財産分与 不動産売却

最終更新日:2017年2月6日

離婚における財産分与を検討している方へ

離婚における財産分与を検討している方へ
もしあなたが離婚における財産分与で不動産売却を考えているのなら、以下のような考えを一度は持ったことありませんか?

・ローンの残債があっても売却することは可能なのか
・売却した場合の税金はどちらに請求されるのか

何も知らないままであれば、不安や疑問は永遠に解決することはできません。

 

問題を解消して財産分与を成功させたいですよね?

 

そこで今回の記事では、財産分与で不動産を売却する際に「絶対に知っておくべき知識」について紹介していきます。

 

この記事を読めば「ローン残債問題の対策法」など、財産分与でよくある問題の解決策を知ることができますよ。

 

記事に書いてあることを参考にすれば、あなたの財産分与がスムーズに行えるようになるハズです。

 

ではさっそく見ていきましょう。

【裏技】不動産の“本当の相場”をたった1分でチェック

安心のNTTグループが運営!大手の不動産会社も唯一参加しているオススメの一括査定です。

HOME4U

https://www.home4u.jp/


>利用者500万人、2001年から運営の安心実績!<
>最大6社の査定比較で500万円高く売れた事例も!<

 

売却金額をしっかりと知る

売却金額をしっかりと知る
離婚における財産分与のために不動産売却をするなら、「どれくらいで売れるのか」をまずは把握しておかねばなりません。

 

財産分与の対象になる財産は様々ありますが、不動産は特に分与されるが金額をはじき出すのが非常に難しいです。

 

不動産には定価が存在せず、実際に売れるまで価値がわかりません。

 

また不動産は「モノ」ですが、分割することができないため、そのままでは財産分与することができないのも問題です。

 

そのため、売却して現金化することが必要不可欠。

 

いくらで売却できそうなのか正しく判断しないと、のちのちのトラブルになってしまいます。

 

だからこそ事前に「どのくらいで売れるのか」を把握しておく必要があるのです。

 

売却されるための金額を知るには、査定をしてもらう必要があります。

 

査定方法は一つだけではなく複数の種類があり、大まかに分けると以下の2つです。

  1. 不動産鑑定士に査定(=鑑定)してもらう
  2. 不動産会社に査定してもらう

ではさっそく、それぞれの特徴を詳しく見てきましょう。

 

不動産鑑定士に査定(=鑑定)してもらう

もっとも精度の高い査定額を出すことができますが、数十万円の費用がかかります。

 

また、あくまで「鑑定金額」なので実際に売却できる金額ではないことに注意しなくてはなりません。

 

査定額を出すことに費用が必要なことから、どちらが費用負担すべきなのかでモメることも少なくありません。

 

しかし調停や裁判で提出される資料としては絶大な法的効力をもちます

 

本人たちの話し合いだけで済みそうにない離婚であれば、不動産鑑定士の力を借りることも多くなるでしょう。

 

不動産会社に査定してもらう

財産分与といっても、まずは対象の不動産が売却できないと意味がありません。

 

不動産会社に査定すれば「売却される可能性が高い金額」が弾き出されるため、最も実用的な査定額となることでしょう。

 

裁判や調停を伴う離婚であれば、不動産会社の出した査定額は法的効力をもたないため、役には立てません。

 

しかし不動産を売却して現金化し、それを折半するという財産分与であれば、最も適した査定方法といえます。

 

不動産一括査定サイトなどを活用してなるべく高額で売却できる会社を見つけ出しましょう。

 

不動産一括査定サイトを利用すると、あなたの売りたいと思っている不動産情報と個人情報を入れるだけで、適切な不動産会社を自動的にマッチングし、複数の不動産会社へ一度に査定依頼が行えます。

 

