ARUHI 住宅ローン

最終更新日:2017年8月15日

ARUHIの住宅ローンが気になっている方へ

ARUHIの住宅ローンが気になっている方へ
もしあなたが今後住宅ローンを組む予定であれば、以下のような考えをもっていませんか?

・ARUHIの住宅ローンって金利が低いって本当?
・ARUHIで住宅ローンを組むメリット・デメリットは?
・ARUHIの住宅ローン契約までの流れってどんな感じ?

住宅ローンを組む予定なら、上記のような「ARUHI」に関する疑問を持っている人は多いです。

 

そろそろ疑問を晴らして、ARUHIを利用するかどうか答えを出したいですよね?

 

そこで今回の記事では、絶対に知っておくべき「ARUHI住宅ローン」の必須知識を紹介していきます。

 

この記事を読めば、ARUHI住宅ローンの基礎情報やメリット・デメリットがわかりますよ!

 

ARUHIを使った場合の手数料や金利もすべて紹介しています。契約完了までの手順や流れもわかりますよ。

 

記事を最後まで読んだ頃には、自分がARUHIを利用すべきか答えが出ているはずです。

ARUHIの住宅ローンはこちら

https://www.aruhi-corp.co.jp/

 

ARUHI住宅ローンの基礎知識

ARUHI住宅ローンの基礎知識
ARUHI(旧SBI住宅ローン)は、「フラット35」を専門に扱う金融機関です。

 

フラット35を取り扱う金融機関300社のうち、1位の実績を誇ります。

 

2010年から6年連続でフラット35のシェア1位を占めています。

 

なぜ銀行ではないARUHI(旧SBI住宅ローン)が選択されるのでしょうか。

 

フラット35の取扱金融機関の中でも、最低金利を維持するのが大きな理由
でしょう。

 

事前審査が最短即日、本審査が最短3営業日で結果が出るのも挙げられます。

 

全国に130店舗以上の相談可能な店舗があるのも、人気の理由でしょう。

 

ネット銀行で一般的な住宅ローン申請をしたら、審査に2週間〜3週間・融資実行に1ヶ月半以上かかります。

 

一方ARUHIは少なくとも3日で本審査が完了。圧倒的な融資スピードは大きなメリットです。

 

さらに利点を挙げるとすれば、保障が充実している点でしょう。

 

ARUHIの住宅ローンは8大疾病に対応しています。

 

日本人の死亡原因で最も多いがん、心臓病、脳血管疾患はもちろん対応しています。

 

さらに加えて、高血圧・糖尿病・慢性腎不全・肝硬変・慢性膵炎の5つの重度慢性疾患もカバーしているのです。

 

フラット35で病気保証特約がつくのは、ARUHIが日本初。

 

年間3万円程度の保険料が要りますが、病気で就業不能になったら毎月のローン返済相当額を保証してくれます。

 

就業不能状態が12ヶ月を超えて継続したら、住宅ローン申請者のローン債務残高相当額を保証します。

 

日本人10人のうち6人が、8大疾病にかかる現代社会では安心のサービスです。

 

ARUHIは全国130以上の住宅ローンの店舗で、借り入れや借り換えの相談が可能です。

 

週末営業も対応中なので、仕事を持つ人にはありがたい特徴でしょう。

 

ARUHI住宅ローンの金利と諸経費

ARUHI住宅ローンの金利と諸経費
ここまでは「ARUHI」が提供する住宅ローンの基礎知識について紹介しました。

 

ARUHIにはどんな特徴があるのか、概要を理解していただけたと思います。

 

次にお伝えするのは、ARUHIが提供する住宅ローンの金利と諸経費について。

 

ARUHIの住宅ローンは「フラット35」なので、全期間固定金利の21年〜35年が人気を集めています。

 

金利水準は約340社あるフラット35取扱金融機関の中でも、最低レベル。圧倒的なシェアを誇っています。

 

事前審査が最短即日、本審査は少なくとも3営業日なのも、シェア拡大の後押しをしているでしょう。

 

ファイナンシャルプランナーが無料相談に応じてくれるなど、サービス面での利便性も高まっています。

 

フラット35の8疾病保障は有料ですが、任意で付帯することができます。

 

事務手数料は融資額の2.16%で、住宅ローンでは平均的な負担額と言えます。

 

しかし注意しなければならないのは、団体信用保険の特約料金です。

 

フラット35は団体信用保険の登録が任意です。加入するなら団信特約の保険料を支払わなければなりません。

 

団信の特約保険料は、200万円を超える大きな負担になります。

 

