住宅ローン 600万

最終更新日:2018年2月25日

「年収600万円での住宅ローン利用」に関する知識を全て解説

「年収600万円での住宅ローン利用」に関する知識を全て解説
「年収600万円での住宅ローン利用」といえば、知識がない人にとっては非常に厄介で、誤解を招く問題となります。

 

だからこそ「年収600万円での住宅ローン利用」について、今だに納得いく回答を得られぬまま、調べている人は多いです。

 

具体的には「年収600万円での住宅ローン利用」に関して、下記に示すような不安や疑問を解決すべく情報収集しています。

 

あなたも以下に示す内容と、同じような疑問や不安をもっていませんか?

・年収600万円が融資することが可能な住宅ローンの最大額を知りたい
・年収600万円が住宅ローンを利用する理想の借入金額ってどれくらい?
・年収600万円の無理のない住宅ローン返済年数と返済金額を教えて!
・年収600万で住宅ローンを利用する時の注意点を知っておきたい

上記のような疑問や不安を持っているのに解決しないまま、年収600万円での住宅ローン利用をしてはいけません。

 

年収600万円での住宅ローン利用に必要な知識が足りていないので、このままではあなたが望む結果にならないでしょう。

 

せっかく年収600万円での住宅ローン利用に挑戦するなら、あなたが心から安心できる融資になってほしいですよね?

 

そこで今回の記事では「年収600万円での住宅ローン利用」に関する疑問・不安について、元・不動産業者である筆者が回答していきます。

 

この記事を読めば、あなたが知っておくべき「年収600万円での住宅ローン利用」に関する知識は、すべて網羅できるとお約束します。

 

読み終えた時には、

  • 「年収600万円が融資することが可能な住宅ローンの最大額」
  • 「年収600万円が住宅ローンを利用する理想の借入金額」
  • 「年収600万円の無理のない住宅ローン返済年数と返済金額」
  • 「年収600万で住宅ローンを利用する時の10つの注意点」

についてしっかりと理解できていることでしょう。ぜひ最後までご覧ください。

【新規の方】あなたの条件に合う住宅ローンをマッチング!最大6社に一気に仮審査依頼できる

最大6社を比較して、金利・諸費用・保障内容・総支払額から最適な住宅ローンを一括審査

住宅本舗

https://www.jutapon.com/


【借り換えの方】あなたの環境に合った最適なローンをプロが教えてくれる

住宅ローンのプロが借り換えでどんなメリットがあるのかを無料相談できる!
【今だけ限定】住宅ローンの見直しで現金5万円がもらえる!

モバチェック・プラザ

https://mogecheck.jp/

 

年収600万円が融資することが可能な住宅ローンの最大額

年収600万円が融資することが可能な住宅ローンの最大額
まず紹介するのは「年収600万円が融資することが可能な住宅ローンの最大額」です。

 

「年収600万円での住宅ローン利用」を理解するうえでは非常に重要な知識なので、しっかりとおさえておいてください。

 

年収600万円の人が借りれる借金の最大額ですが、これはその人の年収がベースになって返済比率が決まっています。

 

具体的には返済比率によって、何円位まで借りられるが分かります。

 

返済比率については、当サイトの過去記事である「基礎知識からまで目安まで徹底解説!住宅ローン「返済比率」の全知識」にて詳しく解説しておりますので、気になる方はチェックしてみてください。

 

さらに詳しく解説した記事になっているのでここまで解説してきた内容が、より一層理解できることでしょう。

 

ただ返済比率は、各金融機関によって違ってくるので注意が必要です。

 

例えばメガバンクなどの銀行では、年収が200万円を超えて300万円未満の人の返済比率は給料の25%以内になっています。

 

一方、地方銀行などでは年収が300万円を超えて400万円未満の人の返済比率が給料の30%以内です。

 

またフラット35は、年収が400万円を超す人の返済比率が年収の35%以内となっています。

 

年収600万円の人がフラットを利用すれば、600(年収)×35%(返済比率)=210(万円)が年間返済の最高限度です。

 

そして毎月返済額の上限は、約17.5万円となってきます。

 

後は金利の設定と「元利均等」を採用するのか、「元金均等」を採用するのかを決めましょう。

 

