不動産査定 チェックシート

最終更新日:2016年12月31日

不動産査定用のチェックシートを作るべし

不動産査定用のチェックシートを作るべし
不動産売却を検討している人で、以下のような考えを持ったことはありませんか?

・不動産売却は、何千万円もの大きなお金が動くから怖い。
・絶対に失敗したくない。
・満足いく不動産売却にしたい

不動産売却を失敗しないためには、持ち主側もしっかりとした予備知識を頭に入れておく必要があります。

 

不動産売却するために必要不可欠なのは不動産査定です。

 

査定をするにあたって、何を注意しておくべきかをまとめておくべきかチェックシートを準備しておくことをオススメします。

 

どのような項目をチェックシートに入れ込むべきなのでしょうか。

【裏技】売却しなくてもOK!まずは安全な不動産会社に査定相談しよう!

安心のNTTグループが不動産会社を厳しく審査!大手から中小まで幅広く、しかも安全な不動産会社を一気に探せて相談できます。

HOME4U

https://www.home4u.jp/


>利用者500万人、2001年から運営の安心実績!<
>最大6社の査定比較で500万円高く売れた事例も!<

 

チェックシートに入れるべきポイント1:マイナス要因を列挙する

マイナス要因を列挙する
物件の売却をする際、購入希望者に絶対に伝えなければならない点があります。それはあなたの不動産のマイナス要因です。

 

第三者である不動産業者の調査でも気づかないポイントがあります。あなたしか知らないマイナス要因もあるのです。例を挙げてみましょう。

 

お隣さんとのトラブルや生活騒音、ご近所さんに変わった人が住んでいるなどの問題はありませんか?

 

あなたは大丈夫・大したではないと思っていることでも、買う人によってはとんでもない問題かもしれません。

 

売主であるあなたしか知らない「問題」を隠していれば、トラブルに発展する可能性もあります。

 

「査定価格が下がるかも」なんて思わないで、ちゃんと業者に伝えましょう。ただし、それがプライバシーにかかわる問題ならば話は別です。

 

そういった場合は信頼のおける不動産業者を決めた後、担当者にだけ事情を話します。その際に買主候補にも事情を話すかどうかの協議をしましょう。

 

信頼がおける不動産業者は、プライバシーの取り扱いもプロですのでご安心を。

 

チェックシートに入れるべきポイント2:査定の根拠と販売方針

同じような金額で査定価格を提示してきた不動産業者に対して、「なぜその価格になったのか」という説明を求めましょう。

 

また、今後どうやって物件を販売していくのかという方針も聞きます。使用する広告の種類などは絶対に把握しておくべきです。

 

もしかすると、どの不動産業者からも同じような説明の繰り返しになるかもしれません。しかし途中で話を端折ることは絶対にしてはダメです。

 

各社の説明には少しずつ違いがあります。その「違い」が売却してもらう会社を決めるうえで重要なのです。

 

また、素人にはとっつきにくい話である不動産売却した後の税金についても話を聞くとよいでしょう。

 

わかりにくい税金の話を分かりやすく説明してくれる人は、営業担当者としての力量が高い可能性があります。

 

一定期間内に売れなかったときの対処法も必ず聞いておきましょう。計画通りにうまく進むことなんてなかなかありません。

 

うまくいかないときにどうするのか、ちゃんと決めている業者は信頼がおけます。

 

チェックシートに入れるべきポイント3:査定方法を選ぶ

査定方法を選ぶ
無料査定を強調したチラシを配布している不動産業者がいまだにいます。

 

不動産査定はどの不動産業者も無料です。インターネットが普及している今日、不動産無料査定は常識です。

 

にもかかわらず、無料査定をゴリ押ししているチラシはナンセンスと言っても過言ではないでしょう。

 

本当は有料だけど、あなただけ無料ですよという雰囲気を出していますが、気にする必要はありません。どんどん査定してもらいましょう

 

このようなチラシをつかった査定は「訪問査定」と言って、業者が直接不動産に出向き査定する方法です。一方、訪問査定とは真反対の「机上査定」と呼ばれる査定もあります。

 

机上査定はインターネットを使い、指定された条件を入力するだけでOK。サイトによっては匿名で査定を受けられます。

 

「訪問査定」にくらべると精度は落ちますが、おおよその査定額を把握するためには非常に便利な手段です。

 

取引事例の多い地域の不動産であれば、「机上査定」の精度も「訪問査定」レベルまで上がっていることが多いです。

 

つまり、机上査定が実際の査定額だと判断してもいいケースもあるのです。しかし、郊外の不動産の場合にはそうはいきません。

 

参考程度の査定額にとどまることでしょう。また、オンラインでの机上査定の際には、注意すべき点もあります。それは個人情報の取り扱いです。

 

氏名や住所などの個人情報の入力が必須の査定サイトもあります。査定した後に不動産業者からしつこい営業をされる場合もあるので、注意が必要です。

【裏技】売却しなくてもOK!まずは安全な不動産会社に査定相談しよう!

安心のNTTグループが不動産会社を厳しく審査!大手から中小まで幅広く、しかも安全な不動産会社を一気に探せて相談できます。

HOME4U

https://www.home4u.jp/


>利用者500万人、2001年から運営の安心実績!<
>最大6社の査定比較で500万円高く売れた事例も!<

 

まとめ

以上、不動産査定におけるチェックシートに入れるべき項目について紹介させて頂きました。

 

不動産査定は満足いく不動産売却にはかかせない工程です。どんなことに気を付ければ、満足いく不動産査定になるか理解いただけたと思います。

 

今後不動産売却をする際は、今回ご紹介した情報をぜひご参考ください。