不動産売却 売り時

最終更新日:2016年12月31日

不動産売却における「売り時」について知りたい方へ

不動産売却における「売り時」について知りたい方へれ
不動産売却を検討している人で、以下のような考えを持ったことはありませんか?

・不動産が高く売れる時期はあるのか
・いつが売り時なのか

実は不動産売却には「売り時」ともいえる繁忙期が存在します。不動産の売買が頻繁に行われる時期です。

 

繁忙期に不動産売却をすると、より高く・より早く売却できる可能性があります。

 

売り時に該当する時期は、毎年2月から3月。不動産業者納得のオススメの売却時期です。しかし全ての不動産が、2月3月が売り時というわけでもありません。

 

その理由は不動産市場における「需要と供給の割合」を見れば、理解いただけます。

超大手6社に厳選!不動産の最高額をチェック

すまいValue

https://sumai-value.jp/

>超大手6社に厳選していて安心感抜群の一括査定<
>利用者数も10万人以上と実績も間違いない<

※田舎や地方は非対応のため「イエウール」をオススメします。

 

不動産を購入したい人が多くなる時期とは

購入したい人が多くなる時期とは
不動産の需要(購入したいという気持ち)が集中する時期は、先ほど紹介した2月から3月が代表的です。実は9月から11月も該当します。

 

人が引っ越し先を探す時期で一番多いのは2月から3月です。この理由はわりとわかりやすいのではないでしょうか。そうです、転勤・入学の時期だからですね。

 

大多数を占めるのが、「子供が小学校に上がるから」という理由です。子供を人気の小学校に通わせたという気持ちから、2月ごろから不動産を購入しようと動き始めます。

 

他にも新しく勤める会社の近くに引っ越したいので、入社前に合わせて2月から3月に不動産を購入する人が多いのです。2月から3月に比べるとだいぶ数が減りますが、9月から11月にかけての秋口も多いです。

 

これは主に転勤が理由になります。

 

不動産を売却したい人が多くなる時期

売却したい人が多くなる時期
不動産の供給(売却したいという気持ち)が集中する時期は2月から3月または9月から11月になります。

 

実は、需要が多くなる時期と全く同じだったのです。引っ越しが多い時期というのは、入居する人もいれば出ていく人も多くなるので、当たり前といえば当たり前なのかもしれません。

 

子供が独立して、今住んでいる家は広すぎるので住み替えしたいと売却を決断する人が多いのです。また仕事の転勤が決まったので、という理由で売却する人も少なくありません。

 

とにかく不動産が売れない時期

とにかく不動産が売れない時期
不動産売却の取引件数がガクッと落ちるのは8月です。非常に売れにくい時期で、業者も暇を持て余しています。

 

いわゆる閑散期ですね。昔はそこまで閑散としていなかったのですが、昨今では間違いない閑散期として不動産業者の中では常識になってきました。

 

原因は暑すぎる日本の夏のせいだと言われています。暑すぎて不動産見学なんて嫌だ、という方が多いのでしょう。8月はオープンハウスをしてもサッパリです。なかなか人も集まりません。

 

繁忙期は本当に「売り時」なのか

繁忙期は本当に「売り時」なのか
実際に繁忙期に売却したほうが、他の時期よりも高く・早く売れたという事例は多くあります。特に状態や条件のいい不動産になると、購入者側の取り合いが発生するほど。

 

相場よりも価格を高くしても売却できることも多くあります。しかし繁忙期にはデメリットも存在します。それはライバルの出現です

 

繁忙期には他の不動産も多数出てくる時期でもあります。購入希望者は条件のいい不動産から見学していきます。つまり条件がいい不動産からなくなり、その分購入希望者の数も減るのです。

 

ほかの時期に出していれば、いい不動産と思われていたはずの不動産が、強力なライバルの出現のために「人気のない不動産」として扱われるかもしれません。

 

すべての不動産が繁忙期に売却すれば成功するのかと聞かれたら、疑問が残るのは「ライバル出現の可能性」のせいです。

 

強力なライバルの出現以上に、売却期間を遅らせる要素はありません。 

 

繁忙期以外に売る場合

繁忙期以外に売る場合
繁忙期以外で不動産売却する場合はどうでしょうか。ライバルになる不動産が出にくい時期であるので、競合によって自分の不動産が埋もれることはないでしょう。

 

しかし自分の不動産の特徴を把握せずに、販売価格を高く設定すれば話は別です。ライバルがいなくても売れ残ってしまうことがありえます。

 

