不動産査定 根拠

最終更新日:2016年12月31日

不動産査定における「根拠」について知りたい方へ

不動産査定における「根拠」について知りたい方へ
不動産売却を検討している人で、以下のような考えを持ったことはありませんか?

・なんでこの査定額になるのか、根拠を知りたい
・査定金額が上がる要素、下がる要素はどんなことがあるのか

不動産査定額にはきちんと根拠が存在し、それが明確に答えられる業者は信頼がおけます。査定額をプラスにする要素・マイナスにする要素がそれぞれ存在するのです。

 

この記事では、不動産査定における「根拠」について深ぼっていきたいと思います。

【裏技】不動産の“本当の相場”をたった1分でチェック

安心のNTTグループが運営!大手の不動産会社も唯一参加しているオススメの一括査定です。

HOME4U

https://www.home4u.jp/


>利用者500万人、2001年から運営の安心実績!<
>最大6社の査定比較で500万円高く売れた事例も!<

 

不動産査定には「根拠」がある

不動産査定には「根拠」があるれ
不動産査定では、不動産業者によって査定金額の差がかなり出てきます。なぜその査定額になったのか「根拠」をきちんと聞く必要があります。

 

根拠をきちんと説明できる不動産査定は信頼できます。不動産査定が終わると不動産業者から査定結果が出たと連絡があるでしょう。

 

一般的には口頭だけの査定結果ということは無く、紙の書面かPDFやエクセルなどの電子書面で査定結果が報告されます。

 

査定結果と共にお知らせされるのが査定結果の説明・根拠です。なぜその査定金額になったのか、根拠が詳しく記載されています。

 

根拠にしっかりと目を通し確認してください。納得できない根拠があったのであれば、印をつけておきます。

 

査定書の隅から隅まで見て根拠が納得できない箇所を洗い出します。洗い出しが終わったら、次は業者に連絡です。

 

納得できない根拠を業者に聞いてみましょう。不動産査定金額は不動産売却依頼におけるキモです。

 

非常に重要なところなので、信用のおける業者ほど丁寧に説明してくれます。

 

根拠が適当で納得できない業者とは、不動産売却を依頼しないようにしましょう

 

どんな不動産査定にも根拠はある

どんな不動産査定にも根拠はある
複数の不動産業者に査定を依頼した場合、極端に高い査定を出す不動産業者がでるのは少なくありません。

 

不動産業者によって査定金額に差がでるのは普通です。重要なのは根拠なのです。

 

査定額が高すぎる会社には、その査定結果の根拠を詳しく聞いてみましょう。根拠に納得ができればOKなのですが、不動産売却依頼を得たいがために、狙って高すぎる査定額を出している可能性が潜んでいます。

 

査定額が高すぎたら、売り出す金額も当然高くなります。その結果、長期間売れない不動産になりかねません。

 

ある程度売り出し期間が経過したら必ず値下げの提案があるはずです。結局、売却の期間はかかり、相場以下の金額での売却になってしまうかもしれません。

 

高く提示された査定額がうれしいのは当然ですが、その査定額が正しいかどうかは怪しいということを肝に銘じておいてください。

 

プラスになる根拠とは

プラスになる根拠とは
不動産査定の「根拠」の中には金額をUPさせているプラス要素も存在します。

 

不動産は住宅なので、家の周りの「住環境」がプラス査定の根拠になることも多いです。

 

仮に査定した不動産が新婚向けのマンションならば、歩いてすぐの場所にコンビニがあればプラス査定になります。

 

ファミリー向けの4LDK 程の中古一戸建てであれば、交通の便が良かったり、学校が近かったりするとプラス査定と判断されます。不動産自体ももちろんプラス査定になる要素はあります。

 

例えば、水回りがキレイなのはプラスになります。一番痛みやすい箇所は水回りなので、それがキレイにしていれば、リフォーム費用が浮きます。

 

リフォーム費用がかからない分だけプラス査定となります。外壁がキレイな状態で保たれているのも、同じくリフォーム費用がかからないという理由でプラス査定です。

 

また大きな都市なら駐車場が付いているだけでプラス査定となります。地域によってはマンションであるだけでプラス査定にもなることも。

 

これは高齢者を中心にマンションのニーズが高まっている地域が多いからです。このようにプラス査定になる根拠は様々あるのです。

 

マイナスになる根拠とは

マイナスになる根拠とは
プラスになる根拠があるということは、もちろんマイナスになる根拠もあります。騒音がうるさい道路や都市高速などが近いと、マイナス評価となりがちです。

 

また犯罪発生率が高い地域や街灯が少なく子供が危険にさらされる可能性が高い場所もマイナス査定の根拠となりえるのです。

 

もちろん不動産自体にもマイナス査定になる要素はたくさんあります。室内設備が大きく劣化していたり、使用されている設備の型式があまりに古かったりするとマイナス査定につながります。

 

もっと端的に言えば、先ほど紹介したプラス査定の根拠となる要素に問題がある不動産はマイナス査定になるのです。

【裏技】不動産の“本当の相場”をたった1分でチェック

安心のNTTグループが運営!大手の不動産会社も唯一参加しているオススメの一括査定です。

HOME4U

https://www.home4u.jp/


>利用者500万人、2001年から運営の安心実績!<
>最大6社の査定比較で500万円高く売れた事例も!<

 

まとめ

以上、不動産査定における「根拠」について紹介させて頂きました。

 

不動産査定額にはきちんと根拠が存在し、プラス要素・マイナス要素ともに存在するのです。

 

根拠が明確かつ適切に答えられる不動産業者は、信頼がおけるパートナーになるでしょう。

 

今後不動産売却をする際は、今回ご紹介した情報をぜひご参考ください。