不動産売却 未成年

最終更新日:2018年3月4日

「未成年の不動産売却」に関する知識を全て解説

「未成年の不動産売却」に関する知識を全て解説
「未成年の不動産売却」といえば、知識がない人にとっては非常に厄介で、不安や疑問を伴う売却行為となるでしょう。

 

だからこそ「未成年の不動産売却」について、いまだに納得いく回答を得られぬまま、調べている人は本当に多いです。

 

具体的には「未成年の不動産売却」に関して、下記に示すような不安や疑問を解決すべく情報収集しています。

 

あなたも以下に示す内容と、同じような疑問や不安をもっていませんか?

・そもそも未成年は、不動産売却が可能なのだろうか?
・なぜ未成年者が不動産売却することになるのか、知っておきたい
・未成年で不動産売却するなら、どんなことに注意すべき?
・未成年が不動産売却するための具体的な方法を、プロに教えてほしい

上記のような疑問や不安を持っているのに解決しないまま、「未成年の不動産売却」に挑戦しようとしてはいけません。

 

未成年の不動産売却に関する知識が圧倒的に足りていないので、このままではあなたが望む結果にならないでしょう。

 

せっかく未成年の不動産売却に挑戦するのであれば、自分が納得いったうえで満足いく結果になってほしいですよね?

 

そこで今回の記事では「未成年の不動産売却」に関する疑問・不安について、元・不動産業者である筆者が回答していきます。

 

この記事を読めば、あなたが知っておくべき「未成年の不動産売却」に関する知識は、すべて網羅できるとお約束します。

 

読み終えた時には、

  • 「未成年は不動産売却が可能なのか?最初に押さえるべき基礎知識」
  • 「なぜ未成年者が不動産売却することになるのか?よくある事例を解説」
  • 「未成年で不動産売却するなら絶対に押さえておくべき注意点」
  • 「未成年が不動産売却するための具体的な方法」

についてしっかりと理解できていることでしょう。

 

ぜひ最後までご覧ください。

【裏技】売却しなくてもOK!まずは不動産会社に査定相談しよう!

大手・中堅~地域密着の不動産会社から、あなたの売却予定の不動産に強い会社を自動マッチング!
さらには、利用者数1,000万人と一括査定では圧倒的No.1で安心実績。

イエウール

https://ieul.jp/


>利用者1,000万人以上で一括査定No.1の安心実績!<
>最大6社の査定比較で500万円高く売れた事例も!<

 

未成年は不動産売却が可能なのか?最初に押さえるべき基礎知識

未成年は不動産売却が可能なのか?最初に押さえるべき基礎知識
まず解説するのは「未成年は不動産売却が可能なのか?最初に押さえるべき基礎知識」です。

 

この章で絶対に理解していただきたい要点をまとめておくと、以下の通りになります。

「未成年は不動産売却が可能なのか?最初に押さえるべき基礎知識」の要点

  1. そもそも不動産売却は未成年が行うべきことではない
  2. 未成年の不動産売却は特別な手続きをすれば実現可能
  3. 未成年が不動産売却するなら通常の倍以上の注意を払うべき

ではそれぞれの内容を、次項より詳しく解説していきましょう。

 

そもそも不動産売却は未成年が行うべきことではない

不動産売却は、権利移動や売買契約など、バラエティーに富んだ法制上の取り決めをおこなわなければいけません。

 

大人でもなかなか難しい行為ですから、本来は未成年が手を出すべきことでないといえます。

 

未成年の不動産売却は特別な手続きをすれば実現可能

ただ未成年者が急に物件の所有者になり代わってしまい、売却をする可能性も充分あります。

 

結論としては、未成年でも不動産売却をすることは実現可能ですが、成年者の場合とは違った手続きの必要が出てきます。

 

未成年が不動産売却するなら通常の倍以上の注意を払うべき

不動産は「売ってお金になればお得」というシンプルなものではなく、失敗すれば大きな損失となるでしょう。

 

大切な固定資産を手放すことにもなるので、心の底から「今、売るべきなのか」をしっかり考えることがまずは重要です。

 

「未成年は不動産売却が可能なのか?最初に押さえるべき基礎知識」のまとめ

以上が「未成年は不動産売却が可能なのか?最初に押さえるべき基礎知識」です。

 

この章で押さえておくべきことを改めてまとめると、以下の通りになります。

  • 「そもそも不動産売却は未成年が行うべきことではない」
  • 「未成年の不動産売却は特別な手続きをすれば実現可能」
  • 「未成年が不動産売却するなら通常の倍以上の注意を払うべき」