そのうえで、借入可能額のシミュレーションツールをつかえば、年収600万円で借入れできる最大額の金額が分かります。

 

シミュレーションツールはフラット35が提供しているのが便利なので実際に使いたい人は、公式ホームページをチェックしてみてください。

 

例えば元利均等で返済期間を35年と想定して金利4%で試算すると、どうなるでしょう。

 

結果としては年収600万円の人が利用できる最大額の住宅ローンは3,952万円です。

 

ここまでは、「年収600万円が融資することが可能な住宅ローンの最大額」をお伝えしました。

 

年収600万円が融資することが可能な住宅ローンは約4,000万円が最大額だと、理解していただけたと思います。

 

紹介した最大額は「年収600万円での住宅ローン利用」において必要な知識なので、忘れないようにしてください。

 

ただし「年収600万円での住宅ローン利用」の関する疑問・不安を払拭するために必要な知識は、この限りではありません。

 

実際に「年収600万円が安心して借りることのできるベストな借入金額」についてはまだわからないでしょう。

 

そこで次は「年収600万円が住宅ローンを利用する理想の借入金額」について紹介していきます。

 

年収600万円が住宅ローンを利用する理想の借入金額

年収600万円が住宅ローンを利用する理想の借入金額
この章では「年収600万円が住宅ローンを利用する理想の借入金額」について解説していきましょう。

 

「年収600万円での住宅ローン利用」を理解するうえでは非常に重要な知識なので、しっかりとおさえておいてください。

 

各銀行によって「返済比率」が年間給与の25~35%と規定されていると前章で解説しました。

 

しかし返済比率は金融機関によってバラバラであり、返済比率が年収の40%の銀行もあります。

 

つまり返済比率は原則的に、銀行が住宅ローンを融資する際の目安です。

 

家を買う側からすると返済比率が高いほど、借りることができる住宅ローンの金額が増えます。

 

しかし借りれる住宅ローンの金額が多くなるということは、それだけ毎月の返済額が増大するということです。

 

では家を買うときの理想の住宅金額は、いかにして算出すればいいのでしょうか?

 

家を買うときばかりでなく賃貸の家賃も、給料の30%以下が安全で理想だといえます。

 

つまり年収が600万円の人の返済比率が給料の35%であっても、借りれる最大額の借金を組むのは危険なのです。

 

年収が600万円の人の返済比率を30%だと規定すると、600万円×30%=180万円が12か月間での返済額です。

 

つまり毎月返済額は、約15万円ということを意味します。

 

前章と同じ条件で計算すると、望ましい住宅金額は3,387万円になります。

 

ちなみに約3,400万円でどれくらいの家が買えるのか気になるのではないでしょうか。

 

新築の家にかかる予算については、当サイトの過去記事である「 4LDKの新築住宅の費用は約3,400万円!気になる内訳を完全ガイド」にて詳しく解説しておりますので、気になる方はチェックしてみてください。

 

さらに詳しく解説した記事になっているのでここまで解説してきた内容が、より一層理解できることでしょう。

 

子供がいる場合は借入金額が変わる

子供がいるとどうしても子供部屋を想定するので、住宅の購入額が高くなりがちです。

 

家賃も住宅の毎月の返済額も、給料の30%以下が理想的というのが住宅選びの有名な言葉です。

 

年収が600万円の人の返済比率は給料の35%なので、約4,000万円の住宅を購入しても問題ありません。

 

しかし毎月の返済額が、今の家賃以上の住まいを購入するのは危険です。

 

子供がいれば子供の将来のために学資費用を貯金したり、家族で食事や旅行に行ったりするゆとりがないと後で後悔します。

 

そう考えるとやはり負担がない返済する金額は、月収の30%以下にすべきです。

 

仮に返済比率を30%で見たてると600万円×30%=180万円が年間の返済額です。

 

そして年間180万円の返済額だと、マイホーム購入額は先述した数値と同じ3,387万円になります。

 

ここまでは、「年収600万円が住宅ローンを利用する理想の借入金額」をお伝えしました。

 

年収600万円が住宅ローンを利用するとき、「理想の金額」になると額面が変わると、理解していただけたと思います。

 

紹介した理想の借入金額は「年収600万円での住宅ローン利用」において必要な知識なので、忘れないようにしてください。

 

