住宅ローン 30年

最終更新日:2018年2月25日

「30年の全期間固定金利住宅ローン」を完全ガイド

「30年の全期間固定金利住宅ローン」を完全ガイド
「30年の全期間固定金利住宅ローン」といえば、知識がない人にとっては非常に厄介で、心配な面も多い商品となります。

 

だからこそ「30年の全期間固定金利住宅ローン」について、今だに納得いく回答を得られぬまま、調べている人は多いです。

 

具体的には「30年の全期間固定金利住宅ローン」に関して、下記に示すような不安や疑問を解決すべく情報収集しています。

 

あなたも以下に示す内容と、同じような疑問や不安をもっていませんか?

・30年の全期間固定金利住宅ローンを採用するメリットは何?
・やっぱり30年の全期間固定金利住宅ローンを採用するのは欠点もあるの?
・30年の全期間固定金利住宅ローンを採用すべきか決めるためのポイントを教えて!

上記のような疑問や不安を持っているのに解決しないまま、「30年の全期間固定金利住宅ローン」を利用してはいけません。

 

30年の全期間固定金利住宅ローンに関する知識が足りていないので、このままではあなたが望む結果にならないでしょう。

 

せっかく30年の全期間固定住宅ローンを利用するのであれば、自分が満足いく条件での借入になってほしいですよね?

 

そこで今回の記事では「30年の全期間固定金利住宅ローン」に関する疑問・不安について、元・不動産業者である筆者が回答していきます。

 

この記事を読めば、あなたが知っておくべき「30年の全期間固定金利住宅ローン」に関する知識は、すべて網羅できるとお約束します。

 

読み終えた時には、

  • 「30年の全期間固定金利住宅ローンを採用するメリット」
  • 「30年の全期間固定金利住宅ローンを採用するデメリット」
  • 「30年の全期間固定金利住宅ローンを採用すべきか決める3つのポイント」

についてしっかりと理解できていることでしょう。ぜひ最後までご覧ください。

【新規の方】あなたの条件に合う住宅ローンをマッチング!最大6社に一気に仮審査依頼できる

最大6社を比較して、金利・諸費用・保障内容・総支払額から最適な住宅ローンを一括審査

住宅本舗

https://www.jutapon.com/


【借り換えの方】あなたの環境に合った最適なローンをプロが教えてくれる

住宅ローンのプロが借り換えでどんなメリットがあるのかを無料相談できる!
【今だけ限定】住宅ローンの見直しで現金5万円がもらえる!

モバチェック・プラザ

https://mogecheck.jp/

 

30年の全期間固定金利住宅ローンを採用するメリット

30年の全期間固定金利住宅ローンを採用するメリット
まず紹介するのは「30年の全期間固定金利住宅ローンを採用するメリット」です。

 

「30年の全期間固定金利住宅ローン」を理解するうえでは非常に重要な知識なので、しっかりとおさえておきましょう。

 

フラット35の借入期間は、最短で15年間、一番長くて35年間となっています。

 

そのため、必ずしも返済期間が35年に決まっているわけではありません。

 

全期間固定金利の住宅ローンは、フレキシブルな年数が設定でき、安定したローンの返済を求める方向けと言えます。

 

ここでお伝えしたいことを先に伝えておくと、以下の通りになります。

30年の全期間固定金利住宅ローンを採用するメリット

  1. 完済するまで金利上昇リスクを気にしなくて済む
  2. 最終的な返済金額が確定するので返済計画が組みやすい

ちなみにフラット35の商品詳細については、当サイトの過去記事である「フラット35でお馴染み!モーゲージ方式の住宅ローンを徹底解説」にて詳しく解説しておりますので、気になる方はチェックしてみてください。

 

さらに詳しく解説した記事になっているのでここまで解説してきた内容が、より一層理解できることでしょう。

 

完済するまで金利上昇リスクを気にしなくて済む

全期間固定金利住宅ローンの1つ目の評価できるポイントを挙げましょう。

 

「完済するまで、返済金額が膨れ上がるリスクがない」ことが該当します。

 

完済まで金利が変わらないということは、「無駄なく元金が減っていく」ことと等しいです

 

また「元利均等返済」または「元金均等返済」のいずれかの返済方法を選んだとしても大丈夫です。

 

具体的には毎月支払いする金額がアップする危険性がないため、気持ちやお金にゆとりを持つことができます。

 

さらに、金融機関等に支払う利息も無駄なく少しずつ減っていく効果もあります。

 