不動産一括査定のオススメは「HOME4U」

不動産一括査定サイトランキング
筆者が考える不動産一括査定サイトのランキングを掲載します。


不動産一括査定も様々ありますが、やはり家やマンション、土地は高額な商品になりますので、信頼できる会社ががいいですよね。


ですので、ランキング基準としては、信頼できる不動産会社が多い、悪徳の不動産会社が参加していない不動産一括査定順に並べています。


HOME4U

かんたん無料!不動産の最高額をチェック


  • NTTグループ運営だから個人情報もしっかり管理
  • 2001年から運営で安心の実績!一括査定No.1の歴史
  • 入力が約5分のカンタン入力、しかも無料
  • 対応可能な不動産会社を自動で抽出し、複数社の見積りを比較
  • 全国どこでも対応可能

 https://www.home4u.jp/


HOME4Uの公式サイトへ


【1都3県の方は朗報】売り手専門のソニー不動産

ソニー不動産

売り手専門のエージェントに相談


  • 売主に特化したエージェント制を導入
  • 今なら不動産売却の秘訣DVDが無料でもらえる
  • 安心の超大手ソニーグループ
  • 対応地域:東京、埼玉、神奈川、千葉のみ

 https://sony-fudosan.com/


ソニー不動産の公式サイトへ


すまいValue

かんたん無料!大手6社の最高額をチェック


  • 大手だけの査定相談になるので、とにかく安心感抜群
  • ※三井のリハウス/三菱地所ハウスネット/住友不動産販売/東急リバブル/野村の仲介/小田急不動産

  • 全国対応、無料で一括査定依頼
  • ※一部の田舎では対応していない可能性がありますので、その際はHOME4Uをご利用ください。

  • 対応可能な大手6社の不動産会社を自動で抽出し、複数社の見積りを比較

 https://sumai-value.jp/


すまいValueの公式サイトへ


リガイド

かんたん無料!不動産の最高額をチェック


  • 運営12年目!HOME4Uに次ぐ老舗の一括査定
  • 一度に最大10社を比較できるのはリガイドだけ
  • 入力が約5分!FacebookやYahooからの情報を引き継げる
  • 全国で550社以上が対応
  • 対応可能な不動産会社を自動で抽出し、複数社の見積りを比較
  • 全国どこでも対応可能

 http://www.re-guide.jp/


リガイドの公式サイトへ


イエイ

かんたん無料!不動産の最高額をチェック


  • 不動産一括査定サイトでは運営歴が長く安心
  • 評判が悪い不動産会社を徹底的に排除
  • 第3社によるアドバイス、代行お断りサービスあり
  • 加盟会社は1,000社以上と一括査定では多く、たくさんの会社を比較できる
  • 対応可能な不動産会社を自動で抽出し、複数社の見積りを比較
  • 入力が約5分のカンタン入力で無料
  • 全国どこでも対応可能

 http://sell.yeay.jp/


イエイの公式サイトへ


イエウール

かんたん無料!不動産の最高額をチェック


  • 加盟している不動産会社は、一番多い1,500社以上
  • 不動産一括査定サイトの中で利用実績No.1
  • 入力が約5分のカンタン入力、しかも無料
  • 対応可能な不動産会社を自動で抽出し、複数社の見積りを比較
  • 全国どこでも対応可能

 https://ieul.jp/


イエウールの公式サイトへ


マンションナビ

賃貸?売却?不動産の最高額をチェック


  • 売却査定だけではなく、賃料査定も同時にできる!
  • 年間360万人利用の安心実績!
  • 加盟店舗は2,500以上!たくさんの会社を比較できる
  • 対応可能な不動産会社を自動で抽出し、複数社の見積りを比較
  • 入力が約5分のカンタン入力で無料
  • 全国どこでも対応可能

 https://t23m-navi.jp/


マンションナビの公式サイトへ


スマイスター

かんたん無料!不動産の最高額をチェック


  • 売却査定だけでなく、賃貸査定も行える唯一の一括査定
  • 入力が約5分のカンタン入力で無料
  • 全国で1,200社以上が対応
  • 対応可能な不動産会社を自動で抽出し、複数社の見積りを比較
  • 全国どこでも対応可能

 https://www.sumaistar.com/


スマイスターの公式サイトへ

 

ローン残債がある不動産は財産分与できる?