ネット銀行や大型商業銀行と比較する時は、200万円もの特約保険料負担をよく考慮する必要があるでしょう。

 

以下にARUHIの主な金利と諸経費を表にまとめました。自分の使う予定の金利タイプを確認してみてください。

金利タイプ 実質金利(年率) 表面金利(年率)
全期間固定金利(15年~20年間) 1.04% 1.04%
全期間固定金利(21年~35年間) 1.12% 1.12%
当初固定金利(5年) 0.74% 0.74%
当初固定金利(10年) 0.82% 0.82%

保証料 繰上返済手数料 団体信用生命保険 事務取扱手数料 疾病保障
0円 0円 金利1.85% 融資金額の2.16% 年間約3万円

 

ARUHI住宅ローンの審査

ARUHI住宅ローンの審査
前章では、ARUHIの住宅ローンの金利と諸経費をご紹介しました。

 

ARUHIの金利タイプと諸経費を理解できたと思います。次に紹介するのは、ARUHIの住宅ローンの審査です。

 

ARUHIの住宅ローンは、審査基準を公開していません。

 

筆者の経験則と公式サイトで確認できる情報で考慮した、推察をご紹介します。

 

推察ではありますが、これから審査をする人に有用な情報なのは間違いないはず。

 

過信しすぎる事なく、参考にしてください。

 

ARUHIは他の住宅ローンと同様に、「WEB申込」→「事前審査」→「本審査」と行われます。

 

ただARUHIの住宅ローンはフラット35です。通常の住宅ローンとは審査の過程が異なります。

 

審査が比較的通過しやすい住宅ローンと言っていいでしょう。

 

ARUHIはあくまでも窓口なので、審査自体は住宅金融支援機構が実施します。

 

しかし、ARUHI側でも事前に一時的審査も実施しています。

 

本審査に合格するかどうか、あらかじめ確認可能です。一次審査は最短即日で回答をする事ができるはず。

 

住宅金融支援機構の審査は、主に建物が技術基準に適合するかどうかを見ます。

 

書類が完備されているかも、きっちりと見てきます。他の銀行の審査に比べると、見ている基準が異なるのです。

 

一般的な銀行だと債務不履行のリスクを審査時に確認します。

 

しかしフラット35は、国土交通省住宅局と財務省管轄の独立行政法人の法律に基づいているかが重要視されます。

 

そのせいか銀行の審査でNGでも、住宅金融支援機構の審査なら通過する事も多いです。

 

事前審査は少なくとも1日、本審査は少なくとも3営業日で完了します。

 

審査期間が短く、全体で2週間〜1か月くらいの期間で融資実行まで達する事ができます。

 

なぜARUHIは審査期間が短いのでしょうか。やはり「フラット35専門機関」だからでしょう。

 

ARUHIはあくまでも仲介金融機関です。貸倒のリスクを厳密に審査しなくても良いです。

 

インターネット銀行や大型商業銀行とは、審査の姿勢が違います。

 

もちろんARUHI独自のシステマチックな業務体系なども大きく影響しているでしょう。

 

ARUHI住宅ローンの契約までの流れ

ARUHI住宅ローンの契約までの流れ
ここまでは、ARUHIの住宅ローンの審査の詳細を明らかにしました。

 

審査の仕組みが違うため、他の銀行で落ちた人でもチャンスがあるとお分かりいただけたと思います。

 

次に紹介するのは、ARUHIの住宅ローンの契約までの流れです。

 

大まかにまとめると、以下のような流れに沿って契約まで行われます。

ARUHI住宅ローンの契約までの流れ

  1. インターネットで申請
  2. 審査結果発表(事前審査)
  3. 申請書類を記入・指定書類を収集する
  4. 必要書類を返送する
  5. 審査開始(本審査)
  6. ローン確定の連絡(=本審査合格)
  7. 契約
  8. ローン実行

まずはARUHIのウェブサイトで申請します。申請後、事前審査の結果が発表されるでしょう。

 

見事合格すれば、申請用書類と提出用書類一覧が発送されてきます。

 

送られてきた書類を記入したあと、指定された書類を準備したら返送しましょう。

 

本審査が通過すると、ARUHIが不動産会社と連携して融資実行までの日程が決定されます。

 

基本的には、申請者の事情に応じてスケジュールが決定されるはず。

 

融資実行前に、事務手数料や火災保険料の諸費用が入金されます。

 

入金完了までは、遅くても約1ヶ月以内で終わる事が多いです。

ARUHIの住宅ローンはこちら

https://www.aruhi-corp.co.jp/

 

