不動産売却 クーリングオフ

最終更新日:2018年3月2日

「不動産売却のクーリングオフ」を完全ガイド

「不動産売却のクーリングオフ」を完全ガイド
「不動産売却のクーリングオフ」といえば、知識がない人にとっては非常に難解で、ミスを招きやすい問題となります。

 

だからこそ「不動産売却のクーリングオフ」について、いまだに納得いく回答を得られぬまま、調べている人は多いです。

 

具体的には「不動産売却のクーリングオフ」に関して、下記に示すような不安や疑問を解決すべく情報収集しています。

 

あなたも以下に示す内容と、同じような疑問や不安をもっていませんか?

・不動産売却って、クーリングオフが適用されるの?
・不動産売却でクーリングオフが適用される事例を知りたい
・不動産売却時にクーリングオフを適用させる方法を教えて欲しい
・クーリングオフ以外で、不動産契約を解除する方法は?
・クーリングオフを利用するときに注意すべきポイントはある?

上記のような疑問や不安を持っているのに解決しないまま、不動産売却のクーリングオフに挑戦しようとしてはいけません。

 

不動産売却のクーリングオフに関する知識が全然足りていないので、このままではあなたが望む結果にならないでしょう。

 

せっかく不動産売却のクーリングオフに挑戦するのであれば、自分が納得いったうえで満足いく結果になってほしいですよね?

 

そこで今回の記事では「不動産売却のクーリングオフ」に関する疑問・不安について、元・不動産業者である筆者が回答していきます。

 

この記事を読めば、あなたが知っておくべき「不動産売却のクーリングオフ」に関する知識は、すべて網羅できるとお約束します。

 

読み終えた時には、

  • 「不動産売却時にクーリングオフが適用される可能性はほぼゼロ」
  • 「不動産売却でクーリングオフが適用される例外的な事例」
  • 「不動産売却時にクーリングオフを適用させる具体的な方法」
  • 「不動産売却においてクーリングオフ以外で契約を解除する方法」
  • 「不動産売却におけるクーリングオフに関する2つの注意点」

についてしっかりと理解できていることでしょう。ぜひ最後までご覧ください。

【裏技】売却しなくてもOK!まずは不動産会社に査定相談しよう!

大手・中堅~地域密着の不動産会社から、あなたの売却予定の不動産に強い会社を自動マッチング!
さらには、利用者数1,000万人と一括査定では圧倒的No.1で安心実績。

イエウール

https://ieul.jp/


>利用者1,000万人以上で一括査定No.1の安心実績!<
>最大6社の査定比較で500万円高く売れた事例も!<

 

不動産売却時にクーリングオフが適用される可能性はほぼゼロ

不動産売却時にクーリングオフが適用される可能性はほぼゼロ
まず紹介するのは「不動産売却時にクーリングオフが適用される可能性はほぼゼロ」です。

 

「不動産売却のクーリングオフ」を理解するうえでは非常に重要な知識なので、しっかりとおさえておきましょう。

 

ここでお伝えしたいことを先にピックアップしておくと、以下の通りになります。ぜひ目を通してみてください。

不動産売却時にクーリングオフが適用される可能性はほぼゼロ

  1. クーリングオフそのものは不動産取引で利用可能
  2. クーリングオフを適用するなら相手が「業者」でないといけない

要点を簡潔にまとめたので、ここではどんなことを解説するのか、ざっと理解できたのではないでしょうか。

 

ではさっそく、上記に記したお伝えしたいことの詳細について、次項よりくわしく解説していきます。

 

クーリングオフそのものは不動産取引で利用可能

クーリングオフとは「頭を冷やす」といった意味合いを持ち、申し込み・契約後の一定期間なら無条件で解除できるという法制度です。

 

利用できる場面は限定されており、訪問セールスや電話勧誘セールスなどがほとんどですが、不動産取引も含まれています。

 

ただし、媒介契約はクーリングオフの対象ではないので注意してください。媒介契約は基本的にいつでも解除可能です。

 

クーリングオフを適用するなら相手が「業者」でないといけない

ただ、適用される範囲は限定的で、売却を行った者が不動産業者であることが条件となっています。

 

つまり、一般的な不動産売却の現場につきましては、クーリングオフを適用することは早々できないということです。

 

ここまでは、「不動産売却時にクーリングオフが適用される可能性はほぼゼロ」をお伝えしました。

 

個人持ち主の不動産売却時にはクーリングオフは適用されないと、理解していただけたと思います。

 

可能性ゼロに近い事実は「不動産売却のクーリングオフ」において必要な知識なので、忘れないようにしてください。

 

ただし「不動産売却のクーリングオフ」の関する疑問・不安を払拭するために必要な知識は、この限りではありません。

 

実際に「クーリングオフが適用される不動産売却の具体的な事例」に関しては、まだわからないでしょう。

 