上記に示した知識は「未成年の不動産売却」において必要な知識なので、忘れないようにしてください。

 

ただし「未成年の不動産売却」の関する疑問・不安を払拭するために必要な知識は、この限りではありません。

 

同じく重要な知識である、「なぜ未成年者が不動産売却することになるのか?」について、次章では解説します。

 

なぜ未成年者が不動産売却することになるのか?よくある事例を解説

なぜ未成年者が不動産売却することになるのか?よくある事例を解説
次に解説するのは「なぜ未成年者が不動産売却することになるのか?よくある事例を解説」です。

 

この章で絶対に理解していただきたい要点をまとめておくと、以下の通りになります。

「なぜ未成年者が不動産売却することになるのか?よくある事例を解説」の要点

  1. 親が不慮の事故で亡くなると未成年の不動産売却が起こりやすい
  2. 両親の離婚によって未成年者が不動産を売却することもある
  3. 問題やトラブルがなくても未成年の不動産売却はあり得る

ではそれぞれの内容を、次項より詳しく解説していきましょう。

 

親が不慮の事故で亡くなると未成年の不動産売却が起こりやすい

両親が不慮の事故でなくなってしまうと、不動産に関する全ての権利は子どもに渡ります。

 

筆者はまだ遭遇したことがない事例ですが、法律的には大いにあり得る事例です。

 

両親の離婚によって未成年者が不動産を売却することもある

両親が離婚をして、どちらも家を出るといったケースだと、前住居の所有権を子どもに移すこともあります。

 

筆者は何度か遭遇したことがある事例なので、経験則として「よくある事例」だと解釈しています。

 

問題やトラブルがなくても未成年の不動産売却はあり得る

両親に特殊な事情がなくても「子どものためだ」と考えて、生前贈与や売却をする方も増えてきました。

 

このように、とくに問題やトラブルがなくても、未成年者が不動産の所有者になってしまうケースは意外に多いです。

 

「なぜ未成年者が不動産売却することになるのか?よくある事例を解説」のまとめ

以上が「なぜ未成年者が不動産売却することになるのか?よくある事例を解説」です。

 

この章で押さえておくべきことを改めてまとめると、以下の通りになります。

  • 「親が不慮の事故で亡くなると未成年の不動産売却が起こりやすい」
  • 「両親の離婚によって未成年者が不動産を売却することもある」
  • 「問題やトラブルがなくても未成年の不動産売却はあり得る」

上記に示した知識は「未成年の不動産売却」において必要な知識なので、忘れないようにしてください。

 

ただし「未成年の不動産売却」の関する疑問・不安を払拭するために必要な知識は、この限りではありません。

 

同じく重要な知識である、「未成年で不動産売却するなら絶対に押さえておくべき注意点」について、次章では解説します。

 

未成年で不動産売却するなら絶対に押さえておくべき注意点

次に解説するのは「未成年で不動産売却するなら絶対に押さえておくべき注意点」です。

 

この章で絶対に理解していただきたい要点をまとめておくと、以下の通りになります。

「未成年で不動産売却するなら絶対に押さえておくべき注意点」の要点

  1. 未成年が不動産売却するなら「法定代理人」が必要不可欠
  2. キチンとした手順をとらないと売買が無効になるケースもある
  3. 代理人の権限は強くなりがちなので賢明な選定と行使力の制限が必須

ではそれぞれの内容を、次項より詳しく解説していきましょう。

 

未成年が不動産売却するなら「法定代理人」が必要不可欠

未成年が不動産を売却することは認められていますが、未成年の不動産売却は法定代理人を立てる必要があります。

 

法定代理人とは、未成年者などの代わりに法律行為に従事していく人のことで、基本的には親権者がなります。

 

キチンとした手順をとらないと売買が無効になるケースもある

未成年が不動産売却をするときは、法定代理人と力を合わせながら、以下の2通りのどちらかの方法で進めることでしょう。

 

「未成年が売り手となり、法定代理人の同意を得ながら推し進める」または「法定代理人が売り手となる」かどうかです。

 

法定代理人を立てなかったり、同意を得なかったりしてしまった場合、売買契約を取り消される可能性もあります。

 

代理人の権限は強くなりがちなので賢明な選定と行使力の制限が必須

代理人には大きな権限が付与されるので、代理人としての「行使力」を制限する書類を作成しておく必要があります。

 

また、不動産会社や弁護士に相談をして、選定についての助言をもらっておくのが良いでしょう。

 

