不動産売却 期間

「不動産売却にかかる期間」について知りたい人へ

最終更新日:2019年11月2日
「不動産売却にかかる期間」について知りたい人へ
「不動産売却にかかる期間」について調べている人は、以下のような不安や疑問を解決するために情報収集しています。

 

あなたも同じような疑問や不安をもっていませんか?

・不動産売却って、大体どれくらいの期間でできるものなの?
・不動産売却の期間を早めることと遅くすること、それぞれのメリットが知りたい。
・なるべく不動産売却の期間を早くしたいのだけど、どうすればいい?

上記のような疑問や不安を持っているのに解決しないまま、不動産売却をしようとしてはいけません。

 

自分の不動産売却期間が早かったのか遅かったのかわからないでしょうし、そもそもあなたの不動産は早く売却しない方がいいケースかもしれません。

 

せっかく大切な不動産を売却するのですから、自分が納得いく結果で売り切りたいですよね?

 

そこで今回の記事では「不動産売却の期間」に関する疑問・不安について、元・不動産業者である筆者が回答していきます。

 

この記事を読めば、あなたが知っておくべき「不動産売却の期間」に関する知識は、すべて網羅できるとお約束します。

 

読み終えた時には、

  • 「プロが教える不動産売却にかかる期間」
  • 「不動産売却期間を早くするメリット」
  • 「不動産売却期間を遅くするメリット」
  • 「3ヵ月以内の期間に不動産売却するのは可能なのか」

についてしっかりと理解できていることでしょう。ぜひ最後までご覧ください。

超大手6社に厳選!不動産の最高額をチェック

すまいValue

https://sumai-value.jp/

>超大手6社に厳選していて安心感抜群の一括査定<
>利用者数も10万人以上と実績も間違いない<

※田舎や地方の方はNTTグループ運営「HOME4U」をオススメします。

 

プロが教える不動産売却にかかる期間

プロが教える不動産売却にかかる期間
まず紹介するのは「プロが教える不動産売却にかかる期間」です。

 

結論からいいますと、不動産売却に要する期間は、順調に進めば半年はかかりません。

 

不動産の売り渡しは自信の大切な財産を売却するという、非常に大きな分かれ目にもなります。

 

一緒にお仕事をされている方や、不動産業界に身を置く方と相談して、間違いのない判断をするようにしましょう。

 

この章では不動産売却にかかる期間を、各行程で行うべきことと絡めながら解説していきます。

 

不動産売却の期間1.不動産査定は7日前後

査定に要する日数は4日~7日です。

 

自身の不動産がどれほどの価値があるのか検査して金額を割り出します。

 

不動産業者が、以前と同様の案件を確認し、その価値を割り出すことになるでしょう。

 

「簡易査定」ならその日の内に分かる場合もありますが、より精密な金額を知りたいのであれば、不動産業者に訪問してもらい金額を出す「訪問査定」にしましょう。

 

簡易査定も訪問査定も手数料などは一切かかりません。

 

不動産売却の期間2.不動産業者を決定するのは3日~5日前後

不動産業者を決めるために要する日数は3日~5日前後です。

 

色々な業者にアプローチして「この業者にしよう」と判断がついたところで媒介契約をします。

 

媒介契約とは不動産を売り払う際に仲介業務を委託することで、適用期間は一番かかったとして90日です。

 

90日以内で売却できなければ、契約期間を延ばすか別のところで再度検討する形になります。

 

不動産売却の期間3.不動産の買い手を探すのに90日前後

不動産の買い取り手を探すのに要する日数は90日です。

 

媒介契約を締結した不動産会社が派手に広告を出します。

 

パンフレットの配布、メディア、情報媒体等を利用して幅広く公表し、まずは色々な方々に注目されるよう宣伝します。

 

告知行動を続けることによって、売りに出した物件に興味がある方が出てくるでしょう。

 

関心を持った方は自主的に売り出した物件に来てもらい、実際の建物を見て頂きます。

 

告知行動はもちろんのこと、実際に建物を見て頂くことが、売り出した物件を迅速に売り捌くために一番必要になってくる部分になります。

 

告知から見学が順調に進めば、90日もしない内に売れることもありますよ。

 

逆にどれほど良好な物件でも告知行動や実際の建物を見て頂く部分で失敗すると、丸一年買い取り手が見つからないことも。

 

不動産売却の期間4.契約は7日前後

契約に要する日数は4日~7日前後です。

 