最終的な返済金額が確定するので返済計画が組みやすい

全期間固定金利住宅ローンの2つ目のアドバンテージを挙げましょう。

 

「総返済金額が確定するため、人生設計の設計が立てやすい」ことが該当します。

 

なお、総返済金額とは、完済までに返す元金と支払利息の総額のことを言います。

 

全期間固定金利の住宅ローンは、ほんの少し特殊です。

 

借入金額や金利、返済期間、返済方法とでもいうべき「借入条件」が決まることで、全額返済までの総返済金額が確定します。

 

そのため、将来のライフプランの設計や借金返済計画が立てやすいメリットが得られます。

 

ちなみに住宅ローンの総合的な知識については、当サイトの過去記事である「これを見ればすべてわかる!住宅ローンの流れを6ステップで完全ガイド」にて詳しく解説しておりますので、気になる方はチェックしてみてください。

 

さらに詳しく解説した記事になっているのでここまで解説してきた内容が、より一層理解できることでしょう。

 

ここまでは、「30年の全期間固定金利住宅ローンを採用するメリット」をお伝えしました。

 

30年の全期間固定金利住宅ローンを採用するとどんなアドバンテージがあるのか、理解していただけたと思います。

 

紹介してきたメリットは「30年の全期間固定金利住宅ローン」において必要な知識なので、忘れないようにしてください。

 

ただし「30年の全期間固定金利住宅ローン」の関する疑問・不安を払拭するために必要な知識は、この限りではありません。

 

実際に「30年の全期間固定金利住宅ローンにはデメリットも存在すること」は、知らなかったのではないでしょうか。

 

そこで次は「30年の全期間固定金利住宅ローンを採用するデメリット」について紹介していきます。

 

30年の全期間固定金利住宅ローンを採用するデメリット

30年の全期間固定金利住宅ローンを採用するデメリット
この章では「30年の全期間固定金利住宅ローンを採用するデメリット」について解説していきましょう。

 

「30年の全期間固定金利住宅ローン」を理解するうえでは非常に重要な知識なので、しっかりとおさえておいてください。

 

次に、全期間固定金利のウイークポイントにも触れておきます。

 

全期間固定金利住宅ローンのウイークポイントは、「金利の高さ」です。

 

変動金利や期間選択型固定金利など、他の金利と対比すると金利が最も高いことが挙げられます。

 

そのため、仮に完済までの長きにわたり金利の上昇がなかったとした場合は大変です。

 

元金と支払利息を合わせた総返済金額が、間違いなく高くなってしまいます。

 

ただ、金利の動向はかなり予測がシビアなため、じっくりと考えるポイントであるといえるでしょう。

 

今後の金利動向については、当サイトの過去記事である「今後の金利はどうなる?不動産のプロが住宅ローン金利の予想方法を解説」にて詳しく解説しておりますので、気になる方はチェックしてみてください。

 

さらに詳しく解説した記事になっているのでここまで解説してきた内容が、より一層理解できることでしょう。

 

ここまでは、「30年の全期間固定金利住宅ローンを採用するデメリット」をお伝えしました。

 

30年の全期間固定金利住宅ローンを採用すると、どんな欠点が出てくるのか、理解していただけたと思います。

 

紹介したデメリットは「30年の全期間固定金利住宅ローン」において必要な知識なので、忘れないようにしてください。

 

ただし「30年の全期間固定金利住宅ローン」の関する疑問・不安を払拭するために必要な知識は、この限りではありません。

 

実際に「あなたが30年の全期間固定金利住宅ローンを採用すべきかどうか」は、まだわからないでしょう。

 

そこで次は「30年の全期間固定金利住宅ローンを採用すべきか決める3つのポイント」について紹介していきます。

 

30年の全期間固定金利住宅ローンを採用すべきか決める3つのポイント

30年の全期間固定金利住宅ローンを採用すべきか決める3つのポイント
この章では「30年の全期間固定金利住宅ローンを採用すべきか決める3つのポイント」について解説していきましょう。

 

「30年の全期間固定金利住宅ローン」を理解するうえでは非常に重要な知識なので、しっかりとおさえておいてください。

 

ここでお伝えしたいことを先に伝えておくと、以下の通りになります。

30年の全期間固定金利住宅ローンを採用すべきか決める3つのポイント

  1. 返済期間を伸ばすことは基本的にできないとキモに命じる
  2. 後々の「リスケジュール」を意識しておく
  3. 返済期間を短くしたいなら「繰り上げ返済」がベスト

