不動産売却 5年以内

購入して5年以内の不動産売却を検討している方へ

最終更新日:2019年11月28日
購入して5年以内の不動産売却を検討している方へ
もしあなたが不動産の売却を検討しているのなら、以下のような考えを一度は持ったことありませんか?

・購入から5年ほどだけど、売却する上では有利になるのだろうか
・5年未満の不動産売却には、何かしらのデメリットはないのだろうか

何も知らないままであれば、不安や疑問は永遠に解決することはできません。

 

スカッと解消して不動産売却を成功させたいですよね?

 

そこで今回の記事では、購入して5年以内の不動産を売却する際に絶対に知っておくべき必須知識について解説していきます。

 

この記事を読むことによって、購入から5年以内の不動産をうまく売却するための必要知識はすべて網羅できますよ

 

記事に書いてある内容を参考にすれば、あなたの不動産売却は絶対に成功することでしょう。

超大手6社に厳選!不動産の最高額をチェック

すまいValue

https://sumai-value.jp/

>超大手6社に厳選していて安心感抜群の一括査定<
>利用者数も10万人以上と実績も間違いない<

※田舎や地方の方はNTTグループ運営「HOME4U」をオススメします。

 

5年以内に不動産売却するメリット・デメリットとは

5年以内に不動産売却するメリット・デメリットとは
不動産は「終の住まい」と言われます。

 

一度不動産を購入したならば、20年30年とずっと同じ不動産に住むのが普通だとされてきました。

 

しかしここ数年で人々のライフスタイルは急変。

 

購入して5年以内で、不動産を売却する人が急増しています。

 

特に多いのが、急な転勤による売却。予想外の転勤のせいで、購入から5年以内で売却する人は多いです。

 

もしかすると、今よりも良い不動産が出てきたからという理由で売却する人もいるかもしれません。

 

仮に新築で購入した不動産を売却するのであれば、築5年での売却になります。

 

不動産市場においては、築5年の不動産の存在は異質極まりありません

 

売却する場合、メリットもありますが、当然デメリットも出てきます。

 

5年以内で売却するメリット

築5年での売却になるなら、「築浅不動産」として扱われます。

 

築浅は中古不動産市場で人気の的です。多くの購入検討者が出てくることでしょう。

 

購入検討者が出てくれば出てくるほど、購入までの確率が高くなります。

 

うまくいけば早期での売却が実現できるかもしれません。

 

また5年以内に売却するなら、部屋の中が比較的キレイなままです。

 

ハウスクリーニングやリフォームを行わずにサクッと売却できることも。

 

家がキレイな状態で引き渡せば、購入後のクレームを防ぐことにもつながります。

 

劣化が起きていないというのは、売却する上で大きなメリットとなるでしょう。

 

5年以内で売却するデメリット

不動産売却には税金が発生します。中でも大きなウエイトを占めるのが「住民税」と「所得税」です。

 

儲け(利益)が出た不動産売却のみの課税にはなりますが、納付すべき金額はかなりの大金となります。

 

ただでさえ高い税金が5年以内で売却するとなると、もっと高くなるのです。

 

購入から5年以内で売却した場合、課せられる税率は驚きの39%!(所得税30%+住民税9%)

 

仮に500万円の儲けが出た不動産売却なら、195万円を納付することになるのです。

 

ちなみに5年以上になると税率は20%(所得税15%+住民税5%)まで下がります。

 

「今なら購入した時よりも高く売れそう!」という理由で5年以内に売却するなら、住民税と所得税の税率に気を付けてください。

 

購入して5年以内の不動産をうまく売却するコツ

購入して5年以内の不動産をうまく売却するコツ
ここまでは5年以内に不動産売却するメリットについてお伝えしました。

 

儲けが出るような売却にならないのであれば、売却そのものが有利になる要素がたくさんあることを理解していただけたと思います。

 

しかし何も考えずに、ただ売りに出せばいいというわけではありません。スムーズに売却するには「コツ」があるのです。

 

そこでここからは、購入から5年以内の不動産をうまく売却するためのコツについて紹介していきます。

 

売却する理由を事前にちゃんと話す

築浅不動産になるので、基本的には人気物件として扱われるはず。

 

しかし購入検討者の中には「なぜ5年以内という短い間に売却することになったの?」という「疑念の目」で見ている人もいます。

 

「もしかして事件があったのではないか?」「離婚したのではないか」と疑っているのです。

 

5年以内での売却なんてそうそうありませんから、疑うのも無理ありません。

 

購入検討者の不安を解消してあげるため、なぜ売却するのかという理由をしっかり説明してあげましょう。

 

売却理由はプライバシー問題なので、自分で聞くのも気が引けると思っている人もいます。

 

こちらから説明すれば、購入検討者の信頼をつかむこともできるでしょう。

 

もし本当に離婚や何かしらの事件で売却するのだとしても、絶対に内緒にしてはダメです。

 

故意に内緒にしていると、「告知義務違反」として罪に問われることもあります。

 

