不動産査定 料金

最終更新日:2016年12月31日

不動産査定について知りたい方へ

不動産査定について知りたい方へ
今から不動産を売りたいと思っている人は以下のような考えを持ったことはありませんか?

・不動産査定をしてもらいたい
・不動産査定には料金が必要なのだろうか

この記事では、不動産査定をする際にかかる「料金」について紹介します。

 

不動産査定には、実は有料と無料のものがあります

【裏技】売却しなくてもOK!まずは安全な不動産会社に査定相談しよう!

安心のNTTグループが不動産会社を厳しく審査!大手から中小まで幅広く、しかも安全な不動産会社を一気に探せて相談できます。

HOME4U

https://www.home4u.jp/


>利用者500万人、2001年から運営の安心実績!<
>最大6社の査定比較で500万円高く売れた事例も!<

 

不動産の査定には料金が必要なのか

不動産の査定には料金が必要なのか
まず結論を言いましょう。不動産会社による不動産査定は基本的に無料です。一方、不動産の評価を有料で行う方法も存在しています。

 

日本では、不動産査定を職業とする人がいます。不動産鑑定士という国家資格を持った人物です。これらの人々は、不動産鑑定を実施し、収益を得ています。

 

国家資格者が専門知識を駆使して査定しているわけですから、不動産鑑定士が不動産査定を有料でするのは当然です。

 

無料でやっているのは不動産業者になります。有料と無料、それぞれの査定方法にはどんな違いがあるのでしょうか。

 

不動産鑑定士の査定はなぜ有料?

不動産鑑定士の査定はなぜ有料れ
不動産鑑定士が行っている有料の不動産鑑定をすると、査定報告書を得ることができます。この査定書の主な利用用途は、意図的に損失をもたらして法人税を引き下げることが目的です。

 

第三者の専門家によって作成された査定書ならそれが可能になります。査定報告書には、適正価格がいくらなのかが表示されています。

 

会社間で不動産を取引する場合、不動産鑑定書類に基づく価格で取引すると、税務署も合理的な価格で取引したとみなします。また、有料の査定書類は、裁判所の書類などにも使用されています。

 

このように、有料の不動産鑑定は、裁判所と税務署の証拠としての性質を持っています

 

不動産鑑定士による査定についてさらに詳細が知りたい方は「不動産査定は鑑定士にしてもらうべき?不動産業者の査定との違いとは」をご確認ください。

 

無料の不動産査定の価値

無料の不動産査定の価値
一方、不動産会社によって作成された無料の評価は別の意味を持っています。不動産会社は不動産売却業務の一部として査定を行っています。

 

業者は仲介手数料を得ることを目標としているので、無料で査定をしています。無料の査定額は、一般的な業界の相場になります。

 

つまり業務内容としては、査定すべき不動産に似た不動産が過去にいくらで売れたかを調べることだけ。不動産鑑定士が行っている査定方法にくらべるとやっていることは随分簡略的です。

 

査定書を作成するために、お金を使用している会社はありません

 

料金不要査定と有料査定の違い

料金不要査定と有料査定の違い
大企業などの大規模な不動産を所有している場合、売却前に不動産鑑定士による有料の不動産査定を受けることが多いです。

 

不動産会社の無料査定の場合、実際の販売価格は、有料の査定額よりも高い場合があります。有料の査定額は証拠資料の側面が強いため、算出される査定額は保守的になりがちだからです。

 

査定の専門家である不動産鑑定士の評価価値を重んじている人も、この事実については理解しています。つまり実際販売する際にはその価格では売ってないのです。

 

有料の査定と無料の査定は、目的が違うため、金額が異なります

 

査定を必要とする人は、実際の販売価格と査定額が異なることはよくあることだということを認識する必要があります。

 

料金不要の査定活用法

料金不要の査定活用法れ
個人の不動産を売却する場合には、不動産会社の料金不要の査定を利用することになります。不動産会社は、潜在的な顧客を増やすために、広告的なメリットも期待して査定を行っています。

 

したがって不動産会社の査定評価は、裁判所や税務署に提出できる書類ではありません。きちんとしたルールで算出された有料の査定方法にくらべて、料金不要の査定は、公共機関が受け入れる証拠資料としては適していません。

 

「いくらで売却されるのだろうか」という金額を認識することのみに使われると言っても過言ではありません。

 

無料査定による評価額は媒介契約を結びたがっている不動産業者側の強い意志が含まれています。つまり「売ってもいいかな」と思ってもらえる査定評価額にする可能性もあるのです。

 

最初は高く売り出して、後々から値引きをしてもらい、仲介手数料を受け取る。これが不動産業者の典型的な営業テクニックですので、注意してください。

 

もし査定してもらうとなると不動産会社に直接いくか、インターネットを利用するかの二択になるでしょう。

 

オススメはインターネット経由の査定です。中でも不動産一括査定はオススメです。もちろん料金不要に活用できます。

 

直接来店しての査定は非効率的です。ネットの査定サイトを活用して効率的に多くの会社から査定をもらいましょう。

 

ネット経由の査定でオススメの不動産一括査定については「不動産売却の一括査定のおすすめは?【2017年最新のランキング】」をご確認ください。

 

まとめ

以上、不動産査定書にかかる料金について紹介させて頂きました。

 

不動産査定には不動産鑑定士が行う有料の査定と、不動産業者が行う料金不要の査定があります。不動産査定と言っても様々な種類があり、料金が発生することによって目的も変わることを理解していただけたと思います。

 

今後不動産売却をする際は、今回ご紹介した情報をぜひご参考ください。