不動産査定とは

最終更新日:2016年12月31日

不動産査定とは何なのか全く知らない方へ

不動産査定とは何なのか全く知らない方へ
今から不動産を売りたいと思っている人は以下のような考えを持ったことはありませんか?

・不動産査定とは何なのか知りたい
・不動産査定を失敗しないためにはどうすればいいのか

この記事では、不動産査定とは何なのか紹介します。

 

記事を読み終わった後には不動産査定とは?という質問に答えられることでしょう。

【裏技】不動産の“本当の相場”をたった1分でチェック

安心のNTTグループが運営!大手の不動産会社も唯一参加しているオススメの一括査定です。

HOME4U

https://www.home4u.jp/


>利用者500万人、2001年から運営の安心実績!<
>最大6社の査定比較で500万円高く売れた事例も!<

 

査定と言っても色々ある

査定と言っても色々あるれ
自動車中古ショップやリサイクルショップなど、さまざまな場所で「査定」が日々行われています。

 

しかし、これらの「査定」と不動産会社の「査定」とは、意味が少し異なります。違いは何でしょうか。それは「誰がお金を払うのか」という点です。

 

車の査定やリサイクルショップの査定は、査定後に購入して商品として売りだします。査定商品を購入できなければ、ビジネスはできません。

 

だからこそ中古車のディーラーやリサイクルショップは、高価査定を期待している顧客を収集するために「どこよりも高い査定をします」と大々的な広告をするのです。

 

査定方法も商品自体の価値を判断するのではなく、「いくらで販売できるのか」という金額を考えてから算出しています

 

これらが不動産会社によって行われる査定との決定的な違いです。

 

不動産会社が行う査定とは

不動産会社が行う査定とは
アパートや土地・戸建住宅の査定はどうでしょうか。基本的には中古車販売店やリサイクルショップのように、不動産会社が転売用の物件を手に入れるために査定しているわけではありません。

 

過去の取引事例、現在の市場動向、地域の特性などに基づいて、「この金額なら買う人が出ますよ」とアドバイスするのです。これが不動産会社によって行う「査定」です。

 

客観的なデータに基づいて行われるべきである査定は、「売り手が望む販売価格」と乖離することもしばしば。「あなたの希望販売価格はいくらですか?」と持ち主の要望とすり合わせて査定額を微調整することもあります。

 

そのため、販売価格が市場価格から遠い価格の不動産も少なくないのです。「売るかどうかわからない」という人に対しても査定額が変わることもあります。

 

売り出しをさせるために、本当の相場額よりも査定額を多くすることも。

 

言い換えれば、あなたの不動産が市場に比べて高価であるという状況を知らずに、売られていくこともあるのです。

 

査定をしたらどうなるのか

査定をしたらどうなるのかれ
査定をした後、売却の手続き(=媒介契約)を開始するのが通常の流れです。しかし、媒介契約を締結するための前提条件として、査定されているわけではありません。

 

査定は売るかどうかわからないという人も、どしどし査定してもらっていいのです。不動産業者の査定は無料ですので、活用したほうがお得。

 

「ここに売却してもらわないかもしれないのに」と変に気をつかう必要はありません。また、人によっては複数の不動産会社に査定をしている人もいます。

 

あなたが査定をするとき、ほとんどの不動産会社は「他の会社よりも高く売ります」と繰り返し言います。

 

しかし、不動産業者がどこになっても、あなたを驚かせるほど大きな違いはありません。金額は正直言ってどこで売っても同じ金額になりがちなのです。

 

そのため、重視すべきは業者の態度かもしれません。媒介契約の締結を誘発するために高い査定額をだす業者は完全には信用できません。

 

もし「高い金額ですが、売れるまでに時間がかかります」という一言をつければ話は別ですが・・。

 

金額とは別に、業者の対応をみることも査定を行う上で大切なことです。

 

満足のいく不動産売却をするには

満足のいく不動産売却をするには
不動産会社が提示する査定結果をすぐに鵜呑みにしないでください。査定金額を教えてもらったら「どれくらいで売れますか?」と聞いてみてください。

 

おそらく多くの業者は「いろいろな状況にもよりますが、おそらく早いうちに売れます」と言うでしょう。それが本当に実現できる業者はどれくらいいると思いますか?実は、意外と少ないです。

 

「早いうちに売れる」という業者には注意が必要なのです。真剣に査定をしていればいるほど、相場に合致した金額になるため、すぐには売れません

 

つまり、ちゃんとした査定は「大安売り」ではないのです。相場ピッタリの生活用品と相場より安い生活用品、どちらをすぐ買うかと聞かれれば安いほうですよね?

 

すぐれた査定ほど、相場ピッタリのためすぐには売れません。自分のもつ不動産は大切な資産です。一回しか売却することはできません。

 

失敗は許されないのです。不動産売却を成功させたいという人にとって、早くうれることは一概にいいことではありません。

 

このことをしっかりと説明してくれる業者であれば、全力で信頼していいでしょう。

 

筆者が高く売るために必要な全知識は「不動産売却の一括査定のおすすめは?【2017年最新のランキング】」にまとめておりますので、ご確認ください。

 

まとめ

以上、不動産査定とは何なのか紹介させて頂きました。

 

不動産査定を失敗しないためにはコツがあることを理解していただけたと思います。

 

今後不動産売却をする際は、今回ご紹介した情報をぜひご参考ください