不動産売却 固定資産税

最終更新日:2018年3月2日

「不動産売却における固定資産税」に関する知識を全て解説

「不動産売却における固定資産税」に関する知識を全て解説
「不動産売却における固定資産税」といえば、知識がない人にとっては非常に難解で、不安を煽る問題となります。

 

だからこそ「不動産売却における固定資産税」について、いまだに納得いく回答を得られぬまま、調べている人は多いです。

 

具体的には「不動産売却における固定資産税」に関して、下記に示すような不安や疑問を解決すべく情報収集しています。

 

あなたも以下に示す内容と、同じような疑問や不安をもっていませんか?

・固定資産税の基礎知識をわかりやすく教えて欲しい
・不動産売却したときの固定資産税の納税対象者は誰になるの?
・不動産売却金額と固定資産税の関係性ってどうなっているの?
・不動産売却における固定資産税の日割り計算の考え方を詳しく知りたい
・固定資産税の取り扱いで注意すべきポイントは何?

上記のような疑問や不安を持っているのに解決しないまま、不動産売却に挑戦しようとしてはいけません。

 

不動産売却における固定資産税に関する知識が足りていないので、このままではあなたが望む結果にならないでしょう。

 

せっかく不動産売却に挑戦するのであれば、固定資産税の不安を払拭したうえで、安心して取引したいですよね?

 

そこで今回の記事では「不動産売却における固定資産税」に関する疑問・不安について、元・不動産業者である筆者が回答していきます。

 

この記事を読めば、あなたが知っておくべき「不動産売却における固定資産税」に関する知識は、すべて網羅できるとお約束します。

 

読み終えた時には、

  • 「最初に知るべき不動産売却における固定資産税の基礎知識」
  • 「不動産売却したときの固定資産税の納税対象者は誰になる?」
  • 「おさえておくべき不動産売却金額と固定資産税の関係性」
  • 「不動産売却における固定資産税の日割り計算の考え方」
  • 「不動産売却をする時の固定資産税取り扱いの注意点」

についてしっかりと理解できていることでしょう。ぜひ最後までご覧ください。

超大手6社に厳選!不動産の最高額をチェック

すまいValue

https://sumai-value.jp/

>超大手6社に厳選していて安心感抜群の一括査定<
>利用者数も10万人以上と実績も間違いない<

※田舎や地方は非対応のため「イエウール」をオススメします。

 

最初に知るべき不動産売却における固定資産税の基礎知識

最初に知るべき不動産売却における固定資産税の基礎知識
まず紹介するのは「最初に知るべき不動産売却における固定資産税の基礎知識」です。

 

「不動産売却における固定資産税」を理解するうえでは非常に重要な知識なので、しっかりとおさえておきましょう。

 

ここでお伝えしたいことを先にピックアップしておくと、以下の通りになります。ぜひ目を通してみてください。

最初に知るべき不動産売却における固定資産税の基礎知識

  1. 固定資産税は地域に納税する「地方税」
  2. 納税義務者は固定資産税台帳に書かれた人

要点を簡潔にまとめたので、ここではどんなことを解説するのか、ざっと理解できたのではないでしょうか。

 

ではさっそく、上記に記したお伝えしたいことの詳細について、次項よりくわしく解説していきます。

 

固定資産税は地域に納税する「地方税」

固定資産税の詳細は、地方税法において義務付けられ、課税対象は「その固定資産の所在する市町村」となっています。

 

ただ、東京23区に限っては区ではなく、他の地方とは違って「都」が課税主体となっています。

 

納税義務者は固定資産税台帳に書かれた人

納税義務者はどのように取り決められているのでしょうか? 

 

税法上では「固定資産税台帳に所有者として登録手続きされている者」と定められています。

 

ちなみに固定資産税以外の不動産売却に関わる税金については、当サイトの過去記事である「不動産売却の税金は4種類!節税方法から確定申告の仕方まで完全ガイド」にて詳しく解説しておりますので、気になる方はチェックしてみてください。

 

さらに詳しく解説した記事になっているのでここまで解説してきた内容が、より一層理解できることでしょう。

 

ここまでは、「最初に知るべき不動産売却における固定資産税の基礎知識」をお伝えしました。

 

固定資産税は地方税に分類される税金だと、理解していただけたと思います。

 

紹介した基礎知識は「不動産売却における固定資産税」において必要な知識なので、忘れないようにしてください。

 

ただし「不動産売却における固定資産税」の関する疑問・不安を払拭するために必要な知識は、この限りではありません。

 

実際に「不動産売却したら、固定資産税は誰が納税するのか」に関しては、まだわからないでしょう。

 

そこで次は「不動産売却したときの固定資産税の納税対象者は誰になる?」について紹介していきます。

 

不動産売却したときの固定資産税の納税対象者は誰になる?

