不動産売却 広告

これから不動産売却を検討している方へ

最終更新日:2017年4月11日
これから不動産売却を検討している方へ
もしあなたが不動産の売却を検討しているのなら、以下のような考えを一度は持ったことありませんか?

・スムーズに不動産売却が成功してほしい
・自分の不動産が売れ残ることだけは避けたい

不動産売却の成功・失敗を司るのは「広告」次第と言っても過言ではありません。

 

しかしあなたが依頼しようとしている不動産会社は、間違った広告活動をするかもしれません。

 

そこで今回の記事では、不動産売却における「広告」について詳しく深ぼっていきます。

 

この記事を読めば、あなたの不動産売却に必要な広告の種類や特徴を知ることができますよ。

超大手6社に厳選!不動産の最高額をチェック

すまいValue

https://sumai-value.jp/

>超大手6社に厳選していて安心感抜群の一括査定<
>利用者数も10万人以上と実績も間違いない<

※田舎や地方は非対応のため「イエウール」をオススメします。

 

新聞の折り込みチラシ広告はナンセンス

不動産売却において必要な広告とは
土日祝日になれば新聞の折り込みチラシの中に、複数の不動産広告がありますよね。

 

特に引っ越しの時期になると否が応でも目にすることでしょう。

 

あなたが不動産の売却をする時も依頼する不動産業者によっては、新聞折り込みチラシを使うかもしれません。

 

しかし週末になると大量に折り込まれるチラシを見て、本当に購入者が集まるのだろうか疑問に思いませんか?

 

現在の不動産売却の現場にて、新聞折り込みだけを淡々と打ち続けるのはナンセンスでしかありません。

 

新聞折り込み広告が全く効果ないというわけではありません。

 

しかし不動産をスムーズに売却したいなら、新聞折り込み広告だけでOKではないのです。

 

あなたの不動産をうまく売却させるには、あなたの不動産にあった広告が必要になります。

 

新聞折込みチラシはいかにも「広告をしている感」がでる告知活動です。

 

媒介契約をする時に折り込みチラシをよくすることを理由に、正式に売却依頼しようと思う人も少なくありません。

 

しかし、その決断こそが失敗への第一歩だということに気づかない売主が多すぎます。

 

不動産の広告は新聞折り込み以外にも活動は多岐にわたり、様々な広告手段を不動産ごとに合わせなければなりません。

 

いろんな広告手段を駆使して、あなたの不動産だけの広告戦略を練ってくれる不動産業者に依頼するようにしましょう。

 

不動産売却の広告の種類

不動産売却の広告の種類
不動産業者が提案してくる広告戦略を理解するには、あなた自身も様々な広告手法について理解する必要があります。

 

一体どんな広告があるのか、主な手法を紹介していきましょう。

 

現地看板

町中を散歩したり運転したりすると目につくことの多い「売物件」の看板。

 

パッと見はシンプルで効果がなさそうな広告手法ですが、告知効果としては非常に影響力があります。

 

まだ家に住んでいる時はさすがに使えませんが、空き家なら絶対に使うべき方法のひとつです。

 

実は購入希望者となる人のほとんどは、売却不動産の近隣に住んでいる人ばかり。

 

場合によっては看板だけで売却できるほど強力な広告手法です。

 

インターネット広告

現在の広告手法で最もメジャーな方法です。

 

基本的には遠方からの引っ越しを考えている人に対して有効的な方法になります。

 

とくに引っ越し時期となる2~3月や9~10月には爆発的にアクセスが増えるため、絶対に利用すべきです。

 

主流な広告先はアットホームスーモホームズとなるでしょう。

 

しかし地域によって「使われる頻度」が違うことに注意しなくてはなりません

 

例えばホームズは首都圏では爆発的な効果がありますが、地方では効果があまりない媒体です。

 

地方になるとアットホームが強くなります。バランスがとれているのがスーモです。

 

地域ごとに媒体の強さが違うことを不動産業者でも把握していない場合がよくあります。

 

業者が違いについてわかっていない場合は、あなたが指摘してあげてください。

 

レインズ登録

レインズとは不動産会社だけが使っている不動産物件情報を共有するシステムです。

 

あなたの不動産をレインズに登録すれば、リアルタイムで全国すべての不動産業者が情報を知ることになります。

 

つまり全国の不動産業者があなたの不動産を売却することが可能となるのです。

 

レインズに登録すれば、仲介を依頼した以外の業者が購入希望者を見つけてくることが非常に多くなります。

 