物件を見て頂いた後で、購入したい方が決まった場合は契約の段取りをします

 

通常では契約する際、不動産価格の10%の手付金を受け取るのが一般的です。

 

手付金を受け取ることにより、突然の契約解除の防止になりますよ。

 

不動産売却の期間5.引き渡しは30日前後

引き渡しまでに要する日数は30日前後です。

 

申込者がキャッシュや住宅ローンで準備したお金を受領し、司法書士に名義を変えてもらいます。

 

問題なく名義が帰られたら鍵を譲渡し、不動産売却の手筒機は一通り終了になります。

 

不動産の売却期間を決定する要素とは

前項にて、不動産を売り捌くのに必要な日数について書きました。

 

それぞれの段階でかかる日数はどれほどか、ご理解頂けたと思います。

 

ここまで読んだ方の中には、不動産の売り払う日数を決める要素は何なのか気になっている人もいると思います。

 

不動産を売り払う手順の中で、もっとも時間を費やすのが「売却活動」です。

 

景気が良い際にはいかなる不動産も売りに出してから40日~50日前後で売り捌く事が可能でした。

 

ただし、現在は以前のようにはいきません。

 

たくさんの不動産が売り出されるようになったため、買い手が決めるのが簡単ではなくなりました。

 

よほど順調にいったとしても90日ほど日数を要します。

 

90日経過すれば売り払うことが可能な不動産も存在しますが、期間が良くない時は、それを超えて売り捌かれる事も少なくありません。

 

では如何にして不動産を売り払う期間の短縮が可能になるのでしょうか。

 

不動産を素早く売却するための近道として一つあるのが、宣伝を派手に行うことです。

 

沢山の方々の目や耳に入れば、購入意欲が沸く方も増えていきます。

 

パソコンやスマホのみならず、パンフレットや看板や貼り紙等様々な情報メディアを駆使して宣伝してくれる会社を選定しましょう。

 

テレビコマーシャルで目にすることがある大手会社であれば、より大きく宣伝して貰える可能性が上がりますよ。

 

ここまでは、「プロが教える不動産売却にかかる期間」をお伝えしました。

 

不動産売却をする際、大体どれくらいの期間がかかるのか、理解していただけたのではないでしょうか。

 

次に紹介するのは、「不動産売却期間を早くするメリット」です。

 

不動産売却期間を早くする3つのメリット

不動産売却期間を早くする3つのメリット
この章では不動産の売却期間を短くする利点について深く解説していきます。

 

先に結論を言っておきますと、不動産の売却期間を短くする利点は以下の通りです。

不動産売却期間を短くする3つの利点

  1. マイホーム特例の存在
  2. 相続税に関する特例
  3. 資産価値の低落を最低限度に抑えられる

 

不動産売却期間を短くする利点1.マイホーム特例の存在

住むための物件には3,000万円分の売却差益(譲渡所得)を天引きすることが出来ます。

 

これをマイホーム特例というのですが、居住中の物件を売却する際も当然当てはまります。

 

とはいえ、譲渡所得が大きくなるほど高額で売却出来ることは、現在の不動産マーケットではほぼありません。

 

高額で売り捌ける予定がないのであれば、基本的に考えなくても良いでしょう。

 

不動産売却期間を短くする利点2.相続税に関する特例

特例として、相続税のいくらかを相続が始まってから3年と10ヶ月以内に売り払うことが出来た場合、不動産の習得するための費用に加えることが出来ます。

 

そうした場合、譲渡所得が消えてしまう場合もあるため、譲渡所得が発生しそうであれば3年10ヵ月より早く売り払って下さい。

 

不動産売却期間を短くする利点3.資産価値の低落を最低限度に抑えられる

不動産は建物が古いほど値段が下がり、早期売却した方が高額で売却できます。

 

法律で決められた耐用年数と不動産を審査する人の検査基準を考えると、木造の建物であれば築年数20年以内であれば評判がよく、売買が活動的化します。

 

逆に20年経過したとすると、不動産としての値段はほぼないと言って良いでしょう。

 

住宅として全体価値が日増しに低くなり、賃貸で運用する場合を除けば、早く売ってしまったほうが手元に残るお金は多くなります。

 

ここまでは、不動産売却期間を早くするメリットをお伝えしました。

 

不動産売却の期間を早くするとどんな利点があるのか、理解していただけたと思います。

 

