不動産売却 キャンセル

最終更新日:2017年2月22日

不動産を売却は途中キャンセル可能?

不動産を売却は途中キャンセル可能?
もしあなたが不動産売却をまだ決断できていないのなら、以下のような考えを一度は持ったことありませんか?

・途中で不動産売却をキャンセルすることはできるのだろうか
・キャンセルした場合、違約金やペナルティは発生するのだろうか

何も知らないままであれば、不安や疑問は永遠に解決することはできません。

 

スカッと解消して、不動産を売却するかどうか結論づけたいですよね?

 

そこで今回の記事では、不動産売却における「キャンセル」について、絶対に知っておくべき必須知識を解説していきます。

 

この記事を読むことによって、いつまでにキャンセルすれば、違約金が発生しないのかわかりますよ!

 

記事を最後まで読んだ頃には、違約金の金額などもしっかり理解できていることでしょう。

 

違約金発生の是非はタイミングによって変わる

違約金発生の是非はタイミングによって変わる
不動産売却におけるキャンセルは、タイミングによって違約金が発生するかどうかが変わってきます

 

キャンセルするタイミング大きく分けて5つ。以下の通りになります。

  1. 訪問査定をしてもらった後のキャンセル
  2. 媒介契約を締結した後のキャンセル
  3. 購入申し込みをもらった後でのキャンセル
  4. 売買契約を締結した後でのキャンセル
  5. 売買代金をもらう直前でのキャンセル

では、それぞれのタイミングについて、詳しく見ていきましょう。

 

訪問査定をしてもらった後のキャンセル

訪問査定をしてもらった後のキャンセル
不動産売却を進めるには、まず不動産業者に査定をしてもらわないといけません。

 

最初は住所や築年数、間取りなどの情報だけで判断する「簡易査定」をすることになるでしょう。

 

簡易査定で気になる会社があれば、実際に現地まで来てもらう「訪問査定」を行います。

 

訪問査定をしてもらった後、キャンセルすることは可能なのでしょうか?

 

現地まで来てもらったので、何かしらペナルティがあると思われがちですが、容赦なくキャンセルして構いません

 

手数料やペナルティが発生することは一切ないです。

 

稀にいる悪質な不動産会社であれば、出張料などを請求している場合がありますが、払う必要はありません。

 

悪質な不動産業者に査定してもらいたくなければ、不動産一括査定サイトを使うことをオススメします。

 

一括査定サイト経由であれば、悪質な不動産業者に査定されることは皆無です。

 

媒介契約を締結した後のキャンセル

媒介契約を締結した後のキャンセル
売却をお願いする不動産業者を決めたら、媒介契約を結びます。

 

媒介契約とは「あなたに売却をお願いします」という契約のこと。

 

締結後に広告などの実践的な売却活動が開始されます。

 

もし媒介契約を結んだあとにキャンセルしたくなったら、どうすればいいのでしょうか?

 

基本的には媒介契約を結んだ後も、いつでもキャンセルできます

 

手数料やペナルティは一切発生しませんし、請求されることもありません。

 

もしすでに広告を掲載し、費用が発生していたとしても、あなたが費用を負担する必要はないのです。

 

しかし売却活動中にキャンセルの意思を表すと、不動産業者によっては引き留めたり、説得したりすることも。

 

引き留められるのが嫌だという場合は、媒介契約の見直しのタイミングでキャンセルを申し出ましょう。

 

媒介契約は3か月ごとに契約を延長するかどうかの確認があります。

 

見直しのタイミングでキャンセルを申し出れば、スムーズに売却をやめることができるでしょう。

 

購入申し込みをもらった時点でのキャンセル

購入申し込みをもらった時点でのキャンセル
広告を続けていると「内覧をしたい!」と希望する人が出てきます。

 

実際に内覧をして気に入ったのであれば、「購入申し込み」を書面でもらうことでしょう。

 

もしこの時点でやっぱり売却したくないと思ったとしても、キャンセルすることができます。

 

もらった購入申し込みも「なかったこと」にできるのです。ペナルティや違約金、手数料も一切かかりません

 

民法上では購入申し込みは「契約成立」とみなされる場合がありますが、不動産売却では民法より宅建業法が優先されます。

 

宅建業法上では、購入申し込みを書いてもらった程度で契約成立とはなりません。

 

仮にキャンセル後に購入希望者から何かしら文句を言われたとしても、胸を張っていいのです。

 

裁判沙汰になったとしても、あなたが負けることは100%ありません。

 

そもそも購入希望者が訴状を出しても、門前払いされることが多いです。

 

売買契約を締結したあとのキャンセル

売買契約を締結したあとのキャンセル
今まで紹介してきたタイミングでのキャンセルは、どれも無条件でキャンセルすることができました。

 

しかし購入希望者と売買契約を締結した後のキャンセルは、さすがにノーリスクというわけにはいきません。

 

「契約成立」後のキャンセルになるため、買主へ違約金を支払う必要があります。

 

いくら支払えばキャンセルできるのでしょうか。実は「〇〇万円」と明確に決められているわけではありません。

 

契約成立時に買主から受領したであろう「手付金」の金額によって変わるのです。

 

キャンセルするためには、手付金の2倍の金額を買主に支払う必要があります。

 

もし買主から100万円の手付金をもらったなら、200万円支払えばキャンセルできます。

 

売買代金をもらう直前でのキャンセル

売買代金をもらう直前でのキャンセル
契約の締結し、後は売買代金をもらうだけ・・というタイミングでキャンセルしたくなったらどうなるのでしょうか?

