住みながら売却

最終更新日:2018年1月7日

住みながら売却を成功させる全知識

住みながら売却を成功させる全知識
「住みながら売却する方法」について調べている人は、以下のような不安や疑問を解決するために情報収集しています。

 

あなたも同じような疑問や不安をもっていませんか?

・住みながら売却するメリット・デメリットを知りたい
・住みながら売却をスムーズに行うためのコツを教えてほしい
・住みながら売却するケースに強い不動産業者ってどこなのだろうか・・・

上記のような疑問や不安を持っているのに解決しないまま、住みながら売却する方法に挑戦してはいけません。

 

住みながら売却するのは通常の売却とは違って、おさえておくべき知識も違います。

 

適切な知識が理解できていないので、あなたが納得いく金額で売却できない可能性が高まります。

 

せっかく住みながら売却するのであれば、誰よりもうまく、自分が納得いく売却結果になってほしいですよね?

 

そこで今回の記事では「住みながら売却する方法」に関する疑問・不安について、元・不動産業者である筆者が回答していきます。

 

この記事を読めば、あなたが知っておくべき「住みながら売却する方法」に関する知識は、すべて網羅できるとお約束します。

 

読み終えた時には、

  • 「住みながら売却するメリット・デメリット」
  • 「住みながら売却をするための6つのポイント」
  • 「住みながら売却するケースにおける4つのよくある質問」
  • 「住みながら売却するケースに強い不動産業者3選」

についてしっかりと理解できていることでしょう。ぜひ最後までご覧ください。

【裏技】売却しなくてもOK!まずは不動産会社に査定相談しよう!

大手・中堅~地域密着の不動産会社から、あなたの売却予定の不動産に強い会社を自動マッチング!
さらには、利用者数1,000万人と一括査定では圧倒的No.1で安心実績。

イエウール

https://ieul.jp/


>利用者1,000万人以上で一括査定No.1の安心実績!<
>最大6社の査定比較で500万円高く売れた事例も!<

 

住みながら売却するメリット・デメリット

住みながら売却するメリット・デメリット
まず紹介するのは「住みながら売却するメリット・デメリット」です。

 

住みながら売りに出すことの最大のメリットは、受け渡しの直前まで同じ環境で暮らすことが可能な点です。

 

その影響で、引っ越しの手間やコストが1回で済みます。

 

新居にすぐ住み始めることができれば、1回の転居で空室状態を仕立てることが可能になります。

 

新居の受け渡し日までの期間が長い場合、空室状態を作るためだけに限定的に家を借りることもあるでしょう。

 

しかし賃貸契約のせいで敷金、礼金、仲介手数料、火災保険料、保証人不要契約の保証料などが求められます。

 

転居代なども合わせると、家賃のおよそ6~7か月分の初期費用がプラスされてしまいます。

 

住宅ローンを組んでいる際には、毎月の返済と家賃の支払いが積み重なって金銭的にかなりの負担に変容します。

 

そのため、あまり現実的ではないですよね。やはり経済的には「住みながら売却」ができるのが最も良い方法です。

 

では住みながらの売却は、どのような良い点と悪い点があるのでしょうか。

 

ざっとまとめてみましょう。

住みながら売却する3つのメリット

  1. 受け渡し日の直前まで生活を送ることが可能
  2. 買主に住みやすさや管理、ご近所の状況について直接レクチャーできる
  3. 買主に家財の配置や生活のニュアンスを伝えることが可能

住みながら売却する3つのデメリット

  1. 売主は内覧に立ち会う必要がある
  2. 売主は自分が日々を過ごしている様子を見せないといけない
  3. 買い主は即入居出来ないので売却に経験を要する

 

住みながら売却するより空き家の方が売れやすい

ここまでメリット・デメリットを紹介してきましたが、元・不動産業者の筆者の見解を述べましょう。

 

住みながら家を売ることは実現できますが、空き家にしてから世に出した方が、圧倒的に早くバイヤーが見つかります。

 

まったく共通した条件の物件でも、空き家である物件は比較的早くバイヤーが見つかります。

 

在宅中の物件は売れ残ってしまっているという場合もかなりあります。

 

居住者がいる家だとどうがんばっても生活感が見受けられます。

 

そのため、バイヤーとしてはその家に自分が暮らしている姿をイメージし辛いでしょう。

 

バイヤー側からしてみても、家を買うということは人生に一度あるのか否かの重大イベントです。

 