売れ残ってしまうと、恰好の価格交渉対象になってしまいがちです。ライバルがいないからと言って、強気の値段設定にしたら本来の価値価格よりも安く売れてしまいかねません。

 

そもそもお客さんの数も多くない時期なので、売れ残りの可能性はさらに高まるでしょう。

 

また、高く売る方法として他にも、複数の不動産会社にみてもらう方法があります。

 

詳細については「不動産売却の一括査定のおすすめは?【2017年最新のランキング】」をご確認ください。

 

まとめ

ここまで読んだ読者の方は、「じゃあ一体いつが本当の売り時なのか」と思われている人も少なくないでしょう。

 

繁忙期も繁忙期以外の時期もメリットとデメリットが存在します。だからこそ、どの不動産にも通用する「売り時」というのは存在しないという結論が正しいのではないでしょうか。

 

自分の不動産の価値に見合った価格設定にして、ある程度の広告露出をしておけば、どんな不動産でもいずれ売れます。問題は売れる時期が早いか遅いかなのです。

 

むやみに時期にとらわれずに、自分の不動産に対して正しい価格で売り出すことのほうに集中しましょう。

関連ページ

プロが教える不動産売却5つの注意点/手続き・費用・会社選びまで完全ガイド
代理人に手続きを任せるためには必要不可欠!不動産売却の委任状を解説
元・不動産業者が教える!「不動産売却の方法」知られざる3つの知識
知らなきゃ大変なことに?不動産売却後の確定申告について解説
不動産売却の「つなぎ融資」とは?最低限おさえておくべき基礎知識を解説
不動産売却のトラブルはつきもの?トラブル事例と解決方法を解説
日割り計算の精算方法を完全ガイド!不動産売却の「固定資産税」全知識
告知すべき3つの不動産売却の理由とよく見られる家を売る理由11選
大手か地場か分かる!不動産売却業者の選び方5つのポイントを解説
売却を任せて大丈夫な不動産業者とは?失敗しない業者選びのコツ
不動産売却における詐欺とは?手口や対策方法について解説
不動産売却の税金は4種類!節税方法から確定申告の仕方まで完全ガイド
課税対象から節税方法まで解説!不動産売却における「消費税」の全知識
不動産譲渡所得税は特別控除で減税!売却で出た税金を節税する全知識
不動産売却で「非課税になる税金」と「必ず課税される税金」をシンプルに解説
支給額が減額される?不動産売却と年金の関係について解説
不動産売却は途中でキャンセルできる?違約金が発生するタイミングについて解説
不動産売却すると配偶者控除が受けられないって本当?
購入して5年以内に不動産を売却するなら!絶対に知っておくべき必須知識
5年後の方がお得になる?!不動産売却における税金ガイド
不動産売却にかかる期間を完全ガイド!3ヶ月以内に売るコツも大公開
競合がいても不動産売却を成功させるコツと注意すべき点を徹底解説
知らないと損する!不動産売却の広告の種類と特徴について解説
不動産売却におけるさまざまな不安を徹底的に解消
不動産売却は大手に頼めばいいという事はない!おすすめの不動産売却方法
遠隔地の不動産をスムーズに売却するためのコツを分かりやすく解説
プロがわかりやすく解説!不動産売却後に使えるお得な3つの特別控除
不動産を売却しても確定申告は不要?初めて不動産売却する人向けに解説
申告しないと大変なことに?!不動産売却で申告が必要なケースとは
複数の不動産業者に売却依頼/主なメリットと注意点を徹底解説
財産分与で不動産売却するなら絶対に知っておくべき必須知識
共有名義の不動産を売却する3つの方法を完全ガイド!注意点や基礎知識も解説
不動産売却すると贈与税がかかる? 初心者向け贈与税ガイド
不動産売却には必須?「権利証」に関する3つの必須知識をプロが解説
不動産売却の値下げを完全攻略!効果的な値下げ幅から交渉テクまで解説
日本人とは一味違う?!外国人に不動産売却する際に注意すべきポイント
山という不動産を売却する際に絶対に知っておくべき知識を徹底解説
買主や業者に通知する?不動産売却のマイナンバー取り扱いガイド
手数料無料の不動産売却って本当に大丈夫?無料になるカラクリを解説
売却するなら必要不可欠?!不動産売却で弁護士が必要になるケース
自分では何も決められない?破産管財人がついた場合の不動産売却を徹底解説
親権者有無の違いや法定代理人も解説!未成年の不動産売却を完全ガイド