ARUHI住宅ローンのメリット

ARUHI住宅ローンのメリット
前章では、ARUHI住宅ローンの契約までの流れを紹介しました。

 

どんな流れで契約完了まで行くのか、理解いただけたのではないでしょうか。

 

次に紹介するのは、ARUHIが提供する住宅ローンのメリットです。

 

ARUHIはフラット35の取扱金融機関の中で、最も手頃な価格のレベルの金利で提供しています。

 

「審査スピードの速度」「フラット35初の8大病気保証」「FPによる無料コンサルティング」「全国130店舗の相談窓口」…。

 

これだけ多くのサービスを提供している点は、他のフラット35取扱金融機関との大きな違いと言えます。

 

提供中のサービスで最も大きな利点は、やはりローン審査の速度でしょう。

 

事前審査は最短即日、本審査は少なくとも3営業日は業界の常識を覆す速さです。

 

中古物件は購入希望者が大勢いると、融資がすぐにつく人を優先する売り手も少なくありません。

 

ローン審査の速度によって、買えるか買えないかが決まってしまいます。

 

争奪戦になる中古物件を狙う人にとって、ARUHIは最適の住宅ローンになるでしょう。

 

結果的に6年連続でフラット35の占有率1位と、多くの人々に選択される金融機関になっています。

 

全国に130店舗以上の来店相談が可能な店舗があるのも、大きな特徴です。

 

フラット35は大手銀行と地方銀行も取り扱っています。銀行の窓口での相談も可能です。

 

しかし銀行は自社の住宅ローン商品の紹介を優先的にしてきます。

 

純粋にフラット35を借りたいと来店相談したいとする人には、不向きでしょう。

 

フラット35がメイン商品のARUHIの来店相談がベストです。よりフラット35に集中した相談ができます。

 

ARUHI住宅ローンのデメリット

ARUHI住宅ローンのデメリット
前章では、ARUHIが提供する住宅ローンのメリットについてお伝えしました。

 

なぜARUHIの住宅ローンが選ばれているのか、理解いただけたのではないでしょうか。

 

次に紹介するのは、ARUHIが提供する住宅ローンのデメリットです。

 

メリットとデメリットはどうしても表裏一体になります。

 

残念ながら「メリットあるところにデメリットあり」なのです。ARUHIも例外ではありません。

 

ARUHIのデメリットというより、フラット35そのもののデメリットと言った方が正しいでしょう。

 

フラット35を借入するためには、住宅金融支援機構の基準を満たした建物を対象にしなかればなりません。

 

基準を満たしているかどうかは、住宅金融支援機構が定めた「適合証明書」の提出が必要です。

 

「適合証明書」は検査機関に依頼して、不動産の検査を受ける事で得られます。しかし別途費用がかかるのです。

 

ARUHIが検査機関を紹介してくれるケースもありますが、基本的には自分で検査機関に依頼しなければなりません。

 

適合証明を用意するのが面倒なら、事前に検査を受けて販売している不動産を狙うといいでしょう。

 

「フラット35適合住宅」と銘打って販売されている不動産は、意外とよく出回っています。

 

適合住宅なら「適合証明書」の手続きが簡素化されているため、不動産検査を省略可能です。

 

また住宅ローンの事務手数料などさまざまな費用がかかるのも問題でしょう。

 

普通の住宅ローンなら諸費用を含む借り入れができますが、フラット35はできません。

 

諸費用は現金で用意する必要が出てきます。現金がない人にはキツイ出費になるはずです。

 

フラット35は返済時に発生する欠点もあります。

 

団体信用生命保険の特約の保険料を、毎年3万円ほど払わないといけないのは痛いです。

 

普通なら金利に含まれる費用なのですが、現金で払うとなるとキツイですよね。

 

繰上返済に融通が効かないのも問題です。

 

一般的な住宅ローンなら、1万円から繰上返済できるケースが多いです。

 

しかしフラット35の繰上返済の最小量は、インターネットだと10万円、金融機関の窓口で100万円から。

 

最小量の金額が一般的な住宅ローンと比べ物にならないほど高いです。

 

早期返済を終えたい人にとっては不利です。繰上返済のため貯金していくしかありません。

 

繰り上げ返済の貯金は、思った以上に貯まらないもの。貯まったと思ったらすぐに使ってしまいがちです。

 

だからこそ、すぐに繰上返済したいですよね。貯金に苦戦する人にとってフラット35は相性が悪いかもしれません。

【乗り換えの方】たった3秒で住宅ローンの払い過ぎをしていないのかチェック!