可能だとしたら細かい部分なども、ちゃんと納得のいくまでチェックしたいという気持ちを持っています。

 

しかし、人が生活している家となると躊躇してしまう人も多いのです。

 

その結果、理想通りの内見ができず、購入まで結びついていないケースは数多くあります。

 

中には、最初から居住中の家は購入検討外というバイヤーさんもいます。

 

逆に空き家と化していると、内見の際にひとつ残らずじっくりとチェックすることが出来ます。

 

さらに「他のバイヤーに先に買われてしまうかも?」というコンペ的な心理が働くのか、購入にアグレッシブになる場合も多いです。

 

だからこそ、金銭面で余裕があるのであれば、一時期的な我が家を見つけるのもOKです。

 

空き家にして世に出した方が、買主を早く探し出すことのできる可能性はアップするといえます。

 

しかし、誰も住んでいない家にしたからといって、必ず家が売却できるということにはなりません。

 

売却に時間が掛かると住宅ローンに加え、仮住まいの賃貸料と金銭的な負担がひろがります。

 

空き家にして販売するかどうかは自分で決めつけるのは危険です。初めに必ず不動産会社に話し合いをしてください。

 

誰も住んでいない家にすることですぐにバイヤーがみつかりそうなのであれば、事前の転居を検討しましょう。

 

そうでもない場合は、このまま住みながら家を売りに出すという選択をした方がいいです。

 

売却における居住中と空室の違いについては、当サイトの過去記事である「空き家と居住中はどっちがマンション売却に有利なの?実例を交えて解説」にて詳しく解説しておりますので、気になる方はチェックしてみてください。

 

今回の記事の内容が、より理解ができることでしょう。

 

ここまでは、「住みながら売却するメリット・デメリット」をお伝えしました。

 

住みながら売却することによって生じる利点と欠点について、理解していただけたのではないでしょうか。

 

次に紹介するのは、「住みながら売却をするための6つのコツ」です。

 

住みながら売却をするための6つのポイント

住みながら売却をするための6つのポイント
マイナスポイントを知ると、「やっぱり住みながら家を売却するのは不安だな…」という方もおられるでしょう。

 

しかし今の家を住みながら販売するという手段は、転居にかかる手間や費用をセーブして売却できます。

 

売主にとっては、プラスの点が多いことなのは事実です。

 

確かに住みながら売却するのは難易度が高いです。

 

しかしコツやポイントをしっかりとつかんでおけば、住みながら売却することも可能です。

 

さまざまな不安もあると思いますが、しっかりと対策をしておけば大丈夫ですよ。

 

そこでこの章では、あなたの不安や疑問を払拭させる「住みながら売却をするための6つのポイント」をご紹介します。

 

住みながら売却するのを成功させる具体的なポイントは、以下の通りになっています。

住みながら売却をするための6つのポイント

  1. 綿密な売却スケジュールを組む
  2. 内覧希望には可能な限り応じる
  3. キレイな状態で内覧者を迎える
  4. 小さい子どもに要注意
  5. ペットのニオイに注意を払う
  6. リースバックを利用する

 

住みながら売却をするポイント1.「綿密な売却スケジュールを組む」

住みながら販売する場合、譲り渡し日の前日までに引っ越しを終了させなければなりません。

 

受け渡しの時期に合わせて気持ちに余裕を持ち、売却活動を開始することを強くオススメします。

 

販売を開始しても、すぐにバイヤーが見つかるとは断定できません。

 

特に買替えで住宅ローンを使用するケースでは、売却が完結できないと新居の契約が解約になるため要注意です。

 

買主が探し出せれば、契約、決済、譲り渡しなどさまざまな手続きや必要書類の準備と転居で慌ただしくなります。

 

同居している家族の日程表もしっかり熟知し、不動産会社のスタッフと連絡を密にとって、プランを立てて進めましょう。

 

住みながら売却をするポイント2.「内覧希望には可能な限り応じる」

内覧志望者があらわれたら、絶好の機会です。

 

ここで一気に買いたい気持ちを高めて貰い、売却契約確定までこぎつけたいですよね。

 

内覧希望者のやる気が落ちないよう、内覧のブッキングはスムーズに進める必要があります。

 

不動産会社のセールスマンと「予定・スケジュール」「カギの扱い方」を前もって相談をしておくといいでしょう。

 