そこで次は「不動産売却でクーリングオフが適用される例外的な事例」について紹介していきます。

 

不動産売却でクーリングオフが適用される例外的な事例

不動産売却でクーリングオフが適用される例外的な事例
この章では「不動産売却でクーリングオフが適用される例外的な事例」について解説していきましょう。

 

「不動産売却のクーリングオフ」を理解するうえでは非常に重要な知識なので、しっかりとおさえておいてください。

 

ここでお伝えしたいことを先にピックアップしておくと、以下の通りになります。ぜひ目を通してみてください。

不動産売却でクーリングオフが適用される例外的な事例

  • 不動産取引でクーリングオフを適用するためには相手が業者であることが必要
  • お金を引きわたしておらず8日以内であることが重要

要点を簡潔にまとめたので、ここではどんなことを解説するのか、ざっと理解できたのではないでしょうか。

 

ではさっそく、上記に記したお伝えしたいことの詳細について、次項よりくわしく解説していきます。

 

不動産取引でクーリングオフを適用するためには相手が業者であることが必要

不動産取引でクーリングオフを利用するには、住まい建築用の土地か建物の取引であることと、売却者が不動産業者であることです。

 

また購入者が不動産業者でないことも、要求されることになります。

 

お金を引きわたしておらず8日以内であることが重要

事務所以外で売却をもちかけられ、申し込み、契約をおこなった場合もクーリングオフの対象です。

 

引き渡しや代金の支払いがまだ実行されていない状態で、8日以内の実行であればクーリングオフが利用可能になります。

 

ここまでは、「不動産売却でクーリングオフが適用される例外的な事例」をお伝えしました。

 

クーリングオフを適用したいなら、契約から8日間が重要だと、理解していただけたと思います。

 

紹介した例外的な事例は「不動産売却のクーリングオフ」において必要な知識なので、忘れないようにしてください。

 

ただし「不動産売却のクーリングオフ」の関する疑問・不安を払拭するために必要な知識は、この限りではありません。

 

実際に「どうすればクーリングオフを適用させることができるのか」に関しては、まだわからないでしょう。

 

そこで次は「不動産売却時にクーリングオフを適用させる具体的な方法」について紹介していきます。

 

不動産売却時にクーリングオフを適用させる具体的な方法

不動産売却時にクーリングオフを適用させる具体的な方法
この章では「不動産売却時にクーリングオフを適用させる具体的な方法」について解説していきましょう。

 

「不動産売却のクーリングオフ」を理解するうえでは非常に重要な知識なので、しっかりとおさえておいてください。

 

ここでお伝えしたいことを先にピックアップしておくと、以下の通りになります。ぜひ目を通してみてください。

不動産売却時にクーリングオフを適用させる具体的な方法

  1. クーリングオフを適用する方法はかなり簡単
  2. 相手が悪徳業者の場合はひと工夫必要になる

要点を簡潔にまとめたので、ここではどんなことを解説するのか、ざっと理解できたのではないでしょうか。

 

ではさっそく、上記に記したお伝えしたいことの詳細について、次項よりくわしく解説していきます。

 

クーリングオフを適用する方法はかなり簡単

クーリングオフは方法を書面で告げられた日を基点として、8日以内で実行する必要があります。

 

方法は、ハガキや封書、郵便、FAXといった類いのものにクーリングオフをするという旨を記し、送るだけです。

 

相手が悪徳業者の場合はひと工夫必要になる

相手が悪徳業者の場合などは、事実をねつ造されてしまう可能性もあります。

 

そのため、必ず控えを持っておくか、記録の残る郵便である「内容証明郵便」を利用するようにしましょう。

 

ここまでは、「不動産売却時にクーリングオフを適用させる具体的な方法」をお伝えしました。

 

クーリングオフを適用させるための方法は意外とシンプルだと、理解していただけたと思います。

 

紹介した具体的な方法は「不動産売却のクーリングオフ」において必要な知識なので、忘れないようにしてください。

 

ただし「不動産売却のクーリングオフ」の関する疑問・不安を払拭するために必要な知識は、この限りではありません。

 

実際に「不動産売却はクーリングオフ以外で契約解除できるかどうか」に関しては、まだわからないでしょう。

 

そこで次は「不動産売却においてクーリングオフ以外で契約を解除する方法」について紹介していきます。

 

不動産売却においてクーリングオフ以外で契約を解除する方法

不動産売却においてクーリングオフ以外で契約を解除する方法
この章では「不動産売却においてクーリングオフ以外で契約を解除する方法」について解説していきましょう。

 

「不動産売却のクーリングオフ」を理解するうえでは非常に重要な知識なので、しっかりとおさえておいてください。

 