そのせいかレインズに登録することを露骨に嫌がる業者も存在するのです。

 

あなたの不動産を独り占めしたいのでしょう。しかしあなたにとってレインズに登録しないのは、不利益でしかありません。

 

レインズ登録を拒否する不動産業者へ依頼するのは絶対に避けてください。

 

チラシ(新聞折り込み・ポスティング)

チラシといえば、最も知名度の高い不動産広告手法です。

 

しかし知名度に見合った効果があるかといえば、そうではありません。

 

不動産広告で最も重要な「写真」が掲載できない・見にくいという最大の難点を内包しています

 

あなたの不動産に合った広告を打つのが成功の秘訣

あなたの不動産に合った広告を打つのが成功の秘訣
いろいろな広告手法を紹介しましたが、重要なのはあなたの不動産に合わせた広告戦略を立ててもらうことです。

 

土地を売りたいのか、戸建てを売却するのかという「種別」によっても使うべき広告は違いますし、魅せ方も違います。

 

居住中か空き家かでもだいぶ違ってくるでしょう。不動産は種別・地域・価格ごとにターゲットが変わります。

 

あなたの不動産はどんな人をターゲットにすべきなのかを分析した上で、最も「刺さる」可能性の高い広告手法を選ぶ必要があるのです。

 

もし広告手段を誤ってしまえば、時間ばかり経って売れ残るという最悪の結果になるでしょう。

 

不動産業者の中には「たくさん広告します」「いろんな広告手法を使います」とアピールする会社がいます。

 

このような会社なら任せて大丈夫かというかというと、それは大きな間違いです。

 

広告に必要なのは物量だけではなく、ターゲットの分析

 

広告をたくさんしているという理由だけで、売却依頼する不動産会社を決めるのは絶対にやめましょう。

  • 若者向け不動産だから、スマホ用広告を打つ。
  • 高所得者向けの不動産だから、特設ページを作る。
  • 現地が買ってくれそうな不動産だから、目立つ看板にする。

 

このようにターゲットに合わせて広告手法を考えてくれる不動産業者に依頼すると、スムーズに不動産売却できます。

 

広告手法を考えてくれる不動産業者を探すには不動産一括査定が便利

最近ではインターネットの普及に伴い便利なサービスがたくさん出てきております。

 

不動産売却でも便利なサービスがあり、それが「不動産一括査定サイト」です。

 

不動産一括査定サイトを利用すると、あなたの売りたいと思っている不動産情報と個人情報を入れるだけで、適切な不動産会社を自動的にマッチングし、複数の不動産会社へ一度に査定依頼が行えます。

 

不動産一括査定サイトも複数存在します。

 

次に筆者が厳選したおすすめの不動産一括査定サイトを紹介します。

 

不動産一括査定のオススメは「すまいValue」「イエウール」

不動産一括査定サイトランキング
筆者が考える不動産一括査定のランキングを掲載します。


不動産一括査定も様々ありますが、やはり家やマンション、土地は高額になりますので、より得意としている会社を見つけたいですよね。


ランキングの基準としては下記2つ。


  1. 実績十分の大手不動産会社に依頼が行えるのか
  2. 地方にも強い不動産会社に依頼が行えるのか

また、地域によっては1~2社しか依頼できない可能性があります。その際は、不動産一括査定を複数つかうのも手。(※詳細は「不動産売却を絶対に成功したい人の裏技」にまとめています。)


すまいValue


  • 超大手6社だけの査定相談になるので、安心感抜群で間違いない
  • ※三井のリハウス/三菱地所ハウスネット/住友不動産販売/東急リバブル/野村の仲介/小田急不動産
    ※他の一括査定では申し込めない6社

  • 全国対応、無料で一括査定依頼
  • ※一部の田舎では対応していない可能性がありますので、その際は「イエウール」がオススメ。

  • 対応可能な大手6社の不動産会社を自動で抽出し、複数社の見積りを比較

すまいValueの公式サイトへ

HOME4U

  • NTTグループ運営だから個人情報もしっかり管理
  • 2001年から運営の安心実績!一括査定No.1の歴史
  • 入力が約5分のカンタン入力、しかも無料
  • 対応可能な不動産会社を自動で抽出し、複数社の見積りを比較
  • 全国どこでも対応可能

HOME4Uの公式サイトへ

おうちダイレクト

  • 売主に特化したエージェント制を導入しているソニー不動産が唯一参加
  • Yahoo!の豊富な広告を駆使して多くの購入検討者を捕まえられる
  • 対応地域:東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、大阪府