次に紹介するのは、「不動産売却期間を遅くするメリット」です。

 

不動産売却期間を遅くするメリット

前項では、不動産の売り払い期間を短くする利点に関して記述しました。

 

どうして不動産を早期売却した方が良いのか色々な利点からご理解頂けたと思います。

 

続いてお伝えするのは、不動産の売り払い期間を長くする利点です。

 

先に結論を言っておきますと、不動産の売却期間を長くする利点は以下の通りです。

不動産売却期間を長くする2つの利点

  1. 譲渡所得と所有期間による税金
  2. 譲渡損失の損益通算

 

不動産の売却期間を長くする利点1.譲渡所得と所有期間による税金

不動産を売却した際に所有期間が5年以下で「短期譲渡所得」、5年以上で「長期譲渡所得」と見なされ、譲渡所得(売却利益)に控除が働きます。

 

節税を考慮するのであれば長期譲渡所得が良いため、税金の制度を加味して5年以上経過してから売り払う方が得になります。

 

もし所有期間がもうすぐ5年になるのであれば若干保留し、長期譲渡所得として売り払う方が良いでしょう。

 

しかし売り払う際に利益がないのであれば譲渡所得税もかからないため保留する必要はありません。

 

もし少額の売り払い利益しか出ないとしても、保留して値段を下げるくらいなら売却してしまった方が良いでしょう。

 

不動産の売却期間を長くする利点2.譲渡損失の損益通算

売却期間が長くなると、不動産を売却して譲渡する際に損失が生じた際、もしくは住宅ローンの残債よりも安い値段で売り払うことはよくあります。

 

そんな時に適用できるのは、「譲渡損失の損益通算」です。

 

給与所得等の別収入と損失と利益を通算することが可能な特別な制度となっています。

 

不動産売却に関する控除については、「プロがわかりやすく解説!不動産売却後に使えるお得な3つの特別控除」でも解説しておりますので、気になる方はご確認ください。

 

ここまでは、不動産売却期間を遅くするメリットをお伝えしました。

 

不動産売却の期間を遅くすることによって得られるメリットもあることを、理解していただけたと思います。

 

次に紹介するのは、「3ヵ月以内の期間に不動産売却するのは可能なのか」です。

 

3ヵ月以内の期間に不動産売却するのは可能

3ヵ月以内の期間に不動産売却するのは可能
不動産を売り払うには通常6ヶ月前後かかると先ほど記載しました。

 

しかし順調に進めば、不動産を売り払うのに90日程度(3ヶ月)で終わります。

 

3ヶ月は不可能ではない期間のため、最初は90日を売り払う期間の目安にしましょう。

 

しかし当然ですが売り払う期間は、不動産によって変わります。

 

マンションは一戸建ての建物よりも売り払う期間は短いため、早期売却されることが多いです。

 

さらに地方物件よりも都心に近いほど売却しやすいです。

 

全ての不動産が90日かからず売り払うことが可能なわけではないですが、構想をしっかり練ることで売り払いの期間は早めることが可能です。

 

もっとも効果的なのは先ほど書いた「宣伝を大きく行うこと」です。

 

また売り払う際の値段の決定も熟考してください。

 

逐一インターネットなどで知識を得ている人は、もはやちょっとしたプロなので用心して設定する必要があります。

 

不動産業者としっかり連携をとりながら、価格設定するようにしてください。

 

不動産業者によってマチマチなので、もしいい不動産業者が見つかっていない場合は、不動産一括査定を使うといいでしょう。

 

不動産を高く売るなら不動産一括査定は欠かせない

不動産を高くスムーズに売りたい!


そう考えるなら2つのポイントがあります。


  1. あなたの不動産に強い会社を見つけること
  2. あなたと相性の良い不動産会社を見つけること

2つ書きましたが、まとめると「信頼できる不動産会社を見つけること」。


ただ、信頼できる不動産会社と言われても、探せられないですよね…


そんな時に便利になるのが不動産一括査定サイトです。

不動産一括査定サイト(サービス)を利用すると、あなたの売りたいと思っている不動産情報と個人情報を入れるだけで、適切な不動産会社を自動的にマッチングし、複数の不動産会社へ一度に査定依頼が行えます。
不動産一括査定を利用