たった3秒で住宅ローンの金利を払いすぎていないかチェックできる!さらには無料で専門のプロに相談ができます。

http://mogecheck.jp/plaza/


【新規借り入れの方】全国約120の銀行からベストな住宅ローンを提案受けられる!

最新の金利データから、あなたに環境にあったベストな住宅ローンの提案を受けられます!

http://mogecheck.jp/plaza/lp_kariire/

 

まとめ

以上、絶対に知るべき「ARUHI住宅ローン」の必須知識を紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?

 

ARUHI住宅ローンの基礎情報やメリット・デメリット、各種手数料や金利まで理解いただけたと思います。

 

ARUHIの住宅ローンを利用すべきかどうか、答えが出た人も多いのではないでしょうか。

 

どこの銀行を利用するかまだ迷っているなら、今回紹介した知識をぜひ参考にしてみてください。

ARUHIの住宅ローンはこちら

https://www.aruhi-corp.co.jp/

関連ページ

初心者なら絶対に知っておくべき「住宅ローンの仕組み」を徹底解説
借り換えやフラット35も徹底解説!住宅ローンの「必要書類」完全ガイド
初心者必見!「住宅ローン相談」に行くまえに知っておくべき全知識
おトクに住宅ローンを借りたい人必見!金利や諸費用が安くなる方法を徹底解説
いくら用意すべきか丸わかり!住宅ローンを組む時にかかる費用を徹底解説
一日の流れから司法書士の見つけ方まで!住宅ローン「融資実行日」の全知識
お得に住宅ローンを組みたい人必見!プロがオススメするネット銀行4選
プロが教える!債務整理後に住宅ローンを組む4つのテクニック
注意点やおすすめ銀行を紹介!30年返済の住宅ローンを使いこなす全知識
不動産のプロが教える!40年以上の住宅ローンを使いこなす4つの必須知識
転勤者は必見!引越し時における住宅ローンの取り扱い方を完全解説
完済が70歳以上になる住宅ローンを使いこなす4つの必須知識
退職後も安心!80歳まで組める住宅ローンを使いこなすための全知識
住宅ローンの返済期間を最長にするなら絶対に知っておくべき4つの必須知識
住宅ローンを延長したい人は必見!延長の方法や簡単に延長できる銀行を解説
基礎知識から注意点まで徹底解説!住宅ローン「連帯債務者」の全知識
離婚協議中の人は必見!財産分与時の住宅ローンの扱い方をシンプルに解説
必要な金額から用意する方法まで徹底解説!住宅ローン「頭金」の全知識
不動産のプロが教える!住宅ローン選びで抑える5つのポイント
FP(ファイナンシャルプランナー)に住宅ローン相談するための全知識
この銀行なら間違いない!元・不動産業者が選ぶおすすめ住宅ローン6選
これさえ選べば間違いなし!プロが選ぶおすすめ住宅ローンランキング
どうすれば限度額をUPできる?!住宅ローン「限度額」の全知識
お得な銀行が知りたい人は必見!「優遇制度」がスゴイ住宅ローン6選
あなたはいくらまで借りられる?住宅ローンの借り入れ金額を徹底解説
初心者必見!住宅ローンの適正な借り入れ金額を判断する3つの方法
住宅ローンを借り換える人は必見!借り換えと年末調整の関係を徹底解説
低い金利にしたい人必見!同じ銀行で住宅ローン借り換えできるか徹底検証
これを読めば全てがわかる!最新の住宅ローン「金利」の全知識
基礎知識から注意点まで!住宅ローン「固定金利」の全知識
将来の金利はどうなる?!1月の住宅ローン金利動向を徹底解説
今後の金利はどうなる?不動産のプロが住宅ローン金利の予想方法を解説
間違った使い方をしてるかも?!住宅ローン早見表を活かすための全知識
永住権なしでも大丈夫!?外国人が住宅ローンを組むための全知識
最終的には強制退去?!住宅ローン滞納者が知っておくべき全知識
老後破たんをしたくないなら!退職後の住宅ローン返済を延滞させない3つの対策
完済のコツや延滞の対処法を徹底解説!住宅ローン「返済」の全知識
毎月の住宅ローンの返済が辛い人必見!プロが選んだ対処方法5選
諦めるのはまだ早い!無職から住宅ローンを組むための方法を徹底解説
住宅ローンが残っている不動産を売却するために知っておくべき全知識
住宅ローン返済中に家を売却したい人必見!残債がある家の売り方を徹底解説