おうちダイレクトの公式サイトへ

イエウール

  • 提携不動産会数は不動産一括査定でNo.1の1,700社以上、大手・中堅~地域密着の不動産会社を探せる!
  • 不動産一括査定No.1の1,000万人以上が利用している安心実績
  • 入力が約5分のカンタン入力、しかも無料
  • 対応可能な不動産会社を自動で抽出し、複数社の見積りを比較
  • 全国どこでも対応可能

イエウールの公式サイトへ

リガイド

  • 運営12年目!HOME4Uに次ぐ老舗の一括査定
  • 投資用マンションに強い不動産会社を探せられる
  • 入力が約5分!FacebookやYahooからの情報を引き継げる
  • 対応可能な不動産会社を自動で抽出し、複数社の見積りを比較
  • 全国どこでも対応可能

リガイドの公式サイトへ

 

まとめ

以上、不動産売却における「広告」について必要知識を紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?

 

不動産を広告するための方法は多岐にわたり、ターゲットに合わせての使い分けが重要だということを理解いただけたと思います。

 

不動産売却をする際は、今回紹介した知識をぜひ活用してみてください。

関連ページ

プロが教える不動産売却5つの注意点/手続き・費用・会社選びまで完全ガイド
代理人に手続きを任せるためには必要不可欠!不動産売却の委任状を解説
元・不動産業者が教える!「不動産売却の方法」知られざる3つの知識
知らなきゃ大変なことに?不動産売却後の確定申告について解説
不動産売却の「つなぎ融資」とは?最低限おさえておくべき基礎知識を解説
不動産売却のトラブルはつきもの?トラブル事例と解決方法を解説
日割り計算の精算方法を完全ガイド!不動産売却の「固定資産税」全知識
告知すべき3つの不動産売却の理由とよく見られる家を売る理由11選
大手か地場か分かる!不動産売却業者の選び方5つのポイントを解説
売却を任せて大丈夫な不動産業者とは?失敗しない業者選びのコツ
不動産売却における詐欺とは?手口や対策方法について解説
不動産売却の税金は4種類!節税方法から確定申告の仕方まで完全ガイド
課税対象から節税方法まで解説!不動産売却における「消費税」の全知識
不動産譲渡所得税は特別控除で減税!売却で出た税金を節税する全知識
不動産売却で「非課税になる税金」と「必ず課税される税金」をシンプルに解説
支給額が減額される?不動産売却と年金の関係について解説
不動産売却は途中でキャンセルできる?違約金が発生するタイミングについて解説
不動産売却すると配偶者控除が受けられないって本当?
売れやすい時期があるって本当?不動産売却の売り時について解説
購入して5年以内に不動産を売却するなら!絶対に知っておくべき必須知識
5年後の方がお得になる?!不動産売却における税金ガイド
不動産売却にかかる期間を完全ガイド!3ヶ月以内に売るコツも大公開
競合がいても不動産売却を成功させるコツと注意すべき点を徹底解説
不動産売却におけるさまざまな不安を徹底的に解消
不動産売却は大手に頼めばいいという事はない!おすすめの不動産売却方法
遠隔地の不動産をスムーズに売却するためのコツを分かりやすく解説
プロがわかりやすく解説!不動産売却後に使えるお得な3つの特別控除
不動産を売却しても確定申告は不要?初めて不動産売却する人向けに解説
申告しないと大変なことに?!不動産売却で申告が必要なケースとは
複数の不動産業者に売却依頼/主なメリットと注意点を徹底解説
財産分与で不動産売却するなら絶対に知っておくべき必須知識
共有名義の不動産を売却する3つの方法を完全ガイド!注意点や基礎知識も解説
不動産売却すると贈与税がかかる? 初心者向け贈与税ガイド
不動産売却には必須?「権利証」に関する3つの必須知識をプロが解説
不動産売却の値下げを完全攻略!効果的な値下げ幅から交渉テクまで解説
日本人とは一味違う?!外国人に不動産売却する際に注意すべきポイント
山という不動産を売却する際に絶対に知っておくべき知識を徹底解説
買主や業者に通知する?不動産売却のマイナンバー取り扱いガイド
手数料無料の不動産売却って本当に大丈夫?無料になるカラクリを解説
売却するなら必要不可欠?!不動産売却で弁護士が必要になるケース
自分では何も決められない?破産管財人がついた場合の不動産売却を徹底解説
親権者有無の違いや法定代理人も解説!未成年の不動産売却を完全ガイド