不動産売却したときの固定資産税の納税対象者は誰になる?
この章では「不動産売却したときの固定資産税の納税対象者は誰になる?」について解説していきましょう。

 

「不動産売却における固定資産税」を理解するうえでは非常に重要な知識なので、しっかりとおさえておいてください。

 

ここでお伝えしたいことを先にピックアップしておくと、以下の通りになります。ぜひ目を通してみてください。

不動産売却したときの固定資産税の納税対象者は誰になる?

  1. 1月1日の時点で台帳に書かれている人が納税対象者
  2. 不動産売却した場合の納税義務者は法律では定められていない

要点を簡潔にまとめたので、ここではどんなことを解説するのか、ざっと理解できたのではないでしょうか。

 

ではさっそく、上記に記したお伝えしたいことの詳細について、次項よりくわしく解説していきます。

 

1月1日の時点で台帳に書かれている人が納税対象者

年度の最初の段階で固定資産税台帳に表記されている人が、その年の固定資産税を支払う義務があります。

 

つまり1月1日に台帳に表記されている人が、納税対象者となります。

 

もし1月1日に所有権が移ったとしても、該当の年になっている納税義務者は1月1日の所有者です。

 

不動産売却した場合の納税義務者は法律では定められていない

1年間の途中、例えば6月30日で売却したケースになると、いかように固定資産税は取り扱いされるのでしょうか? 

 

1月1日に登録していた人が、1年間分の税金を納入しないといけないとすれば、不公平感が生まれます。

 

しかし、不公平感について、特に法律では取り決められていません。

 

その時々の習慣にならって処理するというのが、メジャーな方法となっています。

 

ここまでは、「不動産売却したときの固定資産税の納税対象者は誰になる?」をお伝えしました。

 

固定資産税の納税対象者は、台帳に書かれている人物になると、理解していただけたと思います。

 

紹介した納税対象者の知識は「不動産売却における固定資産税」において必要な知識なので、忘れないようにしてください。

 

ただし「不動産売却における固定資産税」の関する疑問・不安を払拭するために必要な知識は、この限りではありません。

 

実際に「不動産売却金額に固定資産税はどんな影響をもたらすのか」に関しては、まだわからないでしょう。

 

そこで次は「おさえておくべき不動産売却金額と固定資産税の関係性」について紹介していきます。

 

おさえておくべき不動産売却金額と固定資産税の関係性

おさえておくべき不動産売却金額と固定資産税の関係性
この章では「おさえておくべき不動産売却金額と固定資産税の関係性」について解説していきましょう。

 

「不動産売却における固定資産税」を理解するうえでは非常に重要な知識なので、しっかりとおさえておいてください。

 

ここでお伝えしたいことを先にピックアップしておくと、以下の通りになります。ぜひ目を通してみてください。

おさえておくべき不動産売却金額と固定資産税の関係性

  1. 固定資産税は公示価格の7割程度になる
  2. 固定資産税から売却金額を決めるのは欠点がある

要点を簡潔にまとめたので、ここではどんなことを解説するのか、ざっと理解できたのではないでしょうか。

 

ではさっそく、上記に記したお伝えしたいことの詳細について、次項よりくわしく解説していきます。

 

固定資産税は公示価格の7割程度になる

固定資産税に関していえば、公示価格の70パーセント程度が目安となっています。

 

ちなみに年1回更新される公示価格とは全く異なっていて、固定資産税は3年に1回の頻度で更新されます。

 

固定資産税から売却金額を決めるのは欠点がある

固定資産税評価額から売却金額を算定することは、路線価から簡単に評価額を知ることができるメリットがあります。

 

一方、市場価格(売却価格)とのズレが常にもたらされている、というデメリットもあるのです。

 

ここまでは、「おさえておくべき不動産売却金額と固定資産税の関係性」をお伝えしました。

 