 

返済期間を伸ばすことは基本的にできないとキモに命じる

住宅ローンをできるだけ早く返済したいと考えるのは、住宅ローンを組んでいる万人に共通する想いです。

 

しかし、その想いと返済期間を短くセッティングすることとは、また別の問題に見たてる必要があります。

 

借り入れ期間が短くなるというという意味は、その分毎月の支払金額が大きくなり、重圧になることです。

 

通常、住宅ローンの返済期間は、コンパクトにすることはできますが、延ばすことはほとんど不可能です。

 

そのため、不測の事態に備えた対処法として、「返済期間は長めに設定することが必要」と考えられます。

 

後々の「リスケジュール」を意識しておく

当初設定した住宅ローンの返済期間は、以下で取り上げる「繰上げ返済」を利用することで小さくすることはできます。

 

しかし、返済期間を延ばすことは実質的に出来ないでしょう。

 

ただし、フラット35では以下のような理由が存在するならば、返済方法を変更することが可能な場合もあります。

 

経済事情や病気等で収入が減少し、支払いが大変になった場合なら返済期間を延長できるでしょう。

 

またしばらくの間、返済額をカットして返済したい場合や、ボーナス返済が負荷になっている場合も変更可能です。

 

なお、住宅ローンの返済条件が切り替えられることを「リスケジュール」と言います。

 

リスケジュールを適用した場合「返済するための確約がしっかりと守られなかった」と判断されてマイナスポイントになります。

 

通常、リスケジュールを行うことを通じて、他のローンを組むことができなくなる可能性が非常に高くなるのです。

 

そのため、慎重に判断し判断することは言うまでもありません。

 

しかし厳しいと少しでも感じたケースでは、早めに専門家であるファイナンシャルプランナーへ相談するべきでしょう。

 

最初から、銀行へ相談に足を運ぶことは、できる限り避けることを強くオススメ致します。

 

住宅ローンの相談については、当サイトの過去記事である「初心者必見!「住宅ローン相談」に行くまえに知っておくべき全知識」にて詳しく解説しておりますので、気になる方はチェックしてみてください。

 

さらに詳しく解説した記事になっているのでここまで解説してきた内容が、より一層理解できることでしょう。

 

返済期間を短くしたいなら「繰り上げ返済」がベスト

仮に最長35年の住宅ローンを組んだケースであっても、住宅ローンを一刻も早く返済する方法はあります。

 

具体的な対策方法として、「繰上げ返済」にトライすることで返済期間を縮めることがカンタンに可能となります。

 

フラット35の場合、繰上げ返済で発生する手数料は無料です。

 

ただし、「100万円からでなければ繰上げ返済に手を付けることができない」といった独特の要件があります。

 

この繰上げ返済を行うことで、「返済スパンを縮める」または「返済金額を少なくする」ことが実現可能です。

 

その時々の希望に沿った効果を得ることが可能になるため、非常に捗ります。

 

具体的には住宅ローンの融資を受ける際の返済スパンを無理に縮めて設定する事が不必要になるでしょう。

 

繰り上げ返済を上手に活用すれば、ゆとりができたときに一気に返済することもできます。

 

そのため、まずは長く借りて、当たり障りなく返せるときに繰上げ返済をする方法もあります。

 

ちなみに固定金利について再度学習したい人は、当サイトの過去記事である「基礎知識から注意点まで!住宅ローン「固定金利」の全知識」にて詳しく解説しておりますので、気になる方はチェックしてみてください。

 

さらに詳しく解説した記事になっているのでここまで解説してきた内容が、より一層理解できることでしょう。

 

ここまでは、「30年の全期間固定金利住宅ローンを採用すべきか決める3つのポイント」をお伝えしました。

 

30年の全期間固定金利住宅ローンを採用すべきか決めるための着眼点について、理解していただけたと思います。

 

紹介した決めるためのポイントは「30年の全期間住宅ローン」において必要な知識なので、忘れないようにしましょう。

【新規の方】あなたの条件に合う住宅ローンをマッチング!最大6社に一気に仮審査依頼できる

最大6社を比較して、金利・諸費用・保障内容・総支払額から最適な住宅ローンを一括審査

住宅本舗

https://www.jutapon.com/


【借り換えの方】あなたの環境に合った最適なローンをプロが教えてくれる

住宅ローンのプロが借り換えでどんなメリットがあるのかを無料相談できる!
【今だけ限定】住宅ローンの見直しで現金5万円がもらえる!