不動産一括査定を使うと、あなたの複数の不動産会社を一気に見つけることができます。


不動産一括査定のオススメは「すまいValue」「HOME4U」

不動産一括査定のオススメランキング
筆者が考える不動産一括査定のオススメランキングをお伝えします。


不動産一括査定も様々ありますが、やはり家やマンション、土地は高額になりますので、より得意としている会社を見つけたいですよね。


サイトを選ぶ基準としては下記3つ。


不動産一括査定を選ぶときの3つの基準

  • 大手不動産会社に最低でも1社は査定が行えること
  • 中堅や地域密着の不動産会社にも査定が行えること
  • 不動産一括査定の運営会社がしっかりしていること

ポイントは、大手から地域密着の不動産会社まで幅広く依頼をすること。


大手は取引実績が豊富な分、やっぱり売却力があります。


ただし、お客さんをたくさん抱えているため、仕事のやり方がマニュアル通りといった感じ。


逆に中堅や中小・地域密着の不動産会社は社長自らが対応してくれたりします。


ただし不動産一括査定を1つだけ使っても、大手不動産会社が見つからなかったり、逆に大手のみしか依頼できない場合が多々あります。


筆者としては、不動産は高額商品になるので、時間が掛かっても複数の不動産一括査定を使って、大手、中堅、地域密着の不動産会社それぞれに依頼することをオススメしています。


賢い人はやっている!不動産一括査定のオススメな使い方

3つのチェックで分かる!不動産査定サービス診断


▼人口が多い都市の方(東京、神奈川、埼玉、千葉、大阪、兵庫)
3サイトを併用する
①超大手不動産会社が探せる「すまいValue
②大手・中堅や地域密着が探せる「HOME4U
③両手仲介なしの売り手専門「SRE不動産(※旧ソニー不動産)


▼人口が多い都市の方(東京、神奈川、埼玉、千葉、大阪、兵庫以外)
2サイトを併用する
①超大手不動産会社が探せる「すまいValue
②大手・中堅や地域密着が探せる「HOME4U


▼田舎や地方の方
2サイトを併用する
①大手・中堅・地域密着の不動産会社が探せる「HOME4U
②大手・中堅・地域密着の不動産会社が探せる「イエウール
③地域密着の不動産会社を多く探せる「ホームズ
※田舎だと1~2社しか見つからない可能性が高いです。HOME4Uとイエウール、ホームズを利用することで3~4社を比較することが可能になります。


▼投資物件を売却の方
2サイトを併用する
①超大手不動産会社が探せる「すまいValue
②投資物件に強い「ホームズ」「リガイド


それでは、各一括査定サイトの特徴をカンタンに紹介していきます。


すまいValue
対応エリア 全国
※田舎だと営業外エリア
運営開始 2015年
利用者数 11万件成約
提携会社数 大手6社
同時依頼数 最大6社
机上査定 対応
備考欄・要望 可能

すまいValueは、三井のリハウス、住友不動産販売、東急リバブルといった超大手不動産会社が参加している唯一の一括査定です。


これら3社で日本の仲介取引の1/3を占めるほど大きい会社。


対応地域の人は間違いなく依頼しておくべき一括査定サイトです。


https://sumai-value.jp/


すまいValueの公式サイトへ

※机上査定を選択することでメールで査定額をもらえます。


 


1都3県・大阪・兵庫の方は朗報
すまいValueが依頼できる超大手は売主、買主両方を相手する両手仲介の可能性が高くなります。


売主専門で大手の「SRE不動産(旧ソニー不動産)」を合わせて申し込んでおくことで、すまいValueの弱点を補えます。


ソニー不動産

https://sony-fudosan.com/


SRE不動産の公式サイトへ

※備考欄にメール連絡希望と書くことで電話連絡を避けられます。

HOME4U
対応エリア 全国
運営開始 2001年
利用者数 累計35万件
提携会社数 1,300社以上
同時依頼数 最大6社
机上査定 対応
備考欄・要望 可能

HOME4Uは、審査に厳しいNTTグループが運営している一括査定サイトです。


HOME4Uが日本初の不動産一括査定サイトで2001年から運営。


長い歴史とNTTの審査基準から不動産会社を厳選しているのが特徴です。


また、PCやスマホ入力が面倒な方は電話代行もあり大変便利です。
※TEL:0120-444-529 受付時間:平日10時30分~18時


https://www.home4u.jp/


HOME4Uの公式サイトへ

※机上査定を選択することでメールで査定額をもらえます。

イエウール
対応エリア 全国
運営開始 2013年
利用者数 1,000万人
提携会社数 1,900社以上
同時依頼数 最大6社
机上査定 対応
備考欄・要望 可能