ただし「年収600万円での住宅ローン利用」の関する疑問・不安を払拭するために必要な知識は、この限りではありません。

 

実際に「年収600万円の無理のない住宅ローン返済年数と返済金額」については、まだわからないでしょう。

 

そこで次は「年収600万円の無理のない住宅ローン返済年数と返済金額」について紹介していきます。

 

年収600万円の無理のない住宅ローン返済年数と返済金額

年収600万円の無理のない住宅ローン返済年数と返済金額
この章では「年収600万円の無理のない住宅ローン返済年数と返済金額」について解説していきましょう。

 

「年収600万円での住宅ローン利用」を理解するうえでは非常に重要な知識なので、しっかりとおさえておいてください。

 

年収600万円の人の無理のない返済年数および返済金額ですが、頭金を十分にストックできるならかなり変わってきます。

 

また親から住宅購入の援助をして貰えるのならば、返済年数を短くしても毎月の返済額はそれほど増えません。

 

しかし十分な頭金がなく、もし年収600万円で借入れできる最大限度の住宅ローンを利用するのであれば、話は別です。

 

返済年数を最長の35年にして、毎月の返済する金額を少しでも減らすほうが無難です。

 

今の時代は昔のような一生その会社で仕事する「終身雇用」や、年齢で給料が確実にアップする「年功序列」は当てにできません。

 

またどんな人でも会社の都合で、いつクビ切りに遭うかも分からないので返済額はカットした方がいいのです。

 

ただなかには頭金も十分ではないけど小さな子がいるので、広めの住宅を購入したいと望まれている人もいるかもしれません。

 

広めの住宅は高くなるので、返済年数を35年にセッティングしないと、満足いく不動産を購入できないでしょう。

 

しかし年収600万円で借りれる最大額の借金を組むと、今度は後の支払いが心配です。破綻を招きます。

 

フラット35なら長期返済期間でも安心

なんとか最大限まで借りたい人にいち押しなのが、民間金融機関と住宅金融支援機構がタイアップしたフラット35です。

 

フラット35は、最長35年の長期に亘って金利が固定された住宅ローンです。

 

金利が固定なので将来もしクビ切りに遭っても、次の仕事が見つかるまでは、失業保険でどうにかやりくりできます。

 

もし年俸600万円の人が30%に設定した返済比率で目算すると、どうなるでしょう。

 

600(万円)×30%(返済比率)=180(万円)が年間の返済する金額です。

 

毎月の返済額は15万円になり、金利を3%と捉えて元利均等で返済年数を35年にすると3,897万円利用可能です。

 

もし毎月の返済額は10万円にセーブしたいのであれば、同じ条件で2,598万円の住宅ローンを利用することができますよ。

 

ちなみにフラット35については、当サイトの過去記事である「フラット35でお馴染み!モーゲージ方式の住宅ローンを徹底解説」にて詳しく解説しておりますので、気になる方はチェックしてみてください。

 

さらに詳しく解説した記事になっているのでここまで解説してきた内容が、より一層理解できることでしょう。

 

ここまでは、「年収600万円の無理のない住宅ローン返済年数と返済金額」をお伝えしました。

 

年収600万円が無理なく住宅ローンを返済するには、どんな返済年数と返済金額にすればいいか、理解できたと思います。

 

紹介した返済年数と返済金額は「年収600万円での住宅ローン利用」において必要な知識なので、お忘れなく。

 

ただし「年収600万円での住宅ローン利用」の関する疑問・不安を払拭するために必要な知識は、この限りではありません。

 

実際に「年収600万で住宅ローンを利用する時に注意すべきポイント」についてはまだわからないでしょう。

 

そこで次は「年収600万で住宅ローンを利用する時の10つの注意点」について紹介していきます。

 

年収600万で住宅ローンを利用する時の10つの注意点

年収600万で住宅ローンを利用する時の10つの注意点
この章では「年収600万で住宅ローンを利用する時の10つの注意点」について解説していきましょう。

 

「年収600万円での住宅ローン利用」を理解するうえでは非常に重要な知識なので、しっかりとおさえておいてください。

 