モバチェック・プラザ

https://mogecheck.jp/

 

まとめ

以上、「30年の全期間固定金利住宅ローン」をテーマとして、様々な知識を解説してきましたが、いかがだったでしょうか?

 

紹介した知識は、「30年の全期間固定金利住宅ローン」において必須知識なので、必ず吸収しておくようにしてください。

 

逆をいえば上記の知識さえ押さえておけば、「30年の全期間固定金利住宅ローン」に関する知識は、すべて網羅できているといえるでしょう。

 

今後、30年の全期間固定金利住宅ローンを利用する機会があるなら、今回紹介した知識をぜひ参考にしてください。

関連ページ

初心者なら絶対に知っておくべき「住宅ローンの仕組み」を徹底解説
住宅ローンの必要書類全81つの入手から再発行方法【チェックリスト付】
初心者必見!「住宅ローン相談」に行くまえに知っておくべき全知識
おトクに住宅ローンを借りたい人必見!金利や諸費用が安くなる方法を徹底解説
いくら用意すべきか丸わかり!住宅ローンを組む時にかかる費用を徹底解説
一日の流れから司法書士の見つけ方まで!住宅ローン「融資実行日」の全知識
お得に住宅ローンを組みたい人必見!プロがオススメするネット銀行4選
プロが教える!債務整理後に住宅ローンを組む4つのテクニック
不動産のプロが教える!40年以上の住宅ローンを使いこなす4つの必須知識
転勤者は必見!引越し時における住宅ローンの取り扱い方を完全解説
完済が70歳以上になる住宅ローンを使いこなす4つの必須知識
退職後も安心!80歳まで組める住宅ローンを使いこなすための全知識
住宅ローンの返済期間を最長にするなら絶対に知っておくべき4つの必須知識
住宅ローンを延長したい人は必見!延長の方法や簡単に延長できる銀行を解説
住宅ローン「連帯債務者」5つの必須知識を大解剖!利点・欠点や注意点まで完全ガイド
離婚協議中の人は必見!財産分与時の住宅ローンの扱い方をシンプルに解説
住宅ローンの頭金を5つの要素で大解剖!メリットから用意する方法まで解説
不動産のプロが教える!住宅ローン選びで抑える5つのポイント
FP(ファイナンシャルプランナー)に住宅ローン相談するための全知識
この銀行なら間違いない!元・不動産業者が選ぶおすすめ住宅ローン6選
これさえ選べば間違いなし!プロが選ぶおすすめ住宅ローンランキング
どうすれば限度額をUPできる?!住宅ローン「限度額」の全知識
お得な銀行が知りたい人は必見!「優遇制度」がスゴイ住宅ローン6選
あなたはいくらまで借りられる?住宅ローンの借り入れ金額を徹底解説
初心者必見!住宅ローンの適正な借り入れ金額を判断する3つの方法
住宅ローンを借り換える人は必見!借り換えと年末調整の関係を徹底解説
低い金利にしたい人必見!同じ銀行で住宅ローン借り換えできるか徹底検証
これを読めば全てがわかる!最新の住宅ローン「金利」の全知識
基礎知識から注意点まで!住宅ローン「固定金利」の全知識
将来の金利はどうなる?!1月の住宅ローン金利動向を徹底解説
今後の金利はどうなる?不動産のプロが住宅ローン金利の予想方法を解説
間違った使い方をしてるかも?!住宅ローン早見表を活かすための全知識
永住権なしでも大丈夫!?外国人が住宅ローンを組むための全知識
住宅ローン滞納を続けるとどうなる?今日からできる対策も解説
老後破たんをしたくないなら!退職後の住宅ローン返済を延滞させない3つの対策
完済のコツや延滞の対処法を徹底解説!住宅ローン「返済」の全知識
毎月の住宅ローンの返済が辛い人必見!プロが選んだ対処方法5選
諦めるのはまだ早い!無職から住宅ローンを組むための方法を徹底解説
住宅ローンが残っている不動産を売却するために知っておくべき全知識
住宅ローン返済中に家を売却したい人必見!残債がある家の売り方を徹底解説
最悪の事態を避けるなら今すぐ動こう!払えない住宅ローン対策4選
マイホームを諦めたくない人必見!自己破産後に住宅ローンを組む2ステップ
住宅ローンの返済が残っている家をうまく売るための4つの必須知識
基礎知識から解決法までシンプルに解説!住宅ローン「オーバーローン」の全知識