「日当たりや騒音をチェックしたいので日中と夜に内覧をやりたい」、など、内覧志望者から要望が出てくるケースがあります。

 

そういった状況でも、なるべく協力は行い、可能な限り希望を受け入れるようにしましょう。

 

住みながら売却をするポイント3.「キレイな状態で内覧者を迎える」

内覧の予定が確定したら、すみずみまで念入りに掃除をして、ここに住みたいと決めてもらえる状態にしましょう。

 

モデルルームレベルにできないまでも、なるべく余分なものがない状態で室内を見せるように留意することが大切です。

 

また、転居準備や不用品の処分は、早めに行っておくのが肝心です。

 

要らない品は、トランク収納ルームや実家に預けておくのもしっかりと覚えてください。

 

さらに生活感の現れ易いキッチンや浴室などは、専業の手を借りて綺麗にしておくと印象アップしますよ。

 

どうしても中を公表したくない部屋や収納があるケースでは、不動産会社を通じて前もって伝えておいてください。

 

また住みながらの売却は購入志望者と直接対面し、反応を現在進行系で知ることができるというアドバンテージがあります。

 

買主に気配りしながら、住んでいる人だけが知っている家の魅力をさりげなく主張してみましょう。

 

住みながら売却をするポイント4.「小さい子どもに要注意」

幼い子供がいると内覧中にグズったり、おむつ替えをしたりして、内覧に集中できないことがほとんどです。

 

そのため、自宅近辺に親族が暮らしている場合は、預かってもらうのが一番おすすめです。

 

それがハードルが高すぎるなら、子守をしながらでも内覧者行為ができるように、夫婦揃って在宅しているシチュエーションを設定しましょう。

 

また、遊び道具などのこまごました物が多く見て取れると、部屋が狭く感じてしまいます。

 

一時的にパッとまとめておけるようなトランクボックスなどを用意したり、カバーをかけたりすることをオススメします。

 

住みながら売却をするポイント5.「ペットのニオイに注意を払う

生物のニオイや毛などは住居者は慣れてしまっていても、内覧に来た人的にはとても気にかかるものです。

 

こまめに掃除クリーナーをかけて、消臭剤などをセッティングするようにして内覧に来る人に悪い印象を与えないよう意識しましょう。

 

生き物が苦手な人やアレルギーがある人もいらっしゃいますので、内覧者を迎えるときはペットをケージなどに収めておくようにします。

 

面識のない人が訪ねてくると吠えたりする際には、内覧中はウォーキングに連れて行く、人に預け入れるなど対策が必要です。

 

住みながら売却をするポイント6.「リースバックを利用する」

リースバックとは、売却後にバイヤーと賃貸借契約を結んで元のマイホームに住み続けるという手段です。

 

多くのケースとしてはリースバックを専門に受けつけている業者が、現金で買い上げをしています。

 

リースバックは大きな資金を手に入れながら、昨今までの家に住み続けられるというアドバンテージがあります。

 

家を販売したいけれど、住みながらどうにかしたいという人は、リースバックでの売却を思案するとよいでしょう。

 

リースバックについては、当サイトの過去記事である「ノーリスクの土地活用?「リースバック」を使いこなすための全知識」にて詳しく解説しておりますので、気になる方はチェックしてみてください。

 

今回の記事の内容が、より理解ができることでしょう。

 

ここまでは、「住みながら売却をするための6つのコツ」をお伝えしました。

 

どうすれば住みながらの売却をうまく進めることができるのか、理解していただけたと思います。

 

次に紹介するのは、「住みながら売却するケースにおける4つのよくある質問」です。

 

住みながら売却するケースにおける4つのよくある質問

住みながら売却するケースにおける4つのよくある質問
前章では、住みながら譲渡するケースを成功させるコツについてお伝えしました。

 

次は住みながら売却するケースで、よく挙がることの多い質問に対する回答を紹介していきましょう。

 

今回ピックアップする「住みながら売却」のよくある質問は、以下の通りになっています。

「住みながら売却」の4つのよくある質問

  1. 高く売れないのでは?
  2. お客さんには嫌がられないの?
  3. 急に内覧者が訪れる事はないの?
  4. すぐに引越さなければならないの?

 

「住みながら売却」のよくある質問1.高く売れないのでは?