ここでお伝えしたいことを先に伝えておくと、以下の通りになります。

年収600万で住宅ローンを利用する時の10つの注意点

  1. 年収を基準に考えて融資金額を決めてはいけない
  2. 限度額まで住宅ローンを借りていけない
  3. 諸経費の存在も忘れない
  4. 自己資金も必ず準備する
  5. 資金繰りを考えた頭金を用意する
  6. 住宅ローンは居住費として考える
  7. 家賃を基準にして考えるのがベター
  8. ボーナスは繰り上げ返済に使う
  9. 金利を適当に選んではダメ
  10. 未来をイメージした住宅ローン利用を心がける

 

年収を基準に考えて融資金額を決めてはいけない

住宅ローンの金額を、あなたの年収からどれくらい借りることが可能なのかを思慮することはよくあります。

 

しかし年収から考えることは、銀行から受ける事が可能な融資の上限を調べるときだけにした方がいいでしょう。

 

年収から計算して出てくる住宅ローンは利用可能な金額ですが、今後無理なく返すことができる金額ではありません。

 

限度額まで住宅ローンを借りていけない

限度額とは年収から算出された融資を可能な上限であって、絶対にそれだけ借りるべきと規定されてはいません。

 

限度額とは、銀行が融資をすることを可能にするお金です。

 

もしそれだけ借りたとして返済ができ、日々を過ごしていくことが可能な金額とは限りません。

 

住宅ローンを借りても返済ができ、更に生活に無理が出ない金額を借りることがベストです。

 

諸経費の存在も忘れない

住宅購入を検討の際には、2つのお金のことを考えなければいけません。

 

ひとつは自己資金、もうひとつが毎月支払うことになる住宅ローンの支払い額です。

 

自己資金とは、「頭金」と「諸経費」を示します。

 

自己資金は自分の手元から支払う資金ですので、もちろん手元に資金がないと代金を払うことはできません。

 

諸経費は契約手数料などですので、必ず用意する必要があります。

 

ちなみに頭金については、当サイトの過去記事である「家購入における頭金の全知識!2つのメリットから用意する方法まで」にて詳しく解説しておりますので、気になる方はチェックしてみてください。

 

さらに詳しく解説した記事になっているのでここまで解説してきた内容が、より一層理解できることでしょう。

 

自己資金も必ず準備する

自己資金はどれだけ準備すれば最も良いのかですが、まず頭金は住宅購入価格の2割および1割です。

 

頭金が無ければ、住宅ローンを組むことが不可能ということは一切ありません。

 

しかし、住宅ローンの契約するタイミングになると、手数料などのいわゆる「諸費用」が必要になります。

 

諸費用は仲介手数料、登記コスト、住宅ローン融資費用などで、さらに借入額が増大するとそれに伴い諸費用は増えていきます。

 

諸費用と頭金を合わせて、住宅購入コストの約3割を準備するようにしましょう。

 

資金繰りを考えた頭金を用意する

年収600万円で頭金なしで融資を利用することができる可能性は高いです。

 

金額で言えば3,000万円程度までなら、ローンを利用することが可能な場合があります。

 

しかし、頭金は多く払うのは、銀行の住宅ローン審査対処法にもなるでしょう。

 

そして頭金を採用することで返済までのスパンを手短にすることもでき、返済による負担をカットすることができますよ。

 

ただし、頭金を入れすぎて手元資金がゼロになれば、実生活がままならなくなります。

 

そうなってしまえば住宅ローンどころではありません。万が一に備えて頭金は無茶をせず入れます。

 

住宅ローンは居住費として考える

住宅ローンを考える際に、居住費として毎月いくら位までなら支出可能かということをイメージすることです。

 

住宅ローンを借りてマイホームを手に入れるのは、それ以外に管理費や固定資産税も払い込む必要が出てくるということです。

 

そのため、出費を考慮して「居住費」が毎月何円までなら絶対・確実に支払いが可能なのかを計算してください。

 

きちんと計画すれば、無理を感じさせない返済計画を立てることができます。

 

ちなみに固定資産税については、当サイトの過去記事である「固定資産税を滞納している不動産は売却できる?固定資産税の基礎知識を解説」にて詳しく解説しておりますので、気になる方はチェックしてみてください。

 