住宅ローンを払いきれない人は必見!「任意売却」の全知識
最悪の事態になる前に!住宅ローン返済が苦しい人におすすめの対策方法3選
審査基準から甘い銀行まで解説!住宅ローン「事前審査」完全ガイド
転職後の住宅ローン突破は厳しい!それでも合格するための3つの知識
住宅ローン審査突破のための「クレジットカード」5つの正しい使い方
普通の住宅ローンとは何が違う?「担保なし住宅ローン」を徹底解説
ブラックリストに載った後でも住宅ローンを組む方法を徹底解説
借り換え住宅ローンの全知識!独自の審査基準から通る方法まで解説
連帯債務を設定した住宅ローンを借り換えするための6つの必須知識
月7万円の返済で大丈夫?!月収20万円台の人が知るべき住宅ローン全知識
住宅ローンで2,000万円借りたい人必見!月々の返済額から審査のコツまで解説
住宅ローン審査で3,000万円の融資額を獲得する7つのテクニック
どれくらいの年収が必要?住宅ローンで4,000万円借りるための全知識
いくらの年収が必要?住宅ローンで4,500万円借りるコツを徹底解説
年収600万円の住宅ローン限度額は約4,000万円!融資を受ける注意点も解説
年収の6倍までが上限値!住宅ローンと年収の関係性を5つの視点で解説
元・不動産業者がこっそり教える!審査が甘い住宅ローン3つの特徴
審査が通りやすい住宅ローンって本当?「プロパーローン」の全知識
本当は教えたくない!アルバイトが住宅ローン審査を通過できる方法
住宅ローンが落ちたらどうする?原因別の対策方法を徹底解説
心配しなくても大丈夫!うつ病患者が住宅ローンを組むための3つの方法
基礎知識から計算方法まで徹底解説!住宅ローン「担保評価」の全知識
融資金額を増やしたいなら!住宅ローンを増額させる6つの方法
再発行方法も!住宅ローン控除に必要な「残高証明書」を完全ガイド
本当は教えたくなかった任意整理後でも住宅ローンを組む3つの方法
住宅ローンを遅延し続けるとどうなる?最悪の事態から回避する方法を解説
住宅ローンを利用するなら必要不可欠?!弁護士を雇うべきケースを徹底解説
住宅ローン相続を回避する4つの方法を大公開!誰でもできる方法も解説
3大疾病保障付き住宅ローンを大解剖!基礎知識から生命保険との関係性まで解説
解約すべきって本当?!住宅ローンと生命保険の関係性を徹底解説
お得にガン保障を付けたい人必見!ガン対応団信が無料で付く住宅ローン2選
連帯保証人の支払い義務も解説!離婚時の住宅ローン処理のための全知識
別居中の住宅ローン利用者は必見! 将来を見据えた対策方法をケース別に解説
セカンドハウスや住み替えに使える!2件目の住宅ローンを組む2つの方法
住宅ローンで別荘が買える?!「セカンドハウスローン」の全知識
土地だけで住宅ローンを組むなら!絶対に知っておくべき全知識
住宅ローンで賃貸併用住宅は建築可能!初心者が失敗しないための全知識
どちらも併用できる?住宅ローン控除とふるさと納税の関係性を徹底解説
計算式や審査への影響まで解説!住宅ローン「返済比率」を完全ガイド
誰でも使えるって本当?!「農協」の住宅ローンを徹底解説
フラット35でお馴染み!モーゲージ方式の住宅ローンを徹底解説
住宅ローン控除を利用する人は必見!住宅ローンと「年末調整」の関係性を解説
初心者必見!中古住宅で住宅ローン減税を受ける方法を徹底解説
個人事業主が住宅ローン審査を通過するための5つの必須知識
投資用物件を住宅ローンで買いたい人が絶対に知っておくべき必須知識
審査に通りやすいって本当?!ノンバンクの住宅ローンを徹底解説
外国人に優しい銀行はどこ?外国人のための住宅ローン攻略ガイド
ARUHIは信用できる住宅ローン専門会社!8つの特徴や詳細を完全ガイド
金利からメリット・デメリットまで徹底解説!「楽天銀行」住宅ローンの全知識
特徴や金利が全てわかる!「三菱東京UFJ銀行」住宅ローンの全知識
特徴から金利まで完全解説!「りそな銀行」住宅ローンの徹底ガイド
これから審査をする人は必見!初心者向け住宅ローンQ&A
審査に影響する?住宅ローンとマイカーローンの関係性を徹底解説