ここでお伝えしたいことを先にピックアップしておくと、以下の通りになります。ぜひ目を通してみてください。

不動産売却においてクーリングオフ以外で契約を解除する方法

  • 相手が業者でないなら「手付金解除」しか方法は残されていない
  • 解除するために必要なお金は「手付金の2倍」

要点を簡潔にまとめたので、ここではどんなことを解説するのか、ざっと理解できたのではないでしょうか。

 

ではさっそく、上記に記したお伝えしたいことの詳細について、次項よりくわしく解説していきます。

 

相手が業者でないなら「手付金解除」しか方法は残されていない

クーリングオフがおこなえる条件に注目してみると、まず「売却者が不動産業者であること」という条件があります。

 

そのため、契約解除がおこってしまうと、「手付金」を利用した処理をしなければいけません。

 

解除するために必要なお金は「手付金の2倍」

もし売却者の都合で不動産契約を解除するケースになると、手付金(相場は売買代金の10%)を倍にして返さなければなりません。

 

こうした突発的な契約解除に対応するためにも、最悪でも引き渡しが完了するまでは手を付けないようにしましょう。

 

この章で解説した知識については、当サイトの過去記事である「不動産売却は途中でキャンセルできる?違約金が発生するタイミングについて解説」にて詳しく解説しておりますので、気になる方はチェックしてみてください。

 

さらに詳しく解説した記事になっているのでここまで解説してきた内容が、より一層理解できることでしょう。

 

ここまでは、「不動産売却においてクーリングオフ以外で契約を解除する方法」をお伝えしました。

 

クーリングオフ以外で不動産売却契約を解除するなら、多額のお金が必要になると、理解していただけたと思います。

 

紹介した契約を解除する方法は「不動産売却のクーリングオフ」において必要な知識なので、忘れないようにしてください。

 

ただし「不動産売却のクーリングオフ」の関する疑問・不安を払拭するために必要な知識は、この限りではありません。

 

実際に「クーリングオフに対して、注意しなければいけないポイント」に関しては、まだわからないでしょう。

 

そこで次は「不動産売却におけるクーリングオフに関する2つの注意点」について紹介していきます。

 

不動産売却におけるクーリングオフに関する2つの注意点

不動産売却におけるクーリングオフに関する2つの注意点
この章では「不動産売却におけるクーリングオフに関する2つの注意点」について解説していきましょう。

 

「不動産売却のクーリングオフ」を理解するうえでは非常に重要な知識なので、しっかりとおさえておいてください。

 

ここでお伝えしたいことを先にピックアップしておくと、以下の通りになります。ぜひ目を通してみてください。

不動産売却におけるクーリングオフに関する2つの注意点

  1. クーリングオフが適用されない条件に持ち込まれないようにする
  2. クーリングオフを意識した詐欺もあるので要注意

要点を簡潔にまとめたので、ここではどんなことを解説するのか、ざっと理解できたのではないでしょうか。

 

ではさっそく、上記に記したお伝えしたいことの詳細について、次項よりくわしく解説していきます。

 

クーリングオフが適用されない条件に持ち込まれないようにする

買い手の話になりますが、しっかりと注意をする、責めを引き受けるということを怠っていると、大きな問題が起こりかねません。

 

危険な事態を防ぐためにも、絶対に事務所以外で契約書を交わすのは避けましょう。

 

クーリングオフを意識した詐欺もあるので要注意

手口によっては、移転登記などの素人にはわかりにくい手続きでお金をだまし取るといった場合も多いです。

 

こうした詐欺がおこってしまうと、クーリングオフを活用しても解決することができないので注意をしましょう。

 

ここまでは、「不動産売却におけるクーリングオフに関する2つの注意点」をお伝えしました。

 

クーリングオフを利用した危険な詐欺も存在していると、理解していただけたと思います。

 

紹介した2つの注意点は「不動産売却のクーリングオフ」において必要な知識なので、忘れないようにしてください。

【裏技】売却しなくてもOK!まずは不動産会社に査定相談しよう!

大手・中堅~地域密着の不動産会社から、あなたの売却予定の不動産に強い会社を自動マッチング!
さらには、利用者数1,000万人と一括査定では圧倒的No.1で安心実績。

イエウール

https://ieul.jp/


>利用者1,000万人以上で一括査定No.1の安心実績!<
>最大6社の査定比較で500万円高く売れた事例も!<

 

まとめ

以上、「不動産売却のクーリングオフ」をテーマとして、様々な知識を解説してきましたが、いかがだったでしょうか?