 

もちろんノーリスクではすみません。基本的には契約書に記された内容に従って、違約金を支払うことになります。

 

一般的な売買契約書であれば、「売買代金の20%~30%を買主に支払えば白紙に戻せる」と書かれているでしょう。

 

もし1000万円の不動産を売却するつもりでキャンセルしたなら、200万円から300万円支払うことになります。

 

現金で即座に支払いを求められるため、キャンセルするなら相当な覚悟が必要になるでしょう。

 

しかし逆の観点でいうと、お金さえ支払えば、売却活動が終了目前でもキャンセルできるということにもなります。

 

まとめ

以上、不動産売却における「キャンセル」の取り扱いについて必要な知識を紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?

 

基本的にはノーリスクでキャンセルできますが、契約成立した後になると違約金が発生することを理解いただけたと思います。

 

不動産売却をする際は、今回紹介した知識をぜひ活用してみてください。

関連ページ

プロが教える不動産売却5つの注意点/手続き・費用・会社選びまで完全ガイド
基礎知識から値引きまで!不動産売却のプロ監修「仲介手数料」完全ガイド
不動産買取を6つの要素で大解剖!高く売るコツからお勧め業者まで完全ガイド
代理人に手続きを任せるためには必要不可欠!不動産売却の委任状を解説
売買契約の手付金解除とは何が違う?不動産売却のクーリングオフを解説
元・不動産業者が教える!「不動産売却の方法」知られざる3つの知識
住みながら売却する6つのポイントとオススメ業者3選
知らなきゃ大変なことに?不動産売却後の確定申告について解説
不動産売却チラシに潜む危険!惑わされないようにするためのチェックポイント
不動産売却の「つなぎ融資」とは?最低限おさえておくべき基礎知識を解説
不動産売却のトラブルはつきもの?トラブル事例と解決方法を解説
日割り計算の精算方法を完全ガイド!不動産売却の「固定資産税」全知識
告知すべき3つの不動産売却の理由とよく見られる家を売る理由11選
大手か地場か分かる!不動産売却業者の選び方5つのポイントを解説
売却を任せて大丈夫な不動産業者とは?失敗しない業者選びのコツ
不動産売却における詐欺とは?手口や対策方法について解説
不動産売却の税金は4種類!節税方法から確定申告の仕方まで完全ガイド
課税対象から節税方法まで解説!不動産売却における「消費税」の全知識
お得な特例や特別控除を伝授!不動産売却の住民税を軽くする4つの知識
不動産譲渡所得税は特別控除で減税!売却で出た税金を節税する全知識
不動産売却で「非課税になる税金」と「必ず課税される税金」をシンプルに解説
支給額が減額される?不動産売却と年金の関係について解説
不動産売却すると配偶者控除が受けられないって本当?
売れやすい時期があるって本当?不動産売却の売り時について解説
購入して5年以内に不動産を売却するなら!絶対に知っておくべき必須知識
5年後の方がお得になる?!不動産売却における税金ガイド
方法やリスクを解説!仲介手数料いらず「個人売買」不動産売却を大解剖
不動産売却にかかる期間を完全ガイド!3ヶ月以内に売るコツも大公開
競合がいても不動産売却を成功させるコツと注意すべき点を徹底解説
知らないと損する!不動産売却の広告の種類と特徴について解説
不動産売却における「よくある悩み」とその解消方法
不動産売却におけるさまざまな不安を徹底的に解消
不動産売却は大手に頼めばいいという事はない!おすすめの不動産売却方法
遠隔地の不動産をスムーズに売却するためのコツを分かりやすく解説
プロがわかりやすく解説!不動産売却後に使えるお得な3つの特別控除
不動産を売却しても確定申告は不要?初めて不動産売却する人向けに解説
申告しないと大変なことに?!不動産売却で申告が必要なケースとは
複数の不動産業者に売却依頼/主なメリットと注意点を徹底解説
財産分与で不動産売却するなら絶対に知っておくべき必須知識
共有名義の不動産を売却する3つの方法を完全ガイド!注意点や基礎知識も解説
不動産売却すると贈与税がかかる? 初心者向け贈与税ガイド
不動産売却には必須?「権利証」に関する3つの必須知識をプロが解説
初めての売却でも大丈夫!初心者向け不動産売却Q&A
これから売却を始める必見!不動産売却をすでに経験したお客様の声まとめ
不動産売却の値下げを完全攻略!効果的な値下げ幅から交渉テクまで解説
日本人とは一味違う?!外国人に不動産売却する際に注意すべきポイント
山という不動産を売却する際に絶対に知っておくべき知識を徹底解説
買主や業者に通知する?不動産売却のマイナンバー取り扱いガイド
手数料無料の不動産売却って本当に大丈夫?無料になるカラクリを解説
売却するなら必要不可欠?!不動産売却で弁護士が必要になるケース
自分では何も決められない?破産管財人がついた場合の不動産売却を徹底解説
親権者有無の違いや法定代理人も解説!未成年の不動産売却を完全ガイド
不動産売却にかかせない「レインズ」とは?押さえておくべき必須知識を解説