固定資産税をベースとして売却金額を決めるのには欠点があると、理解していただけたと思います。

 

紹介した売却金額の関係性は「不動産売却における固定資産税」において必要な知識なので、忘れないようにしてください。

 

ただし「不動産売却における固定資産税」の関する疑問・不安を払拭するために必要な知識は、この限りではありません。

 

実際に「不動産売却時に売主と買い主との固定資産税の支払い割合の決め方」に関しては、まだわからないでしょう。

 

そこで次は「不動産売却における固定資産税の日割り計算の考え方」について紹介していきます。

 

不動産売却における固定資産税の日割り計算の考え方

不動産売却における固定資産税の日割り計算の考え方
この章では「不動産売却における固定資産税の日割り計算の考え方」について解説していきましょう。

 

「不動産売却における固定資産税」を理解するうえでは非常に重要な知識なので、しっかりとおさえておいてください。

 

ここでお伝えしたいことを先にピックアップしておくと、以下の通りになります。ぜひ目を通してみてください。

不動産売却における固定資産税の日割り計算の考え方

  1. 不動産売却する時は新たな所持者と日割り計算する
  2. 日割り計算は支払い期日を起点とする

要点を簡潔にまとめたので、ここではどんなことを解説するのか、ざっと理解できたのではないでしょうか。

 

ではさっそく、上記に記したお伝えしたいことの詳細について、次項よりくわしく解説していきます。

 

不動産売却する時は新たな所持者と日割り計算する

仮に6月30日で売却契約をしたとすれば、元々の持ち主が1月1日から6月30日までの分の担当です。

 

そして、買主が7月1日から12月31日までの金額を請け負うことになります。

 

日割り計算は支払い期日を起点とする

買主から売主にお金が支払われる決済の日をベースにして、それぞれの負担額を決めるという方法がとられています。

 

つまり、実際の支払い期日の前日までを売主が受け持ちし、期日以降の分を買主が負担するという仕組みです。

 

ここまでは、「不動産売却における固定資産税の日割り計算の考え方」をお伝えしました。

 

固定資産税の日割り計算は契約日ではなく、支払い期日を起点にすると、理解していただけたと思います。

 

紹介した日割り計算方法は「不動産売却における固定資産税」において必要な知識なので、忘れないようにしてください。

 

ただし「不動産売却における固定資産税」の関する疑問・不安を払拭するために必要な知識は、この限りではありません。

 

実際に「不動産売却をする時の固定資産税について、何に気をつければミスがないのか」に関しては、まだわからないでしょう。

 

そこで次は「不動産売却をする時の固定資産税取り扱いの注意点」について紹介していきます。

 

不動産売却をする時の固定資産税取り扱いの注意点

不動産売却をする時の固定資産税取り扱いの注意点
この章では「不動産売却をする時の固定資産税取り扱いの注意点」について解説していきましょう。

 

「不動産売却における固定資産税」を理解するうえでは非常に重要な知識なので、しっかりとおさえておいてください。

 

ここでお伝えしたいことを先にピックアップしておくと、以下の通りになります。ぜひ目を通してみてください。

不動産売却をする時の固定資産税取り扱いの注意点

  • 地域によって固定資産税の起算日は違うので要注意
  • 税額の負担割合は当事者の話し合いの結果に依存する
  • 固定資産税は3年で更新される

要点を簡潔にまとめたので、ここではどんなことを解説するのか、ざっと理解できたのではないでしょうか。

 

ではさっそく、上記に記したお伝えしたいことの詳細について、次項よりくわしく解説していきます。

 

地域によって固定資産税の起算日は違うので要注意

固定資産税は1月1日の時点で、台帳に取り上げられている人に納税義務が課せられています。

 

しかし関東ではその1月1日を起算日に設定されていますが、関西では4月1日となっています。

 

税額の負担割合は当事者の話し合いの結果に依存する

売買契約が成立したとしても、台帳情報が間髪入れずに買主に移行するわけではありません。

 

そのため、税額の負担割合は、売買を控えている対象者同士で話し合いの元、決定する必要があります。

 

固定資産税は3年で更新される

更新した翌年に売買契約するときは、税額が異なっている可能性がありますので、再度確認する必要があります。

 

しかし金額が急に劇的に変わるということは、常識的にはそこまで考えられません。

 

ここまでは、「不動産売却をする時の固定資産税取り扱いの注意点」をお伝えしました。

 

固定資産税の起点日は地域によって変わってくると、理解していただけたと思います。

 

紹介した注意点は「不動産売却における固定資産税」において必要な知識なので、忘れないようにしてください。

超大手6社に厳選!不動産の最高額をチェック

すまいValue

https://sumai-value.jp/

>超大手6社に厳選していて安心感抜群の一括査定<
>利用者数も10万人以上と実績も間違いない<

※田舎や地方は非対応のため「イエウール」をオススメします。

 

まとめ

以上、「不動産売却における固定資産税」をテーマとして、様々な知識を解説してきましたが、いかがだったでしょうか?

