に住宅ローンを組む4つのテクニック
注意点やおすすめ銀行を紹介!30年返済の住宅ローンを使いこなす全知識
不動産のプロが教える!40年以上の住宅ローンを使いこなす4つの必須知識
転勤者は必見!引越し時における住宅ローンの取り扱い方を完全解説
完済が70歳以上になる住宅ローンを使いこなす4つの必須知識
退職後も安心!80歳まで組める住宅ローンを使いこなすための全知識
住宅ローンの返済期間を最長にするなら絶対に知っておくべき4つの必須知識
住宅ローンを延長したい人は必見!延長の方法や簡単に延長できる銀行を解説
基礎知識から注意点まで徹底解説!住宅ローン「連帯債務者」の全知識
離婚協議中の人は必見!財産分与時の住宅ローンの扱い方をシンプルに解説
必要な金額から用意する方法まで徹底解説!住宅ローン「頭金」の全知識
不動産のプロが教える!住宅ローン選びで抑える5つのポイント
FP(ファイナンシャルプランナー)に住宅ローン相談するための全知識
この銀行なら間違いない!元・不動産業者が選ぶおすすめ住宅ローン6選
これさえ選べば間違いなし!プロが選ぶおすすめ住宅ローンランキング
どうすれば限度額をUPできる?!住宅ローン「限度額」の全知識
お得な銀行が知りたい人は必見!「優遇制度」がスゴイ住宅ローン6選
あなたはいくらまで借りられる?住宅ローンの借り入れ金額を徹底解説
初心者必見!住宅ローンの適正な借り入れ金額を判断する3つの方法
住宅ローンを借り換える人は必見!借り換えと年末調整の関係を徹底解説
低い金利にしたい人必見!同じ銀行で住宅ローン借り換えできるか徹底検証
これを読めば全てがわかる!最新の住宅ローン「金利」の全知識
基礎知識から注意点まで!住宅ローン「固定金利」の全知識
将来の金利はどうなる?!1月の住宅ローン金利動向を徹底解説
今後の金利はどうなる?不動産のプロが住宅ローン金利の予想方法を解説
永住権なしでも大丈夫!?外国人が住宅ローンを組むための全知識
最終的には強制退去?!住宅ローン滞納者が知っておくべき全知識
老後破たんをしたくないなら!退職後の住宅ローン返済を延滞させない3つの対策
完済のコツや延滞の対処法を徹底解説!住宅ローン「返済」の全知識
毎月の住宅ローンの返済が辛い人必見!プロが選んだ対処方法5選
諦めるのはまだ早い!無職から住宅ローンを組むための方法を徹底解説
住宅ローンが残っている不動産を売却するために知っておくべき全知識
住宅ローン返済中に家を売却したい人必見!残債がある家の売り方を徹底解説
元・不動産業者が教える!住宅ローンを払えない人が知るべき5つの対策方法
マイホームを諦めたくない人必見!自己破産後に住宅ローンを組む2ステップ
住宅ローンの返済が残っている家をうまく売るための4つの必須知識
基礎知識から解決法までシンプルに解説!住宅ローン「オーバーローン」の全知識
住宅ローンを払いきれない人は必見!「任意売却」の全知識
最悪の事態になる前に!住宅ローン返済が苦しい人におすすめの対策方法3選
住宅ローン事前審査に挑戦するなら絶対に知っておくべき全知識
審査に不利って本当?!転職後に住宅ローン審査を突破する2つの方法
住宅ローン審査突破のための「クレジットカード」5つの正しい使い方
普通の住宅ローンとは何が違う?「担保なし住宅ローン」を徹底解説
ブラックリストに載った後でも住宅ローンを組む方法を徹底解説
新規申込とは何が違う?住宅ローンの「借り換え審査」を突破するための全知識
連帯債務を設定した住宅ローンを借り換えするための6つの必須知識
月7万円の返済で大丈夫?!月収20万円台の人が知るべき住宅ローン全知識
住宅ローンで2,000万円借りたい人必見!月々の返済額から審査のコツまで解説
住宅ローン審査で3,000万円の融資額を獲得する7つのテクニック
どれくらいの年収が必要?住宅ローンで4,000万円借りるための全知識
いくらの年収が必要?住宅ローンで4,500万円借りるコツを徹底解説
最大額はいくら?年収600万円の人が住宅ローンを使いこなすための全知識
年収が審査に与える影響とは!?住宅ローンにおける「年収」の全知識
元・不動産業者がこっそり教える!審査が甘い住宅ローン3つの特徴
審査が通りやすい住宅ローンって本当?「プロパーローン」の全知識
本当は教えたくない!アルバイトが住宅ローン審査を通過できる方法
住宅ローンが落ちたらどうする?原因別の対策方法を徹底解説
心配しなくても大丈夫!うつ病患者が住宅ローンを組むための3つの方法
基礎知識から計算方法まで徹底解説!住宅ローン「担保評価」の全知識
融資金額を増やしたいなら!住宅ローンを増額させる6つの方法
基礎知識から活用方法まで徹底解説!住宅ローン「残高証明書」の全知識
本当は教えたくなかった任意整理後でも住宅ローンを組む3つの方法
住宅ローンを遅延し続けるとどうなる?最悪の事態から回避する方法を解説
住宅ローンを利用するなら必要不可欠?!弁護士を雇うべきケースを徹底解説
負の遺産を相続したくない人必見!住宅ローンを相続しないための3つの方法
基礎知識から注意点まで!3大疾病保障付き住宅ローンを徹底解説
解約すべきって本当?!住宅ローンと生命保険の関係性を徹底解説
お得にガン保障を付けたい人必見!ガン対応団信が無料で付く住宅ローン2選
ケース別に解説!離婚後の住宅ローンをうまく処理するための全知識
別居中の住宅ローン利用者は必見! 将来を見据えた対策方法をケース別に解説
セカンドハウスや住み替えに使える!2件目の住宅ローンを組む2つの方法
住宅ローンで別荘が買える?!「セカンドハウスローン」の全知識
土地だけで住宅ローンを組むなら!絶対に知っておくべき全知識
月々の返済を激減できる!住宅ローンで「賃貸併用住宅」を買うための全知識
どちらも併用できる?住宅ローン控除とふるさと納税の関係性を徹底解説
基礎知識からまで目安まで徹底解説!住宅ローン「返済比率」の全知識
誰でも使えるって本当?!「農協」の住宅ローンを徹底解説
フラット35でお馴染み!モーゲージ方式の住宅ローンを徹底解説
住宅ローン控除を利用する人は必見!住宅ローンと「年末調整」の関係性を解説
初心者必見!中古住宅で住宅ローン減税を受ける方法を徹底解説
個人事業主が住宅ローン審査を通過するための5つの必須知識
投資用物件を住宅ローンで買いたい人が絶対に知っておくべき必須知識
審査に通りやすいって本当?!ノンバンクの住宅ローンを徹底解説
外国人に優しい銀行はどこ?外国人のための住宅ローン攻略ガイド
メリット・デメリットや金利を解説!「ARUHI」住宅ローン完全ガイド
金利からメリット・デメリットまで徹底解説!「楽天銀行」住宅ローンの全知識
特徴や金利が全てわかる!「三菱東京UFJ銀行」住宅ローンの全知識
特徴から金利まで完全解説!「りそな銀行」住宅ローンの徹底ガイド
これから審査をする人は必見!初心者向け住宅ローンQ&A
審査に影響する?住宅ローンとマイカーローンの関係性を徹底解説