さらに詳しく解説した記事になっているのでここまで解説してきた内容が、より一層理解できることでしょう。

 

家賃を基準にして考えるのがベター

限度額と返済を続けていける額は差が出てくるものです。

 

住宅ローンは長期間になることが大半なので、毎月支払いをして無理なく食べて行ける額に設定する必要があります。

 

ローンを考える上で、借入額のみを想定するのではなく、月々の支払いの額をベースに考えましょう。

 

基準としては現在の家賃を基準とするメソッドが、支払いイメージを立てやすいです。

 

家賃は現在生活をしていながら、払い出しをしている居住費ということになります。

 

そのため、住宅ローンを借りたとしても家賃と一緒の額であれば、生活をしていけるベースとなるでしょう。

 

ボーナスは繰り上げ返済に使う

ボーナス時の返済で、返済できる費用が変わることもあります。

 

しかしボーナスとは固定の収入では無くて、臨時収入として考えておくほうが良いです。

 

そのためボーナスは支払い計画にプラスするのではなく、貯蓄などに回してください。

 

支払いができる余裕があるタイミングに、繰り上げ返済などに使うほうが無難です。

 

金利を適当に選んではダメ

住宅ローンを選ぶ上での大切な着眼点の1つが金利です。金利とは借りたお金を対象にした利子のことです。

 

住宅ローンを借りた場合も、当たり前ですが金利はかかってきます。

 

そして、住宅ローンの金利には、一般的に3つの種類の種類が存在します。

 

それぞれにメリットおよびデメリットが存在しますので、それらを考慮して金利を選ぶことを意識しましょう。

 

金利には、固定金利型と変動金利型があり、変動金利型には固定金利期間選択タイプと変動金利タイプがあります。

 

フラット35などの固定金利タイプは言うまでもなく金利は完済まで固定ですので、返済プランが立てやすいです。

 

変動金利型・固定金利期間選択タイプは、返済途中に金利が金融情勢により異なってきます。

 

そのため金利が減ることも想定されますが、金利が増え返済額が増えるといったマイナスポイントも存在します。

 

未来をイメージした住宅ローン利用を心がける

マイホーム購入までには様々な難点があり、ひとつずつ解決していかなければいけません。

 

手間がかかることが多く、もっと言うなら多くのお金と時間を使います。

 

だからこそ、マイホームを購入するのか、何のために購入するのかをイメージしてください。

 

購入し将来どんな生活をしたいのか等、具体的なイメージなどがあるのではないでしょうか。

 

まずは描いたイメージを脳裏に刻み込むことが大切です。

 

ちなみに住宅ローンの総合的な知識については、当サイトの過去記事である「これを見ればすべてわかる!住宅ローンの流れを6ステップで完全ガイド」にて詳しく解説しておりますので、気になる方はチェックしてみてください。

 

さらに詳しく解説した記事になっているのでここまで解説してきた内容が、より一層理解できることでしょう。

 

ここまでは、「年収600万で住宅ローンを利用する時の10つの注意点」をお伝えしました。

 

年収600万で住宅ローンを利用する時、何に注意すればいいのか、理解していただけたと思います。

 

紹介した10つの注意点は「年収600万円での住宅ローン利用」において必要な知識なので、忘れないようにしてください。

【新規の方】あなたの条件に合う住宅ローンをマッチング!最大6社に一気に仮審査依頼できる

最大6社を比較して、金利・諸費用・保障内容・総支払額から最適な住宅ローンを一括審査

住宅本舗

https://www.jutapon.com/


【借り換えの方】あなたの環境に合った最適なローンをプロが教えてくれる

住宅ローンのプロが借り換えでどんなメリットがあるのかを無料相談できる!
【今だけ限定】住宅ローンの見直しで現金5万円がもらえる!

モバチェック・プラザ

https://mogecheck.jp/

 

まとめ

以上、「年収600万円での住宅ローン利用」をテーマとして、様々な知識を解説してきましたが、いかがだったでしょうか?