査定金額が一番高い不動産会社を選ぶ

購入から5年以内の不動産は、取引事例が極端に少ないため、不動産会社が出す査定金額も精度が悪くなります。

 

というのも、不動産業者の出す査定は過去の取引事例をもとに算出されるため、仕方がないことなのです。

 

購入検討者にとっても、同じことが言えます。他に比較できる不動産がないため、安いのか高いのか妥当なのかわかりません。

 

そのせいか売り出し当初は、いくら築浅でもお客さんが来ないこともあります。

 

その場合は、値下げをすることによって、「相場よりも安くなった」とアピールすることが必要。

 

つまり「値下げありきの売却活動」が必須になるのです。

 

最初から安い金額で売却開始すれば、値下げした後の金額が淋しいものとなります。

 

なるべくなら高い金額で売却したほうが最終的にはトクをするでしょう。

 

そのため、購入から5年以内の不動産を売却する場合に限っては、一番高い査定額をだした業者に頼むことをおすすめします。

 

不動産一括査定サイトを使って、最も高い金額を出してきた業者に仲介を依頼してみてください。

 

不動産一括査定のオススメは「すまいValue」「HOME4U」

不動産一括査定のオススメランキング
筆者が考える不動産一括査定のオススメランキングをお伝えします。


不動産一括査定も様々ありますが、やはり家やマンション、土地は高額になりますので、より得意としている会社を見つけたいですよね。


サイトを選ぶ基準としては下記3つ。


不動産一括査定を選ぶときの3つの基準

  • 大手不動産会社に最低でも1社は査定が行えること
  • 中堅や地域密着の不動産会社にも査定が行えること
  • 不動産一括査定の運営会社がしっかりしていること

ポイントは、大手から地域密着の不動産会社まで幅広く依頼をすること。


大手は取引実績が豊富な分、やっぱり売却力があります。


ただし、お客さんをたくさん抱えているため、仕事のやり方がマニュアル通りといった感じ。


逆に中堅や中小・地域密着の不動産会社は社長自らが対応してくれたりします。


ただし不動産一括査定を1つだけ使っても、大手不動産会社が見つからなかったり、逆に大手のみしか依頼できない場合が多々あります。


筆者としては、不動産は高額商品になるので、時間が掛かっても複数の不動産一括査定を使って、大手、中堅、地域密着の不動産会社それぞれに依頼することをオススメしています。


賢い人はやっている!不動産一括査定のオススメな使い方

3つのチェックで分かる!不動産査定サービス診断


▼人口が多い都市の方(東京、神奈川、埼玉、千葉、大阪、兵庫)
3サイトを併用する
①超大手不動産会社が探せる「すまいValue
②大手・中堅や地域密着が探せる「HOME4U
③両手仲介なしの売り手専門「SRE不動産(※旧ソニー不動産)


▼人口が多い都市の方(東京、神奈川、埼玉、千葉、大阪、兵庫以外)
2サイトを併用する
①超大手不動産会社が探せる「すまいValue
②大手・中堅や地域密着が探せる「HOME4U


▼田舎や地方の方
2サイトを併用する
①大手・中堅・地域密着の不動産会社が探せる「HOME4U
②大手・中堅・地域密着の不動産会社が探せる「イエウール
③地域密着の不動産会社を多く探せる「ホームズ
※田舎だと1~2社しか見つからない可能性が高いです。HOME4Uとイエウール、ホームズを利用することで3~4社を比較することが可能になります。


▼投資物件を売却の方
2サイトを併用する
①超大手不動産会社が探せる「すまいValue
②投資物件に強い「ホームズ」「リガイド


それでは、各一括査定サイトの特徴をカンタンに紹介していきます。


すまいValue
対応エリア 全国
※田舎だと営業外エリア
運営開始 2015年
利用者数 11万件成約
提携会社数 大手6社
同時依頼数 最大6社
机上査定 対応
備考欄・要望 可能

すまいValueは、三井のリハウス、住友不動産販売、東急リバブルといった超大手不動産会社が参加している唯一の一括査定です。


これら3社で日本の仲介取引の1/3を占めるほど大きい会社。


対応地域の人は間違いなく依頼しておくべき一括査定サイトです。


https://sumai-value.jp/


すまいValueの公式サイトへ

※机上査定を選択することでメールで査定額をもらえます。


 


1都3県・大阪・兵庫の方は朗報
すまいValueが依頼できる超大手は売主、買主両方を相手する両手仲介の可能性が高くなります。


売主専門で大手の「SRE不動産(旧ソニー不動産)」を合わせて申し込んでおくことで、すまいValueの弱点を補えます。


ソニー不動産

https://sony-fudosan.com/


SRE不動産の公式サイトへ

※備考欄にメール連絡希望と書くことで電話連絡を避けられます。

HOME4U
対応エリア 全国
運営開始 2001年
利用者数 累計35万件
提携会社数 1,300社以上
同時依頼数 最大6社
机上査定 対応
備考欄・要望 可能