イエウールは、提携会社が1,900社以上と一括査定サイトNo.1となっています。


また、入力がLINE風になっており、入力がとてもやりやすいのが特徴。


HOME4Uを使っても不動産会社が出てこなかった時に利用するといいでしょう。


https://lp01.ieul.jp/


イエウールの公式サイトへ

※机上査定を選択することでメールで査定額をもらえます。

ホームズ
対応エリア 全国
運営開始 2004年
利用者数 476万人
提携会社数 1,751社
同時依頼数 最大10社
机上査定 対応
備考欄・要望 対応

ホームズは、賃貸で有名で知名度抜群のサービス。


不動産会社も多数参加しており、地域密着の不動産会社や投資物件に強い不動産会を探せるのが大きな強み。


また、東証一部上場しており、個人情報の管理もしっかりしております。


https://www.homes.co.jp/


ホームズの公式サイトへ

※希望する連絡方法で「メール」が選択できます。

リガイド
対応エリア 全国
運営開始 2016年
利用者数 不明
提携会社数 700社以上
同時依頼数 最大10社
机上査定 対応
備考欄・要望 対応

リガイドは、もともと一括査定サイトではなく不動産会社でした。


そんな背景もあり、投資物件に強い不動産会社が多数参加しているのが特徴です。


また、歴史は長く2006年から運営しているものの、提携会社は700社とかなり厳選しています。


https://www.re-guide.jp/


リガイドの公式サイトへ

※机上査定を選択することでメールで査定額をもらえます。


不動産一括査定の詳細については「不動産一括査定サイトのおすすめは?【2019年最新ランキング】」で詳しく解説しています。

 

まとめ

以上、「不動産売却の期間」をテーマとして主に4つの知識を解説してきましたが、いかがだったでしょうか?

 

紹介した知識さえ押さえておけば、「不動産売却の期間」に関する知識は、すべて網羅できているのでご安心を。

 

今後、不動産売却にチャレンジする機会があるなら、今回紹介した知識をぜひ参考にしてみてください。

関連ページ

プロが教える不動産売却5つの注意点/手続き・費用・会社選びまで完全ガイド
元・不動産業者が教える!「不動産売却の方法」知られざる3つの知識
不動産売却のトラブルはつきもの?トラブル事例と解決方法を解説
日割り計算の精算方法を完全ガイド!不動産売却の「固定資産税」全知識
告知すべき3つの不動産売却の理由とよく見られる家を売る理由11選
大手か地場か分かる!不動産売却業者の選び方5つのポイントを解説
不動産売却における詐欺とは?手口や対策方法について解説
不動産売却の税金は4種類!節税方法から確定申告の仕方まで完全ガイド
不動産譲渡所得税は特別控除で減税!売却で出た税金を節税する全知識
支給額が減額される?不動産売却と年金の関係について解説
不動産売却は途中でキャンセルできる?違約金が発生するタイミングについて解説
不動産売却すると配偶者控除が受けられないって本当?
売れやすい時期があるって本当?不動産売却の売り時について解説
購入して5年以内に不動産を売却するなら!絶対に知っておくべき必須知識
不動産売却は大手に頼めばいいという事はない!おすすめの不動産売却方法
プロがわかりやすく解説!不動産売却後に使えるお得な3つの特別控除
不動産を売却しても確定申告は不要?初めて不動産売却する人向けに解説
申告しないと大変なことに?!不動産売却で申告が必要なケースとは
複数の不動産業者に売却依頼/主なメリットと注意点を徹底解説
共有名義の不動産を売却する3つの方法を完全ガイド!注意点や基礎知識も解説
不動産売却すると贈与税がかかる? 初心者向け贈与税ガイド
不動産売却には必須?「権利証」に関する3つの必須知識をプロが解説
不動産売却の値下げを完全攻略!効果的な値下げ幅から交渉テクまで解説
日本人とは一味違う?!外国人に不動産売却する際に注意すべきポイント
山という不動産を売却する際に絶対に知っておくべき知識を徹底解説
手数料無料の不動産売却って本当に大丈夫?無料になるカラクリを解説
売却するなら必要不可欠?!不動産売却で弁護士が必要になるケース
自分では何も決められない?破産管財人がついた場合の不動産売却を徹底解説