 

紹介してきた知識は、「年収600万円での住宅ローン利用」において必要な知識なので、かならず吸収しておくようにしてください。

 

逆をいえば上記の知識さえ押さえておけば、「年収600万円での住宅ローン利用」に関する知識は、すべて網羅できているといえるでしょう。

 

今後、年収600万円での住宅ローン利用に挑戦する機会があるなら、今回紹介した知識をぜひ参考にしてください。

関連ページ

初心者なら絶対に知っておくべき「住宅ローンの仕組み」を徹底解説
住宅ローンの必要書類全81つの入手から再発行方法【チェックリスト付】
初心者必見!「住宅ローン相談」に行くまえに知っておくべき全知識
おトクに住宅ローンを借りたい人必見!金利や諸費用が安くなる方法を徹底解説
いくら用意すべきか丸わかり!住宅ローンを組む時にかかる費用を徹底解説
一日の流れから司法書士の見つけ方まで!住宅ローン「融資実行日」の全知識
お得に住宅ローンを組みたい人必見!プロがオススメするネット銀行4選
プロが教える!債務整理後に住宅ローンを組む4つのテクニック
30年の住宅ローンを組むとリスク減!安心して返済するための全知識
不動産のプロが教える!40年以上の住宅ローンを使いこなす4つの必須知識
転勤者は必見!引越し時における住宅ローンの取り扱い方を完全解説
完済が70歳以上になる住宅ローンを使いこなす4つの必須知識
退職後も安心!80歳まで組める住宅ローンを使いこなすための全知識
住宅ローンの返済期間を最長にするなら絶対に知っておくべき4つの必須知識
住宅ローンを延長したい人は必見!延長の方法や簡単に延長できる銀行を解説
住宅ローン「連帯債務者」5つの必須知識を大解剖!利点・欠点や注意点まで完全ガイド
離婚協議中の人は必見!財産分与時の住宅ローンの扱い方をシンプルに解説
住宅ローンの頭金を5つの要素で大解剖!メリットから用意する方法まで解説
不動産のプロが教える!住宅ローン選びで抑える5つのポイント
FP(ファイナンシャルプランナー)に住宅ローン相談するための全知識
この銀行なら間違いない!元・不動産業者が選ぶおすすめ住宅ローン6選
これさえ選べば間違いなし!プロが選ぶおすすめ住宅ローンランキング
どうすれば限度額をUPできる?!住宅ローン「限度額」の全知識
お得な銀行が知りたい人は必見!「優遇制度」がスゴイ住宅ローン6選
あなたはいくらまで借りられる?住宅ローンの借り入れ金額を徹底解説
初心者必見!住宅ローンの適正な借り入れ金額を判断する3つの方法
住宅ローンを借り換える人は必見!借り換えと年末調整の関係を徹底解説
低い金利にしたい人必見!同じ銀行で住宅ローン借り換えできるか徹底検証
これを読めば全てがわかる!最新の住宅ローン「金利」の全知識
基礎知識から注意点まで!住宅ローン「固定金利」の全知識
将来の金利はどうなる?!1月の住宅ローン金利動向を徹底解説
今後の金利はどうなる?不動産のプロが住宅ローン金利の予想方法を解説
間違った使い方をしてるかも?!住宅ローン早見表を活かすための全知識
永住権なしでも大丈夫!?外国人が住宅ローンを組むための全知識
住宅ローン滞納を続けるとどうなる?今日からできる対策も解説
老後破たんをしたくないなら!退職後の住宅ローン返済を延滞させない3つの対策
完済のコツや延滞の対処法を徹底解説!住宅ローン「返済」の全知識
毎月の住宅ローンの返済が辛い人必見!プロが選んだ対処方法5選
諦めるのはまだ早い!無職から住宅ローンを組むための方法を徹底解説
住宅ローンが残っている不動産を売却するために知っておくべき全知識
住宅ローン返済中に家を売却したい人必見!残債がある家の売り方を徹底解説
最悪の事態を避けるなら今すぐ動こう!払えない住宅ローン対策4選
マイホームを諦めたくない人必見!自己破産後に住宅ローンを組む2ステップ
住宅ローンの返済が残っている家をうまく売るための4つの必須知識
基礎知識から解決法までシンプルに解説!住宅ローン「オーバーローン」の全知識