 

紹介してきた知識は、「不動産売却のクーリングオフ」において必要な知識なので、かならず吸収しておくようにしてください。

 

逆をいえば上記の知識さえ押さえておけば、「不動産売却のクーリングオフ」に関する知識は、すべて網羅できているといえるでしょう。

 

今後、不動産売却のクーリングオフを実施する機会があるなら、今回紹介した知識をぜひ参考にしてください。

関連ページ

これからスタートする初心者必見!5分でわかる不動産売却の流れ
不動産売却のコツを3つの要素で大解剖!上手く売れる方法を完全ガイド
プロが教える不動産売却5つの注意点/手続き・費用・会社選びまで完全ガイド
基礎知識から値引きまで!不動産売却のプロ監修「仲介手数料」完全ガイド
不動産買取を6つの要素で大解剖!高く売るコツからお勧め業者まで完全ガイド
元・不動産業者が教える!不動産売却にかかる費用を完全ガイド
税金から売却のコツまで!相続不動産をうまく売却できる3つの必須知識
代理人に手続きを任せるためには必要不可欠!不動産売却の委任状を解説
不動産を高く売るには?業界人だから分かるとっておきの裏技
元・不動産業者が教える!「不動産売却の方法」知られざる3つの知識
住みながら売却する6つのポイントとオススメ業者3選
知らなきゃ大変なことに?不動産売却後の確定申告について解説
不動産売却チラシに潜む危険!惑わされないようにするためのチェックポイント
不動産売却の「つなぎ融資」とは?最低限おさえておくべき基礎知識を解説
不動産売却のトラブルはつきもの?トラブル事例と解決方法を解説
日割り計算の精算方法を完全ガイド!不動産売却の「固定資産税」全知識
告知すべき3つの不動産売却の理由とよく見られる家を売る理由11選
大手か地場か分かる!不動産売却業者の選び方5つのポイントを解説
売却を任せて大丈夫な不動産業者とは?失敗しない業者選びのコツ
不動産売却における詐欺とは?手口や対策方法について解説
住み替えのために不動産売却する際の注目ポイントを解説
不動産売却の税金は4種類!節税方法から確定申告の仕方まで完全ガイド
課税対象から節税方法まで解説!不動産売却における「消費税」の全知識
お得な特例や特別控除を伝授!不動産売却の住民税を軽くする4つの知識
不動産譲渡所得税は特別控除で減税!売却で出た税金を節税する全知識
不動産売却で「非課税になる税金」と「必ず課税される税金」をシンプルに解説
支給額が減額される?不動産売却と年金の関係について解説
不動産売却は途中でキャンセルできる?違約金が発生するタイミングについて解説
不動産売却すると配偶者控除が受けられないって本当?
売れやすい時期があるって本当?不動産売却の売り時について解説
購入して5年以内に不動産を売却するなら!絶対に知っておくべき必須知識
5年後の方がお得になる?!不動産売却における税金ガイド
方法やリスクを解説!仲介手数料いらず「個人売買」不動産売却を大解剖
不動産売却にかかる期間を完全ガイド!3ヶ月以内に売るコツも大公開
競合がいても不動産売却を成功させるコツと注意すべき点を徹底解説
知らないと損する!不動産売却の広告の種類と特徴について解説
諦めるのはまだ早い!最後の手段となる「不動産任意売却」の全知識
不動産売却における「よくある悩み」とその解消方法
不動産売却におけるさまざまな不安を徹底的に解消
不動産売却は大手に頼めばいいという事はない!おすすめの不動産売却方法
遠隔地の不動産をスムーズに売却するためのコツを分かりやすく解説
プロがわかりやすく解説!不動産売却後に使えるお得な3つの特別控除
不動産を売却しても確定申告は不要?初めて不動産売却する人向けに解説
申告しないと大変なことに?!不動産売却で申告が必要なケースとは
複数の不動産業者に売却依頼/主なメリットと注意点を徹底解説
財産分与で不動産売却するなら絶対に知っておくべき必須知識
共有名義の不動産を売却する3つの方法を完全ガイド!注意点や基礎知識も解説
不動産売却すると贈与税がかかる? 初心者向け贈与税ガイド
不動産売却には必須?「権利証」に関する3つの必須知識をプロが解説
初めての売却でも大丈夫!初心者向け不動産売却Q&A
これから売却を始める必見!不動産売却をすでに経験したお客様の声まとめ
不動産売却の値下げを完全攻略!効果的な値下げ幅から交渉テクまで解説
日本人とは一味違う?!外国人に不動産売却する際に注意すべきポイント
山という不動産を売却する際に絶対に知っておくべき知識を徹底解説
買主や業者に通知する?不動産売却のマイナンバー取り扱いガイド
手数料無料の不動産売却って本当に大丈夫?無料になるカラクリを解説
売却するなら必要不可欠?!不動産売却で弁護士が必要になるケース
自分では何も決められない?破産管財人がついた場合の不動産売却を徹底解説
親権者有無の違いや法定代理人も解説!未成年の不動産売却を完全ガイド
不動産売却にかかせない「レインズ」とは?押さえておくべき必須知識を解説