不動産査定サイト

最終更新日:2016年12月31日

良質な不動産査定サイトについて知りたい方へ

良質な不動産査定サイトについて知りたい方へ
今から不動産を売りたいと思っている人は以下のような考えを持ったことはありませんか?

・不動産査定サイトを使ってみたい
・不動産査定サイトの選び方がわからない
・どんな不動産査定サイトがいいのか

この記事では、不動産査定をする際には切ってもきれない関係である「不動産査定サイト」について紹介します。

 

記事を読み終わった後には信頼できる不動産査定サイトの選び方を理解していることでしょう。

【裏技】売却しなくてもOK!まずは不動産会社に査定相談しよう!

大手・中堅~地域密着の不動産会社から、あなたの売却予定の不動産に強い会社を自動マッチング!
さらには、利用者数1,000万人と一括査定では圧倒的No.1で安心実績。

イエウール

https://ieul.jp/


>利用者1,000万人以上で一括査定No.1の安心実績!<
>最大6社の査定比較で500万円高く売れた事例も!<

 

提携不動産会社の数が多いところにする

提携不動産会社の数が多いところにする
不動産会社の提携数が多いほど、不動産査定サイトとして価値があるといっても過言ではありません。

 

提携する不動産会社の数が増加するにつれて、査定結果も増加します。不動産の価値を知るためには、比較が必要です。

 

数回の比較であれば、適切な価格を知ることはできません。より多くのケースを知り、相場を知る必要があるのです。

 

関連する不動産会社が多いと、予想以上に高いまたは低い査定の企業が出現する可能性があります。なぜその価格になったのか理由を知ることによって、あなたの不動産の長所と短所を知ることも可能です。

 

強みと弱みを知ることで、売却することが決定したときに、買い手の言い値で販売することを避けることができます。

 

対応するエリアが広いほうがいい

対応するエリアが広いほうがいい
不動産査定サイトの中には、特定の地域にのみ対応するものがあります。特定の地域にしか対応していないサイトなので、非常に正確な査定を行うとおもわれがちです。

 

しかし無条件でそうとは言えません。なぜ特定の地域にしか対応していないのかというと、広告費やマーケティング費用の問題が原因だからです。

 

つまりは、多くのエリアを管理するだけのサーバー費用や告知費用が出せないのです。高品質の不動産査定サイトはどの地域にも対応しており、地域の専門会社が査定を担当しています。

 

より多くのエリアがサポートされているからと言って、地域特化型の不動産査定サイトに劣っているということは一切ありません

 

提携不動産会社の品質

提携不動産会社の品質
一部の不動産査定サイトには、ごく少数の提携会社しかないサイトがあります。少数提携の不動産査定サイトは地元の不動産業者としか提携しておらず、中規模の不動産業者や大手業者には対応していません。

 

一方、地元の業者、中規模業者、大規模業者と提携しているサイトもあります。地元企業は、1人の顧客に多くの時間を費やします。

 

ただし、取引件数や情報量は、大手に比べて小さいため、精度の高い査定ができない場合があります。

 

圧倒的な取引数と情報量のため、大手業者は非常に正確な査定を行うことができますが、1人に費やされた時間は少なく、あっさりとした対応になることがあります。

 

中規模の不動産会社であれば、よりよい距離感の応答かつ、それなりの査定精度も実現することができます。

 

このように不動産会社の規模によって「強み」が異なるため、さまざまな不動産業者との提携をしている不動産査定サイトのほうが、信頼性が高いと言えます。

 

しつこい営業をする業者と提携していない

しつこい営業をする業者と提携していない
しつこい営業をしている不動産会社と提携している不動産査定サイトがあります。何度も電話をかけたり、電子メールを送ったり、書類を送ったりする会社がいまだにいるのです。

 

このような営業をする会社は、悪い噂をインターネットにも広げます。永続的な営業をする会社にとって悪い噂は致命傷。

 

致命傷になることを自らおこなっている会社は、もはや時代遅れの会社です。そのような不動産会社と提携している不動産査定サイトは、自身の信頼性も失われます。

 

悪評はインターネット上で急速に広まります。高品質の不動産査定サイトは、しつこい営業をする不動産業者と提携していません

 

しかしインターネットで上位表示される不動産査定サイトでも、たまにこのような業者と提携しているサイトがあるので注意が必要です。

 

販売が困難な不動産に対応しているかどうか

販売が困難な不動産に対応しているかどうか
いくつかの不動産の中には売却が困難な不動産があります。よくあるのは住宅ローンを使用することができない不動産です。

 

これらは現金のみで販売されます。多くの人は現金で買うのは難しいでしょう。ほとんどの購入希望者は住宅ローンを使用しているため、売却が困難な物件として扱われます。

 

その他にも税金の滞納・権利関係の混乱など、販売が困難な不動産は世の中に大量にあります。

 

あなたの不動産にさまざまな困難がある場合は、売却が困難な不動産にも対応した業者と多く提携している不動産査定サイトを利用する必要があります。

 

インターネット検索で上位にでてくるような不動産査定サイトの多くは、販売が困難な不動産にも対応していますのでご安心ください。

 

以上のことを念頭に筆者オススメの不動産査定サイトをまとめています。詳細については「不動産売却の一括査定のおすすめは?【2017年最新のランキング】」をご確認ください。

 

まとめ

以上、不動産査定サイトの選び方について紹介させて頂きました。

 

不動産査定サイトは不動産売却をするなら活用したほうがいい便利なサービスです。どんな不動産査定サイトを選べば間違いがないのか理解していただけたと思います。

 

今後不動産売却をする際は、今回ご紹介した情報をぜひご参考ください。