住宅ローンを払いきれない人は必見!「任意売却」の全知識
最悪の事態になる前に!住宅ローン返済が苦しい人におすすめの対策方法3選
審査基準から甘い銀行まで解説!住宅ローン「事前審査」完全ガイド
転職後の住宅ローン突破は厳しい!それでも合格するための3つの知識
住宅ローン審査突破のための「クレジットカード」5つの正しい使い方
普通の住宅ローンとは何が違う?「担保なし住宅ローン」を徹底解説
ブラックリストに載った後でも住宅ローンを組む方法を徹底解説
借り換え住宅ローンの全知識!独自の審査基準から通る方法まで解説
連帯債務を設定した住宅ローンを借り換えするための6つの必須知識
月7万円の返済で大丈夫?!月収20万円台の人が知るべき住宅ローン全知識
住宅ローンで2,000万円借りたい人必見!月々の返済額から審査のコツまで解説
住宅ローン審査で3,000万円の融資額を獲得する7つのテクニック
どれくらいの年収が必要?住宅ローンで4,000万円借りるための全知識
いくらの年収が必要?住宅ローンで4,500万円借りるコツを徹底解説
年収の6倍までが上限値!住宅ローンと年収の関係性を5つの視点で解説
元・不動産業者がこっそり教える!審査が甘い住宅ローン3つの特徴
審査が通りやすい住宅ローンって本当?「プロパーローン」の全知識
本当は教えたくない!アルバイトが住宅ローン審査を通過できる方法
住宅ローンが落ちたらどうする?原因別の対策方法を徹底解説
心配しなくても大丈夫!うつ病患者が住宅ローンを組むための3つの方法
基礎知識から計算方法まで徹底解説!住宅ローン「担保評価」の全知識
融資金額を増やしたいなら!住宅ローンを増額させる6つの方法
再発行方法も!住宅ローン控除に必要な「残高証明書」を完全ガイド
本当は教えたくなかった任意整理後でも住宅ローンを組む3つの方法
住宅ローンを遅延し続けるとどうなる?最悪の事態から回避する方法を解説
住宅ローンを利用するなら必要不可欠?!弁護士を雇うべきケースを徹底解説
住宅ローン相続を回避する4つの方法を大公開!誰でもできる方法も解説
3大疾病保障付き住宅ローンを大解剖!基礎知識から生命保険との関係性まで解説
解約すべきって本当?!住宅ローンと生命保険の関係性を徹底解説
お得にガン保障を付けたい人必見!ガン対応団信が無料で付く住宅ローン2選
連帯保証人の支払い義務も解説!離婚時の住宅ローン処理のための全知識
別居中の住宅ローン利用者は必見! 将来を見据えた対策方法をケース別に解説
セカンドハウスや住み替えに使える!2件目の住宅ローンを組む2つの方法
住宅ローンで別荘が買える?!「セカンドハウスローン」の全知識
土地だけで住宅ローンを組むなら!絶対に知っておくべき全知識
住宅ローンで賃貸併用住宅は建築可能!初心者が失敗しないための全知識
どちらも併用できる?住宅ローン控除とふるさと納税の関係性を徹底解説
計算式や審査への影響まで解説!住宅ローン「返済比率」を完全ガイド
誰でも使えるって本当?!「農協」の住宅ローンを徹底解説
フラット35でお馴染み!モーゲージ方式の住宅ローンを徹底解説
住宅ローン控除を利用する人は必見!住宅ローンと「年末調整」の関係性を解説
初心者必見!中古住宅で住宅ローン減税を受ける方法を徹底解説
個人事業主が住宅ローン審査を通過するための5つの必須知識
投資用物件を住宅ローンで買いたい人が絶対に知っておくべき必須知識
審査に通りやすいって本当?!ノンバンクの住宅ローンを徹底解説
外国人に優しい銀行はどこ?外国人のための住宅ローン攻略ガイド
ARUHIは信用できる住宅ローン専門会社!8つの特徴や詳細を完全ガイド
金利からメリット・デメリットまで徹底解説!「楽天銀行」住宅ローンの全知識
特徴や金利が全てわかる!「三菱東京UFJ銀行」住宅ローンの全知識
特徴から金利まで完全解説!「りそな銀行」住宅ローンの徹底ガイド
これから審査をする人は必見!初心者向け住宅ローンQ&A
審査に影響する?住宅ローンとマイカーローンの関係性を徹底解説