ここまでは不動産の売却金額を知る方法とその重要性について紹介してきました。

 

次に紹介するのは「住宅ローンの残債」についてです。

 

そもそも住宅ローンが残っている不動産は、財産分与のための売却ができるのでしょうか。結論から言いましょう。

 

売却される金額が住宅ローンの残債よりの低い場合は、売却することはできません

 

住宅ローンを使って購入した不動産には「抵当権」という「銀行が不動産を没収できる権利」がついています。

 

抵当権が残ったまま、次の持ち主に譲渡することはできません。つまり抵当権を抹消することが売却の絶対条件になるのです。

 

抵当権は住宅ローンを完済しないと抹消することができません。

 

後々に分割して返済していくのは許されず、一括での完済を求められるため、残債が残るような売買金額だと売却できないのです。

 

残債が状態で売却するには

「ローン残債が残りそうな売却金額になりそうだからと言って、もう離婚するからなんとか売却したい」。

 

このような考えをもつ人は少なくないでしょう。実は残債が残こりそうな売却金額でも、抵当権を抹消する方法はあります。

 

それは残債を自分の自己資金で返済することです。

 

1000万円の残債が残っていて、900万円でしか売却できそうにないなら、残りの100万円を夫婦二人で折半して返済しましょう。

 

これで抵当権を抹消することができます。

 

逆に言うと、自己資金を用意する以外の方法はもう残されていません

 

もし自己資金が用意できないなら、他のローンを用意するなり、知り合いに借りるなりしてでも準備する必要があります。

 

ローン残債についての売却についてさらに知りたい方は「ローン残債があるマンションをスムーズに売却するための完全ガイド」をご確認ください。

 

財産分与のために不動産を売却したら税金は発生する?

財産分与のために不動産を売却したら税金は発生する?
ここまでは住宅ローン残債がある状態で、財産分与のための売却をする方法を紹介しました。

 

最後に紹介するのは「税金」についてです。財産分与における不動産売却での課税は、多くの皆さんを不安にしている要素のひとつでしょう。

 

不動産売却における税金とは、具体的に「住民税」と「所得税」を指します。

 

いくら課税されるのだろうかと心配になっている人も多いでしょうが、あまり心配する必要はありません。

 

実は、財産分与における不動産売却で「所得税」と「住民税」を払うことはほぼないのです。

 

これらの税金が発生するのは不動産売却で「儲け」がでた時のみ。

 

たいていの不動産売却は住宅ローンと相殺されるため、儲けなんて出ません。

 

もし儲けが出たとしても、3000万円までの儲けであれば「特別控除」という制度で「なかったこと」にしてくれます。

 

一般人による不動産売却で3000万円以上の儲けが出ることなんてほんの一握りです。

 

たいていの人は「不動産売却で所得税と住民税を払う必要はない」という認識で問題ないでしょう。

 

3,000万円の特別控除についてのさらに詳細については「不動産売却の確定申告は必要?3000万円特別控除の条件と注意点」をご確認ください。

【裏技】不動産の“本当の相場”をたった1分でチェック

安心のNTTグループが運営!大手の不動産会社も唯一参加しているオススメの一括査定です。

HOME4U

https://www.home4u.jp/


>利用者500万人、2001年から運営の安心実績!<
>最大6社の査定比較で500万円高く売れた事例も!<

 

まとめ

以上、財産分与のための不動産売却における必要知識を紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?