中古の不動産金額は様々な項目をもとに格付けされます。

 

「立地条件」「築年数」「過去の取引事例」を大事にするので、「居住中」が問題視されて価格が安くなることはありません。

 

建物の中が現在どのようなことになっているかは、そこまで価格に直接影響は及ぼさないのでご安心を。

 

仮に「居住中」を裏付けに査定結果をダウンさせてくる不動産会社は疑いましょう。

 

売却をお願いするのはやめて、他の不動産会社にするようにしてください。

 

しかし設備のダメージや大規模な補修が必要な染み、破損箇所があるケースでは、価格引下げ商談をされる事があります。

 

商談になりたくないなら、予めメンテナンスをしておいた方がいいでしょう。

 

「住みながら売却」のよくある質問2.お客さんには嫌がられないの?

アットホームが行った聞き取り調査によると、「居住中」は否定的な印象を持たれていません。

 

「家具のレイアウトのおかげで日常生活を想像しやすかった」「住む人の生の声が耳に入ってよかった」と返答されています。

 

どちらかと言えば意欲的な印象を持たれています。あなたが思うほど憂慮する必要はありません。

 

いらない心配をするよりは、先述したポイントを頭に叩き込んで上手く売却できるよう、計画を加速させる事に注力しましょう。

 

「住みながら売却」のよくある質問3.急に内覧者が訪れる事はないの?

住みながら家を譲渡する際、現住所が告知されます。

 

しかし内覧志望者が突然訪れたり、郵便投函などで直接コンタクトしてくることはないです。

 

売却活動をオーダーする会社以外の不動産会社や、買取専業店が直接TELを入れてくる事もありません。

 

もしそういったことがあった場合には、媒介契約を結んで売却のお願いをしている不動産会社の存在を十分にアナウンスしてください。

 

他の業者とやり取りするのであれば、オーダーした不動産会社を通じて対応するようにしましょう。

 

直接処理すると媒介契約違反になったり、不具合を起こす恐れがあるので、個人的にリアクションする事は絶対避けてください。

 

「住みながら売却」のよくある質問4.すぐに引越さなければならないの?

すぐに引っ越しできそうにないなら、引き渡しが可能な時期を指し示して売ったりもできます。

 

受け渡しの時期が決まっていないケースでは、引き渡し状況を「相談」としてラベルしましょう。

 

バイヤーが入居を希望する時期をチェックした後、調整して引き渡しの日付をセッティングしましょう。

 

また住みながらの売却は、学校へ行く子たちへのケアも必要です。

 

進学や転校の相関性などもあるので、事前に譲り渡し可能な時期を不動産会社の売却スタッフに伝えてください。

 

そのうえで、今後の日程について調整をしましょう。

 

ここまでは、「住みながら売却するケースにおける4つのよくある質問」をお伝えしました。

 

住みながら売却する際に必ず思い浮かぶ質問に対する回答について、理解していただけたと思います。

 

次に紹介するのは、「住みながら売却するケースに強い不動産業者3選」です。

 

住みながら売却するケースに強い不動産業者3選

住みながら売却するケースに強い不動産業者3選
住みながらの売却を100パーセント成功させるには、不動産業者のチョイスが重要です。

 

不動産業者には得意・不得意があるので、どうせなら居住中の物件売却に力を発揮する業者を選びたいもの。

 

しかし、どの不動産業者が住みながら売却するケースに強いのかわからないですよね。

 

そこでこの章では住みながらの売却に強いオススメの不動産業者を紹介していきます。

 

今回ピックアップするおすすめの不動産会社は、以下の3社です。

住みながら売却するケースに強い不動産業者3選

  1. 三井のリハウス
  2. ピタットハウス
  3. 住友不動産販売

 

住みながら売却するケースに強い不動産業者1.「三井のリハウス」

三井のリハウス」は全国各地の主要都市で不動産売買仲介を敢行している大手不動産企業です。

 

三井のリハウスはよくコマーシャルでもおなじみですが、正式社名は「三井不動産リアルティ」です。

 

親会社は三井不動産でメジャー会社のため、そのブランド力は高いレベルです。

 

商談件数がかなり多いせいか、1軒の問い合わせに対してしつこくする危険性がありません。

 

三井不動産の子会社としての看板があるので、押し売りがないのが魅力です。

 

三井のリハウスはWEB広告に強い会社で、ダントツの「マーケティング力」があります。

 

他社で売れなかった家が三井のリハウスにお願いして比較的短期間で販売される事例も多いです。

 