元・不動産業者が教える!住宅ローンを払えない人が知るべき5つの対策方法
マイホームを諦めたくない人必見!自己破産後に住宅ローンを組む2ステップ
住宅ローンの返済が残っている家をうまく売るための4つの必須知識
基礎知識から解決法までシンプルに解説!住宅ローン「オーバーローン」の全知識
住宅ローンを払いきれない人は必見!「任意売却」の全知識
最悪の事態になる前に!住宅ローン返済が苦しい人におすすめの対策方法3選
住宅ローン事前審査に挑戦するなら絶対に知っておくべき全知識
審査に不利って本当?!転職後に住宅ローン審査を突破する2つの方法
住宅ローン審査突破のための「クレジットカード」5つの正しい使い方
普通の住宅ローンとは何が違う?「担保なし住宅ローン」を徹底解説
ブラックリストに載った後でも住宅ローンを組む方法を徹底解説
新規申込とは何が違う?住宅ローンの「借り換え審査」を突破するための全知識
連帯債務を設定した住宅ローンを借り換えするための6つの必須知識
月7万円の返済で大丈夫?!月収20万円台の人が知るべき住宅ローン全知識
住宅ローンで2,000万円借りたい人必見!月々の返済額から審査のコツまで解説
住宅ローン審査で3,000万円の融資額を獲得する7つのテクニック
どれくらいの年収が必要?住宅ローンで4,000万円借りるための全知識
いくらの年収が必要?住宅ローンで4,500万円借りるコツを徹底解説
最大額はいくら?年収600万円の人が住宅ローンを使いこなすための全知識
年収が審査に与える影響とは!?住宅ローンにおける「年収」の全知識
元・不動産業者がこっそり教える!審査が甘い住宅ローン3つの特徴
審査が通りやすい住宅ローンって本当?「プロパーローン」の全知識
本当は教えたくない!アルバイトが住宅ローン審査を通過できる方法
住宅ローンが落ちたらどうする?原因別の対策方法を徹底解説
心配しなくても大丈夫!うつ病患者が住宅ローンを組むための3つの方法
基礎知識から計算方法まで徹底解説!住宅ローン「担保評価」の全知識
融資金額を増やしたいなら!住宅ローンを増額させる6つの方法
基礎知識から活用方法まで徹底解説!住宅ローン「残高証明書」の全知識
本当は教えたくなかった任意整理後でも住宅ローンを組む3つの方法
住宅ローンを遅延し続けるとどうなる?最悪の事態から回避する方法を解説
住宅ローンを利用するなら必要不可欠?!弁護士を雇うべきケースを徹底解説
負の遺産を相続したくない人必見!住宅ローンを相続しないための3つの方法
3大疾病保障付き住宅ローンを大解剖!基礎知識から生命保険との関係性まで解説
解約すべきって本当?!住宅ローンと生命保険の関係性を徹底解説
お得にガン保障を付けたい人必見!ガン対応団信が無料で付く住宅ローン2選
ケース別に解説!離婚後の住宅ローンをうまく処理するための全知識
別居中の住宅ローン利用者は必見! 将来を見据えた対策方法をケース別に解説
セカンドハウスや住み替えに使える!2件目の住宅ローンを組む2つの方法
住宅ローンで別荘が買える?!「セカンドハウスローン」の全知識
土地だけで住宅ローンを組むなら!絶対に知っておくべき全知識
月々の返済を激減できる!住宅ローンで「賃貸併用住宅」を買うための全知識
どちらも併用できる?住宅ローン控除とふるさと納税の関係性を徹底解説
基礎知識からまで目安まで徹底解説!住宅ローン「返済比率」の全知識
誰でも使えるって本当?!「農協」の住宅ローンを徹底解説
フラット35でお馴染み!モーゲージ方式の住宅ローンを徹底解説
住宅ローン控除を利用する人は必見!住宅ローンと「年末調整」の関係性を解説
初心者必見!中古住宅で住宅ローン減税を受ける方法を徹底解説
個人事業主が住宅ローン審査を通過するための5つの必須知識
投資用物件を住宅ローンで買いたい人が絶対に知っておくべき必須知識
審査に通りやすいって本当?!ノンバンクの住宅ローンを徹底解説
外国人に優しい銀行はどこ?外国人のための住宅ローン攻略ガイド
金利からメリット・デメリットまで徹底解説!「楽天銀行」住宅ローンの全知識
特徴や金利が全てわかる!「三菱東京UFJ銀行」住宅ローンの全知識
特徴から金利まで完全解説!「りそな銀行」住宅ローンの徹底ガイド
これから審査をする人は必見!初心者向け住宅ローンQ&A
審査に影響する?住宅ローンとマイカーローンの関係性を徹底解説