「未成年で不動産売却するなら絶対に押さえておくべき注意点」のまとめ

以上が「未成年で不動産売却するなら絶対に押さえておくべき注意点」です。

 

この章で押さえておくべきことを改めてまとめると、以下の通りになります。

  • 「未成年が不動産売却するなら「法定代理人」が必要不可欠」
  • 「キチンとした手順をとらないと売買が無効になるケースもある」
  • 「代理人の権限は強くなりがちなので賢明な選定と行使力の制限が必須」

上記に示した知識は「未成年の不動産売却」において必要な知識なので、忘れないようにしてください。

 

ただし「未成年の不動産売却」の関する疑問・不安を払拭するために必要な知識は、この限りではありません。

 

同じく重要な知識である、「未成年が不動産売却するための具体的な方法」について、次章では解説します。

 

未成年が不動産売却するための具体的な方法

未成年が不動産売却するための具体的な方法
次に解説するのは「未成年が不動産売却するための具体的な方法」です。

 

この章で絶対に理解していただきたい要点をまとめておくと、以下の通りになります。

「未成年が不動産売却するための具体的な方法」の要点

  1. 肉親者や親権者がいれば手っ取り早く売却できる
  2. 確実に売買するためには戸籍謄本を用意しておくべし
  3. 代理人さえつけば後は普通の不動産売却と同じ

ではそれぞれの内容を、次項より詳しく解説していきましょう。

 

肉親者や親権者がいれば手っ取り早く売却できる

肉親や親権者であれば、子どもの意思に影響されず、物件を好きなように処分することができます。

 

理不尽なようにも思えますが、未成年者はそうなって当たり前なほど、権利が制限されているということです。

 

確実に売買するためには戸籍謄本を用意しておくべし

親族以外の代理人(未成年後見人)は他人なので、きちんとプロセスを踏まないと売買が不認可となる可能性が高いです。

 

ただ対象となる未成年後見人が取り上げられている戸籍謄本を、契約時に添付すれば問題ありません。

 

代理人さえつけば後は普通の不動産売却と同じ

未成年の不動産売却で特別なのは、代理人をセッティングするタイミングまでです。

 

あとは通常の不動産売却と、売却方法は変わりません。

 

通常の不動産売却の方法や流れについては、当サイトの過去記事である「不動産売却の全てを知るプロが解説!売買の流れや注意点・費用まで完全ガイド」にて詳しく解説しておりますので、気になる方はチェックしてみてください。

 

さらに詳しく解説した記事になっているのでここまで解説してきた内容が、より一層理解できることでしょう。

 

「未成年が不動産売却するための具体的な方法」のまとめ

以上が「未成年が不動産売却するための具体的な方法」です。

 

この章で押さえておくべきことを改めてまとめると、以下の通りになります。

  • 「肉親者や親権者がいれば手っ取り早く売却できる」
  • 「確実に売買するためには戸籍謄本を用意しておくべし」
  • 「代理人さえつけば後は普通の不動産売却と同じ」

上記に示した知識は「未成年の不動産売却」において必要な知識なので、忘れないようにしてください。

【裏技】売却しなくてもOK!まずは不動産会社に査定相談しよう!

大手・中堅~地域密着の不動産会社から、あなたの売却予定の不動産に強い会社を自動マッチング!
さらには、利用者数1,000万人と一括査定では圧倒的No.1で安心実績。

イエウール

https://ieul.jp/


>利用者1,000万人以上で一括査定No.1の安心実績!<
>最大6社の査定比較で500万円高く売れた事例も!<

 

まとめ

以上、「未成年の不動産売却」をテーマとして、様々な知識を解説してきましたが、いかがだったでしょうか?

 

改めて、ここまで解説してきた知識の要点を、以下にまとめてみました。

 

今回の記事でどんな知識を得ることができたのかという「総決算」になるので、ぜひチェックをお願いします。

 

今回の記事のまとめ

【未成年は不動産売却が可能なのか?最初に押さえるべき基礎知識】
・そもそも不動産売却は未成年が行うべきことではない
・未成年の不動産売却は特別な手続きをすれば実現可能
・未成年が不動産売却するなら通常の倍以上の注意を払うべき

 

【なぜ未成年者が不動産売却することになるのか?よくある事例を解説】
・親が不慮の事故で亡くなると未成年の不動産売却が起こりやすい
・両親の離婚によって未成年者が不動産を売却することもある
・問題やトラブルがなくても未成年の不動産売却はあり得る

 

【未成年で不動産売却するなら絶対に押さえておくべき注意点】
・未成年が不動産売却するなら「法定代理人」が必要不可欠
・キチンとした手順をとらないと売買が無効になるケースもある
・代理人の権限は強くなりがちなので賢明な選定と行使力の制限が必須