住みながら譲渡するケース事例も測り知れないので、強い味方になってくれるでしょう。

 

ただハイスピードで捌く必要があるせいか、価格減少の速度が多少早い可能性が高いので気を付けましょう。

三井のリハウスはコチラ

http://www.rehouse.co.jp/

 

住みながら売却するケースに強い不動産業者2.「ピタットハウス」

ピタットハウス」はフランチャイズ企業なので、各地域で見られるピタットハウスは、現地の不動産業者です。

 

ただピタットハウスの看板を掲げてセールスしている以上、一定のクオリティーを備えたサービスを得られます。

 

ピタットハウスにメンバーになる店は、現地の不動産屋でも信望が良い企業だけです。

 

ピタットハウスに参加している小さな企業かもしれませんが、大手不動産会社にはないアドバンテージを持ちます。

 

十二分に地域に密着して長くセールスしてきた不動産会社のテクニックを存分に生かしてくれるでしょう。

 

住みながら譲渡するケースを多く味わった「地域に根差した不動産屋」が売却をサポートしてくれます。

ピタットハウスはコチラ

https://www.pitat.com/

 

住みながら売却するケースに強い不動産業者3.「住友不動産販売」

住友不動産販売」は、住みながら譲渡するケースに強い企業です。

 

売買仲介の取引件数や売買仲介売り上げ数は三井のハウスに続いて堂々の2位。長年の伝統がある企業です。

 

総合不動産会社になりますが、業界の雄である三井のリハウスとは異なるマネージメント戦略を実施しています。

 

三井リハウスは戸建て住宅と分譲マンション、事業所ビルなどの各種不動産事業に注力しています。

 

一方、住友不動産は中古マンションに驚くほど強いです。

 

マンション売買の代理店に関しては、業界ナンバーワンの三井のリハウスに引けを取らない実力があると言っても問題ないでしょう。

 

また住友不動産販売は全国拡大していますが、地方都市には大きな支店を抱えていません。

 

まずは自分が有する不動産のすぐそこに、住友不動産販売の店舗があるのか公式ホームページで一度確認するのをおすすめします。

住友不動産販売はコチラ

https://www.stepon.co.jp/

 

住みながら売却した後に注文住宅を希望する場合のオススメ方法

住みながら売却した後に注文住宅を希望する場合のオススメ方法
ここまで住みながら売却するケースに強い不動産業者を紹介いたしました。

 

住みながら売却するだけなら圧倒的な力を発揮してくれる会社ばかりです。

 

3つのうち、どの会社を選んでも安心して利用できる会社ばかりとなっています。

 

しかし、場合によっては住みながら売却した後に、注文住宅を検討する人もいるでしょう。

 

ここまで紹介した不動産会社はあくまでも売却することだけに特化した会社です。

 

そのため、注文住宅の案件を同時進行する案件には強くありません。

 

となると一番良いのは、注文住宅を専門とする会社に依頼することです。

 

注文住宅を専門とする会社であれば、新居に加えていま住んでいる家に対しての対処法も責任もっておこなってくれます。

 

しかし「信頼できる注文住宅会社なんて知らない・・・」という人がほとんどでしょう。

 

そんな時は大手不動産ポータルサイト「HOME’S」が提供している「注文住宅一括資料請求」を利用してみてください。

 

無料で利用できますので、まずは資料だけでも取り寄せて、自分の理想の家を具現化しましょう。

 

効率的にあなたにぴったりの注文会社と出会うことができますよ。

HOME’Sの注文住宅一括資料請求はコチラ

http://www.homes.co.jp/iezukuri/

 

まとめ

以上、「住みながら売却する方法」をテーマとして主に4つの知識を解説してきましたが、いかがだったでしょうか?