 

今後財産分与のために不動産の売却をする際は、今回紹介した知識をぜひ活用してみてください。

関連ページ

これからスタートする初心者必見!5分でわかる不動産売却の流れ
絶対に失敗したくない人へ!不動産売却を成功させる7つのコツ
プロが教える不動産売却5つの注意点/手続き・費用・会社選びまで完全ガイド
基礎知識から値引きまで!不動産売却のプロ監修「仲介手数料」完全ガイド
元・不動産業者が教える!不動産売却にかかる費用を完全ガイド
税金から売却のコツまで!相続不動産をうまく売却できる3つの必須知識
第三者に任せられる?不動産売却における委任状について解説
不動産を高く売るには?業界人だから分かるとっておきの裏技
不動産売却での適用される?不動産におけるクーリングオフ制度について解説
元・不動産業者が教える!「不動産売却の方法」知られざる3つの知識
知らなきゃ大変なことに?不動産売却後の確定申告について解説
不動産売却チラシに潜む危険!惑わされないようにするためのチェックポイント
不動産売却の「つなぎ融資」とは?最低限おさえておくべき基礎知識を解説
不動産売却のトラブルはつきもの?トラブル事例と解決方法を解説
固定資産税を滞納している不動産は売却できる?固定資産税の基礎知識を解説
不動産売却の「理由」は隠してはダメ!その重要性を解説
売却を任せて大丈夫な不動産業者とは?失敗しない業者選びのコツ
不動産売却における詐欺とは?手口や対策方法について解説
住み替えのために不動産売却する際の注目ポイントを解説
不動産売却の税金は4種類!節税方法から確定申告の仕方まで完全ガイド
不動産売却の際にかかる消費税とは?課税対象をシンプルに解説
不動産売却時の住民税はどのくらい?
不動産売却で発生する税金は安くできる?誰でもできる節税テクニック
不動産売却で「非課税になる税金」と「必ず課税される税金」をシンプルに解説
支給額が減額される?不動産売却と年金の関係について解説
不動産売却は途中でキャンセルできる?違約金が発生するタイミングについて解説
不動産売却すると配偶者控除が受けられないって本当?
売れやすい時期があるって本当?不動産売却の売り時について解説
購入して5年以内に不動産を売却するなら!絶対に知っておくべき必須知識
5年後の方がお得になる?!不動産売却における税金ガイド
不動産業者を使わない不動産売却である「個人売買」について解説
どれくらいで売れる?不動産売却にかかる期間について解説
競合がいても不動産売却を成功させるコツと注意すべき点を徹底解説
知らないと損する!不動産売却の広告の種類と特徴について解説
諦めるのはまだ早い!最後の手段となる「不動産任意売却」の全知識
不動産売却における「よくある悩み」とその解消方法
不動産売却におけるさまざまな不安を徹底的に解消
不動産売却は大手に頼めばいいという事はない!おすすめの不動産売却方法
遠隔地の不動産をスムーズに売却するためのコツを分かりやすく解説
プロがわかりやすく解説!不動産売却後に使えるお得な3つの特別控除
不動産を売却しても確定申告は不要?初めて不動産売却する人向けに解説
申告しないと大変なことに?!不動産売却で申告が必要なケースとは
複数の不動産業者に売却依頼/主なメリットと注意点を徹底解説
単独名義より売れにくい?!共有名義の不動産を上手く売却する方法
不動産売却すると贈与税がかかる? 初心者向け贈与税ガイド
不動産売却には必須?「権利証」に関する3つの必須知識をプロが解説
初めての売却でも大丈夫!初心者向け不動産売却Q&A
これから売却を始める必見!不動産売却をすでに経験したお客様の声まとめ
不動産売却の成否を左右する!効果的な値下げテクニックとは
日本人とは一味違う?!外国人に不動産売却する際に注意すべきポイント
山という不動産を売却する際に絶対に知っておくべき知識を徹底解説
買主や業者に通知する?不動産売却のマイナンバー取り扱いガイド
手数料無料の不動産売却って本当に大丈夫?無料になるカラクリを解説
売却するなら必要不可欠?!不動産売却で弁護士が必要になるケース
自分では何も決められない?破産管財人がついた場合の不動産売却を徹底解説
自分だけで売却できる?未成年が不動産売却するための全知識
不動産売却にかかせない「レインズ」とは?押さえておくべき必須知識を解説