 

【未成年が不動産売却するための具体的な方法】
・肉親者や親権者がいれば手っ取り早く売却できる
・確実に売買するためには戸籍謄本を用意しておくべし
・代理人さえつけば後は普通の不動産売却と同じ

関連ページ

プロが教える不動産売却5つの注意点/手続き・費用・会社選びまで完全ガイド
基礎知識から値引きまで!不動産売却のプロ監修「仲介手数料」完全ガイド
不動産買取を6つの要素で大解剖!高く売るコツからお勧め業者まで完全ガイド
代理人に手続きを任せるためには必要不可欠!不動産売却の委任状を解説
売買契約の手付金解除とは何が違う?不動産売却のクーリングオフを解説
元・不動産業者が教える!「不動産売却の方法」知られざる3つの知識
住みながら売却する6つのポイントとオススメ業者3選
知らなきゃ大変なことに?不動産売却後の確定申告について解説
不動産売却チラシに潜む危険!惑わされないようにするためのチェックポイント
不動産売却の「つなぎ融資」とは?最低限おさえておくべき基礎知識を解説
不動産売却のトラブルはつきもの?トラブル事例と解決方法を解説
日割り計算の精算方法を完全ガイド!不動産売却の「固定資産税」全知識
告知すべき3つの不動産売却の理由とよく見られる家を売る理由11選
大手か地場か分かる!不動産売却業者の選び方5つのポイントを解説
売却を任せて大丈夫な不動産業者とは?失敗しない業者選びのコツ
不動産売却における詐欺とは?手口や対策方法について解説
不動産売却の税金は4種類!節税方法から確定申告の仕方まで完全ガイド
課税対象から節税方法まで解説!不動産売却における「消費税」の全知識
お得な特例や特別控除を伝授!不動産売却の住民税を軽くする4つの知識
不動産譲渡所得税は特別控除で減税!売却で出た税金を節税する全知識
不動産売却で「非課税になる税金」と「必ず課税される税金」をシンプルに解説
支給額が減額される?不動産売却と年金の関係について解説
不動産売却は途中でキャンセルできる?違約金が発生するタイミングについて解説
不動産売却すると配偶者控除が受けられないって本当?
売れやすい時期があるって本当?不動産売却の売り時について解説
購入して5年以内に不動産を売却するなら!絶対に知っておくべき必須知識
5年後の方がお得になる?!不動産売却における税金ガイド
方法やリスクを解説!仲介手数料いらず「個人売買」不動産売却を大解剖
不動産売却にかかる期間を完全ガイド!3ヶ月以内に売るコツも大公開
競合がいても不動産売却を成功させるコツと注意すべき点を徹底解説
知らないと損する!不動産売却の広告の種類と特徴について解説
不動産売却における「よくある悩み」とその解消方法
不動産売却におけるさまざまな不安を徹底的に解消
不動産売却は大手に頼めばいいという事はない!おすすめの不動産売却方法
遠隔地の不動産をスムーズに売却するためのコツを分かりやすく解説
プロがわかりやすく解説!不動産売却後に使えるお得な3つの特別控除
不動産を売却しても確定申告は不要?初めて不動産売却する人向けに解説
申告しないと大変なことに?!不動産売却で申告が必要なケースとは
複数の不動産業者に売却依頼/主なメリットと注意点を徹底解説
財産分与で不動産売却するなら絶対に知っておくべき必須知識
共有名義の不動産を売却する3つの方法を完全ガイド!注意点や基礎知識も解説
不動産売却すると贈与税がかかる? 初心者向け贈与税ガイド
不動産売却には必須?「権利証」に関する3つの必須知識をプロが解説
初めての売却でも大丈夫!初心者向け不動産売却Q&A
これから売却を始める必見!不動産売却をすでに経験したお客様の声まとめ
不動産売却の値下げを完全攻略!効果的な値下げ幅から交渉テクまで解説
日本人とは一味違う?!外国人に不動産売却する際に注意すべきポイント
山という不動産を売却する際に絶対に知っておくべき知識を徹底解説
買主や業者に通知する?不動産売却のマイナンバー取り扱いガイド
手数料無料の不動産売却って本当に大丈夫?無料になるカラクリを解説
売却するなら必要不可欠?!不動産売却で弁護士が必要になるケース
自分では何も決められない?破産管財人がついた場合の不動産売却を徹底解説
不動産売却にかかせない「レインズ」とは?押さえておくべき必須知識を解説