 

紹介してきた知識は、「不動産売却における固定資産税」において必要な知識なので、かならず吸収しておくようにしてください。

 

逆をいえば上記の知識さえ押さえておけば、「不動産売却における固定資産税」に関する知識は、すべて網羅できているといえるでしょう。

 

今後、不動産売却をする機会があるなら、今回紹介した知識をぜひ参考にしてください。

関連ページ

プロが教える不動産売却5つの注意点/手続き・費用・会社選びまで完全ガイド
代理人に手続きを任せるためには必要不可欠!不動産売却の委任状を解説
元・不動産業者が教える!「不動産売却の方法」知られざる3つの知識
知らなきゃ大変なことに?不動産売却後の確定申告について解説
不動産売却の「つなぎ融資」とは?最低限おさえておくべき基礎知識を解説
不動産売却のトラブルはつきもの?トラブル事例と解決方法を解説
告知すべき3つの不動産売却の理由とよく見られる家を売る理由11選
大手か地場か分かる!不動産売却業者の選び方5つのポイントを解説
売却を任せて大丈夫な不動産業者とは?失敗しない業者選びのコツ
不動産売却における詐欺とは?手口や対策方法について解説
不動産売却の税金は4種類!節税方法から確定申告の仕方まで完全ガイド
課税対象から節税方法まで解説!不動産売却における「消費税」の全知識
不動産譲渡所得税は特別控除で減税!売却で出た税金を節税する全知識
不動産売却で「非課税になる税金」と「必ず課税される税金」をシンプルに解説
支給額が減額される?不動産売却と年金の関係について解説
不動産売却は途中でキャンセルできる?違約金が発生するタイミングについて解説
不動産売却すると配偶者控除が受けられないって本当?
売れやすい時期があるって本当?不動産売却の売り時について解説
購入して5年以内に不動産を売却するなら!絶対に知っておくべき必須知識
5年後の方がお得になる?!不動産売却における税金ガイド
不動産売却にかかる期間を完全ガイド!3ヶ月以内に売るコツも大公開
競合がいても不動産売却を成功させるコツと注意すべき点を徹底解説
知らないと損する!不動産売却の広告の種類と特徴について解説
不動産売却におけるさまざまな不安を徹底的に解消
不動産売却は大手に頼めばいいという事はない!おすすめの不動産売却方法
遠隔地の不動産をスムーズに売却するためのコツを分かりやすく解説
プロがわかりやすく解説!不動産売却後に使えるお得な3つの特別控除
不動産を売却しても確定申告は不要?初めて不動産売却する人向けに解説
申告しないと大変なことに?!不動産売却で申告が必要なケースとは
複数の不動産業者に売却依頼/主なメリットと注意点を徹底解説
財産分与で不動産売却するなら絶対に知っておくべき必須知識
共有名義の不動産を売却する3つの方法を完全ガイド!注意点や基礎知識も解説
不動産売却すると贈与税がかかる? 初心者向け贈与税ガイド
不動産売却には必須?「権利証」に関する3つの必須知識をプロが解説
不動産売却の値下げを完全攻略!効果的な値下げ幅から交渉テクまで解説
日本人とは一味違う?!外国人に不動産売却する際に注意すべきポイント
山という不動産を売却する際に絶対に知っておくべき知識を徹底解説
買主や業者に通知する?不動産売却のマイナンバー取り扱いガイド
手数料無料の不動産売却って本当に大丈夫?無料になるカラクリを解説
売却するなら必要不可欠?!不動産売却で弁護士が必要になるケース
自分では何も決められない?破産管財人がついた場合の不動産売却を徹底解説
親権者有無の違いや法定代理人も解説!未成年の不動産売却を完全ガイド