HOME4Uは、審査に厳しいNTTグループが運営している一括査定サイトです。


HOME4Uが日本初の不動産一括査定サイトで2001年から運営。


長い歴史とNTTの審査基準から不動産会社を厳選しているのが特徴です。


また、PCやスマホ入力が面倒な方は電話代行もあり大変便利です。
※TEL:0120-444-529 受付時間:平日10時30分~18時


https://www.home4u.jp/


HOME4Uの公式サイトへ

※机上査定を選択することでメールで査定額をもらえます。

イエウール
対応エリア 全国
運営開始 2013年
利用者数 1,000万人
提携会社数 1,900社以上
同時依頼数 最大6社
机上査定 対応
備考欄・要望 可能

イエウールは、提携会社が1,900社以上と一括査定サイトNo.1となっています。


また、入力がLINE風になっており、入力がとてもやりやすいのが特徴。


HOME4Uを使っても不動産会社が出てこなかった時に利用するといいでしょう。


https://lp01.ieul.jp/


イエウールの公式サイトへ

※机上査定を選択することでメールで査定額をもらえます。

ホームズ
対応エリア 全国
運営開始 2004年
利用者数 476万人
提携会社数 1,751社
同時依頼数 最大10社
机上査定 対応
備考欄・要望 対応

ホームズは、賃貸で有名で知名度抜群のサービス。


不動産会社も多数参加しており、地域密着の不動産会社や投資物件に強い不動産会を探せるのが大きな強み。


また、東証一部上場しており、個人情報の管理もしっかりしております。


https://www.homes.co.jp/


ホームズの公式サイトへ

※希望する連絡方法で「メール」が選択できます。

リガイド
対応エリア 全国
運営開始 2016年
利用者数 不明
提携会社数 700社以上
同時依頼数 最大10社
机上査定 対応
備考欄・要望 対応

リガイドは、もともと一括査定サイトではなく不動産会社でした。


そんな背景もあり、投資物件に強い不動産会社が多数参加しているのが特徴です。


また、歴史は長く2006年から運営しているものの、提携会社は700社とかなり厳選しています。


https://www.re-guide.jp/


リガイドの公式サイトへ

※机上査定を選択することでメールで査定額をもらえます。


不動産一括査定の詳細については「62サイトを比較してわかった!不動産一括査定のおすすめランキング」で詳しく解説しています。

 

まとめ

以上、購入から5年以内の不動産を売却する際に必要な知識を紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?

 

税務上では非常に不利になりますが、儲けの出ない売却になれば問題ありません。

 

今回紹介した売却のコツを参考にすれば、きっと満足いく売却金額になるはずです。

 

実際に5年以内に売却する際は、今回紹介した知識をぜひ活用してみてください。

関連ページ

プロが教える不動産売却5つの注意点/手続き・費用・会社選びまで完全ガイド
元・不動産業者が教える!「不動産売却の方法」知られざる3つの知識
不動産売却のトラブルはつきもの?トラブル事例と解決方法を解説
日割り計算の精算方法を完全ガイド!不動産売却の「固定資産税」全知識
告知すべき3つの不動産売却の理由とよく見られる家を売る理由11選
大手か地場か分かる!不動産売却業者の選び方5つのポイントを解説
不動産売却における詐欺とは?手口や対策方法について解説
不動産売却の税金は4種類!節税方法から確定申告の仕方まで完全ガイド
不動産譲渡所得税は特別控除で減税!売却で出た税金を節税する全知識
支給額が減額される?不動産売却と年金の関係について解説
不動産売却は途中でキャンセルできる?違約金が発生するタイミングについて解説
不動産売却すると配偶者控除が受けられないって本当?
売れやすい時期があるって本当?不動産売却の売り時について解説
不動産売却にかかる期間を完全ガイド!3ヶ月以内に売るコツも大公開
不動産売却は大手に頼めばいいという事はない!おすすめの不動産売却方法
プロがわかりやすく解説!不動産売却後に使えるお得な3つの特別控除
不動産を売却しても確定申告は不要?初めて不動産売却する人向けに解説
申告しないと大変なことに?!不動産売却で申告が必要なケースとは
複数の不動産業者に売却依頼/主なメリットと注意点を徹底解説
共有名義の不動産を売却する3つの方法を完全ガイド!注意点や基礎知識も解説
不動産売却すると贈与税がかかる? 初心者向け贈与税ガイド
不動産売却には必須?「権利証」に関する3つの必須知識をプロが解説
不動産売却の値下げを完全攻略!効果的な値下げ幅から交渉テクまで解説
日本人とは一味違う?!外国人に不動産売却する際に注意すべきポイント
山という不動産を売却する際に絶対に知っておくべき知識を徹底解説
手数料無料の不動産売却って本当に大丈夫?無料になるカラクリを解説
売却するなら必要不可欠?!不動産売却で弁護士が必要になるケース
自分では何も決められない?破産管財人がついた場合の不動産売却を徹底解説