 

紹介した知識さえ押さえておけば、「住みながら売却する方法」に関する知識は、すべて網羅できているのでご安心を。

 

今後、住みながら売却する機会があるなら、今回紹介した知識をぜひ参考にしてみてください。

関連ページ

これからスタートする初心者必見!5分でわかる不動産売却の流れ
不動産売却のコツを3つの要素で大解剖!上手く売れる方法を完全ガイド
プロが教える不動産売却5つの注意点/手続き・費用・会社選びまで完全ガイド
基礎知識から値引きまで!不動産売却のプロ監修「仲介手数料」完全ガイド
不動産買取を6つの要素で大解剖!高く売るコツからお勧め業者まで完全ガイド
元・不動産業者が教える!不動産売却にかかる費用を完全ガイド
税金から売却のコツまで!相続不動産をうまく売却できる3つの必須知識
代理人に手続きを任せるためには必要不可欠!不動産売却の委任状を解説
不動産を高く売るには?業界人だから分かるとっておきの裏技
売買契約の手付金解除とは何が違う?不動産売却のクーリングオフを解説
元・不動産業者が教える!「不動産売却の方法」知られざる3つの知識
知らなきゃ大変なことに?不動産売却後の確定申告について解説
不動産売却チラシに潜む危険!惑わされないようにするためのチェックポイント
不動産売却の「つなぎ融資」とは?最低限おさえておくべき基礎知識を解説
不動産売却のトラブルはつきもの?トラブル事例と解決方法を解説
日割り計算の精算方法を完全ガイド!不動産売却の「固定資産税」全知識
告知すべき3つの不動産売却の理由とよく見られる家を売る理由11選
大手か地場か分かる!不動産売却業者の選び方5つのポイントを解説
売却を任せて大丈夫な不動産業者とは?失敗しない業者選びのコツ
不動産売却における詐欺とは?手口や対策方法について解説
住み替えのために不動産売却する際の注目ポイントを解説
不動産売却の税金は4種類!節税方法から確定申告の仕方まで完全ガイド
課税対象から節税方法まで解説!不動産売却における「消費税」の全知識
お得な特例や特別控除を伝授!不動産売却の住民税を軽くする4つの知識
不動産譲渡所得税は特別控除で減税!売却で出た税金を節税する全知識
不動産売却で「非課税になる税金」と「必ず課税される税金」をシンプルに解説
支給額が減額される?不動産売却と年金の関係について解説
不動産売却は途中でキャンセルできる?違約金が発生するタイミングについて解説
不動産売却すると配偶者控除が受けられないって本当?
売れやすい時期があるって本当?不動産売却の売り時について解説
購入して5年以内に不動産を売却するなら!絶対に知っておくべき必須知識
5年後の方がお得になる?!不動産売却における税金ガイド
方法やリスクを解説!仲介手数料いらず「個人売買」不動産売却を大解剖
不動産売却にかかる期間を完全ガイド!3ヶ月以内に売るコツも大公開
競合がいても不動産売却を成功させるコツと注意すべき点を徹底解説
知らないと損する!不動産売却の広告の種類と特徴について解説
諦めるのはまだ早い!最後の手段となる「不動産任意売却」の全知識
不動産売却における「よくある悩み」とその解消方法
不動産売却におけるさまざまな不安を徹底的に解消
不動産売却は大手に頼めばいいという事はない!おすすめの不動産売却方法
遠隔地の不動産をスムーズに売却するためのコツを分かりやすく解説
プロがわかりやすく解説!不動産売却後に使えるお得な3つの特別控除
不動産を売却しても確定申告は不要?初めて不動産売却する人向けに解説
申告しないと大変なことに?!不動産売却で申告が必要なケースとは
複数の不動産業者に売却依頼/主なメリットと注意点を徹底解説
財産分与で不動産売却するなら絶対に知っておくべき必須知識
共有名義の不動産を売却する3つの方法を完全ガイド!注意点や基礎知識も解説
不動産売却すると贈与税がかかる? 初心者向け贈与税ガイド
不動産売却には必須?「権利証」に関する3つの必須知識をプロが解説
初めての売却でも大丈夫!初心者向け不動産売却Q&A
これから売却を始める必見!不動産売却をすでに経験したお客様の声まとめ
不動産売却の値下げを完全攻略!効果的な値下げ幅から交渉テクまで解説
日本人とは一味違う?!外国人に不動産売却する際に注意すべきポイント
山という不動産を売却する際に絶対に知っておくべき知識を徹底解説
買主や業者に通知する?不動産売却のマイナンバー取り扱いガイド
手数料無料の不動産売却って本当に大丈夫?無料になるカラクリを解説
売却するなら必要不可欠?!不動産売却で弁護士が必要になるケース
自分では何も決められない?破産管財人がついた場合の不動産売却を徹底解説
親権者有無の違いや法定代理人も解説!未成年の不動産売却を完全ガイド
不動産売却にかかせない「レインズ」とは?押さえておくべき必須知識を解説